ガッテン!「火災・食中毒・入れ歯 よくぞそこまで!体当たり研究者SP」各分野で一目置かれる専門家が即役立つ…


出典:『ガッテン!「火災・食中毒・入れ歯 よくぞそこまで!体当たり研究者SP」』の番組情報(EPGから引用)


ガッテン!「火災・食中毒・入れ歯 よくぞそこまで!体当たり研究者SP」[解][字]


☆各分野で一目置かれる専門家が即役立つ暮らしの知恵を大放出!☆火災・○○に消火器を置くな!☆食中毒・あの食品が要冷蔵?意外な落とし穴☆入れ歯・ピッタリ合う秘けつ


詳細情報

番組内容

☆各分野で一目置かれる専門家たちが即役立つ暮らしの知恵を大放出する拡大版!☆ホテルニュージャパン火災など数々の大火災の検証に携わってきた火災学者が全国の家庭に警告!「○○に消火器は置くな」☆微生物に魅せられた研究者が今こそ世間に伝えたい食中毒の落とし穴「意外なあの食品が要冷蔵だった!」☆これまで6000人以上の入れ歯を作ってきた名物歯科医師が「ピッタリ入れ歯を作るための最大の秘けつ」を大公開!

出演者

【ゲスト】渡辺徹,光浦靖子,指原莉乃,【司会】立川志の輔,小野文惠,【語り】山寺宏一


『ガッテン!「火災・食中毒・入れ歯 よくぞそこまで!体当たり研究者SP」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ガッテン!「火災・食中毒・入れ歯 よくぞそこまで!体当たり
  1. 指原
  2. 光浦
  3. 先生
  4. 藤井
  5. 渡辺
  6. 鈴木
  7. 村岡
  8. 自分
  9. 微生物
  10. 研究
  11. 患者
  12. 消火器
  13. 火事
  14. 拍手
  15. 今日
  16. 実際
  17. 紹介
  18. 台所
  19. 塩辛
  20. 状態


『ガッテン!「火災・食中毒・入れ歯 よくぞそこまで!体当たり研究者SP」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK 関連商品

「ガッテン!」 今夜は…

これまで あなたの知らない
すっご~い人たちを

ご紹介してきた この企画…。

皆さん 覚えていますか~?

虫にワザと刺されて
皮膚の様子を撮影。

全国の病院で使われる「図鑑」を
作っちゃった

虫刺されのスペシャリスト!

(笑い)

先生からは かゆみの撃退法や

虫よけスプレーの効果的な使い方を
教わりました!

そして 31年間

自分の血圧を測り続け

高血圧治療のカギを
見つけた医師。

(笑い)

長年の研究をもとに

血圧の本当に正しい測り方を
伝授してくれました!

毎回 いろいろな分野の
専門家をお呼びして

世のため 人のために続けてきた
努力の裏側や…。

暮らしに役立つ最新情報を
たっぷりお伝えしてきました!

さあ 今夜は一体 どんな分野の
スペシャリストが登場するのでしょうか!?

(志の輔)どうも こんばんは。
よろしくお願いいたします。

(拍手)

今日は 72分拡大スペシャル
第4弾でございます。

驚くべき今日のタイトルは
これでございます。

(笑い)
そうですか!?

豪華なゲストです。
豪華なゲストでございます。

それでは まずは…

これを何というでしょう? どうぞ。

(指原)えっ? これを何というでしょう?
(光浦)このマーク?

(指原)標識。
あっ…。

(指原)そうですよね?

はいはいはい そうですね。
専門用語で何ていいましたっけ?

正確な名前。
(小野)ピクトグラムといいます。

これ 1964年の
前東京オリンピックの時に

外国人を迎え入れる時に いろいろな所に
これを つけておいたほうが

言葉が通じなくても場所が分かるという
すばらしい…。

日本人って すごいなと思いますけど。
(光浦)世界中ですね。

さあ いよいよ これを踏まえて
これから問題です。

それでは…

どうぞ。

さあ 渋谷駅の中に入りまして

歩いておりますと…。

もうご覧になった方が
いらっしゃるのかもしれませんが

地面でございます。

え? 地面…。

先ほどのピクトグラムといわれる
名称のものです。

これが 渋谷駅の床にあったんです。
どれでしょう?

絶対に…

(笑い)
(光浦)あれ 落とし穴?

(指原)あれだったら分かるじゃ
ないですか。 危ないですよって。

(笑い)
(指原)そのマークなんですか?

違う 違う。 これ あれですよ。
工事現場とかにある

マンホールとか… マンホール注意。

徹さんは?
お金?

お金のマークですか あれ? ¥ですか。

床を…

(笑い)          あぁ~。

(笑い)
この辺は落ちてやすいですよ みたいな。

(指原)自販機が近くにあるんですかね。
そういう感じかもしれない。

じゃあ 真面目に言うと
お金を落とさないように

気をつけて下さいよ という。
…っていうことも あるかもしれませんね。

さあ それでは 先ほどと同じ
渋谷駅の入り口から入ってみましょう。

(光浦)矢印しか見たことない気がする~。
(渡辺)あそこに何かあったかな?

最近きれいになった渋谷駅。
床に描かれていたのは これです。

(渡辺)あっ!
(指原 光浦)あぁ~!

(渡辺)言われてみれば。
(指原)これは どこにでもありますよね。

あります! あります!
そうか。

よく見る。

これが 渋谷駅の今 駅の構内
至る所にあるんだそうです。

(光浦)ある ある。 あります。
(渡辺)床にあるか。

このアイデアが ものすごく
ありがたく採用されております。

では ここで質問です。

これが
床に描かれている理由は 何でしょう?

(光浦)これ 私… 知ってるから。

ほんと?
あ そう?
私 正解…。

俺は… でも当たっちゃうだろうな。

私も当たっちゃうだろうな~。
強気!        (笑い)

(笑い)
なんか… なんとなく!

(笑い)
言えないですか?

(光浦)せーので言えると思う。
じゃあ 靖子ちゃん代表して。

(渡辺)一緒。

(笑い)
せーのでは言えないです。

あの…。

(笑い)

(光浦)えぇ~…?
(指原)ケータイいじってる人に対して

分かりやすいように…。
すごい。 でも その発想もすごい。

(笑い)
いやいや いやいや。

こういう状況であるから
こういうふうに

下に描いてあるんだという
映像でございます。 ご覧頂きましょう。

実際に火事になったら どうなるか。
(光浦)うわっ!

煙が充満して 上のほうへ上のほうへと
たまっていきます。

だから非常口を示す標識は
大体 光るようになっています。

でも 光浦さん おっしゃったように
逃げる時は

はいつくばったりして 下を向いて逃げる
ということが分かってきたので

渋谷駅では
非常口の案内は 床についています。

実は 今日 来て頂く先生は それを全国に
普及しようとされている方なんです。

これを考えられました先生。
つまり 今日の…

(笑い)

「よくぞ そこまで!」。
あっ…!      (笑い)

「よくぞ そこまで! スペシャル」。
お一人目の方は この方です!

はい にこやかな。

優しそうな先生ですが 火災学者の…。

そんな学者さんが いらっしゃる…。

さあ この鈴木弘昭先生。

机で書物を調べていらっしゃる方かと
思いましたら

とんでもございませんで この方は

「よくぞ そこまで! スペシャル」に
出て頂くべく

火災に関して このような体を張っての

いろいろなことをなさっているというのを
まずはご覧頂きましょう。 どうぞ。

多くの人が犠牲になった大火災。

1982年のホテルニュージャパン火災は
大きく報道されたため

記憶に残っている方も
多いのではないでしょうか。

やっぱり火事って
とっても怖いものですよね。

こうした大火災をきっかけに

日本の消防設備や法律は
度々 見直されてきたんです。

本日ご紹介する鈴木弘昭さんは
これらの現場に直接 足を運んで

調査 分析をしてきた まさにその人。

旧建設省の研究所で 燃えにくい材料の
開発などに携わってきました。

そんな鈴木さんが 若かりし頃
研究に没頭するあまり やっていた

「よくぞ そこまで!」なこととは
一体 何でしょう?

まだ駆け出しの研究者だった頃

鈴木さんは ある火災現象について
調べていました。

それは 炎が短時間で急激に大きくなる
「フラッシュオーバー」という現象。

こうなると 消防士も中に入れません。

どういう状態になると
フラッシュオーバーが起きてしまうのか。

実際に木材を燃やして実験をしました。
すると…。

なんと鈴木さん
炎のそばから離れようとしません。

そして!

うわっ!
大丈夫ですか?

不意に起きたフラッシュオーバーで…

髪の毛がチリチリに焦げてしまうことも
日常茶飯事だったといいます。

更にもう一つ 鈴木さんは

「よくぞ そこまで!」と言いたくなる
こんな研究も行いました。

それは 火災につきものの「煙」について。

始めようか。

なんと 煙の温度を測るため
自分で温度計を持ち

熱い煙に巻かれながら調べたのです!

50℃… 55℃…。

温度を測るだけなら 部屋の中に
温度計を置けば 事足りるはず…。

(渡辺)そうだよ
そう思ったけど。

一体なぜ
こんなことをしたのでしょうか?

あ もう無理だ!
大丈夫ですか!?

鈴木さんは 「ある信念」のために
ここまで体を張っていました。

それは 実際に火事にあった人の
気持ちや目線を大切にする ということ。

鈴木さんの
徹底した被災者目線の研究は

さまざまな防災対策を
生み出してきました。

例えば こちらの商業ビルに
お邪魔してみると…。

皆さん おなじみ…

火や煙の広がりを防ぐ…

これらの設備も
パニック状態になった火事の当事者が

操作しなくてもいいように
自動化されています。

更には 私たちの暮らす住宅にも…。

こちらが…

火元になりやすいキッチンには
壁と天井の境目に

ファイヤーストップ材という
木材や金具が付けられています。

これ 火事が起きた時に

火が燃え広がるスピードを
遅くする効果があるんです。

もしもの場合 素早く消火活動をしたり
消防車を呼んだりすることは

極めて難しい行為。

だからこそ 火事が延焼するのを少しでも
遅らせるための工夫が必要なんです。

安心して生活できる建物の裏には

自ら体を張ってきた鈴木さんの研究が
あったんですね~。

さあ そんな鈴木さんが 本日

私たちにぜひ伝えたいことがあると言って
スタジオにお越しになっています。

それは いざという時に役立つ
消火器について。

家庭の消火グッズの定番である消火器。

簡単な操作で
あっという間に火が消せます。

でも実は この消火器について

私たちが ついつい やってしまいがちな
「落とし穴」があるというんです!

ほんとに
その人たちの立場に立とうと思って

自ら体を張ってらっしゃる 鈴木先生。

それでは 鈴木先生が
私たちに言ってくれている

今日のテーマの言葉でございます。

(指原)え?
(渡辺 光浦)あぁ~。

徹さん うちにも置いてある?
(渡辺)ありますけど

俺が真っ先に思ったのは…

(笑い)
(指原)なんでですか?

結構 激した時に いろんなことを
やってきますからね。      (笑い)

殴られたらね…。
かけられたりね。

かけられたら まだいいけど
殴られたら終わり。

分かりました 正解は…

(笑い)

(指原)あんな長らく研究して。

研究…。
(光浦)研究 無駄んなっちゃう!

体験済みかもしれない。
(笑い)

私たちの うちの中に
ここには置いてはいけないと。

(笑い)

すげえ~。           お~ さすがだぜ~。
すいません もうほんとに。

こういう発言は したくないんですけどね。
(笑い)

さあ たくさんの消火器をお持ちの
徹さんから 見せてもらいましょうかね。

たくさん あるだけでも…。
先生は 学者さんは…。

迷ったんです。
台所に消火器は置くなと。 はぁ はぁ…。

つまり あの…
火元は台所なんですよ 大体ね。
(光浦)ああ そうか。

でも そこに置いとくと…

あんまり近ければ…。
そこに向かって 消火器を持って

そこに行かなきゃいけないわけですから。

近くにあるといいと思いながらも
一番危ないとこだから避けたほうがいい。

靖子ちゃんは。
私は ここに置きっぱなしですね。

玄関。
あ~ 多いだろうね。

引っ越した時に置いてあるんですよね
そのマンションのやつが。

鎮座してるって感じ。
もう その人の場所みたいな。

私は…

自分ちじゃない マンションとかの廊下?

実際 火事があった時に 外にバッて出て

そのあと中に入るってことも
ないと思いますし。

あれ 意味あるのかなって…。
ああ 逆にね。

おかしいなとは思いつつ…?
(指原)そうなんです。

分かりました。 あの…

玄関に置いてあるって方
手を挙げて頂けますか?

あ~ やっぱ玄関 多い。

台所に置いているって方は
いらっしゃいますか?

あっ お2人… 3人… 4人。

4人の方が
台所に置いてらっしゃいます。

外の廊下っていう 意味の分からない人…。

(笑い)
意味 分かりますよね! 外の廊下ですよ!

分かりやすいか。  (笑い)

いつ遭遇するか分からない火事。

もしもの時の備えは
きちんとしておきたいですよね。

実は 今 さまざまな種類の消火グッズが

ホームセンターなどで
手軽に購入できるようになっています。

おなじみの消火器の他にも…。

スプレータイプや…。

火元にかぶせて消火するものなど。

皆さんは こうした消火グッズを
買ったあと 家のどこに置いていますか?

番組で調べたところ
コンロのそばに置いている人や

物置の中に置いている人もいました。

実は その置き場所が

火事を最小限に食い止めるための
とっても重要なポイントなんです!

ゲストの皆さんが出してくれた
解答がこちら。

実は この中に 正解があります!

それはどれかを知るために

鈴木さんのご自宅に
お邪魔しちゃいました!

こちらが 仕事場。

一見 普通の家にも見えますが…。

よ~く見てみると…
あれ? 何だか廊下が長いですね~。

更に…。

実は このおうち

もともと個人病院だったところを
先生が買い取り リフォームしたもの。

造りが しっかりしていて
防火性能も高いんですって。

そして ありましたよ~。

家の中には 消火器がたくさん!

あっちにも…。

こっちにも…。

至る所に置いてあります!

でも そんな先生の自宅にも…

それが ここなんです!

(指原)ほう!
さあ それでは

先生のお答えをご注目を頂きましょう。

先生は こう おっしゃったのです。

(指原)あっ!

(拍手)          (指原)すごい!

(拍手)

すぐに行けそうなのに。
台所 一番いい感じがする。

その気持ちは よく分かりますよね。
だって 火元なんだから

すぐそこで消すためには… ねえ。
(光浦)置いとかなきゃ。

どうして そこに置いちゃ
いけないんだろう というのが

徹さんの意見と同じことを
おっしゃるのか

それとも 先生の注意する点は
違うとおっしゃるのか

それでは お招きをいたしましょうか。
はい 火災学者の鈴木弘昭さんです。

どうぞ!      (拍手)

ようこそお越し下さいました。
(拍手)

先ほど すごい実験にも
耐えていらっしゃる様子を

一応 これ 再現VTRで
やりましたですけど。

あそこまで いきませんでしたか。
(笑い)

ちょっと盛り過ぎましたか。
(笑い)

それでも まあ
その時の気持ちとしては やっぱり…

上のほうが。
(鈴木)火災気流っていいますけど…。

火災… 気流?

ということは やっぱり
よく言われている…

下は 新鮮な空気もあるし。

あ~ なるほど なるほど。

さて 先生が 台所に置くな
というふうに おっしゃいました。

それでは 一体どこに消火器を置いたら
いいのかを教えて頂きたいと思います。

まず先生が おすすめする…。

消火器 ここの台所に
なぜ置いてはいけないか。

先ほど すばらしい解答を
してくれましたんですが

こういうとこに
置いてはいけないんですか?

まず…

(鈴木)人が ここにいる時には
もう すぐそばですから

こういう場合だったら本来は
どこでも いいんですけども

そういう場合が 必ずしも多くない。

それで なにか 台所にいない時に
火が上がっちゃったと。

そういうことが多いと思うんですね。
そうすると

こういうとこに置いてあると もう…

ここも もう入れません。
だから その時に

仮に ここにあれば
ここから持って入れる。

それで 中に入らなくても

この入り口の所から
シューッとかけることができる。

逃げる方向に体があって それで

まだ消せるな という状況だったら
消せると。

もしも これでダメだと。 炎が天井まで
行って これは危ないとなったら

もう その消火はやめて避難する。
それしかありません。

昔は どっか居間とか ここら辺りに

電話があったんですよね。 それで これ

天ぷらを揚げながら 電話が鳴ったもんで
ここへ行って

それで電話を切って 戻ってきてみたら
ここがもう炎で… という場合

特に ここから これなら できますけど

ほんとに この中じゃ
もう入れませんよね。

あ~ なるほど なるほど。

1人で処理しようっていうのは
大変なことです。 できないことが多い。

だから どうしても玄関の方向に行って…

そういうことが できますから。
だから 悪くはないと。

悪くはない?
(鈴木)はいはい。

メインは こちらだから
ここの辺に近い所のほうが いいですね。

ということは 今度… その「置くな」という
文言で先生にしゃべって頂きましたけど

「置け」という文言で言うならば
台所の…?

近くで外側。
近くの…。

じゃあ居間とか
そういうとこに置いとくと

なんか落ち着かないからといって

例えば こういう押し入れとかに入れても
何の意味もないんですよね。

(鈴木)これは ちょっとよくないですね。

物置とか入れても
何の意味もないんですもんね。

火事の時に消火器という…

瞬間的に どこにあったっけって
そんな瞬間的に出てこないんですね。

やっぱり いつも目に見える所に
あったほうがいいと思いますね。

ということで
この消火器のことは 我々のこと。

そして まあ公共の場所 床にあることで

人命が助かる可能性が ものすごく
増えていくことを提案されておりまして

それも自ら命を懸けて
実験をした結果で

それに たどりつかれた
鈴木先生でございました。

どうも ありがとうございました。
(拍手)

(拍手)

体を張って 火災について調べてくれた
鈴木さん…。

「よくぞ そこまで!」
やって下さいました!

ここからは そんな鈴木さんが
お伝えしたいという

もう一つのお役立ち情報!

それが こちら火災報知器について。

皆さんの家では どこに付いていますか?

実は 2階建て以上の一軒家に
お住まいの方に

ぜひチェックしてほしい場所が
あるんです。 それは…。

階段! 皆さんのおうちの階段に
火災報知器は付いていますか?

鈴木さんは 階段にこそ
付けてほしいというんです。

その理由は こちらの実験を
ご覧頂ければ 一目瞭然!

2階建ての家で 1階のストーブが
火元になったと想定した この実験。

どんどん燃え広がり
出火から5分後には

部屋中に煙が充満しちゃいました…。

一方 この時…

なんと 煙も火も一切来ていません!

1階と2階で こんなにも差があるんです。

もし この状態でドアを開けてしまうと…。

このとおり!
一瞬で煙に巻かれてしまいます。

実際の火災でも

2階にいて逃げ遅れたことで
命を落とすことが多いんだそうです。

だからこそ いち早く火事に気付くため

火災報知器は
階段にも付けることが大切なんです。

火災報知器は お近くのホームセンターや
家電量販店でも 手軽に購入可能!

でも 付けたら付けっぱなしにせず

定期的に
電池が切れていないか確認したり

テストボタンを押して 動作を
チェックするなどして下さいね!

消火器も火災報知器も 日頃の備えが
いざという時に きっと役立つはず!

ご自宅の消防設備 点検してみて下さい!

さあ 続いてのスペシャリストは…!

食べ物の安全と おいしさについて
長年研究してきた こちらの男性。

ある意外な食べ物に
どっぷり つかってきたことで

さまざまな大発見をしてきた方なんです!

その深い知識をもとに すぐに役立つ
お得な情報を教えてくれます!

実は 身近な食品の保管のしかたに

私たちが ついつい陥ってしまう
ある「誤解」が潜んでいるというんです!

え~と…。

「よくぞ ここまで! スペシャル」。

(指原)ダメですよ!
私が忘れてる…。

(笑い)
2人ともね。

今… 君は 何て…。
「よくぞ ここまで!」って。

「ここ」じゃないよ! 「そこ」だよ!
そうです。 大事です。

2人して覚えてないって。

「よくぞ そこまで! スペシャル」。
すごいなというような感じがしますが。

さあ それでは え~っと… まず

あれ 食べようか?
あ そうしましょうか。

何か食べれるの?
やった ラッキー。

(指原)やった 夜ごはんですね。
これからご紹介いたします先生は

やはり そこまでいろいろ調べますか
という方が… はい

研究に役立ったものでございます。
これは…。

ちょっと待って!
(渡辺)あぁ~。

これは…。
あれです。

今 ファーッと ファーッと…。

ファーッと きたよ。

(渡辺)あぁ~! きた きた。

初めて見た?
初めてです。

あっ 結構 時間差でくるね。
ドン ドン! ってくる。

くるね~ これだけなのに。

皆さんに…。
皆さんに ずっと… ご覧下さい。

(観覧者のざわめき)
あぁ~。    あれは大きいよ。

大丈夫ですよ。
私は 大好物ですけど。

うわぁ…。
(指原)結構 皆さんいきますね ニオイ。

(光浦)あれ?
あんまり におわないのかな?

では私たちは頂きましょうよ。
(光浦)食べてみます。

(指原)無理かもしれない。
すごい くさい。

あんまりご無理なさらずに。
無理な方は 無理で全然。

(渡辺)あっ でも無理かもね。

くさいですか?

ここまできたら
もう食べなきゃダメですよね。   (笑い)

さあ 人生初の…。

さっしー 初なんだ 人生。

(指原)あぁ~!

でも これはもう 私はもう大好物。

さあ これは一体何でしょう。
はい!

なぜ くさやが出てきたかといいますと
これからお迎えする先生は…

ご覧頂きましょう。 どうぞ。

東京・調布飛行場から飛び立ち 40分。

やって来たのは 伊豆諸島の一つ…

あいにく この日は 風がちょっと強く…。

(光浦)ハハハ… いや
いいんじゃないすか。

(指原)風が強いから。
(渡辺)何でそんなとこ使ってんの!

こちら 藤井建夫さん。

(指原)風が強い。

食べ物の安全や品質管理について
50年以上 研究してきました。

この日 藤井さんが新島を訪れたのは

ご自身の研究の原点とも言える
名物「くさや」に再会するため。

焼いた時には
あの独特のニオイがしますが

口に入れると 深~い味わいが…。

(指原)うん かんだら おいしかった。

くさやは 干物の一種。

内臓を取ったムロアジやトビウオなどを

「くさや液」に漬け込んでから
2日ほど干します。

(指原)何だ これ?
(光浦)これが くさいのよね。

くさや液の原料は 塩と水だけ。

実は このくさや液には
不思議がいっぱい!

藤井さんは その不思議に
魅せられたんです。

不思議 その1。
この液に漬けてから干すと

同じ濃度の塩水に漬けたものと比べ

日持ちが なんと2倍に。
腐りにくくなるんです。

不思議その2は もっと驚きですよ!

(光浦 指原)え~!

こちらの加工場の方も…。

(指原)え~!?
(光浦)知りたい!

一体 くさや液には
どんな秘密があるのか?

藤井さんは 研究に没頭しました。

このノートは
藤井さんが 40年以上前に書いたもの。

くさや液の秘密を解き明かすまでの記録が
克明に書き込まれています。

実は このノートを
完成させるまでの道のりが

「よくぞ そこまで!」 だったんです!

当時から 食べ物の安全や
品質管理について調べていた藤井さん。

中でも くさや液を使うと
なぜ魚が腐りにくくなるのかに

強く興味を抱いていたといいます。

まずは くさや液を観察するために
何度も新島に足を運びました。

その数 なんと…

漬け込んだあと 魚がどう変化するのかを
つぶさに見るため

2時間ごとに採取し
その状態の違いを観察。

そのため 時には加工場に…

こうやって 寝る間も惜しんで

ひたすら
くさや液の観察を続けた藤井さん。

まさに 「よくぞ そこまで!」と言いたく
なるような環境の中での研究でした。

そして ついに くさや液の秘密のカギを
握るものを発見したんです。

実際に その姿を見せてもらいました。

あ~ なんかピロピロって。

(光浦)動いてる!

そう その正体とは くさや液の中にいる
数十種類もの微生物。

こうした微生物の中には
特殊な働きをするものが いることを

藤井さんは 突き止めたんです。

くさやをきっかけにして 食品と微生物の
奥深~い世界を知った藤井さん。

そんな藤井さんが 私たちの食卓に
欠かせない ある食品について

伝えたいことが あるというんですが
それは一体何なのか?

このあと スタジオで!

藤井先生でございます。

それでは もういきなり
ご本人 ご登場頂きましょう。 どうぞ!

東京家政大学 大学院 客員教授

食品微生物学がご専門の
藤井建夫さんです。 どうぞ!

(拍手)

(笑い)

先ほどから私たち
いろいろ ニオイで興奮し

カーッと いろいろと盛り上がっていた
あの くさや独特の…。

私は大好きなニオイですが
先生自体は もう くさやは大好き?

そうですね。
あ~ あれ ほんと おいしいですよね。

アジも それからトビウオも。
(藤井)そう。

あれは ただ あの…

あっ 一番最初は 透明に近い塩水!

それが 今日に至ると…。

捨てないで。

新島辺りは 昔は幕府のね 天領と
いいますけど 直轄地だったんです。

で 幕府 年貢取りますけれども

普通だったら お米の年貢が
基本的なんですけど

畑あんまりないので
結局 塩を年貢として納めていたと。

(光浦)えぇ~…。

(藤井)だから やむなく同じ塩…。
(渡辺)そうか。

同じ塩水を繰り返してきたと。

やむなく やってたことが
かえって 微生物をたくさん…。

そうですね。
中に住むようになった。

そして びっくりしましたのは

加工場にいらっしゃる方が ちょっと…

そうですね。
あれも…

あの中には いわゆる抗生物質的なものを
作る微生物がいるんですね。

だから 汁の中には そういった抗生物質が
たまってると考えると

そこに まあ手をつけて
昔は素手ですから 作業してると…。

今みたいに手袋ありませんからね。

結局 抗生物質を打ってるのと
同じことですね。

へえ~! 面白い。

すごい不思議なのは あれだけ大きな
まあ こういう四角いところで

微生物がいてくれますけど 悪いものも
入りそうじゃないですか 空気の中から。

それが… それが影響なく

おいしいもので ずっと続けられてる
理由は何でしょうね?

例えば抗生物質的なものが
たまっていたり。

それから ほとんど酸素がない状態。

そういう状態では…

(藤井)そこに住める
ある性質を持ったものだけが

ずっと きたということですね。

長い間 もうスクラム組んでる
状態になってるので

よそから いきなり来られても その中に
参加できないで はじかれるので

常に おいしい その…。

仮にですね そういった…

えぇ~!
すごいね それは!

くさや液の中には
不思議な微生物がいっぱい!

日持ちをよくしたり
悪い菌を追い出したりするなんて

まさに常識破り!

実は 藤井さんは 他にも

常識をくつがえすような微生物が
いることを 世の中に伝えてきました。

それは
食べ物が腐るのを防ぐものの代名詞

「塩」にまつわる
ある微生物のこと。

塩は 食品中の水分を抜くことで

腐敗を進める微生物が働くのを
防いでくれているんです。

塩を大量に使えば 腐らない!
というのが

研究者たちの間でも常識でした。

藤井さんも その一人。

しかし
そんな常識を覆す微生物がいたんです。

それは 秋田県の名産
「しょっつる」を調べていた時のこと。

しょっつるとは
ハタハタなどの魚を塩に漬け

分解して出来た液体を取り出す

「魚醤」と呼ばれる調味料の一つ。

塩分は 25%以上もあります。

だから 腐りにくいはず。

しかし 藤井さんが
実験用に取り寄せた しょっつるを

常温で2週間ほど置いていると…。

透明だった液体が
白く濁ってしまったんです。

中身を確かめようと 蓋を開けると

とんでもないことに!

この時 しょっつるを腐らせた犯人は

塩を好む 「好塩菌」と呼ばれる微生物。

塩分濃度が15%以上で増え
食べ物を腐らせてしまいます。

その後 藤井さんは
好塩菌の研究を進め 数々の本を出版。

生産者に向けて 注意を促してきました。

そんな藤井さんの研究結果が

しょっつるづくりの現場にも
浸透しています。

こちらの加工場では
しょっつるづくりを始めた20年前から

藤井さんの本を参考にしてきました。

塩の状態を定期的に管理することで

好塩菌の増殖を防ぎ
品質向上につなげているんです。

おいしい しょっつるは

こうした手間暇をかけて
つくられていたんですね。

実は 好塩菌がいなくても

塩を使った食品の中に
意外な落とし穴が潜んでいるものが…。

ちょっとした勘違いから

怖~い食中毒につながる危険性が
あるというんです!

それでは 実際に
私たちが手に入れるような食品の中で

微生物 それから食中毒の ああいう
いろいろな菌に対する先生の研究で

今 私たちがすぐに
今日から役に立てることを

教えて頂きたいと思いますが。
これは何でございましょうか?

これは塩辛です。 塩辛っていうと
一般には 塩っ辛いんですけれども

最近は もう…
これなんかは もう 塩分が2~3%。

昔の塩辛って
10%ぐらい塩分があるんですね。 はあ~。

ところが だんだんと 塩っ辛いものが

好まれなくなったということで

薄味 薄塩ですね。

薄塩の塩辛が多くなってきました。

じゃあ どうするかということで

結局 調味料で味付けをすると。

だから 昔と今では もう
作り方が全く変わっているけれども…。

昔の塩辛と今の塩辛は もう製法が違う?

違う。
はあはあ。

その結果
何が起こるかというと…。

昔の塩辛は こうしてね

室内に置いといても大丈夫なんです。
あっ 塩分が強かった頃の…。

というのは 食卓の真ん中に
よくツボか何かに入ってて

ご飯の度に 冷蔵庫から…。
ひと月ぐらい置いといてもね。

ところが今の塩辛は
そういうわけにはいかない。

すなわち 要冷蔵なんですね。
(指原)なるほど!

ここにも「要冷蔵」って書いてありますね。

(光浦)確かに傷みやすくなった。

そう! そう やってた やってた。

びっくりして。
まあね。

塩が少なくなった分を
何かで補ってやらないといけない。

そういうことですね。
その一つが冷蔵庫なんですね。

そういうことですよ はい。

今 先生がまとめられたのは
そういうことだそうでございます。

塩が薄くなった分だけでも…

(笑い)

(指原)確認がありますから 次の。

いやいや いつも聞いてますよ。
「いつも聞いてます」って!

(笑い)

そして こちらは何でしょう?

こちらはですね 皆さん よくご存じの…。

何に見えるかというと
2種類あるんですね。

これは レトルトなんですね。
(光浦)それがレトルト。

120℃ 4分で 殺菌してありますから

基本的には 中には
菌が一応いないというものです。

ところが
他の… 例えば この辺ですね。

ああ~。
全部 これはね…。

(指原)ああ 確かに。 最近 コンビニでも
冷蔵のとこにありますよね。

要冷蔵で これは殺菌が十分にしてない。

あら~。
そうか 違うのか!

高い温度でやると 例えば
ものによっては味が落ちるとかね。

おでんだったら 焦げ臭がするとか。

もうちょっと温度を下げたいんですね。

ただ そうすると 菌は生き残ります。
ですよね。 そっかそっか。

(藤井)
ちょうど これは真空包装なんですけど

真空でも よく生える菌は
いっぱい いますから。

えっ!?

別に無菌状態になってるわけではなくて

冷蔵保存することで 別に これで
繁殖する心配がないから食べられると。

なるほどね。
(藤井)
それを忘れると どうなるかというと

菌が残ってますから
腐敗する可能性があります。

それは特に致命的ではないんですけど

ここに ボツリヌス菌というね
非常に致死率の高い食中毒菌がいます。

(指原)それ怖い。

じゃあ 基本的に…

(藤井)
その菌は 冷蔵庫では増殖できないので

ちゃんと最初から入れてれば
安全なんですけど。

これ 気が付かないんですよね。
これが要冷蔵で こちらが…。

(光浦)似てますもんね。
似てますよね。

いわゆる食中毒菌や悪い菌には
いい住まいになりつつあるので

気を付けて下さいよ
っちゅうことでございますね。

はい そうですね。
分かりました。

(笑い)

聞かないといけないと。
いやいやいや…。

そういうことでございますね
分かりました。

どうも ありがとうございました。
どうも ありがとうございました。

(拍手)

さあ 続いてのスペシャリストは

皆さんも年を取ったら
お世話になるかもしれない

「ある道具」を
作っている方なんですが…。

街行く人に聞きました。
皆さん その道具 使ってますか?

この日 声をかけた70人のうち
24人の方が その道具を使っていました。

実は 私たち日本人は その道具を
大昔から使っていたというんです。

和歌山県のお寺に 現存する
日本最古級のものが残っていました。

なんと こちら
今から500年近く前の室町時代に

このお寺の開祖が使っていたと
伝えられているんですが…。

皆さん もう 答えは分かりましたよね?

さあ それでは いよいよ…

またですか!?
(笑い)

「よくぞ そこまで! スペシャル」。
よし! できました できました。

(渡辺)3回目にして。
(光浦)おめでとうございます。

ほんとは これ…

(笑い)

俺がタイトル…。

それも 番組収録前に 間際に今
名付けて ここへ入ってきたのよ。

そうだったんだ!
なのに 一回も自分で言えなかった。

(笑い)

それでは 3人目の先生をご紹介する前に
まず これをご覧頂きましょう。

はい。
(光浦)何だ 何だ?

これは…。
(光浦)よく見えない。

(指原)あっ 歯だ。
(渡辺)あっ!

はい 入れ歯コレクションです。

ほう!

(指原)あんまり まじまじと
見たいもんじゃないですけど。

(渡辺)そんなにそばに
持っていらっしゃらなくても…。

1本だけのための入れ歯から
順番に順番に順番に

ず~っと。
(指原)あ~ 確かに増えていってるんだ。

どんどんどんどん本数が増えていきまして
最後は いわゆる総入れ歯までが これで。

こういうふうにして
まあ コレクションといえば

コレクションになりますが。
(渡辺)コレクション?

さて これを…

はい どうぞ。

スタジオに用意した入れ歯を作った方が
次のスペシャリスト。

その方が作った入れ歯の感想を
患者さんに聞きました。

皆さん ピッタリ合う入れ歯に
大満足のご様子。

こんにちは。
いやいや…。

こちら 和田英二さんも
その一人。

保険の営業をしていた和田さん。

不摂生がたたり
歯周病になって

30代から
歯が抜け始めました。

50代になると 歯が一本もなくなります。

(渡辺)50代で?

人前で入れ歯が外れ
何度も恥ずかしい思いをしたといいます。

しょうがないから
あ~ なんて言ってね…

ピッタリと合う入れ歯を求めて
何度も作り直しましたが

なかなか 自分に合うものは
できませんでした。

ところが…

新しい入れ歯を作ってもらうと…。

ピッタリと合うことで
格段に外れにくくなりました。

更に もっと大きな変化も
あらわれたといいます。

その変化をご覧頂きましょう。

まずは 以前使っていた入れ歯で
お話ししてもらいます。

和田英二です。 趣味のテニスに
週3回 行っています。

さ し す せ そ。
さしすせそ。

(指原)空気が抜ける感じ…。

一方…。

和田英二です。 趣味のテニスに
週に3回 行っています。

(指原)全然 違う。
(渡辺)しゃべりが若々しい。

さ し す せ そ。
(渡辺)顔も違う。

さしすせそ。
(渡辺)全然 違う。

見違えるように 滑舌が
良くなっちゃいました!

更に!

(指原)そうか
食を楽しめるのは おっきい。

(光浦)それは大事 もう ほんと大事。

今は…

違っちゃうね~。
違っちゃいますよ。

全然 違いますね。
まだ歯の悩み ないですか?

俺は58ですけど
まだ全部 自前で 差し歯もなく。

すばらしい。

もう 年齢的には。

(光浦)えっ!?
(指原)そうなんだ!

なので…

番組で 入れ歯を使っている人 200人に
アンケートをとったところ

8割近くの方が
入れ歯の悩みを抱えていました。

中でも多かったのが

入れ歯が合わずに
痛む 外れる

そして 口臭が気になる
というものでした。

さて このコレクションを
持ってらっしゃる先生に

このあと ご登場頂くんです。

その先生が 先ほど
和田さんも あのように快適な日常にし

そして いろんな患者さんが
「ああ ほんとに助かった」

って言われるぐらいの
入れ歯のオーソリティーではあるんです。

先生をご紹介いたしましょう。
はい。

そうですね。
同業者の方と言ったらいいでしょうか。

先生 あちこちで講演なさっていて
その会場には 同じ歯科医師の方々が。

熱心に聞いてらっしゃいます。

あとで お話伺うと…。

非常にすばらしい。
大変 尊敬されていらっしゃいます。

それでは…

(光浦)えっ?
先生の 自分の入れ歯です。

先ほど申し上げました。

先生の入れ歯コレクションです。

さて 村岡先生

どうやって 少しずつ増えていく
入れ歯の製作に当たられたのでしょうか?

(光浦)え~?

(指原)それって もう… えっ?

(光浦)これしかないよね。
(渡辺)うん これしかないわな。

(光浦)恐ろしい。

それでは一斉に上げて頂きましょう。

せ~の ドン! です。

はい。 ああ…。

はい。
ええ~!

ほんとに!?
やっぱ そうですよね。

っていうか…

いやいやいやいや…。
(笑い)

(光浦)もう覚えちゃった。
「よくぞ そこまで!」。

そう! 「よくぞ そこまで!」の

最終形でございます。
「よくぞ そこまで!」です。

(光浦)ほんとに?
ほんとに そのとおりでございます。

(指原)え~!
これから ご本人にも出て頂きます。

本当に そうしていらっしゃるところが
あるんで。

あるんですけど いいですか?

いや モザイクは かけますから。
ワオ!     見て頂きますか。      えっ?

はい じゃあ…。

一応 これ 一応ご覧下さい。 いや もう…。

診察台に横たわっていらっしゃるのは
本来 診察する側の…。

もちろん 先生が自分で…。
(光浦)うわぁ!

はい OK! もう結構です もう結構です。

合計15本!

そして こうして
このあとです。

ただ抜いただけではありません。
先生は…

村岡先生 自分の歯を抜いたあと

自ら 入れ歯の型をとって。

(光浦)すごい人。

はい そして 作った入れ歯のつけ心地を

自分で確かめる。

ああ…。

患者さんがどんなふうに感じるのかを
知るためには

やはり 自分が実験台になるのが一番だと
そうお考えになったそうなんです。

これまでに 40種類以上の入れ歯を作って
確かめてきたそうです。

はい。 全ては「患者さんのために」で

そこまでおやりになりました先生を
お迎えいたしましょう。

はい 村岡先生 どうぞ!

(拍手)

ようこそお越し下さいました。
(指原)すご~い!

なんかもう すごすぎて
もう ほんとに皆びっくり。

もう年取っちゃって かたいから。

(指原)うわっ! だって健康なんですもん。

(村岡)
そう 自分の歯で。 ぐらぐらになった
歯とか そういうのじゃないから。

(笑い)   すごいですよ。

ほんとに やっぱり 患者さんが

どういう思いで
入れ歯を入れてるかというのを

ご自分でやってみようというところまでの
発想までは 分からなくはないですけど

よくぞ ここまで おやりになりましたね。

(村岡)我々 歯医者も みんな…

(村岡)我々は まあ…

そりゃそうでしょうね。
そりゃそうですよね。

食べ物は やっぱりね…

食べ物が。

まあ 歯医者は みんなね

自分の作った入れ歯は 内側に
物が入らないと結構思っています。

というのは 歯科医院に来た時は
きれいに洗ってきますから。

「どうですか?」って聞いても
「ああ 先生 調子いいですよ」

こう言うわけですよね。
はあはあ…。

よっぽど もう作り直してもらう時に
初めて

「先生 これ 物入っちゃって
ここ痛くてさ。

じゃあ 作り直してくれよ」
ってことだけど

ほんとのとこが
なかなか分かんないんですよ。

それと やっぱり
先生にやってもらってるのに

その先生の作ってくれたものをなんかこう
よくないとかって言いにくいし。

そういうことです。

(村岡)患者さんに
これとこれを作りましたので

1週間ごとに ちょっと交代でって…。

まあ そういう実験的なことは
大学では やるかもしれませんが

なかなか ないから 分かんない。

高価なものですしね。
そうです そうです。

新しいものを何度も作ることが難しい
入れ歯だからこそ

ピッタリとフィットしたものを
1回で作ってあげたい。

だから村岡さんは 自分の歯を抜いて
患者さんの気持ちを知ろうとしたんです。

そうすることで 患者さんに喜ばれる

入れ歯づくりの秘けつが
分かったといいます。

こちら…

下の両側の奥歯が4本ずつなく
部分入れ歯をしています。

(村岡)痛い?

(村岡)きつい?

下顎の左側の部分がきつく

軽い痛みと違和感を感じるといいます。

早速 調整に入る村岡さん。

入れ歯の裏側の部分を削ります。

実は 増田さんが痛みを感じたのは
この部分。

なんと 逆のほうを削ってるんです。

こうして調整した入れ歯を
はめてみると…。

(かむ音)

(村岡)大丈夫?

痛みと違和感が消え
お煎餅が食べられました!

なぜ 村岡さんは
痛みの原因が逆側にあることを

すぐに見抜けたのでしょうか。

増田さんの入れ歯は
こんなふうになっています。

痛みを訴えたのは この部分。

実は こちら側は
ピッタリ合っていたんです。

問題となっていたのは 逆側。

入れ歯のサイズが
僅かに合っていなかったため

きちんと はまらないのです。

この状態で かむと
こちら側が下に沈み込みます。

入れ歯は つながっているため

同時に逆も沈み込んでしまい

歯茎を押して 痛みとなります。

だから 逆のほうを削り
入れ歯が動かないようにしたんです。

村岡さんが
自分も入れ歯になって分かったこと

それは…

自ら 入れ歯になるほどの熱意で
患者さんに寄り添い続けてきた村岡さん。

そんな村岡さんが もう一つ

私たちに伝えたい
メッセージがあるといいます。

これ 先生…

入れ歯を 堂々と話をできれば

自分が入れ歯だってことを話すると
必ず入れ歯の方いますから。

そうすると 「いや 俺も入れ歯だよ」
って話になるわけですよ。

言わないから ならないわけだから。
例えば…

(渡辺)また 先生の世界に入ってきたぞ。
(笑い)

(光浦)独演会に…。
連想ゲームですから。

確かに ほんとに不思議なことに
血糖値が高いとか

そういうことは なんかこう 自慢のように
みんな言う… 飲み屋で会やあね。

「最近 なんとか高いんだよ」「血圧が
俺 高くてよ」とかって言うんですけど

やっぱり この 入れ歯のことについては
やっぱり言わないですよね。

こうなるわけですよ。

こう ずんずん下がっちゃう。

(笑い)
(指原)先生 やっぱ

やってるだけあって
すごい しゃべりがうまい!

(笑い)

まあ いずれにしても 今日は…

いやいや いや とんでもございません。

(拍手)

いやいや もう…。

体を張って 入れ歯づくりを
きわめようとしてきた 村岡さん。

もちろん 他の歯医者さんも
歯を抜いたほうがいい とか

要らない歯は抜いてしまったほうがいい
なんてことを言いたいのではありません。

最も大切なのは 歯医者さんと患者さんが
よくコミュニケーションをとり

悩みや要望を
きちんと共有できる関係をつくること。

そのために私たちができるのは

ずばり 入れ歯を作ってもらった…

そうすることで
ちょっとした不具合を発見したり

メンテナンスをしてもらうことが
できます。

そして何より 自分が今

どんなことに
悩んでいるのかを話しやすくなるはず。

いかがでした?
それぞれの分野で

時に体を張りながら研究をしてきた
3人のスペシャリストたち。

こうして培われた技術や知識は

今なお 私たちの暮らしや社会を
変えてくれているんです!

火災学者の鈴木さん。

今は 火災の原因を科学的に鑑定する
仕事を続けています。

これは 灯油をかけて燃やした木材。

ある放火事件の原因を究明してほしい
という依頼を受け

実験したんだそうです。

こちらは 実際に
ボヤ騒ぎのきっかけになった電気コード。

鈴木さんが鑑定したところ
犬がかんで断線したことが分かりました。

こうした火災の原因は 時に 解明するのが
非常に難しいこともあります。

しかも その鑑定ひとつで

裁判の判決が
くつがえることさえあるんです。

常に重い責任が付きまとう 火災鑑定。

しかし 鈴木さんは
真実を究明するために

自らの科学的な知識や経験をこれからも
役立てていきたいと考えています。

私は もう…

微生物の深~い世界を探究してきた
藤井さん。

今 食品に関わる仕事をする人たちに
対して 講演会を開き…

それが こちらの「低温微生物」。

冷蔵庫の中など 低温で繁殖し

食品の味や風味を落としてしまう
微生物です。

シャーレに この微生物を入れ
4℃と35℃で培養してみると…。

35℃のほうは 変化がなかったのに対し

4℃のほうは 増えちゃっています!

実際に 低温微生物の影響を受けた
メーカーもありました。

こちらのカニの加工会社では

一度ボイルしたカニを
5℃以下の低温で出荷する

「チルド食品」を作ってきました。

その原因こそ…

ここでは 問い合わせがあったあと
低温微生物が繁殖しにくくなるように…

藤井さんの働きかけにより

動き始めたメーカーも
徐々に現れてきています。

こちらは チルド食品で
全国トップシェアの会社。

藤井さんの講演がきっかけとなり
従来の検査に加え

低温で増える微生物がいないかの
チェックも始めたんです。

歯科医師の村岡さん。

毎月 地元の歯医者さんや
歯科技工士さんを集めて

定期的な勉強会を開いています。

こちら 椎野広巳さんは
この勉強会に参加するまで

入れ歯づくりが ちょっと苦手でした。

結局 この患者さんは その後
椎野さんのもとに現れませんでした。

もっとよい入れ歯を作って
患者さんを笑顔にしてあげたい。

そう思って参加したのが
村岡さんの勉強会。

その中で 患者さんに寄り添い
悩みや症状の本質を知ろうとする

村岡さんの姿勢を学びました。

村岡さんのおかげで

患者さんにピッタリ合う入れ歯を
作れるようになってきた 椎野さん。

今では 入れ歯づくりに対する気持ちが
がらりと変わったといいます。

(笑い声)

世のため 人のため

時に体を張ることも
辞さなかった

3人の専門家たち。

本当に 皆さん

「よくぞ そこまで!」やって頂きました!

ということで…。

次回も…。
(一同)ガッテン!

(一同)ガッテン!

本日も 放送を最後までご覧頂きまして

誠にありがとうございます。
ありがとうございました。

さて 昨今 私どもを怖がらせております
新型コロナウイルス。

外出を控えたり それから
うちの中で どうしても

じっとする時間が多くなってしまう
そんな皆様方にですね

25年間 いろんな体操を
紹介してまいりました

この「ガッテン!」が 手軽で そして

一番効果のある体操を 今日1つ
ご紹介させて頂きたいと思います。

それが こちらです!

く~ね く~ね く~ね く~ね。
名付けて…

あ~ ご紹介しましたね~。

でも あまりにも なんか
の~んきな体操に見えて

これ ほんと体操なのか?
っていう感じが したもんですね。

これが実に 転倒予防に効果があるんです。

体幹 体の幹の部分を刺激して

脳から 体の各部分への
運動の「動け!」っていう指令が

すごく届きやすくなるんです。
ははぁ~。

ちょっと やってみましょうね。
足を肩幅に広げて。   はいはい。

頭は なるべく動かさないで
体で 「く」の字を作ります。

「く」 「く」 「く」。
確かに… 曲がりますよ。

なんか こう… いや こう
首から下は ピッ ピッときて

あっ 刺激が来てるって
感じがするんですけど

頭と それから両手が ぶらんと
してるもんですから 大丈夫ですか?

まあ これは実際
本格的に 例えば散歩に

今日は 思い切って出かけてみようと思う
その前にやって頂く

準備運動みたいな気持ちで
やって頂くと よいかと思われます。

このあと本格的な運動の前にも
これは役に立つという運動でございます。

はい。
「ガッテン!」では この体操の他にも

皆様に
すぐお役に立つような運動や体操を

随時 短いVTRにまとめて放送したり

そして
ホームページでも紹介してまいります。

どうか チェックしてみて下さい。
はい それでは皆様

気をつけてお過ごし下さい。 次回も…。
(2人)ガッテン!


関連記事