ジャンクSPORTS スーパースターが大集結!!ニッポンを明るくするぞSP 大谷翔平&本田圭佑を徹底解剖!…


出典:『ジャンクSPORTSスーパースターが大集結!!ニッポンを明るくするぞSP』の番組情報(EPGから引用)


ジャンクSPORTSスーパースターが大集結!!ニッポンを明るくするぞSP[字][デ]


石川遼・渋野日向子・井上尚弥・瀬戸大也…スターが続々登場!▽大谷翔平&本田圭佑を徹底解剖!秘蔵映像一挙公開▽小野伸二&アンシネと天才キッズが真剣勝負!


ご案内

放送中、データ放送に参加するとQUOカードが当たるチャンスが!

▽オフィシャルホームページ 

http://www.fujitv.co.jp/junksports/index.html  

▽番組Twitterもぜひご覧下さい!

番組内容

『ジャンクSPORTS』は、MCの浜田雅功と、各界で活躍する一流のアスリートたちとのクロストークが大きな見どころ。3月29日(日)は、3時間スペシャルでお送りする。

『スーパースター奥の奥!大谷翔平・本田圭佑SP』では、日本が世界に誇るスーパースターの大谷翔平と本田圭佑がどんな教えを受け、どんな事を実践して誕生したのかを徹底解剖!日ハムのコーチ時代に大谷を指導した白井一幸、元・日ハム投手であり、

番組内容2

メジャーリーグでも活躍した建山義紀、元サッカー日本代表の中澤佑二と坪井慶介、サッカーファン代表の土田晃之、野球ファン代表のトータルテンボス・藤田憲右をスタジオに招き、スーパースターの育て方やすごさに迫る。

天才キッズがプロに真剣勝負を挑む『天才キッズVSプロSP』では、愛くるしいキャラクターで当番組ではおなじみの須藤弥勒が、美人プロゴルファーのアンシネとアプローチ&パターで対決!

番組内容3

さらに、天才サッカー少年・山﨑翔空が元日本代表の小野伸二とリフティング対決する。

そして、これまで『ジャンクSPORTS』に出演した、さまざまな競技のトップアスリートによる、他では見ることのできない映像を一挙大公開!新撮映像を交えてお送りする。『ジャンク』ならではの貴重映像をお見逃しなく!

出演者

【MC】

浜田雅功 

【進行】

永島優美(フジテレビアナウンサー) 

三宅正治(フジテレビアナウンサー) 

伊藤利尋(フジテレビアナウンサー) 


【ゲスト】

〈スーパースター奥の奥!〉

白井一幸(野球) 

建山義紀(野球) 

土田晃之 

坪井慶介(サッカー) 

中澤佑二(サッカー) 

藤田憲右(トータルテンボス) 

(※五十音順) 


〈天才キッズVSプロSP・ゴルフ対決〉

アンシネ(ゴルフ)

出演者2

須藤弥勒(ゴルフ) 

東尾理子(ゴルフ) 

(※五十音順) 


〈天才キッズVSプロSP・サッカー対決〉

小野伸二(サッカー) 

山﨑翔空(サッカー) 

(※五十音順)

スタッフ

【制作統括】

中嶋優一 

【総合演出】

當麻晋三 

【チーフプロデューサー】

蜜谷浩弥 

【スポーツプロデューサー】

小須田和彦、吉村忠史、吉田昇 

【制作】

フジテレビ 第二制作室、スポーツ部


『ジャンクSPORTSスーパースターが大集結!!ニッポンを明るくするぞSP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ジャンクSPORTS スーパースターが大集結!!ニッポンを明るく
  1. 伊藤
  2. 三宅
  3. 土田
  4. 白井
  5. ボール
  6. ホント
  7. 大谷
  8. 浜田
  9. 弥勒
  10. 東尾
  11. クリア
  12. 大谷選手
  13. 本田選手
  14. アン
  15. 挑戦
  16. 藤田
  17. ゲン
  18. ショート
  19. 中澤
  20. マジ


『ジャンクSPORTSスーパースターが大集結!!ニッポンを明るくするぞSP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV




↓フジテレビ 関連商品

[新型コロナウイルスの影響で
東京オリンピック延期など

大打撃を受けているスポーツ界]

[プロ野球では…]

(松田)新聞に…。

[当事者 松田 山川の
緊急電話会談の末

共に パフォーマンス…]

『ジャンクSPORTS』始まるよ!
熱男!

[今夜は 様々な競技の
スーパースターが続々登場の

3時間スペシャル!]

[笑わない男が…]

[さらに 日本が世界に誇る
スーパースター…]

[…に怒られるハプニングも!]

[まずは スマイリングシンデレラ
しぶこの…]

[去年 日本女子ゴルフ界に

彗星のごとく現れた
スーパースター]

[当時 弱冠 二十歳]

[日本人では 男女通じて
42年ぶりとなる

海外メジャー制覇を果たした…]

(渋野)ありがとうございます。

そうですね。
何回 聞かれたことやら。

(浜田)あれ ホントに
どうなんですか? もう…。

(浜田)どっちかですよね。
ちょっと 下りですもんね?

そうですね。

[そんな 渋野が 仲良しの…]

[挑戦するのは
ネットで話題の…]

[横一列に並び 一斉に パット]

[全てのボールが
カップインすれば クリア!]

[なお…]

≪できるかな?
≪真っすぐにしといて。

(伊藤)渋野選手は
やっぱり 一番奥に。

[チャンスは 一度だけ]

[黄金世代の意地を
見せつけられるか!?]

≪せーので いいの?
≪うん。

さあ 準備いいですか? 皆さん。

それでは 参りましょう。
8人一斉パター どうぞ!

(スタートの合図)
≪いくで。 せーの。

(伊藤)さあ 息を合わせて
1人 2人 3人 4人。

5人 6人。
あっと 2人 外れた!

(スタートの合図)
≪せーの。

(伊藤)さあ 息を合わせて
1人 2人 3人 4人。

5人 6人。
あっと 2人 外れた!

新垣選手の黄色
そして 渋野選手の赤!

この2つが残りました!

惜しかったな。 こっち ちょっと
落ちそうやったもんな。

(カジサック)ちょっと はじかれたね。
新垣選手。

見て 見て。
(伊藤)1 2 3 4。

ここですね。
あっ 原選手のボールが

ちょっと当たりましたかね。
ここで。

原!

おい ちょっと待て。 お前ら…。

2回…。 普通に 2回…。
「はい はい 分かりました」って

何や? これ。 何やねん? それ。
もう1回はね…。

(伊藤)
もう1回 見たくなるような

感じだったと思いますけどね。
入れてよ! お願いしますから。

さあ いきましょう。
8人一斉パター スタート!

(スタートの合図)
≪いくで。 せーの。

(伊藤)さあ 息を合わせて
1人 2人 3人 4人。

5人 6人 7人。

渋野選手の 赤いボール!

わずかに ショート!

(スタートの合図)
≪せーの。

(伊藤)さあ 息を合わせて
1人 2人 3人 4人。

5人 6人 7人。

渋野選手の 赤いボール!

わずかに ショート!
(カジサック)これは あかん!

(伊藤)渋野…。

ホンマや!

いやいや…。 惜しかった 今。
どんどん きたよ。

そうですね。

[先ほど こう語っていた 渋野が
まさかの ショートで失敗]

[この結果に 誰も納得できず…]

≪惜しいな。

(伊藤)どうしましょうか?
浜田さん。

お前ら…。

(カジサック)確かに。
どうすんねん?

(カジサック)うわっ すげえ!
すごい絵 すごい絵!

(一同)はい!

(カジサック)めちゃめちゃ レアな絵に。

[土下座までした 黄金世代]

[もう 絶対に外せない!]

三度目の正直よ これ。
(カジサック)これ マジでラスト。

≪お願いします。

いきます。
8人一斉パター スタート!

(スタートの合図)
≪いくで。 せーの。

(伊藤)
さあ 1人 2人 3人 4人。

5人 6人 7人。
さあ そして…。

あーっと またしても…。

渋野!
(伊藤)渋野選手のボールが ショート!

[またまた 渋野のショートで
チャレンジ失敗]

[これは ある意味 奇跡]

(伊藤)あーっと またしても…。
(カジサック)また ショートしてる。

(伊藤)
渋野選手のボールが ショート!

わずかに ショート!

(カジサック)うわっ!
また 届いてへんやん。

≪惜しい。
(カジサック)惜しいけど。

≪難しいよね?
(河本)難しい。

[しかし 黄金世代は
このままでは 終われない]

[収録後
浜田もいなくなったスタジオで

8人は 意地の再挑戦]

[すると…]

≪せーの。

≪せーの。

[何と 2回目の挑戦で
見事 成功!]

(吉本)すぐ終わった。

ホントに。
(渋野)本番でやりたかったって…。

マジで ごめん。

[最後に 本当の奇跡を
見せてくれました]

[さらに 渋野とは大の仲良し
河本 結が

切れ味鋭く もの申す!]

言うたれ 言うたれ!
どうですか?

もう ホントに
いつ見ても 笑顔ですし

ずっと変わらない
カワイイ笑顔なんですけど…。

どうですか? 渋野選手。

でも こういうのをやると
落ちたんじゃないかと?

でも ステップ・アップから
ずっと一緒なんですけど

ホントに 笑顔
ずっと カワイイですし…。

これ でも 大変やと思いません?
これ ちょっとでも…。

そうですよね。
これは 絶対あると思うで。

いつも笑ってないといけない
みたいなね。

真面目な顔もするとき
あるやろうし。

ねえ。
イラッとするときもあるやろうし。

舌打ちまでする!?

(渋野)全然します。
舌打ちするんや。

[この後 遼君が
激むずショットに挑戦!]

[そして…]

好きなんですか?

[遼君が魅せた
激むず…]

[去年 国内メジャー
2勝を挙げ…]

[チャレンジするのは…]

[これは ゴルフの聖地
セントアンドリュースにある

通称 ヘルバンカーからの脱出に
匹敵する難易度]

(伊藤)3m50の壁。
なかなかですよ。 これ。

(伊藤)
見せていただきたいと思います。

(永島)あ~ 惜しい! 惜しい!

あ~! あ~! 会長!
(伊藤)会長!

(石川)ホント すいません。
ホント すいません。

[ボールは バーの
ぎりぎりを直撃]

[これで 終わるわけには
いかない]

(石川)いや~ 距離感が…。
これ 会長…。

いきます。

絶対 あそこやねん。

[3m50 二度目の挑戦は

またも バーに阻まれ
惜しくも 失敗]

[追い込まれた 遼君
三度目の正直なるか!?]

いやいや…。
(伊藤)越えた!

3m50を越えました。

[三度目の挑戦で 見事クリア!
石川 遼…]

[そして 稲森 佑貴プロの
質問から いつも笑顔の…]

稲森選手 どういうことですか?

(稲森)ずっと スマイルを
貫いているのかっていうのも

僕の中で ちょっと気になってて。
しんどくないのかみたいな?

(稲森)日常生活でも 何か こう
タクシー乗ってて

タクシーの運転手さんが
道を思い切り間違えました。

すごい遠回りに
なっちゃったときとか

イラッてきたりしますか?

タクシーの運転手さんが
道 間違うたら

チッ 何や こいつみたいな。

イラッとは たぶん 絶対に
皆さんと同じ場所で…。

っていうふうに
持っていくかっていうところに

ちょっと 自分としては…。

ご自身で 車も運転されます?
はい。

じゃあ 例えば
信号 変わってるのに

全然 行かへんやんとか
青になってるし

ブー! とかは
やらないんですか?

石川 遼…。

おっきい声 出すこと
あるんですか?

それは 言うでしょ。

そこでね。
ミスショットでもあるんで。

って言うと
それで すっきりします。

(永島)マクドナルドで買った商品
家で開けたら

ちょっと違うの
出てきたみたいなときとか

そういうシチュエーション
あったりしたら どうします?

(石川)変な偏見があるのかも…。
大人。

いやいや…。
大人ですね。

(石川)怖い 怖い。
店長 出てきたから

これ見て…。

開けて 店長が…。

そんな 行って
うわ~! とは言わないですよ。

ただ これは 言うとかないと
おんなじミスやらかしたら

どうなんだ? という。

もしかしたら…。

[こちらの
一見 こわもてな選手は

時松 隆光プロ]

[これまで 日本男子ツアーで
3勝の 注目の選手ですが

まずは 浜田との初対面シーンを
ご覧ください]

今日 スタジオに…。

(石川)だから 僕らは もう
みんな ゲンちゃんと。

なるほど。
ゲンちゃんの方がええわ。

(時松)よろしく お願いします。

[そして…]

どう思います?
(時松)そうですね。 僕は…。

ゴルフは 好調 不調があるので
やっぱ…。

どのタイミングで?

この試合は ちょっと
気合入れたいから

変えるのかなとか 知りたいなと。
なるほどね。

いやいや…。

でも どうですか? ご自分で。

やっぱり 結構 変えてるなって
感じしますか?

自分の中では?
(石川)はい。

では 石川選手の髪形を
ちょっと振り返ってみましょうか。

これ 見ていたら

だいぶ変わってるの
分かるんちゃうん。

これが デビュー当時ですね。
これはね 最初ですから。

続いて 2010年。

あっ。 あった あった。

何? 流しとんねん こっちに
みたいな。 あったよ あったよ。

おい おい…。 会長!

続いて 2013年。

また 急に! 急に…。

2017年は こちらです。

お~ お~。
短くなったり。

これは こうしてくださいって
あなたが言うんですか?

こんな感じにしたいとか。
目立つ髪形にしたいなとか

ちょっと落ち着いた髪形に
したいなっていう

波があるんですね。 自分の中で。
なるほど。

何でか分かんないんですけど。
そうなんや。

じゃあ 2013年は…。

(石川)あのときは
だから ホントに…。

ゲンちゃん どれが カッコイイ?
2010年ですかね。

2010年。 やったら?

いや できるって。
(時松)いやいや 厳しいです。

みんな びっくりすると…。

[そんな ゲンちゃん
実は 意外と 恋多き男だった]

≪いないんだ?
(時松)はい。

あっ そう。 別れた?

別れました。
何で?

ぐらいしか 送んないんですよ。

それに 愛想尽かされました。
そうか。

(高柳)でも 私 こんな笑っちゃってて
何なんですけど…。

えっ!?
≪マジで!? ゲンちゃんに?

[ゲンちゃんとは…]

どういうこと聞くの? 例えば。

もし 気になってる人が
できたとして

私 例えば…。

(高柳)っていう話を。
あ~。

何かやってるかも
わからんしとか?

(高柳)はい。

送ってないやん?
すいません。

≪ゲンちゃん!
≪そうやんな!

そら そうやって。

≪ありがとう ゲンちゃん。

高柳 どうやねん? お前。

≪1mmもない?
何やねん!?

(高柳)ちょっと もう…。

≪いやいや…。
ゲンちゃん どんどん いこう。

ゲンちゃん どんどん いこうよ。

[…を語った ゲンちゃん]

[が…]

[それは 渋野ら女子プロゴルフ
黄金世代と出演したとき]

浜田さん 聞いたのが
ゲンちゃんがですね…。

言われてるやん?
(原)ありがとうございます。

好きなんですか?

[原プロの パターを外したときの
しぐさに関しても…]

カップに入ってほしくて
あ~! みたいにならないですか?

(カジサック)「あ~!」みたいな感じ
ちゃいます。

「いや~ん!」みたいな。

これ ゲンちゃん どうですか?
同じプロとして

こう 足 上げるっていうの?

(カジサック)「もっと やってほしい」は
おかしい。

関係ないとこでやっても
しゃあない。

「どんどん 足 上げてもらって」?

[そんな ゲンちゃん
ことし 遼君の後を継ぎ…]

[ということで
早速 ゲンちゃんを…]

[と…]

[ここで 新選手会長に
結局のところ

高柳さんと 原プロ
どちらが好きなのか

伺ってみました]

どちら?

[ちなみに 食事に行きづらくなる
と言われた…]

[では…]

そういう ポジションですね。
まあ あんまり…。

[選手会長としての ご活躍]

[そして 恋の方も
応援しております]

[さらに 笑わない男が
意外な趣味を初披露!]

[10年越しの…]

[私生活では]

どこで 出会ったの?

(瀬戸)自分は 埼玉県で

優佳の方が 兵庫県の
宝塚だったんですけど…。

でも 会ったことはなくて。

パンフレット 見て
気に入ったの?

友達と一緒に
この子 カワイイねとか。

それで…。

すごくない?

その 瀬戸 大也選手が見た
パンフレットが

実際に こちらにあります。

このパンフレットの中の
実際の写真が こちらです。

一目ぼれした写真。
馬淵選手。

同い年?
(瀬戸)同い年です。

お前 それは あかんぞ!

せやんな。

で どうやって
つながっていくの?

なかなか 会う機会がなくて…。

そのとき 出てた…。

あっ! と思って。 ここで…。

やっと 飛込の人と つながった?
はい。

まだ 会ってないねや?
(瀬戸)会ってないです。

それで 次の年の 宝塚でやる
試合 行くときに…。

と思って。
君 執念深いね?

なかなかですよ。

初めて会ったときは
どうやったんですか?

(馬淵)正直…。

っていうのが 第一印象で。
あっ そうなんや。

でも…。

やっぱり 最初の第一印象が
悪かったので

そこから よくなって
余計 よく感じました。

普通の人より たぶん。

同い年で。

3人で ご飯 行くことがあって。

「プロポーズ考えてる」って話 して。

で 翔平が…。

そのときの指輪の写真を
ちょっと お借りしたので

実際に 見てみましょうか。
こちらです。

これは…。

どうですか? 奥さま。
これ もらったとき。

最初 箱で渡されたときに…。

これはって思って。 開けたら

こんな ちょっと
マヌケ顔だったので…。

と思って ちょっと! って言って
ちょっと怒っちゃいました。

そら そうやね。 いまいち
ウケなかったっていうことですね。

大也らしいなと思いました。
なるほど。

[笑わない男 稲垣 VS 浜田の
激しい攻防]

[去年 ラグビーワールドカップ
日本代表の ベスト8入りに貢献]

[ことしも ラグビートップリーグで
活躍した 稲垣選手の…]

[こちら]

そんなわけないやん!?
これは 言い過ぎやわ。

さすがに みんな頑丈や…。

あんのかい!?
(三宅)こんな ある?

かわいかったですね。
あなた…。

(稲垣)僕…。

ほんで?

いやいや…。

ランドセル!?

(三宅)今 笑った…。
今 笑いましたよね?

今 笑いましたよね?
気持ち ちょっと笑いました。

[そして NECグリーンロケッツの
土井選手の特技

素手のフライパン曲げに
日本代表の皆さんが挑戦]

(三宅)今回 実は…。

(三宅)皆さまで 挑戦してみては?
どこまでいけるかやね。

(三宅)それでは フライパン曲げ
お願いいたします!

(開始のゴング)

(三宅)すごい! いってる!
うわ~ いってる!

え~ 早い!?
(三宅)嘘でしょ!?

アサさん もう曲がった!
うわ~ 稲垣さんも曲がった!

みんな めっちゃ曲がる!
すごい!

福岡選手 ラグビーボールになりましたね。
(福岡)なりました。

すごい!
全然 おもんないやん。

全員 やってるやん。

えっ!? さらに いけます?

(三宅)戻してる! 戻してる!
今 細かく 畳み直してます!

えっ!?
違う 違う…。

こんなもん 曲がるわけないやん。

今日は もう
来ていただいたんでね…。

[実は…]

[手癖の悪い…]

[すると…]

さっき 2人で…。

[あらためて 聞いてみると]

[稲垣選手いわく これは…]

[そんな稲垣選手が…]

[今日は 実際に
腕前を見せてもらえることに]

僕ですか?
(スタッフ)はい。

(スタッフ)もしかして…。

[デザインは ハートに決定]

[では 作っていただきましょう]

ほら 失敗した。

えっとですね…。
(スタッフ)はい。

(スタッフ)今回の作品は?
(稲垣)人さし指ですね。

(スタッフ)
出来栄え 何点ぐらいですか?

[果たして 今度こそ
うまく できるのか]

(スタッフ)今回の作品は どんな?

でも まあ…。

作品は こんなのですから。

[ご本人の名誉のために

こちらが
調子の良いときの作品]

[ちなみに…]

(スタッフ)ちなみに すごい…。

う~ん いや…。

誰に飲ませるわけでもなく。
(スタッフ)いい作品できても?

[日本卓球界の若きエースは…]

[東京オリンピックでの
メダル獲得も期待される…]

[その素顔を 卓球界の先輩たちが
次々と明かす]

いや~ これ 水谷選手
いろんな選手が出てくるから…。

(水谷)ホントに…。

だいたい もう…。

はい はい やっといたら
よかったのに…。

どう思われますか? 今
そういうこと言われてますけど。

(柴田)すごく いい子だね。

よう しゃべるってこと?
≪むちゃくちゃしゃべりますよ。

(吉村)無視してても…。

(土屋)見えない。

そうなんや。

森薗 政崇選手は…。

(政崇)僕が ドイツの方に
10年間 行ってた関係で

英語が しゃべれるんですよ。
なるほど。

浜田さん センキュー センキュー。

その関係で…。

急に…。

(政崇)って言いだしたんですよ。

っていうふうに言われて…。

どうぞ。
えっ マジ?

[以上…]

まだ 14 15やんか。

(政崇)その心意気が
すごいんですよ。

(政崇)しかも…。

(美咲)みんな 結構 張本君
おしゃべりだとか

そんなこと聞くんですけど
私 一回海外遠征に行ったときに…。

って思っちゃったこと
ありますね。

それは どうやったの?

(柴田)嫌われたわけじゃないよね。
お姉ちゃん 大丈夫よ。

[挑む すご技は]

[強烈なスピンで 大きく曲げ

逆サイドの角にある
ボールに当てる]

[制限時間は 5分]

(谷岡)さあ 始まりました。

より多く打った方がいい
ということもあります。

水谷選手 まずは
奥に抜けていきます。

おっと!

張本さん 惜しい…。

そして 近づいてくる!

エッジに当たりました。

これは どうか?
これは 奥です。

(谷岡)これは どうか?
これは 奥です。

(谷岡)これは どうか?
これは 奥です。

≪早い!

すごい。 やっぱり すごいですね。
いかがですか? 自分で。

(張本)まあ ちょっと…。

これは 素晴らしい。

[ここからは 天才キッズが
プロに真剣勝負を挑む

特別企画]

[天才ゴルフ少女が
韓国の美女ゴルファーと

ハンデなしのガチンコ対決]

[さらに
世界が認めた天才少年が

ファンタジスタ 小野 伸二に
リフティングで挑む]

[まずは]

(伊藤)早速 選手を
ご紹介したいと思います。

プロに挑戦する天才キッズ
おなじみ…。

(弥勒)ナンバーワン!

全然 緊張しません。

[この宣言どおり
去年 12月に行われた…]

[女子プロゴルフ界の
セクシークイーン…]

[美貌と抜群のプロポーションで
男性ファン殺到!]

[さらに その腕前も 超一流で
2015年には…]

っていうことを証明したいです。

[今回は ここ…]

[2人が ガチンコ対決!]

今回は 私は…。

(伊藤)さあ そして…。

(東尾)よろしくお願いします。
楽しみですね。

3分前まで みぞれが
降ってたことは ないですね。

[気温は6℃。
強風が吹く過酷な状況の中

天才キッズはプロに勝てるか]

[まずは…]

こちらに 浜田さんの…。

[浜田の壁で
落とす先が見えない状況で

2人が1球ずつ 交互に打ち合う]

[そして…]

(伊藤)さあ 始まりました
ブラインドアプローチ対決。

先攻は
天才キッズ 弥勒ちゃんです。

(東尾)壁がありますからね。

高さを出すのが
気になると思います。

(伊藤)緊張の第1打。

(東尾)うまい!
(伊藤)どうか?

(東尾)うまい!
(伊藤)どうか?

(東尾)うまい!
(伊藤)どうか?

(東尾)惜しい! もうちょっと。
(伊藤)わずかに届きません!

浜田の壁
しっかり越えたものの…。

わずかにショート。

弥勒ちゃん
1打目は惜しくも失敗です。

(伊藤)続いて アン シネ選手
第1打。

ここで決めれば
早くも決着がつきます。

勝負を決められるか?

(伊藤)少し風も吹く中
どうか?

少し風も吹く中
どうか?

少し風も吹く中 どうか?

わずかに手前。

奇麗な弾道を
打ち上げていきましたが

わずかに
届きませんでした。

1打目は両者失敗です。

続いて 弥勒ちゃん。
2回目の挑戦。

(伊藤)ここで お父さんが
一言 二言 今

アドバイスを送ったようです。

1打目は 距離が
届きませんでした。

修正できるか
須藤 弥勒。

これは…。

これは…。

(伊藤)決まった!

早くも修正してきました。

弥勒ちゃん 見事クリア!

よっしゃー!
(伊藤)2球目!

おっ 踊っている。

弥勒が踊っている!

(伊藤)見事!
(東尾)素晴らしい!

手前か 横に
落ちちゃったのかなって思って…。

(伊藤)やっぱり 後攻は
プレッシャーがかかると。

できれば 最初にやりたいんだと。

(伊藤)ミスをしますと
敗北が決まってしまいます。

先攻 弥勒ちゃんは
見事クリア。

戦いを続けるためには
クリアが絶対条件 アン シネ。

(東尾)高さを出して 距離なので
コントロールが必要です。

(伊藤)さあ このボールは
どうか?

さあ このボールはどうか?
高いボール。

きました!

アン シネも乗せてきた
お見事!

(東尾)よかったですね。

奇麗でやわらかい
高い球でしたね。

(伊藤)ということで なお…。

(伊藤)さあ 再び
弥勒ちゃんの挑戦です。

先ほどのイメージでいけるか
3打目。

これはどうだ?
(東尾)方向ばっちり。

(伊藤)きました!

(伊藤)浜田大明神に
当ててきました。

よっしゃー!

(伊藤)出ました ナンバーワン!
(弥勒)イエーイ!

(伊藤)さあ 再び プレッシャーが
かかります アン シネ。

これを外しますと
弥勒ちゃんの勝利が決まります。

プロの意地 見せられるか。

さあ いった。 これはどうか?
どうか?

(東尾)ナイス!

(伊藤)見せました
アン シネも見事クリア。

まだ決着つかず。

さあ サドンデス
両者譲らず 共にクリア。

再び 弥勒ちゃんの挑戦に
戻ります。

クリアし続けられるかという
厳しい対決になってきました。

(伊藤)そうなんですよね。

絶対に乗せたい。

(伊藤)さあ これは?

さあ これは?

さあ これは?

(伊藤)真っすぐ 大明神に
向かっていきましたが

わずかにショート。
(東尾)方向は よかった。

やっぱり こう… あの…。

(伊藤)では アン シネ選手
お願いします。

(伊藤)さあ ここで
ちょっと違う気持ちで

アン シネさんが
挑戦する形になります。

クリアできれば アン シネ選手
勝利が決まります。

ここで決めるか?

あるいは…

さらに この両者の戦いは
続くことになるのか。

(伊藤)さあ いった。

さあ いった。 どうだ?

さあ いった。 どうだ?

(伊藤)きました クリア!
(東尾)ナイスショット。

(伊藤)強風の中 しっかりと
的に落としていきました。

最初の対決…。

最後…。

すげえ!

[1つ目の対決は
アン シネ選手の勝利。 続いては]

難関グリーンに挑め
超ロングパター対決!

[このゴルフ場の…]

そうですね。
けど30mという長さだけでなく

これ ギュイーンと
曲がるラインになってますので…。

[ちなみに パターの
最長ギネス世界記録は

1992年 全米プロで
ニック・プライスが決めた…]

[30mという距離だけでも
その難易度が分かるが

このグリーンには…]

[1つ目は…]

[続いて 一段下がってから
2つ目の段差]

[そして 最後は
右下へ下る 緩やかな斜面]

[ショートだと
球は戻ってしまい

強過ぎると 最後のラインに
のることができない]

(伊藤)さあ いよいよ
対決が始まります。

まずは弥勒ちゃん 1球目。
距離30mの超ロングパット。

(東尾)相手が打ってるのも
非常に参考になりますね。

(伊藤)さあ 1打目 いった。

さあ 1打目 いった。

これはどうか?
のぼって うーん…。

(東尾)もう少しですね。

あそこから
先のラインを見たいですね。

(伊藤)ボールが
戻ってきてしまいました。

では 続いて
アン シネ選手です。

後攻のアン シネ選手 これを
入れれば 勝利が決まります。

(伊藤)決めるか? アン シネ。

決めるか? アン シネ。

(東尾)少し 左側から
出していきました。

(伊藤)
曲がってくる。 曲がってくる。

あっと 右にそれてしまいました。

(伊藤)しかし さすがプロ。

1打目からコースを読み切り
カップまで わずか1m30です。

さあ 2回目の挑戦になります。

1球目は手前に戻ってきてしまった
須藤 弥勒。

どこまで修正できたか
弥勒ちゃん。

左側から 曲げてくる
曲げてくる 曲げてくる

曲げてくる!
さあ どうか?

(東尾)まだ越えてはきませんね。

(伊藤)2打目
かなり修正してきました。

カップまで あと2mの距離です。

(伊藤)
さあ 後攻はアン シネ選手。

かなり冷たい風が吹いてきました。

(伊藤)さあ どうか。
下って 上がって 右方向。

まだ行く。
(東尾)ナイスタッチですけど。

(伊藤)またも しかし わずかに右。

(伊藤)先ほどと同じ 1m30です。

[続く 弥勒ちゃんは…]

(伊藤)さあ 左方向から…。

[2段の上り坂に苦戦し
なかなか近づけない]

[対する アン シネ選手は…]

(伊藤)さあ いった。
もう一度 上がって…。

いや しかし 右方向。

切れていきました。

自己申告 1m30。
結果は?

(伊藤)1m35!

[3球続けて
同じ軌道 同じ距離]

[プロでも このグリーンを
攻略することは できないのか?]

(伊藤)弥勒ちゃん 4打目です。

おっと ここで
パパ 気合注入か。

(伊藤)さあ 気を取り直して
4打目。

(伊藤)さあ いった。
(東尾)いいとこに行ったかな?

(伊藤)曲がってくる。
弥勒ちゃんのボール 曲がってくる

カップ方向 どうか?

(東尾)ナイスだね!

(伊藤)弥勒ちゃん
これまでで 一番の記録。

カップインが見えてきました。

(伊藤)さあ 弥勒ちゃんが
迫ってくる中

プレッシャーのかかる
アン シネ選手です。

(伊藤)
ここを上がって 下ってくる。

カップ方向に
ボールが向かっている。 どうか?

うお~! すげえ!

(伊藤)どうか?

ナイス!

(伊藤)下ってくる。 カップ方向に
ボールが向かっている。 どうか?

下ってくる。 カップ方向に
ボールが向かっている。 どうか?

(伊藤)ナイス!

(伊藤)パター対決…。

(憲一)素晴らしい。

(シネ)決められて…。

理子さん ホントに…。

そうですね。

(伊藤)そうだったのか…。

いやいやいや。
弥勒もええとこ つけてましたよ?

あんなもん OKですから 普通。
やっぱり最後は…。

いやいや いやいや…。
勝手に言うてるだけやから!

そうですよ!

バレエとかは
見せてくれますけどね。

かわいかったです。

(昭浩)『ジャンクSPORTS』
天才キッズがプロに挑戦!

[プロ顔負けの すご技を持つ]

[日本で開催された
バルセロナキャンプで…]

[現在はFC琉球でプレー]

[そんな天才同士が戦う
今回のゲームは…]

ストリートリフティングチャレンジ!

[以前 翔空君が『ジャンクSPORTS』に
出演した際…]

[フジテレビの玄関から
リフティングを始め

一度もボールを落とさず…]

[対する 小野 伸二も…]

[そこで 今回は ここ 沖縄の
美らSUNビーチに

リフティング対決用の
特別コースを用意]

[そのコース内容は?]

[こちらのスタート地点から
リフティングでスロープを下りると

まずは最初の難所
ヘアピンカーブ]

[さらに続く2つ目の難所は…]

[沖縄を満喫する
カップルの自撮り棒が

プレーヤーの
進む道を阻む]

[棒をくぐると 急な下り坂]

[その先に待ち構えるのは
3つ目の難所…]

[最後の直線を下りきると
そこには

見渡すかぎりの美ら海]

[すると…]

[今回 最大の難所
エイサー集団]

[円を描きながら動く
踊り子の中心を

くぐり抜けなくては
ならない]

[エイサー集団を抜けると
ゴールは目前]

[こちらの 金の浜田に
ボールを当てて揺らし

鐘を鳴らせば クリア]

[総距離75mの このコース]

[ボールを落とさず
リフティングで進んだ距離を競い合う]

[2人は どこまで進めるか]

(伊藤)さあ まずは9歳
小学3年生 翔空君の挑戦です。

世界が注目する天才キッズ。

リフティングで
小野 伸二に勝てるか?

(昭浩)ストリートリフティングチャレンジ…。

(伊藤)さあ 今 スタート。

慎重な細かいリフティングで
スロープに入ってきました 翔空君。

(伊藤)幅 わずかに80cmです。

(伊藤)さあ ここが最初の難所
ヘアピンカーブ。

果たして これはどうか?

クリアしました。

1つ目の難所をクリアした
翔空君。

続く難所 カップルの自撮り棒。

下をくぐらなくてはならない。

翔空 ちっちゃいから
ここ 擦り抜けていけるやろ。

(伊藤)きた! ここもクリア!

さあ ここからは急な下り坂。

この下り坂の先に
ヘアピンカーブが待ち構えます。

180度 ここで
向きを変えなくてはなりません。

(昭浩)ここから 風 来ました?
(坪井)風が来るんです ここから。

(伊藤)その風も ものともせず
安定したボールコントロール。

一気にスロープを下りきってきた。
≪♬(三線・太鼓の演奏)

(伊藤)おっと 沖縄っぽい音楽が
聞こえてきた。

待ち構えるのは
今回 最大の難所

沖縄 伝統芸能 エイサー集団。

さあ 踊る人の隙間

タイミングを見計らって
抜けていかなくてはなりません。

いったん止まります 翔空君。

さあ ゆっくりと
ゆっくりと集団の中。

今 集団のど真ん中。
さあ 抜けられるか?

どうか?
あっさり抜けてきた クリア。

さあ いよいよ目の前に
金の浜田が見えてきました。

ボールを当てて
鐘を鳴らすことはできるのか?

狙いを定めている。
さあ 翔空君 当てられるか?

≪(鐘の音)
(伊藤)いった! 当たった!

山崎 翔空
見事 ストリートリフティングチャレンジ クリア!

(伊藤)これが 世界が注目する
天才キッズです!

翔空君 やったね!

どうだった?

小野選手 どうでした? 翔空君。

ハイプレッシャーが かかる中で
挑戦をお願いします!

(小野)頑張ります。

(昭浩)リフティングチャレンジ スタート!

[この後 天才 小野 伸二
プロの実力を見せつけられるか]

[さらに…]

かわいらしい顔して
この体?

[肉体の秘密や 驚きの指導法!]

[翔空君のクリアで
プレッシャーが かかる中…]

[クリアで
引き分けに持ち込めるか?]

(伊藤)さあ 日本の至宝 小野 伸二
どんなプレーを見せるのか。

(昭浩)ストリートリフティングチャレンジ…。

(伊藤)今 スタート。 翔空君のクリアで
プレッシャーのかかる 小野 伸二。

スタートから
スピードがあります。

さあ まず待ち構えるのは
最初の難所 ヘアピンカーブ。

(伊藤)速い 速い。
スピードがあります。

難なく 最初の難所クリア。

(伊藤)そして この後 2つ目。
カップルの自撮り棒。

うまく くぐることが
できるか?

身長175cm 小野 伸二。

どうか? あっさりとクリア。

(昭浩)難なくクリア。

(伊藤)早くも
3つ目の難所に入ります。

一気に坂を下って…。

風もある中 このヘアピン。

(伊藤)ここもクリアです。
安定しています 小野 伸二。

やや強い風が吹く中
鮮やかなボールコントロール。

やや ボールが
上に上がってきたか?

いや しかし
落とす気配はありません。

スロープを下りきりました。

さあ 琉球を感じさせる音楽。
最大の難所。

動き回る エイサー集団。

さあ 中心を突破できるか?

タイミングを見計らっている
小野 伸二。

さあ どうする? あっと!

さあ どうする? あっと!

首の後ろにボールを のせて
一気に

一気にエイサー集団を
擦り抜けた!

さすが 小野 伸二
一流のテクニック!

最大の難所 鮮やかにクリア。

さあ 金の浜田が目の前。

最後は いったい
どんな技を見せるのか?

おっと これは…。

金の浜田に当たったが?

(坪井)
当たったのは 当たったけど…。

[ここで 永島パパが
台本に書かれた…]

ストリートリフティングチャレンジの
最初のルール説明の中で…。

…というふうに書いてますし
僕はしっかりと言ったつもりです。

言いましたよね?

(昭浩)鳴ってない。

ストリートリフティングチャレンジ
勝ったのは翔空君!

(昭浩)小野選手…。

[ということで
今回のサッカー対決…]

[『ジャンクSPORTS』では…]

[あなたの周りの天才キッズを
ぜひ 『ジャンクSPORTS』に!]

[続いては…]

[初土俵から28場所。
22歳7カ月という若さで

大関昇進を果たした…]

[高校の先輩 大栄翔とは
超仲良しで

後輩とは思えないような…]

(貴景勝)高校時代のときから。

じゃあ 一応
先輩になるんですか?

はっ?

「つもり」って。

敬語ぐらいは やった方が
いいんじゃないですか?

(貴景勝)かわいがってるって言い方
おかしいですけど。

かわいがってるって
どういうこと?

いいよって。
いやいや その会話おかしいやん!

「今日 行っていい?」って
何なの? それ。

[このように…]

見てるだけですか?

おっ 突っ込んできた。

誰と行ったんすか?

それは ないですよね?

行かないですよね?

[大栄翔が溺愛する
愛犬 チロルの散歩の話でも…]

(大栄翔)チョコ色だったんで
チロルって。

[さらに…]

(大栄翔)そうっすね あの…。

言うてますけど。

嘘ですか。

[どこまでも先輩をいじる
貴景勝]

[また 大栄翔関と
遊びに来てください!]

[世界チャンピオンが
果たしてくれた…]

[死闘の末 5階級制覇王者
ノニト・ドネアを下し

世界一に輝いた…]

[実は…]

『ジャンクSPORTS』 ニュースタースペシャル!
[今から 7年前

ボクシング界の超新星として
浜田と初対面]

[話題は…]

[…した試合について]

(井上)1分50秒で
試合が終わってしまって

会場にいる皆さんには…。

申し訳ないよ! それは。

1分50…。

番組関係者から
「強すぎる」っていう愚痴を。

てめえ この野郎!

[それから3年後…]

[2人の距離が グッと縮まった]

やろう やろう。
カルビ祭りやろう!

やろう やろう
やろう やろう。

[そして 王座防衛と
高級焼き肉を懸けたタイトルマッチで

見事 判定勝ち]

[その結果…]

[高級焼き肉店での
カルビ祭り!]

ほ~。

[そこへ…]

≪すごい。
嘘やろ!? お前。

こんな頼み方したことないわ!

[約束どおり 浜田のおごりで

高級焼き肉を堪能した
井上 尚弥選手]

[さらに
この焼き肉から 2年後]

[元WBA スーパー王者
カルロス・パヤノ戦で…]

[わずか 70秒でKO勝ちした
この伝説的な対戦の後にも…]

おめでとうございます。
ありがとうございます。

[この日の食欲も
もちろん モンスター級!]

多いな これ。

10人前って
こんな感じなんですかね?

うん うまい。
どうですか?

無言で かみしめてます。

[そして この席で…]

[きっかけは 試合後
リングに上げられた

息子 明波君の話題から]

とっても
かわいかったですね。

[デレデレの尚弥パパに…]

よだれかけ。

次 勝ったら…。

[そう 力強く約束してくれた
井上選手]

[実際に バンタム級世界王者に
輝いた 試合後に…]

[抱き上げた 明波君の胸元には

あの よだれかけが!]

[見事 男の約束を
果たしたのだった]

[周囲の反響を聞いてみると…]

っていう声はありましたけど。

でも ファッションとして
カワイイねっていう声も

すごく多かったです。

[そんな井上選手
新型コロナウイルスの影響で…]

今 世間の状態も状態なんで

そこに気を取られないように
自分の調整をうまく。

[次なる対戦に向け
新たな応援プレゼント]

なるほど。 なるほど。

浜田さんが
グローブをつけて トランクス…。

明波が。 分かりました。

[思わず赤面!]

[女子柔道界のレジェンド
ヤワラちゃんこと…]

[自身初の金メダルは…]

[実は この快挙の裏には
当時 結婚前だった ご主人

元プロ野球選手
谷 佳知さんの

大きな後押しが
あったんだそうです]

(谷)どうもしないんですけど。
何がありました?

そりゃそうですよ。
そうなんですね。

何を言うてんの?

こちらで
読ませていただきますね。

なるほど。

そのときに?
そうですね。

それで…。

そうですね。 はい。

(岡田)「ヤワラちゃん イェ~イ!」や
あらへん。 金メダリストや!

でも それは 力にはなるでしょ?

(谷)そのまま 出発でしたので
そのときに持っていきまして…。

その後に…。

[この日は
大照れだった ヤワラちゃん]

[後日 柔道家ならではの

衝撃の技も
披露してくださいました]

何か こう…。

思ったりするんですか?
そうですね。 それは もう…。

(谷)っていうのは。

えっ? 歩いてるとこ見てて
分かるんですか?

そうですね。 はい。
お前 歩いてみて。

歩くだけやんか。 歩くのを見て
ヤワラちゃんが これは 何で…。

やられへん。

普通にやで。

≪えっ!?

すごい!

(谷)そうですね。 はい。

(谷)もう1回
今の格好 いいですか?

楽勝でしたね。

[子供8人 柔道大家族に密着]

[さらに…]

[谷口家といえば
8人の子供たちを

柔道経験のない
父 隆志さんが指導する…]

(隆志)あれ? 払われへん。

やめまして。

[この一家を…]

[2020年3月]

[今 世界中を混乱させている
新型コロナウイルス]

[マスクやトイレットペーパーが
店から消えるなど

大騒動のさなか 大家族は いったい
どう過ごしているのか?]

[ご自宅を訪ねてみると…]
≪(チャイム)

≪(隆志)はーい!

どうも!
(スタッフ)ご無沙汰しております。

こんにちは!

[谷口パパは
いつもどおり元気な様子]

[では…]

[こちらも
めちゃくちゃ元気そう]

(スタッフ)寂しくない?
(英里)うん。

[と どこ吹く風]

[学校が休校になり

寂しい思いをしているかと
思いきや…]

[コロナの影響で
ふさぎ込むどころか

この状況を逆手にとって
柔道の稽古に励んでいた]

[だが やはり お母さんの事情は
違うようで…]

[休校により 給食がない
子供たちのために

お昼ご飯を 普段より
余計に作らなくてはいけない]

[さらに…]

(隆志)
もう なくなるとこやったな。

回って 回って
出てきてな 1個な。

[しかし 谷口家には
コロナ以外にも困ったことが…]

まあ コロナ 今あるんですけど。

ほんなら うち…。

[というのも 谷口家は
自宅内に柔道場や

トレーニング室を
構えているため

子供たちの部屋がなく 夜は…]

[この環境も影響してか

ことし1月…]

[そこで 父が取った秘策
それが…]

≪何? あれ。
≪来た。

[何と 新たに…]

(隆志)入ってこい!

[スペースがないのなら
キャンピングカーを買って

そこで寝泊まりすればいい]

[何とも…]

ここで寝たい人?
(子供たち)はい!

誰か なったらにしようよ。

[どこまでも明るい
谷口家だったが…]

はい。
(スタッフ)どう思いました?

結果です。

[夢 破れてしまった]

そして これ
アメリカの車ですから…。

[以上 どんな困難にも
前向きに立ち向かう

大家族の最新ニュースでした]

なるほど。
明るくて よかったですよ。

ホントに 前向きですよね。
ねえ ホンマに。

応援してます。
頑張ってください。

[大谷の…]

やつは 何なん!?

[今夜は 日本が世界に誇る
スーパースター 2人を…]

[2人の…]

[そして 2人を育てた
一流の指導法を 深掘り]

(白井)確かに 大谷
いつも ごみ 拾うんです。

(白井)何で ごみ 拾うの?って
言うと これ…。

[本田の大叔父も吠える]

[超必見 これを見れば
スーパースターが

どのように育つのかが
分かります]

[まずは]

[日本が誇る
サッカー界のスーパースター…]

[その後は
世界を舞台に

6つのクラブチームで
プレー]

[そして ことし

南米のクラブチーム
ボタフォゴに移籍し

デビュー戦で
いきなり ゴールを挙げる快挙]

[このゴールで 本田は…]

[そんな本田選手の
すごさといえば]

[今夜は 本田 圭佑の
全ゴール 全アシストを

一挙に見ていきましょう]

[まずは…]

[カメルーンとの初戦で
スタメン起用の 本田]

[サイド 松井からのパスに…]

[この貴重な 1点を守り抜き
チームを 勝利へと導いた]

[そして
同じく南アフリカ大会…]

[本田…]

[およそ30mの この距離から…]

[またしても…]

[この無回転シュートに

フリーキックのマエストロと

海外メディアも絶賛]

[さらに 2対1で迎えた後半]

[今度は アシストでも魅せる]

[華麗なボールさばきで
相手を抜き去り ノールックパス]

[岡崎の駄目押しゴールを
お膳立て]

[続く…]

[初戦の相手は…]

[この強烈な弾丸シュートには

キーパーも
まったく反応できず]

[そして 第3戦]

[今度は
右サイドから切り込んでの パス]

[南アフリカ大会に続き

またしても
岡崎の得点をアシスト]

[さらに…]

[初戦の相手は…]

[ここでも アシストを記録する]

[そして セネガル戦では

1点ビハインドで迎えた 後半]

[チームを…]

[こうして…]

[…の偉業を成し遂げた男

それが…]

ケイスケ・ホンダ
いじられてるやん。

いやいやいや。
何でやねんな。

いやいやいや。
それは おかしいやん。

(中澤)前回の
ロシアワールドカップで

本田選手は いらないんじゃないか
っていうか 逆風が起きた中で

日本代表を 勝利に導く ゴールと
アシストを 決めてるんです。

しかも スタメン
90分 出てるわけではなく…。

ゴールとアシストを。
だから そこが すごい。

なので…。

いや…。

ずっと出てんのやったら
しんどなってくるけど。

(土田)そんな感じです。
それは分かるけど。

(土田)身長もそうだし 筋肉
あと 体の柔らかさ…。

(土田)あと テクニックも…。

(土田)でも あそこまでいける
っていうのが やっぱね…。

(土田)そうなんです!

(三宅)ここからは 野球界の
スーパースター 大谷 翔平選手です。

紹介と併せまして 昨シーズンの
全ホームラン 18本の映像を

ご覧いただきましょう。

[この男…]

[投げて良し]

[打っても良し]

[唯一の…]

[グッズの売れ行きは
大谷が チームナンバーワン]

[本拠地 エンゼルスタジアムには
大谷の…]

[大谷が…]

[ちなみに 昨シーズンは…]

[そんな大谷 昨シーズンは
肘のケガの影響で…]

[さらには…]

[実質 4カ月間でありながら…]

ここからは 私 三宅の実況で

いつまでも見ていたい

大谷選手の昨シーズンの
全ホームランをお届けいたします。

(三宅)
記念すべき1発目は…。

「オオタニサン」 言うてる。

(三宅)第2号は
打球の高さが話題に。

(三宅)
この打球の角度は すさまじく

ムーンショット

月への1発と称されたほど。

(三宅)
第3号は 打って変わって。

(三宅)最高到達点
およそ 15mの 超低空弾。

第4号は…。

詰まったかに見えましたが

打球は ぐんぐん伸びて
スタンドへ。

規格外のパワー。

(三宅)そして 翌日も。

すごいな。

(三宅)そして 第6号は
マリナーズ 菊池 雄星から。

2人は
同じ 岩手県 花巻東高校出身で

同門対決。

(三宅)この対決の軍配は
後輩 大谷 翔平に上がった。

(三宅)第7号も日本人対決。
ピッチャーは 前田 健太。

(三宅)そして 6月13日には

あのイチローや松井も
なしえなかった

偉大な記録を達成。

1打席目…。

(三宅)ホームランの次の打席。

(三宅)左中間を破る
ツーベースヒット。

(三宅)3打席目…。

ライト線ぎりぎりの打球は
スリーベースヒット。

あと ヒットが出れば
全ての種類の安打を放ち

サイクルヒットを達成。

果たして…。

(三宅)センター前ヒットで
大谷自身…。

(三宅)この記録は…。

(三宅)まだまだ続きますよ。
第9号は…。

(三宅)続く 第10号は…。

(三宅)第11号は
打ち方に注目。

(三宅)右手1本で
変化球を 見事に捉え

右中間へ運んだホームラン。

(三宅)さらに 同じ日に。

(三宅)第13号は…。

(三宅)センター方面へ
自身の誕生日を祝った バースデーアーチ。

(三宅)第14号も
すごかった。

打球に注目。

(三宅)看板直撃の
特大ホームラン。

(三宅)第15号は…。

(三宅)右手1本で
鮮やかに打ち返し

センターへ
スタンドイン。

そして この日も…。

(三宅)これまた…。

何なん ホンマに。

(三宅)第17号は…。

(三宅)高く上がった打球は
レフトスタンドへ。

(三宅)そして ラスト
第18号は…。

(三宅)ライナー性の当たりで
ライトへホームラン。

(三宅)さらに
大谷は 走っても良し。

昨シーズン 実は…。

(三宅)ここで…。

(三宅)ことしの5月をめどに
大谷は ピッチングも 再開予定。

二刀流も復活か?

白井さん どう思われるんですか?
今の この活躍。

(白井)すごいですよ。

だって ピッチャーが
完全に打ち取ったような

あの打ち方が
ホームランになるわけですからね。

(建山)センター前 打ってるような
当たりが ホームランになりますし。

ちょっと詰まって
レフトフライっていうのが

ホームランになりますしね。
ずっと 土田が

これは外野フライだって言うてた。
(土田)そうですね ホントに。

あんなんで
スタンド入っちゃうって…。

いや すごいな。

[大谷の 日本ハム時代の
コーチだった

野球解説者の 白井さんによると

ピッチャーで復活する予定の
大谷は

さらにパワーアップするという]

手術をすると 何と…。

えっ!
(白井)手術した方が速くなる。

いやいやいや ケガしてからや。

(白井)もしかしたら…。

マジで!?

≪すごいやつですよね。

(藤田)ただ単に 大谷 翔平大好き
っていうわけだけじゃないんです。

おお すごい。
(白井)われわれより近い。

マジで!?
(藤田)ホントです。

(藤田)もともと…。

毎年 花巻に。

何で そこと そこ つながるの?

(藤田)野球が好きで
同い年っていうこともありまして。

花巻東60周年の式典のときの
MCを任されたのが きっかけで。

(藤田)そこから仲良くなりまして。

僕 たぶん…。

ホンマに?
ホントです。

[その理由は 他の選手にはない

ある技術を
持っているからだという]

遠くに飛ばす それには
力だけじゃなくてね…。

正確に
ミートしないと駄目なんですよ。

片手でいってるもんね。

あっ バットが。

当たってるとこが
全部 あそこなんや。

(白井)そうなんですよ。
ここでしか当たらない。

(白井)だからね…。

何を言うて…。

そういう選手も
ホント いるんですよ。

俺は
ここで当たってるよみたいな。

(藤田)どんな見えなんですか。

[ここからは…]

[まずは 大谷 翔平]

[何と すご過ぎて…]

もともと 選手っていうのは
投手登録か 野手登録か

どっちかしなきゃ
いけないんですけども…。

え~。

(三宅)150年 変わらなかった
ルールを 変えた。

すごいっすね。

[メジャーのルールをも変える男
大谷 翔平]

[実は 去年 ホームランの半分以上が
レフト方向に]

[これには…]

引っ張ると…。

これには理由がありまして

小学生時代に
練習場があるんですけど。

球場 これですね。

70mで あそこに
河川敷があって

その後ろが
川なんですよ。

ばんばん ばんばん
ホームラン 打つから。

1球 800円するんですよ。
それが…。

もったいないから…。

そこから 流すようになったと。

(土田)だとするならば…。

[一方の 本田 圭佑選手も

数々の偉業を
成し遂げているという]

≪代表の監督?
(中澤)代表の監督です。

これ すごいこと。

(土田)われわれじゃ分からない。

ほら 浜田さん。

違うねん。

言いたくなるんですよ。
何なんやろ この人。

誰もやったことのないことを
チャレンジしていく。

(土田)現役選手の間に
それ やっちゃうのが すごい。

だから 今も…。

…っていうチームを
つくったんです。

≪チームをつくりました 東京に。

はっ!?

サッカー選手でも何でもない
武井 壮がやってるんです。

マジで!?
(土田)マジなんです。

サッカー経験者じゃなくて…。

例えば…。

…って
オファー 来るかもしれないです。

いやいやいや。

ないことはないです。
マジで!?

このチーム どんなチームか
気になりますよね。

ホントに そうですよ。
武井がやってんの?

(三宅)ことし1月に
本田選手が立ち上げたクラブチーム

One Tokyo。

このチームの特徴は…。

(三宅)入団を希望する選手に
自らのプレー動画を送ってもらい

その中から厳選して
チームをつくる。

こうすることで 優秀なプレーヤーを
集めているんです。

(武井)どういうふうに
展開していくのか。

当然…。

…みたいなことは言ってますけど。

でも そういう
サッカーの試合のことに関しては…。

でかいんです 全てが。

…っていうふうに話してます。

(三宅)最後に…。

One TokyoFCは みんなで
つくっていくチームなんですが。

まだ…。

(三宅)オーナー就任
おめでとうございます!

いやいやいや。

浜田さんの中の
ごく一部でいいですから。

ケイスケ・ホンダ
山ほど 金 持ってるやん!

(土田)いやいやいや。

胸が 一番いいですからね。

[この後]

[大谷家の規格外の体形とは]

[さらに 超貴重
少年時代の 大谷野球ノート]

[続いては
2人のスーパースターのルーツ

家族構成を見ていきましょう]

[大谷選手は…]

大谷選手は
岩手県 奥州市出身なんですが

父は 社会人野球の選手。

母は バドミントン選手という

アスリート夫婦の間に生まれた

3人きょうだいの
末っ子なんです。

ちなみに お父さまは 182cm。

お母さまは 170cm。

で 大谷選手が 193cm

というのも
DNAということですよね。

(藤田)闇米 食うてたやろって。

何すか その闇米って。

そんなツッコミ
聞いたことない。

そして 一方の 本田選手は

父のいとこは
レスリング選手として…。

こちらですね。

で その後は
プロレスラーとしても

活躍しているほどの人物で
いらっしゃいます。

これが
プロレスラーのときの写真です。

(藤田)ちょっと 面白い写真。

あ~ そうなんですか。

そして 大叔父の
本田 大三郎さんは

何と 56年前の
東京オリンピックに

日本人初の カヌー日本代表として
出場されているんです。

こちらが 大三郎さんです。

でかそうやん。

闇米が分からないです。

いや おかしいやん。

(土田)今 検索ワードで
「闇米」 すごい…。

やっぱり みんな 血 引いてる
というかね。

土田さん
こういうDNAが 結構あると。

あると思いますね。

後の…。

今ね そういう。

お前 今のは いじってるで。

そうですね。
ごめんなさい。

いじりました。 すいません。

[ここからは
2人が 少年時代に

親やコーチなどから受けていた
指導法を紹介]

[皆さん 必見です]

何と 調べたところですね…。

(三宅)こちらです。

(三宅)まず 大谷選手ですが…。

(三宅)大谷選手が
よかったこと 悪かったこと

これから練習することを書いて

で お父さんが そこに
アドバイスを書き添えていくと。

そのノートの一部が
こちらになります。

ちょっと読んでみますね。

で これに対する
お父さまの返事が こちら。

そういうことね。

大谷を抑えた もも井。
(白井)今 どうなってるんだろう。

さらに この後 大谷選手は
目標達成シートというものを

白井さん 書かされた?
(白井)これ 有名ですよ。

勉強なりますよ これはね。

[大谷選手が
高校1年生のときに書いた

直筆の目標達成シートが こちら]

[通称 マンダラチャートと
呼ばれる

この目標達成シート]

[書き方は…]

[まず 81マスの中心に…]

[大谷選手は 8球団から
ドラフト1位と記入]

[次に…]

[大谷選手は 「体づくり」

「コントロール」などをはじめ

野球以外にも 「人間性」

「運」などを記入]

いやいやいや。 何これ。

高校1年生のときですからね。

これ 初めて見た。

[この直筆シートについて

日本ハム時代に
大谷をコーチした 白井さんに

解説していただきます]

「運」なんていうのがね。
すごいでしょ。

ごみを拾うって。 確かに 大谷
いつも ごみ 拾うんです。

何で ごみ 拾うの?って言うと
これ…。

(笑い声)
(白井)ホントなんですよ。

すごい!
(中澤)すごい!

(白井)「メンタル」
「雰囲気に流されない」

私 これ すごいと思う。

例えば こわもての先輩に

おい 飲み行くぞって誘われたら
断る勇気あります?

いや~。

(白井)彼ね…。

(白井)聞いたことある。

(白井)って言うとね
大谷は こう言うんですよ。

(白井)すごくないですか?

何なん!
違うな~。

(土田)で また スタイルも良くて
顔もいい。

ホントに だから…。

(三宅)一方の
本田選手なんですが

大叔父である
元 オリンピック選手の

本田 大三郎さんの
教えによりまして

夢を実現させるための

夢ノートという物を
書いておりました。

やっぱり そういうの やってるんや。
(三宅)ノートの数は…。

[本田が実践した…]

[本田選手が…]

[実際に 書き方を教えたのが
こちら…]

[実は 大三郎さん…]

[現在は 子供たちにカヌーを教え
後進の育成に 尽力されている]

[そんな大三郎さんに
夢ノートの話を聞くと…]

(大三郎)
こういう話をしてきたから…。

そういうことだけじゃなくて

例えば おんなじように蹴って
入るにしても…。

いろんな
サイドステップで蹴ったのか。

それから…。

そういうようなことを…。

最終的に…。

これが 練習 一種の…
僕 ルールだよ。

よそでは 分からんよ。

[夢ノートは
こうした 大三郎さんの教えが

始まりだったのだ]

今のノート どうですか?
僕は…。

僕は つけてなかったですね。
(坪井)僕は…。

こうやって
毎日の練習の復習を書いて

次の日の課題を書く。
この作業を…。

ええやんか。

ぽいっすか?
(土田)ぽい。

[続いては
海外で戦うために必要な…]

まずは 大谷選手です。 こちら。

(藤田)で 高校時代に。

(藤田)だから ぴんと
こないかもしれないですけど…。

(藤田)田中と まったく一緒。

あんぐらいの体形だったんです。
背 高いけど 細い。

これが 花巻東に入りまして…。

(中澤・土田)10杯!?
(藤田)と言われて

肉体を鍛えていきまして
最終的には 193cmの 86kg。

へえ~ そうなんや。

で そのころの写真が こちらです。

おっ 出来上がっちゃってる。

(三宅)さあ そして
一方の本田選手なんですが

子供のころ こんなことして
体をつくっていました こちらです。

このノートが
どんな物だったのか またまた…。

[本田選手が 小学生時代から

大叔父 大三郎さんの教えで
書いていた

うんちノートについても
聞いてみると…]

おしっこしに行ってきた。

おしっこの色と量は
どのくらいだったか

っていうのを見て帰ってくる。
そしたら

すぐ もう1回 横になって
脈拍を測れ。

で 次やるのは
何かっていったら

必ず ヘルスメーターに上って
体重が何キロだったか。

次に やらなきゃ
いけないことは

朝飯は 何を食ったか。

何が 献立あったかじゃなくて
五大要素。

何を なんぼ取り入れたか
っていうことを書きなさい。

[具体的に
うんちの どんなところを

チェックしたのか]

そういう うんこが
出てくれば…。

そういうのが出てきたら
これは 100点だよ。

…と 褒めてやらないかん。

そういうことを
子供のときから教えて…。

え~!

ねえ。
そうですね 大三郎さん。

そうなんや。
(三宅)どうですか?

これは何とか
分かんないの ありますもんね。

だから 小学生の子供に
あれだけのことを言うって すごい。

だから…。

(土田)全然 子供だから
やられたみたいなの ないです。

子供に?
(土田)そう。 でも それは

すごく大事なこと。
へぇ~ そうなんや。

(三宅)
そんな本田選手なんですが…。

(三宅)ご覧ください。

それは 本田選手が
イタリア ACミランで

エースとして活躍していた当時

日本に帰国した際に行われた
誕生日パーティーでの出来事。

このとき 武井は
本田と…。

それ聞いて あれ?と思って。
いや 本田君と。

僕も 結構 努力したけど…。

じゃあ 何で 速くならないか
説明するねって言って

こうこう こういう理由があって
きっと こういうことしてるから

これで速くなんないんだと思うよ
っていう話をしたら…。

スケジュールが
僕が 結構 いっぱいで。

(三宅)結局…。

(三宅)初対面の人間を
イタリアに呼んでまで

足を速くしようと思った貪欲さ。

これこそが…。

この写真は 何なん!
ちょいちょい出すけどさ。

なるほどね。
教えてほしいから来てくれと。

(三宅)こういうの
土田さん どうなんですか?

ホント そうで
元 100mの 日本代表の

朝原さんが その映像 見てて

ACミラン 行った
本田選手を見て…。

それ もう 20代後半なんですけど。

そっから
走り方を変えるっていう。

それ 『Going!』で
朝原さんが言ってたんですけど。

間違いないと思います。

[この後 大谷 最新情報!]

[大谷 翔平の
今シーズンに向けての体づくりが

今 話題になっているんです]

あ~ そうなんですね。

へぇ~ そうなんですね。
現在の…。

見てみましょう。 こちらです。

(三宅)違う 違う。 本物です。
本物ですか?

顔が小さいからね。
いやいや ホンマ…。

すごいな。

半年前の 大谷選手と
比べてみると…。

やはり 腕の辺りとか
見るからに 違いますよね。

投手用の筋肉ですか?
(建山)どっちもなんですけど…。

(建山)彼は やっぱり 世界に
パワーで通用する選手なんで

負けないようにということで

ここまで ピッチャーに関しても
バッターに関しても ムキムキにしてると。

でも その前までの体でも

じゅうぶん通用してたわけですから
白井さん…。

これはね…。

もう一つは 肘の手術をした後の
リハビリっていうのを

徹底してやりますから…。

とか言ってたんでしょ?

(白井)勇気が…。

だって…。

(三宅)今… だってね
浜田さんが言い始めたら…。

(三宅)存在 消しましたもん。

[ここからは 2人のスーパースター
それぞれのライフスタイルを

とことん 掘り下げ]

まずは お金です。

本田選手の
お金に対する考え方は?

(三宅)そして 大谷選手の
お金に対する考え方は?

興味なし。

「貯金は 悪」なんですね?
土田さん これは?

浪費するということよりも…。

(土田)さっきもあったけども
サッカーって…。

みんな それぐらいの若い子だと
だいたい 合宿とかやったりとか

試合の合間とか…。

(土田)
「この人 おっぱい大きいね」とか

「ホントだね」なんて
言ってる中で…。

≪ビジネス誌の?
(土田)23歳で。

(坪井)お気に入りの美容師さんを
現地に呼んで…。

だから…。

山ほど着けてるイメージやから。

高校卒業して グランパスに
入ったんですけれども

普通ですと
入団1年目っていうのは

おとなしくね まず プロの道に
慣れるってことで

サッカーに
集中するわけじゃないですか。

(中澤)他のことは マネジャーが
やるということをやってた。

っていう雰囲気で
見てくれてたんですけど…。

(中澤)
ラモスさんに見つかったら…。

(中澤)「ふざけんじゃねえぞ」と。

「お前 1年目だろ?
試合 出てないだろ?」って

えらいことになったと
思うんですけども。

両方 誰? ですよね。

へぇ~ すごいな。
そして…。

ファイターズ時代
ずっと 見てましたけど…。

なるほど。
全て 親が持つ通帳に。

(白井)1カ月ですよ。 それをね…。

(白井)だって 一晩で使う人
いっぱいいますからね。

ハハハ。 まあね。

で お土産を頼まれたのを
買って…。

(藤田)余って それを
どうしたかっていうと…。

(藤田)「お母さん はい これ」
普通は入れますもんね。

欲しいですね。
(三宅)皆さんは どうでしょう?

中澤さんは どうですか?
お金の使い方は。

僕は 基本的に…。

(中澤)23ぐらいから
ずっと 5万円でやってて。

建山さんは どうですか?

僕 入ったときに
ファイターズの先輩が 結構…。

って教えられたんで
そのとおり…。

[この後 2人のファッションを
徹底解剖]

(土田)チームのみんなで
バーベキューやってるんですけど

みんな Tシャツなのに…。

続いて 比較するのは ファッションです。
それでは 見てみましょう。

まずは 本田選手のファッションに対する
考え方は こちら。

(三宅)そして 大谷選手のファッションに
対する考え方は?

(三宅)やはり 興味がない。
すごいな。

(土田)だって あの写真も
浪人生と変わらないですもんね。

ケイスケ・ホンダは そうなんですね?
カズさんも そうだったし

中田ヒデもそうだったし
その流れはあると思うんですね。

なので ちょっと
よく分かる写真をですね

用意いたしましたので
ちょっと こちら 見てください。

これ 空港ですね。
キャリーケースと…。

全身 黒という。

(土田)髪が長ければね。

これは 普段?
(土田)これ 普段です。

まだ もう一枚あります。

白バージョンですね。

これは ほぼほぼ…。

逆です 逆です。
(土田)逆ですか。

一番 ちょっと 僕
衝撃を受けたのが

続いての写真なんですが
こちらです。

チームのみんなで
バーベキューやってるんですけど…。

バーベキューだから
油も跳ねるし

たれとかも掛かるし もっと
動きやすい格好でもって思うけど

ケイスケ・ホンダは
スーツなんですよね。

で 公共の場所だったりとか…。

すごいな。
そして…。

興味ないんや。

ファイターズはね ちょうど…。

(白井)常に 何を着るか。
なるほど。

(白井)彼 ファイターズに来たときに
ファイターズの選手が あまりにもね…。

(白井)それから
ファイターズの選手っていうのは…。

(白井)もし…。

何!? 何!?

何よ それ。

さあ 続いて 比較するのは
2人の名言です。

それでは 見てみましょう。
大谷選手の名言 こちら。

(三宅)大谷選手 こんなことを。
(白井)これはね…。

(白井)そういうことをね…。

例えば…。

(白井)自分で 限界は決めない。
できると思ったら できる。

って言ってて。

(白井)そうなんですよ。
(一同)ショート!?

大型ショートだね。

プロ 1年目のキャンプでは
彼 ショートしながら

ピッチャーやってるんですよ。

ショートがね…。

へぇ~。
(藤田)中学時代に…。

だから…。

そこに…。

へぇ~ そうなんや。

さあ そして 本田選手の名言は
こちらです。

(中澤)すごくないですか?

あのマイケル・ジャクソンを
超えるわけですよ。

最後…。

(土田)
マイケル・ジャクソンを超える話です。

こういうこと言うてる
ケイスケ・ホンダを

それでも 好きなんですか?
(土田)いや すごくないですか?

ちなみに…。

って思われてるかも
しれないですけど 今…。

(中澤)地球ですから。
地球 全部ですから。

誰に向けてですか?
宇宙人に向けて?

ホンマに…。
何を言うてんの?

これ もう
何を言うてんの? になるやん。

これぞ 圭佑。
いや すげえな。

マジで 言うてんの?

だから こういうことを
ずっと 小さなことを言ってきて

それを どんどん…。

だから われわれは…。

いやいや…。 ホンマに?

(三宅)どうやったら
超えたことになるんですか?

定義は…。

呼ばなきゃ駄目だと。
そういうことか。

[さらに 大谷選手は
肉体をつくる上で重要な

食事にも 一流ならではの
こだわりが…]

(白井)栄養士を付けて。

マジで!?
(白井)ホントなんですよ。

それを学んで…。

それを 絶対 食べるように…。

≪朝オムレツ。
(藤田)朝オムレツ。

僕は どっちかっていったら
健康志向 強過ぎて…。

何を言うてんねん!?
どういうことよ?

中澤さん 本田選手は 食生活は?

僕が知るかぎり そんなに…。

遠征とか行くと クラブが出す
メニューになってくるので

たぶん クラブが栄養士を付けて
沿ったメニューが出てくる。

でも その中で
サッカー選手で人気なのが…。

(中澤)例えば 分かりやすくいうと
僕ですと

しょうゆと納豆で

和と洋をまぜた
パスタを食べたりとか。

(中澤)まあ ストイックって
言っていいか分かんない…。

基本的に サッカー選手として
体の切れを欠いたりとか

スタミナにならないものは
排除していったみたいな。

例えば…。

って言われたら もう 基本的に
揚げ物は食べない。

現役中 食べてないの?
食べてないですよ。

思うんですけど…。

サッカー選手も 真っ二つですよ。

終わった後に 飲みに行って
どんちゃんする人と

ホントに ストイックに
健康にやる人と。

だからね…。

食事とかもやるけれども…。

分かりやすいな。

いや すごいわ。 面白い。

[本田選手も
ストイックで有名ですが

そのルーツは…]

(三宅)毎日のように言われた
本田選手は…。

(三宅)見つからない。
マジで!?

みんな 帰ってたと。

下手したら ずっと もう…。
ホンマに!?

(三宅)土田さん こういう伝説も。
(土田)だから もともと

ホントに さっきも言ったように
運動神経に恵まれてるとか

テクニシャンだったってわけじゃ
ないんですよ。

それこそ
ガンバ大阪っていうチームに

中学校のときに入るんですね。
ジュニアユース。

そこで うまい子たち
そこから

高校の方へ
上がるんですよ。

そこに 上がれなかった
本田君。

ガンバ大阪の下部組織に
入れることは すごいんだけど

そこには…。

(土田)それで 自分は
上に上がれなかったから…。

全国大会に行かなかったら
目立たないと。

全国に行って
結果 出さなきゃっていうんで

色々 考えに考えて…。

(土田)石川県の。

そこで Jリーグから
目を付けられて…。

あなたさ…。

何で そんな好きになったの?
野球もあるやんか。

はい はい。

えっ!?

俺 中1のとき 野球部です。
マジで!?

(土田)だから サッカーだけ
詳しく 思われてますけど

野球も 全然しゃべれます。

[来週は 野球派とサッカー派が
大激論]


関連記事