ウチのガヤがすみません! 平野紫耀が本田紗来にドッキリ・向井理&水川あさみをテーマに驚きのアート作品…


出典:『ウチのガヤがすみません!春の2時間スペシャル【平野紫耀が本田紗来にドッキリ】』の番組情報(EPGから引用)


ウチのガヤがすみません!春の2時間スペシャル【平野紫耀が本田紗来にドッキリ】[字]


ガヤ春の2時間SP!広瀬すず&吉沢亮の激ヤバ情報を大放出▽平野紫耀が仕掛人!本田紗来にドッキリ▽向井理&水川あさみをテーマに驚きのアート作品…騒然100万円落札


出演者

【MC】ヒロミ、後藤輝基(フットボールアワー)

【ゲスト】広瀬すず、本田紗来、本田望結、向井理、水川あさみ、吉沢亮 ※五十音順

【ガヤ芸人】相席スタート、尼神インター、3時のヒロイン、三四郎、チョコレートプラネット、ティモンディ、フワちゃん…他 ※五十音順

【コーナー出演】ケンドーコバヤシ、徳井健太(平成ノブシコブシ)

【VTR出演】秋山竜次(ロバート)、平野紫耀(King&Prince)

番組内容

ガヤ春の2時間SP!ヤバイキング~広瀬すず&吉沢亮の激ヤバ写真&50万ボルトのビリビリに挑戦▽天才スケーター本田紗来にドッキリ!憧れのKing&Prince平野紫耀が人生初の仕掛人に▽ガヤ芸人アートオークション!向井理&水川あさみをテーマにガチ制作…騒然100万円落札!▽大人気フワちゃんが仕事場兼自宅の大豪邸を購入か?▽ガヤ芸人VS中華の鉄人!カニチャーハン対決!ロバート秋山クリエイターズファイル


『ウチのガヤがすみません!春の2時間スペシャル【平野紫耀が本田紗来にドッキリ】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ウチのガヤがすみません! 平野紫耀が本田紗来にドッキリ・向井理&
  1. 長田
  2. フワ
  3. 拍手
  4. 別府
  5. 向井
  6. 那須
  7. ホント
  8. 亀田
  9. ヤバ
  10. 吉沢
  11. 電気
  12. お願い
  13. 一同
  14. 皆川
  15. 菰田
  16. 大丈夫
  17. 菅谷
  18. 西森
  19. 中西
  20. 広瀬


『ウチのガヤがすみません!春の2時間スペシャル【平野紫耀が本田紗来にドッキリ】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





↓日本テレビ 関連商品

(拍手と歓声)

<超豪華ゲストを…>

<広瀬すず vs
50万ボルトのビリビリ!>

<ヒロミの衝撃 おバカ解答に…>

(笑い)

(平野) テッテレ~!

(後藤) 向井 理さん
水川あさみさんです!

(拍手と歓声)

(歓声)
≪すご~い!≫

(ヒロミ) すごいでしょ?

(向井) いや…。

(笑い)

≪お~い!≫

怒るな 怒るな。

<トップバッターは…>

<…で
ゲストを気持ち良くさせる>

(はじり) 簡単な問題を解くだけで。

(皆川) 水川さんに…。
(水川) あっ はい。

(皆川) 簡単な問題でございます
足してください こちらです。

(皆川) 時間でお答えください。

(皆川) 早っ!

早いなぁ。

(はじり) 絶対そう!
(皆川) 早いですよね。

水川さん たくさん映画の作品
出演されてますけれども

今から 水川さんの出た作品
全部 見ようとした時に

かかる時間が 68時間13分。
すごい時間!

(皆川)
どんだけ出てんねんっていうね。
(はじり) すごいたくさん!

…かかってしまうという。
うわ~ すごいなぁ!

(皆川) デビュー作は
何といっても…。

怖い 怖い。
有名な役ですね。

1時間56分の間に
私 数えました。

中国語のセリフ 26回も…。
すごい!

知らない そんなこと。
自分でも分かんないでしょ?

すごい!

水川さんに ひと言お願いします。

(中国語)

(笑い)

ありがとうございます すごい!

向井さんもあるの?
ありますよ もちろん。

向井さんの問題
こちらでございます!

(向井) 33.2です。

(はじり) 素晴らしい! さすがです!
分かるよ 分かる 分かる。

(皆川) これ 向井さんの母校
明治大学 農学部生命科学科の

合格者倍率ですね。
(はじり) 厳しい!

(皆川)
めっちゃ高い! 33人受けて
1人しか受からない!

針の穴を通すような。
ねぇ!

(皆川) だから
ずっと研究されてまして…。

…されてるんですよ。
おめでとうございます。

(皆川) その時の研究内容は皆さん
周知の事実だと思いますけども。

すごい! その通りです。

さらに いいですか 相方が
面白いこと言えるらしいんで。

向井さん 笑かしてあげて。

いや おもろいな!

(はじり) おめでとうございます。
ありがとうございます。

気持ちいいでしょ?

(はじり) ありがとうございます。

こうなったら…。

(市川) あのですね 申し訳ない。

いや 情報 出たやん。

(はじり) かなり濃いですよ。

もっとすごいの入ってますよ。
じゃあ 水川さんのある?

(市川) ありますよ いいですか?
覚悟してくださいよ。

あのですね
水川あさみさんなんですけども

これ絶対言わないでくださいよ!

実は…。

(笑い)

薄いやろ!

むちゃくちゃ薄いやないか!
嫌いじゃないんですよ。

「この作品! いくら出せる!?
アート芸人オークション」。

<『ウチのガヤ』には…>

<…が数多くいる>

<そんなアート芸人の…>

<社長やコレクターなど
アートに精通する人相手に

オークションにかける!>

デヴィ夫人よろしくお願いします。
お願いします 夫人。

夫人 やっぱ
いいのがあったら行きますか?

(デヴィ 夫人) そうですね。
夫人 結構行きますからね。

で 「イモトのWiFi」の社長
来てくれました!

(拍手と歓声)
≪すげぇ!≫

よろしくお願いします。
≪本物≫

…ですよね?

今日は…。

イモトの!
そうです そうです。

そうです。

(笑い)

あ~ ホントだ!

わぁ ビックリした!

<ガヤ芸人の…>

(一同) え~!

(一同) えぇ~!

マジで?

<…をするなど 陶芸に精通>

(長田) 向井さんに
日常的に使ってもらえるもの

そういうものを作りましたんで
自信あります。

今回 この電動ろくろ 使います。

水挽きという方法ですね。

今 思えば…。

(スタジオ:後藤) おい Matt。

(松尾) 僕にとっても すごい
お父さんっていうのは…。

(スタジオ:後藤) 関係ないやろ!

早 作品 見せろや!

(山崎) オープン!

(長田) こちらでございます。

(長田) 陶器と下の部分は
鉄になってるんですけれども

この下の部分
モンスターエンジンの西森さん。

町工場やからね。

(長田)
ここの模様は 一応 「向井」と。

(向井) ホントだ!

(長田) こちらが「理」ですね。

「理」のマーク。

あんまり…。

(長田) この鉄 そして こっちの
ボルトで留めてるんですね。

ボルトで留めてまして
これを回していただくと…。

え?
何?

いや いらんわ。

引き出しから
ドライバー持って来るやろ。

(長田)
面倒くさいですよね やっぱりね。

例えば リビングで 何か…。

(長田) そうですよね。

(笑い)

物置みたいな所があるんですよ。

向井さん用に
作ったんですけれども…。

…ようなもの あります。

飲んでる時…
ピンポン 「はい~」。

ありますよね? これは よくね。
あるある。

(長田) そんな時 開けますと…。

こちら…。

えぇ!?

(長田) めちゃくちゃ
小っちゃいんですけれども

押すと… はい。

うわ!
(長田) 「向井」。

あ~ すごい!

でも だいぶ小さいな。

(向井) え~。

(長田) こういう工場なので。

これは かわいいんじゃないの?
これ いいなぁ。

すごい。
これ ちょっといい…。

(長田) 欲しいですよね!?

向井さんのために
作ってるんです!

皆さんに取られるより
自分で持ったほうが絶対いい。

絶対そう。
これは欲しいです。

「絶対そう」って 俺が もう…。

(笑い)
(長田) ヒロミさんに懸かってる!

(徳光さん)
こちらの作品の価格が…。

(徳光さん) というのが なかなか
そんなにないものなので。


では早速 始めたいと思います。

(菅谷) …から スタートです。

(一同) え~!

早いな! 早いんだよ もう。

上げ方よ。

来た!

30 行った!

(一同) え~!

(笑い)

≪ヒロミさん!≫

(拍手)

50 出た! 50 出た!

(笑い)

おぉ!

(菅谷) 出ました 100万!

(渚) おかしい 買い方がおかしい。
(誠子) 怖い 怖い。

手 震えてる。

(菅谷) 100万まで来ました。

マジで?

よう分からんよ!

(笑い)

(菅谷) よろしいでしょうか?
え~? マジで?

これ行くねや?

100万円で落札です。
う~わ!

(拍手)
(長田) う~わ うれしい!

ちょっと 西村さん!

ペアなんで
ぜひ ご主人とイモトさんに。

(長田) めちゃめちゃ
「向井 理」って入ってます。

最高額です。

すごい。

(拍手)
すごい。

これ さすがに…。

(一同) え~!

あのですね
西村社長なんですけども

実は…。

(笑い)

何のスクープやねん それ。

<…の絵が評価され>


(くっきー!)
言い方 悪く言えば…。

(笑い)
いじるやろ!

(笑い)
(川原) 誰がや!

分かんなかったんじゃないの?

<その…>

<本に文字やイラストを
浮かび上がらせる ブックフォールディング >

<今…>

<…の芸術作品>

何? これ。
あっ すごい 浮き出てる。

<一体…>

(笑い)

(川原) えっ 折ってるだけ?
(D.Hinklayさん) 折ってるだけです。

(川原)
このページは こことここを折る。

このページは ここと…。

全部 一枚一枚 違うわけや。
(D.Hinklayさん) そうですね。

<川原が…>

ゲストが誰でしたっけ?

(スタジオ:後藤) 違うわ!

<実は 水川と川原は…>

<描くテーマは…>

(D.Hinklayさん) 顔とか…。

<使うのは…>

<まずは…>

<パソコンを使って どこを折れば
猫が浮き上がるか計算>

<あとは
ひたすら丁寧に折って行く>

マジで。

<川原自身…>

(川原) …の時もありましたし。

その時に…。

(山崎) オープン。

まずはですね 表紙からですね。

わぁ すごい!

これは…。  私だ。
はい!

これは…。

(笑い)

(川原) はい!

ハハハ!
チョビ2LDK?

ヤバいよ。

(笑い)

何や モッフンニョって。

(川原) こちらですね。

(一同) お~!
(向井) すごい。

名前だ。

(向井) すごいね これ。

あ~!
(川原) そして!

大本命 モッフンニョですね
こちらです。

(歓声)

すご~い!

あ~!

うわっ 複雑。

うわ~ わぁ すごい。

すごいなぁ。

うわ~ すごい!

そのまんまっていうぐらい。

(笑い)

(瀬下) 今 しゃべってるやろ!
説明してるやろが。

(山添) 徳光さん
鑑定額をお願いします。

2つ合わせて…。

随分 上がりました 先ほどよりね。

(山添)
秘めているということですね。

では 早速 始めたいと思います。

天竺鼠・川原さんの作品
4万円からのスタートです。

4万円!

10 行った!

(一同) え~!


ちゃんと読んでくれたで。

…からの スタートです。

4万円!

10 行った!

(拍手)

だって 後ろから…。

(一同) お~!
夫人!

(一同) お~!

(拍手)

頑張って。
だって…。

45まで行きましたよ?

ないのかな?

(拍手)

(菅谷) 46万 来ました!

さぁ 来るのか?
どうなのか?

(一同) お~!

頑張って 50!
(菅谷) 出ました 50万。

みんな すごい。
50から上!

ない?
(菅谷) よろしいですか?

ということで
50万円で落札です。

(拍手)

マジですか!

50ですよ?
ビックリしました。

これ… 50行ったで。

(笑い)

<…させたネタをする メンバー>

<実は ボケの山口は
アートが趣味でイラストも得意>

<一方 ツッコミの潮は

ネタで使う小道具を
自ら作るほど手先が器用>

<今回は…>

(潮) 先生
よろしくお願いいたします。

<手掛けるアート作品が…>

<こちらの…>

<全てパスタで作られた
アート作品>

<ヴィーナスの体も…>

(上原さん)
よく皆さんが食べられてる…。

(潮) よく見たら
一本一本が引っ付いてる。

(山口) そうなんだ。

<さらに 髪の曲線は
フィデワという

少し曲がった
極細パスタで表現>

<岸辺の砂利は イカスミの
パスタを細かく粒状に>

<…で描かれている>

<パスタそのものを
生かして描く>

(山口) …を題材にした作品を
作りたいと思います。

<実は向井 何度も訪問し…>

<…と語るほど>

シェムリアップっていう所に
アンコール・ワットがあるんですけど

そこの近くに…。

…っていう気球があるんですよ。

かなり好きなんですね。

<まずは…>

(潮) うわ… ムズっ。

♪~

♪~  続いては 空を舞う鳥を
作りたいと思います。

♪~ まずは 丸いパスタで
頭と胴体を作ります

♪~ 続いては細いパスタを使って
尻尾を作ります

♪~ 続いて平たいパスタを使って
翼を作ります

♪~ 最後に小さいパスタで
目とくちばしを貼り付けて

♪~ 完成です

♪~

♪~

♪~ ちょっと待ってください

♪~

<少しでも…>

<と パスタアートに
挑んだメンバー>

<そして…>

<隠されていた!>

あ~ ホントだ!

わぁ ビックリした!

(山崎) オープン。
こちらです。

≪わ~! すごい!≫
(長田) すげぇ!

すごい!
(山口) ありがとうございます。

すごい!

そうね ここ 池があるから。

(山口:潮) 全部パスタです。

どれぐらい
かかったんやったっけ?

(山口:潮) 100時間ぐらいです。
100時間。

(山口) 20種類ぐらい
パスタ 使ってまして

着色はしてないんで 一本一本

空だったら この色とこの色
交互に合わせて。

(向井) 立体感がすごいですもんね
ここら辺の。

(潮) 何層にも重ねて行って
作ってます。

どうですか? この景色は。

(向井) このまんまでしたよ。
ね! こんな感じだよね?

(向井) 夕焼け すごいキレイなんで
ホントに こんな感じでした。

わぁ~ すごい。
(山口) 実はですね

ちょっと仕掛けがありまして。

(山口) 分かりますか?
え?

探したい。
(向井) 分かんないです。

(潮) 分からない? では…。
(山口) いいですか?

こうするとですね…。

(向井) あ~ ホントだ!

わぁ ビックリした!

(潮) 空が…。

(向井) すごい!

鳥肌 立った!
これは すごい。

すごいな これ!
(向井) これは すごい!

すごいな これ…。

すごい! すごい!

(デヴィ)  私 さっきから
思うんですけどね…。

(笑い)

上がってます?

(山添) 徳光さん こちらの作品の
鑑定額をお願いします。

5万円。
(一同) お~!

でも 行くか。

(菅谷)
では 始めたいと思います。

5万円からスタートです。

(菅谷) 6万円。
(渋谷さん) 7万円。

(菅谷) 7万円 10万円。

<さらに!>
(電気が流れる音)

アカン アカン…!
(電気が流れる音)

<…のビリビリ!>
(電気が流れる音)

メンバーさんの作品…。

5万円からスタートです。

(菅谷) 20万。
おぉ 20!

(菅谷) 25万。
25 来ました!

(笑い)

(拍手)

(菅谷) 26万 来ました!

(一同) お~!

(菅谷) 30万!
30 行った!

(一同) お~!

(元谷さん) すごい 大丈夫?
マジで?

さぁ 50!

50かぁ…。
50でよろしいですか?

…というわけで
50万円で落札です。

やった~!
ありがとうございます。

(拍手)

もっと 上がると思った?
(西村さん) はい あと…。

(笑い)

<続いての…>

広瀬すずさん 吉沢 亮さんで~す。

(拍手と歓声)

どうですか?

(吉沢) 僕は…。

(長田) ありがとうございます
すいません。

どちらさんですか?

いやいや もう…。

長田のみで すみません。
長田とROLAND。

吉沢君 何か そういうのない?

でも すごく…。

(吉沢) 分からなくて。
なるほどね。

そういうのって 結構 ひと言で
ポ~ンって答えてくれるんで

ちょっと ROLANDさん
どうしたらいいですかね?

現場に行って
共演者と仲良くなれない?

だったら…。

(笑い)
アホか お前!

そういうわけに行かんやろ!

ROLAND 動揺せぇへんねん!

「ヤバイキング」スペシャル~!

<ゲストのヤバい問題に
メスを入れる

「ヤバイキング」スペシャル>

(笑い)

<『ウチのガヤ』…>

本日のテーマは こちら!
ジャジャジャジャ ジャン!

これはヤバい!

(長田) どうですか? お2人…。

今のうち…。

ホント?
(笑い)

<今夜は 超一流俳優
広瀬すず 吉沢 亮の…>

まずは こちらから行きましょう!

「目立ちすぎてしまう
プライベート激ヤバ写真」。

これを入手しました
こちらです!

「既にオーラがありすぎる幼少期」。

あら?

(長田) まずは…。

行きますよ? こちらです!

(長田) どうですか? 既に…。

真ん中がアリスちゃんと?
(広瀬) そうです 姉ですね。

ちょこちょこ…。

そうです。

スポーツ やってたので…。

独りが その時は好きだったんだ。
そうです そうです。

ROLANDさん いかがですか?

(長田) そうです。

(笑い)

(長田)
それ 志村さんみたいな…。

(長田) …しないで。

(笑い)

お前 ホントに…。

(長田) さぁ 続いて吉沢 亮さんの
幼少期もヤバいです。

(長田) こちらです!

かっこいいね。

かわいいね~。

僕も…。

あんまり 外で友達と遊ぶ
というよりは

ずっと…。

(後藤:長田) へぇ~。

(長田) なるほど なるほど。

あぁ~。
(長田) へぇ~。

(吉沢) って聞いて…。

…で終わっちゃうというか。
そっから会話にしないんだ。

これ 実際…。

結構…。

ホントに…。

だいぶ かかったね。

ほんで 話は続かないわけやろ?

(長田) 寂しい!
ちょっと 寂しくないですか?

どうですか? ROLANDさん
ちょっと これ…。

(笑い)

(笑い)

(松尾) もう ホント…。

何 言うてんの?

(笑い)

(笑い)

(長田)
ここで そんなお2人のために

ガヤ流
解決方法を見つけて来ました。

こちらでございます。

さぁ こちらですね。

<まずは…>

<…のお手本>

(中西) アングリーゲーム スタート ! はい!
(那須) 怒って 怒って。

(中西) お~! はい!

(かなで) 雪だるま…。

最後!

7時って…。

(笑い)
≪素晴らしい!≫

(長田) お~!

これも例題やから。

これ 例題ですから。

はい。

もう 腹立ててください。

腹立ってますね。
作って 作って 作って。

(中西) だいぶ 腹立ってますね。
怒り 来てるよ。

(中西) 行きますよ?
(那須) では 行きましょう。

(笑い)
いいよ!

<広瀬すずが…>

(中西) 行きますよ?
(那須) では 行きましょう。

(笑い)

(中西) いいです!
いいよ!

ん~~わ!

(笑い)
(中西) いいですね!

うわ~…。

いいね!

うわ!

(笑い)

そして 最後!

ん~~!

(笑い)

…昨日。
(中西) どうしたんですか? 昨日。

(笑い)

感情がね。

(那須) よかった。

(長田) どうです? 吉沢さんも
チャレンジしてみます?

いいですか?
(中西) 爆発させてください。

(那須)
うっぷんを晴らしてください。

あ~! えらい来とる。

だいぶ イライラしてる。
これは イライラしてますよ。

(那須) ヤバい 行きましょう
アングリーゲーム スタート!

(笑い)
次!

(笑い)

トリプルアクセルって…。

(笑い)

ヒロミさんは…。

(笑い)

最後 自分に対して!

(笑い)

ありがとうございます。
自分に対して…。

(吉沢) 「くそがっ!」が
出ましたね 思わず。

続いて 広瀬さんの問題は…。

何や?
(長田) こちらです。

え?

やめたほうがいいよ。
バラエティーのやつ むっちゃ怖いで。

それで 先日 それこそ この…。

…って気持ちもありつつ。

ホントにやりたいですか?

やりましょうか じゃあ!
はい!

この番組内で使った…。

ちょっと 出したいと思います。
ヤバいよ ヤバいからね。

初代から全部…。

(長田)初代から全部そろえまして。
うわ~ ホンマや。

<数多くの
豪華芸能人たちが絶叫!>

<ガヤ名物
ビリビリマシンだが…>

じゃあ 見るだけ 見て。
(長田) 行きますか? これ。

それ 置いといてください。
それ 置いて…。

棒のやつは…。

(笑い)

僕 決定なの?

<広瀬が見てみたいのは…>

<その…>

行きます スイッチ オン!

(電気が流れる音)
(一同) わ~!

(長田) ヤバいですよ。

出てる…。
(長田) そんな近寄っていいの?

(電気が流れる音)

分かんないから ちょっと…。

僕 棒のやつって…。

何で これになっちゃったの。

しょうがないよ すずちゃん
見たいって言うんだもん。

いいとこ見せろよ
どんなぐらいの感じのやつか。

大丈夫!
大丈夫だよ!

バァ~って 大丈夫ですか?

大丈夫だよ!

そう そう… 何げなくね。
何げなくですか?

(長田) それでは 小宮さん
よろしくお願いします。

(海老谷さん)
では スイッチ オン!

(電気が流れる音)

≪ヤバい ヤバい≫
(電気が流れる音)

(電気が流れる音)

(電気が流れる音)

ハハハ…!
(電気が流れる音)

(電気が流れる音)

何 やってんだよ!

前 行けよ!
これ 怖い。

(小宮) これ 怖いよ!
だから 行けよ!

(長田) ちなみに…。

怖いだろ。

(笑い)
(小宮) 注射じゃねえんだぞ。

いや ビビるから…。
いや これ怖いって!

ここぐらいですよ。

いやいやいや…!

ついてないけど この時期の…。

(小宮) ウソはついてないもん。

痛いは痛いもん!
うるせぇな!

じゃあ お前やれよ!
何で 俺なんだよ!

(笑い)

何で 俺なんだよ!

(笑い)

(長田) 何で 俺なんだよ!
(小宮) 痛っ!

(笑い)

(笑い)
痛っ!

痛っ!

今…。

今 火花 散ったもん。

ホンマに行かなくていいから。

(笑い)

それは どっちなんだろう?
いやいや…。

(笑い)

(笑い)
(小宮) 何ですか? これ。

(笑い)
何なの? これ。

≪何で ちょっとキレてんのよ?≫
だって…。

(小宮) バラエティーに
こんなん おかしいだろ。

(長田) ビリっより痛かった?
ビリっより痛いもん!

つけて。
ちょっと暗くして。

<さらに!>

僕…。

何すればいいんですか?

じゃあ 入って行きますね。
(那須) はい お願いします。


つけて。
ちょっと暗くして。

(長田) お願いします!
(電気が流れる音)

アカン アカン…!
(電気が流れる音)

(電気が流れる音)

(電気が流れる音)

やめとき やめとき!
(電気が流れる音)

いや アカン アカン…!
(電気が流れる音)

ちょっと待って…。

(笑い)

(長田) 「させねぇよ!」出た。
あ~…。

よかった あの画だけ…。

(笑い)

ねぇ? ヒロミさん。

もうちょい…。

(長田) これとかは まぁまぁ。

これは こう
ず~っと これ抜ければ

こうやって抜ければ
これでOKなの。

当たんなければ。

<代わりに
挑戦してもらうのが…>

それじゃあ…。

でも…。

そうそう… 頑張ってみて。

さぁ それでは お願いします!

(スタートの合図)
スタート。

(電気が流れる音)
あ~~!

(電気が流れる音)
あ~~!

(笑い)

(長田) 早っ!
(笑い)

≪笑ってる≫

何か…。

みんなが動いちゃってた。

(長田) すごいですね。
確かに何か…。

ホントに ここに。

おかしなってるやん!
(笑い)

「特別企画 フワちゃん 家を買う」。

(拍手)

<この…>

<数々の…>

<フワちゃんの…>

<かねてから もっと広い家に
住むことを夢見てる>

(フワちゃん) パターンが多いから
ちょっと それに関しては…。

ほんのり憧れを持ってる?

うるさくしてもOK。
(長田) あ~ これはね…。

YouTube撮影もするし。

あと友達が いっぱい呼べる部屋。
(長田) 友達ね。

<…をしているフワちゃんには
欠かせない条件>

あとは…。

…があったら最高でしょ。
(長田) フォトジェニックなスポット。

<見晴らしのいい景色や
映えスポットなど

家の周りにも フォトジェニックな
スポットがあればベスト>

<全ての…>

(長田) お願いします。

(笑い)

<今回の
超お薦め物件があるのは…>

<同じ東急大井町線には

二子玉川や自由が丘などの

オシャレタウンも>

うわっ…。

(亀田さん) こちらになります。
出ました こちらですか。

<心配なところだが>

(フワちゃん) フッフフ…。

(長田) リアルだな。
フワちゃんは7000万。

フワちゃんは…。

リアルなやつ 出ましたね。

<そして…>

(亀田さん) こちらが…。

(フワちゃん) うわ~!

(松尾) すご~い!
(長田) すごい!

<サービスルーム付きの…>

<…が!>

<さらに!>

(長田:松尾) あれ?
≪いらっしゃい≫

<サプライズ
ガヤ芸人さんも

要所要所で
登場するので お楽しみに>

<ということで 早速…>

(長田) うわっ すごい えっ…。

(フワちゃん) えっ!

(フワちゃん) あ~!
(長田:松尾) あれ?

<広々とした玄関は なんと6帖>

<なので…>

(ねんねん) ここだね。

じゃあ これで。
(フワちゃん) これ?

(ねんねん) この線でお願いします。

う~!
(ねんねん) あっ ちょっと…!

(笑い)

<その先には…>

(長田) ここが… うわっ!
えっ!

(亀田さん) ウォークインクローゼット…。
(フワちゃん) えっ! これ クローゼット?

(長田) クローゼット。

(亀田さん) 広さ12帖あります。
(松尾:長田) 12帖!

ハハハ…!

私…。

多そうだね
しかも かさばる靴とか

すごい持ってそうだもんね
何かね。

<靴200足 洋服100着は
余裕で収納できる

超大容量のクローゼット>

(長田) よ~い スタート!

ハハハ… ねぇ! ねぇ!

ズルした~!
勝った 勝った!

ハァ~!

(長田) 大丈夫だよね?
はい!

<お隣には 騒いでも大丈夫!

…という条件をかなえる
お部屋が>

おっと?
(フワちゃん) う~!

(フワちゃん) えっ…。

(亀田さん) こちらが防音室に…。
(長田) 防音室 あっ!

(長田) ここ 入れさせて。
うん。

<普段 ハイテンションで
YouTube撮影している

フワちゃんには うってつけ>

(亀田さん) そうですね。

何が好きなの?

寅さん!?

<そして 1階には

交友関係の広い
フワちゃんお望みの…>

<…を叶える お部屋の数々が>

さぁ こちらの部屋は…。

うわっ!
(フワちゃん) あっ!

(亀田さん) こちら
ゲストルームになっておりまして。

(長田) へぇ~!

(長田) あ~ 広い!

(亀田さん) こちらで10帖ぐらい
広さ 取れております。

ここの…。

(亀田さん) はい。

(フワちゃん) 最高じゃん!

<25帖の優雅なバルコニー>

(亀田さん) そうですね
このエリア使っていただいて…。

(長田) まさに これ…。

(亀田さん) 早咲きの桜が。

(長田) いや これ いいな…。

(フワちゃん) うわっ 超キレイ!

ホント いろんな友達呼んで
みんなで ここで撮ってほしい。

(長田) いや これはいいですよ。

<条件 フォトジェニックなスポットを

見事クリア>

<続いて…>

<…のある2階へ>

(長田) う~わ!

(亀田さん)
こちらが リビングダイニングキッチン  です。

(松尾:フワちゃん) うわ~!

(フワちゃん) 広っ!

(長田) 何帖あるの?
(亀田さん) 大体30帖ぐらい。

(長田:松尾) 30帖!?
(フワちゃん) え~!

(長田)
これ もう成功者よ ホントに。

(長田) すごい!

(フワちゃん) これは マジですごい!

ハハハハ…!
あんま そういうこと言わない。

小っちゃいとか…。

(亀田さん) そうですね…。

(フワちゃん) マジで?

(亀田さん) あと…。

(長田) ここのベランダ から見れる?
(亀田さん) 見れます。

(長田)
ゆきぽよ 誘えばいいじゃん。
(フワちゃん) ゆきぽよ 誘おう。

<続いて 奥の…>

(長田) ここがキッチン?
(亀田さん) そうですね…。

(長田) アイランドキッチンだって!
(フワちゃん) すごっ!

(亀田さん) お料理をしながら
子供を見たりとか

テレビ見たりできるような
キッチンになっていますので。

(フワちゃん) あっ そういうことか。

(長田) 何それ!?

(フワちゃん) そうなの ヤバいよ。

<さらに…>

(亀田さん) およそ車6台 駐車…。
(長田) 6台だって!

(フワちゃん)
マジ? 私の原付だったら…。

(長田) ハハハハ…!

エヘヘ…。

(フワちゃん) あら!
(長田) 何か…。

(エンジン音)

ハハハハ…!

(エンジン音)

(笑い)

<続いて…>

<…が3階に>

(フワちゃん) うわ~!

(フワちゃん) えっ! 最高じゃん。

(長田)
見て 見て 見て~!

(3人) あ~!
落っこちゃ~う!

(3人) あ~!

(笑い)

<そして…>

(フワちゃん:長田)
バスルーム? 3階に?

(長田) え~?

ちょっと開けてみましょうか
バスルーム…。

(長田) 別の所 行こう。

<その広さは4帖>

<浴槽には…>

(フワちゃん) あ~!
(長田) これ めっちゃいいじゃん。

(長田) うわっ いいね!
うわ~!

(長田)
そっから生配信できんじゃん!

ヤバい!

(笑い)
(長田) 総SNSに。

(亀田さん) こちら…。

え~!
サウナ付き。

うわうわうわ… ワ~オ!
すごい!

うわっ すげぇ!

いや 家庭用サウナって
大体1人よ。

(松尾) すごい!
(長田) 4人はすごいわ マジで。

(フワちゃん)
だから 那須さんとかさ…。

サウナに…。

それ!

はい。

金額が…。

(笑い)

<フワちゃんは…>

(長田) あっ 賃貸やってるって。

アハハハ…!

<では 吉沢 亮のヤバい問題に
戻ろう>

まずは…。

こんなにクールな
イケメンの吉沢さんが

なんと…。

結構…。

(長田) そうですか?

ROLANDさん
ヤバいっすよね?

(長田) そうですよね。

(長田) ヤバいですよね。
違う違う違う…。

(長田) そんなカニ好きな
吉沢さんのおもてなし

こちらでございます!

お~!
(拍手)

(拍手)

(笑い)

<実は ホテルの一流…>

<…を積んだ元料理人>

<これまでも
豪華芸能人たちの舌を

うならせて来た>

(別府) よかった!

<そんな
別府ちゃんが…>

<…を挑む 超一流
中華シェフとは?>

この方です どうぞ!

≪うわ!≫
≪お~!≫

(長田) 中華界の鉄人
陳 建一さんの下で

総料理長を任されたこともある

今は都内で3店舗のオーナー
菰田欣也さんです。

よろしくお願いします。
(菰田) よろしくお願いします。

(長田) 超一流ですよ。

ホンモノ!

(菰田) いや 何か…。

(別府) いやいやいや…。

本気で?
(菰田) はい。

はい! 行きます!
まずは野菜を切りますね。

カニチャーハンは
店で作ってたの?

(別府) 作ってましたね ホントに。

(別府) …で行こうかなと思って。
へぇ~。

味見 毎回しないの。

毎回しないんだけど
そこそこ うまいんだよね。

(別府)
エリンギを入れておきますね。

(別府) これ ちょっと…。

あぁ。
へぇ~。

(長田) 手さばき いかがですか?
すごい!

なかなか。
あっ なかなか。

≪手際いいね≫
そうやって切るんだ。

最近…。

え~! 忙しいのに。

それこそ ネギ切る時に
ああやって線入れてから切ると

早いみたいなのを
知ったんですけど

あの サッサッサッサッサッサは
全然できないです。

あ~ ねぇ。

1個目 何やねん!

ハハハハ。

広瀬すずちゃんに会ったのは
初めて?

(別府) 初めてです。

あの4人きょうだいの中に
入りたいなとか。

(笑い)

絶対アカンで
あの すごい4人に入るのは。

よく入りたいと思ったな お前。
(別府) いや ホントに思いました。

(篠栗) 別府ちゃん…。

…みたいなのを昔やってたんです。

え~!
(別府) そうです やってました。

言うてよ。
(篠栗) 50音でね。

(別府) 50音で
言われたらやりますけど。

(篠栗) 「め」。

(笑い)
(別府) もう耳が…。

≪ふさがってない≫

ゴム掛かってるだけやで。

「し」 え~…。

「幸せに歩こうよ」 ほんなら…。

その言葉を。

(笑い)

(別府) うれしいです。
≪別府ちゃん 何 そのリアクション≫

(別府)
はい チャーハンできました。

(別府) はい 味見は大丈夫です。

すごい!

(笑い)

あの…。

そうですね
今 失敗しましたね。

<水溶き片栗粉で
あんに とろみをつけたら…>

はい 大丈夫ですね。

え~~~!
(笑い)

お前 すげぇな!

えぇ~!
(別府) すいません。

違う 違う…。

すいません
カニチャーハンですよね。

チャーハンのほうに
入れるんじゃなくて?

(笑い)

≪めっちゃ いい匂い≫
うわ~!

ウニ?
(別府) はい。

はい 完成です!
(長田) 完成でございます!

さぁ それでは試食をして
いただきましょう。

吉沢さん どうぞ。

もう熱々のやつ
食っちゃってください。

(吉沢) いただきます。

(別府) ホントっすか?
うれしいです。

(吉沢) ホントに…。

(吉沢) …が すごいしますね。

(別府) あぁ うれしいです。

広瀬さん 食べてくれてるんだよ
お前の。

(別府) ホント そうっすよね。

(篠栗) すずちゃん 食べてるよ。

(別府) あ~ うれしいな!

そうか。

ホントですか?
うれしいですね。

(別府) よかったです
よかったです。

ホンマ…。

(別府) ホントですか?

ハハハハ…。

(笑い)

<中華の鉄人…>

じゃあ よろしくお願いします。
プロですから。

包丁がすごい!
一応 プロなんで

カニチャーハン作るんですけど
ハンデをと思って。

今日は…。

カニ 使わない?

カニカマでいいんですか?
(菰田) カニカマでいいです。

これ もう普通に 手で軽く
ほぐして行きます。

そこそこ カニの味 出てたもんな
お前のな。

(別府) そうですね。

今日 あと ネギとレタスですね
使って行きます。

そんな切り方?
どういうこと?

(長田) 真ん中から…。

(菰田) みじん切りをするために。

それで下まで
どんどん行くんですか?

(菰田) はい そうですね。

そうすると…。

すげぇ!

(笑い)

(菰田)
レタスは ちょっと大きめに

ザクザクと切って行きます。

(一同) え~!

(菰田)
ここに卵を入れて行きます。

≪まず 卵≫

(菰田) よく ここ…。
(長田) 溶き卵じゃないんですね。

(一同) え~!

(菰田) まず 白身に
香りを出すんですよね。

(菰田) それは…。

へぇ~!
(菰田) だから よく…。

やっぱ…。

(別府) 全然違いますね。

(菰田) カニ風味かまぼこですね
これ 入れます。

(長田) 結構ふんだんに。

料理の仕方が もう…。
うわわわ…!

これ 芸術だな。

これ ネギですね。

ネギを
こんな後に入れるんですか?

(菰田) はい。

で 仕上げに まず鍋肌に

香りを立たす お酒を入れます。

そうすると チャーハンに
いい香りがつきますんで。

その後 お醤油ですね。

お醤油も
ご飯につけないで鍋肌に。

へぇ~!
香りですか?

(菰田) そうすると 醤油の
香ばしい香りがつきますんで。

仕上げに ここで
レタスを入れます。

これ 匂いが浅倉 南ちゃんとこ
行ってんちゃう?

(笑い)

(菰田) これで…。

(拍手)

うわ~! うわわわわ…!

あ~! うまそう!
ハハハハ…!

うまそう!

(拍手)
レベルが違う!

早く 早く 早く!
(長田) 食べて 食べて 食べて!

≪すぐ行ったほうがいい≫
出来たて。

(拍手)

すずちゃん すずちゃん!

(長田) 違いますか? やっぱり。
(吉沢) 全然違う 何これ!

これ これは やっぱ違う?

ホント? カニカマだと思わない?
思わない。

全然 これ カニだよね!

フワちゃん フワちゃん。
いいの?

ええよ。
(フワちゃん) いただきます。

今度…。

(笑い)

<吉沢 亮が選ぶ…>

(長田) お答えください!

(吉沢) …選びます。

ありがとうございます。

食べたか?
食べてないです。

ちょっと プロの食べてみろ。
(別府) いいですか? すいません。

どう?
いや もう…。

おいしいです おいしいです。

(長田) さぁ 続いては…。

(長田) 何だと思いますか?

(笑い)

(長田) やりますけど
やりますけれどもね。

実は これでございます。

(長田) これは
どういうことなんでしょうか?

ずっと…。

…って言われて。

ドラマで結構…。

を演じた時に…。

と思って…。

つぶしたんや?

(長田)
そんな広瀬さんへ永久保存版

ガヤオールスターズによる
ある企画をご用意しております。

シャチホコ君 お願いします。
(Mr.シャチホコ) はい!

Mr.シャチホコです。

懐かしい!

<『ウチのガヤ』が誇る…>

<この後 りんごちゃん
Mr.シャチホコなど…>



<広瀬すずに…>

お願いします。
よろしくお願いします。

せ~の!

久々!
♪~      おぉ 来た!

♪~

♪~     マイクが低い。

♪~       (手拍子)

♪~

カモン!
♪~

♪~

(長田)
まずは低音といえば この人

遠藤憲一。

カモン!

(ねんねん) 勝手に…。

すずちゃんのことね。

次は 名門野球部で鍛えた
低音ボイス…。

カモン カモン カモ~ン!

(前田) …の仕方。

(高岸) ○△□×☆※…!
ハハハハ…!

(拍手)

(長田) 続いては…。

出て来いや!

何て言ってるか聞き取れない

お祝いメッセージを言う
加山雄三。

どうも どうも みんな…。

ありがとう!
(笑い)

ボ~っ!

何やねん それ!
(笑い)

(長田) さぁ 以上でございます
ありがとうございました。

どうですか?

ねぇ あれ 何 言ってんだろうな。

あのシリーズ ちょっとやってよ!

耳を澄ましてね。

○△□×☆※…!

(笑い)

何て言うてんの?

あれは何っつってんの?

ちゃんと早く言うてみて。

○△□×☆※…!

(長田) さぁ 続いては…。

…していることが発覚しました。

ちょっと スキャンダルに
なるかもしれませんけど

こちらでございます。

(一同) へぇ~!

(長田) これはホントですか?

クリエイターズ・ファイルの動画を
ずっと見てて

朝ドラの撮影の合間に

疲れたなとか
今日 長いねっていう時は

それを見てました。
(長田) なるほど。

小公造さん。

あのですね 今回 なんと

広瀬さんのためだけに作った

オリジナルの
クリエイターズ・ファイルのVTRを

私 独占入手して来ました!

(笑い)

<さらに 今夜…>


<さまざまなキャラに扮する…>

<それが…>

<その中から…>

<すでに…>

(自転車のベル)




(スタジオの笑い)

めちゃくちゃ詳しいやん。

(スタジオの笑い)

(スタジオの笑い)

(ふっくん) お疲れさまです。

え~っと 彼は…。

(スタジオの笑い)

2日間だけ
死んじゃう薬を手に入れて

それを飲んでしまったという

壮大なコメディー。

え~ よろしくお願いしま~す。

それぞれ ロードショー。

(スタッフ) ありがとうございました。

ちょっと ふっくんから
預かっております こちらの…。

世界を5周したという。

しかも すごい…。

持って帰る? ちゃんと。

(笑い)

でかっ!

(笑い)

映画 『一度 死んでみた』が
絶賛公開中デス!

2日間だけ死んじゃう薬を巡る
大騒動を描いた物語で…。

実際に薬を飲んで死んじゃった
お父さんを生き返らせるため

私が演じる 娘の七瀬と…。

僕が演じる
存在感の薄い松岡が奮闘する

ハートフルコメディー デス!

(吉沢:広瀬) ぜひ ご覧ください。

本田望結さん
紗来さん姉妹で~す!

はい よろしくお願いします。

高校生で。

小っちゃかったのに
そして…。

うわ~ すごいな。
中学生でね。

そうですよね。

<そこで!>

「新学期に役立つ
春のおもてなしSP」。

<この春 進級する
2人のために…>

<…を用意>

<さらに…>

<…が サプライズ登場>

挙げてください どうぞ~!

<まず…>

(紗来) 「よいしょ計算クイズ」。

(皆川) 僕らですか?
ありがとうございます!

行きましょう じゃあ
ありがとうございます。

いろんなね…。

やっぱり この…。

ちょっと どんなもんか
分かっていただくためにね

よいしょ計算クイズ
出しましょうか。

紗来さんね 計算 得意ですか?

じゃあ 行ってみましょう
こちら どうぞ!

こちらです!
こちら 「120+4.07」 どうですか?

(皆川) すごい! 大正解!
素晴らしい!

解けないです こんなん。
小数点 ちょっと難しいからね。

これ 2019年2月に
行われました

フィギュアスケート
インターナショナル チャレンジカップ 

アドバンスドノービス女子で
国際大会 初優勝された時の

得点でございます。
(はじり) おめでとうございます。

おめでとうございます!
(拍手)

(皆川) そうでしたよね?
(はじり) さすがですよね。

(皆川) もちろんですよ。
ありがとうございます。

合計124.07点。

(拍手)
(はじり) すご過ぎる!

圧倒的ですよ!
(皆川) 圧倒的勝利。

だって…。

(はじり) 天才!
ありがとうございます。

いいですか。
(せき払い)

『Baby Face』やないか! お前。
すいません!

お前…。
好き過ぎて出てしまいました!

ごめんなさい。

…しようとか思ってんねんから。
畏れ多いわ! お前は。

どうですか?

(拍手)

アガるんだよ。
光栄です!

よかった よかった。
紗来さん…。

ありがとうございます。

何やねん!
(皆川) あと 4月4日は…。

…の日と一緒なんです。
素晴らしい!

全く分からんわ。
かぶってます。

あんまり 量 来られると…。

(笑い)

程よいところで
やめといてほしいのよ。

挙げてください どうぞ~!

<望結ちゃんが気になった…>

おっ 西森!
(西森) はい。

<今回のために…>

まずは…。

こちらです!

う~ よいしょ!

(望結) 長~い!
ただの棒のような。

(西森) これですね。

(西森) ここがね…。

(西森) そして…。

(望結) ハハハ…!

これは…。

どうですか?
ほら こういう感じで。

いいでしょ?
お~!

ここをね…。

基本的に。

何 教えてんねん。

自分の欲しいのを出すためにはね。
お~!

使いにくいね。
使いにくいですか? ちょっと。

一応 これ ここに…。

お~!
どうやって消すの?

こうです。
嫌やわ!

(笑い)

次は…。

紗来ちゃんのは こちらです!

何やと思う? これ。
何か水筒みたいに見えるけど。

水筒。
ちょっと持ってみますか。

(笑い)

2.5kgあるからね。

(笑い)

(笑い)
何やねん ホンマ。

(西森) で ここのセーフティカバーを
回しますね ここで。  お~!

回して?

最終安全弁?

相当…。

(西森) そうですね
最終安全弁を外しまして。

まだ 必要なものがありまして。

これですね。
え?

(西森) これは フローターですね。

いやいや ちゃうねん 分からへん。
(笑い)

フローター 言われても。

(笑い)

で これを外します
最終の安全弁を。

ここに入れる。

ゆっくり入れてください 初めは
ゆっくり入れてくださいね。

頃合いが来たかなっていう
感じになって来た時に…。

だいぶ フローター…。
(西森) 来た来た来た…!

(笑い)

(長田) すげぇ!

出て来たね。

(笑い)
≪何や? 今の≫

何や! 今の。
(西森) 出て来たね。

これも筆箱ですね。

筆箱!? これ?

(西森) 1本だけ。

初め ゆっくり行って
徐々に 徐々に…。

いいですよ
ブクブクいってるのが

上がって来る前兆ですからね。

早く早く。
(西森) もうそろそろ

グ~っと行っても
いいんじゃないですか。

来た来た…!
(笑い)

(西森) お~ 来た来た!
(拍手)

≪素晴らしい!≫
何やねん!? これ。

≪素晴らしい!≫

(笑い)
あ~ 面白っ!

どう? これ。
どうですか?

一応…。

(笑い)

机の これんとこ。

…いうと思うけど。
(笑い)

「隠れバカを探せ!
ガヤ学力テスト」。

<新学期の前に
学力を再チェック!>

実は世の中にはですね…。

…がいるわけですよ。

<隠れバカを暴くべく…>

<挑戦するのは…>

本日のゲスト 本田紗来ちゃん
よろしくお願いします!

(拍手)

(長田)
…していただこうかなと思います。

<さらに…>

そして ケンコバさんと
平成ノブシコブシ・徳井さん!

(拍手)

(長田)
おふた方にも登場していただいて。
参りましたね こりゃ。

でも…。

(笑い)

(長田) でも 徳井さんなんて
情報によると…。

左右 分かんない?

(徳井) だから…。
(長田) もうダメでしょ。

(ケンドーコバヤシ)  お前…。

(笑い)
(徳井) 違うんすよ。

(長田) 頑張ってください。
負けないでよ 頑張ってよ。

最初の問題は こちら!

そんなに簡単でもないような
気するけど。

よくあることですから。
望結ちゃん 分かる?

(長田) 書けた?

(徳井) それ あるパターン?

あれ ちょっと待ってください。

(那須) 隠れバカじゃない?

(笑い)

(長田) あ~ ヤバい ヤバい!
いやいや ごめん 俺ね…。

ニューヨーク二中だったから
あんま 漢字が分かんない。

(長田) ニューヨーク二中?

(長田) そのニューヨーク二中で習った
「おクライり」 書いてください。

ちゃんと書いてください 早く。

(コバヤシ) マジで?

早く!

(長田) ほら 助けてほしい。

(笑い)

(長田) いやいや いいよ
紗来ちゃんは いい。

ほら かわいそうでしょ
紗来ちゃんが。

大丈夫 大丈夫。
大丈夫 大丈夫。

(笑い)

(長田) 書けましたか?

(ゴング)
そこまで!

それでは 一斉に
答え見せてください どうぞ!

「おクライり」。
(長田)徳井さんから行きましょう。

(徳井) 合ってるでしょ?
(長田) はいはい 合ってますね。

そして…。

「蔵入り」 バツして

「~CRY ME~ 私を信じて」。

何やそれ!

(長田) どういうことですか?

(長田) そして Mattさんは?

ごめんなさい…。

…書いちゃいました すいません。

(長田) 槙原は
書かなくていいんです。

(那須) 元ピッチャーのね。

「お蔵入り」 合ってる合ってる。
(長田) OKですね。

そして 那須さんは?
書けたんじゃないですか?

合ってますね。

それでは ヒロミさん。

俺が思うっていうか…。

(長田) ハハハ! ヤバっ!

(笑い)

それでは ヒロミさん。
俺が思うというか…。

(長田) ハハハ! ヤバっ!

何? 「ここに何か」って。

紗来ちゃん ここに何かが入るの。

それを答えるんでしょ。
(長田) これはバカでした。

(笑い)

篠宮さん 覚え方ありますか?

(篠宮) これ 覚え方あります。

<今 ネットで…>

<例えば…>


(篠宮) ロ 出 ロっ差。


 ロ 出 ロっ差。

<本まで出版された>

VTRにまとめて来ましたので…。

どうぞ。


(篠宮) 草 一 ノ 臣
レ ノ チョン 入!

(スタジオ:那須) いいな。


(篠宮) 草 一 ノ 臣
レ ノ チョン 入!

これで 「お蔵入り」が書けます。

(長田)
でも 「ノ 臣」の「臣」が…。

「臣」を もうちょっと
簡単にしてほしかったね。

(長田) ちなみに…。

(篠宮) 「臣」の書き方。

(笑い)

「巨 1 1」。

「巨 1 1」ね。

どうだった? これ難しかった?

結構…。

大人の…。

でも…。

(笑い)

≪優しい!≫
よかったですね。

来ました!
ありがとうございます。

…というドッキリでございます。
なんと これ 驚きですね。

<それは 今を時めく…>

(那須) どうも!
(中西) どうも。

おはようございます。

(那須) 今 まさに
台本 読まれてたんですね?

(平野) あぁ はい。
(中西) 読まれてました?

どの部分 読まれてたんですか?
今ですか?

(笑い)

<周りには言っていないが…>

<スケートでくじけそうな時
その…>

僕…。

何すれば いいんですかね?

(笑い)

<…という質問に>

<…と名前が出たところで>

ちょっとね これね…。

(那須) 美術の関係で。
あっ そうなんすか。

<一発本番のため…>

そうそう…。

(中西) 今 出かけました?

ハハハ…!

(那須) 結構 狭いんで。
(平野) 狭い!

(那須) はい お願いします。

(平野) あれ?

(中西) 大丈夫ですよね?
ライブとかでも…。

せり上がり?

大丈夫です。


<何も知らない…>

<平野にも緊張の色が>

<一方 紗来ちゃんも
緊張のせいか

若干…>

(拍手)

今日は 本田紗来ちゃんに
お越しいただきました。

よろしくお願いいたします。

(那須) 何か印象に残ってたこと
ってありますか?

全部 もう すごい
楽しかったんですけど。

ちなみに 紗来ちゃんは…。

会いたい人?

(那須) 会いたい芸能人。

だから…。

…っていうか。

(那須) もったいぶらないでよ!

紗来ちゃんは…。

だから…。

…っていうか。

(那須) もったいぶらないでよ!

<…紗来ちゃん>

<すると…>

(中西) どうしようかなぁ。
(那須) すいません…。


テッテレ~!
うわ~!

(平野) テッテレ~!
うわ~!

(平野) テッテレ~!
うわ~!

(那須) ハハハ…!

ということで 紗来ちゃん…。

(拍手)

はじめまして…。

(那須) どうでした? 平野さん…。

ホント…。

(平野) 逆に…。

世間から。

キャ~!

<お見逃しなく!>

Sexy Zoneの中島健人君と
僕 平野紫耀が

ダブル主演を務めます…。

警察学校の僕たち2人が
難事件に関わって行く

本格サスペンスと
なっております。

そして なんと主題歌も
Sexy Zoneと King&Prince

ダブル主題歌と
なっております。

明日 夜7時からの
『Premium Music』で

生披露します。

我々が出演します…。

自分を守るためについたウソが
どんどん積み重なって行って

逃げ場のないところまで
追い詰められてしまいます。

(水川) その恐怖を ブラックユーモア
たっぷりに描く

サスペンス劇となっていますので
よろしくお願いします。


関連記事