ジューダイ「男ウケ?女ウケ?よりも自分ウケ!」他人の目を気にするより、自分で自分を好きなる方法を提案!…


出典:『#ジューダイ「男ウケ?女ウケ?よりも自分ウケ!」』の番組情報(EPGから引用)


#ジューダイ「男ウケ?女ウケ?よりも自分ウケ!」[字]


他人の目を気にするより、自分で自分を好きなる方法を提案!1年中マスクで顔を隠す女の子は、自分ウケ・メークで、自分を好きになれる?自分のご機嫌をとるメンアゲも!


番組内容

みんな、自分は好き?他人の目を気にするより、自分で自分を好きなる方法を提案!協力してくれたのは、ビヨンセなど有名セレブをメークしたメークアップアーティスト・吉川康雄さん。1年中マスクで顔を隠している女の子は、自分ウケ・メークで、自分を好きになれる?自分のご機嫌を自分でとるメンアゲ・ルーティーンを、漫画家・つづ井さんのイラストでご紹介!これで、きのうより、少し、自分を好きになれる…かも。

出演者

【ゲスト】ふくれな,ユーキ,【司会】前山田健一,ぺえ,【語り】松田大輔


『#ジューダイ「男ウケ?女ウケ?よりも自分ウケ!」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ジューダイ「男ウケ?女ウケ?よりも自分ウケ!」他人の目を気
  1. 自分
  2. スタジオ
  3. 愛華
  4. カワイイ
  5. メーク
  6. 吉川
  7. ジューダイ
  8. ユーキ
  9. コンプレックス
  10. マスク
  11. メンアゲルーティン
  12. 自分ウケ
  13. 面白
  14. お願い
  15. キレイ
  16. 自分ウケメーク
  17. 笑顔
  18. アガ
  19. メンアゲ
  20. 似顔絵


『#ジューダイ「男ウケ?女ウケ?よりも自分ウケ!」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


街ゆくジューダイは
どうやら自分の好きなところより

嫌いなところが
目につく人が多いみたい。

そこで今日は
自分で自分をもっと好きになる

「自分ウケ」のコツを提案!

[ スタジオ ] 千葉で撮りました。

コンプレックスを魅力に変える
自分ウケメークや!

♬「もののけ達だけ」

全国のジューダイの
メンタルをアゲる方法 一挙公開!

他人の目を気にしている場合じゃない!

男子ウケでも女子ウケでもなく
まずは自分ウケ してみませんか?

♬~

さあ「#ジューダイ」始まりました。
よろしくお願いします。

いつもは「沼ハマ」のお時間なんですが
時間を拡大して

「#ジューダイ」をお送りしております。
ありがとうございます。

というわけでね 今 みんな
SNSやってんじゃん。

友達の映え写真とか見て「自分より
全然カワイイじゃん」みたいなさ。

で 自分に自信なくすみたいなのが
すごい多いと思うのね。      うん。

今回はね「自分のことを好きになる」
ということで

男子ウケでも女子ウケでもなくて
「自分ウケ」というのをね

テーマにしていこうかなと。

あら 先輩!      そうなのよ。
自分のこと 今 お好きですか?

ふくれなも だからね メークでね すごい
カワイイ キレイにしてるんだけど

すっぴんも
すごい面白く SNSにあげてて。

ふくれなチャンネル
レッツラスタート。 イエーイ!

ふくれなさんは
チャンネル登録者数130万人超え!

美容系 人気ユーチューバーだ。

韓国メークや
神盛れメークなどの

わかりやすい
メーク動画はもちろん…

彼氏とのカップル動画で見せる
おちゃめな一面や

すっぴんをさらけ出す
飾らない姿が

若者を中心に
大人気なんです!

ユーキちゃんは ステージ立ったら
やばいよ この人。

キャーキャー キャーキャー
カッコイイよね!

人気グループ「超特急」で
メインダンサーを務めるユーキ。

ステージでは熱いパフォーマンスで
観客を魅了しているが…。

もうステージ上だけ
ほんとに こうスイッチ入って

何でもやってやろうって
なるんですけど

ふだんは ほんとに こう
ないです。

というわけで今回 ぺえちゃんが
ロケに行ってくれたってこと?

そうなんです。 なかなかね
面白いロケになってると思うので。

VTR ご覧ください。

街で話を聞いていると
特に気になる女の子が…。

メークも含めて…

通信制高校に通う…

自分の顔が嫌で 絶対に
マスクを外したくないんだそう。

ぺえさんとの初対面でも…。

ふだんも じゃ
ずっとマスクしてるの?

マスクせずに生活したいなっていう
気持ちはあるんだね。   あります。

自分のコンプレックスを
どうしても隠したい。

顔に限らず 体型や性格

人から「隠したい」という気持ち

わかる人も多いんじゃない?

そこで 自分に自信を持てない
ジューダイに…

誰でも取り入れられる
ちょっとしたことがカギなんだって。

そんな「自分ウケ」の秘策を
教えてくれるのは…。

こんにちは。 吉川康雄です。

世界的メークアップアーティスト
吉川康雄さん。

ビヨンセや リアーナなど

トップスターやセレブたちの
メークを手がけてきた吉川さん。

そのメークのコンセプトは…。

持っている素材を生かし
自分を好きになれる自分ウケメーク。

吉川さんは メークの前に
必ずしていることがあるんだって。

まずは愛華ちゃんをよく知るため
彼女の部屋へ。

お邪魔しま~す。

明るい いい部屋だね!
あ~ アニメが好きなのか。

(愛華)はい。 すとぷりっていうグループの
莉犬くんっていう子が好きで。

カワイイね~。

絵 上手だね。

女の子も結構。
へえ~!

やっぱ ちょっと好きじゃないのか。

「うっ…」ってなるんだ。

[ スタジオ ]  あら おしゃれ。
何? 違う番組みたい。

[ スタジオ ]
おしゃれね。 いいわね。

う~ん… 顔で…

全部じゃねえか。
全部だ。

目は どこが嫌とかあるの?
もともと…

[ スタジオ ] あ~ アイテープしてね。
上手だよね でもね。

[ スタジオ ] 跡 わかんないよね。

え…。
いい?

あれ? 愛華ちゃん
どこが嫌なの?

(吉川)それとも お化粧は自分の…。

コンシーラーとかファンデーションとか
ちょっと先に塗ってから

内側だけ塗るみたいな。

近所に出かける時も 自分を隠すための
メーク道具が手放せない愛華ちゃん。

けど そのお手洗いで直したって
またマスクするんでしょ?

しますね。

人の目におびえるような愛華ちゃん。
それは なぜ…?

なんか それって
自分で作り上げた?

ブスって言われたの? お友達に?

(愛華)中学時代にも
そういうことあって…

そこから もう…

人からどう思われるかが気になり

自分の言いたいことを
全然言えなくなってしまった。

愛華ちゃんは…

やっぱ 見られた時に…

正直 私…

[ スタジオ ] 確かにね。

僕も全力は尽くすけど メークって
人から キレイって言われるのも

十分に変わるチャンスは出てくるけど
やっぱり最終的に…

だから そこは彼女自身の問題で
今のあの状態 どうなんだろう?

ぺえさんと吉川さんは そう感じていた。

ぺえさんに連れられて
やって来た愛華ちゃん。

え 何だろう?
何ですか これ?

ここには 愛華ちゃんが気にする
「人から見た自分の姿」を

知るためのヒントが。

何でしょう?
え~?

まずは 一番奥の その布を
取ってみてください。     はい。

あ…。

あ~ わかる?
何となく…

実は この絵は…。

愛華ちゃんが話す自分の顔の特徴。
その音だけを聞いて

似顔絵師・オクノアキさんが
描き上げたもの。

[ スタジオ ] これ感動しちゃった 私も。

[ スタジオ ]  音だけで?
そう。

次に 隣の布を取ってみると…。

[ スタジオ ] あら カワイイ。

これ 実は…

だから ほら
愛華ちゃんが思う愛華ちゃんと…。

そう ここは
自分が思う自分の似顔絵と

周りの人から見た
自分の似顔絵が並ぶ

名付けて「じぶんギャラリー」。

街の人の目に 初めて見る
愛華ちゃんの姿は どう映ったんだろう?

目 デカくない?

続いて 3枚目の似顔絵は…。

[ スタジオ ] あ カワイイ。

あ なんか…。
これ お友達。 わかる?

はい。

みゆちゃんからは
こう映ってるそうです。

いや~…

同じ高校に通う みゆちゃん。

ふだん 長い時間を
過ごしている友達に

愛華ちゃんは
どう映っているのか?

そして 最後の似顔絵は…。

お母さんです。

愛華ちゃんが思っていた自分です。

ふだん 愛華ちゃんに つい厳しいことを
言ってしまうという お母さん。

いつもは言えない本音を
聞いてみると…。

もう ず~っと…

[ スタジオ ] おっ!
ちょっとずつ変わってきました。

周りから…

うれしい? よかった!

あの~…

[ スタジオ ] おっ マジで!?
すごい!

[ スタジオ ]
勇気が出ましたね。

[ スタジオ ] カワイイよね。
カワイイ!

あ そう! いい笑顔じゃん。

だいぶ変わったね。
表情も もちろんだし 笑顔も増えて。

話せます。
ずっと この辺見てたでしょ 私の。

やっと目が合いました。
よかった。

顔もカワイイとは
見られてないんだろうなと

ずっと思ってきたので。
でも それは…

今は なんか…

めっちゃいいじゃん。
ね~。

はじめましてで会った時は 正直 もう…

すごい自分にも自信がないっていって…

だったんですけど やっぱり その…

笑顔が自分のチャームポイントだ
っていうふうに わかってから

すごく明るくなってくれたので
うれしかったですね。

じぶんギャラリーって面白いよね。
いや~ あれはちょっと私も衝撃でしたね。

めちゃくちゃ
自分もやりたいなと思いましたし

しかも こう
街の声っていうのもすごくないですか?

第一印象が こうってことだから

すごい自信持てますよね。

自分が
コンプレックスに思ってた唇だったりも

周りから見たら
ぷっくりして すごいカワイイとか。

ねえ。 全然違うんだよね。

昔ね そうやって…

でも すごい わかるなって思いました。
なんか 昔の自分 見てるみたいで。

…っていうぐらい すごい わかります。

実際さ 彼女もそうだけど
マスクとかでね

10代って
顔隠すのが ほんとに多いよね。

あと…

でも あれがカワイイみたいなことに
なっちゃうと…

私も思うもんね。
そうだね。

その差で 結構 悩んでる子も
多いのかもね。

どうしよう。 自分で思ってる自分とさ
全然変わんなかったら。

逆に本人は めっちゃキレイなのにさ
街の声と友達とかはスゲエ…。

そんなふうに見てたの? って。
でも…

そうだね。

じぶんギャラリーを体験して

少しずつ 自分の顔を
受け入れられるようになった愛華ちゃん。

そして この後!

メークアップアーティスト
吉川康雄さんによる

その人の持っている素材を生かす
自分ウケメーク!

お~!
そこまできた!

愛華ちゃんに…

でも その前に…。

続いては みんなの
メンアゲルーティン。

メンアゲルーティンを
見ていきましょうよ。

メンタルをアゲるメンアゲ。
番組が作りました。   あ~ そうなんだ。

はやってる言葉なのかなと思ったけど。
そうですよね。

わかりました。
はやらせてください。   言っていきます。

「ハッシュタグメンアゲ」でお願いします。
メンアゲ~ メンアゲ~。

ジューダイのメンアゲルーティンを
街で調査。

その中から厳選した
4つのルーティンを

脱力系エッセー漫画が
Twitterで大人気!

つづ井さんが特別に
マンガ化してくれました!

まずは つづ井さん本人の

メンアゲルーティンを見てみましょう。

[ スタジオ ]
何? 何? 何? 面白い これ。

ハッ!

ハッ!

[ スタジオ ] ひたすら揉む…。

ちょっと待ってよ!
面白いね。

やっぱり植物は枯れちゃうけど
自分の尻なら枯れねえぜってことで

つづ井さんのお尻みたいに…

それが なんか カッコイイじゃん。
うん!

というわけで 実際のジューダイがやっている
メンアゲルーティンも見ていきましょう。

まずは…

♬~(歌声)

[ スタジオ ] やったことない。

[ スタジオ ] なんで「もののけ」なんだろう。
響きやすいのかな。

[ スタジオ ] わかるな。 何かと
歌いたくなりますよね。

[ スタジオ ] いい声ですよ~。

続いては…

[ スタジオ ] 早くね?
(ユーキ)すごい朝早い。

[ スタジオ ] あれ? 大丈夫? 17歳よ。

[ スタジオ ] あらら!
何これ! シャボン玉?

[ スタジオ ]
あ~ アガるね。

いや もうさ…

最高だよね。

シャボン玉って 私 好きなんだよね。
わかる。               わかる?

何かいいよね。  何か無心になれる
っていう気持ちもあるし…

え?
あ 違うのか。 違うのかもしんない。

ごめんなさい 若干ね。
ちょっと違いましたね。

何かさ…

あ~!
シャボン玉も消えてく…。

さてさて あと お風呂の中でさ おけを
ちょっと離して歌うというのも

面白いよね。
(ユーキ)面白い。

普通にお風呂場で歌うことはあるけど
おけをやるのが何でなんだろうって。

あ おけ来た。

ね!
やってみる?   はい!

せ~の!
♬「はりつめた弓の」

♬「ふるえる弦よ」

サ~ン! アシタカ~!

♬「もののけ達だけ」

えっと…

その辺 歌うと
すっきりするのかなと思ったよ。

続いては
男の子のメンアゲ。

1人暮らしをしている
しゅーじさんの

ひそかな楽しみとは?

[ スタジオ ] 何? 包丁で。

[ スタジオ ] ネギか!

埼玉県の山中さんは

超メンアゲしてくれる
「幸せの粉」を発見。

[ スタジオ ]
これ ちょっと Eテレ大丈夫?

[ スタジオ ] 何これ… あ~!

[ スタジオ ] これはわかる!

俺わかりますよ 白髪ネギとかは
ほんとに 無心になって切るやつとか。

あ 料理 好きですもんね。
そう ほんと。

音しなくないですか? あんまり。
マッシュルーム切ってごらんなさい。

だから俺 大量のマッシュルーム買って
ずっと す~ん す~ん す~んってやる。

しいたけは… う~ん!

通り具合が違うんですか?
通り具合が違うの。

新品の消しゴムの粉で
メンアゲしている山中さんが

実際に使っている消しゴムを
お借りしてきました!

この数は すごい!

ほんとに好きなんだね。
待って でも私 大好きだよ。

(ユーキ)この量は すごいわ。
消しゴムの この粉。

(ユーキ)何年分の勉強量だろう?
こんな種類あるんだっていうぐらい。

すごくない?

無くなってもないのに
新しい消しゴム 買いに行ったりしてた。

そうですか。
わかる これ。

これ だからね
無心で ぼ~っと こうすんの。

こうすると わかるから やってみなよ。
もう全て無くなれ。

う~ん… ごめん。

アガんないかあ。
アガった? ユーキ。

ちなみに ぺえさんの
メンアゲルーティンも聞いてみました。

ちょっと これ見てください。
何 何 何?

私 ちょっと写真を撮ってきました。
あ キレイな空。

だんだん来ます。
来た来た。 チャリンコ乗ってる。

(ユーキ)めっちゃ風でなびいてる。 髪の毛が。

これ 結構な坂道じゃない?
そうなんです。 東京でも有名な

のぞき坂っていう
すごく急な坂なんです。

それを半分ブレーキぐらいで…。
顔 顔 顔!

ぶあ~って こう 下りおりるのが。
気を付けてね。   そうだね。

でも それでアガる?
そうだね 何か自分が…

だから ここまでのことをすると…

あ 心が動いてる自分 あ まだ大丈夫。
自分が生きてるのを確認するっていう。

そうそうそうそう。

これが好きなんだよね~。

これは 身体能力に優れてる
ぺえちゃんだからできることなんで

よい子は真似しないようにお願いします。
きっちりブレーキかけてね。

一人一人 聞いていっても…

自分だけのメンアゲルーティンを
見つけてくれたらいいなと思いますね。

番組が出会ったジューダイ
五十嵐愛華ちゃん。

全部じゃねえか!

これまで アイテープや
コンシーラーを使ったメークで

自分のコンプレックスを隠してきた。

しかし…。

自分が思う自分と
周りから見た自分。

その違いを知った愛華ちゃん。

そして いよいよ!

ビヨンセや リアーナを手がけた
メークアップアーティスト

吉川康雄さんによる
自分ウケメーク。

愛華ちゃんは
一体どうなるんだ~?

取ってきたんだね。

どう? 今日楽しみ?
楽しみです。

(2人)おはようございます。
よろしくお願いします。

ドキドキしてます。
よろしくお願いします。

[ スタジオ ] そうね メークね。 大事よ。

メークを落としていこうかなと
思うんですけれども。

はい。

ちょっと見てみよう。
新しいテクニックを。    はい。

けどさ 今まで
マスクで隠してたぐらいだから…

逆にですか?
うん。

日本には少ない悩みだと思うんですけど
向こうの そういう人たちにとっては…

ちっちゃいとキュート。

ちなみに 吉川さん自身も…。

あ~ そうなんだ!

でも 自分のコンプレックスと
どう向き合うか。

その姿勢が大切だと
吉川さんは考える。

隠したいと思ったら隠したいしさ
なんかさ その時って…

メークも
「隠すぞ」っていうんじゃなくて

メークで「自分を生かしてあげるぞ」
っていう感じ?             はい。

みんな女の子って…

女の子だけじゃなくて
実は みんなそうなんだけど

なんか自分が
主人公になってきてて。

はい。

それじゃあ 吉川さんが提案する
「隠すのではない!

自分を生かす自分ウケメーク」。
まずはアイテム選びから。

昨日 ちょっと あの後に…

(愛華)ありがとうございます。

昨日 思ったのは…

(吉川)きっと似合うと思うよ。

楽しいと思います。

最初に 愛華ちゃんの好きな
コーラルピンクの頬紅をのせ…

次に取りかかったのは
最大のコンプレックスである唇。

これまで
コンシーラーで隠して

唇を小さく見せようとしてきた
愛華ちゃん。

これを吉川さんは…。

[ スタジオ ] いつもだったら
絶対塗らないだろうね。

[ スタジオ ] 赤リップは ちょっとね
勇気いるよね。

そうすると 唇のトーンをキレイにした
あのベースカラーに

真ん中だけが ちょっとだけ ほら。
あ~。

隠れないじゃない。
隠れない。

だけど…

…と「わ~ これキレイ」って。

全然違ってカワイイ。

つやのある赤リップを 唇の中央に
少しのせて 立体感を強調。

愛華ちゃんも納得の
カワイイ唇に。

[ スタジオ ]
こんな違うんだね。 カワイイ。

そして次に取りかかったのは
愛華ちゃんが気にしている奥二重の目。

涙袋 何したいかなと思ったら…

しかも 入れつつも 下がった感じ。

これまで
影を描いていた愛華ちゃんに対し

吉川さんは明るいピンクをのせて

優しい印象を作った。

そして 愛華ちゃんの
コンプレックスである奥二重。

キツく見られるのが嫌で
アイテープで二重にしてきた。

そして 僕も
どっちがいいかわかんないけど…

やってみます。

吉川さんが提案したのは
奥二重を生かしつつ

優しいタレ目にするメーク。

(吉川)ちょっとだけタレ目になれ!
そうすると ほら。

(吉川)タレ目に見えるでしょ?

愛華ちゃんの顔の形に沿って

持ってる部分の そこを強調してるだけ。

[ スタジオ ] ほんと ちょっとで変わんだね。

立って見てみて。 近づいて見てみて。
カワイイかもよ これ。

[ スタジオ ] イメージ変わるね!

確かにアイテープの無いほうが
優しくて カワイイかもね!

取っちゃっても大丈夫でしょ?
あ ちょっと待って。

ピンクも
もうちょっと入れようかな。

楽しいでしょ。
[ スタジオ ] あ~ 笑ってる!

そう 吉川さんが大事にする
自分ウケメークの最大のポイントは

この…

[ スタジオ ] いいこと言ってくれた。
響いたわ。

ですね。

じゃあ見てみる?
はい。

フフッ。
[ スタジオ ] カワイイ。

[ スタジオ ] 笑顔がステキだな。

[ スタジオ ] いや いいんだよ いいんだよ
愛華 いいんだよ。

[ スタジオ ] カワイイ。

何か すごく透明感ない?
[ スタジオ ] 透明感あるよね~。

何か ずっと今まで
メークって 隠して…

そうするとね 何かね…

私の横顔で笑顔って
こういうふうに見えてるんだなとか

見えてこない?
見えます。

いろいろ合わせて いろんな角度で
自分の顔の表情を見てあげたら…

ほんとに全然違いますね。
違うでしょ。 ね。

ですね。

[ スタジオ ] そうだよ~。
楽しいだろうね メークが。

[ スタジオ ] お~!
そこまで来た!

[ スタジオ ] うん? 何だ?

実は愛華ちゃん
自分には似合わないと

これまでスカートをはくことに
抵抗があった。

全部ズボン。

そんな愛華ちゃんを
お手伝いするのは…。

こんにちは!

え? え?

え~ うれしい!
ありがとうございます。

ふくれなさんの大ファンだという
愛華ちゃんに サプライズ!

愛華ちゃんのために
スカートを用意してもらいました。

こういうのだったら…

(ふくれな)うわ びっくりした!
(愛華)どうですか?

(ふくれな)まあ! カワイイ!

これ すごい好きです。
好き?           好きです。

勢いにのった愛華ちゃん。 さらに…。

[ スタジオ ] おお~!
(ふくれな)短いのも。

はい! どうですか?

脚 全然細い!
もったいない!

でも やってみて…

最初は マスクで
顔を隠していた愛華ちゃん。

それが この笑顔に。

自分ウケの力って すごい!

(ふくれな)うん 頑張って!

[ スタジオ ] キラキラしてるわ!

こんな人間って変わるもんなんですね。
たった2日で。

キャンキャンしてたね キャンキャン。
キャンキャンしてたわ。

吉川さんのね あのメークで もともとのね
その魅力が引き出されたのもあるし。

そうね~。

私も 何かモテメークとかも
いろいろしたんですよね ほんとは。

何か すごい どんどん自信取り戻してる
というか 出てる感じがあって。

見られてるって思ったら…

でもさ…

私も ほんとに一重で…

一重の人は 二重にも三重にも
四重にも五重にもできるの。

そうだね。

もう自分アゲですね それはね。
自分ウケがいいですね それね。

顔のね 自分のいいところが
あるっていうのを 合わせ鏡とかで

自分の顔って正面からしか見ないし。
だから たまにさ 歩いてて

ショーウインドーとかに
自分の顔が映った時にビビるっていう。

「あっ! こんなか!」っていう。
悲鳴上げるもんね ちょっと。

びっくりしちゃう。
けど そこに…

あ ありがとうございます。
ほんとに。

ほんとに?

え え え~!

何ていうのかな そういうこと
言いづらいの。 てれちゃうし。

だから 今のきっかけに言ってみました。
ありがとうございます。

すいません うれしいです。
ありがとうございます。

撮影から2週間。

大丈夫だと思うよ 愛華は。
そして 実はですね

その愛華ちゃんなんですけどね
自分の顔が嫌で

自分の顔の似顔絵 描きたくないって
言ってたじゃん。 だけど

今回 自分の顔 だんだん
好きになってきたって言ってたから

なんと…

届いてます。
え~ どんな感じになってるのかな。

ちょっと見てみよう。
え~ 楽しみ!

よいしょ ドン。   カワイイ!
よいよいよい!

大丈夫です ピースしてるもん。

自分のコンプレックスだったさ 唇もさ
ちょっと太めに描いてるけどさ。

ほんとだ。
もうカワイイ!

多分ね…

確かに 確かに。
だけど 今 ほんとに…

私は ほんとに うれしかったです。
だね。

(ユーキ)好きな色もちゃんと入れて。
そうだ!

自分がやっぱアガる色とかって
大事だよね。   (ふくれな)大事。

なんと愛華ちゃんから
お手紙届いてます。          おっ!

読みますね。
「『#ジューダイ』の皆さんへ。

先日はお世話になりました」。

どうした? どうした?

なんかさあ…

どうしたの!
何だろうね やっぱり…

間違いなくサポートできたんじゃない?

何かそれを伝えてくれて
すごくうれしかったですね。

芸能界って 僕自身は
親のきっかけなんですよ。

そうなんだ。
だから自分から行くっていう意志って…

私も勇気が湧きました 逆に。
よかったです。

ってことでね 今回
「自分ウケ」っていうところでね

どうでした? ふくれなちゃん。

やっぱり10代の子って
そこに直面する時期だと思うんですよね。

ブサイクとか言われたりとか…

やっぱ言葉遣いとか
みんな気を付けていけば

なんか楽しいのかなって。
いい世界になるよね。   そうですよね。

自分がもともと持ってるものを
生かすって すごい大事だなと思ったし

すごい それで明るくなってたんで
めちゃくちゃ ほんとに

よかったなと思いましたね。

じゃ 最後にぺえちゃん
バシンと ひと言 お願いしますよ。

最高。 じゃあね!
は~い!


関連記事