沸騰ワード【自衛隊に取り憑かれたカズレーザー&浅田真央・舞姉妹!激レア映像祭】たけのこ王…


出典:『沸騰ワード【自衛隊&たけのこ王に浅田姉妹参戦2時間SP】』の番組情報(EPGから引用)


沸騰ワード【自衛隊に取り憑かれたカズレーザー&浅田真央・舞姉妹!激レア映像祭】[字]


自衛隊に取り憑かれたカズレーザーが最強ヘリ・コブラに民間人初搭乗&ブルーインパルス&総火演の射撃訓練裏側…激レア映像一挙大放出▼浅田真央・舞姉妹のロケ初共演映像


詳細情報

出演者

【司会】設楽統(バナナマン)

【沸騰リーダー】日村勇紀(バナナマン)

【進行】郡司恭子(日テレアナウンサー)

番組内容

他では絶対見られない映像連発!自衛隊に取り憑かれたカズレーザーが巡った駐屯地・基地7か所&装備品40以上から激レア映像をドドンとまとめて大放出!最強ヘリ・コブラに民間人初搭乗…航空自衛隊「ブルーインパルス」が妙技連発…総合火力演習の裏側潜入!至近距離から激撮した射撃訓練…トランプ大統領を出迎えた特別儀仗隊▼こんな真央ちゃん見た事ない!貴重な浅田真央&舞姉妹のバラエティロケ初共演映像…幻食材取れるか

監督・演出

【企画・演出】水嶋陽

【プロデューサー】新井秀和、笹木哲

【チーフプロデューサー】納富隆治


『沸騰ワード【自衛隊&たけのこ王に浅田姉妹参戦2時間SP】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

沸騰ワード【自衛隊に取り憑かれたカズレーザー&浅田真央・舞
  1. ディレクター
  2. 風岡
  3. 隊員
  4. スタジオ
  5. 阿部
  6. 砲声
  7. カズレーザー
  8. カッコ
  9. お願い
  10. ホント
  11. 今回
  12. カズ
  13. 日村
  14. 大丈夫
  15. アハハ
  16. キノコ王
  17. チヌーク
  18. 訓練
  19. 設楽
  20. FH


『沸騰ワード【自衛隊&たけのこ王に浅田姉妹参戦2時間SP】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV




↓日本テレビ 関連商品

<今夜も 我々の…>

<今回は…>

<まずは!>

<カズレーザー 35歳>


<そんな…>

<が伝わり これまで…>

<そこで今回 その…>

<まずは 第8位!>

<向かったのは…>

<およそ…>

<日本一の隊員数を誇る

防空の要として
極めて重要な基地>

(カズレーザー)  あっ お邪魔いたします
今日 よろしくお願いいたします。

(亀川さん)
…いうことで伺ってまして。

(笑い)

あら ありがとうございます。

<カズが…>

(ディレクター) あれがチヌーク!

わ~ すごい!

<今回 カズのために…>

はじめまして 阿部です。

よろしくお願いいたします。

[ 口パクをしている ]

(ディレクター)
あ~ なるほど なるほど。

私は この…。

<女性パイロット 阿部3佐
16年のキャリアを持ち

東日本大震災でも活躍した
腕利き>

<1つのプロペラで3000馬力
2つ合わせて6000馬力>

<1機で…>

そうですね。

(ディレクター) あぁ すみません。

(阿部さん) はい。

ここまで… 結構 入れますね。

すげぇ。

(ディレクター) どんな物を
つり上げるんでしょう?

12トン!

(一同) え~!

<中でも…>

調子乗んなっつって。

あの もし あの
お時間ありましたら…。

あっ いいんすか!?

一番カッコいいし。

<実は…>

<…になりたかった
カズレーザー>

失礼します お~。

全然 もう…。

(阿部さん) そうなんですか?

(阿部さん)
鍛えてるんじゃないですか?

<すると 自衛隊から…>

…していただくということで。
あっ! すげぇ!

(阿部さん)
お貸しいたしますので。

ワッペン 名前が… すごい!

(ディレクター) いやいや…。
これ すげぇ!

<なんと…>

ありがとうございます!
(阿部さん) 着替えてください。

<…と!>

(ディレクター) これは また…。
どうも!

あっ え~と…。

<そして今回 なんと…>

<しかも その後には…>

うわぁ すごい。

えっ! 失礼します!
(ディレクター) すげぇ。

お~!
(ディレクター) お~!

お~…。

お~!

(ディレクター) 超絶メカですね。

うわっ!
(ディレクター) うわっ!

え~!

お願いします。

<…で いざ!>

<離陸!>

無重力。

<しかも…>

(スタジオ:カズレーザー)
すごいのが 浮き上がる…。

(スタジオ:カズレーザー)
僕もスタッフさんも…。

(スタジオ:設楽)
動いてる感覚がないの?

(スタジオ:カズレーザー)
揺れてるなぁぐらいで…。

わぁ~ すげぇ!
あぁ 怖い怖い怖い。

え~ すげぇ 速っ!

今…。

何か あんま…。

<…と!>

立てんの?

う~わ!

高い!

高い! 高~い!

おぉ おぉ…。

ここ 穴か。

結構 ほぼ…。

はい すごい。

高さが怖い!

<チヌークの窓は出窓タイプ>

<眼下を一望できるので…>

<…と>

エンジンが。

(笑い)

<そして 着陸時にもポイントが>

もう…。

え~!

意外と…。

<…も担う チヌーク>

<着陸時に負担をかけぬよう
静かに降りるのが…>

わっ わっ!

<さらに チヌークのパワーを
見せつける超過酷な訓練!>

<特等席で見せてもらう>

うわ すげぇ すげぇ…!

<その猛烈な風で
口達者な男も…>

(ディレクター) うわ~! わっ わっ!

<立ってもいられない>

(スタジオ:設楽) あっ ホント?
そんなすごいんだ。

<この…>

何か やってんの?

<吹き下ろす風の中

窓を開けた隊員と
物資を準備する隊員>

<阿部3佐が
繊細な操縦を求められる…>

(ディレクター) あ~ すげぇ!

すげぇ!

<自衛隊が この距離で

チヌークの訓練を
見せてくれるのは…>

<このフックを使って

離島や 橋が壊れ
取り残されたエリアにも…>

<さらには
巨大バケツをつるして…>

<こちらのチヌーク…>

<そして 訓練を間近で味わった
カズレーザーは…>

(ディレクター) 見えなかった?
はい。

<続いて 第7位は…>

<やって来たのは…>

(スタジオ:朝日) キレイ 立ち方。

本日 案内役を
務めさせていただきます

守屋3佐と申します
よろしくお願いします。

あっ もう…。

あら ありがとうございます。

ありがとうございます。

非常に…。

ありがとうございます
よかった。

…見せて
いただけるんでしょうか?

今回は…。

はい とっておきの部隊。
そちらのほうに…。

<その…>

すげぇ…。

(スタジオ:日村) あ~ カッコいいね!

(阿部さん) はい。

こちらはですね…。

トランプ大統領いらっしゃった時…。

要人を…。

はぁ~ なるほど。

…なんだっていうのは
伝わりますね。

そこを感じていただきたいと
思います。  これはすごい。

<…特別儀仗隊>

<スペシャル部隊>

<今回
カズが来るということで…>

(スタジオ:日村) すごいな カズ!

(スタジオ:設楽) 国賓級の扱いだ。

ホントに。


おぉ カッコいい。

(掛け声)

すげ…。

<一糸乱れぬ動作>

<これが…>

(阿部さん) こちらが…。

(阿部さん)
…というものを実施いたします。

(スタジオ:長田)
頭も ひとつもブレてない。

(スタジオ:設楽) すごいね!


(阿部さん) 今回については
訓練旗で代用いたします。

緊張感が…。


<「捧げ銃」は 銃の引き金を
相手に向けることで

敵意がないことを示す
最上級の敬礼>

(阿部さん)
ありがとうございます。

目も乾燥…。

しないっすね。

あ~ なるほど。

えぇ…。

≪休め!≫

よかった!

我慢です はい。

(笑い)

あの方。

<…する教官>

<一体 何をしているのか?>

(阿部さん) 足の角度は60度と
決まっております。

<自衛隊では…>

<…と決まっており
専用器具で細かく修正>

<徹底して…>

<カズレーザーも…>

すいません。

あぁ すいません… はい!

はい。

<さらに この日は…>

(ディレクター) あぁ~。

すごい ツヤツヤじゃないですか
お肌も。

はじめまして
中央音楽隊の松永3曹です。

よろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。

え~っとですね…。

あっ 少ない!

(松永さん) はい。

<ちなみに…>

♪~

…って呼ばれてる方で。

そうですね。

もちろん そうですよ。

自衛官ですからね。

(松永さん) 組みました。
ありがとうございます。

<なんと…>

♪~

♪~

♪~

(笑い)

<続いて 第5位は…>

<全国から…>

<その…>

<…にも上る
年に1度の大人気イベント>

<通常 我々が目にする…>

<そんな裏側で
テレビ初解禁のものを

バンバン見せてもらえる
ということで

やって来たのは…>

<演習に合わせ…>

(隊員) そうですね。

へぇ~。

<その間 全隊員が
一切 家には帰らず…>

<…で過ごす>

(ディレクター) 野外炊具1号?

これ…
トラックで後ろ けん引して

動くキッチン。

(隊員) そうです。

700人!

<災害派遣でも活躍する
動くキッチン 野外炊具1号>


銀シャリだ。

(隊員) 大体…。

へぇ~
200人分 作れるんですか。

<優れもの!>

<短時間で大量に作れるよう…>

皮むき機?
これが 皮むき機になってます。

(隊員) ここからですね
ある程度したら…。

へぇ~。

(隊員) そうです そうです。

(隊員) そうですね。

そうです そうです。

とんでもねえ量の麩が…。

じゃあ これぐらいのお麩は
要りますよね。

<さらに…>

(松原さん) そちらのほうに…。

うわわ! 何か すげぇ。

<自衛隊に取り憑かれた
カズレーザーが…>

機甲教導連隊の
中村2尉と申します。

よろしくお願いします。
お願いします!

若いですね。

そうですね はい。

(中村さん) そうです はい。
すげぇ新しい。

…に なってるじゃないですか。

<…と>


少しだけ大っきくて…。

で…。

ライフリングって
そういうことですよね?

(笑い)

いわゆる…。

<それを基に…>

<ちなみに 16式は
26トンの重さながら

舗装された道路なら
100キロで走れる>

<そのお値段は…>

でも 国産車なんで
国産車は高いんです やっぱ。

えっ いいんすか。


マジで。

<さらに カズが…>

はぁ~…。

どれっすか? これっすか?
(中村さん) 一番右の…。

(滝沢) ねぇ 低い。

相手の…。

うわ すげぇ!

(ディレクター)
これ いくらなんでしょうか?

(ディレクター) 14億。

大変ですね~。

ちなみに…。

どっか…。

まぁ そうですね。

…なんていう話もあるみたいで。
分かりました。

あっ ホントですか?

すごい。

え~ 何か…。

すげぇ。

<カメラをがっちり固定>

(ディレクター) はっ! 射撃中だ。

いいの?


よろしくお願いします。

<どんな装備品なのか?>

これが うわ FHですね!

デカいっすね!

前から見ると。

これが全部…。

…ってやつですね。
(ディレクター) はぁ~。

こういう…。

(梶原さん) そうですね はい。

(梶原さん) ハハハ…。

<巨大な大砲 FH-70は…>

<それが ずらっと…>

お~!

デカいっすね。

榴弾っていうのは?
はい そうです。

うわ 重てぇ!

<そんな…>

実施をしますので
そこを ぜひ見てください。

へぇ~。

(梶原さん) はい。

<複数のFH-70で…>

<だが 数km離れた標的に

どうやって
同時に弾を当てるのか?>

(梶原さん) その通り。

そうですね はい。

そりゃそうですよ。

曇りとか雨で…。

<あらゆる情報を
細かく計算して

絶対に当たるように
照準をセット>

(ディレクター) あっ これ もう…。

<いざ
その射撃訓練を見せてもらう>

今 そちらで立って…。

この人が この砲班
9名を全員 仕切る。

<FH-70は…>

<…が伝えられる>

だいぶ近い所ですね。

ここで聞いたら…
ありがとうございます。

砲班の動きとかを阻害すると…。

(ディレクター) カズさん自ら。

<そんな…>

ここから うわっ すげぇ。

大丈夫ですかね?
(ディレクター) 大丈夫かなぁ?

おっ 来た。

撃つのかな?

(掛け声)

<いよいよ…>


撃つのかな?

(掛け声)

<いよいよ…>

≪TOT 20秒前!≫
≪TOT 20秒前!≫

(砲声)

(日村) 12秒前…。

すげぇビビりました。

(砲声)

(砲声)

(砲声)

<40kgの弾丸を

軽々と持ち上げ 一切…>

(スタジオ:日村) この作業すごいな。

(スタジオ:設楽)
こういうの見たことない。

(砲声)

(スタジオ:日村) カメラが
揺れちゃってるもん。

(砲声)

すごかったですよ。

(ディレクター) ビビりまくり?
はい。

危ないところでしたよ。

<…と>

16!っていう…。

それが…。

<TOTは同時弾着させるために

各部隊が0.25秒ずらしで発射>

<しかも…>

≪12…≫
(砲声)

<…で行う>

そうですね それこそ…。

<さらに…>

<会場の…>

皆さんが…。

だいぶ…。

<そして…>

とんでもないですね。

<ここで これらの装備品の射撃が
間近で見られる>

<さらに 我々が付けた…>

<…が見守る中>


(砲声)

<そして…>

(スタジオ:設楽) あっ これ?

<車長の合図で急加速!>

(砲声)

<スローで もう一度>

<この火力で…>

(砲声)

<すると…>

この前 我々が見たFHですよね?

あんなデカいの。

(アナウンス) まず初めに…。

(砲声)



(砲声)

えっ!


<果たして…>

(砲声)


<こうして…>

<続いて 第4位は…>

行った 行った…。

(日村) うわぁ~。

(笑い)

では カズさん
好きな所 隠れてください。

え~。
(ディレクター) カズさん ちなみに…。

子どもの頃は。
かくれんぼですか?

見つけるの…。

<今回 準備されたのは…>

(隊員) 捜索開始しま~す!

(吠え声)

結構…。

え~!
(朝日) 何 それ~!

<近年 続発する…>

<続いて 第3位は…>

<6機編隊による 一糸乱れぬ…>

<今…>

<その演技を
ひと目見るために…>

<…のファンが殺到>

<先日 行われた…>

<…を披露>

<そこで今回…>

<ということで
やって来たのは…>

(ディレクター)
あっ! カズさん あそこに…。

そりゃ 仁王立ちするでしょ。

お邪魔いたします。

どうも カズレーザーと申します。
はじめまして 栗林です。

3等空佐になります。

来ました!



<今まで
図鑑でしか見られなかった…>

(ディレクター)
のけ反っちゃってますね もう。

マジで薄いっすよ。

薄っ!

こっちをこうやって

逆側のウイングをこうやると
何か…。

これ ちょっと曲げるだけで
ギュイン!ってなるわけです。

(ディレクター) そうなんですか。
そうです そうです。

いわゆる そうです。

<それにより…>

<…するという>

(ディレクター) うわ~ すご~い!

…とか書いてありました。

どれぐらいなんすかね。

(一同) え~!

…とか聞いたことがあります。

<と ここで…>

こんなもん。
(ディレクター) そうですか。

(磯原さん)
足を差し込むような形ですね。

なるほど…。

めちゃくちゃスイッチある。

これ全部
覚えてるわけですもんね。

これはあれですね
脱出するやつですよね?

(磯原さん) はい そうです。

(一同) え~!
間違えちゃったら…。

<めったに見られない
現役戦闘機を

間近で
見せてもらったところで…>

<松島基地に所属する…>

T-4。
(元廣さん) そうです。

(元廣さん) このノズルのですね
右側に付いてるのが

スモークオイルの配管に
なってまして…。

これっすか?
(元廣さん) そうです。

へぇ~!

<ブルーインパルスは
ボタンひとつで…>

<排気口を触らせてもらうと…>

(元廣さん)
スーツが黒くなってしまう…。

なかなか なくないですか?

いいんすか?
はい。

<果たして…>

<いよいよ…>


<ブルーインパルスの技は
30以上>

<その…>

すごい。

<いざ 大空へ!>

すげぇ! カッケ~!

<と いきなり…>

お~! 来た~!

(ディレクター) うわ~!

今のが あれっすね!

うわっ! 近っ。

どうなってんの?

すげぇ!

1mって… 合成じゃないの?

わぁ すげぇ!

5機 ぴったりくっついて…。

お~!

やっぱ…。

すげぇ すげぇ…!
うわ うわ うわ… すげぇ。

これ 曲がりきった瞬間って

ホントに
一枚の板になるじゃないですか。

1mmもブレてない。

…って このことなのかな
って思うぐらい。

<すると この後…>

来た 来た…!

(隊員)
こっち側に ゆっくり回ります。

これ 見た目以上に難しいです。

あ~ なるほど。

<さらに…>

(隊員) …にやらないと
近づかないんで。

(隊員) 気は抜けないですね。

<続いて 人気の技…>

お~! すげぇ!

すげぇ!

わ~! すごい!

<さらに…>

お~!

<ブルーインパルスの
スモークアート>

<大空に描いたものは…>


<そして カズレーザーが…>

これはもう…。

<いよいよ…>

お~!

あっ すげぇ!

一番いい角度じゃないですか
ここ!

うわ うわ… すげぇ!

こんなに回るんですね!

うわっ すげぇカッケ~。

うわ~!

カッコいい! これはマジで…。

いえいえ…。

(ディレクター) 最高?

<続いて 第2位は…>

(宮岡さん) 建物の…。

いかにも 何か その…。

ほら。

(宮岡さん) はい じゃあ…。

(スタジオ:松尾)
うわぁ~ すげぇ 緊張するな。


<そこにいたのは…>

<彼女たちこそ…>

結構やっぱ あの年代だと
多いですね。

(出川) ホントに…。

(笑い)

<果たして…>

あ~ 取った。

(宮岡さん) 薬きょうが
飛んで行かないように。

なるほど
あれで押さえてるんですね。

(銃声)

<この訓練は…>

(銃声)

(銃声)

(銃声)

あれは…。

なるほど 分かるやつ。

すげぇ! すげ…。

枠内ですよ 全部。

<そして 取り憑かれた…>

<と その前に…>

(ディレクター) フフ… え~!

(浅田真央) ウフフ…。

はい。

(ディレクター) あっ…。
ハハハ…。

<日本中に感動を与えた…>

(ディレクター) ホントですか?
はい。

(ディレクター) 知ってます?

もちろんです。

私…。

(ディレクター) へぇ~。
なので…。

…なと思って 来ました。

(ディレクター) 農業に興味がある?
はい。

…んで いいですか?
(ディレクター) ホントですか?

アハハハハ! 来ました~!

(ディレクター) 来ました?
来ましたよ!

イェ~イ!

(ディレクター) おはようございます。

はい。

<2つ上の…>

<…も参戦>

(ディレクター) じゃあ 舞さんも
タケノコ王 ご存じで来た…?

えぇ? 知らないんですね。

(浅田 舞) あまり詳しくは ない。

(ディレクター) なるほど なるほど。

<早速…>

ないよね。

(ディレクター) よかったです。

私…。

それが ずっと…。

(ディレクター) そういうのも
あるんじゃないですか?

あっ! それはあるかもしれない。

(ディレクター) そうじゃないですか?

舞さんは…。

自給自足ですか?

周りに…。

(日村) タイプが違うんだね。

今回は…。

そのために来ました。
(ディレクター) そうですよね。

(ディレクター) そうそう… そうなんで。
へぇ~。

でも…。

(ディレクター) あっ。
へぇ~。

いや…。
(ディレクター)アハハ…! 撤回します?

<そして ついに…>

(舞) え~!
タケノコ王 いた!

(舞) こんにちは~。

(笑い)

<さらに!>

これ…。

<ついに…>

(舞) え~!
タケノコ王 いた!

(舞) こんにちは~。

すご~い!

(舞) アハハハ!
フフフ…。

(風岡さん) お姉ちゃんと?
はい。

(風岡さん) 妹?
はい。

大丈夫よ。

今日は…。

えっ? 俺に?
はい。

いやいやいや…。

<これまで…>

<幻の仙人の食べ物などの
激レア食材を

その…>

<…でゲットして来た>

私…。

その体験を ちょっと…。
じゃあ 何? 今日は…。

(風岡さん) ティーチャー?
すげぇことになったぜ 高橋さん!

…今日。

お願いします。

<なぜか…>

<と 早速…>

今日は…。

<その味は…>

<中でも…>

これぐらいの…。

似てますね!

(舞) ねぇ…。

大丈夫 大丈夫…。
大丈夫かな?

舞も全力で行きましょう!
ついて行くわ!

<その…>

はい 29です。

(笑い)

あぁ まぁ 来年…。

それは…。

へぇ~。

<いきなり…>

<…王>

ちなみに…。

やっぱり…。

え? あぁ そう へぇ~。

そうです そうです。
(風岡さん) すごいことじゃん。

見て…。

はい。

(笑い)
(日村) 何だよ これ!

どういうことなんだよ。

(風岡さん) 農業で…。

(風岡さん) 芋 栗 かぼちゃ?
はい。

それが理想なわけね。

いいね~。

わぁ~!

<30分後…>

見てください。
(真央:舞) わぁ~!

(舞) すごいね~!

(風岡さん)
ここが俺の竹やぶだから。

(真央:舞) へぇ~!

<早速…>

よっしゃ 行こう!

(舞) ゴー ゴー!
(風岡さん) 元気いいな!

すごい!

(舞) もっと どんどん行く?

<…と>

えっ? あっ かわいい!

ホント 小っちゃい。

(風岡さん) 食べれるよ。

いいんですか? 食べれるの?
(風岡さん) 大丈夫だに。

(風岡さん) 山の宝石。

野いちご… 木いちごだな。

あっ!

そういうことよ。

(笑い)
(日村) 絶対 気ぃ使ったよ 今。

ツルが木とかに巻きついてて

そのツルを
探さなきゃならないんだけど

葉っぱが
キツネの顔みたいになってるさ

こういう感じ。

ハートの長いような こんな感じの。

(風岡さん) そう ハート。

(風岡さん) 葉っぱはね
大体10cmぐらいかな。

10cmぐらい?

(舞) へぇ~。

なかなか難しいぜ 探すのは。

(ディレクター) あった?
これ あった!

ハートの葉っぱ ほら!
(風岡さん) これは…。

違うんだ。
(風岡さん) 似てるけど 違う。

(風岡さん) そうだね!

<…と>

あっ!

(風岡さん) 木に…。
これじゃない?

(風岡さん) これじゃ ねえな…。

(風岡さん) おぅ!

(風岡さん) これ これ これ…!
アハハ!

(舞) え~! ウソ~。

(風岡さん) 広げてみれば…。

(舞) すご~い!

(風岡さん) 中で…。

(舞) 何重にも なってるもんね。

<そう…>

えっ どういうことですか?
引っ張っちゃって

プチって切れちゃうと
どこに着地点が…。

(笑い)

(風岡さん) 大丈夫か?

<慎重に…>

それ すっごい木が古いですね。

(風岡さん) これ これ これ。
来た!

(風岡さん) これ これ…。

(舞)
ちゃんと土の中に埋まってるし。

ってことは…。

<…と>

えっ?

おっす!

金ちゃん 久しぶり。

あら 来た?

こんにちは。
こんにちは。

(キノコ王の嫁) 姉妹!

舞ちゃんと真央ちゃん!

うわ~! 嬉しい~!

<山梨の…>

(風岡さん) よ~し やろう。

片側だからね いいけど。

(ディレクター) 何すか? この…。

(舞) え~ すごっ!

あっ!
あっ!

<さらに…>


めっちゃ 深いとこ。

(舞) ありました!イェ~イ!

これ これ これ…。
やった やった…!

<そう モンスターとは
めったにお目に掛かれない…>

(風岡さん) あぁ でも…。

細い?
(風岡さん) ほら 意外と細い。

(ディレクター) これは…。

え~。

(笑い)

≪うわ~!≫

(舞) 落ちないでね~。

でも…。

ほっ!

(キノコ王の嫁) さすが~。

(風岡さん) よし。
よし 行こう。

(ディレクター) 探しますよ。

「無理やり やんなよ!」。

<と…>

(金ちゃん) はいはい!

えっ?
(風岡さん) これ!

(金ちゃん) あ~ これ すごいよ!
(風岡さん) これ…!

どれ?
(風岡さん) これは きっと…。

どれ? どれ? どれ?

(金ちゃん) これ すごい!

明らかに。

これ モンスターですよ 正直。

ヤバいの来たよ
みんな~ よかった~!

モンスター!

(笑い)
≪鬼嫁!≫


(舞) え~ お願い 出て来て!
お願い!

(風岡さん) 金ちゃん。

あ~ そっか~。
(金ちゃん) 自然薯じゃないね。

いや~…。

(風岡さん) 悔しいね ホントに。

ぎりぎり ヤバい もう だって…。

(ディレクター) 最初から…。

行きましょう!
何 言ってんの?

俺が。

私たち…。

<タケノコ王が自然薯を…>

<すると…>

(金ちゃん) 違うなぁ。

どれ?
(風岡さん) これ これ…。

(舞) それ?

来てる。
(風岡さん) 今の…。

ここ ここ!

ここ これ これ これ

ここ あっ…。

あ~!

(風岡さん) あった?
(ディレクター) 切れた? また。

いた! いたよ!
(舞) いた?

これです。

(舞) よっしゃ 行くぜ。

(金ちゃん) これ 大きいよね。
最後の最後。

やってみる。

<これが…>

<真央ちゃん自ら 穴を掘る!>


(風岡さん)
いいじゃねぇ やっぱり…。

おぉ~!

(舞) う~!

(金ちゃん) もう OKでしょ。
(舞) もうOK?

(風岡さん) お~!

(キノコ王の嫁) いるね いるね~!

でも 結構 長いね。

<もし…>

<絶対に折らないよう
ここからは…>

(ディレクター) マジ?

でも これ…。

(自然薯が折れる音)

(ディレクター) どこですか?
ここ。

(笑い)

ハハハ…!

<…と>

こうなったら。

…ってやつ。
えぇ!

<本来なら このまま…>

<タケノコ王の山に眠る…>

ちょっとした…。

(キノコ王の嫁) そしたら 何?
とんがってんのが出て来んの?

出て来る チョンが出てるから。
(舞) ちょっと暗くなって来たよ。

そうですよね。

<地中深くに眠っているため…>

<故に…>

(風岡さん)
目視プラス 手の感触で。

(風岡さん) 何だ これ!
(キノコ王の嫁) そりゃ そうだよ。

(キノコ王の嫁)
すごいポーズ… 最高。

あっ。

<果たして…>


あら。

あった~!
(舞) あった?

これだ!

(風岡さん)
周りをね ちょこちょこ…。

ほれ あったら!
あった!

(風岡さん) 行ってみな?

(ディレクター) 思い切って。
(舞) せ~の!

もうちょい上だな
根っこに当たったから 今。

ほっ!
(風岡さん) まぁまぁ いいだろう。

こっち?
(風岡さん) まぁ いいだろう。

(舞) お~!
小っちゃ! アハハ!

かわいい!

イェイ!

いい香りする。

<これぞ 季節外れの幻…>

<幻だけあって…>

かじれるんですか? 行きます。

(風岡さん) 生で食えるから。

ん! ん~!

(風岡さん)
今まで植わってたやつだからね。

すご~い!

(舞) 行くよ? せ~の!

(風岡さん) あれ…!

最悪! 最悪!

(風岡さん) 危ねぇ!
アハハ…!

あんまり…。

(舞) よっ!
(風岡さん) まぁ いいだろう。

ほら。
(舞) アッハハ!

やった~!

アハハ…!

<と…>

俺から…。

えっ? 何だろ。

何?

栗の木!?
(風岡さん) 2本 用意しといた…。

え~!
(舞) え~!

(笑い)

(風岡さん) ほら。

え~! やった~!

…っていいません?

(風岡さん) 桃栗三年 柿八年
それを言うなら。

何?

アハハ…!

トン トン トン ト~ン!

行きます。

<その味は?>

ん~!

うん!

(風岡さん) よ~し やったぜ!

ふわっふわだし すごい粘り!



ハハハ…!

今後は…。

よし!

なる?

(風岡さん) ホントだよ。

来たまえ。
はい。

ありがとうございます。
<そして…>

<いよいよ 第1位は…>

<やって来たのは…>

<早速…>

いいっすか?

♪~

ばかすか…。

これ こっから撃ってたんですよ
こっから。

コブラ コブラ。

(発射音)

(発射音)

<目標は およそ3km先の
小さな的>

ヘリは ヤバいっすね
カッコいいっす。

その中間…。

…みたいな感じ。
(ディレクター) カッコいい?

最高の人?
そう。

(隊員) 触るのは…。

後ろ。

ちょっと こうなってる
こっち回るから。

うわ~ そうですか。

で こちらが…。

ここに…。

もう だから…。

<そして…>

お世話になっております。

対戦車ヘリコプター隊長の
大島2佐といいます。

よろしくお願いします。

ありがとうございます!

(大島さん) これも…。

ありがとうございます。

…と思ってます。
うわ~ 嬉しい!

いいんすか? やった。

<民間人がコブラの訓練に
同乗させてもらえるのは

通常では まず あり得ない
前代未聞のことだそう>

(大島さん) あとですね…。

いいんすか?

ありがとうございます!
(ディレクター) すげ~。

お~。
(ディレクター) カッコいい。

<般若部隊に…>

<いざ 長年の夢だった
コブラの訓練に参加>

カッコいいっすよね。

<…カズレーザー>

<そんな熱い思いは
自衛隊を動かし

数々の貴重な体験を通じて

その活動を世に知らしめて来た>

<そして今 絶対に
かなわないと思っていた…>

うわっ。

すごいっすね… いいな~!

<専用のヘルメットを装着>

これ 入りました。

(スタジオ:松尾) カッコいいな。

すげぇカッコいい。

聞こえます。

はい。

了解です。

<すると…>


あっ 動きだした!

あ~!

すげぇ!

(隊員) 左旋回をします 左旋回。

(スタジオ:長田) うわ カッコいい。

(隊員) そうですね
ちょうど こう 何でしょう…。

(隊員) ないですね。

こういう視界なんですね。

(隊員) 特に…。

(隊員) はい よく見えます。

すごいなぁ。

(隊員) ホバリング中ですね。

なるほど。

(隊員) 難しいですね はい。

(隊員) そうです。

そうです はい。

下のススキの動きから見ると
やっぱ

とんでもない風が発生してる
っていうのが分かりますね。

なるほど。

(隊員) そうですね。

すっげぇな。

(隊員) 晴れて ちょうど…。

飛んでるヘリを夕日バックに
撮りたかったな ミスったな。

カッコいい!

<だが これは…>

450m。

<…必殺の戦法>

<その際 強烈なGがかかる
というが…>

<いざ…>

<さらに…>



<いざ…>

うわ~! 何これ!

何これ! うわわわわ…!

(成田) え~。

(隊員) ダイブします。


<こうして…>

うわ~。

どうも。

<そして…>

<4月10日の
『沸騰ワード』は…>

<…に密着>

お~ すげぇ!

<国家防衛を担う超重要基地で
テレビ初解禁が続々!>

(電流が流れる音)
あ~! 痛っ!

ジュっていってる…!

マジでやられると思った。

<4月10日 金曜夜7時>


関連記事