アメトーーク! トリオの2番手3番手芸人 たまった不満が爆発で一触即発・ロバート、ジャンポケ、四千頭身、ハナコ…


出典:『アメトーーク! トリオの2番手3番手芸人 たまった不満が爆発』の番組情報(EPGから引用)


アメトーーク! トリオの2番手3番手芸人[字]


▽ロバート秋山じゃない2人▽ジャンポケ斉藤じゃない2人▽四千頭身・後藤じゃない2人▽ハナコ岡部じゃない2人▽たまった不満が爆発で一触即発▽3番手はどっち?


◇出演者

【MC】蛍原徹

【ゲスト】ロバート&ジャングルポケット&ハナコ&四千頭身

◇おしらせ

☆詳しくはコチラ!

https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/


『アメトーーク! トリオの2番手3番手芸人 たまった不満が爆発』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

アメトーーク! トリオの2番手3番手芸人 たまった不満が爆発で
  1. 一同
  2. 太田
  3. 都築
  4. 斉藤
  5. 石橋
  6. 本当
  7. 竜次
  8. 秋山
  9. 馬場
  10. 山本
  11. 後藤
  12. 番手
  13. ネタ
  14. お前
  15. 一緒
  16. 仕事
  17. 自分
  18. 岡部
  19. ハナコ
  20. マジ


『アメトーーク! トリオの2番手3番手芸人 たまった不満が爆発』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日 関連商品

〈悲しいポジション争いのはずが

熱すぎる展開に
番組初の結末が!〉

〈3月20日
3時間スペシャル やるよ!〉

いや これは…。
3です。 3! 3!

逆に リーダーで ネタ書いてて
3番手って 前代未聞でしょ。

〈新メンバーを加えた
ビビリ-1グランプリ〉

〈今年のビビリ王は 一体?〉

〈更に

〈20日 金曜だよ。
お間違いなく!〉

〈今夜は
エースに隠れて目立たない

トリオの2番手3番手メンバーが
集結〉

(歓声と拍手)

(蛍原)トリオの… まあ 皆さん
2番手3番手…。

(おたけ)いやいや…!
(山本)おかしいでしょ!

(太田)何を笑いながら…!
違う 違う… 笑いじゃないです。

笑いじゃないですよ。
楽しみなんです 本当に。

本当ですか?
そうなんです そうなんです。

なんか 1番手いないと

(馬場)ドカンって…
ドカンって いかない。

さあ そして まあ トリオなんで

もちろん
相方さんも呼んでますから。

(観客)おおー!
(山本)なんで安心したの?

(歓声と拍手)

(山本)いや おかしいですよ!
歓声が おかしいんですよ。

なんの握手だよ お前。 おい!

(歓声)

(おたけ)悔しいな この感じ…。

この歓声は 確かに正直ですね。

蛍原さん… そんな事ないよ。

(一同 笑い)

その感じ やめろ!
(竜次)まあ まあ…。

こちら 一応ね 今… トリオの
エースのメンバーという事で

まあ ロバートは秋山ですよね。

いやいや… まあ そうですね。

なんか 「エース」っていう言葉だと
納得いきませんよ。

いやいや 「エース」は もう…。
いや 本当 もう

「CEO」ぐらい
言っていただかないと。

えっ? えっ…? 「CEO」?
「CEO」って呼べ。

そこまで?
(竜次)俺の事 「CEO」って呼べ。

さあ ジャンポケは
リーダーは太田でしょ?

リーダー 僕ですよ。
(斉藤)リーダーっていっても

太田が 自分から「リーダーを
やりたい」と言っただけで

僕と おたけの意見ではなく

彼が勝手に
リーダーをやってるだけ? うん。

(一同 笑い)
(斉藤)リーダーをやってるだけ。

やっぱり 僕がいないと
ジャングルポケットっていう…

2人の名前 わからない人が
ほとんどですから。

いや そんな事は…。
いや 違います。 僕がいないと

ジャングルポケットは
成立しませんから!

それは
皆さん わかってますよね?

ハ~イ!
(一同 笑い)

(おたけ)それは ダメじゃん。

これでは おかしいでしょ 今。

「わかってます?」の時は
シーン… でしたよ。

さあ 四千頭身は
後藤がエースで…。

まあ そうですよね 絶対に。

そうですね。

(竜次)まず これ 1番手が選ぶ
生地じゃないですけど。

(一同 笑い)

いいもの着ろよ いいもの。

いや 最近 でも なんか 石橋が
一番なんじゃないかみたいな。

「石橋が一番」?
そうじゃないでしょ。

でも まあ 石橋の歓声は
結構すごかったよ 正直。

顔 むかついた あの時の。

なんか 「キャー!」ってなって
…みたいな。

違う 違う 違う。
礼儀正しく会釈しただけだけど。

そして ハナコなんですが
岡部でいいの? エースは。

そうですね。
なんか やっぱ 大食いとかで…。

活躍してる?
(岡部)そうですね。

胃袋の容量が 一番でかかった
っていうのが やっぱり…。

リーダーってなると どうなるの?
リーダーは僕です。

もう リーダーも岡部でいいの?
(岡部)はい。

もともと 2人で入ってたとこに

僕が
入らせてもらったんですけど

そんなパターンあるの?
(太田)すごいね。

(寛貴)圧倒的に頼もしいヤツが
入ってきたんで

すぐにリーダーに。
あの… 菊田さ…。

ハハハ…! はい。 いや… はい。

ずっと聞いてる? 話は。
聞いてます 聞いてます バッチリ。

(一同 笑い)

返そうよ! 返してよ。
返せよ なんか。

〈このあと
トリオならではの難しさで

本音が大噴火〉

自分で考えろ!

〈最近の『アメトーーク』は
なぜか大荒れ〉

全部 出し切っていいのよ
この番組は。

完璧やん!

〈絵心ない芸人に
衝撃新メンバー参戦!〉

立ってるやん!
違う 違う…!

〈更に ビビリ-1グランプリの
2本立て〉

まずはですね それぞれが思う
トリオでの貢献度を

ちょっと フリップで
書いてもらったんで。

まず ロバートから 2人同時にね
さあ…。

ロバートも Wヒロですね
このユニットは。

ロバートの中に 一応
ユニットが何個かありまして。

そうなの?
バラバラに出る事も多いから。

これは 博と裕之で
「Wヒロ」という…。

Wヒロです。

(拍手)

Wヒロです。
古い。 古いね。

(竜次)ほんで 僕と馬場…
秋山 馬場の時は

A B B A…
「ABA」という。

秋山 馬場で ABAです。
ABA…。

秋山 山本の時は お互いの取って
「秋山」というユニットで…。

いやいや 吸収されてる!
「山本」が吸収されてるの!

でも その「山」は 博の「山」やから。

誰もわかんねえよ! その「山」。

本当に信じて!
お前の「山」なんだよ。

わかるか! 誰も。

さあ そしたら
ロバートでの2人の貢献度

2人一斉に どうぞ!

こちら!

博が 17 80 3パーセント
っていう事?

それで 馬場ちゃんが
秋山が50で あとは半々と。

ほう…!
(山本)25くれるんだ。

ネタ合わせとかでも

秋山のアイデアを 僕と即興で
やり取りするんですよ。

この即興がネタになってくる
っていう事がありまして。

だから 僕は ネタに参加してる
自負があるんです。

なるほど。
そこに まず いないんですよ。

馬場ちゃん そこにも
来えへんようになったの?

呼んでないですね。
(馬場)今は行ってないですね。

いつ ネタ合わせやってるかも
僕 知らないです。

「一緒だ」って… 一緒?
(菊田)一緒です。

全く一緒です はい。

馬場ちゃんは
でも 25 25よ。 半分ずつよ。

(馬場)僕は ネタが100じゃないと
思ってるんで この時代。

だから ネタが50です。
全部 秋山です。

半分ね。
(馬場)はい。

で 僕は ネタ以外で 料理とか…。

まず 博 指してるから。
(一同 笑い)

(山本)俺は 料理は…
俺は やってないよ。

やばい!
今の一番やばいよ 馬場ちゃん。

Wヒロだしな。
どっちでもいいよな。

Wヒロだしな。
(馬場)で 僕は 料理の仕事。

馬場ちゃんは 料理やなんや
いろいろやってるで。

いろいろ やらせてもらってるんで
25パーいただいて。

山本は山本でボクシング…。
そうや 博はボクシングで…。

あと 子ども番組。 それで
12.5パーセントずつで 25パー。

いや…! そういう分け方なの?
そうです。

そんな馬場ちゃんは 博みたいに
ネタを重視してないわけよ。

そうです。
最初から そうなんですよ。

ケンカしてるしね よく なんか。

「このセリフを お前が言えよ」。

僕からしたら ネタ考えてるから
あとは そっちで うまい事

このセリフを
分けてくれよっていう。

そういう感じなんや。
渡してるのに…。

お笑いに
なんの影響もないセリフを

パスするんですよ。
ハハハハ…!

(竜次)もういいから!
そっちで それ 分けておいてと。

それに対して
2人がケンカするんですよ。

「お前が言えよ」みたいな。
いや そのケンカ…。

(一同 笑い)
(山本)違う! 言わせてよ!

時間の無駄よ。
ただただ やっとけよ。

エースの秋山は
この2人の数字見て

どう感じるの? これは。
(竜次)うーん…。

僕からしたら その…。

(一同 笑い)

「どうでもいい」って なんだよ!
「どうでもいい」って なんだよ!

ねえ!

さあ ジャンポケ いきますか。
どうぞ!

これです。

おたけ 26 24 50。

太田は 斉藤は50で
あとは 20 30で

やっぱり おたけよりも 10は…。

僕は…
ネタ書いてるの 僕なんですよ。

なるほど!
そうよね。 それがそうよ。

結構 CMとか そういう系の
強めの企業からの

お仕事いただいた時とか…。

(一同 笑い)
(おたけ)強い 弱いがあるので。

「キングオブコントの時の
ネタの感じで ちょっと

ウェブでコントを作ってください」
とか言われた時も

僕が そういうのも
全部 台本も書いてやってるから

その 強めの財源は
僕が書いた台本から生まれてる…。

それでも?
それでも 30なんですよ 僕は。

おたけは
太田よりも 2パー多いね。

でも 確かに 写真を見ると

一番 おたけが
楽しそうなんですよね。

(一同 笑い)

(斉藤)一番楽しそうなんですよ。
間違いないんですよ。

何が お前は 俺を超えて…?
(斉藤)早い… もめるの早いよ。

ネタは作っていただいてるとこ
ありますから

それが14パー。
14パーなの?

あと10パーは 奥さんの10パーが
入ってて 24パー。

(太田)待って! うちの奥さんは

3人の このパワーバランスの中に
入ってきてるって事?

けん… やっぱり否めない。
「けん」って何?

(おたけ)結局
太田がネタ書いてるのも

奥様が 多分 結構
バックフォローというか…。

そうなの?
太田のネタ 奥さんが書いてるの?

いやいやいや…!
奥さんも一緒に考えてるの?

お前の26は なんなの?
まあ これは 否めないというか…。

普通に もう おのずと…
おのずと 残った金額が

こう くるというか。 26パー。
(太田)お金なの?

ハハハハ…!
何 言うてるの?

正直ね 僕も
こんな事 言いたくないですけど

ちょっと なんか…

まあ パンチ力は ちょいちょい
あるかなっていうのありまして。

「パンチ力」が?

あんまり
大声で言いたくないんですけど。

なんか ドーンと
やっぱり 沸かす力…

お客さんを ドーンと…。

こんな事 大きな声で言うと
嫌われるんで…。

随分 大きな声で言ってるけどね
さっきから。

今は ええと思うで。
(おたけ)いいですか?

エゴサーチとか
結構するんですけど

まあ あの…
バーッて連なるんですね。

「おたけさん 面白い」

「おたけさん やっぱり
パンチ力あるな」っていう…。

なんで 蛍原さん さっきから
そんなに こいつの言ってる事

理解できるんですか?
(一同 笑い)

わかるでしょ?
(太田)いやいやいや…!

違うって。 聞いてるの…
聞いてるだけやから 別に。

だから おたけが言いたいのは
やっぱり 番組とかでいくと

おたけって やっぱ 空振りか
ホームランが出るんですよ。

でも 太田の場合が…
結果を残したとしても ヒット。

「ホームランが
打てないタイプだ」って言って。

まあ あの…
堅くなっちゃうんですよね。

ちょっと こう
用意しすぎちゃって

堅くなっちゃう部分があって…。
力 入っちゃうんだ。

堅くない太田って
すごい魅力的だったんですよ。

NSCの時代 そうだったんです。
結構 前やね。 うんうん…。

だって NSCの時代なんて
学校のギャガーだったんですよ。

えっ!?
(おたけ)そのイメージ 0でしょ?

(斉藤)0ですよ。
(竜次)なんなら おたけより

そういうの やってた側…。
そうなんや!

あの時の太田って やっぱり
考えるだけじゃ…

体一貫で 気が付いたら
誰かを投げ飛ばしたりとか

そういうヤツだったんですよ。
何? それ。

(おたけ)でも そこに 僕は
魅力があったから

そういう太田を
好きだったんですよ。

でも いつしか 理論的というか…。
(斉藤)はい はい はい。

小さく まとまっていってるんじゃ
ないかなと。

そうですね ちょっと…。
(太田)めちゃくちゃうまいですね

要約するの。 おたけの あんな…。

(斉藤)蛍原さん
ありがとうございます。

そういうとこは あるなと思って。
なるほど なるほど。

これ… 今の現状のジャンポケね。
(おたけ)すみません。

さあ 四千頭身 いきますか。
どうぞ!

こんな感じです。
ああー なるほど!

30 55 15。

25 50 25。

後藤 何? ちょっと
顔 怖いねんけど。

もうちょっと 太く書けよって
思ったんですよね 今。

(石橋)
申し訳ない。 申し訳ないです。

見える 見える。
ごめんなさい ごめんなさい。

2人とも まあ… 後藤の事は
大体 50ぐらいの感じで?

そうですね…。
それは そうですね。

石橋は 半々やで?
(石橋)結成当初でいうと

後藤君と都築君が
もともと組んでたとこに

僕が
拾ってもらった状況だったので

後藤君90 都築君8

僕1ぐらい
だったんですけど…。

あと1は? あと1!

(後藤)1余る…。
(都築)99じゃん。

それじゃ 99!
(都築)何やってんの? お前。

僕が絶対的に下だったんですけど

活動していくにつれて
まあ 都築と並んだかなと。

ほう…。
いや 全然そんな事ないですね。

ない?
(都築)はい。

漫才のセリフ量も違いますし
その分 覚える量だって違うし

あと 冒頭に胸たたいて
肉体的ダメージもあるので。

(一同 笑い)

あの数字は入ってます。
それは少なからず。

倍はあると 石橋よりも。
(都築)倍はあるんじゃないかと。

事務所 一緒なんですよ。
あっ 事務所 一緒だ。

四千頭身 事務所 一緒で 後輩で
よく見てるんですけど

人気でいうと

(一同)へえー!

ファンの呼び名みたいなの
聞いたんですけど

後藤を好きな子が ごたガール?

ちょっと それは…。
えっ 「ごた」…?

自分らで言ってるわけじゃ…。
「ごたガール」って言われてるの?

「ごたガール」って
呼ばれてるんですよ。

石橋を好きな子の事を
「バシガール」っていうのを

結構 SNSで見かけるんですけど
「ツヅガール」は…。

「ツヅガール」 いない?
(寛貴)存在しない。

でも そこは人気とかも入ってます
この15には。

後藤 この数字はどう?
石橋と都築が争いたいならば

石橋は なんで そんな
対等に やってるのかなっていう。

(都築)お笑い的構図に対して
ダメ出しが入るよ 今から。

都築が 30 15にしてるから

都築が石橋に言うのは
わかりますよね。

でも 石橋が都築に言うのは
25 25なのに言うのは

おかしいじゃないですか。
うんうん 確かに。

だったら

そこのダメ出し…。
(後藤)これは 本当に

馬場さんにも言えるんだけど
本当 そうだよ。

(馬場)おい! おい!

(拍手)

(斉藤)数字 同じだからね。
(馬場)俺も そうかなと思ったよ。

(斉藤)確かに そうだ。

刺さってないで
怒ってくださいよ。

(斉藤)いいんだよ。
先輩関係なく言っていいんだよ。

遠慮する場じゃないんだから。
(竜次)1番手なんだから。

そうだよ! 1番手は
なんでも言っていいんだぜ!

(一同 笑い)

一番 頑張ってるんだから
そのぐらい いいんだよ。

さあ ハナコ いきましょうか。

お願いします!
はい。

こちらです。
えっ! えらい…。

(竜次)謙虚やね。
(岡部)うわっ すご!

2?
(菊田)2ですね。 やっぱ 僕…。

ハハハハ…。

(菊田)僕がやってる事といえば

単独ライブの
準備があるんですけど

岡部と秋山が
ネタを書いてるんですよ。

2人で相談し合ってね。
(菊田)そうです。

忙しいんで 2人は。

その時に 小道具とか衣装とかの
買い出しを

たまに
頼んでくれるんですよ 僕に。

それの2パーです。
買い出しに行ってると。

僕 性格的には

ほうほう…。
(寛貴)縁の下の力持ちというか。

ただ まあ ネタ考えたり
いろいろ…。

労力でいうと20かなっていう。
なるほど。

苦しくも 20にしてるんですけど
まさか 本人が

この 僕の 10を下回る意識とは…。
(一同 笑い)

なんやろうね?
これ 謙虚って言うんかね?

これは やっぱ
謙虚とかじゃないんですよ。

…じゃないの?
はい。 やっぱり この2人が

すごい頑張ってますよね。
(一同 笑い)

ああ そう?
(山本)なんにも 争う事ない…。

単純に。
単純に やっぱ この2人が

めちゃくちゃ頑張ってます
ハナコは。

頑張ってると思うけどな。
(菊田)そう考えると やっぱ

こいつは 全然頑張ってないです。

(太田)全然 頑張ってない割に
お前も一番楽しそうだけどな。

(一同 笑い)
(太田)なんで そこの…

そこのポジションのヤツが
一番楽しそうなんだろうな?

ちょっと 岡部は
どう取るの? これは。

そうですね
秋山が20は少なすぎますね。

秋山…。

やっぱり 僕ら 優勝してからも
新ネタとか

いろいろ新しいネタやるよね
っていうので また

評価してもらえてるとことかも
あるんで。

それは 秋山が どんどん どんどん
新しいネタを

書いてくれてるからなんですよ。

(斉藤)
あいつ 泣きそうになってる。

いいよ いいよ いいよ。

まあまあ でも
そう思ってんねやから。

いいやん! そうなんやから。

秋山が60 僕40

菊田0でいいんじゃ…。

(一同 笑い)

0?
0やったら コンビでええやん!

〈3月20日 金曜7時

大好評
ビビリ-1グランプリに…〉

〈マエケン参戦 絵心ない芸人〉

〈3月20日
普段と違う金曜だよ!〉

(拍手)

さあ 2番手3番手にしか
わからない苦労が

いろいろあるみたいなんで。
博から。

トリオといえ
2人の仕事もあるわけですよ。

さっき…
Wヒロじゃないですけども。

で ここの2人になると
やりようがなくてですね…。

そんな事ないんだけどね
やりようがないわけは。

やりようがないのよ…。
(竜次)21年やってるんだから

やりようがないわけがないのよ。

ないのよ!

やりようがないから
何年も経ったから

何個かできたか?
CEO CEO…。

なんか見えましたか?
(山本)だから それで

本当にピンチになって。
ピンチや。

そうなんですよ。 それで
賞をいただいた事があるんですよ。

ロバートで エンタメ賞みたいな。

年間のエンタメ賞みたいなの
いただいた事がありまして。

それで… まあ それは
うれしいですけども

秋山が その仕事に
来れなかったんですよ 授賞式に。

別の仕事があって。
(山本)そうなんですよ。

でも 他のエンタメ賞いただいてる
芸人さんは

ネタをバンバンやるわけですよ。

何か こう ネタを
やってくださいってなって。

それは求められるよね。
(山本)何をするんだってなって

どうしよう どうしようとなって
結果 考えたのが

秋山の等身大パネルを作って

その秋山の等身大パネルに

梅宮さんの顔パネルをはめて…。

えっ?

体ものまねをやったんですよ。
あっ あるの? 実際に。

恐ろしいよ これ マジで。

ミュージック スタート!

♬~

(竜次)「いやいや… 何してんの?」

(太田)「パネルでも面白い」

♬~

梅宮辰夫さんでございまーす!

〈当然 ややウケだった〉

これで ややウケはダメって
マジで こんなの。

お前 謝れ! 本当に。

梅宮さん…
天国に謝れ まず お前。

すみません! 本当に申し訳ない!

僕の体が 梅宮さんに似てるから
始まったのに

僕の体より ちいちゃいパネルを
用意しての…。

(山本)発注が
ちょっと ちっちゃかった。

(竜次)なんの芸なの?
どこがすごい? あの芸の。

僕が 本当に行けなくなった時
2人で何やったか…。

(一同 笑い)

学祭ね 学祭。
(竜次)あの時ですよ

やっぱ 解散すべきだった…。
チャゲアスを歌って終わった?

盛り上がったよな? なあ?

♬~「YAH YAH YAH」

盛り上がった。
(太田)どっちがASKA…?

2人ともASKAです
2人ともASKA。

2人ともASKA?
何? 2人ともASKAって。

2人ともボーカル歌いたい…。
厚みがないから。

(竜次)解散だよ
チャゲアスなんて。

そういう 他のトリオは
ロバートみたいに

2人だけの仕事とか
あったりするの?

ありますよ 僕らは もう…。
ジャンポケも?

斉藤だけ 別のとこでみたいな。
別の時は…。

おおた&おたけで…。

吉本の劇場の通常出番に出てます。

(一同)ええー!

「ジャングルポケット」ではないよな。
(太田)僕ら2人の時は

「ジャングルポケット」を
使わせてもらえないんですよ。

さっき いろんなユニットあるって
おっしゃってましたけど

僕とおたけの時は
「おおた&おたけ」なんですよ。

僕と斉藤の時は
「ジャングルポケット」なんです。

斉藤とおたけの時も
「ジャングルポケット」なんです。

(一同 笑い)
いやいや… おかしい。

いやいや おかしいやん それ。

さあ 「ココが辛い!!」 都築。
(都築)はい。

あるあるだと思うんですけど
要は 後藤君は「四千頭身 後藤」で

個人名まで覚えてもらってると
思うんですけど

僕ら2人は どっちが都築で
どっちが石橋かわかんない

っていうのが よくあるんですよ。
それこそ 芸人の先輩とかでも

「都築がさ…」って 石橋に
振ったとするじゃないですか。

「いやいや 逆ですよ!」って
言うんですけど

逆な事を誰も把握してないから

めちゃめちゃウケないんですよ
別に。

そうだな。 わかる わかる。

一般の方も わかってないんで
特徴で言うんですよね。

だから
後藤君は「後藤」なんですけど

都築だったら 歯が出てるから
「出っ歯」なんですよ。

で 僕が 何もないんで
「右」なんですよ。

(一同 笑い)

(石橋)「後藤」と「出っ歯」と
「右」なんです。

ハナコですら 岡部1人のものに
なりつつあってて。

1回 SNSで見たのが
「ハナコ岡部のハナコって

ディーン・フジオカのディーン?」
って書いてありました。

(一同 笑い)

サンシャイン池崎の
「サンシャイン」みたいな。

これは もう 皆さん わかる?
そういうような事は。

やっぱり どうしても
こっち側の…。

再現ドラマなんか
1番手中心に考えてるから

2番手3番手の役は

どっちでもいいみたいな
感じなんですよ。

もう A B…。
(馬場)A B。

そっちで決めてくださいみたいな。

時代物の再現Vみたいなの
やるじゃないですか。

その時は…
ほとんど2人が弟子みたいなので

見た事あるケンカばっか
やってるんですよ。

「どうする?」みたいな。
(一同 笑い)

「お前 それ 大丈夫か?」。

北大路魯山人さんの…
なんか 弟子とか

いろんなやつ やったんですよ
歴史物の。

ほぼ同じセリフなんですよ。

あと 再現ドラマじゃなくても
アーティストさんとかに

「ロバートの大ファンなんですよ
アーティストの誰々が」って言って

ラジオとかに呼ばれる事が
あるんですよ。

ゲスト行くじゃないですか。
秋山しか見てないんですよ もう。

俺と山本は
一切 見られてないっていう。

じゃあ そこで張り合ってくれば
いいじゃねえか。

張り合ってこいよ。
(馬場)でも 見えてねえんだよ

俺の事はさ その人に。
その人には見えてねえんだよ。

その日から見えるようにしたら
いいじゃねえか。

面白い事やればいいじゃねえか。

(一同 笑い)
(竜次)「できねえ」じゃないよ!

(おたけ)戦いましょう
ちょっとは。 戦いましょうよ。

なんで食ってかかってきたんだよ。
後藤 どう?

この馬場ちゃんの考え方は。
本当に…。

おい! おい! 先輩だよ。

チームメイト…。

俺ら チームメイトだよね?
(都築)チームメイト。

だって 「エース」っていう
言い方してるんですから。

ネタ合わせの事
僕ら 「特訓」って言いますからね。

特訓なの?
(竜次)すごいな。

石橋は どうですか?
「ココが辛い!!」。

後藤君のピンの仕事が

後藤君がスケジュールNGだと
都築にいくんですよ 最近。

で 都築の
ピンの仕事が増えてきて

僕だけ この番組含め
いただくピンの仕事が

大体
チェリーのお仕事なんですよね。

チェリーなの。 チェリーなの。

チェリーなの?
(石橋)そうなんですよ。

えっ? なんで?

(おたけ)
そこ お前 食いつくんかい。

まあ まあ…。
だって 格好いいのにさ。

女の子の友達が多いんですけど
その話を聞いてると

そんな怖くないよね?
怖くない。 だから 男が今はさ…。

なんで お前
アドバイザーみたいに…。

ごめんなさい ごめんなさい。
(竜次)チェリーアドバイザー…。

まあ まあ
結婚できてるわけやから。

女の子の方が 今
ガツガツきてるみたいな感じで

そこで 自分が拒んじゃったら
ずっと それよ?

そのキャラは
ずっと捨てきれないよ?

自分から どんどんさ 積極的に

女の子とコミュニケーション
取っていかないと… ねっ?

だって イケメンだし…。

ナイスですね!
(一同 笑い)

あれが1番手かよ!
あれが1番手のパワーか。 すげえ。

僕も そういう… 結構
1人で 暇な事が多かったんで…。

1人で仕事あって。 太田も

そんなないよ!

そんな 年がら年中
奥さんとやってないよ。

この間だって… パンパースね
一緒に はく仕事とか…。

(一同 笑い)

太田が パンパース はくの?
いやいや…!

パンパースの…
パンパースを広めるみたいな。

いや パンパース はく仕事…。
あっ 違うの?

てっきり
はく仕事だと思ってたわ。

はいたんじゃないの?
(山本)一番 芸人だよ それ。

そういうのがあるんですよ。
太田も太田で それは ある。

だから 僕は 1人で
ライブとかを ずっと…。

おたけが
1人から積極的にライブやって

他の後輩とかと 一緒に
ユニットコントみたいなのして

そこで リズム芸が生まれて

それを
『ゴッドタン』とかで披露して

そこから
『ワイドナショー』とかで

そのネタを披露したりとか。
広がっていってるやん。

だから 石橋も そういうのを
していったらいいやんと。

(おたけ)自分で もう…
そこは もう いいんですよ。

来てくれるファンが
たくさん いるんだから。

(石橋)えっ?
(太田)「笑顔 見せてやろうぜ」?

おたけさんに
アドバイスもらって

(一同 笑い)
いや 後藤 それは…。

アドバイス 別に…
なんで 恥ずいの?

ありがたい話やんか。
(斉藤)一応 相方だからさ。

ありがたい話やで。
(おたけ)なんでよ?

合ってるし。
おたけさん 言ってる事が。

あいつは。
(斉藤)ああ…。

なんか 単独ライブがね
今度あるんですけど

僕は ネタ書く。
それは考える… うん。

都築は 結構
「こういう事がしたい」とか

言うんですよ。
(都築)僕は 結構…。

(後藤)「誰々とコラボして」みたいな。
なるほど なるほど。

でも 彼は しないんです
そういう事を。

石橋は しない?
(後藤)次の単独ライブで

雑学を勉強しますみたいな事を…。

それ マネジャーさんに
言われた事だし。

自分から そういう…
要は 1人の仕事が来る

何か 要素を
作りにいこうとしないとか。

そうそう。
そういう事を お前が言えよ。

俺が言っても聞かないんだから
あいつは。

お前が言っても聞かないのに

(一同 笑い)

いやいや それは…。

何が… 1番手だからって
お前 相方だろ?

(山本)弱るな 弱るな!

後藤が言って聞かないのを
僕が言って聞きますかね?

聞くかもわからへん
聞くかもわからへん それは。

でも 僕も 自発的にやらない
っていうのはありますけど

僕も僕で考えてて…。
特技があまりないと 3人とも。

だったら
僕が 特技を作るために

運動神経が ちょっと
人よりいいという事があって

運動系で なんか
特技を作ろうかってなったんで

ジムにも通い始めたんですけど

結局 『ロンドンハーツ』の
スポーツ大会とかは

後藤君だけ呼ばれちゃうんですよ。
ああ… なるほど なるほど。

(都築)それは でも

23で めちゃめちゃ運動できるヤツ
いります?

バリバリの時だとね…。

できない事とか
それこそ 年齢を重ねてるのに

記録が出る事とかが
盛り上がるじゃないですか。

「23で 普段から運動します」で
「用意 ドン!」で…。

若いしね。
(斉藤)まあ… 確かに。

(太田)
それは勝ちようがないからな。

(都築)かといって
『炎の体育会TV』とか

「運動神経できる人集めました」に
入っても

上位何名に入れるかって
そこまででもないし。

そこまででもないの?

そもそも 運動じゃないんだよ
もう その時点で。

おい 人に聞くな! すぐ!
自分で考えろ!

今 人に聞くな! 自分で考えろ!

(石橋)待て 待て 待て 待て…!
(竜次)やばいな。

俺が考えて… 僕が提案しても
「お前は なんだろう?」って

納得をしてくれないんですよ
後藤君も 都築も。

僕の事を面白いと思ってないから。

そんな事ないよ。 そんな事ないよ。
(石橋)おたけさん これね…。

(一同 笑い)
(おたけ)そんな事ないよ!

いいよ! いいよ!
石橋… 石橋 いいよ!

(太田)お前の思ってる事 言えよ!

だから 僕が言った事を
少しは ちょっと なんか こう…

自分の… 後藤君なら後藤君なりの
頭で なんか変換してくれて

返してくれれば 僕なりに
していくのにっていう感じは

僕は ずっと思ってます。

(都築)常に。
根本が的外れなの?

(都築)だから
運動系も そうじゃないですか。

結局 だから 僕は…。

(太田)やべえ目で見てる…!

(竜次)目付き 目付き…。

(一同 笑い)
(太田)石橋! それ やめろ!!

(一同 笑い)

(おたけ)顔が…!

(竜次)あいつは やばいよ。
(石橋)すみません。

でも いいの いいの。
全部 出し切っていいのよ

この番組は。

(山本)たきつけて…。

違うの。
そういうのも大事だから。

『アメトーーク』で
初めて 死者が出ますよ 本当に。

死者が。 あいつ 殺しますもん。

いやあ
こんな 四千頭身 見た事ない。

そういうのも大切やから!
(斉藤)だって 石橋君って

普段 自分の気持ちみたいなの
バーン! って出す事…。

今 だって スポーツをやってる
っていうのは

ここで
初めて発信したわけじゃん。

それで ひっかかる人も
いるわけじゃん 絶対に。

『ロンハー』のスタッフさんだって
見てる。

それで 別に いい 悪いじゃなくて
中途半端になって

「いや お前
全然 できないじゃん」っていう

そういう風になったって
別にいいわけじゃん。

「全然できないじゃん」
じゃないんですよ。

ちょっと黙ってて! あのね…。

(一同 笑い)

(斉藤)わかる わかる。 出してよ!
出しちゃえばいいんだよ!

きて きて! ほら!
「きて」って言ってるから。

石橋も
「きて」って言ってるから!

僕が なんか 都築に
吹っ掛けるじゃないですか。

そしたら なんか
都築が僕の事を無視して

ないがしろにするんですよ。
なんか すかすんですよね。

それはある!
(石橋)そうでしょ?

ちょっと流してしまうとこある?
あの2人がね

なんか そういう話 してるの
見た事ないんですよね。

ああ…。
(後藤)やっぱ 2人は

不満あるんですよ。
「都築 こうだね」「石橋 こうだね」。

でも それを お前らが言い合って。
僕は忙しいんだから 1番手で。

(一同 笑い)

さすが1番手。

(太田)言えよ!
言いたい事あるなら。

(おたけ)そうよ。
わかるよ 俺 その気持ち。

やっぱ 本当 僕もね
この時代 あったんですよ。

何も意見 言えないって。

何かを変えたいけど
変える理由 わかんないんですよ。

俺 でも 何 変えればいいのか
わかってます 今 正直。

(斉藤)何を…?

(おたけ)これ 今 いい? 言って。
(石橋)もちろん。

(おたけ)名前 変えるの まず。
僕は 名前を変えた。

そうか おたけは
もともと なんやったっけ?

武山なんですよ
武山浩三なんです。

武山が 「おたけ」に…。

ひらがなで 「おたけ」にしてから…
まず ここからや。

名前 変えた事が
人生 マジで変わったんですよ。

(斉藤)そうです。 もう
おたけに変えてから すごい。

(おたけ)マジで。
お客様っつうか 見てる方も

僕の事を呼んでくれるように
なったんですよ。

「おたけさん」って
呼びやすいんだ。

「おたけさん」って
呼ぶ人はいないです。

みんな 「おたけ」です はい。
(おたけ)「さん」はないんですけど。

あいつに「さん」は もったいない。
(おたけ)でも そんな事が

今 もしかしたら 石橋君には
求められてるのかもしれないって

僕 マジで思います。
そしたら みんなが変わるから。

で 「名前 変えたんだ」。
「なんで?」って 注目いくんだよ。

これで 変わってくれたら 僕…。

そうやねん。 おたけさ お前

(太田)マジで
僕も言いたいんですよ。

(竜次)大成功側の意見なんですよ。

今 もう 大成功した人間に
なってるけど…。

今の理論
この間 全く同じ熱量で

(山本)相方に? 改名?

(太田)「お前も名前 変えろ」
っつって。

(斉藤)でも 本当 改名して
おたけも 結構 前向きに

先輩とかと こうやって
絡みにいくようになって

イジられるようになって

それこそ さっきもスポーツの話
したけど

『ロンハー』のスポーツテスト 最初 おたけ
呼ばれてなかったんですよ。

実は 太田が
スポーツキャラみたいなので

柔道で 愛知県で優勝してるし

レスリングのマスターズっていう
大会で2連覇してて

世界でも5位になってるんですよ。

だから おたけの存在というものが
そこで隠れてたんですよ。

でも『ロンハー』の
スポーツテストで2連覇して。

あいつも一応努力してたんですよ。
ジムに行ったりして。

さっき言ってたように
体 動かしたりしてて。

(おたけ)裏では… はい。
(斉藤)今では 太田よりも

肉体も 本当に すごい
いい感じになってたりしてて。

だから そういうところで
陰でやっては いるんですよ。

(太田)そもそも その…
なんで 俺と同じキャラで

俺 超してっちゃうの?
それ あんまりすぎる…。

まあまあ… 憧れてたとこも
あったんです それは。

なんで 俺が『体育会TV』で
レスリングやってるのに

お前も一緒になって
強くなろうとしたの?

(一同 笑い)

応援する人でよかったよな
あれは。

気付いたら 俺の横を
俺よりもタックルで こいつが…。

こういうパターンもあるんだという
いいなっていう憧れ…。

スポーツも ちょっと
突き詰めすぎると良くなくて。

うちの相方 博は
もう本当にプロボクサー…。

普通に やっぱ
突き詰めすぎちゃって。

この間も 夜中 見てて

リング場に芸能人 座ってるとか
あるじゃないですか。

あの人 見に来てるんだみたいな。
それじゃない見付け方しちゃって。

誰にも触れられる感じでもなく
端の方で

普通にスーツを着て
紙に何か書いてたんですよ。

(一同 笑い)

博 何すんねん お前は!

そんな感じになるんだったら
やめちまえと。

あいつ 審判になろうと
してるんですよ 本当に。

ジャッジレフェリーを。
そこはそこで

極めたくなんねん 博は。
(山本)研修で… はい。

やらせていただいてます 今。
(竜次)いいよ…。

ちょっと… えっ? そうなのよ。
何?

今 辛い話を… 「ココが辛い!!」
っていうテーマやったんやけど

これ なんで…
なんか 変な事なってない? 今。

順番が なんか あるんですよ。

次ね なんか いろいろ
コーナーもあるけども

不満でもなんでも言いたい事…
もう自由なコーナーにするわ。

四千頭身のエネルギーがね
ちょっと…。

でも いいと思うねん ホンマに。

ハナコとかも なんか ないか?
うんうん…!

(一同 笑い)

仲良しが終わったって

言いたい事を言う場所で
いいじゃんかよ!

若いんだから…。
(斉藤)そうだよ!

ハナコは だから 違う…
他のパターンと やっぱ違うやん。

本当… ハナコでよかったなって
今 すごい思ってて。

(一同 笑い)
(岡部)すごい なんか…。

だって 岡部と秋山がさ やっぱり
ガッツリ こう組んでさ。

ほんで 菊田は菊田で
ちゃんと 自分の立ち位置とかも

なんか わかってて。

なんか
うまい事なってる感じやんか。

僕が やっぱ 1人で
仕事してる時があるんですけど

その時 秋山が すごい
頑張ってくれてはいるんですけど

今までは
2人で頑張って作ってたのに

結構 なんか
秋山が 割と本当 1人で

最初から最後まで
ネタを作る事が多くなってきて。

なんか 僕 いなくても

ハナコのネタできるんだって
思い始めて

なんか 最近 ちょっと
寂しいなっていう気持ちも…。

種類 全然違うね!

(斉藤)すごいわ!

これは なんか…
ちょっと寂しいみたいよ。

寂しい… まあ
僕には 空いた時間があるんで

自分で考えたり
芸人仲間と考えたりして。

もちろん 岡部と考えるのも
すごい面白いと思いますし。

ただ その集まる時に
僕もスキルアップして

合わせれば もっと面白いものが
できるんじゃないかっていう。

(観客の笑い)

何? 褒め合ってるやつ。
(おたけ)全然 違えじゃねえかよ。

菊田は ほんなら もう
このハナコのトリオに関しては

なんにもない?

僕も ちょっとあるんですよ。

ある?
先ほどはね ちょっと あの…

僕 頑張ってないなんて
言いましたけど

ロケとか スタジオのひな壇とか

ボケる事もあるわけですよ 僕も。

で 岡部がね スタジオでボケたり
ロケでボケた時は

秋山は すごい褒めるんですよ。

あれ めちゃくちゃ面白かった
みたいな。

僕が ロケとかスタジオで
ボケても…。

終わってから何も言わない?
あっ そう?

もうちょっと褒めないと 俺を。
ああ… そっか。

褒めてほしいの?
褒めないと 俺は…。

(一同 笑い)

褒めないと…!
褒めないとダメです 僕は。

(寛貴)ハナコが
キングオブコント優勝して

まず 僕 いくの
菊田だと思ったんですよ

人気になるのは。
やっぱ キャラが立ってますので。

で 案の定 『アメトーーク』に
そのあと 1人で呼ばれたのが

菊田だったんですよ。

で そのあと まあ
『水曜日のダウンタウン』とかで

奇人芸人みたいなくくりに
しっかり入れてもらって。

このまま いくのかなと思ったら

なぜか その支持者が
サワッと消えたんですよ。

なんやろ? それ。
これ ちょっと 謎なんですけど…。

その時にさ 秋山君は…。

まあ 確かに言い足りなかったかも
しれないですね。

それはね
多分 言ってあげた方がいい。

うちはね 2人ともそうなのよ。
絶対に チェックして 言うと

やっぱ そのあとの仕事とか
気持ち良くなって

2人とも すごい やる気出して
やってくれるんですよ。

だから 常に
チェックしといて

ここがこうだっていうのを
言ってくれてれば

多分 向上心って
ずっと そのまま出続けても

おかしくなかったと。
俺は 多分 そうだと思う。

そういう事や! そこ!
(斉藤)そう!

結構 言ってくれるんですけども
言い方がね…。

どういう言い方なん?
(おたけ)一緒の番組で

僕が たまたま
いい感じで目立った…。

その時に 収録終わって
スタジオ出た時に

「ご苦労さまです」みたいな。
「今日 完璧でしたね」みたいな。

「どうでした? 太田さんに
勝った感じは」みたいな。

太田に勝った気持ちを
聞いてくるんですよ。

そうそう そうそう…。
それも… それも やり口だからね。

それで 今 太田に
お前は勝ってるよっていう事を

あえて植え付けさせてるの。

で 太田には
同じ事を また言ってるのよ。

えっ そうなの?
(斉藤)そう!

(一同 笑い)

(斉藤)そういう事よ!
いろいろ考えないと。

そのパターンもあるんですけど
僕1人で出てきた時なんかは

マジで ドラマで 木村拓哉さんが
後輩にやるぐらいのノリで

バーッて 斉藤 入ってきて

「『アメトーーク』の立ちトーーク
緊張しすぎ!!」みたいな。

(一同 笑い)

「えっ…?」。

そうなの?

でも 偉そうだと思われてても
やっぱ 言うと 感じ方は違うので。

面倒くさいかもしんないけども
ちゃんとチェックしてやると

もしかすると いい気分になって
菊田が

「こんなに褒められるんだったら
もっと褒めてもらいたい」

っていうタイプの 典型的な
そういうタイプだと思うから。

あの2人も
僕の番組 全然見ないんですよ。

あっ そうなの?
(石橋)いや 見てるんですよ。

(都築)見てます 見てます。
(後藤)いや なんも言わない…。

見てないだろ?
(都築)見てる…。

(後藤)嘘つくな。 見てないだろ?
何も言ってこないじゃないか。

何も言ってこねえから
俺は草薙に負けるんだろ?

(一同 笑い)

もっと言ってこいよ。

別に負けてないやんか 後藤も。
ええー?

面白くなってるっていうのは
わかった上で

テレビの前で待つんですよ。
その中で

どんな話 してるのかなとか
どうやってイジられてるのかな…。

勉強ですね 変な話。
…のつもりなんで

勉強をしたものを報告しても
なんか… ねえ?

その… やってます感というか。
(竜次)こういう話 してる時も

このWヒロが静かに座ってる感じ。

(一同 笑い)

(太田)いい表情…。

まだまだ幸せよ うん。

だって この2人

そんな事ない! そんな事ないわ!
そんな事ないわ!

あるよ…!
あるある あるある…!

あったら
あの顔はできませんって。

まだまだ いいですよ。
私は こういうのを

1人じゃなくて
2人 連れ添ってる…。

よく頑張りましたよ
20… 20年以上。

俺 秋山さんの相方っていうのも
なかなか 俺 つらいと思いますよ。

いや まあね ちょっと…。
だって もう 天才的な位置で…。

僕ら トリオの… こうやって
1番手って言われても

絶対に
追い付く位置の人じゃないし。

この時に 完全に比べられるのは
もう…

下手したら やる気なくしても
おかしくないぐらいの…。

(竜次)「確かに」じゃないですよ。
何も だって 本当 ただ…。

もうちょっと… 一緒のチームで
やってる感がないのよ 俺は。

(馬場)でもね

(一同 笑い)
(山本)それはね それは…。

ここで ここで…。
横で見れるから。

ネタとか
やってるじゃないですか。

みんなで一緒に…。
うらやましいよ やってる感じが。

あいつ マジ 普通に
横で笑ってるの。

「いや 笑ってるけど
お前 今 演者だぜ!」っていう。

(一同 笑い)
(竜次)いや マジで。

いやいや… あっちにいてだったら
わかりますけど

一緒に演じてる側が笑ってるから。
ベテランは やっぱり 違うね。

この距離がすごい いいんですよ。
(山本)全然 笑っちゃいますよ。

大丈夫? 後藤。
えっ?

いやいや 大丈夫…
全然 なんにもないですよ。

ハハハハ…!

出し足りないぐらいの
感じですかね? こうなると。

出し足りない?
(都築)出し足りないぐらいの…。

1個 なんか…。
出していいよ。

俺 さっき 「僕を 面白く
思ってないんですよ 2人は」で

終わっちゃうのが
今 ちょっと イヤで。

なんか その…
負け顔をしないんですよ あと。

こいつ。
「負け顔」?

本当にできなくて 負け顔を。
(都築)ラジオとかで

「罰ゲームをやります」とかって
受けて終わればいいのに

人にやり返すとか。
それ でも マジじゃなく その…。

いや 意地とプライドで
勝手に戦ってくるんですよ。

実践学園っていう
めちゃくちゃ強い高校で

サッカーやってましたみたいな。
でも 4軍だったんですよ。

「4軍だったんだよね」っつって

「はい」で
終わればいいじゃないですか。

それで負け顔 見せたくないから

「いや でも
その辺の高校の1軍と戦って

勝ってましたけどね」で
終わるんですよ。

だから それを言う事によって
もしかしたらですけど

ひっかかって サッカーの仕事
いただけるんじゃないかっていう

僕の意地です これは。
(都築)ひっかかるんだったら

「4軍です」「サッカーやってました」で
ひっかかるから!

実践学園なんだもん。

でも 相当
うまいんだなっていうのが…。

ああ… まあ まあ…。

で 女の子と
キスした事ないんですよ?

ないんですよ。 で 僕とは
2回した事あるんですよ。

3回ね!
3回 3回…。

(一同 笑い)

(都築)それは おいしい…
これは おいしいじゃないですか

芸人としては。 で ラジオとかで

じゃあ するっていう
くだりになった時とかに

マジで ブースの外とかに逃げて
走ってっちゃうんですよ。

ラジオだし 外に逃げていったのも
見えてない…。

(一同 笑い)

いいよ! いいよ…!

どうしたらいい?
どうしてほしいんだよ!

これは やっぱね…
サッカー 強いとこで

ずっと やってきたんでしょ?

やっぱね
体育会系で ずっと やってきた

人間のプライドって
やっぱ あるんですよ。

で そこが折れるまでの時間は
絶対に必要なの。

まだ だって 何年目?
(後藤)4年目です。

(太田)4年目で
そこの領域 達しちゃう?

でも 安心して。
すごい名門でサッカーをやってて

今 40過ぎて カメラで全力で

「サンキュー!」ってやってる人
いるから。

安心して!
(斉藤)そうだよ わからないよね!

時が経てば
自分の立ち位置わかって…。

今日 入ってない…。
(太田)どんだけ…。

入ってない…。
(おたけ)トリオ… いないけどね。

一番 ショックだよ。 あいつが。

(都築)
こういう事になった時に

「石橋君 可哀想」みたいに
なっちゃうんですよ。

(後藤)そう! マジで邪魔。
(都築)俺と拓実が悪いみたいな…。

あくまでも
僕ら 正義のつもりだし

こいつのためを思って
言ってるのに

僕らが
つい 悪者になっちゃうんですよ。

いや でも
そんなのは気にしなくていいよ。

そう! 「でも」が多いんですよ。

秋山さんが言ってください。
(竜次)基本的に 「でも」…。

全部 「でも」で返してる。
(後藤)「でも」が多いんですよ。

でもさ 改名してさ
「でも橋」にしたら?

(都築)「でも橋」 いいですね!

(一同 笑い)

なあ? おたけな。
はい!

そういうので 全て変わるから
俺 呼ぶよ。 「でも橋」って。

マジですか?
(おたけ)そしたら

「でも」っつっても
「でも橋なんで」っていう。

お前から言われる事
そんなプラスにならない。

(寛貴)なんか わかんないですけど
今の一連で

岡部が泣きそうです。
なんで?

もう 僕
本当 ハナコでよかったなって

今 ちょっと…。
(おたけ)そういう事?

その涙ね。
(岡部)本当に 今日

ずっと思ってます。
ハナコでよかったと。

僕 1個だけいいですか?
本当 最後 1個だけ。

今日 もう
全部 出しちゃおうと思って。

僕も 1個だけ不満があって。
言おう。

秋山が…。

なんだ? それ!
なんや? それ!

Here we go!

〈新メンバーを加えた…〉

キャー! キャー!

〈一番ヘタレな ビビリ王の称号は
一体 誰に?〉

(エアホーン)
(一同)わあー!

〈全編 腹筋崩壊〉

〈更に メジャーリーガー

〈大型ルーキーたちも
衝撃作品を〉

立ってるやん!

〈20日 金曜! 20日 金曜だよ!〉

僕 1個だけいいですか?
本当 最後 1個だけ。

今日 もう
全部 出しちゃおうと思って。

僕も 1個だけ不満があって。
言おう。

秋山が 一緒に
お風呂入ってくれないんですよ。

なんだ? それ!
なんや? それ!

(一同 笑い)

いや 見たいじゃないですか
相方のチンポを。

なんだ? それ。

全部 見せ合って
やっぱり 絆 深まるというか。

確かに。 俺も 唯一
おたけの事 尊敬してるのは

俺 こいつよりも
でかい金玉 見た事ない。

うるさいよ お前。 やめろよ お前。

本当に大きいですよ。
えっ?

まあまあ… それは
確かに そうなんですけど。

馬場も でも 金玉でかいよね。

「いいよ」じゃないよ。
お前… お前 そういう…。

もったいないよね。
もったいないよね 今のね。

(斉藤)
今のは いってもいいけどね。

あいつ 金玉 皮 でかいんですよ。
皮がでかい?

伸びます。
伸びる?

ほんで 隠れちゃうんだよな。
(馬場)はい。 全部 包めます こう。

皮が ビヨーンってなるから?

おたけの方が 絶対でかいっす。
えっ おたけの方が…?

絶対 馬場の方がでかいよ。
(太田)おたけなんか

金玉 でかすぎて
1回 おなかへった人たちが

うどん屋の置物だと思って
行列できたんですよ。

タヌキの置物じゃないよ 俺…。

小学校で
玉転がしあるじゃないですか。

あれ 子どもたちが間違えて
おたけを回して…。

俺 大玉じゃないんですよ。

「おたけさんですよ! それは!」。

「赤い玉じゃありません
おたけさんです!」って。

馬場は 自分で
顔にかけて 隠れちゃって…。

えっ? 隠れちゃったの?
隠れちゃいました 本当に。

そんな事 言ったら
この間 海外の観光客の方が

こいつの金玉見て
フジテレビの球体と間違えて

登ろうとしたんですよ。
なんで シンボルなんだよ? 俺が。

馬場は 山の上から
パラグライダーみたいに

金玉で下りてくる…。
(一同 笑い)

ターちゃん! ターちゃん!

下りたんだから。
なあ? 言えよ お前。 なあ?

言えよ! 言え! 言え!

どういう事だよ?
(竜次)いいから。

金玉… 言え!
金玉エピソードを出せ!

後輩が お前
頑張って言ってるんだから

金玉エピソードを絞り出せよ!

(一同 笑い)

なんやねん!
今日 なんの回? これ 今日。

(太田)
気持ちが ぐちゃぐちゃで…。

まあ ちょっと テーマ変えるね。
続いてのテーマ こちら。

(拍手)

さあ 2番手3番手同士の争いが
いろいろとあるという事でですね

自分が2番手だと思う芸人が

インタビューで
3番手として扱われたら

どんなリアクションをとるか
っていうのを

太田で検証しました。

「検証しました」?
はい。

えっと すみません。
こういうカンペが出て…。

太田で検証しました。

「検証しました」?
はい。

えっと すみません。
こういうカンペが出て…。

「撮れ高が すごく
皆さん 今回いいので

このコーナーはネットで流す」と。

(山本)出た! これだよ。
これ これ!

(斉藤)こういう事です。
こういう事です。

もう… もう いい!
太田 無理よ 無理よ!

〈という事で
太田のドッキリ検証〉

俺も そんな時代あったよ。

〈リアル知名度調査と共に
こちらのサイトで どうぞ〉

好きな子いじめるタイプ。

〈次週は
NEXT お笑い第七世代〉

〈霜降り EXITらに続け!〉

一応 今年 40です。

〈ブレークを狙う7組が
猛アピール〉

そいつどいつのネタ
面白くないんですよ もう。

〈爪痕を残すのは誰だ?〉

また1人になるんじゃないかな…。

〈次週も大荒れ!〉


関連記事