“モテる”焼き鳥 焼き鳥の奥深い世界。オモシロうんちくや、お手軽情報、意外な歴史話までてんこ盛り。なるほど…


出典:『“モテる”焼き鳥 焼き鳥の奥深い世界。オモシロうんちく』の番組情報(EPGから引用)


“モテる”焼き鳥[字][再]


焼き鳥の奥深い世界。オモシロうんちくや、お手軽情報、意外な歴史話までてんこ盛り。なるほどビックリの59分。これを見れば飲み屋でも、家の食卓でもモテるかも。


詳細情報

番組内容

全国で2万軒あるという焼き鳥店。だが一口に「焼き鳥」と言えども全国各地で千差万別、文化も異なる。いま巷(ちまた)で話題の食べ方は?焼き方は?部位は?「7つの謎」をキーワードに、知っているようで案外知らない焼き鳥の奥深さを探る。「塩かタレか?」「串から外す?外さない?」焼き鳥の専門家と焼き鳥を愛してやまない男女が店に集い、最新情報やウンチクを交換。情報ツウになってスマートに!焼き鳥を語りつくす59分

出演者

【出演】山田五郎,大久保佳代子,田中要次


『“モテる”焼き鳥 焼き鳥の奥深い世界。オモシロうんちく』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

“モテる”焼き鳥 焼き鳥の奥深い世界。オモシロうんちくや、お手軽情
  1. タレ
  2. 本間
  3. モテ
  4. レバー
  5. 鶏肉
  6. 田中
  7. 日本一
  8. 串打
  9. 砂肝
  10. お客
  11. 漁師
  12. 鳥店
  13. 普通
  14. 部位
  15. コリコリ
  16. ブロイラー
  17. 今治
  18. 庶民
  19. 紹介
  20. 状態


『“モテる”焼き鳥 焼き鳥の奥深い世界。オモシロうんちく』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





乾杯~!

仕事終わりの一杯に 焼き鳥!
いいですね~。

一口に 焼き鳥といっても

そこには ついつい
語り合いたくなる 奥深い世界が。

そんな謎に迫るのは
焼き鳥好きの この3人。

パラパラパラ~
この塩 ただものではありません。

一体 どんな味なのでしょうか?

かと思うと 90年以上続く
老舗のタレも。

大将が守り抜いた 秘伝のレシピ。

信じて やってますね。
これをずっと ひたすらと。

予約が取れない事で知られる店
串打ち その驚きの技とは?

更には めったにお目にかかれない
レアなひと串。

謎に包まれた その味は?

すごいコリコリ
歯応えが しっかりしてて。

楽しい飲み会
こんな事知ってたら モテるかも!?

でね この番組ね「モテる焼き鳥」
というんですって。

「モテる焼き鳥」!?
NHK モテたいらしいんだ。

NHKが モテたいんですか?

あります。 でも 私 テレビでたまたま
石原さとみちゃんが

焼き鳥の串を ボテッとした唇で
こうやって食べてたのを見て…

焼き鳥を クワ~ッていうしぐさ。

こよい ご用意したのは
焼き鳥にまつわる 7つの謎。

さあ どうなんでしょう?

どっち派ですか? 田中さん。
僕は今は 塩ですかね。

大久保さんは?
塩の方が 素材分かるじゃなくて…

モテますよ。
やっぱ おじさんが…

訪ねたのは
名古屋市内の焼き鳥店。

塩 振ってますね~。

この店は 基本的に塩。

お客の指定がなければ
塩で出されます。

おいしい!

塩加減が おいしいです。

こちらが その塩。

ほんのり色づいて
ちょっと 普通とは違うようです。

塩と炭で
おいしく焼き鳥を焼きたいと。

この塩を作り始めました。

塩を作る。
その様子を見せてもらいました。

まずは 大きな昆布で
濃いめのだしをとります。

更に かつお節でとった
うまみの強いだしを合わせて

ここに 塩を投入。

ここから煮詰めて
サラサラの塩にしてまいります。

だしで煮詰めるんだ。
(田中)すごいですね。

ごくごく弱火で煮詰める事12時間。

わ~ 確かに。
塩田のようだ。

このくらいになったところで
鍋に移します。

焦げないように煎って
サラサラの状態に仕上げます。

昆布とかつおの うまみたっぷりの
塩 出来上がりです。

へぇ~ すごい手間。

これだけ作るのに
丸4日間かけているそうです。

塩で 鶏肉のうまみを引き出し

だしの味わいで
より複雑なおいしさに。

その振り方にも
一工夫ありました。

皮は薄いので
慎重に薄めに振っていきます。

塩を感じるまで ちょっと人間って
時間がかかるんで…

うまみの強い塩と
脂の甘みの相乗効果。

レバーには 少し多めに振りかけて…。

まろやかな塩が
特有の癖を和らげ

甘みが ひときわ強くなります。

焼き鳥には 塩。
確かに 一理ありますね。

一方 こちらは 開店前から
お客が列をなす人気店。

立ち食いスタイルの店内 ちょっと
こわもての大将が焼く焼き鳥は…。

タレ!

塩は 一切なし。

つぎ足しのタレを
たっぷり からめた焼き鳥が

ジャンジャン 焼かれます。

初めて食べた時…

やみつきになります。

93年の歴史を持つ この老舗。

店の宝である
タレの秘密を教えてくれました。

決め手は タレを作る時…

焦げ付かないように かき混ぜ
慎重に温めます。

40℃ほどになったら
火を止めてしまいます。

ざらめ?
ざらめっぽいですね。

(田中)うわ~。
ざらめが すごくあったよ。

ざらめは かき混ぜながら
溶かしていきますが

決して 火はつけません。

ゆっくり ゆっくり
全ての砂糖を溶かすのに

3時間 手を動かし続けます。

このタレの味 一度 失われそうに
なった事がありました。

10年前 先代が突然倒れ

誰にも引き継ぐ事なく
亡くなったのです。

店を守りたいと跡を継いだのが
義理の息子だった 浜名久利さん。

しかし タレの作り方が
全く分かりませんでした。

当時の事を知る 常連さんは…。

納得するタレはできず
試行錯誤の日々が続きました。

4年後 店が出来た頃について
記した本を見つけます。

タレが生まれた時の事が
書かれていました。

以来 浜名さんは 決して
しょうゆを煮立たせません。

店が終わると その日 減った分の
タレをつぎ足します。

味を確かめるのは
先代のタレを知る 妻の役目。

焼き鳥には タレ。
こちらも一理ありそうです。

タレも いいな~。
やっぱり どっちもだね。

個人的には 何となくレバーは
タレがいいな みたいなのが

あったりとかしますけど さっき
見たら 塩でも うまそうだった。

すげぇな 手間暇。
どちらも手間かけてますね。

両方 食べたい?
両方 食べたい。

そんな事もあろうかと 今 VTRで
ご紹介した それぞれのお店から

秘伝の塩とタレ
頂いてまいりました。

こういう事じゃないんですけどね。
だって 「塩が食べたい

タレが食べたい」って
言ってたじゃん。

肉の上に パラパラっていうのも
やっぱ 想像しましたけどね。

ちょっと まず塩だけ。

うまい!

これだけでも 酒 飲める。
酒 飲めますね。

うまい! 最高ですね。

確かに 普通の塩より
だしの味しますね。

これ焦がさないで こういうふうに
煎るの大変ですよね。

そして タレですよ。

あっ あっ。

しょうゆと ざらめだけで
あれかなと思うけど

つぎ足し つぎ足しの…

コクが ちゃんと。

甘いですね これね。
お餅も つけたくなっちゃった。

あれって 何なんですかね?
つぎ足しって。

つけてくから…

当然 繁盛しているお店は
たくさん出るから

たくさん
そのうまみも つけてくから

どんどん おいしくなっていって
ますます繁盛するという。

♬~

何か ここに
メニューが いろいろありますけど

皆さん
好きな部位とかってあります?

迷うな~。
俺 皮が好きだから。

私も 皮 大好きです。
ああ やっぱり。

皮 うまい!
皮ね カリカリにしてもらって。

カリカリといえば
ナンコツも好きですけど。

いいですね コリッコリ。

はやってますよね。
牛とかでもさ

希少じゃねえじゃんって
いうぐらい 普通にあるよね。

希少って言われると ああ何か
貴重だから食べたいみたいな

そそられますけどね。

一体 鶏の場合
何種類くらいあるのか

その道のプロを
お呼び致しました。 本間さん。

(2人)は~い!

何だ これ?
目が疲れてるのかな? えっ!?

本間兄弟。
本間さん。

本間兄弟は 鶏を一からさばいて
店で出します。

そうする事で 市場に出回らない
珍しい部位も

食べてもらえるのです。
いわゆる 希少部位。

その一つが ふんどし。

どこですか? これ。
(本間)胃の部分になりまして。

鶏の胃って
砂肝なんじゃないんですか?

(本間)あと もう一種類 これは
小さい胃の部分になります。

初めは まん丸いんですが
さばいた時にですね

ちょうど
ふんどしの形をしてまして

それで ふんどしという。
開くの?

ああ~。
うん!?

ふんどしといえば ふんどしか。

(本間)ちょうど 今
掃除してるのがですね

胃酸というか 粘膜が出るので
しっかりと掃除をしてあげると

歯応えで言うとですね
牛タンみたいな…。

うわ おいしそう!
皮みたいな…。

皮みたいね。
でも 牛タンみたいって。

(本間)
食べると 本当においしく

また 鶏にはないような感覚が
味わえるので。

鶏にはない?
食べてみたくなったじゃんね。

これ おいしそう。

そのうち 3つをご紹介。

鶏の首回りにある部位です。

何で おたふくなの?

おたふく風邪の由来がきてると
思うんですけど。

おたふく風邪の時
リンパ腺が腫れるから?

(本間)はい 見て頂けると。

よく見つけたね~。

ここ 食べようと思うか?
細長いんだ。

(本間)脂身が特徴でして。

ああ 周りに こう付いてますね。

確かに これ
脂って事ですよね あの白い所。

俺 これ うまいと思うよ。

これ 癖なさそうで
おいしそうに。

(本間)どちらかというと
味わいで分かりやすく言うと…

カキまで言う?
これ うまいよ。

(本間)こちらが
砂肝になっておりまして

よく市販でも売られている
砂肝になるんですが

周りの皮の所を 串に刺して
焼き上げてます。

普通ですと この砂肝と一緒に
焼き上げると

少し この えんがわの方が
勝ってしまうんですが

えんがわは えんがわで
召し上がって頂くと

つぶ貝のように。
日本酒には合うような。

焼き鳥の話 してるんですよ。
つぶ貝?          (本間)はい。

普通は 砂肝を取ると
ここは捨てちゃうんですか?

(本間)そうですね 大概 こちらは
破棄される部分になります。

うちでは 串に刺して
焼き上げる。

ちょっと コリコリした
感じなんですか?   (本間)はい。

つぶ貝っぽいんだ。
でも おいしそう。

何でも うまそうに
見えちゃうな これ。

焼き方だ。
焼き方が うまいんだよ やっぱ。

脂が滴り落ちて…。

そして 極めつけは…

どこですか これ。

(本間)こちらが ひ臓と言われてる
部位になりまして。

じゃあ ちっちゃいね。

あ~ きれい。
確かに 小豆っぽい。

(本間)レバーよりも濃厚で また少し
苦みと甘みを味わえる

一つ一つの串になります。

まあ
大人の串って言うんですかね。

あ~ すてき 響きが。
大人の串。

多彩な味が楽しめる
希少部位の数々。

焼き鳥の種類は 一説には
40以上とも言われています。

知らないもの
いっぱいありましたよね。

ひ臓を食べちゃうんだというね。

60年近く生きてきて まだまだ
食べた事ないものがありますね。

希少部位は
紹介で終わっちゃうんですか?

食べたいんですけど。
ご兄弟が いるんですよ。

ベスト3を選んで下さい。

ベスト3から?

大人げない。

おたふくも
あがったんでしたっけ?

もう1個 何だったっけ?
あずき。

じゃあ あずきを。
(2人)はい かしこまりました。

あっ 来ました。

お待たせ致しました。
こちら あずきになります。

苦みばしった 男の串。

あずきのようですよ。 ほんとだ~。
おっきな あずき。

ほほほほほ…。

何ですか? このやわらかさ。
やわらかいんですか?

そして この何て言うんでしょう

皮が ちょっと プリッと裂ける感じが
何とも。        はじける感じで。

レバーに近いですね。

でも こっちの方が
あっさりしてますかね レバー感は。

こちら おたふくになります。
あっ おたふく来ました。

脂が もう… きれい。
きれいだよね。

すいません いただきます。
どうぞ。

(笑い声)

ほら…。
ほらって。

これだよ これ。
それ 食べたかったんですよ。

食べたかった? ごめんね。

外側が カリッカリに焼けてるんですよ。
そして 中から トロッした。

えんがわになります。
えんがわですよ 焼き鳥の。

これも また
うまそうじゃないですか。

口元のアップ 撮ってますよ。

どう?

すんごい歯応え! コリコリ。

すんごい コリコリ!

砂肝の周りだっけ?
(本間)周りの皮になります。

さっぱりした感じが… おいしい!

これ 一番いいと思う。

ちぎってる感じが
獣のようですね。

なじみのない ひと串を手に取れば
新たな発見があるかも。

焼き鳥って 奥深い!

続いては こちら
定番中の定番からの謎。

ねぎま 3本!

みんな大好き ねぎま。
では…

聞いた事ある。

ねぎまの「ま」とは 何か?

その謎を解くべく
焼き鳥の歴史を遡ってみましょう。

サラリーマンが
仕事帰りに 焼き鳥で一杯。

そんな光景が 一般的になったのは
昭和30年代。

きっかけは ブロイラーという
食肉専用に改良された鶏でした。

飼育期間が短いブロイラーは
一気に普及。

鶏肉の値段も
ぐっと下がったのです。

焼き鳥が 庶民の味になった
この時代には

既に ねぎまは
定番だったようです。

では その前は?

この人なら
知っているかもと訪ねたのは

和田精蔵さん 御年83歳。

焼き鳥を焼き続けて 70年という
大ベテランです。

終戦後 お父さんと一緒に
屋台を引いて

焼き鳥屋を始めました。

店には 当時から変わらない
メニューがあります。

おいしいです。

いつもは 1人で6本ですけど。

ここのレバーは 鶏ではなく豚。

他にも ナンコツ シロ ハツなど
豚のモツを使っています。

戦後 焼き鳥といえば
豚や牛のモツでした。

高価だった鶏肉の代わりに
庶民の味として親しまれたのです。

更に遡って 明治時代へ。

一冊の本の中に
ねぎまを見つけました。

明治37年発行 卵と鶏肉料理のレシピ
そして 養鶏法が書かれています。

食肉が広がった明治時代

政府は 家庭での養鶏を
奨励していました。

その中に 焼き鳥の作り方が
書いてあったのです。

「肉とねぎを 互い違いに」。

これは
ねぎまの事じゃないですか?

鶏を相性がいいとされる
ねぎの間に。

やはり ねぎまは
ねぎの間という事かもしれません。

でも
もう少し 時を遡り江戸時代へ。

当時は 一般的には
鶏肉は食べられていないはず。

しかしこの時代から ねぎまという
言葉があったというのです。

その正体とは?

鍋の材料は
ねぎのぶつ切りと まぐろ!?

当時 まぐろは 庶民の食べ物。

しかし 脂の強いトロは人気がなく
足も早いため捨てられていました。

そこで トロをおいしく食べようと
江戸の人たちに広まったのが

ねぎま鍋だったんです。

焼き鳥を研究をしている
はんつ遠藤さんは

ねぎまの由来は ねぎま鍋から
来ているのではないかといいます。

B級グルメみたいな感じで…。

なので 人気だった…

そういう意味合いも
あったと思いますね。

まぐろか 間か?

いずれにしても ねぎまは

庶民の味を象徴する
言葉だったようです。

すいませ~ん!
ねぎま 2本。

そっか~。
そうなんですよね。

やっぱりね お肉全般と ねぎは
相性がいいですからね。

特に 鶏肉はね 鴨葱なんて言葉も
あるぐらいで

鶏肉とねぎは 相性がいいからって
事もあるんだろうけども。

串に刺して なんぼって感じ
あるじゃないですか。

串に刺してるから片手にコップ持って
いけるんだっていう。

ところがですよ
うちの娘なんかに聞きますとね

飲み会では 串から外せって。
そうですよ 今 外しますよ。

さっきみたいにね 1人1本しか
食えないんだったら

抜いて みんなで分け合った方がね
試せましたけどね。

根に持ってますよ。
だいぶ根に持ってる。

あれ イケましたね 確かにね
外すと ちょっとずつね。

誰も外そうって言わない。
だから やっぱり

お金が なかった頃に

1本ずつ頼んで これを みんなで
分けようか みたいな感じで

抜きだしたような気が…
分けるために。

焼き鳥を分け合わなきゃ
いけないって 相当な…

昔でも 相当な状態ですよ。
貧しかったんですよ。

そこまで?

焼き鳥店がひしめく新橋で
聞いてみました。

あなたは 焼き鳥 串から外す?
外さない?

せっかくやのにな。
せっかくやのに!

僕は…

私は…

こちらの店では 串から外すための
専用フォークを置いています。

これはちょっと…
あ ヤバい。

肉に刺した方がやりやすい。

両方の意見の板挟みになり
大変な目に遭った人がいます。

焼き鳥店の 山崎一彦さんは

店の看板に
メッセージを書くのが日課です。

去年11月に書いた文章が
燃え上がってしまいました。

「ここ数年
焼き鳥を串から外して

シェアをして召し上がっている
お客様が多く見受けられます。

凄く… 悲しい。

焼き鳥って いつから
こうなってしまったのでしょう。

焼き鳥は 串から外さず
ガブりついて食べて下さい!」。

これが SNSで 拡散されると…。

一大論争に。

山崎さんの店の串打ちを
見せてもらいました。

一口目で 肉を
ガツンと味わってもらうため

先端の肉は大きめに
塩も強めに振ります。

二口目から
徐々に肉は小さく 塩も薄く

肉そのものの味を楽しんでもらう。

串から外さず ガブりついてほしい
という ひと串へのこだわりです。

みんなが気にかけてる事
なんでしょうね。

ほんとに これ。
ひと言 言いたいやつ。

ひと言 言いたいやつが
いるんだろうね~。

俺も言いたいもん
「外すな」って。

焼き鳥戦争が起こりそうですね。
起こりますね これね。

でも 若い子とか そういう 上司と
行った時の女の子の気持ちも

分かりますよ でも。
そう?

うん。
そういう女嫌いでしょ? だって。

嫌いです 私は ほんとにもう。

こういう目で見ますけど
まあ そっち側のね 子もね

良かれと思って
やってるというね。

良かれと思ってやってるのに
あんまり言うのに

俺もね 大人気ないなとは思うけど
やっぱ 言いたくなる。

今も VTRにも出ましたけどね
最近の若者はね

やたら シェアしたがるでしょ?

確かに言ってましたね。 シェア。
あっ シェア文化だ。

シェア文化なんですよ。
なるほど。

だけど やっぱりね作ってる人の
気持ちっていうのも

分からなくはないですよ。
確かにそうですね。

よく ほら…

…とか 言うじゃないですか。
ウナギでも 焼き鳥でも。

串打つのだって ただ刺してる
だけじゃないって話ですよ。

ここは 口コミサイトで1位の
評価を得る 焼き鳥店。

店主の池川義輝さんが

仕込みの中で最も気を遣うのは
串打ちです。

串の刺し方ひとつで

肉の味わいが
全く変わってしまうと言います。

なるべく
肉汁を逃さないような打ち方で。

僕は どっちかというと
平たく打つんじゃなくて

ちょっと縦に打ちながら
焼いた時にも

肉汁が閉じ籠もるような状態の
串の打ち方をしております。

縦に打つって どういう事?

横に刺さないって事ですよね。

だから すごく
量が多いって事ですよね。

だんだん でかくなっていく。

位置によって 肉のサイズも変えます。

(池川)火が弱い所は
ちょっと薄く切る。

この厚みを 火力の強いとこに
持ってくようなイメージで。

それによって 焼き上がりは
均等に 焼き上がるように

計算しながら 刺しております。

この道に入って 17年。

ひと串ひと串
大切に打ち続けてきました。

串打ちの真価が発揮されるのが
「焼き」。

池川さんは 炭を高く積み上げ

極限まで火に近づけて焼きます。

高温で表面を焼き上げ

肉の中に
うまみを閉じ込めるのです。

炭が近いため 中央と端の温度差が
大きくなります。

そのため
温度の高い中央には 大きな肉

温度の低い端には
小さな肉を刺すのです。

更に 肉によって
串の打ち方を全く変えています。

(池川)刺すというより
縫うというイメージで。

一枚で こう薄い形なので

お肉というよりは ちょっと
縫い物をするような打ち方を

考えております。

へぇ~。
縫う。

縫ってますね。 こう S字形に。

ほんとだ。 針と布みたい。

縫うように打つ事で 脂が
皮の内側に折り込まれるのです。

表面は パリッ。

かぶりつけば 中に包み込まれた
脂が ジュワーッと溶け出します。

そして レバー。

やわらかく繊細なため
特に神経を遣う部位です。

刺してる時にですね 少し こう
高さを立ててる事によって

中の うまみが
逃げづらくなるので

少し こう持ち上げながら
刺していくっていう。

ふんわりと折り曲げるように
打つのは うまみを逃さないため。

これでつかめた というのは
基本的に あまり

考えた事はないです。

とろりとした食感を
大切に焼き上げた レバー。

きめ細かい串打ちが生みだした
ひと串です。

僕らの手で
おいしさも出せますし

逆に おいしさを殺す事もあるので
非常に やっぱ 神経は遣います。

それを
一本一本 丁寧に打つ事が

お客さんに
おいしく思って頂く一つかな

というふうに思っております。

握りずし。 握りずしも 焼き鳥も…

だけど ファストフードを

おすしなんかね もう
高級品になっちゃってるでしょ?

何万円もする。

日本人…。
うん。 だから おすしみたいに…

続いての謎は…

今 コンビニのホットスナックコーナーで
アツいのは 焼き鳥。

この店では
ねぎまから ぼんじりまで

20種類近くの焼き鳥を
取りそろえています。

こちらのコンビニでは
今年 焼き鳥の新商品を開発。

僅か3か月で 2, 000万本を
売り上げる大ヒットを記録しました。

急きょ製造工場を
3倍に増やしました。

もともと この商品

おつまみとして購入する男性が
ターゲット。

そのため それまでより2割増量。

大ぶりのひと串に。

しかし
発売直後から 意外な反響が。

女性たちが 大きな焼き鳥を
手に取ったのです。

ビールが好きで ビールと一緒に
食べたいなと思って 買いました。

(取材者)どうですか?
結構 大きいですね。

ちょうどいいくらいです。

お昼ごはんの サイドメニュー的な感じで。

お肉食べたい時とかに
ちょっと…

手軽に 肉食べた感が
味わえるというか。

買っていくのは 男女半々。

これが 大ヒットにつながったのです。

ここで…

…をご紹介。

お家料理研究家のみきママが
伝授します。

オススメは フライパン。

表面を カリッとさせるため
フタを使いません。

ここで みりん。
かけると お肉は フワッ

表面は こんがりと
仕上がるんです。

みりんのアルコール分が
お肉を ジューシーに。

糖分が香ばしさを引き立てます。

是非 皆さんも お家で焼き鳥
楽しんでみては いかがですか?

いろいろ 焼き鳥の謎を
調べてきたんですけど

次の謎はね こちらなんですよ。
何?

ジャカジャン。

「やきとり購入額」。
購入額。

これを見ますとね… 年間です。

全国平均 2, 205円。

え~。

では ここで問題。

どういう考え方をしたら
この答えが出るかが

全く分かんないんですけど 私。

養鶏場が多い県。
例えば そういう事です!

例えば そういう考え方で
いいんですよ。

どこだろう?
養鶏場が多い県。

田中さん 鋭い!

こちらは その県で飼われている
ブロイラーの数。

昭和41年から
ものすごい勢いで ブロイラーが…。

だから 田中さん
おっしゃったように

養鶏が めちゃくちゃ盛んな県。

おっ! なぜ?

私 愛知県出身なんですけど

鳥小屋っていうんですか
養鶏 いっぱいありますよ。

あと まあ名古屋コーチンとかね。
手羽先も食べるし。

(不正解のブザー)

という事で 続いてのヒント。

こちらは
持ち帰りの焼き鳥専門店。

焼き鳥を テイクアウトできる店が
多いんです。

ヒント どこに
あるんですか?

いや…
持ち帰り専門店があるっていう。

(田中)寒いとこかな?
電話注文もできるんですね ここ。

「電話注」と。 この景色で。

寒々とはしてますよ 何となく。
防寒もしてるし。

(田中)
あ~… う~ん まあ でも
それ どこでも みんな冬は…。

このぐらい着ますか?
そうだね。

でも 近くなってきてるんですよ。
東北じゃないかな?

うん。 これで もう分かっちゃう。

こちらは 40年前から
販売されている 焼き鳥のタレ。

この町の ほとんどのスーパーに
置いてあります。

すぐ分かるんですか? これ。

これ におい嗅いで。
私たち 味音痴なのかな?

におい嗅いで。
あっ 分かった!

え 分かりました?
においは 分かります。

ん?
え!?

ニンニクでしょ?
そう。

ニンニクの生産量が高い所。
ニンニクといえば…。

ピンポン。

やった!
青森なんですよ。

え~ めっちゃ食べてる!
桁違い!

桁違いに 全国平均の倍以上
焼き鳥を購入している。

そんなに食べますか!

両手いっぱいに焼き鳥。

酒のつまみに焼き鳥。

次々に 焼き鳥を買っていきます。

こちらのお宅でも
焼き鳥が食卓に。

(3人)いただきま~す。

おつまみとしては もちろん
おかずとして食卓に並ぶ 焼き鳥。

子どもから大人まで
みんな かぶりつきます。

冷凍庫の中にも やはり焼き鳥。

今日も 青森では
食卓の真ん中に焼き鳥が並びます。

1か月にね 10日食べてるって事は
3日に1回 食べてる。

飽きるでしょう! さすがに。

でも あのタレだったら ごはんの
おかずになるかもしれないね。

絶対なりますね。
あのタレは おかずになるな。

おいしいよね。
うん。

実はね その青森県以外にも
日本にはね

焼き鳥日本一の県というのが。

結局 ほら B級グルメとか
はやったでしょ?

その焼き鳥で 町おこし
県おこしをしようっていってね

やってる県が
まだまだ あるんですよ。

全国には 「やきとり日本一」を
宣言している町が

いっぱいあります。

最初に日本一を宣言したのは
瀬戸内海に面した…

しかし 今治の焼き鳥は
ちょっと変わっているらしい。

上を…

老舗で
作り方を見せてもらいました。

熱々の鉄板に
豪快にのせたのは…。

更に その上に 小さな鉄板。

上から ギューッと押さえつける事で
蒸し焼き状態になり

あっという間に火が通ります。
僅か3分で出来上がり。

これで タレを上からかけたら…

甘辛いタレを たっぷりからめて
頂きます。

この焼き鳥が 今治で生まれたのは
50年以上前。

今治は 古くから造船の町として
栄えてきました。

店のお客も 造船所で働く人たち。

大将の新子正人さんも
若い頃 造船所で働いていました。

仕事帰りに食べた焼き鳥に
ほれ込み

26歳の時 この道に入りました。

店を開いてから
ずっと使い続けてきた鉄板は

もともとは 船の部品でした。

(新子)
これも 船の造船所の 切れ端。

製品の残りをね 昔はね
結構 残っちょったんよ。

その分を このぐらいのあれで
切ってもろて

縁を作って 溶接して 出来上がり。

「押さえ」と呼ばれる
この小さな鉄板も

やはり 元は船の部品。

親しみ感じて

物言うてくれるような
そういう感じになるんよね。

造船の町だからこそ生まれた
焼き鳥です。

その翌年 「うちだって 店の数は
日本一」と手を挙げたのが…

昔から鉄鋼業が盛んな室蘭で

焼き鳥は 働く人の胃袋を
満たしてきました。

そんな室蘭の焼き鳥といえば…。

鶏肉と長ねぎではなく
豚肉と たまねぎ。

これを 甘いタレにつけて焼く

これぞ 室蘭流の焼き鳥!

養豚が盛んな北海道で
安く手に入る豚肉と

地元のたまねぎが見事にマッチ!

これは うまいと
室蘭焼き鳥として根づきました。

豚で焼き鳥。
日本一も いろいろですね。

もう最高! アハハハッ! 最高です。

更に 3年後

今度は 福岡県の久留米市が
日本一を宣言。

久留米の焼き鳥は
鳥も豚も牛も勢ぞろい。

野菜やキノコを豚バラで巻いた
創作焼き鳥も人気です。

こちらの店では
日々 新たな焼き鳥を開発中。

焼き鳥の懐の深さ。

最も新しく
日本一を宣言したのは…

美しい海を臨む漁師町です。

昔から 魚のアラで
鶏の餌を作っていたため

養鶏所の多い土地柄。

漁師たちにとっても
焼き鳥は 身近な存在でした。

そんな長門の焼き鳥は
実に オーソドックス。

しかし 注目は 長門流の食べ方
ガーリックパウダーです。

漁師が広めた食べ方だといいます。

50年以上前からある この食べ方。

独特の味と香りは

長門の人たちには
なくてはならない アクセントです。

駅前に 昼の2時から開店する
焼き鳥店を見つけました。

海から帰ってきた漁師たちが
明るいうちに集う店です。

こんにちは!
お久しぶり!

この日 最初のお客は
イワシ漁に出ていた 上田さん。

注文しなくても
焼き鳥が出てきます。

(上田)アハハハハハッ!

お客の多くが
何十年と通う常連ばかり。

漁師さんも楽しみね
そういう話があったら。

焼き台の前に立つのは

50年以上 店を切り盛りしてきた
大深擴子さん。

焼き鳥で 力をつけてほしいと

その日の朝にしめた鶏を仕入れて
焼いています。

使っているのは さっぱりとして
ジューシーな 地元の銘柄鶏。

新鮮でないと食べられない
きんかんも

漁師たちに人気です。

土曜日に 焼き鳥食べて…

土地が変われば 形も変わる。

でも いつも身近にあって
元気を分け与えてくれる。

それが 焼き鳥。

いろんな焼き鳥があり
それぞれに 日本一と言ってると。

串焼きが もう焼き鳥に
なっちゃってるんですかね。

そして 今治のやつは あれは
とり皮の料理ですね。

一品料理ですよね とり皮の。

あれ 僕 店 出すんだったら…

いいですねぇ! かなり
押さえられそうですねぇ。

だけど 重いですよ やるのが。

だから やっぱ
工場の多い町に多いんだね。

仕事帰りにね。
みんなの活力の源だったんだね。

おばちゃんと しゃべりながらね。
あれ いい光景ですね。

今 思い出したのは…

千葉駅前のね ちょっと
ガード下みたいな所で

やっぱ 疲れた
サラリーマンのおじさんが…。

まあ 大学の時
ひどいブスだったんですけど

やっぱ 酔っ払ってるから
焼き鳥を持ってくと

「お姉ちゃん 頑張ってるね」って
1, 000円くれたりとか

優しい施しを受け

帰る時は その焼き鳥屋の
女のご主人さん おばさんに

「大久保ちゃん これ
持って帰りな」って 焼き鳥を

余ったやつを
持たせてくれたりとか

すごい優しさをね 受けました
焼き鳥屋で。 そうだ。

ほんとだ。 いつの間にか
あるんですね 思い出ってね。

こうやって 焼き鳥
いろいろ 見てきましたけども。

もうグーグー鳴ってます おなか。
アハハッ すいませんね。

これの番組で もうすっかりみんな
忘れちゃってると思うけど

「モテる焼き鳥」っていう。
あ… どうでした?

今日 これを見た方は 焼き鳥屋で
うんちく言えるから モテる。

知ったかぶりして 「ふんどし
下さい」とかって言うんだよね。

言うでしょうね。
ちゃんと覚えていかないと

「ふんどし どこだっけ?」
みたいに なっちゃうからね。

それは ちょっと 女の子
いいなと思うかもしれないですね。

ほどほどのうんちくね でもね。
そうだね。

食べた事ないとこや何かを
さりげなく

教えてあげるぐらいだったら…。
いいです いいです。

いいですか。
うん そのぐらいがいいですね。

おめでとうございま~す!

♬~

バーッと お酒飲む時に 焼き鳥で
盛り上がっていきたいなと。

焼き鳥って こう 食べながら
話できるじゃないですか。

それがいいですよね。

子どもの時は
おなかいっぱいになる。

今は 焼き鳥があれば 一杯飲める。

そういう意味での
ソウルフードじゃないですかね。

生きる活力になりますよね。

今日も 昼も焼き鳥定食

夜は焼き鳥 明日も焼き鳥

毎日 焼き鳥。

♬~


関連記事