ジョブチューン 1969年創業の老舗「ポンパドウル」が参戦!×超一流パン職人・街でウワサの「やりすぎ食堂」を…


出典:『ジョブチューン ポンパドウル×超一流パン職人&やりすぎ食堂』の番組情報(EPGから引用)


ジョブチューン★『ポンパドウル×超一流パン職人』&『やりすぎ食堂』[字][デ]


①老舗ベーカリー「ポンパドウル」の人気商品を超一流パン職人がジャッジ!②ボリュームありすぎ!サービスしすぎ!街でウワサの「やりすぎ食堂」を徹底調査!


番組内容

【超一流パン職人がジャッジ!ポンパドウルの従業員が選んだ商品TOP10!】

▼ジャッジ企画初のパン業界から、1969年創業の老舗「ポンパドウル」が参戦!年間230万個売れる大人気商品「塩パンロールあんバター」や創業から50年以上愛され続ける「チーズバタール」など、従業員イチ押し商品TOP10で勝負!超一流パン職人たちのジャッジは果たして!?

番組内容2

▼データ放送でアナタもジャッジ!クイズに答えてプレゼントに応募!ポンパドウルeショップから人気のパンの詰め合わせ3,000円分を抽選で100名様にプレゼント!

番組内容3

【おもしろキャラ店主が大集合!これがウワサのやりすぎ食堂!!】

▼こだわり過ぎて開店が遅れる!?“やりすぎ”な洋食店!ボリュームが“やりすぎ”な定食屋さん!内装が“やりすぎ”なレストラン!仕入れが“やりすぎ”な食堂!お人好しが過ぎて“やりすぎ”なお母さんの店!

番組内容4

▼やりすぎなことに敏感な“ヤリスギくん”が街でウワサの「やりすぎ食堂」を徹底調査!最も“やりすぎ”なお店に贈られる「金のやりすぎ像」を手にするお店は、果たして!?

出演者

【MC】

ネプチューン(名倉潤・原田泰造・堀内健)

【パネラー】

バナナマン(設楽統・日村勇紀)・ 土田晃之 / 木南晴夏 / 北斗 晶・ギャル曽根

【進行】

田中みな実

出演者2

【プロフェッショナル】

《ポンパドウルブロック》松本郁広(製品開発課・取締役部長)・吉田賢治(製品開発課・主任)・内海美鶴(製品開発課・主任)


出演者3

 / 《やりすぎ食堂ブロック》石田俊廣・貴美江(ちょいめし あさチャン)/佐藤 勇(鶴亀屋食堂)/山本康雄・喜久美(洋食亭 寅安)/佐藤幸子(御食事処 藤)/新井正剛・みどり(青春貴族ブルーラグーンレストラン)

おしらせ

☆番組HP

http://www.tbs.co.jp/jobtune/

☆twitterのアカウントはこちら!

http://twitter.com/jobtune_TBS


おしらせ2

☆facebookのアカウントはこちら!

https://www.facebook.com/jobtune.tbs


『ジョブチューン ポンパドウル×超一流パン職人&やりすぎ食堂』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ジョブチューン 1969年創業の老舗「ポンパドウル」が参戦!
  1. 合格
  2. 不合格
  3. シール
  4. スゴ
  5. パン
  6. 設楽
  7. POMPADOUR従業員
  8. お願い
  9. マグロ
  10. 佐藤
  11. 唐揚
  12. 食感
  13. 生地
  14. 朝倉
  15. 堀内
  16. POMPADOUR
  17. ギャル曽根
  18. 一体
  19. 主人
  20. 日村


『ジョブチューン ポンパドウル×超一流パン職人&やりすぎ食堂』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS 関連商品

<超一流料理人が
大手飲食チェーン店のメニューを>

<値段に見合った
本当においしい料理か>

<ジャッジするジョブチューンの人気企画>

<初のパン業界から>

<こちらの赤い袋が
トレードマークのPOMPADOURは>

<当時 日本になじみのなかった>

<フランスパンを全国に広めたといわれ>

<女性を中心に
圧倒的な支持を得ている>

<大人気ベーカリーなのだ>

<今回 POMPADOURは 店頭に並ぶ>

<100種類以上のパンの中から>

<など>

<従業員イチ押しの10品で勝負>

<まず第10位に選ばれたのは>

<POMPADOUR従業員からは>

<味の決め手は
国産の玉ねぎを使った>

<玉ねぎ本来の甘みを
最大限 引き出すため>

<あめ色になるまで
1時間かけて>

<じっくり炒める>

<そして
牛乳などを加えてできた>

<オニオングラタンソースを>

<フランスパンにしっかり染み込ませ>

<北海道産のゴーダチーズをかけて>

<焼き上げれば>

<しっとりとした食感が特徴の>

<パンdeオニオングラタンの>

<出来上がり>

<してみると>

うわ

(ギャル曽根)やっぱ この濃厚なチーズと
相性スゴいいい

(設楽)オニオングラタンスープって
オニオングラタンスープに

パンがお邪魔してる感じだけど
これは

(堀内)
さすがだな これが… これだな

<果たして?>

<今回 POMPADOURを代表して>

<POMPADOUR
商品開発の総責任者>

<取締役部長の
松本さん>

<そして
松本さんのもとで>

<新商品の開発を行う>

<吉田さんと>

<同じく
商品開発を担当する>

<内海さん>

なので ちょっと

を狙っております

<目標は>

<果たして>

と思っております また

ぜひとも

(実況)
朝倉さん 一口

じっくり噛んで

味わっています

おっと 値段が気になった様子

これは どうジャッジに
影響するのか?

パングランプリで
4回優勝した

高田さん 一口

おっと 少し首をかしげたか?

1品目
どんな評価になるんでしょうか

テレビの前の皆さんも
dボタンから

合格か
不合格かを予想し

プレゼント企画に

ご参加ください

<POMPADOUR従業員イチ押し
第10位>

<パンdeオニオングラタン>

<200円は>

お願いします

不合格 不合格 合格

合格 合格 合格 合格

合格5 不合格2

パンdeオニオングラタン 合格

危ねえ
(日村)何だよ

松本さん

ホントに え~

ということで

<ベーカリー・ジャパンカップや
パングランプリ東京など>

<した経験を持つ 実力派>

(鈴木)厚さが
ちょっと気になったんです

これは非常にやわらかくて
そこもクリアしてましたんで

あとは あの 冷めた時に
多少かたくなりますんで

霧吹きをして まわりを
ちょっとやわらかくするとか

それでトースターに入れたり
すると たぶん また

これに戻ると思いますんで
おいしかったです

<同じく>

<本場>

<看板商品のカレーパンは>

<東京イチおいしい
といわれ>

中のオニオングラタンのフィリングが
ちゃんと染み込ませてあって

という そういうふうなコンセプトが
しっかり詰まってて

おいしくて よかったと思います

ただ一つ改良点といえば

んじゃないのかな
というふうに思います

<1品目 見事合格を勝ち取り>

<幸先のよいスタートを切った
POMPADOUR>

<この勢いで>

<続いて第9位は>

<その最大のこだわりは>

<その生地は 何と27の層に>

<サックリとした食感を出すために>

<生地をクルッと ひねって>

<オーブンで焼き上げた
デニッシュの上に>

<ピーナツチョコと>

<スライスしたアーモンドを
トッピング>

<創業当時から51年>

<変わらぬ味で愛され続けてきた>

<POMPADOURの定番商品>

(名倉)めっちゃうまいな これ
(ギャル曽根)うわ おいしい

うん
(設楽)いや こりゃうまい

(木南)おいしい
(堀内)パンもパリパリよ

全部 でも

(堀内)コングラッチュレーション

<果たして?>

なんですけども

してるので

になっております

日本一のパン職人に
輝いたことがある

河合さん

じっくり
噛んでいますが

表情は変わりません

高田さんが ここで

メガネをかけました

パンを
チェックしています

そして
一口

この表情では合格か不合格か

分かりません

<POMPADOUR従業員イチ押し 第9位>

<ムトン 170円は>

お願いします

不合格 合格 合格 合格

合格 合格 合格

合格6
不合格1

見事
合格しました!

イエーイ
スゴい

ハイタッチ!

おめでとうございます

思いました

<で>

<4度の受賞歴を持ち>

<お店の看板商品
天熟食パンが>

<1日500斤以上売れる>

<人気パン職人>

メガネかけて

なっていうのが
普通の感想です

<を務めた
経験を持つ>

まず

なっていう

スゴい

<2品連続合格と>

<順調なスタートを切った POMPADOUR>

<続いて第8位は>

<食感が残るように
大きめにカットし>

<レーズン シナモンと一緒に>

<じっくり煮込んでいく>

<それを店内で手作りした>

<自家製のパイ生地に包んで
オーブンで>

<焼き上げていくのだが>

<3年前から
中身のりんごを増量>

<女性客を中心に40年以上>

<支持されているアップルパイ>

スゴい

で 飽きない だから

(木南)ちょっと こう
大人っぽい味がするというか

<果たして?>

大橋さんは
断面を

しっかり
確認して一口

少し
表情が厳しいか?

鈴木さんは

おっと 首をかしげた

そして

試食の手を止めてしまいました

一方 朝倉さんです

アップルパイの
外側を食べました

朝倉さんもパイ生地が
気になっているか?

念入りにチェックをしています

スゴい

松本さん 額の汗が

止まりません

<POMPADOUR従業員イチ押し 第8位>

<アップルパイ 360円は>

お願いします

<POMPADOUR従業員イチ押し 第8位>

<アップルパイは>

お願いします

不合格 合格 合格 不合格

票が割れた

不合格 不合格 合格

合格3
不合格4

初めての
アップルパイ 不合格

残念

(北斗)どうして?

ちょっと今

う~ん あの

<と>

<ミシュランの常連
ジョエル・ロブションで>

<6年間 勤務ののち>

<マンダリン オリエンタル東京で>

<12年間 チーフベーカーを任された>

かなって

というか
まっ もしかしたら その

のかなとも思えて

なっていうのが

あります

だと思います

んですけど

んで

(松本)最終的には

と思います

<3品を終え ここで>

<初めての不合格>

<目標の8品合格>

<達成なるか?>

<続いて第7位は>

<カップdeプチウインナー>

<8個 325円>

<こだわりは このパン生地>

<そんなこだわりのパン生地に>

<まずは玉ねぎ入りのマヨネーズソース>

<そして特注のポークウインナーをのせ>

<一緒に包む>

<その後>

<ジューシーなウインナーと
しっとりとしたパンは>

<相性抜群>

<おやつに おつまみにと>

<子どもから大人まで>

<幅広く人気の一品>

≪うめっ
≪この

≪ちょうどいい大きさ

スゴい食べやすい

で 結構
ウインナー小さいのかなと思ったら

(ギャル曽根)バランス ちょうどよかった
スゴいおいしい

意味ないんだよ

<果たして?>

鈴木さん 一口で

一気に食べた

どうだ?

うなずいている

これは高評価か?

毛利さんはどうだ?

少し うなずいたように
見えますが

この表情は
どっちなんでしょうか?

パンを割いて
中をチェックしているのは

朝倉さん

おっと 天を仰いだ

何か気になることが
あったのか?

悪い流れを断ち切り

合格を勝ち取ることは
できるのでしょうか?

<POMPADOUR従業員イチ押し 第7位>

<カップdeプチウインナー>

<325円は>

お願いします

合格 合格 不合格 合格

合格 合格 合格

合格6 不合格1

カップdeプチウインナー 合格しました

もう楽勝じゃん これ

はい はい

ありがとうございます

イエイって言ってませんでした?
すいません

普通にもう うまいです

また この

なんだろうなと思いつつ

ただ それだけです
シンプルにおいしかった?

はい シンプルにおいしいです

パッと開けて

色んなシーンを
それぞれ思い浮かべて

<4品を終え
ここで3つ目の合格>

<このまま 8品合格
達成なるか?>

<続いて 第6位は>

<チーズフォンデュをイメージして
開発されたという>

<こちらの商品>

<チェダーチーズとゴーダチーズに
バターを加えた>

<コクの深い
とろけるチーズを>

<パン生地で包む>

<さらに 表面に>

<オーブンで焼き上げることで>

<カリッカリの食感が
アクセントに>

<とろけるチーズが濃厚で
チーズ好きには たまらない一品>

(ギャル曽根)うわっ
すっごいチーズ濃厚

ヤバッ!
(設楽)うわ おいしい

(設楽)めちゃくちゃ
うまい

パン自体は
ふわっと やわらかくて

中に スゴいクリーミーなチーズ
入ってるのに

分かる 分かる

<果たして?>

<果たして?>

こちらは

になっております

毛利さん
少しちぎって いきました

表情は…

変わりません

早々と手を置いてしまったのは
河合さん

朝倉さんは パンの中を入念に
やはりチェックをしています

一体 何を
確かめているんでしょうか?

できれば
食べていただける時は

前半戦 いい流れで
終えたいところ

一体どうなるでしょうか?

ドキドキする~

<POMPADOUR従業員 イチ押し
第6位>

<とろけるチーズパン 180円は>

お願いします

不合格 合格 合格 合格

合格 合格 合格

とろけるチーズパン
やりました!

合格6 見事合格~!

とろけるチーズパン
やりました

合格が出ました

はい とても

余計

岩永さん 合格です
はい

<フランスの有名ベーカリー
メゾンカイザーの本店で修業し>

<現在は ミシュラン獲得店などに
数多くパンを提供>

優しいっすよね

なっていう
そこぐらいですかね

ちょっとの時はいいんだけど
全部食べると

少し重たくなっちゃう
僕は要らないかなと思います

<同じく合格の札を挙げた
こちらの職人は>

<パン職人の日本一を決める大会
ベーカリー・ジャパンカップで>

<日本一に輝いた実力派>

と あとは

この

<前半戦
5品を終えて>

<4品 合格>

<後半戦
この勢いのまま>

<目標の8品合格
なるか?>

<果たして?>

<続いて 第5位は>

<味の決め手となる
カレーソースには>

<横須賀海軍のカレーレシピを
参考に作った>

<子どもも
食べやすい>

<さらに>

隠し味に マンゴーチャツネを入れて
煮込んでます

<そうすることで コクと甘みが
さらに増すという>

<そんなカレーを
たっぷり 生地で包み>

<フランスパンで作った
自家製のパン粉をまぶして>

<オーブンで焼き上げた後
油で揚げるのだが>

<ルーを追加で入れてから>

<菜種油でサッと揚げることで>

<中身が ぎっしり詰まった>

<サックサクのカレーパンに>

(木南)カリッカリだ
(田中)いい音してますね

(設楽)カリッカリ

(ギャル曽根)結構具だくさん
サクサク

これは

(設楽)結構甘めのカレーだ

最高でした
どっちも褒めたいね

<果たして?>

河合さんです

スゴくいい音が
鳴っています

ゆっくり しっかり
味わっています

うんっ 何かが
気になったのか?

朝倉さんは ちぎって食べています

パンを
細かくチェックしていますが

何を見ているのか?

上から

はい

作り方が ジャッジに
どう影響してくるのか

札を挙げてください
お願いします

合格 合格 合格

合格 合格 合格 合格!

何と 赤一色 満場一致!

やったー

POMPADOURの赤一色!

よーし

いや~ きた

見事な

POMPADOURレッドに
染まりました

初めて満場一致

見事に この第5位で

満場一致の合格が出ました

今 どんな心境ですか?

しかも

(高田)多少吸ってるかなとは
思ったんですが 口溶けのいい油で

逸品です

ありがとうございます

中に空洞ができてしまう

揚げたカレーパンにもかかわらず

スゴい技術で
追いカレーっていう

だなって
スゴく感じます

内海さん 絶賛の嵐でしたが

色々

それが みにかなった
って感じで

<ここまで合格5品
不合格1品>

<残り4品で 目標の
8品合格達成なるか?>

<続いて 第4位は>

<こだわりは モチモチとした
食感が特徴のパン生地>

<湯種とは 小麦粉と熱湯を
混ぜ合わせ 一晩寝かせることで>

<粘り気と甘みが生まれた生地>

<それを 通常の生地に
混ぜて作ることで>

<パンに モチモチとした食感と
ほのかな甘みが出るという>

<そして 千葉県産のさつまいもで
作った甘露煮を包み>

<焼き上げる>

<モッチモチの生地と
さつまいもの食感が>

<絶妙にマッチした一品>

(田中)いただきます
うまっ!

(木南)ちゃんと受け皿に
なってくれるパンだなと思いました

<果たして?>

(吉田)その食感を 楽しんで
いただけたらと思います

朝倉さん

ゆっくり じっくり
味わっています

おいもパン

おっと 天を仰いだ

一体 何を
考えているか

高田さんも一口

どうでしょうか?

中の生地が
気になっているようです

<POMPADOUR従業員 イチ押し
第4位>

<おいもパン 140円は>

お願いします

合格 合格 合格

お願いします

合格 合格 合格

合格 合格 合格 合格!

また満場一致!

合格~!
やった やった

見事な満場一致
赤に染まった

松本さん
はい

ポンパカラーですね
ポンパカラー

まず

ちょっと もう そそられて

って分かった商品でした

毛利さん いかがですか?

おいものおいしさも
そうなんですけど

んじゃないかなって
思ってます

<何と 2品連続
全員合格で>

<合格が6
不合格が1>

<ここからは POMPADOUR従業員
イチ押し トップ3が登場>

<全て合格し>

<果たして?>

<第3位は>

<この食パンの こだわりは>

<男爵に使用している
小麦粉は>

<一般的なものに比べ>

<小麦の より中心に近い
部分だけを>

<使って作られたもの>

<そんな こだわりの小麦粉だけを
使うことで>

<生地のきめが 細かく>

<なめらかな味わいに>

<生地を丸めて 型に入れ
オーブンで焼き上げれば>

<ふっくらおいしい食パンの
出来上がり>

<POMPADOURを代表する食パンの
男爵>

(田中)今回は
生のものと トーストしたもの

2種類ご準備いたしました

(木南)スゴい

(田中)なるほど
うまい

<果たして?>

おっと岩永さん

一瞬 顔をしかめた

朝倉さんはどうだ?

おっと 何やら…

考え込んで
しまったか

ごまかしのきかない
食パン

一流パン職人は
どんなジャッジをするのか

<POMPADOUR従業員 イチ押し
トップ3>

<1品目の男爵 300円は>

札を挙げてください
お願いします

不合格 合格 不合格 合格

票が割れた

そして…

合格 合格 合格!

見事 合格しました

これで7品目の合格

目標達成に
リーチがかかりました

ってのは 感じました

今の時代 やっぱ

河合さん いかがですか?

かなと思うので

で このお値段で 今

かなと思います

あと1つで
目標の8品合格ですが

<ここまで8品を終え
合格7品>

<目標の8品合格
なるか?>

<続いて 第2位は>

<を巻き込んで作る>

<塩パンロール>

<油脂が溶けて
生地に染み込むことで>

<中には空洞ができ>

<外は
揚げ焼き状態に>

<ふわふわ かつ カリカリの
独特な食感が生まれるのだ>

<そこに 国産の小豆を使用した
粒あんと>

<なめらかでコクのある
無塩バターを挟む>

<が あとを引き>

<年間 230万個売れる>

<大人気商品の
塩パンロール あんバター>

これ間違いないやつやんか
(設楽)うわっ うまっ

(田中)ねえ~

(ギャル曽根)この塩パン自体が
おいしいから 最強です

(設楽)この塩パンの塩加減と

(日村)塩加減いいよね
塩加減いい

何これ 超

<果たして?>

<果たして?>

こだわりは 底の部分が

を同時に
味わっていただくためにですね

河合さん
じっくり味わいます

中の あんバターを
チェックしているのか

朝倉さん…

うんっ 少し
首をかしげたか?

険しい顔で
悩んでいます

鈴木さんはどうだ?

あっと 天を仰いだ

何か 引っ掛かることが
あるのか?

やってます

これは ジャッジに
どう影響してくるのか?

<POMPADOUR従業員 イチ押し
第2位>

<塩パンロール あんバター
170円は>

うまかった うまかった

お願いします

合格 合格 不合格 不合格

票が割れた

そして…

合格 不合格 不合格

塩パンロール あんバター
不合格!

目標の8品合格は
第1位まで持ち越し!

2つ目の不合格が
出てしまいました

さあ松本さん ちょっと ため息が
漏れてしまいましたね

(松本)う~ん

ちょっと あの

というか

一口目からおいしい っていうのが
私は大事にしてるので

どんなに

っていうのが
ちょっと残念だったので

<一方>

と思いました

<9品を終え 合格7品 不合格2品>

<残る第1位の商品を合格し>

<目標の8品合格なるか?>

<これなら合格間違いなし>

<従業員イチ押し商品 TOP10で勝負>

<いよいよ 第1位は>

<1969年>

<当時 日本ではなじみの薄かった
フランスパンが>

<一般家庭でも親しまれる
きっかけを つくったのが>

<こちらの チーズバタール>

と自負しております

<使用するのは
チェダー サムソー エメンタール ゴーダの>

<4種類をブレンドした>

<そしてオーブンで
じっくり焼き上げていく>

<そうすることで 外がパリっと>

<中は ふわっとした食感に
なるのだ>

<元祖チーズ入りフランスパンとして>

<創業から50年以上たった今でも>

<人気No.1商品>

(ギャル曽根)中のパン
すごい もちっとしてて

ところどころ
チーズがあるのが

<果たして?>

という大きさにこだわって
作っております また…

鈴木さんは どうだ

うなずいた

これは高評価なのか

高田さん 一口

おっ うなずいた

大橋さんは どうだ

何か引っ掛かることが
あったのか

よろしいですか?

1個のサイズ感 そして完成度

大橋さんが動いた

それだけジャッジに真剣

一方 朝倉さん

目をつぶって
考え込んでいる様子

どんなジャッジが くだるのか

<POMPADOUR従業員イチ押し 第1位>

<チーズバタール 580円>

<8品合格という目標 達成か否か>

<最後の この一品で決まる>

札を挙げてください
お願いします

<POMPADOUR従業員イチ押し 第1位>

<チーズバタールは>

札を挙げてください
お願いします

合格 不合格 合格

そして

合格 合格 合格 合格

チーズバタール 合格
見事 目標達成

やった~!

8品合格 最後に決めました

安堵の表情

全て ツヤがあって

今の はやりからすると

ありがとうございました

チーズのこだわりといいますか
ちょうど絶妙な

ややほぐれて で ちゃんと残る

この味がしっかりしてる

<ということで 超一流パン職人が>

<値段に見合った
本当においしい商品と認めたのは>

<8品でした>

はい お待たせしました

カツカレーのデカ盛りです
どうぞ

ええっ!

<面白キャラ店主が大集合>

<これがウワサの やりすぎ食堂>

<まずは>

そう お客さんがいる 何?

になってるみたいな感じで

<さらに>

一番最初に並ぶと 出るまでに
大体 1時間弱かかるんですよ

(2人)ええーっ!

<一体どういうことなのか>

<一足早く
開店前のお店を のぞいてみると>

<夫婦で慌ただしく
開店前の仕込み中だが>

<何やら 言い争うような声が>

バカじゃない

アホ

面白いな
面白い めっちゃ面白え

<そうこうしているうちに
オープンの時間まで あと5分>

これさ お前できる? あの

…シール貼ってあるやつを
持ってきて ここ入れて

キャベツ キャベツ
シール貼っとる

真ん中のやつを置いて

その真ん中 空いたとこに
これ置いてくるの

下の真ん中
真ん中… あの シール貼ってある

<ケンカしながらも ようやく>

<結局 この日は
20分以上遅れて開店>

(山本)いらっしゃいませ

<続々と並んでいたお客さん達が
店内に入り>

<そんな>

唐揚げ定食11個
11個で

唐揚げが11個

はい はい

<それが こちら>

はい お待たせしました
唐揚げ11個です

うわーっ
ああーっ

<高々と積み上げられた
唐揚げの山>

<ビッグサイズの唐揚げ
11個が積み上げられた この山は>

<その標高 何と26cm>

<そして重さは 唐揚げだけで830g>

<気になるお値段は
このボリュームで 何と880円>

<そんな寅安には 実は>

<この唐揚げ定食の
はるか上をいく>

<デカ盛りメニューがあるという>

<それが>

はい お待たせしました
オムライスの大です

ええっ!?
(堀内)うわっ 何これ

<こちらが
寅安イチの 超デカ盛りメニュー>

<オムライスの大>

<高さ9cm 直径29cmのドーム型>

<超巨大オムライス>

<その重さは 何と4kg超え>

<普通盛りのオムライス400gの
およそ10倍>

<気になるお値段は 後ほどにして>

<まずは>

<巨大オムライスの作り方を
見せていただくことに>

<結局 13杯分のご飯をよそい>

<そこへ 事前に仕込んだ
チキンライスのタネを投入>

<さらに4個分の卵に
半熟程度 火を入れ>

<そこへ 先ほどのチキンライスを
全てのせる>

<そして 最後の盛りつけは>

<仕上げに 自家製デミグラスソースを半分>

<もう半分には ケチャップを>

<こうして完成した
超デカ盛りの オムライス大>

やっぱり

やっぱり

一人暮らしで

安くて量が多い そういうとこを
やりたい感じでしたね

<調理師学校を出たのち
飲食の仕事に就き>

<夫婦二人三脚で この寅安を
人気店として繁盛させてきたのだ>

ちなみに

<そんな 寅安のご主人
山本康雄の>

(一同)ええーっ!

≪寝坊?

寝坊
≪何で?

≪携帯ゲーム!?

(木南)どっち どっち? どっち?

携帯は

≪ああ~ なるほど

(山本)違う違う違う 違う違う

そうですよ

あの日はね たまたまね

(山本)あの やることが
なくなって…

できるんじゃないですか
(山本)無理やり やらした

そうそうそう

なっちゃったんだろう

で 寝るのは12時とか1時よ
はよ起きてるって言うてるやん

で 何で間に合えへんって
言いたいねん

何で間に合えへんねんて

けど何か キャベツが
どうこうって やり取りで

奥さんが

(日村)いや面白いな 何それ
かわいい

(北斗)分かる

と思いますね

ちゃうで!

<こんなお二人のお話は
また後ほど伺います>

<面白キャラ店主が大集合>

<これがウワサの やりすぎ食堂>

<続いては>

<早速 中に入ってみると>

<お昼どきということもあり
店は満席>

<人気の秘密を
お客さんに聞いてみると>

のが魅力ですね

ボリュームですね はい

まあ言うと ケタ違い

ミナミで

大阪の人間 一番
ここを言うん違うかな

(2人)へえ~

<そんな>

<ご主人の>

みたいに言われてるんで

(スタッフ)アホの店?

って 学生5~6人通る時
よう言うてるんで

「角野卓造じゃねえよ」の札の方で

「あおり運転」の札の お二人さん

<こちらのお店 料理ができたら
自分で運ぶ>

<普通は 番号札を渡されるが>

<こちらの店では>

<このような 謎の言葉が書かれた
札を渡されるのだ>

これ

<そう語るのは
奥さんの貴美江さん>

<ちなみに 札の文言は>

<ご主人と2人で考え>

<飽きたら
すぐに変えているんだそう>

<そんな遊び心あふれるお店の>

<人気メニューの とりから重の並盛り>

<それが こちら>

はい お待たせしました

<人気メニューの とりから重の並盛り
それが こちら>

<こちらが 鶏の唐揚げを
卵でとじた>

<とりから重の並盛り>

スゴい量 これ並?

<その重さは何と3.8kg>

<一体>

<まずは お重に普通のお茶碗
6杯分のご飯を敷き詰め>

<その上に 10個の卵で
豪快にとじた>

<鶏のもも肉の唐揚げをのせ>

<その上から さらに
お茶碗6杯分のご飯を重ねる>

うわーっ
≪ええーっ

<そして もう一度
10個の卵でとじた唐揚げを>

<豪快にぶっかけたら
完成です>

<とりから重 並盛り
4100円>

<普通の丼の
およそ8人前なので>

<1人前で計算すると
たったの513円>

<ちなみに 大きさは>

<普通の店の並盛り程度の
超ミニミニから>

<8人前もある並の
6種類から選べるのでご安心を>

<実は ご主人と奥さんは
昔から大食漢で>

<自分が食べる量に合わせて
作っていたら>

<自然とデカ盛り料理に
なったそうです>

<定食メニューのご飯も
並盛りで ご覧の量>

<うっかり
大盛りを頼んでしまうと>

<普通のお茶碗>

<こちらが あさチャン定食の
ご飯大盛り>

<おかずが6品ついて 1170円>

<料理は
何人でシェアしてもOK>

<さらに定食は
テイクアウトもできるのだそう>

<実は>

<何と 300万円>

<そんなに
借金が増えてしまったのには>

<こんな理由も>

ええーっ!

<何とご主人 気に入ったタイプの
女性の常連客には>

<何を食べても
10円で提供していたのだそう>

<そんな やりすぎサービスのせいで
借金が増え>

<現在 このサービスはお休み中>

<ちなみに
ご主人のタイプだという常連客が>

<こちらの方>

<ご主人は ぽっちゃり系の女性が
タイプなのだそう>

普段 太ってきて ちょっと
ああ… と落ち込むんですけど

ここへきたら むしろ
キレイになったって言われるんで

<ちょいめし あさチャンの>

(日村)いやいや いやいや…
(設楽)また借金ができちゃう

ダメダメ ダメダメ
(日村)それやっちゃダメでしょう

それしたら
また借金 増えるじゃないですか

はい 増えるでしょうね
「増えるでしょうね」って

(日村)だからダメなんです やったら
(設楽)へえ~ 面白い

ちなみに ご主人の

1番がね 渡辺直美さん

ああ~ ぽっちゃりだ

2番がモリクミさん
3番に北斗晶さんだったんだけど

今見たら テレビで見てる時って

もうちょっと ぽっちゃり見えたん
ですよ 今見たらちょっと

細いよ
細いよ 北斗さん

(土田)ちょっと北斗さん

小さい 幼い時…

今 こんなんですけどね
若い頃は

結構 イケメンだったんで

ちょっとね
≪めちゃめちゃ似てますよ

<面白キャラ店主が大集合>

<これがウワサの やりすぎ食堂>

<続いては>

<というわけで 早速 中へ
すると…>

≪いらっしゃいませ どうぞ

<人気の理由を
お客さんに聞いてみた>

こんなにもう 山盛り
山盛りですね

私 1回来た時

<そんな大人気のマグロ丼を
作っているのが>

<店長の佐藤さん>

かわいいなあ もう

<そんな大人気のマグロ丼が
こちら>

<最大3時間待ちだという
大人気のマグロ丼が こちら>

<本マグロの大トロ
中トロ 赤身が>

<ふんだんに
盛られた一品で>

<原価は およそ4000円だが>

<お店でのお値段は…>

<他にも この漬けマグロも>

<原価はおよそ2000円だが>

<店では何と2200円で提供>

<マグロの頭とカマに関しては>

<お客さんに
タダであげちゃう始末>

<なぜ こんなにも気前よく
マグロを提供しているのか?>

<実はこの店 店長の佐藤さんが>

<必要以上に
マグロを仕入れてしまう>

<それは一体 なぜなのか?>

やっぱり

やっぱり
ついつい…

多く買っちゃうんですよね

<そう 佐藤さんが欲しいのは>

<マグロの
産地証明のシール>

<漁業組合に認められた
高価なマグロにしかついていない>

<代物なのだが…>

<実は佐藤さん
そんな>

<何と 集めたシールを>

<店内の壁一面に貼りつけており>

<お店の天井はもちろん>

<トイレも このとおり
上から下までシールだらけ>

<さらには 2階の自宅にも
シールを貼りまくっており>

<ダイニングキッチンや>

<お店とつながる階段も
このとおり>

<実は佐藤さんが>

<のこと>

と言われて

<その一言がきっかけとなり>

<シール付きの上質なマグロを
仕入れ始めたのだが>

<気づけばマグロ以上に>

<シールのとりこに
なってしまったのだ>

<佐藤さんが>

<従業員の皆さんに
手伝ってもらいながら>

<スタッフが6時間かけて>

<貼ってある全てのシールの数を
数えた結果…>

<そんな佐藤さんの>

銀行から ちょっとこう
500万ばかり借り入れしました

<そんな佐藤さんを>

<それもそのはず>

<毎朝 従業員が慌ただしく
開店準備を進める中>

うん 今これ ちょっと
ラミネートかけてるとこですね

えっ?
(堀内)5万枚!?

<一体>

<さらに このあと とんでもない
やりすぎメニューが登場!>

えっ?
(堀内)5万枚!?

5万枚 洗ったり
あとこれで拭いたり

いろんなことやってます
(堀内)毎週?

毎週
キレイにしてるんだ

でも5万枚以上って

ええーっ!? 週に1回?

まあ朝起きて

本当ですか?
本当にマグロの質ですか?

シールのほう 見て

あれ? このシール
持ってたっけなと思ったら

持ってないシールのマグロがね
ちょっと変だったら どうします?

それはもうマグロの質で

尻尾の切り返しで 質で

お父さん お父さん 色んな種類の
シールがあるじゃないですか

とにかにさ

これが今持ってる中で
日本で一番大きいシール

沖縄
沖縄県美ら海まぐろ

青森の市場のほうで
マグロ屋の友達がね

「大きいシールのマグロがあるから
どうします?」って言ったから

やっぱりシールだ シールじゃん!

シールだよ!

(日村)大きいシールのマグロ

ホントかねー?
(設楽)シールが欲しかったんだよ

<面白キャラ店主が大集合>

<これがウワサのやりすぎ食堂>

<続いては…>

<とってもいい人だと評判の
お母ちゃんが この方>

<この店を始めて>

<この店には そんな人がいい
佐藤さんならではの>

<超やりすぎなメニューがある
という それが?>

<巨大なすり鉢に入った>

すっげ!
(日村)すげえ これもう!

<さらに その重さ
何と4.4kg!>

<その>

<まずは>

<なのか 見せてもらうことに>

<まず カレーの具に
使うのは>

<豚肉が300円
玉ねぎが100円>

<そしてカレールーは
辛さの違う3種類をまぜて使用>

<合わせて
およそ300円>

<カツに使う豚肉は
分厚いロースが2枚>

(スタッフ)この2つで おいくらですか
600円

<2枚でおよそ600円>

<どんどん盛り続け…>

<何と合計15杯! およそ8合分>

うわっ すげえなこれ…

<何と お米だけでおよそ500円>

<つまり 主な材料の原価だけで>

<1800円もかかっている>

<そして そんな>

<ここでゲストの
木南晴夏さんから お知らせ>

私のお気に入りのパン屋さんを
48軒

どどんと紹介したパンの本が

3月26日に発売されます

ぜひ皆さん
買ってくださーい

<原価1800円もする
カツカレーのお値段は?>

(スタッフ)いくらで出しました?

<何と1杯300円も赤字>

そーんなにお客さんから取っちゃ
悪いかなーと

思って 取れないんですよ

<そんな1杯>

<全く>

<お客さんもやりすぎー!>

わあ スゴーい
スッゴ!

<それにしても一体>

<ちなみに この店の>

<鶏の唐揚げが20個も入った
唐揚丼は…>

<お値段1500円で こちらも赤字>

<卵を10個も使った 昔懐かしい
ケチャップ味のオムライスは…>

<お値段1100円で やっぱり赤字>

<どこまでも お人好しな佐藤さん>

<何と>

<さらに本来 小鉢や味噌汁は>

<一品に1セットなのだが…>

小さい声で

<サービスで
人数分出してあげることも多い>

優しすぎる

<実は食堂だけでなく>

<弁当の仕出しもしている
佐藤さん>

<地元の企業や大学で
販売も行っている>

(スタッフ)1日に16時間?
1日に うん

<なぜ そこまでして
赤字のデカ盛りを続けているのか>

(ギャル曽根)えっ?
苦手?

苦手なの!?
どういうことですか?

出すには出すけど いっぱい食べる
人は あんまり理解できない

理解できない
ここにですね あの~

ものスゴいバカみたいに食べる
ホント

(設楽)ギャル曽根っていう
フードファイターがいるんですけど

どう思われますか?

そうっすよね
それはでも もう

えっ!
(日村)ヤバイ それ

熱い カツカレーなんかは
カレーが熱いでしょ

カツカレー熱いのに
ずーっと持って…

<面白キャラ店主が大集合>

<これがウワサのやりすぎ食堂>

<続いては…>

<サメが大きく口を開けた
入り口が>

<早くも やりすぎ感満載だが>

<早速 中に入ってみると…>

<出迎えてくれたのは
店主の奥様>

<確かに 店内は海一色>

<壁一面には
海中の絵が描かれ…>

<あちこちに魚のオブジェが>

(みどり)壁の絵も
オブジェもテーブルとかも

全部マスターの手作りです

<そんな何でも手作りしてしまう
マスターとは>

<一体 どんな人なのか?>

はい 僕が

自分の父親がこれだったら
ちょっと不安だな

海 ですね

(新井)そうです

<そんなマスターが作る>

色々あるので

<何と!>

<合わせて2020種類オーバー!>

何だろう いつ来ても
何か自分の

<実はマスター>

<その後 独学で様々な料理が
できるようになったのだそう>

<そして この店には>

はい こちらです

ええー!

<そんな二人が営む>

えー!
急に? 急に?

離婚届にサインしてるんですか?
マスター

いつでも出せるように
準備してあります

持ってきてます
はい 持ってきました

(設楽)何でそんな…
サインしてある?

しょっちゅうケンカなんです

(堀内)どういう構成なんだよ?
ご主人

(みどり)あー そうですね

何か スゴく合ってる気がしますね
おっとりしてて だって

もし旦那さんと 山本さんの奥さん
だったら これ

どうですか? こういう夫婦

さっきも スゴい仲いい
ずーっといいんだって

そんな仲いいんだ

いや 今日はこっち
(堀内)そうかそうかそうか

最後
(土田)これからもよろしくみたい

ええ…
奥さん

(設楽)何か… 何だろうな

<本日のやりすぎ大賞は…>

(田中)3票ずつ獲得

寅安さんと藤さんに
決定いたしました

おめでとうございまーす

(堀内)よかった

<見事 大賞に輝いた2軒には>

<金のやりすぎ像をプレゼント>

<今夜 お届けするのは
大西洋に浮かぶ 謎の島>


関連記事