先人たちの底力 知恵泉「日本の勲章~栄典に秘められた昭和史~」後編は戦争から平和繁栄へ、もう一つの昭和史…


出典:『先人たちの底力 知恵泉「日本の勲章~栄典に秘められた昭和史~」』の番組情報(EPGから引用)


先人たちの底力 知恵泉「日本の勲章~栄典に秘められた昭和史~」[解][字]


「勲章」…近代化の歩みの中で生まれ「個人」の名誉だけでなく「国」のあり方までも問いかける叙勲制度をめぐる二回シリーズ。後編は戦争から平和繁栄へ、もう一つの昭和史


番組内容

「勲章」…日本の近代化の歩みの中で生まれ「個人」の名誉だけでなく「国」のあり方までも問いかける叙勲制度をめぐる二回シリーズ。後編は戦争から平和繁栄へと転じた昭和を勲章の歴史とともにとらえ直す。一つめの知恵は、軍部が台頭する中で設けられた文化勲章に込めた時の宰相の思惑を。二つ目は終戦により勲章制度が一部停止される中、高度成長期に復活に踏み切った池田勇人の政治手腕から、勲章にまつわる知恵を探る。

出演者

【出演】東大先端科学技術研究センター名誉教授…御厨貴,室井佑月,元シンクロナイズドスイミング日本代表…青木愛,【司会】新井秀和


『先人たちの底力 知恵泉「日本の勲章~栄典に秘められた昭和史~」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

先人たちの底力 知恵泉「日本の勲章~栄典に秘められた昭和史~」
  1. 勲章
  2. 文化勲章
  3. 池田
  4. 昭和
  5. 叙勲
  6. 日本
  7. 戦後
  8. 頑張
  9. 広田
  10. 自分
  11. 今日
  12. 復活
  13. 受章
  14. 戦争
  15. メダル
  16. 意味
  17. 価値観
  18. 閣議決定
  19. 官僚
  20. 軍人


『先人たちの底力 知恵泉「日本の勲章~栄典に秘められた昭和史~」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





↓NHK 関連商品

戦争の荒廃から奇跡の復興へ。

その裏にあった アレが今宵の主役です。

毎年 春と秋に行われる勲章親授式。

国家または公共に対する
功労を果たした方々を対象に

勲章が授与されます。

令和元年 秋の叙勲では
全国で およそ4, 000人が受章しました。

その中には
長年 児童福祉に携わってきた人や

工芸品の製作に生涯をささげた人など
さまざまな立場や職業の方々がいます。

日本では 幕末 薩摩藩が
ヨーロッパとの外交に際してつくった

この薩摩琉球国勲章に端を発します。

明治時代になると
政府が 栄典制度として導入。

そして 今日まで続く…

…などが 明治時代に創設され

富国強兵 近代化のために
身をささげた人々に

与えられていきました。

しかし 日本が戦争に突入していくと
勲章の名誉と引き換えに

あまたの人々が その命を
戦場に散らしていくことになります。

日本人は
いかに勲章に向き合ってきたのか。

今宵は 戦中から戦後にかけて

勲章にまつわる先人たちの物語を
描きます。

そして
本日お迎えするお客様は…

オーラルヒストリーと呼ばれる手法で

元首相や政府高官などの経験を聞き取り

歴史の証言として後世に残すため 記録。

近現代の政界裏事情にも お詳しいとか。

そんな御厨さん 勲章に縁も深く

2000年代初頭 小泉内閣が進めた
栄典制度の改革に

有識者の一人として携わりました。

知られざる勲章に込められた知恵。

政治学者 御厨さんが
鋭く指摘していきます。

さあ 今日はですね
明治時代に創設された勲章が

いかに 現代へと至ってきたのかをね
見ていこうと思うんですけれども。

その前に 皆さんに
召し上がって頂きたいものがあります。

どうぞ どうぞ どうぞ。
こちらです こちらです。

すごい見た目…。
すごいね。                   何? これ。

真っ黒。
どうぞ どうぞ。

スイーツなんですよ。
スイーツなんですか これ。

これね… 台湾スイーツで 仙草…。
分かった。

そうなんです。
タピオカ店とかに よくあるやつ…。

すごいですね~。

これ やわらかく煮たピーナッツが
トッピングしてあるんですね。

題して こちらでございます。

「ピースナッツ」 ちょっと苦しくない?
無理やり感が…。

無理やり感がある。

ちょっと苦しい… ですか。

…どれくらい?

おっ…。
頑張って下さい。

(笑い声)
ありがとうございます。

いや 今日はね 戦争と平和っていうのは

今夜の話題 勲章とも 密接な関係がある
ということなんですよね。

やっぱり 戦時中と
それから 平時である時とはですね

必然的に 受章される人のね
対象者が異なってくるんじゃないかと…。

だから 昭和の時代っていうのは
その関係性を見ると

勲章が もうちょっとダイナミックに
見えてくるかもしれない。

さあ 今宵は
戦争と平和の間で揺れ動く勲章と

それにまつわる人々の知恵を
味わって頂きましょう。

静岡県藤枝市。

この地には 明治の人々が勲章に寄せた
強い思いをうかがわせる場所があります。

江戸時代 寛永年間創建の…

本堂に入ると ずらり 人形が。

モデルは 明治37年の日露戦争で戦死した
この地方出身の兵士や将校たち。

その数 224体です。

一部の胸には
誇らしげに勲章が飾られています。

これは 明治23年に創設され

武功を挙げた軍人が
叙勲の対象となった

金鵄勲章と推測されます。

「金鵄」とは 日本神話に登場する
金色に輝くトビのこと。

名誉と年金と。

人々は
危険な作戦に身を投じていったのです。

まさに 金鵄勲章は 日本が戦争に向かう
時代の象徴とも言える勲章でした。

こうした風潮に対し
ひそかに危機感を覚える男がいました。

第2次世界大戦後の極東軍事裁判
いわゆる 東京裁判では

文官として唯一の死刑判決を受けました。

広田は その在任中 戦争一色に傾く情勢に
あらがうがごとく

ある勲章を設立しています。

それが 文化の発展に功績のあった者に
与えられる文化勲章でした。

昭和11年2月26日未明。

東京の中心部は 大混乱に陥りました。

(銃声)

皇道派と呼ばれる陸軍青年将校らが
クーデターを企て

政治家 警察官 合わせて9人が
暗殺されました。

事件を防げなかったことで
岡田啓介内閣は総辞職。

了承してくれないだろうか!

代わって首相に指名されたのが
外交官出身の広田でした。

この時の悲壮な決意を 広田は後に
議会で 次のように答弁しています。

楠公とは 楠木正成のこと。

南北朝時代 後醍醐天皇のために戦い
兵庫の湊川で命を落とした武将。

昭和初期に始まった恐慌が いまだ続き

大陸への進出・侵略をきっかけに
国際的にも孤立していた日本。

内外に問題を抱える状況で 広田は

英雄 楠木の心境に自身をなぞらえ
総理の任に就いたのです。

しかし 広田内閣は
その船出から難航を極めます。

閣僚の人事について
「自由主義者が多すぎる」と

陸軍からクレームがつき
人選のやり直しを迫られました。

話さなければ始まらない。

また 廃止になっていた
陸軍大臣 海軍大臣を

現役の軍人から選ぶ

いわゆる
軍部大臣現役武官制が復活。

これにより
軍が 直接 政治に口を挟むようになり

軍事費拡大と軍部の暴走に
つながっていきました。

軍部拡大を招いた広田が
自ら肝煎りで進めたのが…

それまで 勲章をもらえるのは
主に役人や軍人。

広田は…

実務を進めた当時の官僚 下条康麿は
広田の思いを代弁するかのように

こんな言葉を残しています。

国家間の対立が激化し

国内も戦時体制一色に
染まろうとしていた情勢下。

文化的な活動こそ 摩擦軋轢の潤滑油に
なりうるのではないか。

実は 文化勲章には
昭和天皇も期待を寄せていたようです。

当初 文化勲章は
桜の花をモチーフにしたデザインでした。

それを 橘の五弁の花に変えたのは
昭和天皇だったのです。

後に 昭和天皇は
その意図について語っています。

物理学者の長岡半太郎 本多光太郎

画家の横山大観 作家の幸田露伴など

9人が叙勲となります。

その後 日本は 日中戦争
そして 太平洋戦争へと突入していきます。

戦線の拡大とともに 国家の財政は破綻。

それでもなお 多くの人々が戦地へと。

そして…。

昭和21年2月。 戦後初の文化勲章が

科学者や文化人など
6人に授与されました。

そこには 新しい日本を感じさせる面々が
並びました。

その一人…

岩波は 戦前から
度重なる軍部の圧力にもめげず

戦争反対の立場から
出版を続けてきた人物でした。

軍国主義との決別。

文化勲章は 戦後の日本の進む道を
人々に示していくこととなったのです。

今も 毎年11月3日に
文化勲章の親授式が行われます。

誇らしげな受章者の胸にある
橘の五弁の花。

その輝きの陰には

文化で価値観の異なる勢力に
あらがおうとした 悲運の宰相

広田弘毅の思いが
秘められています。

今度は 文化勲章というのがね
生まれたわけですけれども。

やっぱり 文化勲章っていった時に

やっぱり 科学とか いわゆる 工学とか
そういう実践に役に立つね…

実践に役に立つ学問を切り開いた人

これが並んでることは
間違いないですけど

これまで
そういうことを全く関係なかった

いわゆる 作家であるとかね
そういう人たちにも

やっぱり 門戸を開くというのが
基本的にありましたからね。

あの広田弘毅という人の

何だか よく分かんない
しかし 何か どっかで

自分の思いを通したい
っていうような

あのタイプの人間だから
できたんだと思うのね。

広田はね いろんなこと言われてるけど

そういうね やっぱり 価値観っていうか
そういうのがあった人なんだよ。

当時の賞勲局 総裁の言葉っていうのが
さっき あったと思うんですけど…。

これですね。

この「油」っていうのが 多分
ポイントになるのかなと思うんですけど。

要はね いろんなところで…

国が勲章を出すとか…

…という意味の「油」だと思うんだよね。

これまでは ほっぽらかしてきたと。
ほっぽらかしてきた この部分も

やっぱり国家の 要するに 中に入れなきゃ
いけないんじゃないのという

これは そういう宣言ですよ。
でも 私は やっぱり

この人から与えられるものは
すばらしいとかって

定着するっていうことが
やっぱり 何か 私は

怖いことにも つながるっていうふうな
解釈でとってしまいます。

なるほどね。
あとは あれでしょ。

もう オリンピックとかが近くなると…

私も すごく嫌いです それは。

アスリート以外の
何も関わってない人とかが

オリンピック前に 何か
メダル予想とかするじゃないですか。

やる やる。                  やる やる。
「今回は 金 何個 銀 何個 銅 何個」。

あれ さっきのに戻るけど 文化勲章って
あの時代に つくったことが

いいか悪いかっていったら
あった方が よかったでしょ。

でも 私は やっぱり

最も利用されやすいかもしれない
っていうふうにも

捉えなきゃいけないって
私は思っちゃうんですね。

言ってる…。
意味分かります。  ありがとうございます。

ただね これが面白いのは 恐らく…

つまり 戦後になったら
そこのとこの価値観が

コロッと変わるから。
さっき 岩波茂雄が出てましたけどね。

ああいう人たちは 戦時中は
要するに 迫害されてたわけですよ。

それが あっという間にね 変わって

そして 文化勲章というのが
定着していく。

とにかく…

文化勲章は やっぱり
これまで対象になった人も

いろんな思いを持っているようで

ちょっと いくつかエピソードを
ご紹介したいと思うんですけれども。

作家の永井荷風。

小説の中では
反権力のメッセージを込めたり

私生活も
放とう無頼を繰り返していたりして

勲章を受け取らないんだろう…。
ところが 戦後の昭和27年に

文化勲章を受章。

この時に
マスコミが話を聞きに行ったところ

文化勲章を頂いたから これからは もう…

ところがですね
浅草通いは やめられなかったようで…。

それでいいじゃん。
浅草のストリップ嬢の皆さんと

文化勲章のお祝いをしてるんだそうです。

今 そんなことやったら大変だね。
(笑い声)

ねっ。 「取り消せ」とか
すごい 周りが言ってね。

一方で きっぱり断った方も
いらっしゃるんです。

女優の…

平成に入ってから受章の決定の内示を
受けたということなんですけれども

理由は 「勲章を背負って
舞台に上がりたくない」と。

「私は まだまだ現役で
芝居がしていたいだけ」ということで。

かっこいい断り方。
これは 周りが説得してもね

聞く耳を持たなかった。
この人は聞かないだろうな。

そうなんですね。
女性の方が強いんかなと思いました。

男性の方が もらえるもんは
もらっとこうじゃないけど。

うちら あんまり
ピラミッドみたいなの ないわけ。

だけど 男は そうじゃない。
どんな ちっちゃいとこでも

絶対 何か どっちが…。

なるほど。  そう。 だから 杉村春子なんて
立派なものですよ。

本当にね 受けないことによって
また 彼女の価値が上がるんだよ。

へえ~。

何で?
その いっぱい いっぱい

この叙勲の対象者を増やしていくでしょ。
いずれね。

そうするとね 要するに
その業界がもらったってことになるわけ。

まあ そうは言っても 俺は こんな勲章
もらいたくないって人もいるわけですよ。

で 彼が もらいたくないと言うと
業界が許さないわけ。

世襲制みたいになるんだよ。
もらうのは…。

ほかの人にあげて…
喜ぶ人が もらえばいいと思うけど。

…と思うんだけど やっぱりね
それが この縦割りの社会だから。

お前が… もらわないと

以後 この業界の人たちは もらえないよ
っていう脅しをかけるわけだよ。

怖い…。
後輩とかに迷惑かけちゃいますもんね。

だから 後輩に迷惑かけるんだったら
自分も嫌だけど もらっちゃおうみたいね。

そこにもう 自由はないわけ。
ギョギョギョ…。 また 怖くなる。

だから… 今日は 室井さんは
腹を立てて帰ればいいんでね。

ううん。

次はね
戦後の話に移っていくんですけれども

敗戦をきっかけに 勲章というのは

最大のピンチを
迎えることになるわけなんですが

それを救ったものが こちらなんですね。
ごはん。

真っ白じゃないですよね。
ちょっとな… 色が。

はい。 実は 麦飯を

みんなに食べることをおすすめした人が
カギを握ることになるんですが…。

あれでしょ。
「貧乏人は 麦を食え」と言った…

おっ 名前が出てしまいましたが…
ご覧頂きましょう。

(玉音放送)「堪え難きを堪え
忍び難きを忍び

以て万世の為に太平を開かんと欲す」。

昭和20年8月15日。

それまでの あらゆる価値観が
塗り替えられる中

勲章の制度も転機を迎えます。

生存者 すなわち まだ生きている人への
叙位・叙勲が停止になったのです。

それを復活させたのが
戦後を象徴する あの政治家。

所得倍増計画を打ち出し
高度成長を推し進めた池田は

勲章に日本の進むべき道筋を
投影させようとした節があります。

そこで 今夜の…

そもそも叙勲の停止は 昭和21年5月

占領下の幣原喜重郎内閣の
閣議において決定されました。

この閣議決定の背景には

ダグラス・マッカーサーをトップに置く
GHQの指示がありました。

金鵄勲章をはじめ 戦前の叙勲制度は

軍国主義を結果的に助長することになり
戦後 民主化の弊害になる。

そのため 生存者への勲章授与は
停止となったのです。

とはいえ 幣原内閣の閣議決定では

死亡者や外国人への叙勲
そして 文化勲章は

引き続き 行われています。

以後 新しい時代にふさわしい
勲章制度をつくり上げるべく

さまざまな内閣が
模索を続けることになります。

まずは
GHQによる占領が続く昭和23年。

芦田 均内閣が
衆議院に栄典法案を提出しました。

しかし 衆議院では可決されたものの
参議院で疑義が相次ぎます。

審議未了となり 廃案となりました。

それから4年後の昭和27年。

日本が主権を回復した この年にも

吉田 茂内閣によって
栄典法案が提出されました。

しかし これも 審議中に衆議院が解散。

更に 昭和31年 今度は 鳩山一郎内閣が
法案を提出しましたが

議論が紛糾し
またしても審議未了に終わります。

反対派の…

多数派である与党が その気になれば
国会で強行採決を図ることも可能でした。

例えば 昭和35年の
日米安保条約改定の際には

抵抗する社会党議員を議場から閉め出し
採決を強行しています。

しかし
安保改定時の総理大臣 岸 信介は

こと 勲章に関しては
極めて慎重な考えを示しました。

叙勲は 天皇の国事行為。

法案の成立は
極力 全会一致でという思いが

政府与党には あったようです。

ちょうど このころ 勲章について

NHKのドキュメンタリー番組が
制作されています。

戦前までの勲章は 本来の価値を失い

古物市場に
流されるようになっていました。

戦後 遺族などが売却したのです。

また 番組では 元軍人たちの
会合の様子も撮影しています。

彼らの胸には 戦中 手柄を挙げて
授与された勲章がありましたが…。

こうした中 生前叙勲の道を開いたのが
池田勇人でした。

岸のあとを受け
昭和35年に内閣総理大臣に就任します。

池田の郷里 広島県竹原市には

彼が 自身の政治信念を揮毫した
額が保管されています。

「経国済民」。

世を治め 民を救うとの意味を持ち

今日の経済の語源ともされている言葉。

大蔵省出身の池田は
これを座右の銘としていました。

あれ? 池田といえば 大蔵大臣時代に

「貧乏人は 麦を食え」との
失言で知られますが

本当に そんな立派なこと
考えていたんですかね?

っていうのがあったんですけど…

まあ 発言の是非は さておき

首相となった池田は

国民の所得を10年で倍増させる計画を
打ち出します。

池田が生存者叙勲の復活に
踏み切ったのは

首相就任から3年目 昭和38年のこと。

池田は 経済政策と同様

周囲をあっと驚かせる
政治手腕を振るいました。

7月12日 こんな閣議決定が出されました。

もともと 叙勲の停止は

幣原内閣の閣議決定によって
なされています。

再び閣議で この取り決めを解除すれば
国会の手続きは不要というのが

池田の理屈。

一応の筋は通っていましたが
当然 野党からは 大ブーイング。

社会党の石橋政嗣は
衆議院内閣委員会で

この池田の政治姿勢を
痛烈に批判しました。

一体 なぜ 池田は
ここまで強引な方法をとってまで

生存者に対する勲章を
復活させたのでしょうか。

自分が勲章を受け取りたいとか
恩人に勲章を渡したい。

そんな個人的な欲望も
もしかしたら あったのかもしれません。

しかし 制度の復活で叙勲を受けた人々の
顔ぶれを見ると

池田の 生存者叙勲に込めた思いが
おぼろげながら見えてきます。

そこには たくさんの経済人たちの名前が
あったのです。

世界各国が
主に政治家や軍人に勲章を与える中

経済人を選ぶ日本の取り組みは
先進的なものでした。

所得倍増を掲げ 日本の経済成長を
最大のミッションとした池田。

経済人に勲章を与えることで
社会に奮起を与え

高度成長の足がかりにしようと
考えていたのかもしれません。

そして 今日 叙勲の対象者は

男女問わず あらゆる立場の人々にまで
広げられています。

去年秋 瑞宝章を受章した
平 須賀さんは

長年 里親支援の活動を行ってきました。

戦前の軍国主義から
戦後の経済成長 そして現在。

勲章は 時代時代の世の中を映す
鏡とも言えます。

室井さん どうご覧になりました?
あんなに 戦争中

勲章を胸にぶら下げるのが
かっこいいことだと思ってた男たちが…

だから 売っちゃったっていうね。
おかしくないですか?

堂々と出ればいいじゃないですか 自分が。

今までの自分を
否定してることになりますね 自分で。

それを売って
また それを買うっていう人もね

何なんやろうっていう。
コレクター コレクター。

確かに。
何かがあって そうやって

価値なくなって
売る人もいるぐらいなんやし

別に 復活させる意味
なかったんちゃうかな。

ポイントとなるのが 御厨さん…

内閣による判断で決めた。

勲章に関しては
法案にしたら 絶対もめることは

これ以前
十数年 それでやってきたんだから

分かるわけですよね。

これはね こういうことを考えるのは

官僚の ある種の悪知恵であってね。
えっ 官僚なの?

恐らくね 準備しろと言ったのは池田で

そうすると 官僚さんは それに従って
どれが一番いい方法かって考えて

「あら 閣下 あれは 単に
閣議で止めただけですから

その止めた棒を ちょっと はねれば
元に戻りますよ」って…。

でも そこまで強引にしても

自分には すごい利用価値があると
思ったんですよね。

池田がやりたかったのは…

ただ当時 いろいろ
世論調査や何かをした結果で

政府が思ったのは…

欲しいと思う人間も
せいぜい 2~3年であって

だんだん 要するに
勲章は こういうふうになっていって

もしかすると もう いらないということに
なるかもしれないという

かなりね 悲観的な見通し
最初 多かったんですよ。

それ どうしてなんですか?

ところが 池田内閣から
佐藤政権になったら

今度は やたらと いろんなところに
出し始めたわけですよ。

どんどん増やしていくわけ。

佐藤さんは これが使えると
思ったわけ。 佐藤栄作。

だから どんどんどんどん
要するに それで増えていって

倍々ゲームのように増えていくのが
大体 昭和40年代ですよ。

あげる方も あいつに貸し…
別に そんな高いもんじゃないから

作ってあげちゃえみたいなね。
そうそうそう。 だから

後に ある総理大臣が言ったように

ヒエラルキーを
ブリキの勲章で作れるんだったら

こんな安いことはないと。
ああ やっぱし。

だから ブリキで 要するに
人心が買えるんだっていうとこまで

やがて いくわけですよ。
しかも 最初は反対してた…

勲章を。 これはね
どうして もらうかっていったら

もう 本当 涙ぐましい話。

もう そろそろ引退 もう70過ぎて。
というと… まあ 社会党の代議士。

後援会の連中が…

なぜ 言いに行くのか。

我々は お祝いをするチャンスがないと。

与党の 要するに 代議士は
すぐ大臣になったり 何かするから

しょっちゅう お祝いの会 やってると。

我々は あんたが全然ね…
野党にいるから…

そんなん知らないよ。
お祝いしたかったら

「先生 頑張ったから そろそろ やろうか」
つって やればいいでしょ。

だけど 一個…

誰かが もらったっていうと
やっぱり その人が ず~っと…

もちろん そう。 そうすると
それでもって頑張れるみたいな。

それが 悪いことではないですよね。
そうですよね。

でも どうなんでしょうね?
勲章の話をずっとしてきましたけど

勲章に限らずね ちょっと置いといて

メダルっていうものは
アスリートの皆さんにとって

メダルがあるから頑張るものなのか…。
そっちですね。

例えば メダルっていうのが
そこの国の河原に落ちてる石でも

それでも頑張った?
頑張ります。

私 シンクロ始めた時から
本当に オリンピック出たとしても

メダルを取らないと 意味がないって
私は ずっと そう思ってたし

今 そうやって メダル取れなくて

私は 今でも
オリンピアンっていわれることに

ちょっと
引け目を感じるんですけど

そうやって 室井さんとか
周りの友達とかも…

「そこも すごい大事やから 自分のこと
評価してあげた方がいいよ」って

言われる言葉に助けられたっていう部分は
すごいある…。 すごいことだよ だって。

今 教える立場にも
なると思うんですけれども

教え子の皆さんには その辺り
どう伝えてるんですか?

聞きます まず 子どもたちに。
「どこ目指す?」って。

じゃあ そこ目指して頑張ろうかって
そのレベルに合った指導を

私は するようにしてますし。
優しい先生? 怖い先生?

怖いです。
(笑い声)

やっぱり そんな
メダル取りたいって言うんやったら

それぐらいの指導
耐えてくれへんかったら…。

そんな甘っちょろい練習では
取れへんでって

なめてんのかってなるから…。
出ました。 やっぱり 怖いんだ。

今日は 勲章ということで
見てきましたけれども

御厨さん 経済成長も一段落して
だいぶ たちますけれども…

今後の勲章は やっぱりね

これまで日が当たらなかったような職業
増えてますでしょ? いろんな。

だから そういう人たちに
やっぱり あげて

彼らが また頑張っていけるような
そんな章にしないと

もうね これね やっぱり
かなり大事なことだと思いますよ。

私 いいこと思いついちゃった。
勲章の使い方。

赤ちゃん生まれたら その赤ちゃんに

一個 勲章あげればいいんだよ
生まれた時に。 どう思う?

だから それで どんどん
赤ちゃんが増えていくわけね。

うん。
赤ちゃん勲章だね。

生まれたら
赤ちゃんに もう渡しちゃうの。

いいんじゃない? うん。
次回 お待ちしております。

ありがとうございました。
どうも ありがとうございました。

♬~


関連記事