ダウンタウンDX NEWS小山の異常行動にスタジオドン引き・EXIT自宅にカメラが潜入・梅宮辰夫を浜田松本追悼…


出典:『ダウンタウンDX★NEWS小山EXIT自宅潜入▽梅宮辰夫を浜田松本追悼』の番組情報(EPGから引用)


ダウンタウンDX★NEWS小山EXIT自宅潜入▽梅宮辰夫を浜田松本追悼[字][デ]


★NEWS小山の異常行動にスタジオドン引き★ファンからの大量のプレゼントに囲まれたEXITの自宅にカメラが潜入★ダウンタウン告白!辰兄こと梅宮辰夫との思い出!


出演者

【司会】

浜田雅功(ダウンタウン)

松本人志(ダウンタウン)

番組内容

★NEWS小山の異常行動にスタジオどん引き!まさかの場所で人間観察?★ファンからの大量のプレゼントに囲まれたEXITの自宅にカメラが潜入★ダウンタウン告白&名シーンで振り返る辰兄こと梅宮辰夫との思い出★独身の大久保佳代子が独身人気ミュージシャンと真剣デート!あり?なし?★夜食の大食い対決!ギャル曽根vsゆりやんvsりんごちゃん!その大量の食材にびっくり★夏菜がテンションMAXの秘密の晩酌を直撮り!

制作

ytv

おしらせ

☆「視聴者は見た!」スター目撃情報募集中!紹介された方には番組特製オリジナルグッズをプレゼントしてます★番組終了後、Youtubeにて収録合間にポロリと漏らしたゲストの映像公開!詳しくは番組HPまで★

番組ホームページ

★ダウンタウンDX公式HP★

http://www.ytv.co.jp/dtdx/

★LINE、Facebook、Instagramも是非チェックしてね!

キーワード

ユニコーン

奥田民生

THE BLUE HEARTS


『ダウンタウンDX★NEWS小山EXIT自宅潜入▽梅宮辰夫を浜田松本追悼』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ダウンタウンDX NEWS小山の異常行動にスタジオドン引き・E
  1. 大久保
  2. ケン
  3. ゴング
  4. 拍手
  5. 勝俣
  6. スタッフ
  7. お前
  8. ロッシー
  9. 会場
  10. 頑張
  11. エーッ
  12. ハハハ
  13. 江上
  14. 梅宮辰夫
  15. LiLiCo
  16. ゼロ
  17. 今日
  18. 四千頭身
  19. 先輩
  20. DX


『ダウンタウンDX★NEWS小山EXIT自宅潜入▽梅宮辰夫を浜田松本追悼』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ 関連商品

<今夜の『ダウンタウンDX』は

人気芸能人達の知られざる
プライベートをのぞき見!>

<驚きの生態が丸裸に!>

<超人気ジャニーズ…>

何があったんだろうな
とか いろいろ…。

(笑いと拍手)

<大ブレイクYouTuber…>

プハァ…。

(笑いとゴング)

<そして 第7世代の
売れっ子若手芸人達が

衝撃の秘密を
続々 カミングアウト!>

<さらに 梅宮辰夫さんと

若かりし日のダウンタウン
爆笑トークの数々も>

(松本)それ あれですか?

(笑い)

<芸能人の
ヤバイ生態スペシャル>

<まずは 分かっちゃいるけど

やめられない行動の数々を
のぞき見!>

≪良いお家やね~≫

(浜田)何してんねん!
(笑いと拍手)

(太田)ヤダ もう。

微動だにせえへん 旦那さん。

仕事中や。

やめとけ!
(笑い)

≪何すか これ≫

忙しい 忙しい…。
やめとけって。

(笑い)

触るなて。
何なん?何なん?

何を触ってんの?
触るなて。

何や!

(笑いとゴング)
すいません。

今日は…。

赤ちゃんステッカー?
シールにしてるよ。

ちょっと おもろいわ。
それは ちょっと おもろい。

(笑い)

(スタジオ:小山)ジム行きますから。
自転車で行くの?

自転車で行くんや。

(笑い)
≪ホテル街?≫

(勝俣)エーッ!?
しょうがないでしょ。

しょうがない!
そこに あんねや?

あるんですから。
ホンマか?お前。

(小山)ジム行く途中に…。

あれは いわゆる
人間観察というか…。

いやあの ちゃんと説明させて
頂きたいんですけど とにかく…。

まあ あの いろんな
カップルの方が来たりとか

入ったりとかって
いうのを見ると

何か そっからこう その人達の…。

なぜ なぜ この2人は
今 ここに入ったのかなとか。

出てきたのかなとか。

ああ そういうのもあるかもね。

な 何があったんだろうなとか
いろいろ…。

(笑いと拍手)

脂肪燃焼するわけや…。
もう 一番 はい。

そんな考えで
ジム行ってるんですよ あなた。

ちょっと どうかと思いますね。
すいません。
(笑い)

<芸能人の
ヤバイ生態スペシャル>

<続いては 我慢できない
背徳感あふれる

グルメの数々をのぞき見!>

これです ジャン!

これ タピオカミルクティー。

あと 唐揚げ。
お好み焼きが4つ。

タコライス カレーライス
チャンプルーと

スパムおにぎりと
あと 塩焼きそばです。

(勝俣)スゲーな ギャル曽根は。

うん!

ごちそうさまでした。

閉まっちゃう?

いきなり!ステーキ。

ちょっと大きめに
切りましたので。
ありがとうございます。

すごい。1007g。

こちらで よろしいですか?
はい。

ミディアムで かしこまりました。

リブロースステーキ
ミディアムです。

(ゆりやん)すごい。

(ゆりやん)ありがとうございます。
すごい~!

おい!おい!

どう見てもデブやろ。

よう 食うな~。

すごいわ~。
(勝俣)1kgだよ~。

いただきま~す。

でも 2時前やで。
(会場)エェーッ!

(長田)マジで?
(ロッシー)3つと
マヨネーズ置いてある。

だから
ブタになる言うてんねん。

何を食べてんの?
ハッピーターンです。

ハッピーターン?
(笑い)

むくむで お前 こんな時間に
ハッピーターン 食べたら。

はあ!?
(会場)エェーッ!?

(笑いと拍手)

おいおい…!
大丈夫か?

ヤバいヤバい…!

これは ヤバいやつや。
絶対アカンやろ!

これは ヤバいやつや。

絶対 アカンやろ。

ちょっと めんどくさいんで
こっちで いってもいいですか?

ふぅ~。

(丸山)ちょっと
刺激が足りないので

あの 激辛ソースを…。

(ゴング)

いただきま~す。
うわ 近い近い もう。

(会場)エーッ!
なっちゃん…なっちゃん!

帰ってすぐ 丸飲みすんの?

あの 口の中いっぱいにしたいって
いうのも ありまして。

もう 汗だくなんですよ。

体をっていう…。

なつは その他 何か
体のケアを怠らない…。

色々やってるんですけれども…。

聞いたんで
好きな事しようと思って…。

(会場)へぇ~。
ストレス解消で。

おっきいバイクやんね。
(安藤)そうですね。

おっきいね~。
≪かっけ~!≫

気持ちいいんですよ。
スクーターに見えるね。

遅っ!
≪なんか遅い≫

(安藤)40キロ…40キロ道路なんで。

遅かったな~。

え~!でもこれ
乗れてんの すごいやんか。

ハハハ…。
これ…ハハハハ!

(笑い)

<芸能人の
ヤバイ生態スペシャル>

<続いては 普段は見られない
スター達の

晩酌シーンをのぞき見!>

うわ~!

(笑い)

う~ん!

(薄)今日は
ゴーヤチャンプルーにしました。

(薄)1時間ぐらい経ったんで

どんぐらい飲んだんだろ…
9本ぐらい?

え~ ちょっと…。

今日は この方のおうちに
お邪魔いたしました。

わっ。

(大久保)前 行ったね。
夏休み 良かったね。

(大久保)やっぱ あさこさんが

誘ってくれた沖縄に
1泊2日で行けて良かったね。

ドゥ ドゥ ドゥ…。
(2人)ダダダダダダ…。

♪~ テッテッテテ…
♪~ ティーティ

♪~ ティーティ

あなたとライブ行く前に
もし 誘われたとしても

遠慮しようっていうふうに
やっちゃったからさ

ほんと 大丈夫です。
ありがとうございます…。

でも しょうがないよ
ピーポー鳴ってるもん。

年をとってるんだけど
おじさんなんだけど

めちゃめちゃ色気があるよね。

すごかったね~。

すごいカッコ良かった。
でも正直 意外だ。

だけど まあまあ…
そう言ってね 帰ってね

もう1回 誘ってくれたじゃん?

(江上)
ウィッス~。はい とおるちゃんが
来ました~。

宅飲みで~す。宅飲みで~す。

(江上)ヘヘッ 乾杯!
へ~い 乾杯~。

(江上)乾杯 乾杯~。

旦那じゃない!

(江上)
おいしいっすか?
とおるちゃん。

うわ めちゃめちゃ
飲むじゃん。

(江上)売れ残り
売れ残りじゃないですか。

いつも すいません。

いただきま~す。

≪とおるちゃんが寝そうです≫

泊まる?

江上の あのオッサンは誰やねんと
今 ずっと言っておりました。
(江上)もう飲み友です。

居酒屋で知り合った
飲み友達のとおるちゃんです。

(会場)エーッ。
旦那さんが そもそも
お友達になった?

いや 違います。

へぇ~。旦那さん
「夫」っていう字みたいな

頭になってるんですね。
(江上)いや違います 違います。

(笑い)
違います。

合わせてる訳じゃなくて。

もうちょっと
「夫」のやつデカくして…。
(笑い)

なんか…。

もうちょっとだけ
この辺ちょっと…。

「夫」の部分をね。

すごいな ほんで
普通に泊まったりするねや?

そうです そうです。
泊まったりするんすけど

一応 とおるちゃん
泊まる時は…。

(笑い)
≪全然 信用してない≫

まあ まあ まあ…

ここはもうシビアにいかんとね。
ホントそれは申し訳ないけど。

<このあと 超売れっ子芸人…>

<…を大公開!>

ちゃんと言え。
ハハハ!

いい靴ですね。
<そして…>

ごめんなさい。

(笑いとゴング)
お前 ズルいわ!

<ここからは
今 最も勢いのある…>

<…を連発!>

<まずは
チャラ男キャラで大人気

EXITが
プレゼントであふれ返った

驚きの自宅を大公開しま~す!>

ちゃんと言え!

ちゃんと挨拶せえや!

<こちらが りんたろーさんが
1人暮らしをしている

ワンルームの部屋>

<ファンからの…>

(りんたろー。)ほぼほぼ。
(スタッフ)結構いいやつなんですか?

(りんたろー。)これとかも…。

(スタッフ)いつ貰ったんですか?

(スタッフ)ええ~!?

<レアもののスニーカーを
何十足も

プレゼントされるという
異常な状態。さらに…>

マジで!?

サイズぴったりやんか。

<そんな りんたろーさん
どうやら…>

(スタッフ)ええ?チャラいですね。

「DEATH」。
(スタッフ)ハハハハ…!

DEATHは まずいっすね。
(スタッフ)ヤバいっすね。ハハハ…。

(スタッフ)お邪魔しま~す。

ちゃんと挨拶せえ!

<早速 お部屋に
案内してもらうと…>

(スタッフ)うわっ…。

(スタッフ)あ これが?
(兼近)そうなんですよ。

(スタッフ)えっ!?これでですか?

(兼近)
そうですね これと これで。

(スタッフ)ええ~っ!?

ちゃんと言え!

チャラダウンですね。

(スタッフ)え?マジっすか?

どうだ!ん?

なんだこれ?長いな ここが。

<こんな調子で
貰い続けた結果…>

<…という異常さ>

<ちなみに…>

<夜な夜な プレゼントを
開け続ける 兼近さんでした>

<続いては 驚異の身体能力と
不思議なしゃべり方で

大注目の…>

(笑い)
一緒にな。

<野球の
超名門校で叩きこまれた

摩訶不思議なルールを
ダウンタウンに披露します>

練習以外も厳しかったと
聞いておりますが。

基本的に…。

これを…。

…って監督さんが当時 言ってて。
なるほど なるほど。

なんで…。

生徒がいようが関係なく…。

ほぉ。
(会場)へぇ~。

例えば どういう挨拶なの?
例えば そこで 僕が監督として

チラッと見えたと。高岸…。
はい!

(勝俣)監督な?
(前田)監督で。

君が挨拶する側やな?

(笑い)
(勝俣)そらそうでしょ。

先生 来るよ?

(高岸)○&%#◎△$♪×…!

(笑いとゴング)
ウソつけ ウソつけ!
おい!

分からん分からん。
何 言うてんねん!
(笑い)

(高岸)今のは…。

(笑い)
(会場)エーッ!

もう1回 もう1回。
(高岸)これを…いいですか?

(笑い)
「おはようございます。

今日もよろしくお願いします」。
絶対 言ってないわ。

(高岸)○&%#◎△$♪×…!

(笑いとゴング)
言うてない。言うてない。

監督も何も言えへんやん。

<続いては 脱力系キャラで
大ブレイク中の…>

<イマドキ芸人の
先輩との付き合い方を

カミングアウトするだけの
つもりが…>

さあ 四千頭身
どうですか?君らは。
四千頭身!

先輩との付き合いというか。
おい!四千頭身!
いやいや…怖いです。

(笑い)

いやいや 植物?

植物 ここ来られない…。
(勝俣)食虫植物?

いや 歩いて来ましたから 自分。

スタッフさんが置いてくれた
訳でもないですし。

生きてますからね ちゃんと。

すごいな~。
優しい人 多くて…。

(笑い)
ああ なるほどな!

何かもうピリつかせる先輩とかも
いないんで 楽屋に。

ひとりも会ったことなくて。
(勝俣)そうか。怖い人いないんだ?
(都築)そうなんですよ。

ああ そうなんや。
なんか よく あの…。

どういう事?どういう事?
靴をパンチするんです。

誰の?先輩の?
先輩の。

いけると思ったらパンチをして。
先輩の?

挨拶で。
そしたら…。

<…ということで
大先輩のせいじさんに

靴パンチをすることになった
四千頭身>

あ おはようございます。
おはようです!

よろしくお願いしま~す。
お願いします!

ここで いけるな~って思ったら。

いい靴ですね。
おお そやねん。

あ わっ 靴 硬い。硬くて いい靴。

(都築)ホントですか?あ 硬い!

いい靴ですね。

(笑い)
(千原)何してんねん!!

(笑い)
(千原)お前!お前…!

(笑いとゴング)

初めて怒られたな。あれ?
何が正解なの?

(後藤)何か…。

(後藤)もし この人が全然
面白くないこと言った…。

(拍手と歓声)

あっ!めっちゃええ靴。
ホントですか?

めちゃめちゃ
ええ靴やんか。

3000円にしては
ええ靴。

あ イタッ!ちょっと…。

ごめんなさい。

(笑いと拍手)

お前 ズルいわ!
(笑いとゴング)

ズルいわ。

(久本)人に やっといて。
自分は できないんだ。

気ぃ悪い 気ぃ悪い。
じゃあ…。

(笑い)
なんでですか!?なんでですか!?

≪お前のせいやで≫

(笑いと拍手)

さあ いきましょうか 次ね。
「続いては こちら」って…。

(笑いと拍手)

あんねんな?
あんねんな?ほんまに。

(勝俣)いいんじゃない?

<…と 前代未聞!

松本人志が ひな壇に座り

四千頭身 後藤がMCを
務めるという緊急事態に!>

ちょっとVTRご覧下さい。

<そして そのまま立ち位置を
交代すること5分>

え~っと…。

はい。
(ゆん)四千頭身の松本さん。

(笑い)

どんだけ小顔なんすか!?
どんだけ小顔…。

どうでした?この若い2人。
いや 何かすごいな~と思って。

あの…。

(笑い)
(ヴァンビ)キャラまでコピーするんだ
キャラまで。

(笑い)
(勝俣)新人だから。

新人だからね。新人だから。

もっとグイグイいかなきゃダメよ。
何かこう…。

…って聞いたんですけど。
いや ホントに…。

(笑い)
折れるの早えよ!

もうちょっと頑張れよ!早いよ。
何やねん!

(ゆん)諦め早い!
どういう事?どういう事?

(笑い)

(都築)お互い そうよ!お互い。

ごめんなさい。
(勝俣)そうか 苦しいんだ。

(拍手)
いや もう俺…。

(笑い)
ねえ!

<ここからは 再び 芸能人の

ヤバイ生態スペシャル!>

<分かっちゃいるけど
やめられない珍行動

Part2です>

どうも~。
野性爆弾のロッシーです。

何してんの?これ。
これ 鼻笛。笛吹いてるんです。

なんで…。

ジャーン。

♪~(鼻笛)

全然…良かったら はい。
浜田さん やってください。

いやいや 分からへんもん。鼻?
鼻に。

(鼻息)
(ロッシー)ああ 近い!

(鼻息)

≪頑張って!
頑張れ 浜田さん!≫

(鼻息)

≪鳴った 鳴った≫
≪ちょっと待って 今!≫

いや いらん いらん…
いらん!いらん!いらん!汚い!
(笑いと拍手)

鼻 出てるわ!ええ ええ…。

いやいや アカンアカン…
絶対 嫌やわ!絶対 嫌やわ!

<公園で 鼻笛という

不思議ワールド全開の
ロッシーさんですが

世界観満載の
こんなオリジナルゲームも>

<似たような形の

5つのアイテムから 出演者に

好きなものを選ばせたロッシーさん>

<担当のアイテムが このように

決まったところで…>

じゃあ いきましょう!皆さんに
やってもらうゲームは こちらです。

(拍手)

皆さんが
選んで頂いた そちら 今から

「よ~い スタート」と共に
「0」にして下さい。

ゼロ?ゼロ?
「0」にしたら勝ちゲームです。

0ゲームですから。名付けて
0ゲーム。「0」にして下さい。

それでは いきましょう。
よ~い スタート!

さあ!ゼロ!そうそう…!

ゼロ!そうそう…いいですよ!

りんごちゃん いいですよ!

≪松本さん!≫
≪松本さん!≫

♬~

≪ゼロにして下さい 松本さん!≫

(ロッシー)
松ちゃん!松ちゃん ゼロにして!

いやいや 俺だけ ちょっと…。

(ロッシー)
りんごちゃんが いいペース!

すごい!松尾 頑張れ!手を…。

いや 何もできへんよ…。

松ちゃん 頑張れ!
≪松ちゃん 頑張れ!≫

めくられへんやないか。

あっ 終了!
(ゴングと拍手)

(ロッシー)という訳で このゲームは
後上さんです!

優勝 おめでとうございます!
(拍手と歓声)

(ロッシー)
残念でした。という事で…。

りんごちゃんも
頑張ったんすけどね。
りんごちゃん 頑張った。

≪偉いな りんごちゃん≫

のどまで通らなかったんでね。

わぁ~!
(笑い)

(笑い)

まあ…地道な作業がね。

お前 ほんまにさあ!

≪あれ?≫
まあ…地道な作業がね。

(ロッシー)師匠 師匠 師匠。
お前 ほんまにさぁ。

(酒井)何してんの?これ。
ハハハ…。

この2人 好きやったな~。

≪ちっちぇ~≫
(笑い)

≪名人 ちっちゃいやろ≫

ハハハ…。

これ 画像だけじゃないんでしょ?
そうですね。あと…。

ね 何か そうらしいです。

こういう かるた…。

今 作ってる。
「お」「お」!

(笑い)
そんなん言わない!

(ゴング)
(長田)言ってない!

マジで言わはったやつやねん。

ほんまに言うてるんすよ。
(長田)誰に言うんすか これ。

俺!言われたの!
(笑い)

「さかい」とか言う訳ない…。
言わないですよ。

他にもあるんで ちょっと
いいですか?お願いします。
他にあんの!?

(笑い)
言いました 言いました。

≪絶対ウソや≫
≪言うてない≫

「け」「け」!

(笑いとゴング)
≪アカン!
これはもうアカン アカン!≫

何?何?もう怖いねんけど
赤井さん…。

(悲鳴)

(ゴング)

≪最悪ですわ≫

も~う!
ちょっと ちょっと…
ちょっと佳子さん。

え あれは座薬を入れて…?
座薬を。ええ。

佳子さんは あれを
やらされてる訳ですね。

いや まあ 分からない…。

入れられない人なんか
いないって…。
そうですよ。

まあ じゃあ
1回やりましょう。
はいはいはい。

で まあ 最初あんな格好…。

あの格好。
いやいや もうこのショット。

(ゴング)

(笑い)

≪これは すごい≫

<このあと
秘蔵映像てんこもり!>

<禁断の…>

<芸能人の
ヤバイ生態スペシャル!>

<続いては 超レア映像>

<禁断の入浴シーンの数々を
のぞき見!>

汚い!汚い!汚い!

汚くは ないですよ。

今からお風呂なんですね。

(西山)朝のお風呂は…。

風呂 風呂 風呂…。

おっ いいな~。

≪エーッ!≫

そして…。

はいはいはい…。

うわ~。

え~
今 美容のために…。

チラッ!
おお~!危な~い。

(渚)喜んでますよ。

喜んでないわ。

≪顔が赤くなってる≫
あと 小顔パックね。

≪何これ?≫
(誠子)
小顔パック。

こんなんが
あるんですよ。
へぇ~!

顔はあんまり
やってへんのか?

≪これで小さく
なるの?≫

(渚)きつい ちょっときついか。
(誠子)ちょっときつかったです。
顔はそうでも…。

何?どういう状況?これ。

ああ~!
(一同)うわ~!

(笑いとゴング)

(ゴング)

プハァ…。

こんなんあったよね。
ゴホッ…。

今の画。
(笑い)

何してんの?これ。

こんなになっちゃって。

横川は お前 どうした?
乳 もんでたけど。

(横川)あ お乳は あの…。

なんで 単純に…。

(笑い)

お前 何ちゅう顔して
見てんねん。

ねえ…じゃあ 力をギュッて
入れてない時は やらかいって事?

入れてる時は かたいっすけど
入れてないと すっごい

プルプルなんです。
いいですか?

ゆりやんも 行って。
もんであげて もんであげて。

どう?どう?どう?どう?

(横川)柔らかくないです。
(勝俣)ふにゃふにゃ…。

(笑い)
お前 もう~。

いやいや 取れただけ。

(笑い)
たまたま こうやって
当たっただけやん。

背中も 何かやってたね。
あれは ず~っと

手に液をつけて
洗ってたんですけど

その…
トレーニングをしているうちに…。

ほうほう…。
(横川)背中に。なので

壁にシャンプーを
ビュッてつけて

そこに背中を こすりつけて

シャンプーをつけて洗ってる…
してます。

ちょっと おかしいな。ちょっと
それ 前も やってるでしょ?

ここんとこ こうやって
キュッキュッキュ…。
≪コラ!≫

お前 何を言う…。
(ゴング)

(勝俣)あ~ あ~ もう!
いやだから
壊したって言ってるやん。

(ゴング)
お前。

俺 言ったよね?

ゴング壊れてるでって
俺 さっき言ったよね?

(笑い)
何でやんの?

(勝俣)みんな おつむがね。
取れたって言ったやん。

いや…外れる 思えへんやんか。

ちょっとやったぐらいで。
(勝俣)直さないと。

壊したから。
あ~ はい。

ハハハハ…。
な?

(笑い)
わかりました。
言ったよ。

<このあと…>

<恋は生まれるのか?>

すごく輝いていました。すごく。
ありがとう…よかった。

ちょっと ホントに思ってて。

そうすると ほぼLiLiCoさんと
同い年ぐらいなんですよ。

なるほど。
私は…。

≪可愛らしい LiLi婚≫
ありがとうございます。

「りこん」入ってもうてるやん。
(笑い)

(LiLiCo)ちょっと!
≪頑張ってるよ≫

で 最近…。

…っていう
コンビがあるんですけど。
え~?

この人ら?
(大久保)そうで…そう。

(LiLiCo)いいよ 歌 上手くて。

『ノンストップ!』で
スタジオにいたら

この方達の
取材VTRが流れて

ビビビって来たんです。

誰?大久保さん 誰?

一番左のシノブさん。

(LiLiCo)
おっ いいじゃん。

そうなんです。だから
同じパターンが今 流れてて。

(笑い)
(LiLiCo)いいじゃん!いいよ!

(LiLiCo)行きなよ 行きなよ。
大久保さ~ん!

ちょっと調べてみました。
(会場)エーッ!

実は…。

≪え~!≫

分からんぞ。
(大久保)ウソ!?5分の4ね。

唯一の独身者が この人!

誰?誰?
(笑い)

誰 この人?

誰 この人。誰に聞いたら…。

(勝俣)
ケンでいいじゃん ケンで。

ええやんか ケンさんで 44歳。

何がアカンねん
ケンさんで。

いやいや だって…。

(笑い)
ほくそ笑むよ シノブだって。

もう ベイビー・ブーはない?

(笑い)
≪エーッ!?≫
終わり。

(笑い)
ほくそ笑んでる顔が嫌です。

<…と ケンならナシと
ばっさり切り捨てた大久保さん>

<すると…>

<テレビでイジってもらえた
嬉しさの裏で 唯一の…>

<第2の純烈…>

<大久保さんとの…>

<ナシと言われたケンさんが…>

う~!カッコイイ!

お疲れ様です。
≪お疲れ様です≫

私たち…。

ハハハ…。

(大久保)いえいえ…。

どうですか?

(笑い)

(大久保)何でしょう?

<と いうことで
ケン&大久保の…>

<まずは
公式プロフィールにもある

メンバーイチオシの一芸で
ケンさんの魅力をアピール>

♪~

♪~ 月曜日は市場へ出かけ

♪~ 糸と麻を買ってきた

♪~ チュラ チュラチュラ
チュラチュラ…

<お互い…>

<ケンさんの得意分野で

大久保さんを
一生懸命おもてなしします>

<と いうことで…>

ちょっと私…。

ですよね。
その オリジナル…

でもでも…
いただきます いただきます。

あっ すっごい…あの…。

美味しくはないですか?

<さらに…>

こんな感じなんですけども。

これは えっと…。

まだ違いますよね?

興味あるんだ…。

<思いを込めたプレゼントは
空振り>

<気を取り直して 会話で

盛り上げていきましょう!>

ああ~…。

ハハハ…!
ハハハ…。

<さて 続いては

ケンさんの一番の趣味だという

釣りで大久保さんを おもてなし>

(ケン)
あっ あれもう
引いてるかもしれないですよ。

(大久保)じゃあ あげた方が
いいんじゃないですか?
(ケン)そうですね。

(大久保)反応してるんですか?

結構 ガツンてきたら
キュッてあげるみたいな。

エサがデカいのかなぁ?

<一向に盛り上がらないデートを
打破すべく ここでケンさん

まさかの行動を>

(大久保)ムーンウォーク!?
あの マイケル・ジャクソンの?

あそこ ステージだと思って。
(大久保)ああ いいですか?

じゃあ
ここで見てていいですか?
(ケン)はい。

♪~

何か いい人だから
あんまり 段々 酷いことも…。

何か歌い出しましたね。長渕…。

ハハ…全部ね
クオリティーがね

7割いかないぐらいなんですよ。

それを 何かもう
ミックスで重ねてきてるから

もう訳わかんなく…。

<釣り堀でも
ケンさんの魅力は伝わらず…>

<ならば お次は
動物好きをアピールして

大久保さんの
母性本能をくすぐる作戦に!>

ニャ~!ニャ~!

…やっぱり。

<もう後がない ケンさん>

<デート最終地点に
選んだ場所は?>

(大久保)あ~なるほど。

ここで やってるんだ?
(ケン)はい。

<新宿の ど真ん中にある
こちらの歌声喫茶は…>

♪~

<それとは別に…>

<すると…>

(拍手)

(大久保)あ~!あ~ケンさん…。

『花が咲く日は』。

♪~

♪~

<そして ケンさん…>

『夕暮れ』です。
≪ワン・ツー…≫

♪~

♪~

♪~

いいですか?
(拍手)

(大久保)歌詞わかるかな。いいの?
すいません。

♪~

♪~

<今日1日デートをして
大久保さんの中で

ケンさんは どのような
存在になったのでしょうか?>

カッコいい!

あ ありがとう…よかった。
すごく。

もう…。

あ~…。

(笑い)

<昨年 12月12日に
お亡くなりになった…>

<超大物俳優にも かかわらず

番組のために
何でもやってくださいました>

<今回は 感謝の気持ちを込めて

梅宮辰夫さんの
名場面集をお届けします>

<初登場は『DX』の
放送が始まった 1993年>

え~!
二十歳の時に
チューしたんですか?

あ~。
うん。で…。

(笑い)
8歳上のホステスさんに?

(梅宮)そうそう。
童貞とられた…。

この番組…。

(笑い)

うっすら…。

(笑い)

<なんと…>

<…した 伝説の回が!>

≪圧迫感があります≫
ねえ。

お前…。

<懐の深さで
視聴者のきわどい目撃情報も

誰よりも
楽しんでくださいました>

「羽田空港で
梅宮辰夫さんを見ました。

真っ黒で
テッカテカの梅宮さんは

ものすごい勢いで
トイレに入っていきました。

私は友達と トイレの前で
出てくるのを待っていたのですが

トイレから出てきた
梅宮さんは なぜか…」。

「と言い残し 去って行きました」。

(笑い)

腸が短いんだろな 腸がな。

だから…。

(笑い)

「先月 麻布のスーパーで
梅宮辰夫さんを見ました。

梅宮さんは…」。

(笑い)
「ふっといソーセージ…」。

もうウソや そんな人おれへんよ。
「ふっといソーセージ と

1人でぶつぶつ言いながら
ず~っと探していました」。

(笑い)
細いんです。
はい。

細いから。はい。
細いんです。

それが ごっちゃになって 今…。

(笑いと拍手)

「先日ラジオで 梅宮辰夫さんの
スッゴイ歌を聞きました。

それは『シンボルロック』という
タイトルもスゴ過ぎる曲で

内容もストレートで ラジオ番組の
パーソナリティーも思わず

○※△の歌ですね と
コメントしていました」。

♬~

♬~

わっスゴイ!
スゴイ歌詞 これ!

<娘 アンナさんと共演した時は

家族の話も 包み隠さず
話してくださいました>

そっくりですか?
奥さんの若い時に。

いや俺は…。

私がお母さん…。

(会場)エーッ!?

あれですか…。

「コンビニで 梅宮辰夫さんが
エロ本を読んでいました」。

(笑い)

(笑い)

<そして 何度も…>

<大好きだった 真鶴の…>

<『DX』のカメラの前で 全てを
さらけ出してくださいました>

これは おもろいなぁ。

すごい このコブラ。
この辺の人 みんな もう

慣れちゃってるからね。

あのシャワー あれ また…。

…ここ。
(笑い)

<いつも優しくて
とびきりの笑顔で

心から『DX』を楽しんでくださった
梅宮辰夫さん>

怖かったから。
ええ。

何か まだちょっとね
バラエティーに

まだ そこまで こう…
慣れてない頃はね。
そうそう。

どんどん何か あんな感じに
なっていきました。
そう 何度か絡んでいくうちに

あ~そうか この人
ヤクザじゃないんや。

(笑い)
おい!どういう事や。

ええ。

(笑い)

最後の最後までね
出て頂きましたし もう。
ねえ そうなんですよ。

…あの人はね ええ。

ねえ。ええ 今日も…。

え?今ですか?

うん 今来てると思いますよ。

あ~でも 大体…。

(笑いと拍手)

うん。

♬~

<来週は『ケンミン』『DX』…>

<『DX』は…>

<さらに 小島よしおが…>

<来週も お楽しみに!>


関連記事