衝撃のアノ人に会ってみた! 亀梨和也&波瑠が感動…元巨人、木村拓也の息子の今・石川遼が20歳になった被災地の…


出典:『衝撃のアノ人に会ってみた!亀梨和也&波瑠が感動…元巨人・木村拓也の息子の今』の番組情報(EPGから引用)


衝撃のアノ人に会ってみた!亀梨和也&波瑠が感動…元巨人・木村拓也の息子の今[字][デ]


10年前グラウンドで倒れ亡くなった元巨人・木村拓也。子ども達に亀梨和也が会いに行くと知られざる秘話▼ゴルフ・石川遼が20歳になった被災地の子ども達と約束の再会


出演者

【MC】桝太一アナウンサー

【衝撃レギュラー】霜降り明星(せいや、粗品)

【ゲスト】IMALU、亀梨和也(KAT-TUN)、関根勤、波瑠、松嶋尚美

【VTRゲスト】石川遼(プロゴルファー)、原辰徳(読売巨人軍)

番組内容

巨人・原辰徳監督が涙した10年前の悲劇…試合前にグラウンドで倒れ亡くなった元巨人の木村拓也…当時10歳の息子の夢はお父さんみたいなプロ野球選手!20歳になった息子に亀梨和也&桝太一が会いに!原監督も驚く意外な人生を歩んでいた 

▼2011年7月、震災4か月後に宮城・石巻市を訪問した石川遼。小学6年生の子ども達と夢を語り合った…あれから9年、20歳になった子ども達の成人式の日に石川遼が約束の再会


『衝撃のアノ人に会ってみた!亀梨和也&波瑠が感動…元巨人・木村拓也の息子の今』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

衝撃のアノ人に会ってみた! 亀梨和也&波瑠が感動…元巨人、木村
  1. 石川
  2. 恒希
  3. 拍手
  4. 亀梨
  5. 子供
  6. 自分
  7. 実況
  8. 二十歳
  9. 被災地
  10. 家族
  11. 木村拓也
  12. ウソ
  13. パパ
  14. ホント
  15. 将来
  16. 津波
  17. 波瑠
  18. キムタク
  19. 関根
  20. 現在


『衝撃のアノ人に会ってみた!亀梨和也&波瑠が感動…元巨人・木村拓也の息子の今』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ 関連商品

<今から10年前>

<試合直前の練習中>

<突然倒れた 巨人の木村拓也>

(サイレン)

(原) しかし…。

<37歳の若さで

この世を去った木村拓也>

<当時10歳の長男

恒希くんは…>

<夢は
 父のようなプロ野球選手>


<二十歳になった…>

<1998年

6歳年下の由美子さんと結婚>

<3人の子宝に恵まれた>

(木村) …ですよ 僕。

ちゃんと。

<恒希くんにとって パパは…>

<日本代表として
オリンピックにも出場>

(実況) センターへ落ちそうだ。

<…に輝いた>

<…の小さな体で>

(実況)
セカンド 木村拓也 捕った!

今度は 右!

<キムタクの持ち歩いている…>

<ポジション別の…>

<試合に出るため

ピッチャー以外は
どこでも守れる選手を目指した>

(実況) 捕った!

(実況) さぁ 木村が…。

アウトです。

<当時の…>

(実況) どうだ!?

<巨人時代 キムタクは
家族を広島に残し…>

(宮本) 3・2・1 キュー。

<遠征が多いため

家族と過ごす時間は
月に わずか3日ほど>

<だから
家族と一緒にいる時は…>

叱る。

(恒希くん) けど…。

(笑い)

(実況) この後…。

すぐ…。

あの時の…。

…というところ。

<原監督は 迷わず

キムタクを
キャッチャーに送り出した>

いいんじゃないですか。

<そして…>

<最後に語ったのは…>

(拍手)

<この…>

<…を歩きだしたキムタク>

<それは 突然だった>

<試合前の練習中…>

<家族が駆け付けた時は

助かる見込みは
ほとんどない状態>

<妻 由美子さんは
奇跡を起こすため…>

<目に 涙が>

(恒希) パパ。
(生吹) パパ。

(恒希) パパ。

<しかし その…>

<木村拓也は この世を去った>

<家族4人を残し

37歳という若さで>

(原) になったような君は…。


<亡くなって17日後…>

(観客たち) 拓也! 拓也!

拓也! 拓也…!

<この試合 長男 恒希くんが

始球式のマウンドへ>

<パパが 現役時代つけていた
背番号 0>

<パパが
唯一 やったことのない…>

(観客たち) お~!

(拍手と歓声)

<出迎えた原監督>

<…と語りかけた>

<試合は
8回 1点リードされた巨人>

<逆転のチャンス>

<原監督が送り出したのは…>

<オリンピックを共に戦い

仲の良かった同級生>

(実況) いい当たりだ!
左中間へ飛んだ!


<勝利を飾った巨人>

<ウイニングボールは
恒希くんに手渡された>

≪恒希 頑張れ!≫
≪頑張ってね!≫

(拍手)

今 見ても ちょっとまた…。

(亀梨) さまざまな…。

…選手だなって
改めて思いますよね。

これ 粗品さん。
そうですね うちも…。

(粗品) 僕が 一応…。

(せいや) まぁまぁ… ちょっと…。

業種が… そうですね。

(粗品) とかも やっぱ…。

…まま やろうとも思ってますし。

(松嶋) あの…。

どっちかなと思って。

(粗品) 父ちゃんの…。

(せいや)
センマイに例えんといて。

<木村拓也の息子は…>

(亀梨) これじゃないですか?
すごい めちゃくちゃ立派なお家。

ホントですね。



立派になってますね!

<さらに…>

<震災直後
被災地で石川 遼が…>

<あれから9年>

(石川) こんにちは。

<10年前 突然亡くなった
巨人の木村拓也>

<二十歳になった息子は 今…>

≪はい≫
(亀梨:桝) お~!

立派になってますね!

♬~

<現在 二十歳>

(亀梨) …というか。
(恒希さん) はい。

笑ったところが そっくり。

中へ どうぞ。
じゃあ 早速… お邪魔します。

カッコいい!

<玄関には キムタクの…>

(恒希さん)
これは コーチになって…。

…で そのまま。

もう しまい込んでしまおうという
思い出ではないんですね。

(恒希さん) そうですね。

<自宅のリビングには 今も…>

<そこにある…>

(亀梨) これは 奥様との?

<それは…>

<試合中
財布にしまわれていた…>

<意識が戻らない夫>

<これが 夫婦で撮った
最後の写真>

どういうふうに映ってましたか?

やっぱり 僕たちを…。

…ように 振る舞ってるな
っていうのは分かってましたし。

う~ん…。

(恒希さん)
それでも僕たちのことも考えて。

恒希さん自身は そこで

でも
自分より下のきょうだいがいて。

(恒希さん)「育ててくれる母親を

助けてあげれるように
ちゃんとしろよ」っていう。

はい。

…の子にですよ。
ねぇ!

そうですね。

(笑い)

亀梨さん きょうだい いました?

3番目。
うまく…。

今現在は…。

立派。

♬~

<生吹さんは

名門 広島観音高校のバスケ部で

全国大会に出場>

<俊生くんも中学のバスケ部で
活躍している>

(笑い)

こういう時に お父さんいたら…。

…とか。

(俊生くん) お父さんがいたら
もしかしたら…。

<マツダスタジアムを望む
小高い場所にあるのが…>

(亀梨) お名前とかではなく

「一生懸命」。
(恒希さん) そうですね。

(恒希さん)
「一生懸命」っていうのが…。

…こととかも多くて。

ホーム! ホーム ホーム!

<練習中 右膝にケガを負い
手術>

<選手生命さえ危ぶまれた>

<木村拓也2世として比べられる
プレッシャーに苦しんだ>

(泣き声)

<悩む恒希さんを救ったのも…>

(恒希さん)
っていう言葉があったんで…。

…んじゃないか。

<恒希さんは 父の言葉を胸に

必死の…>

<父との練習を思い出し…>

<そして…>

<最後に 恒希さんと亀梨が…>

大きいですね ここ。

(恒希さん) …って思いました。

実際に…。

どれぐらいぶりになりますか?

っていうか。

…だったんで。

建築士になるっていう
目標が できてたんですけど。

<現在 大学で
建築の勉強をしているが

ある思いが>

…に就きたいっていう気持ちも
また あって。

なんで ホントに その…。

…っていうのが
正直な気持ちですね。

<そんな恒希さんに…>

…ようだし。

…というのを聞いてですね
安心してるし。

…と思います。

…が来るかもしれません。

しっかり応援したいと思います。

いかがですか?

(拍手)

波瑠さん ご覧になって
いかがでしたか?

(波瑠) やっぱり…。

息子さんだからこそ…。

みたいなのも
あるのかなと思うと…。

元々 子供の頃 自分の…。

(亀梨) …が近くにあったり
環境が すごく近かったのに

やればやるほど…。

…というか。

(IMALU) 親のおかげで…。

出させてもらったりって
いうのが 最初あったんで…。

(IMALU) のレベルと…。

逆に 関根さん 自分がね…。

(関根) 僕は…。

…でした 僕は。

僕は…。

(笑い)

(西尾) 被災地の力になりたい
というプロゴルファー の石川 遼選手が

立ち上がってくれました。

<被災地を訪れたのは…>

<石川は 目の前の光景に
圧倒された>

(石川の声) …っていうことが
分かってはいるけど。

…って思いましたね。

<石川は…>

<笑顔を見せた
子供たちだったが…>


<石川は 子供たちと
夢を語り合った>

僕の将来の夢は…。

理由は 今回の災害で
家をなくした人を見て…。

<今年 成人式を迎えた…>

いや~…。

こんにちは。

<その年の獲得賞金全額

およそ2億円を被災地へ寄付>

<試合の合間を縫って
被災地を訪れた>

<そこで出会ったのが…>

「がんばろう!石巻」。

すみません お忙しい中
失礼します。

今 こちらの
「がんばろう!石巻」っていう…。

すごい 皆さんの活気というか
そういうものを感じたんですけど。

これ どなたが作られたんですか?

(男性) あぁ あそこ あそこ。

こちらの看板を…?
(黒澤さん) あぁ 俺 俺。

はじめまして 石川です。

<看板を作った…>

どうも お願いします。

(黒澤さん) 震災の1か月目に
何か ちょっと…。

…とか そういう思いがしたんで。

この ありさまで…。

…なんないと。

はい。
心だよね。

<続いて向かったのが…>

うわ~ すごいわ。

<明治時代から続く
100年の歴史を誇る学びやは

津波に のみ込まれた>

<子供たちは 高台にある
中学校に間借りをして

授業を受けていた>

<ここで石川は…>

<…をすることになっていた>

(柏先生) 今から教室に
行ってもらうと分かるんですが…。

ホントに。

ただ…。

相変わらず…。

…している子も若干。

…も いますけれども。

あと 残念なことに…。

…も 多くいます。

<何を話すべきなのか>

<心の整理がつかない>

(柏先生)
では先生 よろしくお願いします。

(拍手)

≪え~!≫
≪うぉ~!≫

≪おぉ~!≫
≪うぉ~!≫

≪はい 分かります!≫
分かる人?

≪はい≫
誰かな?

正解。
(児童たち) え~!

ウソじゃ ない ウソじゃ ない
ホント ホント。

もう友達だと思ってください。

他の友達と会う時 「俺…」。

…って言っていいから みんな。
(笑い)

このクラスの中で…。

加賀翔太くん?
はい。

(笑い)
何 何 何…?

<これは 子供たちが
大切にしたい思いを

書き記した ひと文字>

小林雄太くんかな?
(雄太くん) はい。

素晴らしい 拍手。

(拍手)

ガッツポーズだね。
(拍手)

<こちらの…>

<家を津波で流され…>

(涼奈ちゃん) あとは…。

<笑顔の…>

<母親と姉の…>

<父親の正さんは あの日

家族を心配して
会社から家に戻る途中に

津波に さらわれた>

<耕佑くんは
大好きな お父さんに

手紙を書いた>

<「亡くなった お父さんへ。

いっつも 一人のお父さんへ
人形を作りました。

いつもいっしょに
おしゃべりでもしながら

天国でも元気でいてください。

まだまだアホな
耕佑より」>

<お母さんの
悲しむ姿を見ると…>

<そんな耕佑くんの夢>

(耕佑くん) 僕の将来の夢は
テレビ局に入って

面白い番組を作ることです。

理由は いっつも僕が
何げに見ているテレビは…。

(耕佑くんの声)
…と思ったからです。

もし この夢がかなったら…。

…させてあげたいなと思います。

さとこならできる! 絶対できる。
(拍手)

<この時 石川は
あることを誓った>

バイバ~イ!

<子供たちが…>

<すると…>

<…した子供たちに

石川は 会いに行った>

<すると…>

何?

1年2組の加賀翔太なんですけど。
はい。

将来はプロ野球選手に
なろうと思って

ピッチャーを目指してるんですよ。

それで お前 あれだろ?
俺のこと…。

(笑い)
よし 受けて立とうじゃねえか。

(生徒たち) イェ~イ!

<1打席の…>

≪行け 行け 行け 遼くん≫

あぁ~!

あぁ~!

あぁ~!
(生徒たち) あぁ~!

ごめん! 大丈夫!

いいえ 全然 真剣勝負だから
ありがとう。

<その後も石川は 石巻を訪れ

子供たちに会いに行った>

<冬には…>

<夏には…>

あ~!

<子供たちとの交流は…>

<成長を見守る中で

石川には ある思いが>

それは 大きな目標かなというか。

<その言葉通り…>

<石川が…>

こんにちは。

(拍手)
波瑠さん いかがでしたか?

石川 遼さんと あんなにね…。

波瑠さんは…。

(波瑠) …になってしまったので。

私たちは東京に家があったので
祖母を呼んで

こっちで生活することが
できたのは 幸運なこと。

そうじゃない人たちが
たくさんいるっていうのは

知ってましたし…。

…と思ってました。

石川 遼選手が19の時ですから
11ですよね?

あぁ~。
(関根) あれが…。

ちょっと…。

(笑い)

<会いに行ったのは…>

<初めて この地を訪れてから
9年がたった>

(スタジオ:関根)
うん だいぶキレイになったよ。

<「がんばろう!石巻」の看板>

(黒澤さん) 何か 前よりさらに…。

いやいやいやいや…!

<その黒澤さんに…>

おぉ~ おめでとうございます!
すごい!

看板も そうだけど…。

…してみようと思って
選んでいただいたんです。

<続いて…>



(樋口さん) …俺のこと。
もちろんです もちろんです。

いやいや… ご無沙汰です。

<実は このお寺の息子は

特別授業で出会った
樋口慧樹くん>

<当時 壊れていた墓石の復旧を
手伝っていた>

<慧樹くんが 石川に語った夢>

(慧樹くん) 僕の将来の夢は…。

理由は 今回の災害で
家をなくした人を見て…。

(拍手)
大丈夫 頑張って。

(拍手)
ありがとう。

<その縁もあり…>

<家族を失った人たちの
集まりに

石川は参加させてもらった>

(朗読)

<帰り際 参加者の鈴木さんに
サインを求められた>

(鈴木さん)
「秀和」って 秀才の「秀」に

平和の「和」という字。

「秀和くんへ」で。

<震災で亡くなった
息子へのサイン>

<石川にとっても
初めての経験だった>

<野球が大好きな
小学6年生だった秀和くんは

二十歳を迎えることは
できなかった>

(鈴の音)

だいぶ変わりました?

(樋口さん)
…っていう感じになってるから

ハッパ掛けてやってくれよ。
ハハハ…。

<をしている慧樹くんは…>

<…立ち寄った>

ここに…。

ヤツが ここで手を合わせて…。

だから…。

その 何だろうな…
今日 泣く予定じゃねえけど。

自分らは ようやく
二十歳になったぜっつって。

…みたいなことで 多分
線香 上げて行ったと思うんだ。

だから そういうことで
ヤツら 集まってるから

だから君が…。

多分 すごい…。

…と思うんだけど。

歩み始める中で また…。

その中で…。

…っていうことを諭してくれ。

(実況) 難易度が高いんですが
ふわりと上げて

いい所から 向かって 向かって…。

奇跡が起こるかもしれません!

<18歳の時には

史上最年少で
賞金王になった>

<天才の名をほしいままにした
石川だが

子供たちと出会った2年後

アメリカツアーに
挑戦したものの

大きな挫折を味わった>

<そんな石川を
勇気づけていたのは…>

すごい量だね。

<「絶対 優勝すると
信じています」>

(スタジオ:松嶋) あっ 似てる。

<迎えた去年7月>

<優勝から3年 遠ざかっていた
石川>

(実況)
イーグルチャンスにつけます!

(歓声)

って思うぐらい すごく…。

…部分でもあったんですけど。

…って思います。

はい。

(樋口さん)
自分で選んで歩んでるんだから。

絶対…。

…と思うから。

お願いします。

そういう言葉を頂けて
うれしいです。

<いよいよ
二十歳になった子供たちと…>

♬~

<石川 遼が再会!>

<9年前 被災地で石川 遼が…>

<あれから9年>

<二十歳になった子供たちと…>

何か 最初の時みたい。

いや~…。

いいっすかね?
ノックしたほうがいいかな?

(拍手)

おめでとう!

絆っていうか
つながりを持って…。

<絆が大切と言っていた…>

♬~

<現在 大学でサッカー部に所属>

友達っていうか…。

(笑い)

(スタジオ:関根) 彼女ができた。

みんなから見て…。

♬~

<木工職人を目指し
大学で勉強中>

<避難所で暮らしていた…>

♬~


<18歳の時に
長女 まこちゃんを出産し

ママになっていた>

<最初に報告したのが…>

<実は石川…>

それが もう うれしくて。

<そして 津波で父を失い

将来はテレビマンに
なりたいと言った…>

♬~

<9年前 津波で父を失い

将来の夢はテレビマンと
言っていた

佐藤耕佑くんは今…>

♬~

自分が…。

<もしや そのエピソード

遼くんと
1打席勝負をした加賀くん?>

あぁ~! ごめん!

♬~

<現在 山崎製パンに勤務>

<…が関係していた>

(翔太さん) 一番近い…。

<津波が襲い
避難所に逃げ込んだが…>

<当時 中学1年の姉だけが
一緒で

不安と空腹に襲われていた>

<その時 無料で配られたのが
山崎のパンだった>

(翔太さんの声) …って感じたのは
ホントに その時 初めてで。

(翔太さんの声) …と思って。

<加賀くんは高校2年生の時

肘を痛め…>

<その時…>

<…という>

(翔太さんの声)
…っていうふうに思いました。

ふうには なってますけど
その中で…。

強く気持ち出て来たので…。

<そして 遼くんから
二十歳になった みんなへ…>

必ず…。

そういう時に

自分の支えになるもの
っていうのは やっぱり

結構 自分自身が一番

自分のことを励ませる人間
だったりするので

俺が言いたいことは やっぱ…。

せ~の!
(一同) はい チーズ!

<石川は これからも…>

(拍手)

…っていうところは
すごいと思うし

ホンマに遼くんに…。

子供たちの立場だと。

お母さんになった子は
きっと 自分の子供に…。

…っていうふうに
言って行くでしょうしね きっと。

孫の代までっていう感じに
なりますからね。

実は亀梨さんも震災直後に

被災地を訪れて
出会った少年がいましたが

驚きの成長を遂げているんです。

<震災の後 亀梨が
被災地で出会ったのは…>

<「亀梨と対決したい」>

<その思いに応え…>

<容赦のないフルスイングで…>

<その…>

(サイレン)

(松嶋) ウソ~!
(せいや) ウソやん!

<ここで
波瑠さんから お知らせ>

運命で結ばれた2人の30年を
3月だけで紡ぐ

激動のラブストーリーです。

ぜひ大切な方と一緒に
ご覧ください お願いします。

<亀梨との1打席対決で

特大ホームランを打たれた
澤田くんは

その…>

(スタジオ:せいや)
えっ! ウソやん ウソやん!

<仙台育英高校で
ショートのレギュラーとして

夏の甲子園に出場>

<現在は 名門 駒澤大学で
活躍している>

(拍手)

亀梨さん。

補足情報ですけども
当時 ピッチャーを務めた際も…。

…を駆使して
真剣勝負を貫いたということです。

ジャイアンツは8年ぶりの
日本一奪還へと

キャプテン 坂本選手の
2000本安打も

期待が懸かるシーズンと
なっております。

開幕が楽しくなるよう
僕ら自身も

盛り上げて行きたいと
思いますので

楽しみに ぜひ
待っていてください。

スペシャルゲストは この方です
どうぞ!


関連記事