アメトーーク! グッズ売れ残り芸人 ナイツ土屋プレゼン企画・こんなグッズ作って大量に売れ残りました…


出典:『アメトーーク! グッズ売れ残り芸人 ナイツ土屋プレゼン企画』の番組情報(EPGから引用)


アメトーーク! グッズ売れ残り芸人[字]


ナイツ土屋プレゼン企画▽こんなグッズ作って大量に売れ残りました▽中川家&かまいたち&ノンスタ&ジャンポケ&永野&コロチキ


◇出演者

【MC】蛍原徹

【ゲスト】ナイツ土屋&中川家&永野&かまいたち&ジャングルポケット&NON STYLE井上&コロコロチキチキペッパーズ

◇おしらせ

☆詳しくはコチラ!

https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/


『アメトーーク! グッズ売れ残り芸人 ナイツ土屋プレゼン企画』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

アメトーーク! グッズ売れ残り芸人 ナイツ土屋プレゼン企画・
  1. 井上
  2. 一同
  3. 永野
  4. 土屋
  5. 山内
  6. 西野
  7. グッズ
  8. 濱家
  9. ナダル
  10. 礼二
  11. 太田
  12. 斉藤
  13. 観客
  14. 絶対
  15. ホント
  16. ホンマ
  17. 自分
  18. 結構
  19. 普通
  20. お前


『アメトーーク! グッズ売れ残り芸人 ナイツ土屋プレゼン企画』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV




↓テレビ朝日 関連商品

〈今夜は グッズ売れ残り芸人〉

〈調子に乗って作ったものの
厳しい現実〉

〈なぜ ダメだったか 反省会〉

〈うちも たくさん売ってます〉

こんなに早く実現するとは…。

いや 大丈夫です 大丈夫です。

そんなあるかな? と思ったら
予想以上にありましたね。

〈今夜は
グッズ売れ残り芸人たちによる

反省&品評会〉

土屋さんが
プレゼン大会で

こういうのどうですか?
と言うたのが実現しました。

(土屋)そうなんです。
いや こんな早く実現するとは…。

ええ だから
いてるっていう事です。

『アメトーーク』に出るような…
その なんか 人気者の中に

グッズ売れ残り芸人が
果たして いるのかと思ったら

めちゃくちゃいた。

(一同 笑い)
(土屋)見事にそろってる。

こんなに来てくれるとは
思わなかった。

全然アカン。
アカンねや?

全然ダメです。 きつい!

きつい…。
(ナダル)きついです。

さあ…。
(一同 笑い)

何? 何?

なんで アップになったら
笑顔にするねん。

マネジャーに言われたんです。

中川家も やっぱり
この世界 もう 長いですが…。

グッズっていうイメージもないわ。

だから 出したんですよ。
そうなんです。

なるほど!
こんな事するんやっていう。

出したところっていう事やね?

だから 逆に聞きたいんです
皆さんに。

何がダメなのか。
(礼二)そう。

なるほどな。 そうやね
こっちの方は よかれと思って…。

これは まあまあ 皆さん…
お客さん

気に入ってくれると思って
考えて出してるわけやからね。

若い子に聞きたいです。
(一同 笑い)

(井上)おじさん。

かまいたちは もう… 今は もう
そりゃ すごい人気ですから。

いやいや でも あの…。

ある?
(濱家)あります あります。

もう ホンマの話なんですけど

最近 吉本のグッズの担当者と
もう 仲悪くなってます。

(一同 笑い)
意見が合わない。

こいつら
言う事聞かへんってなって。

言う事聞かずに売れ残るんで
最悪なんですよ。

お前らが悪いで それは… そこは。

永野も グッズ出してるんですか?

やっぱりね

でも 僕 正直… 今日
一応 用意はしてきたんですけど

なんで売れ残ったか
わからないんですよね。

あっ いまだにわからない?
(永野)だから 打ち合わせで その

こういうのが
売れ残っちゃったんです

みたいなので
ディレクターさんに笑われた時も

正直 頭にきてましたね。

ああ~ ムカッとね。

バカにしてんのかと。
(永野)バカにしてんのかと。

でも…。

我慢して 今ですね。
我慢して来ました。 やっと。

〈果たして どんなグッズが
なぜ 売れ残ったのか?〉

〈発表前に
まずは 土屋の

売れ残りグッズの
おさらいから〉

絶対 毎年売れ残るというのが

このポチ袋ですね。

(井上)かわいいやん。
(土屋)そうなんですよ。

かわいい かわいい。

これ プレゼン大会があって
オンエア 終わって

これ 使った人の意見が
来たんですけど

なんか お年玉の子供の喜び方が

6割ぐらいに減るらしいんですね。
(一同 笑い)

(井上)テンション下がるな…。

(土屋)これが ドラえもんとか…。
だって ドラえもんがいいもん。

まあ そうですね そういうの…。
ドラえもんとかね。

まあ マネジャーが言うには…。

で これが 前回

一番
悲鳴が上がったんですけども…。

そんなん出す? でも…。
(剛)何? それ。

(観客のどよめき)
(土屋)タイトルにちなんだですね

山吹色の下着という…

タイトルにちなんだ
上下の女性用下着セット。

(井上)売れへんよ そんなん!
(土屋)これが…。

(剛)あっ なんか書いてる。
なんて書いてんの?

(土屋)「KNIGHTS
ONE MAN SHOW TOUR 2016」って

書いてあります。
(おたけ)すごいのきた…。

サイズ的には…?

サイズは
フリーサイズとなっております。

どなたでも
いけるようになっております。

ブラジャーにフリーサイズとか
あるんですか?

(土屋)ショーツの方もね…。

ちょうど ここに…

ここに
「KNIGHTS」って書いてあるんです。

(一同 笑い)
(井上)すげえ!

僕の周りで買ってくれた人は
やくみつるさんだけでした。

(一同 笑い)
(井上)よう買うてくれたな…。

(土屋)変わったコレクターの…
はい。

それで… これも問題作でしたね。

これ ラジオのフェスで
作ったんですけれども

え~…。
(一同 笑い)

(土屋)スウェット 下だけですね。
アハハ! スウェットの下だけ?

(土屋)はい スウェットの下だけ。

(井上)「CHAKI CHAKI KNIGHTS」…。

『ちゃきちゃき大放送』や!
TBSや! 土曜の朝!

(永野)「CHAKI CHAKI」は…。

え~ 1本…。

(一同)高っ…!

30あったのが
2しか売れなかったんですよ。

(一同)へえ~…。

1回のフェスで
もう何千人って来る中で

2しか売れなかった…。

ただですね これが 『アメトーーク』で
放送されたじゃないですか。

しましたよ。
結構 反響があったみたいで

それに味を占めた
ラジオスタッフさんが

今年のラジオのフェスで…
「RADIO EXPO」で

これの復刻版を出そうと…。

ハハハハハ…!
(井上)すげえなあ。

(土屋)…という事で。

そう! まさかの これを

さらに50個作って…。
えっ ウソや!

それは やり過ぎたん違う?
(井上)勝負に出た 勝負に!

したら その50個 出して…。

えっ マジで!?
(斉藤)それは すごい…。

(土屋)これが すごい…。
(井上)やっぱり 効果ある?

『アメトーーク』効果。

で もう一個 あの…

こちらの消しサカセット。
消しサカ… 消しゴムサッカー?

これが 1000作って
800余ったんですね 前回。

ちょっと余りすぎたね。
ちょっと余りすぎましたね。

オンエアがあって さらに…。

(一同)おおっ…!
100も伸びるんやね。

だから まあ 今…。

『アメトーーク』1回のオンエアで
100売れてるペースって

もうこの先 俺 何回 消しサカの話
しなきゃいけないのか…。

(一同 笑い)

この… 後日談の報告でした。
はい。

(拍手)

でも 今回の企画
こういう事ですから。

(土屋)やっぱ 色々
売れ残ったものが

あると思いますので…。
あるという事で。

じゃあ 中川家 いきましょうか?
(礼二)はい わかりました。

こちらなんですよね。
これ あの…

2016年の単独ライブで
作ったんですけど…。

(斉藤)あっ…。
(井上)いい いい。

手拭い?
(礼二)手拭いなんですよ。

これね 「中川家」って
これだけやったんですよ。

ただ これやったら
ちょっと 落語家さんっぽいから

写真入れたらどうだ?
という事を…。

それは何? 剛が言うたの?
はい。

2人とも 結構 渋い顔してますね。

(井上)ファニーな顔では
ないですよね それ。

グッズの感じではない。
(井上)アハハハ…! 確かに。

こういうのを想像してたんですよ。

ライブで みんなが
こうやってやるの。

(剛)みんな こう
下に敷いて座ってました。

(一同 笑い)

いや そういうのもね
想像しながらやったんですけどね。

今の若い子は やっぱ
まだタオルですね。

でも そこは
中川家らしいというかね。

普段 買います? 手拭いって。

年配なんですよ お客さん 結構。
年齢層高いから。

その年配が手を付けない…。
(一同 笑い)

あきませんね。
(礼二)ええ。

色合いが また ちょっと ねえ…。

カラーが 全然 なんか その
写真の色が もう

表やのに裏みたいな色してる…。

(一同 笑い)

そうやなあ。 うん。

(土屋)
裏見たくなる。 裏見たくなる。

(西野)一緒や。

全く一緒やな。
(濱家)一緒や。

その写真が ちょっと
邪魔してんねやわ。

あっ 邪魔してんのか。

濃い方が 僕は…。

前面に出すのがね ちょっと 我々
性格上 恥ずかしかったりするの。

照れてしまうんやね。
(礼二)照れてしまうから

こういう なんかね
シミみたいな感じに…。

(西野)汗ジミですよ。

他もあるの?
(礼二)他ありますよ。

これか。
トートバッグ。

バッグ…。

(濱家)
あっ かわいい! かわいい!

(土屋)イラストが…。

(一同 笑い)

誰?

誰なの? これ。

グアムの
税関の時の顔ですよね。

(一同 笑い)
ホンマや。

(土屋)
そのピンポイントの表情で…。

プリーズ。
(土屋)作ったの?

(礼二)これ 一応ね
これ イラストは

ハリウッドザコシショウが
描いてくれたの。

うまい事 描くなあ。

(礼二)うまい事
描いてくれてんの。

全く 我々のファンの方でも

これ持って歩いてるの
見た事ないです。

かわいらしいいうたら
かわいらしいけどね。

今 マネジャーしか
使うてないです。

(礼二)一応ね 気ぃ使うて…。

色んなカバン持ってるんですけど
一番前に これを持ってきて…。

優しいやんか。
(山内)絶対 無理に使ってますよ。

ただ 置く時に
ガンッて置くんで…。

結構 汚れるんです これ。
汚れ目立つんです これ。

これ ちょうど お弁当なんかね
いいサイズで入るんです。

(井上)サイズもかわいいし…。

だからね  丸の内のOLなんか
これ持って…。

絶対いないですよ。
いないですよ 丸の内で…。

何がアカンのかな?

色か… やっぱ 色かな?

(山内)もっと薄く…
薄くした方がよかった。

さっきの手拭いの…。
(土屋)こっちは薄い方がよかった。

表なんで…。
(剛)これ あの…

こういうふうに
こう… した方がよかった。

(一同)ああ~。

(太田)これは これで…

〈他にも 同じ似顔絵付きの
ハンドタオルも作製したり…〉

まあ みんなよくやる
Tシャツなんですけど…。

Tシャツは 大体
出すんじゃないの?

まあ Tシャツ…。
(観客のどよめき)

(一同)また!

(一同 笑い)

(西野)もう! また おる。

これ 白と黒と?
(礼二)白と黒です。 はい。

(井上)黒 全然見えへんやん!

(西野)変えてください 服!
(おたけ)色変えましょう ここは。

怖いなあ…。

(礼二)ロケ行った時に
ミキと一緒やったんですよ。

亜生が これ着とるんですよ。

え~!
え~!

ロケバス乗った時に
まあ ミキ 先おって…。

亜生 これ着て
ずっとニヤニヤしてるんですよ。

で 俺 通り過ぎて
「あっ おはよう」言うて パッて…。

まあ 亜生おったら
僕 前座ってたんで

あれ? なんか見た事ある
Tシャツやな…。

向こうはイジってるんですけど

こっちは
売れてないの知ってるから

なんか 変にイジるのも怖くて
ずっと 俺 前向いたまま…。

いやいや… 言うたりや。
言うたりや そこは。

いや なんかね 申し訳ない…
亜生にも申し訳ない。

(剛)これ着て…。

あとね 番組で 僕ら ずっと
鉄道の番組やってて NHKで。

ディレクターが ずっと
これ着てくれてるんですよ。

我々の番組という事で。

優しいね。
(礼二)ただ これ 売れてへんから

恥ずかしくて 「着てますね」って
よう言わんねん…。

それ 言ってあげ…
言ってあげな それを 礼二が。

恥ずかしいですよ。
こんな もう…

自分らのグッズ 売れてへんやつ
着てもろうてるんですよ?

(剛)で ちょっと 胸張って
来るんですよ こうやって。

おはようございます!
おはようございます!

(濱家)言ってあげてくださいよ。

パッとイジってあげないと…。

ただ 亜生が言うには

この絵を もうちょっと でっかく
ここにやった方が

いいんじゃないか? っていう…。

でっかい方が
いいんかな?

どうですか?
亜生が でも 言うんやったら…。

いや… もう いっちゃった方が
いいですよ やっぱ 結局。

やっぱ ここで…

ここだけで収まろうとしてる感じ
するんで…。

芸が もっとでかいんで
こういうところも

でかくやった方が
いいと思いますよ 普通に。

ありがとうございます。

(一同 笑い)

おたけ 褒めてくれるから…
ホンマに。

なんで あんな デザイナー目線で
しゃべれんねん。

(山内)売れてないやろ お前も。
(おたけ)でも 一応 でかい方が…。

さあ かまいたち いこうか。
(山内・濱家)はい。

皆さんも
そうやと思うんですけど

グッズ作る時に会議するんですよ。
やるね。 うん。

で 山内が 完全に
デザインしたやつがあって…。

絶対 売れへん! って
言うたんです。

僕もスタッフさんも全員で

絶対 売れへん!
もう 100パー売れへん!

って言うたんですけど…。

絶対 売れるって言うから
作った

まあ ハンドタオルは
売れるでしょ?

ハンドタオルは売れるんです。
売れるんです。

(濱家)こちらです。

(濱家)これね…。
(西野)うわ~…。

(濱家)これね コントでやってる
キャラなんですけど。

こんなもん 絶対売れへんでしょ。

これ しかも 山内 自信満々で

ほうほう ほうほう。
200枚。

160枚 売れ残ったんです。

あっ 売れ残ったんや?
(濱家)で 山内は 自分で

売れ残ったら 全部買い取るから
作ってくれって言ったんですけど

売れ残りすぎて
買い取ってないんですよ。

いやいや いやいや…
買い取らな それ。

(山内)NGKの単独ライブの時に
これ作って 売ったんですけど。

終わったあと ロビーの方から…
グッズ販売員の声でしょうね。

山内のタオル いかがですかー?

(山内)ずっと 必死で売ろうと
してくれてました。

山内のタオルならあります!
っていうのが ずっと響いてて…。

でも 濱家が考えたのでも

めちゃくちゃ余ってるの
あるんです。

濱家が これは俺のキャラと
ニーズが合ってるっていって

作ったグッズが
こちらなんですけど。

(井上)スマホリング?
(山内)スマホリングで。

自分が カワウソに似てると。

で はまウソっていう
キャラにして売ったら

女の子のファンが買ってくれる
って言って作って

めちゃくちゃ余りました。
余ったんや。

(井上)めちゃくちゃ寄せて
ださいやん。

(山内)寄せに寄せて。

これ 余ったら
はずいやつやな。

(井上)うわあ…!
はまウソさん。

俺 知らなかったです。
そんな人だったんだ?

(濱家)「そんな人」って…。

こういう芸人だったんですね。
そうみたい。

エゴサーチしたら
やっぱり あの…

カワウソの写真と僕の写真を
一緒に上げて

めっちゃ似てる! みたいな。

かわいい!
みたいなのがあったから…。

そんなやつに
引っ張られたって事ですよね。

ねえ そうやね。

大阪… なにわから来て。

僕のは まだ潔いでしょ?
(斉藤)確かに。

芸人らしいというか。

こっちは女の子に買ってほしいの
丸出しで 出した…。

面白さなしで これですから。

グッズに面白さなんて
いらないでしょ。

(一同 笑い)

なんなん!?
今 めっちゃスベってた…。

あんなん あんねんな。
(濱家)暑っ!

(山内)こんなに
ワイワイなってる中で。

もう1個 いいですか?

あの… TORIOさんっていう

ボクサーパンツの
すごい人気のメーカーがあって

そこが コラボしませんか?
って言ってきてくれて。

で それが こちらなんですけど。
こういう感じで

キングオブコント
優勝したタイミングで

僕が 優勝賞金を

仮想通貨に全額ぶち込みます
って言ったので

じゃあ 仮想通貨のデザインで

その中に かまいたちの2人の…
ここら辺ですね。

コインっぽくしたキャラ交じる
みたいな感じで

単独ライブで売っていいですよ
って言われて。

先行販売という形で
かまいたちの単独ライブで

100個
とりあえず お渡ししますと。

で もし余ったら
全然 返して頂いていいので

100個 とりあえず送っときますね。

追加 もうちょい送っといた方が
いいですか? って

言われたんですけど
僕らも まあ とりあえず100個で

完売の形の方が
かっこいいと思うのでって言って

100個 売って

15個 売れて…。

(観客)え~!

(山内)ほな TORIOさんから
なんか不具合ありました?

(一同 笑い)
つらいな。

クッション性とか…。
不具合はないよ。

なんか ほつれとかありました?
って言われて。

いや 完璧だったんですけど
っていう…。

やっぱ もう
下着は売れないって事ですね。

下着 売れないですね。

下着は もう
作らない方がいいんでしょうね。

あと グッズ買うってなったら
多分 女性が買うから

男性が まず そこに
食いつかないんじゃないですか。

あの… うちは女性の下着が
売れ残ったんですよ。

そうか そうか。

ブラとショーツが
売れ残ってるのよね。

難しいです。
難しいね そう考えるとね。

さあ コロチキはどうですか?

はい。 僕がグッズは
主に やってるんですけど。

僕は そのグッズ作製の時の
打ち合わせに

呼んでもらえないんで。

ノータッチ?
(ナダル)ノータッチ。

だから 僕から見る限り
めっちゃ寄せてます。

めっちゃ お客さんに寄せて寄せて
作ったグッズが

余りまくり。

(井上)一番ださいよね。
(ナダル)余りまくり。

ちょっと
これ見てほしいんですけど…。

何?
(ナダル)これね あの…。

こっち
ちょっと見てほしいんですけど

西野が… 直筆なんですよ。

西野が飼ってるモルモットの
ズーくん。

さすがに言ったんですよ。

飼ってるモルモットを
直筆で描いて売れるか! と。

ほんで そこから

いやいや…。
そこからなんや。

案が… 全く出さないですもん。
いや 出してるやん!

何 出した? じゃあ。

いや まあ その…
何か覚えてないですよ もちろん。

(井上)出してないやん。

(ナダル)覚えてないですけど
出したよ 出した!

そんなね 今 何を出したかって
言われても 覚えてないですけど。

ほんで 横のこれ
ちょっと見てもらっていいですか。

これ 僕ね。 これと横のこれ。

これね
西野の奥さんが描いてるんですよ。

えっ!
うわあ~。

(ナダル)西野の奥さんが…。

描きたいって言ったから
じゃあ いいよって。

描きたいってさ…。

(西野)かわいらしいじゃない。

(ナダル)初めて
僕らが単独ライブで…。

Tシャツ
僕らも出したんですけど。

全面に
西野の奥さんが描いたデザイン。

(井上)かわいい~。
(西野)かわいいでしょ? これ。

でも 余るんです やっぱ。

その時の 西野が奥さんと一緒に
撮った写真っていうのが…

ありますかね? これ。

(山内)うわあ!
(太田)うわっ 表情…。

(井上)これは だいぶイタいな。

(斉藤)これは やばい。
(井上)これは やばい!

ちょっと待ってください。
なんで こんなん持ってんの?

お前 いつも
俺の事ばっか言うから

俺も イタいの持っとんねん!
お前の。

お前が いつも
俺のばっか言うから…。

怖い 怖い 怖い!
なんで? なんで!?

ナダル たまってたんだ。

これ出すってさ
めっちゃ性格悪いな。

だから
お前もイタいって おも…。

(一同 笑い)

ちゃんとやって。
ちゃんとやって!

思い知れ! お前は。
お前もイタいねん。 思い知れ。

初めてやる逆襲だから
口が回らない。

それぐらい
こいつもイタいんです 正直ね。

それで マスコットとか…
正直 これに関しては

僕らが デザインとか
したわけじゃないですけど

結構 吉本製作で…。
(西野)マスコット これはね…。

これは 単独じゃないんです。
これ。

(ナダル)別に これは…。

(太田)怖え!

(ナダル)これは でも…。
(西野)ちゃんとしてるんですよ。

(井上・山内)えーっ!
「やっべぇぞ」っていうパターンと

「ナダルリバースエボリューション」の…。

これは ナダルリバースエボリューションの
パターンですね。

じゃあ ちょっと いきますね。

「ナダルリバ… ナダルリバ…」

「ナダ… ナナナナナ…」

(一同 笑い)

何してんねん。

(一同 笑い)

なあ!

バグってるやん!
もう1回 いいですか?

ナダル 今日 すごいな~!
(西野)じゃあ いきますよ。

「ナダルリバ… ナダ… ナナナ…」

バグってんねん!

(おたけ)壊れてるじゃん!

(西野)せっかく仕入れたのに!

「ナダルリバースエボリューション」って
言うんすよ!

ナダル ちゃんとやってよ!
ホンマに。

だから 結構ね これじゃなくて
勝手に作られる系が…。

(ナダル)いや もう だから
僕ら ちょっと 今

ヨシモト∞ホールって
渋谷の劇場で ちょっと出てて…。

結構 これ…
いいですか? これ出して。

コレカっていう…。

(西野)EXITさんとか
ラニーノーズとか 人気のね…。

僕らのカードもあるんですよ
一応 これ 僕 ナダル これ。

(観客の悲鳴)
(西野)悲鳴起きてるやん。

すでに悲鳴 なんか知らんけど
起きてますけど…。

(西野)これ パッてめくったら

「ナダルが出たら特別にもう1枚
カードゲット」っていう…。

(ナダル)これ 意味わかります?
僕が出たら

ものすごいクレーム来ると。
「ナダルまた出た」とかいって。

僕が出たらクレーム来るから…
ほんで Twitterで なんか

「ナダル 譲 EXIT 求」
みたいなのばっかなる…。

(西野)そうなんですよ。
交換?

勝手に作られて勝手に怒られて
もう むちゃくちゃです!

アハハハハハ…。

むちゃくちゃ! これは もう。

(西野)これは なかなかね。
(ナダル)むちゃくちゃ!

俺は なんも悪ないですもん。
やばい やばい…。

やべえな 確かに。 この状態…。
(西野)ホンマにね。

やべえな やべえな。 やっべぇ…。
(西野)どうすんの?

なんでやねん もう!
わからへん お前が… お前が…。

(井上)どうしたいんよ…。

(ナダル)わかりません
こいつは もう。

さあ ジャンポケ。
(太田)はい。

僕らも 毎年 1年に1回
全国ツアーを…

ちょっと ネタライブを
やってるんですけど…

そこで 毎年
グッズを作るっていう事で

一応 その もう おたけに…

ホントに 普段 なんか こう
役割的なものがないので

グッズを

おたけが考えてるの?
ネタが 一切

僕 関わってないんで せめても…
できる事を…。

だから おたけがグッズ担当。
太田がネタ担当。

私が本番笑わす担当みたいな…。
(一同 笑い)

これです。

役割がありますから…。
でも ホントに

もう そこは 全部
もう おたけに任せてるんで…。

一応 はい。
(太田)で 3年前に

全国ツアーのグッズを
なんか1個作って って言って

お願いして
おたけが作ってきた…

まあ とりあえず
これなんですけど… はい。

(一同 笑い)
(濱家)これはひどい…。

ジャングルポケットの全国ツアーの
グッズ って頼んだんですよ。

そしたら おたけの日常のシール
作ってきたんですよ。

(土屋)シール? これ。
(太田)シールなんです。

ステッカーなんですよ。
(西野)うわあ…。

サイズ 見た事あります?
このサイズ。

でかい でかい。
(井上)クリアファイルかと

思ったら ちゃうんや。

僕は言ってるじゃないですか
でかい方がいいって なんでも。

(井上)どこに貼んねん
このサイズ。

どこにも貼れないステッカー。
サイズ。

(おたけ)いやいや 貼れるんですよ
これ…。

(太田)まあ 一応 これ おたけの

サイコッチョー!! っていうギャグの
ステッカーなんですけど

スタッフさんも
そのギャグ知らないから

もう 完全に
「絶好調!」ってなって…。

(観客の笑い)

(太田)ローマ字でまでも
「ZEKKOCHO!」って…。

「ZEKKOCHO」…。
(おたけ)ちょっと違うんだよ…。

全員分のシール
作ったんではないの?

ないです これだけです。
(一同)えーっ!

(斉藤)だから そこがよくないので
おたけは絶対に

俺らのを還元しようとか
ないんですよ。

もう 自分がグッズ出すんだったら
自分一人の物みたいな。

(おたけ)それは だから
単独ライブって

ちょっとは
目立ちたいじゃないですか

やっぱり 自分も。

結局 ネタで
目立つ事がないんですよ 僕。

セリフもないですし。
悲しいな…。

そんな事はないですよ。

せめても グッズだけ目立たせて
みたいな…。

いや もっと戸惑うよ お客さん。
だって 舞台見に行って

全然
ひと言もしゃべってないヤツが

帰ってきたら シールだけ残る…。
「絶好調」…。

(一同 笑い)
(井上)それはそうやんな。

斉藤さんの「はぁ~い!」の
シール欲しいのに

サイコッ…。 これしか
ないんですから グッズに。

だって どう考えたって
みんなに認知されてるのは

僕のギャグの方でしょ!?

はぁ~い!

(拍手と歓声)

(太田)笑いもとるなあ。

(観客の歓声)

で この次の年に もうちょっと

ちゃんとやってくれよという
発注をしまして

あの… こちらでございます。
(土屋)えっ…?

(太田)
おたけのサイコッチョーカレー。

(一同 笑い)

本物?
これは…。

オフィシャルです。
(永野)オフィシャルなの?

(斉藤)だって これ
カメラマンさんまで使って

お金 めちゃくちゃかけて…。

だから ちゃんとしてくれよ
という意味を

ここからここへの その

衣装とかのクオリティー
というふうに捉えたのか…。

先ほどあった その…
コントのキャラクターが

グッズとかっていうのは
まだ わかるじゃないですか。

もう 初出しの情報の
初キャラがきたの。

なんなん? それ。
(太田)サイコッチョーカレー。

僕は やっぱ
みんなが作ってないものを

まず作りたいってなったんですね。

国民の方が愛してるものって何?
ってなった時に

最初…
カレーじゃないですか 絶対に。

カレー嫌いな人 いないんですよ。
(太田)いや まあまあ…。

これは うなずけますよね?
(太田)いや 一人二人はいるから。

そこで 俺は思ったのが
ここなんですよね。

「激辛」っていうのが…。

あの カレーの事を
考えてるんだったら…。

確かにね。
(おたけ)いや…。

激辛なんか選んだら
絶対 食べない人…。

(おたけ)いや 中だと やっぱ
間 いっちゃってるんで

あえて 激辛の方が
こういう時 いいんですよ。

なんで お前 ずっと

(井上)売れ残ってんのやろ?
(斉藤)全く売れてないです。

これ わかるけど
横の手の これ なんなん?

(太田)これ サイコッチョーは
わかりますよね?

ここにキツネがいるんですよ
確かに。

こっち 手 こうやると
手 こっち 力んじゃうんですよ。

(一同 笑い)

そんな…。

なっちゃうんですよ これは。
(斉藤)なんだよ 力んじゃうって。

意図はないんです
すいません ごめんなさい。

(太田)いやいやいや…
こっちはできてるじゃん 両方。

これは 両方こうやってるんで。

あくまで
こっちだけに意識しちゃう時に

こっち 力んじゃって…。
力んじゃうんだ。

すいません。 意識… だから
わからなかったです これ 全然。

グーでいいやん。
(太田)これ だから 2年前です。

で 去年…。
去年 何 出したん?

おたけが作ってきたグッズ
これです。

(太田)筋トレのゴムチューブ。

(おたけ)
サイコッチューーブ!!ね。

この写真 サイコッチョーも
やってへんやん。

(太田)もう やってないんですよ
いよいよ。

忘れちゃってるんですよ 自分で
サイコッチューーブ!!って事を。

どう使うの? これ。
使い方よ。

いや もう ホント
シンプルですよ。

もう こうで… もう 結構…。

えっ ちっさ!
(濱家)全然伸びへんやん。

(土屋)なんか もっと こういう…
伸びるやつじゃないの?

サイコッチョーポーズに
するために… とかじゃないの?

サイコッチョーでやってみてよ。
(礼二)サイコッチョーでやって。

(一同 笑い)

なんで 無言で
これ されなアカンねん!

言えや!

なんで 無言で…。

(永野)サイレントサイコッチョー。

さあ 続いて いきますよ。
さあ 永野。

はい。 2013年ぐらいですね。

もう 周りの芸人が
どんどん売れちゃってて。

で 頭にきてですね
周りを威嚇するためだけに

ヘヴィメタル調のステッカー
作ったんですね。

(一同 笑い)

(太田)「永野」って書いてる…。

(永野)これ だって 今
こちらにね 用意した分でも

ほら こんだけあります。
(一同)うわ~!

ねえ?
(西野)え~っ!

残ってるのは残ってるね
やっぱり。

(永野)あと…。

エコバッグは
やっぱり みんな 結構出すね。

(井上)作ります 作ります。
(永野)女子とか 好きな…。

ト… トートバッグ。
(観客)うわ~…!

(井上)すごい永野さん。
わあ すごい! 上手!

(拍手)
(土屋)このシルエット…!

全然売れなかったですね これ。
売れないの?

(永野)で またね
これ持ってるとね

どう考えても
普通の宗教家みたい…。

(一同 笑い)

(土屋)普通の…
「普通の」の意味がわからない。

顔ですよ 顔!

(観客の悲鳴)
バッグ 関係ない…。

笑って 口角上げて。

それ。
それで売れたんやから… ねえ。

(永野)それで… そのあと ついに

えーっとですね
あるブランドさんから

「バッグ 出さないか?」
と言われまして…。

これは 僕
ちゃんとやりましてね…

こちら 永野バッグ。

(西野)え~っ! ウソ!?

(永野)こちら。 どうでしょう?

これ わかるとおり
永野のカラーね。

上下と あと…。

これ Lサイズで
中にMサイズもあって…。

(剛)でも これ 結構…。

(井上)え~っ
これ なんぼなんやろう?

(永野)こちらはですね
まずLサイズからですね これ。

1万9000円。

で Mサイズ
1万7000円っつってね。

これ うちのマネジャーが考えた
言葉ですけど

「永野になったとこ
みてやって~☆」っつって…。

(井上)キャッチー キャッチー。

こうやったら永野になれるよ
みたいな…。

(観客の悲鳴)

全然 売れなかったです。
(一同 笑い)

そうなの?
(礼二)良さそうやけどな…。

全然売れなかった…。
(土屋)すごいな ここまでやって。

しかもですね
これ 高かったんですけど

芸能人の皆さんに
プレゼントしまして。

例えば こじはるちゃんとか。

小嶋陽菜ちゃんとか 渡したら…。

(おたけ)えっ!?

(永野)こじはるちゃんの
自分のサイトで上げてくれて。

かわいいっすよね?
オシャレで…。

こうやって持つと違うな…。

あと 萩原聖人さんにもですね

ドラマで共演した時に
プレゼントしたら

Instagramで
上げてくれたり…。

うちのサンドウィッチマンは…
また これね

サンドウィッチマンのプラスになるんで
言いたくないんですけど

サンドウィッチマンだけは
買ってくれたんですよ 2人とも。

(一同)へえ~。
(永野)優しかった 正直。

(一同)うわ~!
(拍手)

(西野)拍手が起きてる。
(井上)素晴らしい。

(永野)でも この2人
使えないなと思ったのが

ここまでやったのに
売れなかったんですよ。

(濱家)最低や。
(山内)最低や…。

(斉藤)サンドさんのせいじゃ
ないでしょ!

そうでもねえなと思った 好感度。

(観客の笑い)

さっき 振り向いた時…。

(礼二)すごかったんだよ
ニコッて笑うて…。

(一同 笑い)

ちゃんと ちゃんと…。
(拍手)

さあ 井上 いきますか?
(井上)はい。

おたけのあとに出すの
嫌なんですけど

僕も… カレー出してるんですよ。
(一同)うわ~っ!

(観客の悲鳴)
うわあ~ 気持ち悪っ!

何してんねん?
(礼二)全部 気持ち悪い。

これは やばいっすよ…。

青い甘口カレーと
赤いカレーも出してるんすよ。

赤は売れたんですよ ある程度。
あっ そうなの?

(井上)青い方が

この… SNS上で まあ…

(井上)気持ち悪い。
作ってみたけど食欲なくなる。

ゲロ吐きそう。
うわあ。

(井上)で そういうコメントが
ワーッて来た結果

これの売り文句が

ダイエット食にぴったりって
なったんですよ。

そんなつもりでは
出してないですよ こっちは。

で 吉本の男前ランキング
ブサイクランキング

昔やってたじゃないですか。

昔やった時に
僕 ブサイクランキング1位

殿堂入りなった時に作った
お面があるんすよ。

殿堂入りなった時に作った
お面があるんすよ。

(観客の悲鳴)

どうするんですか?
なんのために?

300個作って 27個。

えっ?

これを買った
まあ 27個の一人でしょうね

これを付けて

井上さんになりました! みたいな
書き込んでたんですよ SNSに。

その子が叩かれてました。

立体ですよね これね。 立体で…。

(土屋)ホントだ 鼻が出てる。
そう ちゃんと…。

(濱家)鼻がちゃんと立ってる。

付けたら 僕になれるんですよ。

(一同 笑い)

笑うてた。

さあ 皆さん まだ 他にも
もしあったら教えてください。

これです。 お帽子です。

はい。 お帽子。

(一同)ああ~。
はい。

センターマイクだ。
(斉藤)センターマイクが真ん中に。

センターマイクなってんねや。
なるほど。

売れてないんだ。
(井上)なんでやろ?

どこ狙ってるかが
わからないじゃないですか。

やっぱ 帽子と手拭いは
多分 同じ人買わないですもんね。

アカンか。 おっさん こんなん
かぶるらへんか おっさん。

ほら…。
まあ そっか…。

(一同 笑い)

(土屋)
違和感… なんか違和感ある…。

(剛)帽子返して。
ええやろ! 返せへんで!

(一同 笑い)

中川家のマネジャーさんから
コメント頂いてます。

写真もあります。

(一同)ああ~。

(礼二)ねっ こう
かぶってるんですけどね はい。

(井上)これ 何写真? 右。

(山内)道の駅で買い物…。

道の駅で 野菜 買うか買えへか
悩んでる。

(礼二)持って帰っても重いし。

(井上)どこを撮ってんねや これ。

だから かぶったりしてんのよ
普段から。

かぶれますもんね これは。

この間も新幹線で
あんまり なんも言われへんから

もう ずっと ボーッとなって
腹立って もう…

こうやりましたもん。
(一同 笑い)

(井上)やめて。 やめてください。
(山内)なんでイライラする…。

腹立って。

誰もなんにも言わへんから。
(おたけ)言わないですよ それは。

かまいたちは? まだあります?

僕らは その
グッズが売れないっていう事で

ちょっと方向性を改めて あの…

人のを参考にしようという事で

あの… こちらなんですけど。

(濱家)
15周年記念のライブで作った

キーホルダーですね。 ラバー形の。

これは あの…
ツイッターとか見てたら

RADWIMPSさんが

グッズで
すごい売れてはるんですけど…。

そのデザインを

(観客)え~!?

(山内)売れてるデザインを
参考にして 作ったんです。

で 濱家が黄色…。

僕のやつが黄色で
山内が緑やったんです。

で 濱家のが完売して…。

で 僕の緑だけ

そうなん? そんなのがあるんや。
(井上)すごい!

でも 「KAMAITACHI」しか
書いてないから…。

(濱家)でも 売り出す時に

濱家イエロー 山内グリーン
みたいな形で

売り出したんですよ。

だから 一回 お客さんが
買ったあとに

「すいません。
間違って 山内さんの方

買っちゃってたんで」っていって
交換を求められたらしいんです。

「こっち
山内さんの方ですよね?」…。

それも悲しいな なんかな。

(山内)僕らも やっぱり すごい

ツイッターとか検索したら
出てくるんですよ。

「譲 山内」みたいな…。

天竺鼠の川原と一緒に
ライブした時に

バッジを作ったんですよ。

で 誰のが出るか わかんない
ガチャガチャ形式で

バッジを販売しまして…。

そしたら
そのライブ終わったあとの

ツイッターで検索したら

「求 天竺鼠 川原 缶バッチ1」。

「譲 かまいたち 缶バッチ5」
っていう…。

川原と5対1で
僕が取引されてたんです。

(濱家)レートが もう
むちゃくちゃになってて…。

1:1じゃなかったんですよ。
(土屋)なかなかのトレードだよね。

ホンマに だから
そういうグッズ出したら

誰が人気あって 誰が人気ないか
っていうのが

ホンマに わかるんですよ。

で 例えば その…
さっきのライブやったら

天竺鼠と藤崎マーケットと僕らで
やってるんですけど。

まあ 川原とかが人気あって。

人気ないグループは この辺やな
ってなるんですけど

突き抜けてるのが ちょっとわかる
ツイッターがありまして…。

(濱家)「譲 かまいたち 山内さん」

「求 どなたでもOK」

(おたけ)え~!?
(太田)失礼だなあ。

だから 山内だけ出るな
と思って引いたら

山内やったんですね これは。

こんな事あります?

ナダル どう思うよ? そういうの。

(一同 笑い)

いやいや もう…
きつい もちろん。

ただ 僕が調べた限りやと

もう 結構 他の芸人さんも
余ってる人はいるっちゃいます。

かわいそうに。 うん。

(おたけ)他は関係ないでしょ 今。

他の人 ええやんか 別に。

ホンマ 今日 なんで
呼ばれてないんかなって人

いましたよ 正直。
誰なん?

(斉藤)
もう言いたそうじゃん 誰か。

こんなん言っていいんかな?
かわいそう…。

誰?

圧倒的に やっぱね
ライスさんのグッズが余りまくり。

関係ない…。

先輩や。

関係ないじゃん 今。
(ナダル)違う 違うの… ホンマに…。

ルミネにね…
劇場行ったら ちょっと

いっぱい売ってるんです グッズ。
やっぱ ずば抜けてね…。

(西野)いやいや いやいや…
良くないよ。

「ライスがうまい!!」がずば抜けて
やっぱ 余ってましたね。

銀シャリの「ライスがうまい!!」も
あったんですけども…。

お前 他人ディスるために
わざわざ持ってきたん?

(ナダル)いやいや… 違う 呼ばれて…
違う 違う…。

これをね 『アメトーーク』を機に
売れるっていったんで

ちょっと せっかくやから
持ってこようかなって ホンマ…。

(一同 笑い)
(井上)最悪や! 最悪や!

(濱家)お前 なんやねん!
(土屋)これは良くないぞ。

かわいそうです。 かわいそう…。
ライス 関町さん…。

関町さん かわいそう!
仁さんも…。

『アメトーーク』出たら売れるって情報
さっき聞いたとこでしょ。

最悪や。 かわいそうや ホンマ。

(井上)いやいや いやいや…。

さあ ジャンポケ。
まだある?

これなんですけど。

その… 法被なんですけど

まあ おたけがですね

去年 初めて 番組の企画で
ネタを書いたんですよ。

それが ちゃんとセイヤっていう
リズムネタなんですけど。

すごい それで
テンション上がっちゃって

グッズに その時の
僕らの衣装みたいな法被を作って

勝手に
売り出しちゃったんですけど

その… まあ
色んなグッズ買ってくれた人と

写真 撮るっていうの
やったんですけど

ホントに
これ 買ったっていうのが

多分 バレたくないし
恥ずかしいから

その人も もう
アウターの中に これを着込んで

隠して
ギリギリまで僕らの近くに来て

写真撮ります! って言ったら
バッて脱いで カッてやって

チャッて撮って チャッて着て
サッて…。

バレたくないんやな。

ちょっとでも これでいる時間を
少なくするために。

(おたけ)生地は ホントに もう
これ もう…。

いいって どういう事?
普通 こんなもんでしょ。

どっか こだわって
なんか使ってるの? どっかの…。

生地 ええよね。
(一同 笑い)

ちょちょちょちょ
ちょちょちょちょ…!

(斉藤)礼二さん… 礼二さん!

(礼二)はい?
(斉藤)破けちゃうので…。

いや これで鍛えたから。
(一同 笑い)

だから さっきやってたんですか?
ずっと。

そうそう。
(おたけ)サイコッチョー。

(斉藤)サイコッチョー…。

さあ 永野 いきますか。
まだあります?

これは ホント

いまだに なんで売れなかったのか
わかんないんですけど

僕が これ 2016年

(一同 笑い)

自分で言わないんだよ
そういうの。

ブワーッきた時に

やっぱ お笑い芸人の皆さんって

皆さんを笑わせたい
っていう気持ちあるでしょ?

でも 僕 そこのフィーバーで
すごい事になって

芸能人でも なかなかいないと
思うんですけど

みんなに元気を与えたいっていう
域にいっちゃったんですよ。

もう 精神状態が。

みんなに元気を与えたいって事で

その時期に
永野の言葉っていうのを

あの… はい
筆でですね 書きまして。

それ 1000円?
(永野)はい。

これ 100枚ぐらい書いたんですよ。

全く売れなくて。

全部 「明日」ですか?

違うんですよ これ。

これね 文字が…。
色んな言葉があるの?

これだけありまして…。
(井上)すごいある!

(永野)はい。 いいですか?
すいませんね なんか。

すげえ!
これが…。

それ だから 100…
100個 書いたわけですね?

(永野)100個 書いて
1000円で…。

小学校のクラスの後ろやん これ。

(土屋)おのおのの…。

どの辺が元気出る言葉なの?

その時は 2016年だったので…。

(永野)だから その…
言い方は悪いかもしれないけど

ありがたいもんだって
思ってたんですよ。

(一同 笑い)

(おたけ)それの言葉は
永野さん 書いてるから。

書いてるのは誰やと。

こんな忙しい中 書いた言葉
ありがたいもんだって思って。

言葉の意味じゃなくて
って事ですね。

意味とかじゃないレベルに
いってたんですよ 気持ち的に…。

忙しくて
普通に着くにしても… 場所に。

当時は 駆けつけるみたいな感じ
出してましたし。

(土屋)忙しいから。

(永野)普通に来たのに。
(濱家)飛び込みみたいな。

飛び込んでないのに
飛び込んだりとか。

(太田)飛び込んでない…。
(永野)飛び込んでなかったですね。

(礼二)前の現場から急いで来た
みたいな。

(永野)
当時の『アメトーーク』さんでも

別に 『アメトーーク』さんしか
仕事なかったんですけど

飛び込んだりとか。
いやいや それ…。

そのあと 予定はないんですけど
飛び出したりとか。

おかしい おかしい。

(土屋)そういうんじゃないの
飛び込みって。

ただの遅刻やん。

そういう時期だったんですよ
2016年って。

じゃあ ちょっと 井上も教えて。

あの…。

えーっ!
(観客の悲鳴)

(おたけ)これは すごいな!
これは ひどい。

汚え…。
(永野)これは ひどい!

(おたけ)汚いっすね。
汚いわ。

(永野)うーわっ!

これ しっかり 乳首も…。

しっかり 乳首 見えてる。
(山内)これは いらんやろ。

(おたけ)売っていいんすか!?
何それ? どういう事? 井上。

(井上)これ なんか
劇場のキャンペーンボーイを

やるってなって
なんか グッズ作りましょう

何 作りたいですか?
って言われたから…。

自分で言ったんや?
(井上)そう。 ほんで なんか…。

この写真自体を撮ってたので
なんか使いたいなと。

なんか イベントで使うのに
写真は撮ってたんですよ。

(一同 笑い)

せめて お尻だけかわいいとか
なんかあるじゃん。

きれいなお尻してる…
背中 めちゃくちゃきれいっすよ。

井上さん それは ホントに…。

えっ どういう気持ちで…?

嬉しいって思ったんですか?
それ ホントに。

自分の 等身大の自分が こう…
プリントされて嬉しいよ。

でも イケメンの人がやるから
成立して

あなたは 顔はひどい!

(井上)なんやねん! なんやねん!

アメリカのドラマ見てるみたい。

おい グッズ批判とともに

だから 逆に すごいなと。

売れ残ってしまった
皆さんのグッズをですね

有効活用するために

NPO法人
なかよし学園プロジェクトさんに

協力して頂き

世界中の子供たちに
届けてもらいます。

やっと出す時が来た。

〈という事で なかよし学園の
中村先生に来て頂いた〉

僕たちはですね
世界中の子供たちに

授業をしながら

教育支援活動というのを行ってる
団体なんですよ。

(中村さん)これ
ネパールという国なんですけど

ネパール 2015年に
大地震 起こって

今でも
道路も学校もない所が多い。

これ 日本人のプロバスケ選手が
ボールをくれたんで

どうにかして
バスケやりたいと思って

やったのが このバスケ。
なるほど。

ゴールが…。
(中村さん)人なんです。

ゴミ箱で… アイデア次第で

バスケできるよって
教えるとかね。

そして 今回ですね
色々と売れ残ったものありますが

役に立てばという事ですね
せっかくですから。

どうでしょう?

(中村さん)
答え 言っちゃっていいですか?

答えはですね…。

今回ですね 色々と売れ残ったもの
ありますが

役に立てばという事でですね
せっかくですから。

どうでしょう?
答えはですね

全部使えます。
(一同)えーっ!

なんか役に立ちます?

アイデア次第で
世界って変わるんですよ。

だから 皆さんの道具を
どう授業に生かすか考えるのが

先生である僕の仕事だと。
へえ~。

そういう 中川家の手ぬぐいは?

これは使えるでしょ。

(中村さん)手ぬぐいは もう
日本の もう 伝統的なもので

これ ちょうど 日本人…
ザ・日本人って感じなんで…。

ザ・日本人。
(井上)確かにね。

「日本人 どういう人いますか?」
「こういう人います」

って感じで出せれば…。

アハハハハ…。
大丈夫ですか?

普通に カレーみたいなんは
普通に食べるんですよね?

まあ これは食料として…。
(中村さん)そうですね。

例えば 青いカレーと
茶色い普通のカレー

セットで出してみて

「これ どっちが好き?」
って言った時に

「絶対こっち」
って言うじゃないですか。

でも 食べて激辛だったら

こっちのがおいしいじゃん
っていう…。

だから 人は見かけじゃないよ
っていう授業…。

(一同)ああ~。
絶対 やっぱ あっちなんやね。

(西野)絶対あっちじゃないですか。

褒められてるけど
ディスられてる感じですよね。

そうやな うん。

こんな事言ったら あれですけど…
永野さんの言葉のやつも

いけるんですか?
(中村さん)いけます。

これですね…。
言葉 色々ありますよ。

「精神」
(山内)どういけるんですか?

(中村さん)これは 例えばですね

日本の文化
みんな 知りたいと思っていて

習字とかをやるんですけど

達筆の習字のお手本出しても
書けないじゃないですか。

だから それぐらいが…。
へえ~。

(斉藤)なるほど。
(永野)なるほど。

お手本にちょうどいいですから。
そう。

確かに アイデア次第。
あれは どうです?

井上の あのバスタオルは…。
(中村さん)これですね。

裸ですし ちょっと…。
大丈夫ですか?

国によっては やっぱ…。
そうですね

これ まず バスタオルというのが

やっぱり アフリカとかは
出産率高いんで

いっぱい
子供生まれるじゃないですか。

だから
バスタオル きれいなのがあれば

子供を ちゃんと抱っこできてと…
そういう意味で

バスタオルは
すごく使えるんですけど

もしかして これを渡して

ポルノとかで捕まってしまったら
やばいんで

ちょっと その お尻のとこだけ
なんか 赤で塗るんで

あの… プロレスラー的に。

(一同 笑い)
(西野)赤いパンツはいて。

(井上)パンツはかすの?

まあ ちゃんとね。
ええ。

ってか 俺のタオル
捕まる可能性あるの?

問題なるかもわからんな。

でも グッズに ちょっと

消極的になってた部分も
あったんですけど

中村先生がいるっていうの
わかったんで…。

そう。 そうなの そうなの…。
なんかしてくれる。

(土屋)最後は
なんか 役には立つっていう…。

〈後日 中村先生は
グッズを持って アフリカへ〉

アリガトウ。
ナカガワサン。

ハハハ… イエーイ。

イエス。

〈メンバーたちのグッズを
見事なアイデアで

活用して頂きました〉

ゼッコウチョウ。
(中村さん)絶好調。

〈ベテラン共演者も大絶賛〉

〈一体 誰の事?〉

世間の人
ホントにわかってんのかなって…。

〈次週
実は みちょぱスゴイぞ芸人〉

最高級のホステスですよ
ホントに。

〈共演者たちが力説〉

なんのビームも出さずに
ここまで来たんですよ。

ああ それすごいな。

みちょぱが好きなんですよ。
席 もう一個増やしてくれ じゃあ。

〈さらに
ご本人登場で まさかの…〉

終わった 終わった 終わった。


関連記事