行列のできる法律相談所 中居正広が緊急参戦!巨人・原監督と丸&岡本選手も登場!・1日90食限定究極のモンブラン…


出典:『行列のできる法律相談所 中居正広が緊急参戦!巨人・原監督と丸&岡本選手も登場!』の番組情報(EPGから引用)


行列のできる法律相談所[字] 中居正広が緊急参戦!巨人・原監督と丸&岡本選手も登場!


緊急参戦!中居正広が行列に大クレーム…その内容とは!?▼巨人監督&選手の登場で中居大興奮&選手へステキなおもてなし!▼女優・波瑠が監督Yに猛抗議!?


出演者

【MC】東野幸治、市來玲奈アナウンサー

【ゲスト】中居正広、波瑠、高橋文哉、後藤輝基、渡部建、滝沢カレン、小杉竜一(登場:原辰徳、丸佳浩、岡本和真 ほか)

【弁護士】北村晴男、本村健太郎

番組内容

「話題の人がクレーム発表SP」▽中居正広が行列に大クレーム!昨年出演した時の○○をカットされ大激怒!その未公開シーンを今夜放送!▼緊急出演!ジャイアンツ原監督・丸選手・岡本選手が中居に大クレーム!1日90食限定究極のモンブランでおもてなし&LiSAからのメッセージ▼波瑠がY監督にクレーム“何回全力で走らせるの!”その理由とは!?▼シェフか俳優か?令和の仮面ライダー高橋文哉に恩人からのプレゼント

監督・演出

【総合演出】高橋利之【プロデューサー】吉無田剛、渡邊文哉【チーフプロデューサー】川邊昭宏


『行列のできる法律相談所 中居正広が緊急参戦!巨人・原監督と丸&岡本選手も登場!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

行列のできる法律相談所 中居正広が緊急参戦!巨人・原監督と丸&
  1. 中居
  2. 後藤
  3. 渡部
  4. 拍手
  5. 小杉
  6. 中居君
  7. 波瑠
  8. 今日
  9. お願い
  10. 竿代
  11. SAKURAI
  12. スタジオ
  13. ホント
  14. 東野
  15. クレーム
  16. 岡本
  17. 原監督
  18. 高橋
  19. スリー
  20. ツー


『行列のできる法律相談所 中居正広が緊急参戦!巨人・原監督と丸&岡本選手も登場!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


<今…>

<クレーム 告白>

(中居) だって 俺…。

<まさかの…>

(東野) えっ!?
あの…。

♬~

『行列のできる法律相談所』へ
ようこそ。   今夜は…。

よろしくお願いいたします。
(小杉:渡部) フゥ~!

よろしくお願いします。
(後藤) お願いします。

席 空いてますけども
いらっしゃいますけども

その前に ゲスト紹介しましょう
波瑠さん よろしくお願いします。

(拍手)

今回は クレームでございますけど
意外と怒るほう?

(波瑠) ありますよ
例えば 歩道で…。

とかで歩いて来られて
こっちは 1人で行って…。

組 いるじゃないですか。

あれ もう…。

あっ そんな顔すんのや
イラっとする。

します します します。

小杉さん どうなんですか?
(小杉) そん時は

正面から行って 深く ため息を…。

いやいや…。
≪どういうことですか?≫

TPOに合わして。

(後藤) 笑わすっていう。
そうですよ 今日は

プロしか笑いませんから。

…じゃないんですか?
違います 違います。

さぁ それでは 続いて 初登場
高橋文哉君です お願いします。

よろしくお願いします。
(拍手)

はい そうなんです
仮面ライダーを。

あっ 知ってんの? 後藤。
(後藤) 知ってます もちろん。

(後藤) 出て来たよね。
(高橋) そうなんですよ。

役名 何やったっけ?

(高橋) おもしろ過ぎて 腹筋が
崩壊しちゃうぞっていう。

オープニング始まって
一番ウケてるやん。

小杉の分 何とか…。

さぁ そして
こちらでございますけども。

さぁ なかなかね… たまに
『行列』は これ やりますよ。

いや 超ビッグスターでしょ。

前回は 後藤さん 誰でしたっけ?
そういうふうにして出て来たのは。

えぇ!
そうよ。

(後藤)めっちゃ緊張しましたもん。
(小杉)えぇ~!

(渡部) ここは だって もう
超大物シートでしょ 前列の。

今日 いらっしゃるんですけど
さぁ ちなみに 波瑠さん。

一体 誰が
いらっしゃると思いますか?

すごいビッグなスターですよね。
はい。

さぁ 文哉君。

(渡部) あぁ そうだ。
『パラサイト』の?

あぁ そうね。
激アツやん それ。

ソン・ガンホさん。
確かに 来たら

ホンマ 緊急オーディション
全員 やりたいよ。

なるほどね 分かりました
カレンさんは?

(滝沢)
にぎわせてる人だとしたら…。

(滝沢) ビートたけしさん。
(後藤) えっ…。

さぁ それでは 行きましょう
一体 誰なんでしょうか?

すごい!

なぜ 来るんだ!? どうぞ!

誰や 誰や~!?
♪~       すごい!

♪~   ホントに すごい!

♪~

(後藤) えっ 男性?
♪~         男性。

♪~

出にくいよ~。
(笑いと拍手)

(中居) 出にくいよ もう 何だよ!
(渡部) 出た 出た!

もう あれが耐えられないよ~
何だよ~!

中居君です!
(拍手)

じわじわ じわじわ
ジャ~ン!みたいな もう。

スターやねんから。
地獄だよ~!

すごいでしょ?

(中居) ウイ~ンとか やって
もう こんにちは。

ほんで
すいません 今日 こういう。

(中居) ちょっと待って 俺…。

キャ~とか ワ~とかないと

俺 全然 テンションが
ギアが上がらないんです。

中居君 すいません。

(笑い)
練習しましょう?

中居君 よろしくお願いします!

(拍手)
(小杉) これは すごい!

ありがたい いや ホントに。

波瑠さんとか 中居君
びっくりしたでしょ あのニュース。

びっくりしました!
(中居) すいません 何か。

結局は 3月いっぱいまで
お世話になって…。

そうですね… あっ
そういうくだりも やるんですか?

そりゃ やっぱり 聞きたいし。

メンバーも聞きたいし。

(笑い)

後藤さん 何か
質問ないですか? 中居君に。

そう あれは 自分の中で
候補 いろいろ あって?

それを聞きたかったの。
(中居) 候補 やっぱり 5つ…。

(後藤) それ 聞きたい!

結局は 「のんびりな会」に
したんですけど。

「なかい」は入れたいな。

でも…。

堅いな 堅いな。
(中居) どうしようかなって

「なかい」は最後に付けたいな。

…とか。
(笑い)

あぁ なるほど なるほど。
(中居) そんな 何か…。

それこそ…。

なるほど なるほど。

これは 後藤さん
今の いい質問じゃないですか?

これはね。

文哉君
何か ご質問ございますか?

ホント?

(笑い)

珍しくないよ。
聞いたことないわ。

僕 一度 お客さんが いっぱい
入って 歌 歌われるところに

行ったこともあって。

(笑い)
言わんでええねん!

(中居)
どこ? どこ? 東京ドーム?

(高橋) すごかったです。
5万人の前で やったこと…。

ない! ない!
(中居) 半端じゃないでしょ?

半端じゃないでしょ?
半端じゃないです。

カレンちゃん
何か 質問ございますか?

えっ じゃあ 中居さんは…。

どうしても それ聞くの?
(笑い)

ファッション誌の
インタビューみたいな。

しょうがない。

(中居) お客さんがいないからか
分かんないですけど…。

本番です!

これは… 小杉や うちの小杉が。

(中居) お願いします。
決めますから お願いします。

(小杉) お客さんいたら
笑うはずなんです。

今のは 客 おったら 絶対 笑う!

北村先生 中居君の会見…。

見ましたよ
何か おもしろかったですよね。

だけど ちょっと
1点 引っ掛かったのは…。

おっしゃったんですよね。
でも 一度もないでしょ?

ないから こればっかりは。

普通は。
(中居) 女性だって

1人や2人じゃないですもん
いっぱい いますもん だって。

(北村) いっぱい いても
私が1番と思ってる女性はいる。

…って言いますよ もちろん。
(笑い)

そんな ぎょうさんは
いないでしょ。

そんなタイプじゃないでしょ。
そんなタイプじゃないでしょ。

(中居) 結婚って ホントに
向いてないと思います。

そもそも 何か
女の子と 一緒に

だから ごはん
食べたりなんかしてても…。

波瑠さん 最低でしょ? 男として。

う~ん…。
自然に出て来ればいいんだけど

思ったことないんです
すいません。

面と向かって言わなくていいです。

(渡部) よく こんな人が…。

おかしいでしょ。

…と マジで思ってます?

次 行きたいです。
(笑い)

時間… 次 行きたい…
さぁ それでは まいりましょう!

今夜は…。

まずは…。

ご覧ください。
どうぞ。

<そんな波瑠が…>

<波瑠は10代から50代までを
演じ分ける 難しい役柄>

<撮影には全力投球の
波瑠の前に…>

<それが>

<遊川といえば…>

いいかげん 目覚めなさい。

<を生み出し…>

<…ことで知られている>

<今回 波瑠は…>

<衣装合わせ>

<衣装ごとに…>

待て~!

<のカットだが…>

(波瑠) はい。

<…を入れたい>

<…役でブレーク中>

<実は…>

<…に通っていた>

<そんな高橋には…>

<ではなく 逆に…>

<…がいる>

<…の おかげで>

(スタジオ:後藤)
あぁ 言うたらよかったのに。

<すると…>


<こちらが 実際に…>

(萩原さん)
…みたいな感じだったんで。

<今では…>

(拍手)
すごい!

(高橋) ああやって
言っていただけると ホントに

これから頑張ろうと思いますね。

今日は 実は お世話になった
萩原さんから…。

(渡部) コックコート?
プレゼントということで。

えっ 名前 入ってる!
そうなんです。

見ていただきますと
高橋さんのネーム。

名前が入っているんですね。

(高橋) これ…。

ここに名前が入ってる
っていうのは 絶対 頂けない。

今 すごい 心臓の音が聞こえます。

(中居)
ホントだ うれしいわ それ。

粋な計らいするねぇ。

ありがとうございます。
(拍手)

さぁ そして 波瑠さん
着替えも 朝から晩まで?

遊川監督が おっしゃるには…。

って おっしゃるんですけど。

…なのは
どの映画も同じであって。

言うね! 波瑠さん 言うねぇ!

(波瑠) 同じだし。
あれ?と思って。

だって 無理でしょ
そんなん 中居君は。

僕は すごく短いです。
短くしてもらうし。

「はい これ どうですか?
はい 写真 撮って はい。

次の着ればいいですか?
はい これ 行きます」。

これ… 一番
スタッフが言えないパターン。

バリア張るパターン。
(渡部) 逆にね。

「これ 着ればいいですか?」。
「ちょっと… ちょっと待って」。

「何ですか 着ればいいですか?」。
「違うんです」。

「着なくていいんですね」。
「ちょっと… ちょっと待って」。

「これ 着ればいいんですね
分かりました」。

これね これ アカンねん。

これ アカンねん
これ 一番 腹立つ。

これ ホンマに。

さぁ 一体 遊川監督は
どう思っているのか。

はい 実は 遊川監督にも
お話を聞きに行って来ました。

こちらをご覧ください。
どうぞ。

(スタジオ:東野) 怖いよ 絶対。

(遊川) 今日は…。

<…を聞いてみた>

…のように。

…つもりなんだけど。

<波瑠を…>

そして…。

<一方 波瑠に…>

って 優しく言われた時に…。

(笑い)

(拍手)
ありがとうございます。

(後藤) 言い返してたんや。

はい そうです
笑ってましたけど…。

でも 遊川監督は…。

が ひどくって
そしたら すごい…。

結果 よかった。
(波瑠) 元気に走れた。

(中居) 映画とか
すごい やってるじゃないですか。

やってて…。

すごい…。

あるじゃないですか
そういう時って…。

…するんですか?

(波瑠) でも 難しいのが…。

そうそう そうそう。
だから

自分が いいって思ったから…。

逆に言えば。
あぁ 偉い なるほど!

温度を同じにしてる。

なるほど フラットにしてるんだ。

撮らせてくださいよ
試写 見て 「これは ええ」と。

その時の番宣
「ぜひ 見てください」の顔

やってもらっていいですか。

…ぐらいですね。

試写 見て 「えっ 全然 思うてる
感じと ちゃうやん」みたいな時。

Bパターン お願いします。

(小杉) いや そんなん ないわ!
(渡部) 丸分かりでしょ。

(小杉) アカンわ そんなん。
(渡部) ひどい。

中居君は クレームあるんですか?
あります。

詳しくは こちらを ご覧ください。

(後藤) 『スッキリ』の人気コーナー。
<中居は…>

(加藤) はい。
(中居) ≪これから…≫

<中居は…>

<…を披露>

<それに…>

(笑い)
(春菜) 何で待ったの? じゃあ。

正解なんかい!

<そして>

(中居) ≪誰でしょう?≫

(笑い)

(後藤) 何で最後まで
聞かそうとするの?

(渡部) 分かります。
(春菜) 長いんだよ。

(後藤) 途中で やめろよ じゃあ!
(渡部) 長々 聞かせて!

<さらに>

<5ネタ中 2ネタしか
オンエアされなかったことに

クレームを言いたい>

(拍手)
(後藤) やってはりましたね。

何 怒ってんの?

何で 5つ やったのに
2つしかオンエアしなかったの?

逆に2つもオンエアしたんですよ。

僕は ここの
5人に渾身で

ホントに
前の日ぐらいから自分で…。

そうそう そうなのよ。

近く…。

ただ 中居君は
クレーム入れましたけど…。

…を入れてる人が
いらっしゃいます。

僕にですか?

めちゃめちゃ
怒ってるそうでございます。

えっ 誰?

(笑い)
(小杉) 言うてなかったから。

(渡部) 報告なかった。
城島君でもいいけど。

(中居) 分かんない
何だろう? クレーム?

来てんの?

中居さんに
クレームがあるという方が

サプライズで
スタジオに来ているんです。

こちらの皆さんです。
(東野:市來) どうぞ!

こちらの皆さんです。
(東野:市來) どうぞ!

♪~ 『巨人軍の歌-闘魂こめて-』

♪~   さぁ 一体 誰だ?

(渡部) ジャイアンツの
♪~         『闘魂こめて』。

≪うわ~!≫
≪えっ!≫

(拍手)
(渡部) えっ!?

いや ちょっと… えっ!
よろしくお願いいたします。

(後藤) えぇ~!
お願いします。

(渡部) びっくりした!

(拍手)
(渡部)ウソ いや ちょっと えっ!?

原監督 丸選手 岡本選手
よろしくお願いします。

(拍手)
(中居) あら 何で?

今日 えっ 見てた 今日 見て…
見てた 今 さっき。

さっき見てた
今日は どちらから?

(原) しかし 皆さんの仕事場って
楽しそうで いいね。

オープン戦は。

東京ドームで 終わりで
こっち来たんですよ。

もう…。

外国人 3人 ピッチャー
大丈夫ですか?

(渡部) 今じゃなくて いいでしょ。

中居君 今ね 芸能人っていうより
ただの…。

ちょっと落ち着こう
クレームがあると。

クレームが。
さぁ。

このところね…。

えっ!

去年までは来てたのに?
来てました。

ちょっと 中居君。

いや すいません あの…。

(笑い)

(原) それは しょうがない。

あと 小杉君が
ジャイアンツファン。

(小杉) はい ホントに もう
原監督の愛に 僕 包まれてまして。

中居君だけじゃなくて?

(原) 僕 大阪でね
テレビを見てたら 彼が出てて…。

…のジャイアンツの
ユニフォーム着てたの。

それで もう これは ぜひ…。

(原) …ということで
きちんと贈ったのね。

関西で 僕 パジャマみたいな服
着てたから

アウェーやからね
阪神 一辺倒の中

「彼は…」。

ってことで 広報の方に…。

これは うれしいよね
そういう意味で言うと。

ありがとうございます 本当に
ジャイアンツが大好きだってのは もう。

岡本選手?

ちょっと
左足 前に出しましたよね。

(岡本) クローズ気味に。
ちゃんと見てる。

ちょっと待って。
違う ホントは… いいですか?

特別 ごめん 岡本君 ごめん。
ちょっと 一回 聞いて。

やっぱり 開かないようにですか?
開きたくないんで ちょっと。

ごめんな 岡本君…。
左足がね ほら 見て。

象さん 象さんなの 象さんなの!

ちなみに ごめんなさい…。

(岡本) 去年までは…。
(中居) ちょっと こうだよね。

いや それ 邪魔やねん。
(笑い)

似てるでしょ?
(渡部) 中居君…。

(中居) ちょっと こう。

何で やんねん!
(渡部) 邪魔なのよ 本人いるから。

ちなみに どんな?
丸選手は こうやって

こうやって バットを…
グリップ を立てるタイミングと 足を。

違う 違う 違うねん
丸選手にやってほしいねん。

えっ 合ってんの!?
(丸) 合ってます。

(中居) バットを こうやって
寝かしてるんですよ。

立てると同時に
足も上げるんですけども

で 足を上げた瞬間に ちょっとね
今シーズンは

ここの上げた瞬間に クッていうね
左足 ためっていうんですかね?

(丸) はい。
(中居) それが ちょっと あの

去年より ちょっと
たまってると思います。

ありがとうございます!

でも…。

原さんは まだ 個人… あんまり。
まぁ…。

3番 4番バッターを
連れて来たんです。

(中居) ヤバいっす!
(後藤) いや すごい。

このことによって…。

(笑い)
(東野:中居) そうですね。

…について あらためて
「こんなスゴい人だ」という

VTRを作りましたので
まずは ご覧ください。

(実況) 空振り三振!

ジャイアンツ 5年ぶり
37回目のリーグ優勝!

<原監督の目には…>

(スタジオ:中居) しびれたな~。

<原の…>

<野村監督率いる…>

(実況) これは…。

<この…>

<…に当たりそうになった
という うわさもある>

<ジャケットは
愛犬 サムとのツーショット>

♪~


<丸が…>

(アナウンス)
♪~    3番 センター 丸。

<…として話題に>

<中でも お気に入りが>

♪~

<去年の…>

<…が大好き>

<…と思っている>

<…として大活躍>

(実況) 岡本 どうだ?

(実況) 2者連続ホームラン!

<すると>

(実況) 果たして
今年 飛躍を期する意味でも…。

どうだ? 行ったか? 行ったか?

行ったか?

(実況) 岡本 ホームラン!

<自慢のパワーを見せつける
一方で>

<東京ドーム内にある…>

<…と リクエストするほどの
こだわりです>

(拍手)

(笑い)

レコード シングル
出してはったんですね。

シングルじゃないですよ。

僕が言うのも
何ですけども…。

(笑い)

あのホームラン
みんなが覚えてる。

(スタジオ:東野) あれは やっぱ
それでまで いろいろ

物語があったんでしょ?
(スタジオ:原) まぁ そうです。

あの時ね 僕の…。

で 岡崎が…。

そこで 彼が ツースリーから

ファウル ファウル ファウルで…。

それで 僕が…。

おぉ~!
(原) っていうことなんです。

だから そういう…。

「俺が出るから 和真 頼む」とか。

あっ 言うんですか!
僕 絶対…。

その時 岡本さんは?

(笑い)

(小杉)
めちゃくちゃ おもろいやん。

(笑い)
言わしてますやん 完全に。

これは 中居さん…。

…って やっぱ なかなか?
なかなかですけども。

それ 言い方は どうでもええねん。

まず スイーツが好きなの?
甘いものが。

変わるの?
やっぱり…。

(笑い)

そして…。

アニソン好きなんだ。
中でも…。

(スタジオ:東野) 好きなわけですよね。
(スタジオ:丸) そうです。

(スタジオ:丸) 上がりますね。

はい そこで
今日は こちらをご用意しました。

まずは VTRをご覧ください。
どうぞ。

<毎日行列ができる 超人気…>

<ほぼ全て…>

<厳選された和栗を使用した…>

<北海道産の生乳を
低温殺菌した

最高の生クリーム>

<通常 お店に行かないと
食べられないが>

<絶品モンブラン…>

<そして>

LiSAで~す。

<…を聞いてみると>

やっぱり…。

♪~

ありがとうございます。
(小杉) にやけが止まらへん。

いや 丸選手! 生歌で
歌わせてくださいと来ましたけど。

びっくりします
もう ちょっとドキドキしました。

…っていうのも
リクエストありましたけど。

そういうふうに
おっしゃってましたけど。

そっから ちょっと
広げて行こうかなと

思います はい。

さぁ そして
岡本選手でございますけれども。

お薦めのモンブランですが

本日は オーナーシェフの
竿代さんにお越しいただきました。

お願いします。
どうぞ。

♪~        (拍手)

(渡部) 来た。
はい どうぞ!

竿代さんです
よろしくお願いいたします。

(拍手)

さぁ モンブランを
食べさせてくれる店ですけど…。

(竿代さん) そうですね
おすし屋さんを…。

(竿代さん)
おすしと同じように…。

(後藤) テークアウトとかも 一切なし?
(竿代さん) なしですね はい。

それでは 早速 皆さんの前で
モンブランを作っていただきます。

お願いします。

(渡部) いや~ 器もカッコいいね。

(滝沢)
へぇ~ こうやって作るんだ。

(竿代さん) モンブランの土台も
モンブランなんです。

土台がない モンブラン。

(後藤) えっ 何かのジャンルの
シェフやってて これに?

(竿代さん)いや 全然 別業種から。
へぇ!

モンブラン好き? スイーツ好き?
どういうことなんですか?

(竿代さん) 栗の専門店を始めて
10年になるんですけど

今は 自分で…。

あっ。
(竿代さん) はい。

(竿代さん)
整理券で 数が決まってまして…。

(竿代さん)
…が もう 限界なんです。

(中居) 奇麗だわ。
奇麗 ホント奇麗。

すごい すごいね。
(岡本) はい すごいです。

(渡部) これは。
すごいよ。

(中居) 「モンブランが好きで」。
≪それしか言わない≫

できた?
完成です。

ありがとうございます。
(拍手)

(渡部) 出来たてを。
(後藤) 岡本さんがね。

このテンションからね。
(中居) 高くなるかな?

変わりますよ。
(中居) 声 張るかな。

(中居)
これは だいぶ変わりましたね。

どう?

(笑い)

…してるよね
めちゃくちゃ おいしい?

(岡本)
めちゃくちゃ おいしいです。

うまい うまいわ
原監督 食べんの。

(中居) 原さんの 強引なの。

どうですか?
いや~ すごい。

何か 自然な感じが。
へぇ~。

正直 黙っとこう
思ったんですけど。

本来は。

へぇ~!
めっちゃ おいしいです。

なるほど
めちゃくちゃ おいしいと。

それでは 皆さんも食べたいと
思うんで 持って来ます どうぞ!

どうぞ~ どうぞ。

うん! うわっ。

≪「うん」しか言わないね≫

マネせんでええ
マネせんでええの。

(中居) 初めて こんなの。
後藤さん。

(後藤) 和菓子ですね。
和菓子な感じ。

和食としても行けるし
洋食としても行ける はい。

栗 食べてる感じです そのまんま。

栗 まんま。

何だろう? このお茶。
お茶が合う お茶が すごい。

(竿代さん) これも…。

それ 合わす…。
何茶ですか?

ちょっと待ってください。
(後藤) 調子 悪いですね。

俺…。
(渡部) うるさっ。

(小杉) ちょっと待ってください。
(渡部) 無観客 やっぱ すごいな。

すごい。

俺 宮崎の あのパワースポットの。

(笑い)

(小杉) 高千穂のカヌーで
言うてますか? 「ヒ~ハ~」 今。

ちょっとでも…。

上手に…。

(中居) 気持ちよく
やっぱ行ってほしいのよ。

今 俺の…。

(小杉) 高千穂ヒ~ハ~で。
笑ってないよね?

おい!
(中居) 笑ってない。

(中居) ウソつかないから。

<この後…>

♪~

それでは 登場してもらいましょう
どうぞ!

♪~

♪~        (拍手)

お願いします。
(SAKURAI) よろしくお願いします。

(SAKURAI) 今日は みんなに
ど~うしても

伝えたいことがあるんだ
聴いてもらうぜ。

ワン ツー スリー フォー!

♪~     オ~ イエス。

♪~        カモン。

♪~

♪~   (SAKURAI) ハッ!

♪~

♪~   (SAKURAI) ハッ!

♪~

♪~         おっ。

♪~

♪~        えっ?

♪~

サンキュー。
(拍手)

違うでしょ 中居君。

違うよね?
ひどいわ!

聞こか? 一応… どうですか?

正解なんですか。
(小杉) 正解じゃないでしょ。

今日は…。

皆さんに考えてもらいます。

(SAKURAI) 僕が今から…。

(SAKURAI) 歌います それが…。

(SAKURAI) 皆さんに答えて
いただきたいなと思いまして。

まずは じゃあ…。

えぇ!
お願いします。

ワン ツー スリー フォー。

♪~

♪~         あら。

♪~

≪えぇ?≫
えっ?

言ってください。
考えたら すぐ分かります。

えっ?

♪~

♪~  (SAKURAI) 正解 行きます。

ワン ツー スリー フォー。

♪~

♪~        (笑い)

なるほどね 「り」 「グ」…。

(渡部) 分かんないよ それ。
(中居) 分かんない。

どんどん行きましょう。

頼むよ。

ワン ツー スリー フォー。

♪~

(中居) えっ 何? 0 0 2 3?
(SAKURAI) あんまり…。

(後藤) 何かの番号 何かの番号。

♪~  どうなんでしょう?

正解は…
ワン ツー スリー フォー。

♪~

(スタジオ:東野) そういうことなんだ
岡本選手自身は分かりました?

(スタジオ:東野) そら そうやんね。

それでは 次 行きましょう
次は誰でしょう?

次は…。

大丈夫か? じゃあ お願いします。
(SAKURAI) はい。

ワン ツー スリー フォー。

♪~

(後藤) えぇ?

小指 薬指 中指 人さし指。

♪~     さぁ どうだ?

いいな。
ノッてくれて うれしい。

さぁ 行こう!
ワン ツー スリー フォー。

♪~

なるほど
そういうことなんですね。

さぁ 原監督 いかがでしたか?
ちょっと…。

違う人のほうがよかったですね。
(原) でもね…。

(小杉) 優しい! 愛が深いわ!

SAKURAI君
どうも ありがとうございました。

(拍手)

えっ 何でしょう?

さぁ それでは まず 中居君から。

いや もう…。

勝ってますんで。
なおかつ…。

分かりました さぁ 原監督。

今日 ここに出たっていうことを
プラスにして…。

ここに 2番 坂本という。

…となって 頑張ります。

(拍手)

(中居) えっ 何でしょう?
ちょっと お願いしたら?

何でしょう?

プラカード?

「フラッシュの点滅に ご注意ください」
って 手書きのやつ…。

はい はい。

になると思うんで…。

(拍手)
いや でも 全然。

来るもんね 必ずね。
絶対 来るし 見るほうとしても

中居君から もらいました
っていうので。

あれ 僕 今 持ってないので
どっか あると思います。

それは…。

それ 使うのは。

そして 中居君の
一番の目的の お知らせ。

こちらをご覧ください。


<今回は 東京オリンピックの
メダル候補たちと…>

<バスケットボールでは…>

<さらに…>

<中居は 原監督の
背番号8を背負い…>

<3時間スペシャルです!>

フォースアウト!

はい。
すごいメンツが集まって。

もちろん真剣勝負ですけどもね
オリンピックイヤーということで。

ご覧いただきたいと思います。
はい 分かりました。

ホントに
どうも ありがとうございました。

原監督 丸選手
岡本選手でございました。

そして 文哉君から 弁護士軍団に
聞きたいことがあると。

(高橋) 僕…。

もちろん 家でも 自炊とか
させてもらって ちょっと…。

もし ちょっと
拡散されてしまったりとか

「高橋文哉のレシピ」になった時は
盗作というか

ちょっと いけないのかなって
いうのを すごい気になっていて。

さぁ どうなんでしょうか
北村先生。

(北村) なので…。

例えば…。

これは…。

さぁ 本村先生 どうですか?
(本村) 逆に言うと…。

…したとして。

それを たまたま見た…。

されても 逆に…。

あぁ~ なるほど。

…にしましょうってことです。

はい。

今日は ちょっと…。

朝?
すごいな!

(後藤) 先に ダシ取って?
帰ったら すぐ できるように。

ちゃんとしてる!
お鍋ですよ お鍋 お鍋。

(笑い)
(渡部) 行っちゃダメですよ。

はい 映画…。

ぜひ ご覧ください。
はい 分かりました。

いや~
ちょっと待って ちょっと待って。

えぇ? あんな すてきな映画が
公開するのに

何ですか その淡泊な告知は!

SAKURAIの…。

…ぐらい 解かせますよ。
(後藤) なかなか大変。

今回…。

この男女の…。

非常に珍しい…。

死んじゃった友達から
メッセージが届いて…。

『弥生、三月
-君を愛した30年-』。

(後藤) おぉ さすが。

さすが 詳しいですね。

誰かね… 30年間 やったら
映画も撮りますけど。

<スタジオ初登場>

<中川大志が
俳優Iに…>

<…って
本当?>

<ラジオで…>


関連記事