直撃!シンソウ坂上特別編 新型コロナウイルス緊急生放送【橋下徹元知事と生激論】日本はどうなる?東京五輪は?…


出典:『直撃!シンソウ坂上特別編 新型コロナウイルス緊急生放送【橋下徹元知事と生激論】』の番組情報(EPGから引用)


直撃!シンソウ坂上特別編 新型コロナウイルス緊急生放送【橋下徹元知事と生激論】[字]


橋下徹、東国原元知事&専門家が徹底討論!日本はどうなる?東京五輪は?独自取材でコロナ感染事件を完全再現!&あのフィギュアスケート金メダリストが特別演技


ご案内

番組の最新情報・関連情報は「直撃!シンソウ坂上〈公式〉ツイッター」(アカウント:@ss_fujitv)で!

番組内容

緊急特別企画「春くるプロジェクト」第1弾として『直撃!シンソウ坂上特別編 新型コロナウイルス緊急生放送』を放送。


2006年・トリノオリンピックの金メダリストで、フィギュア界のレジェンドと称される荒川静香が特別出演し、コロナウイルスの感染拡大により重苦しい雰囲気が立ちこめる現在の情勢の中「みんなで頑張ろう」という思いを込めて特別なエキシビション・パフォーマンスを披露する。

番組内容2

また、今月5日の『新型コロナウイルス緊急生放送SP』に続いて、知事経験者である橋下徹、東国原英夫が出演し、新型コロナウイルスの最新状況や今後の展望について真相を掘り下げるべく、徹底生討論を展開する。


世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、坂上忍が追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティー”『直撃!シンソウ坂上』に乞うご期待。

出演者

【MC】

坂上忍 


【出演】

荒川静香 


橋下徹、東国原英夫

スタッフ

【制作統括】

石塚大志 


【チーフプロデューサー】

大川友也 


【総合演出】

島本亮 


【プロデューサー】

五十嵐剛 


【演出】

山﨑貴博 


【制作】

フジテレビ 第二制作室


『直撃!シンソウ坂上特別編 新型コロナウイルス緊急生放送【橋下徹元知事と生激論】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

直撃!シンソウ坂上特別編 新型コロナウイルス緊急生放送【橋下徹
  1. 日本
  2. 感染
  3. 男性
  4. 新型コロナウイルス
  5. 地域
  6. 選手
  7. 政府
  8. 中止
  9. 本当
  10. 今回
  11. 検査
  12. 状況
  13. 開催
  14. 女性店員
  15. 世界
  16. 東京オリンピック
  17. リスク
  18. 非常
  19. 橋下
  20. 対策


『直撃!シンソウ坂上特別編 新型コロナウイルス緊急生放送【橋下徹元知事と生激論】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


[さらに BABA嵐も…]

≫今夜は
新型コロナウイルスの影響で

世界フィギュアスケート選手権が
中止になったため

「直撃!シンソウ坂上」を
緊急生放送でお届けします。

このあと専門家会議の
記者会見も予定されており

始まり次第、生中継で
お伝えしたいと思います。

そして、今回も
2人の元知事をはじめ

多彩な論客の皆さんに
お集まりいただきました。

皆さんよろしくお願いいたします。
そして、スタジオには

世界フィギュア日本代表の
紀平梨花選手に、特別に

お越しいただきました。
いろいろと大変だったと

思いますけれども

中止が発表されたときの状況等々
聞きたいと思いますので

よろしくお願いいたします。
その前に、まずは

こちらのVTRをご覧ください。

≫感染者数はついに20万人超え。

世界で猛威を振るう
新型コロナウイルス。

そして今も私たちの生活

日本の経済を左右しかねない
重要な会議が行われている。

国内の感染者数900人を超えた

国内の新型コロナウイルス対策の
鍵を握る

専門家会議。

これまでの情報によると
今日も感染が拡大している

地域については
緊急事態宣言の必要性を検討。

一方、感染が
収束に向かっている地域は

自粛の段階的な解除を
検討するなどの見解が

示される見通し。
果たして、今夜

国民の生活に大きな影響を与える
見解が出てくることはあるのか。

世界に目を向ければ、WHOが
パンデミックの中心地とした

ヨーロッパでは…。

≫感染者数が3万人を超えた
イタリアでは

もはや、医療の現場は
野戦病院の様相。

フランスでは
シャンゼリゼ通りから人が消えた。

入国制限に国境封鎖。

世界がまさに、鎖国状態に入る中

議論が巻き起こっているのが
200以上の国と地域が

一堂に会する
東京オリンピック・

パラリンピックの
開催の是非。

≫日本政府や、IOC・
国際オリンピック委員会の

バッハ会長から伝わるのは
開催に向けたメッセージ。

しかし、一部の選手からは
延期を求める声があがっている。

≫開催か、延期か
それとも中止か。

IOCは今夜も
各国のオリンピック委員会と

緊急電話会議を行うなど

まさに正念場を迎えている。

更に…。

≫愛知県蒲郡市で
ウイルスをばらまいてやると

飲食店を訪れ
実際に女性従業員が感染。

その行動を非難されていた
男性客が

昨日、死亡。
今回番組では

関係者を取材し
一部始終を独自再現。

店の中で何が起きていたのか。

どのようにして感染したのか
探ってみると

驚くべき感染経路と
新型コロナウイルスの

特性が見えてきた。

そして、開催が懸念される
東京オリンピックの前に

あるニュースが。
それは…。

≫フィギュアスケートの
世界選手権が

新型コロナウイルスの
世界的な感染拡大の影響で

中止されました。

≫3月16日から
カナダで開催される予定だった

世界フィギュアスケート選手権が
まさかの中止に。

出場する予定だった
羽生結弦選手が

SNSを通じ
世界にメッセージを送った。

≫そして、今夜
急遽カナダから帰国した

紀平梨花選手が緊急生出演。

大会中止の舞台裏

そして、今の心境を激白。

更にあのレジェンドスケーターも
緊急参戦。

今夜限りの
スペシャルパフォーマンスを披露。

なお、今回の生放送では
皆さんの意見をツイッターで募集。

専門家の皆さんに
聞いてみたいことなど

「#シンソウ坂上新型コロナ」を
つけて

つぶやいてください。
≫ということで、残念ながら

フィギュアスケートのシーズンを
締めくくる世界選手権が

中止となってしまったんですが
紀平選手は、もうカナダに

いらっしゃったんですよね。
≫2日にバンクーバーに到着して

9日に試合会場の

モントリオールにも
出発していたところで

しっかり万全の準備は
していたんですけど

中止になってしまいました。
≫中止の一報というのは

どのタイミングで
お聞きしたんですか?

≫世間に知られた状況と
同じタイミングで知って。

≫じゃあ、僕らと
ほぼ同じタイミングで知ったんだ。

≫そうですね。
濱田コーチから

知らされたんですけど

すごい驚きました。
≫でしょう。紀平選手にとったら

四大陸選手権
チャレンジカップの優勝で

弾みが
ついていたところだったので

ビックリもしたでしょうけど
残念な気持ちが

あったんじゃないですか?

≫やっぱり、世界選手権に
ピークを持っていこうって

今シーズンが始まるころに

しっかり決意して
頑張ってきた中だったので

少し残念なところも
ありますけれど

コロナウイルスが
ものすごい威力だったので

仕方ないかなという
気持ちもあります。

≫僕、スタッフさんに
お聞きしたんですけど

今回の大会に向けて
すごくストイックに

練習に励み、私生活の面まで

改善を相当したらしいですね。

≫スケート靴のところも
頑張って調整していったりとか

あとは食事とか睡眠とか

すごい研究して
いろいろ考えて行動は

すごいしてました。

≫だって、あのスケート靴
何十足も試したって本当?

≫そうですね。
イタリアに行って

何十足も履いて。
それぞれの靴に特徴があって

どれも体重のかけ方が違うので

一番自分の足に合う
歪み方をしているものを

選びたいって思ってたので。

≫でも紀平選手だけでなく

羽生選手とかも
出場予定でしたから。

みんな、どんな様子でした?

≫私は、また別で
練習をしていたので

そのときの状況は
ほかの日本人選手は知らないので

分からないんですけど
皆さんショックだったんじゃ

ないかなとは
思います。

≫涙を流されていた選手も
いらっしゃったって

お聞きしたんですけど。
≫私と一緒に練習してる

濱田コーチのもとで練習している
ユ・ヨンちゃんという

韓国の選手なんですけど
その子は結構

泣いてしまっていたというのは
濱田コーチから聞きました。

≫ただ、今それこそ
新型コロナウイルスの影響で

スケート界が
すごく大変なことになっていると

お聞きしたんですけれども
練習場とかですか?

≫練習場も日本だけじゃなくて

海外まで閉鎖とか

一般滑走はもちろん閉鎖とか。

私はカナダで
結構、最後のほうまで

知らされてからも
練習していたんですけど

最後の3日間は
打ち切ってしまって

どこも開いてなくて

3日間練習できずに、日本に
帰ってきたという感じです。

≫でも、これで次は今シーズン
終わってしまったわけですから

来シーズンということに
なってしまうんですけど

来シーズンに向けて
何か目標はありますか?

≫今年は
世界選手権がなかったので

もちろん世界選手権で
優勝も目指して

頑張りたいと思いますし

そのほかの大会で
4回転にも挑戦して

成功できるように
頑張りたいと思いますし

あとは、ベースの平均の得点が

今シーズンよりも
10点以上高く取れるように

頑張りたいなと思います。
≫僕も、今までテレビで

拝見するだけだったんですが
初めて、こうやって

お会いさせていただいて

本当に、しっかりした方ですね。

僕、見習います。

今日は本当、お忙しいところ
ありがとうございました。

≫ありがとうございました。

≫そして、世界フィギュアを
待ち望んでいた方々が

大勢いると思うんですけども
今回あのレジェンドスケーターが

スペシャルプログラムを
披露してくださいます。

中継がつながっています。
内田アナ。

≫こちら
茨城県のスケートリンクです。

静寂に包まれたリンクに
光が差し込み

こちら、非常に
幻想的な雰囲気となっています。

今回
新型コロナウイルスの影響で

世界フィギュアが
中止となったため

フィギュアスケートの力で
少しでも日本を元気にしたい。

そんな我々のオファーを
この方が

引き受けてくださいました。

それではご紹介します。
こちらの

レジェンドスケーターです。

一夜限りの特別なプログラムを
披露していただけるのは

日本初のオリンピック
フィギュアスケート金メダリスト

荒川静香さんです。
お願いいたします。

改めまして
世界フィギュアスケート選手権の

解説でもおなじみの
荒川静香さんと

お伝えしていきます。
今宵はよろしくお願いします。

≫荒川さん、スタジオの坂上です。

よろしくお願いします。

残念ながら世界フィギュアが
中止となってしまいました。

荒川さん
今、どんなお気持ちですか?

≫やはり
世界で1位を決める大会で

シーズンの中で選手としては
これが締めくくりになるはずの

大会だったので
中止になるということが

決まったときは
本当に驚きとともに

ほかのアスリートたちの
気持ちもそうですし

ほかの競技イベントものきなみ
中止になってきていたので

どうなってしまうんだろうという
不安も

すごく大きかったです。
≫今、荒川さんも

おっしゃいました
ほかの競技イベントも

中止になっていると。
荒川さんが出演される

アイスショーなど
新型コロナウイルスの影響は

出ているんですか?
≫今、競技シーズンが

世界選手権で終わると
またアイスショーシーズンが

続いていくので
予定されている

3月のアイスショーなどは
中止になった

アイスショーもあります。
そして、この先も

どうなっていくのかが、まだ全然

見えてこないので
私たち準備をするということは

しているんですけれども
なるべく早くに皆さんと

またスケートリンクで
お会いできるといいなという

願いのみですね、今は。

≫そんな中、今回
スペシャルプログラムを

行っていただけるそうですね。

≫はい。
こういう状況の中で少しでも

不安の中でも希望を信じて
頑張っていきたいなという

気持ちを込めて

プログラムを用意したんですが
こういう状況だからこそ

≫今夜、一夜限りの
スペシャルパフォーマンスを

見せてくれるのは荒川静香さん。

2006年の
トリノオリンピックでは

自分自身に打ち勝ち
伝説に残る演技を見せると…。

見事、日本人初となる
金メダルを獲得。

日本中に感動をもたらしました。

そんなフィギュア界の
スーパーヒロインが

世界フィギュア中止を受け
今夜披露してくれる

スペシャルプログラムは…。

「HERO」。

「HERO」は君自身の中にいて

諦めなければ
困難は必ず乗り越えられる。

そんな明るい希望を歌った
いわば人類全てに捧げる

応援歌です。

スケートの力で日本を元気に。

今夜限りの夢の舞台が開演です。

≫荒川さん
すばらしいエキシビションを

ありがとうございました。

≫ありがとうございました。
このような機会をいただきまして。

≫どんな思いで滑られました?

≫最初、この依頼を
いただいたときには

本当に私が滑るのでいいのかな?
っていうところは

あったんですけれども
ただ、できることとしては

今、こんな状況の中でも

希望を持って、頑張り続けたり

諦めないで過ごしていきたいな
という気持ちが

伝えられるなら
それがスケートという形で

皆さんにお届けできるなら
とてもありがたいなと思って

お受けしたので
非常に、そういった

私自身も不安ですし
皆さんも同じように

不安な生活をしてると思うので
何か、希望が

諦めないで持ち続けられたら
いいなと思うものを

すごく心に持って滑りました。

≫そんな中、東京オリンピックの
開催が危ぶまれてもいるんですが

どのような思いですか?

≫やはりアスリートにとっては

本当に、アスリート生涯をかけて

照準を合わせていくような大会が

オリンピックだと思うので
それが今、この時期に

開催できるのか
どうなのかというところで

不安が
すごく大きいと思うんですね。

もう本当に、それに
アスリート生命をかけている

アスリートがたくさんいて
その気持ちを

なんとか成功させよう

復興につなげようという
日本中の気持ちが

今、高まってきた
段階での状況なので。

≫フィギュアスケートの
ファンの方々は

もちろんなんですけど
こんな状況の中

オリンピックに向けて
トレーニングに励んでいる

選手の方々に向けて
メッセージをお願いできますか。

≫やはり今できることを本当に
毎日続けていった先にあるものに

向かっていくしかないと思うので
本当に希望を持ち続けて

しっかりと自分のやれること
できることというのを

気持ちを強く持つことが
大事なんだろうなというふうに

私は思います。
アスリートの方々みんな

不安で、アスリートだけではなく
皆さん本当に

不安な中だと思うんですけど
毎日毎日、今できることは何か

常に考えながら

前向きに
そして明るさというのを

失ってはいけないと思うので

やはり気持ちを
なんとかみんなで盛り上げながら

抜け切れるところまで
踏ん張っていきたいですね。

≫荒川さん、お忙しい中
本当にありがとうございました。

≫ありがとうございました。

≫今夜は新型コロナウイルス
緊急生放送です。

最新ニュースが入ってきました。
まずは、こちらをご覧ください。

≫今日夕方
ある速報が飛び込んできた。

大阪市の松井市長が
明日から大阪府と兵庫県の

不要不急の往来を自粛するよう
呼びかけてほしいと

国から通知があったことを
明らかにした。

感染者数が多い
両府県の爆発的な患者が

増えるのを抑えるため
警戒の第1段階だという。

新潟市では10歳未満の女の子が

新型コロナウイルスに感染。

今日も各地で
感染者の報告が相次ぐなど

事態が刻一刻と変化する中
ショッキングな発表が。

観光庁は
先月の訪日外国人旅行者数が

去年の同じ月と比べ
6割も落ち込んだことを明らかに。

特に中国からは、およそ9割。
韓国からは、およそ8割減少。

観光業界に
深刻な影響を与えていることが

改めて顕著となった。

そして、最大の
山場となっているのが

今まさに行われている
政府の専門家会議。

今後の感染対策の
見解が示されるだけに

注目が集まっている。

感染が拡大している地域以外では

イベントなどの
自粛の一部解除が容認され

地域の実情に応じた
対策の必要性が示される見通しだ。

一方、全国規模の
大きなイベントを開催する場合

座席の間隔を空けるなど
十分な対策が必要。

春休み明け以降の
学校の再開については

教員や子どもたちが
長時間、同じ空間にいれば

感染のリスクが拡大するとして
時間差での

登校も検討するよう求めるなど

具体的な見解を
示すとみられている。

まもなく行われる会見。

その詳細とは…。

これまでに確認された
新型コロナウイルスの

国内の感染者数は909人。

退院者数は200人。

そして、感染拡大防止のため

安倍総理が打ち出した
大規模イベントの自粛。

これを受ける形で
春のセンバツ甲子園の中止

プロ野球、Jリーグも
公式戦開始の延期を決めている。

一方、昨日、緊急事態宣言を
出していた北海道で

大きな決断が下された。

≫先月28日に出された

緊急事態宣言が
感染の爆発的増加が

防げたことなどを理由に
今日解除された。

更に、政府・自民党内では

4月にもまとめる緊急経済対策で

国民への現金の給付を検討。

臨時休校に関わる
子育て世帯に限るのか

全ての国民に給付するのか
議論が続いている状況だ。

そして今、注目されているのが
東京オリンピックの開催問題。

≫完全な形という言葉を使い

オリンピック開催を目指す
安倍総理。

更に18日、IOC・
国際オリンピック委員会の

バッハ会長は、現役や
引退直後の選手から選ばれる

選手委員220人と
電話会議で意見交換。

非常に建設的で
大会まで4か月もあることを

全員で認識した。

しかし
東京オリンピック開催に向け

世界は決して一枚岩とはいえない。

各国のオリンピック委員会や

メダリストの一部などからは
批判の声も上がっているのだ。

≫果たして東京オリンピック・
パラリンピックは

開催されるのか?
それとも延期か、中止か?

全ての元凶は
世界的な大流行を見せる

新型コロナウイルスだ。

その中心になりつつある
ヨーロッパでは…。

≫観光客そして地元の人たちに
愛されている

パリのオペラ座です。普段ですと

あちらの階段には
たくさんの人が座ったり

会話を楽しんだりしている姿が
あるんですが

今日は
ほとんど人通りもありません。

≫感染者数の急増
そして外出禁止令。

全世界の感染者数は
ついに20万人を突破した。

中国に次ぎ感染者が4万人に迫る
勢いのイタリアでは…。

≫イタリアで放送された
特集番組では

まさに医療崩壊ともいえる現場を
映し出していた。

この病院は増え続ける患者のため

別の病院に
臨時の集中治療室を作っていた。

≫更に、新型コロナウイルスに
感染した患者は…。

≫また、アメリカでは
トランプ大統領が

感染拡大を防ぐため

隣のカナダとの国境を
30日間閉鎖。

それだけでなく
政府が民間企業に対し

マスクなどの
必要な物資の生産を指示できる

国防生産法を発動すると発表した。

日本も水際対策の強化に躍起だ。

安倍総理は今日から
スペイン、イタリアなどからの

入国を拒否するだけでなく
21日からは

ヨーロッパをはじめとする
38か国からの

入国を制限することを表明。

更に全世界を対象に渡航の是非や

延期の必要性を検討するよう
注意を呼びかけた。

日本で続く自粛。

世界で広がる感染。

経済への打撃。

生活への不安。

果たして
今後、どうなっていくのか。

そして…。

≫2009年
新型インフルエンザ日本上陸に

当時、大阪府知事として
陣頭指揮を執った橋下徹。

≫2007年の鳥インフルエンザ

2010年の口蹄疫に

宮崎県知事として立ち向かった
東国原英夫。

感染症との闘いを知る
2人のキーパーソンが

今の日本に緊急生提言。
東京オリンピックはどうなるのか。

≫政府からの全国一斉休校
イベントなどの

自粛要請が出てから
3週間が経ちました。

このあと専門家会議の会見も
生中継しますが

これまで明らかになっている
見解の内容を

整理したいと思います。

≫このあと専門家会議
会見を開いて

詳しく説明があると思いますが
この時点で

分かっている概要があります。

がらっと何か変わる
ということではありません。

国内の感染状況、都市部を中心に

感染者が増加しているとして
これまでもいわれてきたことです。

換気の悪い密閉空間、人が密集

そして近距離での会話

この3つの条件が重なる場所は
引き続き避けてくださいと

求めます。そして大きく違う
ポイントとしては

今後の感染拡大防止策は

地域の実情に応じた対応をという
訴えをするとみられます。

この地域の実情に応じた対応

具体的には
大きく感染が拡大している地域と

感染が収束に向かっている
地域に分けて

対応を考えてください。
地域ごとに段階的に

解除する方向
そして拡大している地域では

強化する方向が
示されるということです。

感染が拡大している
地域については、緊急事態宣言の

必要性を検討する内容が
盛り込まれる見通し。

もちろん引き続き
イベントの自粛が必要だと指摘。

更には大きなイベントを
開催する場合も

座席の間隔を空けるなど
十分な対策が必要だと

見解を示す。
ですから、これまでよりも

もっと強化してくださいという
地域が

坂上さん
出てきそうだということですね。

≫こちらに関して言いますと
厚労省から

通知が届いた地域がありました。

≫それが大阪、兵庫なんですね。

松井市長、国、厚生労働省からは

爆発的に患者が増えることを
抑えるために

警戒の第1段階として
明日から3連休ですが

この3連休の間、大阪府と

兵庫県の不要不急の往来の自粛を

呼びかけてほしいという形で

東京でいえば、神奈川と東京

この往来をということを
訴えているという状況です。

≫橋下さん、松井さんは
感染拡大に注意をしながら

イベント等というのは
実施していきたいんだと

おっしゃった矢先の
通知ではあるんですが。

≫僕も大阪に住んでいますから

3連休これに一応従おうとは
思っているんですけど

ただ、一番問題なのは
これ、法律に基づいて

呼びかけしてないんですよ。

イベントの自粛も
学校の一斉休校も

あれ、法律に
基づいてないんですね。

ただ、僕は賛成です。
イベントの自粛や

学校の一斉休校は賛成ですが
これは

緊急状態だから
しょうがないと思ってるんですが

やっぱり法律に基づかないと
なんでもありの状態に

なってしまうんです。
本来だったら

国会で改正された

新型インフルエンザ等特措法。

あそこに都道府県知事が
要請するときの法律に基づいて

やらないといけないんですが

法律に基づいてやっていないから
危機感も全くない状況で

これじゃあ単なる呼びかけだって
松井さん言うんだけど

民間は特に日本人は
お上からの要請に

みんな従っちゃうから
これまた大阪と兵庫の経済活動は

大変になりますね。
僕は、なんでもかんでも法律に

基づけって言うつもりはないけど
緊急状態では

しょうがないところは
あるんですが

ただ1か月それぐらいの期間が
今まであったのに

本来なら国会議員に
インフルエンザ等特措法

みたいなのじゃなくて
使うか使わないかじゃなくて

本当に今使わなきゃ
いけないような法律を

作ってほしかったんですよね。

≫一方で、収束に向かっている
地域なんですが。

≫こちらについては学校活動
屋外でのスポーツ観戦など

段階的な解除を検討してください。
あるいはリスクの低い活動から

解除してもよいという
感染が確認されていない

地域については

まさに段階的解除という
見解を示します。

更に春休み明け以降の
学校の再開などについても

時間差での登校などを
検討するよう求めますが

対策をしたうえで
段階的に解除するという

方向が示される。これも
地域によってということですが。

≫東さん、まだ感染者が
出ていない県もありますし

北海道は緊急事態宣言を
解きましたよね。

北海道のほう見てみますか。
≫感染状況のグラフですが

緊急事態宣言の終了というのが
今日をもってという形に

なったわけですけれども
対策をしなければ

グラフは、こういう方向に
上がっていただろうという中で

そのグラフが
この角度に抑えられた。

よって、今日から
終了しますということを

知事が発表されたわけです。

≫これ、でも北海道のケースは

1つのモデルケース的なものに
なりますか。

≫最初に緊急事態宣言を
出しましたし

また北海道の知事は
菅さんと近いですから

政府からのそういうような
モデル地区になってくれないかと

先進的にやってくれないかという
指導はあったと思います。

今回、地域間で交流の断絶とか

制限というのは僕は
慎重にやるべきだと思っています。

これは地域間の差別とか
そういうものを

生む結果になりやすいので
慎重にやるべき。

地域間でそれぞれ実情が違うので

学校はこっちは閉鎖でいいですよ
こっちは解除してくださいで

いいんだけども
地域間交流行動制限を

国が指導するというのは
僕はいかがなものかなと。

≫東さん、それを言うなら
僕もなるべく

地域の往来制限したくないです。
でも、それを言うんだったら

感染者が出ても
大騒ぎしないという

そういうルールにしないと
大阪、一生懸命、感染者の

封じ込めをやったんです。
これがまた兵庫県のほうから

入ってきて
また感染者が出て大騒ぎする。

こういう状態は
やめましょうと。

大阪でも前回パネルを

使わさせてもらいましたが
例えば大阪で

一斉休校をやったのが

5月18日。
インフルエンザのときです。

落ちるんです。
ただ必ずまた上がってくるんです。

だから
北海道なんかでも

今、抑え込んでますが
これは必ずまた活動を増やせば

上がってくるので

当然その間にワクチンができる
治療薬が出てくれば

いいんですが、じゃあ治療薬
ワクチンが出ない間は

ずっと
活動停止するのかといったら

僕はそれは違うと思うんです。
だから大阪は

ちょっとかなり大阪は
勇気あることだと思うんですが

段階的に21日から
大阪府のイベントは開始しますし

学校はもう4月から
再開することを

明言してるし、経済活動と
感染症を抑え込むことの

バランスが重要なんです。
だから、東さん

移動制限はしないほうがいいとは
思うんだけど、感染者がね。

感染者が
増えてもいいっていうような

ある程度はね。
感染者が出ることで

大騒ぎしてたら
やっぱり封鎖、封鎖に

なっちゃうじゃないですか。

≫それは
段階的に様子を見て感染者数とか

死者数を見て段階的に
解除しなきゃいけないんだけど

僕が言っているのは
大阪の取り組みは

非常にいい取り組みをしている。

それで、兵庫県で
今、爆発しているので

地域間の行動、行き来を
制限するのは

どうなのかと。
兵庫県は独自にやってくださいよ。

大阪は大阪でやってください
というようにしておかないと。

あいつ
あそこから来やがったとか

あの県から来やがったって。
それは非常に

地元にとって禍根を
残すことになるんですね

≫だから、移動制限は
法律に基づかなきゃ

いけませんよということを特措法
法律はそうなっているのに

今は法律無視で、知事も政府も

いろんなところが
いろんな要請をやるんです。

これにみんなが従ってるんだけど
これは違うと思う。

≫そんな中
注目なのが専門家会議を受けて

じゃあ政府がどのような
次なる対策を打ち出すか

というところなんですけれども。

橋下さん、ぶっちゃけ
そろそろ具体的な

指針みたいなのを
示してほしいなという

声が大きいんですが。

≫ただ、この2つに分けようと。
感染が拡大している地域

それから感染が
収束に向かっている地域

この2週間前ぐらいから学者とか

インテリの人たちは地域に応じて

いろんな対策をやろうと
言っていたんですが

未知のウイルスに
対処していくときには

まずは全国一斉に
ドンッと強い措置をとらないと

こういう議論も
できなかったわけです。

だから最初に一斉休校や
イベントの自粛というのは

僕は最初に政府が
強い措置をとったというのは

賛成です。専門家の皆さんに
ウイルスの特性を

今、明らかにしてもらって
こういうふうになってきたので

次は政府じゃなくて
それこそ各地域が

自分たちの地域のことを見ながら

経済活動の
再開を考えていかないと。

一斉に再開するなんてことは
絶対できませんからね。

だから最初の止める措置は
政府がやって

解除していく措置は
地域がやるという

これは危機管理の在り方だと
思います。

≫ただ、政治的に見て
例えばここは

収束してますというふうに
各自治体が判断したとしても

今回のウイルスの怖さは
収束したと思ったら

また出てくる。
一種のもぐらたたきの

ゲリラ戦のような状況なんですよ。

韓国も大統領自らが
収束宣言みたいなのをやった

次の日に集団感染が起きて

非常に政治的な
リスクも出てくるんですよね。

専門家の皆さん
お医者さんですけれども

全体を読んでみると、全く我々は
気を抜いていませんよと。

今はむしろ
非常事態宣言の必要性も

検討するほど、都心部では
これから拡大のリスクが

高まりますよ。
収束に向かっている

地域においても
リスクの低い活動から解除しても

いいという、わけの分からない。

つまりあとは政治家の皆さんが
どう決めるか

分からないけど、専門家としては

これはリスク
全く弱まっていません

というふうに言っているからには
法律的な縛り云々以前に

各自治体も
我々もう活動していいんですね

政府がそれをお墨付きください
ということぐらいを

やらないとこのまま政府は政府で

萩生田さんが言っていたように
各地域で、各学校で

自主判断で
やってくださいとなれば

自粛のムードは
このまま継続するでしょうね。

≫それは止めるときには
政府がやっても

知事も市長も責任者ですから

それは責任もって
地域を運営していかなきゃ

いけないですけど。

前回の番組で僕
全員かかったらいいって

言ったところで
コマーシャルに

いってしまったから
えらいことになった。

≫あれはよかったですね。
≫あれは高齢者や

基礎疾患を持ってる人は
守らなきゃいけないという

前提があるんですけど

僕、繰り返し言いますけど
決して新型コロナウイルスを

軽く扱うつもりはないんですが
何かというと

世の中にあるいろんなリスクを

人口10万人あたりで
どんなものか見ると

日本では今、新型コロナウイルス
10万人あたりは0.3人

死亡するリスクなんです。
交通事故の場合には

10万人あたり
2.5人ですよ、亡くなられた人。

残念なことですけどね。
通常のインフルエンザのときは

7.9人
それから

悪性新生物という、がんは
年間死亡者数37万ですが

これは、なんと

10万人あたり300人ですよ。
南海トラフ地震では

人口あたり2.9人。
何が言いたいかというと

世の中には
死ぬリスクがあるんです。

だから、決して僕は
新型コロナウイルス肺炎について

軽く扱えとは言わないけど

この死ぬリスクを見て
もうちょっと

恐れる、恐れ方についても
正しく恐れないと

全部、経済活動が
止まってしまいます。

世の中に
これだけリスクがあるんです。

≫豊田さん、どうですか。
≫このフリップで

ご覧になった方に誤解があっては
いけないと思うのが

これは、あくまでも
現時点のカテゴリー分けであって

流動的なものでありますから
もう1つ、本当は感染が

確認されてないという
3つの地域に分かれますけども

そこは例えば
今、収束に向かっていても

また感染拡大が見られれば
同じように

締め付けを厳しく戻さなきゃ
いけないということですし

実際、例えば
今、医療機関とかでも

現場は本当に混乱をしていて

熱があって4日間
家に待ってなさいって言われても

実際、困るわけですね。
医療機関の一般の方は

防護服もありませんし
風評被害も出ています。

そこで、発熱外来みたいな
特別なものを

一時的に設けて
そこに集まってもらうとか

その状況に応じて、迅速に適切に

対応していかなきゃいけないので

これを見て一方的に
大丈夫ですから

やってくださいという
方向になっては

いけないということと危機意識は

どの地域の方も同じように
持っていただく必要があって

密閉したところに
行かないということは

どの地域においても
皆さんずっと心に持ち続けて

気をつけていただく。

個人個人も、自治体も
みんなが気をつけるということは

地域によっては変わりはない
ということを考えないと

うちは大丈夫なんだとなるのは
よろしくないかなと。

≫政府の裏付けが必要って
そのとおりだと思うんですけど

まさに政府と自治体が
いろんな行動計画を

作るというのが今回改正された
新型インフルエンザ等

特措法なので。
これ、みんなメディアが

朝日新聞とか
あっち側の系統の人は

慎重に扱え、適用しろと
いうんだけどあの法律を適用して

行動計画を作り始めて
自粛要請ができるんだから早く

法に基づいた対策を
やらなきゃいけないんです。

≫私が思うのは豊田さんが
さっき言ったのは

ある意味、対処療法的な
ものだけれども

今、政府がやらなきゃ
いけないのは予防ですよ。

今アメリカやヨーロッパで
今、戦争だって。

彼らは別にこの病気について
知らないから

慌てふためいているわけでも
なんでもなく。橋下さん

死亡率というのを先ほど
ほかのリスクはいくらでもあると。

そりゃ交通事故で
死ぬかもしれないけど

今回のコロナウイルスが怖いのは
いわゆる致命率っていう

この病気にかかった人の中で
どのぐらい死ぬのかというと

我々、怖い
SARSは覚えていますよね。

あれが10%くらい。
通常のインフルエンザが

0.1%ぐらい。
橋下さんの2009年の

新型インフルエンザが
0.9%。

これは大体3%前後なんです。

つまりインフルエンザに比べると
単純計算でいうと

30万人ぐらい危ないわけですよ。

なので、みんなやっているのと
感染力も

WHOがきちんと言っているのが
インフルエンザに比べて

感染力は強い。だからもちろん

この病気にかかる確率自体は

人類全体で見れば
まだ広がっていないので

低く数値は出るけれども
この人たちが

どんどん感染させる。
感染した人たちが

死んでいくリスクは今高いので

みんな、いろいろ予防を
どうすればいいのかということを

言ってる。
≫だから、致死率の話は

平均でとると誤解が生じるのが
各年代別によって

全然違うわけですよ。
8割の方が軽症、無症状者でね。

まだ研究結果は、あとで
二木さんにお聞きしますけど

高齢者や基礎疾患を
持っている人に集中して

イタリアなんかでも
3000人死亡者

99.8%が高齢者、基礎疾患
持ってる人ってなってるから

日本の
人口10万人あたりの死亡者数

日本はよく頑張ってますよ。
日本は0.03で

本当にこれだけ中国に近い
武漢に近い、日本において

≫新型コロナウイルスに関して

やはり世間の皆さんが
気になっているのは

生活がどうなっていくのか
ではないでしょうか。

≫視聴者の方から
こんな不安の声を

いただいています。
東京都の41歳の女性。

お子さんが
いらっしゃる方だと思います。

一斉休校により仕事を
休まざるを得なくなりました。

しかし勤務先から助成制度を
利用するつもりはないと

言われました。
企業に選択肢として

与えるものではなく
直接の助けになるものでなくては

意味がないと思うのですが
どう思われますか?

この助成制度というのは
お子さんがある従業員の方が

休みました。
ついては助成をお願いしますと

企業が申請して
初めてもらえるものが

この制度どうなのかという声です。
≫今、政府が打ち出している

支援策を
整理してみます。

≫企業への金融支援など。

そして今あった臨時休校に伴う
保護者への

所得補償、治療薬の開発、加速も
もちろんです。

更に、新たな昨日の対策本部で

明らかになったものですが
公共料金などについては

支払いの猶予の対応。

税金、社会保険料についても
1年間は納付の猶予などを

講じるということですね。
更に今度はプラスの方向。

政府・自民党は、商品券の配布
あるいは現金の給付などを

検討して、今まさにどういう
対策があるのかというところが

大きく報道されている
ということです。

≫豊田さん、いかがですか。

≫やれることは、なんでもやる
っていうときだと思うんですが

ちょっと心配なのが
これで例えば雇い止めにあったり

失業されたり
内定取り消しにあった方とか

勤めている方だけではなく
中小小規模

零細事務所の方とかは
今、打ち出されている

政府の経済対策では
基本的に救われないんですね。

そういうところをどうするか。
数字で見えない損失って

結構あると思っていまして
例えば、今回休校で

私も小学生の子どもが
2人いるんですが

いつも困るのが、親の負担
休まなきゃいけないとかは

よく取り上げられるんですけど
子ども側のストレス。

ずっと家にいるというのは
とても無理ですし

お友達と会えないとか。
あとは教育の機会を

奪われているということが
家庭によっては

十分な家庭でケアをされていない
子どもさんもいるし

給食だけが満足な食事だっていう
お子さんもいっぱいいるんですね。

子どもの声というのは
こういうところでも

なかなか取り上げにくいと
思うんですがそういうところも

きめ細やかに
見ていかないといけないと

思います。
≫山本さんは

大学で教べんをとられていますが
いかがですか?

≫今、政府の発表が
2月末にあってから

どこも小学校、中学校
大学の全てが

文部科学省の
ガイドラインに沿って

なるべく学校を運営していく
というふうになっていますので。

本当に年間通じて、予定を全部
組んできているわけですよ。

その予定どおりに
いかないという中で

本来ならまだ子どもたちは
学んでいる最中に

みんな自宅に待機していると。

先生方は本来この時期に
こういったことを伝えて

子どもたちの学力を
しっかりと向上させていこう

という計画を立てていたのに
じゃあ、今この抜けた期間

その勉強は
いつ補うのかといったことも含め

通常じゃないことが起きると
このあと

何日もかけてアフターフォロー
していかなきゃいけないですよね。

また、今の子どもたちに
何をしてあげるか

各学校ごとに先生方すごく
工夫、努力されていますよね。

それには
すごく感心するなと思いました。

≫注目したいのが
現金給付なんですけれども。

≫リーマン・ショックのときには
1万2000円という

形になりましたが
5万がいいんじゃないかと。

野党からは10万、全ての国民に。

こちらは全ての国民か
子育て世代対象、額をどうするか

さまざまな案が出ています。
一方、アメリカでは

休職に追い込まれている
労働者などに対して

現金給付を1人およそ10万円
1000ドルという案で

検討しているという
報道が出ています。

≫東さん、全ての国民に
給付するというところは

どう考えていますか。
≫私はいいと思いますね。

ベーシックインカム的に
一律に給付するというね。

ですから、それを
1万2000円とか

そんな小ぶりで
どうするんだって話ですよ。

≫1万2000円じゃ
なんにもならないですよ。

≫10万円ぐらいを

ぼーんとね。
全体で、30兆円ぐらいの

経済対策が
必要だと思ってるんですよ。

直接給付が10兆
12兆とすると10万円ですよ。

1億2000万円。
それで補償が10兆。

それでまた
減税の対策で10兆ぐらいの

パッケージで30兆ぐらいで
やらなきゃだめ。

お金をあげてもいいんだけど
前回の、リーマン・ショックも

そうだったんだけど
みんな使わないんですよ。

そこを金券とか電子マネーだとか

そういったもの、限定付きで
3か月なら3か月で

金券にしますよとか

特別支援みたいなのでとにかく
使ってくださいよというなので

対策も合わせて打ち出すべき。

≫そういった意味では
橋下さん、消費税の減税論は

あれはどうみたらいいんですか?
≫僕は消費税の減税

ありだと思います。
これは1回給付ですから

1回給付だと
東さんが言われるように

みんな貯金に回すことのほうが
多分、多いと思いますよ。

東さんが言うように
金券、電子マネーを使うなら

あるかも分からないですけど

現金を渡すなら
貯金に回すでしょう。

恒久的な制度として

僕は消費税の増税というのは
コロナウイルス蔓延の

前の段階でも
消費を下げるということで

非常に僕は反対だったんですけど。

ただ今、こういう状況ですから
恒久的に

1回限りの
10万円とかじゃなくて

1年か2年かは
消費税の減税をやる。

これ5%減税で
12兆5000億円ぐらいでしょ。

東さんが言うように現金給付で
12兆円ぐらいですか。

あと10兆の補償で30兆とか。
消費税の減税も

安倍さんが
あそこまで今までの前例に

とらわれない
大胆な措置をやるというなら

消費税の減税を
やってしまったほうが

公平なんじゃないですか?

≫10から5。
≫ゼロっていうのは

なかなか難しいですよね。
≫安倍総理は

絶対消費税下げたいんですよ。

内々では。
≫でも麻生さんは下げるつもりは

ないようなことを…。
≫今のところは。

ただ、安倍さんは森友で
財務省にお世話になってますから。

≫そっちの話しますか?

≫話を戻しましょう。
≫韓国もそうなんですけど

今、世界中が

とにかくなんとか金をばらまいて
景気をなんとかというんだけど

見ると、大きく2つのことを
やろうとしているんですよね。

1つは景気浮揚策としてのお金の

ばらまきと、もう1つは
今、そこに

困っている人たちがいるので

いわゆる生活保護的な
社会保障としての支援という。

これを一気に全部ごちゃ混ぜに
やろうとしているように

聞こえるんだけど、どっちかに
優先順位を置いてやるべきで

その意味では
豊田さんもおっしゃったけれども

ちゃんとした生活支援
電気料金とか

水道料金とか、あるいは失業保護。

さっきのお便りにもありました

昼食だとか、そっちをちゃんと。
景気は今まだ危ないのは

日本が
仮に1人10万円配ったとしても

トランプさんが10万円を
彼は2回配るって

言ってるんですよね。

だから年間20万配るとしても
それでも今

アメリカの株価とか金融
全部、暴落しています。

というのは、今回の
世界同時株安みたいになっている

不安は
何もコロナだけが原因じゃないと。

なので短く見れば3か月ぐらいで
回復するだろう見たいな

楽観論な人もいるけど

多くは実はそもそも
金融市場はバブルが入っていて

それが今回のコロナを機に
はじけているんじゃないかと。

価格も底知れず
見えていくとなると

コロナが収まったとしても
世界景気というのが

リーマン・ショックほどでは
ないかもしれないですが

すぐに回復するというのは
難しいという展望もあるので

まずは生活補償を
きっちりやるべき。

≫それは大原則です。
10万円給付といっても

高額所得者にはいりませんよ。
今日の、この出演者には

いらないでしょう。
≫いる。

≫いらないでしょう!だめです。
≫ばらまくっていっても

ばらまき方でしょ。
≫所得制限をすると

また面倒くさくなるから
この緊急時は一律ですよ。

≫僕らもらっちゃうんですか。

≫辞退もありますよ。
でも、それは平等に…。

≫ただ所得制限については
去年の所得は

たくさんあったけど
コロナショックがあって

今年に入ってからガクッと
収入が落ちた人に関しては

把握できないっていう
見方もあります。

≫制度としては
いろいろやり方はあるし

僕は東さんの言っているような
ベーシックインカムを

やるんだったら恒久的制度で
やるんだと思っていてね。

≫それは、恒久的なってのは
問題ありますよ。

今、緊急時なので。
今、政府が金融支援するのは

これ、できて
2~3か月後からなんですよ

スタートするのは。
制度設計しなきゃなので。

とりあえず
今手持ちのお金、それを給付する。

1か月以内に。
今年度中にやる。

これは絶対やらなきゃだめ。

だから公共料金を下げるなんだ
支払いを猶予するだなんだ

それはしなきゃいけないけど
それより明日の生活なんですよ。

≫猶予されたって
その間に倒れたら終わっちゃう。

≫生活保障は分かりました。

絶対やるべきだけど
ただそれが一律給付とか

今言っている
経済対策を入れ込もうと思えば

使うマインドにならないと
使わないじゃないですか。

僕は繰り返し言っていますけど
新型コロナウイルス肺炎について

警戒はしなきゃいけないけど
やっぱり正常な経済活動に戻す

第一歩を踏み出す

モードチェンジをしないと
お金を配られたとしても

それは使えません。
生活補償をやったうえで

景気も考えるんだったら
マインドを変えていかないと。

≫すみません
1回、CM入れさせてください。

≫このあとも討論続けていきます。

≫新型コロナウイルスに感染し
ウイルスをばらまくなどといって

飲食店を訪れた
愛知県蒲郡市の男性が

今日午後、入院先の病院で
死亡しました。

≫愛知県蒲郡市で

自身が新型コロナウイルスに
感染していることを知りながら

パブを訪れた50代の男性。

店の女性従業員が感染し
警察が捜査へ。

異例の展開を見せる中
死亡したのだ。

そして、この中で謎とされるのは
女性店員への感染ルート。

実はウイルスにかかったのは
男性と接触もしていない

店の隅にいた女性だったのだ。

では、一体どうして
女性店員は感染したのか。

今回、番組では
関係者への取材をもとに

独自の演出を加えて
一部始終を独自再現。

そこで見えてきたのは…。

≫驚くべき感染経路。

そして、新型コロナウイルスの
特性だった。

始まりは3月3日。

パブの女性店員によると
男性から電話があったという。

≫コロナをばらまく。

この1本の電話が
騒動の始まりだった。

実はこの日、同居する男性の
両親が陽性と診断。

自身と息子も、保健所から
自宅待機するよう要請されていた。

そして、翌3月4日午後6時前

男性は街に出た。

≫蒲郡駅近くの居酒屋に現れ

カウンターで
1人飲んでいたという男性。

この間、およそ10分。

この居酒屋では
幸いにも感染者は出ていない。

そして…。

午後6時14分、居酒屋から
歩いてすぐの場所にある

あのパブを訪れた。

これが当時撮影されていた
実際の店内映像。

≫まだ開店前の時間に一番乗り。

入り口付近の
ソファで待つこと2分。

男性は掃除を終えた席に移動した。

このたった2分が
後に大きな意味を持つことになる。

感染拡大はいつ起きたのか。

ポイントとなりそうな
男性の行動を振り返ってみよう。

≫午後6時17分
コークハイを注文。

飲み始める。

午後6時25分
女性店員が男性の隣に座った。

このときの2人の距離
およそ1m。

≫午後6時26分。
寒がる女性店員に

自らの上着を
かけてやろうとする男性。

これを女性は断った。

そしてこのころ
店にいなかったオーナーに

1本の電話が入った。

≫6時35分。

オーナーから連絡を受けた
女性店員はすぐさま男性のもとへ。

そして、除菌を促した。

そして午後6時36分から
男性はカラオケを開始。

2曲歌う間も、女性店員と
密着している様子が分かる。

一方、オーナーと
連絡を取り続けていた女性店員は

午後6時47分…。

≫こうして男性は店をあとにした。

このとき午後6時50分。

店にいたのは合計36分間だった。

ここまで見た男性の行動のうち

一体どれが感染を引き起こした
ポイントだったのだろうか。

そして、このあと
店と店員に衝撃の事態が。

≫女性店員が
新型コロナウイルスに感染。

しかも、それは男性の隣で
接客していた女性ではなかった。

一体なぜ?

新型コロナウイルスに
感染した男性が訪れた店。

男性が帰ったあと
店内では女性店員が

必死の消毒。
その間に、オーナーが

警察と保健所に連絡していた。

3月4日、午後8時過ぎ。

≫濃厚接触や
感染の恐れがあるため

警察官は
店にいた全員の情報を記録。

保健所職員は2時間消毒を行った。

更に…。

≫新型コロナウイルスの
感染が確認された男性が

自宅待機の要請を無視して
飲食店を訪れていました。

≫店員たちはニュースで
2週間の営業停止を知ったという。

そして、男性が
店を訪れた日から4日後

3月8日のこと。
女性店員の1人が発熱。

しかし、その店員は
男性の隣で接客していた

女性ではなかった。
感染した女性店員は

男性と一切、接触していない。

男性が飲んでいた席とは

10mほど離れたソファで
メイクをしていただけ。

≫愛知県蒲郡市で
新型コロナウイルスに

感染した男性が
そうと知りながら

パブに行っていた問題。
店での行動を

独自の演出で独自再現。

≫男性と接触していなかった
女性店員から

新型コロナウイルスの
陽性反応が出た。

一体なぜなのか。
その鍵は、男性が店にいた

36分間のうち
わずか2分の行動に隠されていた。

改めて、防犯カメラを検証しよう。

この女性店員は
午後6時18分から47分までの

およそ30分間

店の入り口付近のソファに座って
メイクをしている。

そして、このソファこそが
男性が店にやってきてから

準備が整うまでの間
たった2分間

寝転んでいたソファだったのだ。

感染した女性店員と男性の接点は
ここしかない。

しかし、ソファを介して
感染することなどあり得るのか。

感染症に詳しい金子医師は
こう指摘する。

≫更に昨日
アメリカのある研究グループが

最新の研究結果を発表した。

それは、新型コロナウイルスの
生存期間に関するもの。

ボール紙の表面なら24時間。

プラスチックなら
72時間にわたり

ウイルスが
生き続けていたというのだ。

≫開催まであと4か月に迫った

東京オリンピックなんですが

こちらに関しても視聴者の方から
疑問の声が上がっています。

≫大阪府の男性から。

このまま東京オリンピックを
予定どおり強行するのは

選手にとっても
不平等ではないですか。

こういった場合の
アスリートファーストとは

一体なんなんでしょうか?

≫実際に選手の方だ
委員の方だって

いろいろな声だって
上がり始めてますよね。

≫IOCは声明を出しました。
バッハ会長は

予定どおりやるんだ。
そして選手の代表らと

電話会談をして非常に建設的で

まだ大会まで4か月もあることを
全員が認識した。

IOCは
あくまでもやるという姿勢ですが

これに対して、スペイン
オリンピック委員会の会長。

世界中で不愉快なニュースが
連日流れている。

開幕まで4か月。
我が選手は

公平な条件で
オリンピックにたどり着けない。

つまり今、練習できない
ということですね。

そしてギリシャの棒高跳びの選手。

IOCは大会に向けて
練習しなければならない

私たちや家族
公衆の健康を脅かしたいのか。

あなたたちは今、私たちを
危険にさらしているという

厳しいコメント。
そして、金メダリストで

現在IOC委員、カナダの方。

今回の危機はオリンピックよりも
大きい。IOCが開催に向けて

進もうとしているのは
無神経で、無責任。

こういった声です。
≫山本さん、いかがですか?

≫それぞれの意見が
あるんでしょうけれども

例えば、スペインの
五輪委員会のブランコさんの

発言の中で
公平っていう言葉が出ましたが

僕は個人的に、そもそも
公平なんてものは

あり得ないんですよ。

紛争地域から
参加する選手もいるし

それから各国の財力が
ものすごく違いますから

極めて、すばらしい練習施設で

普段から練習している
選手もいれば

非常に整備されていない練習場で

一生懸命練習して
大会目指している人もいるので。

今は会長が言っているのは
このウイルスで

練習できない環境の中にいる選手
練習ができている選手が

不公平じゃないか
ということなんですが

それは僕は

今、言うものではないと思います。
≫二木さん

東京オリンピックに関して言うと

たとえ日本が、ある程度
コロナを封じ込められたとしても

海外がどうなっているか
分からない。海外の選手、国から

断られたら、成立しないんじゃ
ないかという声が

高まってはいるんですよね。
≫先ほど安倍さんも

完全な形でと
おっしゃっていましたので。

完全な形というのは
やはり全ての選手が

参加できて、全ての国から

おいでになりたい
来ていただくという

形でなきゃいけないんじゃ
ないかと思います。

だから日本はなんとかなっても
あるいはアジアは

なんとかなるかもしれません。

ですけど今から
北米、ヨーロッパは恐らく

まだまだ手がかかると思います。
うっかりすると南半球に行くと

これからが本番ですので
その辺が、どう折をつけるのか

非常に難しいですよね。
≫二木さんがおっしゃったように

安倍さんのコメントなんですけど

ちょっと皆さん
引っかかってること

あるんですよね。

≫完全な形ということを
申し上げましたのは

当然、前提としては
参加するアスリートの

皆さんにとって。
観客にとって安全で安心

できるものでなければならない。
そして、規模は縮小せずに行う。

こういう発言がありました。

今日の説明というか、発言ですが。

そもそもはG7で
人類が新型コロナウイルスに

打ち勝つ証しとして
東京オリンピック・

パラリンピックを
完全な形で

実現するということについて
支持を得たという

発言がありました。

≫東さん、ちょっと文言
変わっているんですよね。

≫両議員総会では
打ち勝った証しにはと

過去形に変わっていましたので
こっちのほうが

安倍さんの本音だと思います。
打ち勝ったということは

延期するということですよ。

ウイルスが世界に蔓延している
それが収束してからですから。

「打ち勝ちました
そのあとに完全な形で」と。

僕は、これは
安倍総理の本音だと思います。

つまり、安倍さんの中では
ハーフハーフよりも

6~7割で延期をとね。

日本が率先して延期を申し出る
提案するというのも

1つの案だと思いますね。
オリンピック憲章というのは

延期はないんです。
オリンピック憲章というのは

今まで変わってきましたから
日本が能動的に見ても

やれませんよね。
来年は世界陸上が

アメリカである
それは1年間

ずらせばいいじゃないですか。
来年やりましょうよとか

秋にやりませんかとか
2年後に冬季は北京、中国で

夏季は日本でと
手を携えてやりましょう。

そんなアイデアをIOCに
能動的に出すべきだと思う。

≫スケジュールあるんですが
来年の2021年となると

やっぱり
夏に開催するとするならば

陸上世界選手権というのは
アメリカでの初開催だから

夏はできないでしょうっていう
意見が多いんですよ。

≫そうなの。だから
それを1年ずらしましょうよ。

2022年に。
≫22年だとここにぽっかり

空いてるんですよね、隙間が。

≫世界陸上のほうを
移していただいて

2021年に東京オリンピック。
そういう1つのアイデアとして

どんどん
発信していくべきだと思う。

≫積極的に、能動的に。
≫安全で安心できるものを

具体的にどうするんだ
ということを示さないと

みんな納得しないと思いますが
そのチャンスは

春の高校野球のセンバツだったと
思うんです。

僕は、あれぐらいのことを
実施できない日本が

オリンピックなんか
できるわけないじゃないですか。

クラスター3条件という
密室、集団、会話。

これがクラスター3条件に
なっているんで

これにあたらないような
形でいろんな知恵を出して。

そりゃあ大変ですよ。

春のセンバツをやろうと思えば。
ものすごいリスクはあるけど

でもそれは政府や
高校野球のいろんな主催者と

オリンピックやるためにも
これぐらいのことを日本が

全力を挙げてやると。
やったあかつきには

オリンピックのほうが
規模が大きいから

すぐには、はいどうぞとは
ならないとは思うけど

でも、センバツですら
やらないってことになったら

あと様子見で終息を待って
オリンピックを

やりましょうというのは
なかなか世界は

同意してくれないと思いますよ。
≫豊田さん、いかがですか?

≫国民側からすると
やるやると言っているけど

本当にできるの?って。
みんなやりたいけど

どんどん国民感情とのかい離が
広がっていっていて

やっぱり開催国
開催委員会の責任というのは

誠意ある対応を
まさにどうやったら

実現できるのかということを
具体的に課題を

1つ1つ克服する形で
考えていくこと。

ギリギリまで引っ張って
やっぱりできませんって言ったら

みんな困るわけですよね。
≫でも、実際ギリギリまで

引っ張ってっていうか
表向きではやる方向でとしか

言えないわけで、裏で
動いてないわけないですよね。

≫甲子園でずっと
無観客でやりますという

方向性でやりますと。
それでドタキャンですよ。

あれこそが、だめ。
だから、もうそろそろ

方向性を決めないと。

≫山本さん、選手の立場で
例えば僕ら、感染の広がりを

止めるためのオリンピック中止
って言うのは

簡単ですけど
全人生をかけている

選手の立場に立てば
申し訳ないけど

高齢者の方、観客としてちょっと
来るのやめてくださいとか

移動とか、そういうところでも
いろんなことを考えて

実施する方向でやっていかないと
選手としては

たまらないんじゃないですか。
≫今、東さんが言われたように

延期というものを
日本から申し出てという

そういったことも
案の1つとしては

あるのかもしれません。
水面下でそういうことも

考えてるのかもしれません。
だけど今日、僕は

アスリートの立場として

私自身も東京オリンピック
11月13日に

1次選考会に落選して
東京の出場が

夢になってしまったんですけど。

まだ例えば走り競技ですと

2次選考会に、選手たちが臨んで
8名の選手が5人にまで絞られて。

それからまた4月に
最終選考会ってあるんですね。

今、彼らは
7月24日から開会する

東京オリンピックを目指して
何年もかけて

練習に取り組んできて
今、彼らはやはり

開催するということを信じて
その大会に

出場できる
選手になろうということで

代表を取ろうってことで
頑張ってるんですね。

そういう選手たちが
私たちにはいるので

水面下で
どういうふうな話をされても

結構なんですけれども
やはりIOCが

いろんなところ、5月ぐらいに
1つのめどを出すというふうに

言われているんですが
開催できるような努力を

ギリギリまでやられて

今、橋下さんが言われたように

オリンピック開催するにして
本来、観客というのは

当然、必要なものなんです。

やる人がいて支える人がいて
見る人がいて

初めて、この三位一体が合算して

スポーツのよさっていうのが
最大限に引き出されるんですね。

≫じゃあ山本さんは
無観客もあり?

≫最悪、今の選手の
気持ちになったらですよ。

アスリートの気持ちになったら
選手はこの4年にかけてきたので

たとえ無観客になったとしても

自分がそこの舞台で
その舞台を目指してきた

連中と一緒に
世界最高峰のゲームを

したいというふうに
思っていると思います。

≫それは今、出場が
決定している方たちの話ですよ。

これから2~3か月
予選会はどこも中止ですよ。

それでポイント制で
自分はギリギリのところに

いらっしゃる方たちなので
これまでのスコアで

決めなきゃいけないんだったら

本当に不公平ですよ。
≫今、57%でしたっけ。

決まっているのは。
≫46%しか決まっていないです。

57%が
まだ決まっていないんです。

≫現実論として

今、実際に各ヨーロッパ地域で
本来最終の枠を

決定するような大会は
全部予定されていたのに

それが中止になっていますから
このあと最終的な

出場できる決定枠を

決めるのが非常に困難なことも
僕は分かってはいるんですが。

≫競技の中ではね。
できるものも代表選手が

決まっているやつも
あるわけでしょ。

これは、なかなか

日本が言ったから
世界が動くというのはないんだけ

僕は、やっぱり

感染というものに関して
欧米は感染症に対しては

過去の歴史からものすごい
ヒステリックになるって

十分承知してますが。

この致死率の感染病に対して

これから人類が
一緒に共存していかなきゃ

いけないっていうようなことの
メッセージを出しながら

なんとか対策できないですかね。

一部の競技でもいいから。
≫代表選考もそうですけど

五輪が延期した場合の
問題点というのがあって

会場の確保、あとはこれ。
マンションの入居。

もう決まっちゃってるんですよね。
≫このあとオリンピック終わって

入居を予定されている方が

いらっしゃるということです。
≫会場を再確保っていうのは

動かせるんですか?
≫できると思いますよ。

≫これは第1期の販売は
もうスタートしているそうです。

今回、サッカーのヨーロッパで
オリンピックよりも価値がある

欧州選手権も
早くも延期しましたからね。

ブラジルもそうですよ
サッカーの南米選手権も。

あとスポーツアワード。

競技会等々の団体の
役員さんが集まるのが

ローザンヌで
4月に行われますよね。

これも早々と中止ですよ。

僕はもう外堀は埋まってきたな
という感じはします。

≫橋下さんがおっしゃったように
僕ら東京オリンピック

抱えているからあれですけど
二木さん、世界の

ヨーロッパ等々の
感染というものに対する意識と

我々、日本って今回で
決定的に違うところがあると

思ったんですよね。
≫1つは日本は

比較的早くから対策をとって
爆発的な感染に

もっていってませんから。
なんとかなるんじゃないかという

イメージもありますよね。

ただイタリアとかフランスとか
ああいうところは突然

爆発的流行が始まって
特に医療崩壊が起こった

イタリアなんていうのも
もうすぐ中国を抜こうかという

死者まで出ているわけですから。
先ほど

橋下さんおっしゃったように
ヨーロッパっていうのは

もともと、多くの国が

≫日本国内、爆発的な感染拡大を

防げているという見方が
あるんですが

今、中国以外の国から
日本に帰国された方

こういった方々の陽性確認が
相次いでいます。

こうした中で
日本は今日から新たに

スペイン、イタリア
スイスの一部

アイスランドの入国を拒否。
あさってからヨーロッパはじめ

38か国に対して

14日間待機、公共交通機関
などを使わないでくださいという

要請をする。
事実上の入国拒否ともいわれる

やり方。

検疫強化。
更に日本から行く場合については

世界中全ての国について
感染症危険情報レベル1を

出すということで
鎖国ともいわれる状況ですね。

≫先々週、生放送で
やらせていただいてから東さん

あっという間に
増えた感じがするんですけど。

≫収束が見えないというのが
すごく、大変ですよ。

これ、もう南半球ですよ。
アフリカとか

南アメリカ辺り
申し訳ないけれども

医療態勢も充実していない
そういったところに蔓延したら

相当長くかかります。
≫豊田さん、どうみます?

≫日本だけにいたら
実は分からないことなんですが

世界のいろんな国を見てみたら

例えば衛生状態
水がきれいかとか

街がきれいかとかを含め

あるいは健康。
それぞれの人の健康の水準。

医療の提供体制
これ全く違うんですね。

だから日本は私実は2009年の

新型インフルエンザ
パンデミックのときに

WHOのテドロスさんの前の方に

いわれたことが心に残っていて
真由子。

日本は、もうできることは
全てやっていると、十分だと。

だから脆弱な途上国をどうか
助けてやってくれと言われて。

確かに感染症は世界の全部で

収束をさせないと
自分の国すら守れないんですね。

そういう意味では
日本は島国だったり

いろいろな環境が
いいという意味で

実はすごく恵まれた場所にいると。

そういう中で
例えば、ヨーロッパを見れば

本当に国境がありませんから
いくらでも入ってきちゃうし

医療崩壊も起こっている。
こういうことを教訓としながら

どうやって
みんなを助けられるかという

すごくグローバルな。
≫WHOとおっしゃいましたが

WHOってそもそも必要ですか?

≫それはまた別の…。
≫あんなに

役に立たない機関はない。
≫でも今回の件でいったら

そうですよね。

≫アメリカの
CDCをもうちょっと大規模化

したほうがいいんじゃないの。

≫そこも私はいろんな思いが
ありますが、また後ほど。

≫WHOは
入国制限とかは

できる限りやめようと。
それはきれいごと言ったら

そうですよ。
日本の一番失敗した根本は

最初に、中国からの入国制限。

これをやるタイミングが
やっぱり遅かった。

習近平国家主席を
国賓で招く

そういう政治的な要素も
いろいろ

あったのかも分かりません。
安倍さんは否定していますけど。

でも中国・武漢、お隣で
ああいうウイルスで

うわーっとなったときには

ばんっと入国制限して
僕は、クラスターを

潰してくのは
入国制限と1セットです。

別に何か悪意をもってとか
嫌ってやってるんじゃなくて

ちょっと、国内のクラスターを
このウイルスを完全に潰すために

ちょっと中国の皆さん
2週間待ってくださいねという

言い方で、これは世界各国の
共通ルールにしないと

もう入ってきてしまったら
あとは追いつかないですよ。

≫私は今回の
一連の世界の動きを見てみると

特に欧米のメディアが
褒めてる国が

3か国あるんですよ。
香港と台湾と韓国なんです。

この3か国の共通点というのは
何かというと

過去において、SARS。
韓国の場合はMERS。

これでこっぴどい経験をしたわけ。

その失敗から
今回、非常に積極的に

先導措置をとったと。
台湾、香港を含めて

全部、中国から入国禁止を
真っ先にとったし

韓国の場合はいわゆる
診断医学というのをもうけて

検査をする専門人材だけで
1000人規模持っているんです。

そういうふうに失敗から
何かを学ぶという姿勢。

皆さんおっしゃるように
これからこの種の

パンデミックというのは

まだまだ出てくる。
人類が存在する限り。

多分、そのときに
失敗しちゃいけないので

とにかく
コントロールしようとしてると

むしろ経験から学ぶことも
学べないと。

≫金さん、3か国と言うけど

日本も世界から評価されてますよ。

これ、民主国家で
人権を制限せずにね…。

≫パネル合戦に…。
≫入国コントロール

こんな、甘い中で
よくこの致死率で

頑張ってるのは
世界的な評価の対象ですよ。

≫日本に関していうと
日本はSARSもMERSも

経験していないんです。
これを評価するかというと

日本はそれだけ清潔で
行き届いてる国だから

不幸にも失敗することがなかった。

なので
その不幸なしわ寄せというか…。

≫韓国よりも致死率は低いからね。
≫この検査率を見れば

もうこれ明らかなんですよ。
≫山本さん

台湾行ってらしたんですよね。
≫僕は2月25日から1週間ほど

私、アーチェリーの研究活動で
台湾の

国立体育大学に
滞在してたんですけど。

ビックリしたのは
日本から出て台湾に

足を踏み入れたらすぐ
あれ、なんかこの国の態勢は

すごくしっかり

対応してるなと。
≫緊急モードになってますよね。

非常事態モードにね。
≫特に大学に入るとき

またレストランや
いろいろな施設に入るときに

赤外線で、おでこで測る体温計で

常に体温を見て
熱がある人は入出できない。

それから大学滞在中も毎日検温と

記録です。
この大学に宿泊した全員が

宿泊中の体温を記録したものを

提出して、出国です。

ここまでやってるんだと。

≫WHOの話が出たので
橋下さんにお聞きしたいんですが

WHOがPCR検査に関して

テスト、テスト。
疑わしい人は

もう全部テストするんだと。

橋下さんはPCR検査を
そんなにやるべきではないと

≫橋下さん、WHOは
PCR検査

疑わしき人は
全てやったほうがいいんだと

おっしゃっていました。

≫WHOの言ってる文章を
全部読むと

全部やれって
言ってるわけじゃなくて

疑わしい人はやりなさい。

それから、濃厚接触者についても
症状がある人を

やりなさいということで
希望者全員に

どんどんやれと言っている
わけではないんですね。

それと、僕も検査はちゃんと
日本の体制が

整えば、これから
やっていけばいいと思うんですが

やれやれと言う人は
検査やったあと

どういう仕組みになっているかを
あんまり考えてない

今の日本の仕組みでは

検査をやって陽性が出てしまうと
無症状でも軽症でも

専門病院のほうに

全部入院させるんです。
それから濃厚接触者を

全部、調べていくんです。
ものすごい作業なんです。

もう1つは今の検査は

医療機関で対面でやりますから
もし、陽性者が

病院に来てしまうと
今、薬とワクチンないでしょ。

そうすると、病院というのは
一番高齢者、基礎疾患を

持っている人が
みんな集まっているところだから

院内感染が起きてしまうんです。
だから僕はトリアージといって

軽症者や
無症状者は病院に入院じゃなくて

自宅療養。
そして検査も病院に行かずに

遠隔か何かでできて

全部、自宅でできるという
話になったら

検査をやればいいと思うんですよ。

でも今そういう体制に
なっていないから。

検査して陽性者が
どんどん出たら日本の仕組みでは

どんどん病院の中に入って
次は重症者の人を

救えなくなるんです。
だから僕が言っているのは

検査をやるにしても
体制をちゃんと整えて

体制と1セットじゃないと

検査は拡げられませんと
言ってるんです。

≫橋下さん流に言うと
何も考えてない人が

隣にいるってことに
なるんですけど

東さんは?
≫めちゃめちゃ考えてますよ毎晩。

僕が最初から言ってるのは
PCR検査は最大化するべき。

それは感染疑いがある人。
自覚症状がある人。

この人たちに
いきわたっていないんですよ

この国家は。
そこが一番問題。

あとは一緒なんだけど

症状が出てない人
あるいは軽度の人は

入院させないで
自宅とかホテルとか政府、国が

あるいは自治体が用意させた
施設に待機してもらいましょう。

ここね、最初に感染症法で
今の感染症2類に分類したんです。

だから入院させなきゃいけない。
僕はインフルエンザ等々、5類

2類以外のものに
方向を変換するという

1つのアイデアも
あるんじゃないかと。

でも、それを厚生労働省が
もうそろそろ

インフルエンザより
毒性は強いけれども

5類でOKですよ
つまり、軽症状、無症状の方は

陽性となっても自宅、ホテルで

できますよということを
厚生労働省がバンと言う。

≫二木さん、どう思われますか。
≫そのとおりだと思いますよ。

今、指定感染症って
2類に入っちゃったから。

橋下さんがおっしゃるように
診断ついたら

放っておけないわけですね。

さっき、蒲郡の例がありましたが
あれは部屋を探す間に

外出しちゃったわけで
基本的には

どこかに収容となりますから
そのキャパシティーが。

≫2類は、国が定めて
都道府県知事が

勧告なんですよ。
ここを勧告しなきゃいけない

都道府県知事に
ちょっと特別な工夫をして

勧告しなくても
いいですよみたいな

特措法なども
考えられるんじゃないかと。

≫2類とか5類というところが
非常に問題で

今、入院させないために

5類にしましょう
というんでしょう。

そうすると5類にすると
検疫のときに

隔離ができなくて
入国制限もできない

入院問題のときには

5類にしなきゃいけない。
検疫のときは

2類を1類に持っていって
強制的にやったんです。

これは2類、5類関係なく
軽症者とか症状が出ていない人は

とにかく自宅で
検査をやったとしても

まずは今は治療薬がないですから
治療薬があれば高齢者に

院内感染が起きたとしても
治療薬を渡せばいいんですけど

今、治療薬がないから
病院に来てもらったら

困るんですよ。全部自宅で
完結できる体制にしたら

ここは一緒なんですけど
今は態勢が整えていない。

ただ、大阪府は今

一歩踏み出しましたが
非常に難しくて自宅でやると

国からの助成も出ない
お医者さんもどうするんだという

いろんな問題があるから
ここを解決してからじゃないと

僕はだめだと思う。

≫国は1日7000円とか
8000円とかで検査できますよ。

でも、実際ふた開けてみたら
1000件くらいですよ。

3月6日に保険適用になりました。
僕、調べました。3月6日から

10日間で413件。
保険適用で調べても。

そんな状況ですよ。
≫6000だったら8000まで

今月で上げますよって
言ってたのに

実際は1000件前後くらい
いってるわけじゃないですか。

あれはなんなんですか?

≫医療崩壊を起こさないため
というんですが検査は

院内感染があるからやるべき。
お医者さんがうつるというなら

ドライブスルーですよ。
新潟はやってますから。

名古屋も1回実験的にやりました。
だからこの間、加藤大臣も

日本は別にドライブスルーを
否定していませんよと

おっしゃった。
≫韓国はやっていますよね。

≫100%
東さんが正しい。

≫珍しい…。
≫この2人が一致した!

≫おかしい。
≫ごめんなさい

付き合ってないからね。

≫お二人がおっしゃるように

制度を整える必要は
あるんだけれども

制度が整っていないから
検査しないのは本末転倒も

いいところです。まずは検査して
きちんと患者を把握して

そのうえで

日本がいくらでも対応できる。
今は検査して患者が増えると

医療崩壊がくるっていうけど
肺炎に対する

治療の設備というのは

質的な面でも量的な面でも
日本は世界トップレベルって

韓国のメディアでも頻繁に
報じられるぐらいなんですよね。

だから十分なキャパシティーと
医療の能力が問題。

もってるの、ただそれを政治が
どれだけ

コントロールするかみたいな

意味において
爆弾回しじゃないけど

責任逃れみたいに
もし、こうなったら

誰が責任取るんだと。
≫今は、来たるべき

感染が拡大することに備えて
貯金をしてるんです。

なるべく病床を使わないように

空けさせようとするんです。
これは知事、市長になったら

こういう考え方になるの。
≫検査の数字が韓国の10分の1。

人口比で考えるとほぼ20倍…。


関連記事