プロフェッショナル「新しい仕事スペシャル」ユーチューバー・HIKAKIN、プロゲーマー・梅原大吾、新しい仕事の…


出典:『プロフェッショナル「新しい仕事スペシャル」』の番組情報(EPGから引用)


プロフェッショナル「新しい仕事スペシャル」[字]


2018年3月に放送し、大反響を呼んだ新しい仕事SPのリメイク。ユーチューバー・HIKAKIN、プロゲーマー・梅原大吾、新しい仕事の先駆者に密着!


番組内容

2018年3月に放送し、大反響を呼んだ「新しい仕事スペシャル」をリメイク。「なりたい職業ランキング」で上位に入るようになったユーチューバーのカリスマ「HIKAKIN」に密着。世界大会の優勝賞金がときに“億”を超えるプロゲーマーの先駆者「梅原大吾」にも密着。時代が生んだ新たな職業のプロフェッショナルたち、その知られざる戦いの日々から見えてきたものとは?!

出演者

【出演】YouTuber…HIKAKIN,プロゲーマー…梅原大吾,【語り】橋本さとし,貫地谷しほり


『プロフェッショナル「新しい仕事スペシャル」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

プロフェッショナル「新しい仕事スペシャル」ユーチューバー・HI
  1. 梅原
  2. ヒカキン
  3. 動画
  4. ビートボックス
  5. 仕事
  6. 投稿
  7. ユーチューバー
  8. キャラクター
  9. プロゲーマー
  10. 攻撃
  11. 自分
  12. 翌日
  13. 撮影
  14. 相手
  15. お願い
  16. ガイル
  17. ゲーム
  18. プロ
  19. 一人
  20. 継続


『プロフェッショナル「新しい仕事スペシャル」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV




↓NHK 関連商品

大ホールに続々と集まる
10代や20代の若者たち。

そのお目当ては…。

アイドルでも歌手でもない
今 人気絶頂のユーチューバーだ。

ユーチューバーとは ネット上に
さまざまな動画を投稿し

収入を得るプロ。

ヒカキン!

更に こんな新たな仕事が。

観客は熱狂し
固唾をのんで見守る。

ゲームで対戦する事を仕事とする
プロゲーマー。

優勝賞金は時に億を超え

人気は
世界規模のものとなっている。

しかし 最初の一歩を踏み出すのは
決して容易ではなかった。

新しい仕事に挑むプロの
格闘の日々に密着する スペシャル版。

♬~

まず密着したのは
時代を席巻するユーチューバー。

(取材者)どうも こんにちは
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

腰の低い 28歳。

人気…

制作した…

お金を突き刺すと
パタパタ パタパタ… カタカタカタ!

イヨ~… イヨ~…。

ああっ 動いてる 動いてる!
10円玉の大合唱だ!

すげえ 激しいぜ こいつ
元気いいね 君。

小さい頃 夢見た あのチャレンジを。

おおっ!

スローで もう一度。
今 入ったよ 絶対!

2005年に動画投稿サイト「YouTube」が
できた事で

さまざまな動画を投稿し
収入を得るプロたちが現れた。

男子中学生のなりたい職業ランキングで
3位に入った。

この日 握手会のため
福岡空港に降り立ったヒカキン。

若者を中心に認知度は圧倒的だ。

いい事ありますよ~。

いいですよ え~… じゃ ここで。

いきます。

動画を作る上で
ヒカキンが常に大切にしている事。

それは 元気な自分を見てもらい
元気になってもらうという

極めてシンプルな事だ。

ユーチューバー ヒカキンの動画。

一体どのように作られるのか?

ヒカキンの仕事場 兼 自宅の
密着取材が初めて許された。

(取材者)こんにちは
どうぞよろしくお願いします。

玄関先には 動画の中で
使ってみようと買い集めたグッズが

山と積まれていた。

企画から出演 撮影 そして編集。

膨大な作業をヒカキンは一人で行う。

徹夜になる事は ざらだという。

ヒカキンが専業で
動画の投稿を始めたのは 6年前。

ゲームの実況や 体を使って
音楽を奏でるビートボックスなど

4つのチャンネルを運営している。

投稿した動画とともに流れる
広告の再生回数などによって

ヒカキンの収入は決まる。

♬~

一番人気が高いのは

話題のグッズを使ってみるという
チャンネルだ。

メガたこ焼き器!

巨大なたこ焼きを作るという
この動画は…

だしの いい香り。

すんごい グジャグジャだけど
味 たこ焼きです。

味 100点レベル ほんとに。

でも 見た目が こんな感じに
なっちゃったんで 86点。

いつか リベンジしたい。

シャワーを浴びたヒカキン。

翌日の夜 公開予定の
動画制作に取りかかった。

今回は 金箔が施された高級トランプで
遊んでみるという。

商品について間違った事を
言うのを避けるため

事前に情報を得る。

だが 一方で…。

トランプの画像は
極力 見ないようにする。

初めて実物を見る時の
素朴なリアクションは

大事にしたいからだ。

ブンブン ハロー ユーチューブ。

どうも 金が大好き ヒカキンです。

今までもね 確かこう…。

こだわっているスタンスがある。

正解が定まっていない
この新しい仕事で

ヒカキンが見いだした
身近さというスタンス。

それを実践する撮影が
今日も始まった。

いでよ 純金箔トランプ!

やばい これは やばい!

う~わ やばい… これ やばいね!

内容を事前に決めず

あえて思いつきで
どんどん展開させていく。

ウェ~イ!

突然 「貴族」という言葉について
調べ始めた。

ユーチューバーの中には
過激な発言や表現で

再生回数を
伸ばそうとする人もいる。

だが ヒカキンは それはしない。

そこには 見る人を喜ばせようと
自ら楽しんでいるヒカキンと

そんな自分を冷静にチェックする
ヒカキンがいた。

2時間ほどで撮影が終わり
次に編集作業に取りかかる。

映像選びから 効果音
更には テロップ入れまで。

ここ1年で投稿した動画は
500本以上。

周りからは 分業制にしないと
体がもたないと言われている。

だが それでは自分の思いが
伝えきれない気がし

全て一人で行う。

編集を始めて6時間。
7分の動画が完成した。

だが。

この日の仕事は
まだ終わっていない。

翌日 別チャンネルで公開する
ゲームを体験しながら実況する

動画の撮影だ。

あれ? こんなとこ来たっけ?
まだ来てない… 危な 危ない…。

氷が苦手… あっ 出てきた 何だ?

おお ちょっと待て…。

どうやって よけんの? これ。

ヒカキンの一日が 終わった。

翌日 午後7時。

動画が公開される時間が来た。

はい 7時でございます。

いでよ 純金箔トランプ!

やばい これは やばい!

ここ1か月 ほとんど全ての動画が
100万回以上 再生されている。

今回も
100万回を超える事が目標だ。

見ていたのは
この「グッド」の評価の数。

この数が 公開直後
飛躍的に増えると

最終的な再生回数は多いという。

「グッド」の数は
思うように増えていなかった。

だが その後
ジワジワ再生回数を伸ばし

1か月後には 190万回を超えた。

本日もご視聴
ありがとうございました。

バーイ!

ヒカキンさんは 平成元年

新潟の雪深い町に生まれた。

小学生の時 テレビで見た

体を使って音楽を奏でる
ビートボックスに興味を持った。

そして 高校時代。

当時 アメリカで誕生した
「YouTube」の存在を知り

ビートボックスの動画を投稿し始めた。

♬~(ビートボックス)

当時の夢は ビートボックスの
ミュージシャンとして 有名になる事。

高校を卒業すると
上京し 食料品店に就職。

そこで働くかたわら ビートボックスの
ライブ活動や動画の投稿を続けた。

そんなある日。

♬~(ビートボックス)

人気ゲームのBGMを ビートボックスで奏でる
という映像を投稿した。

♬~(ビートボックス)

翌日の事だった。

1日で 再生数が 20万を超え
一気に世界から注目された。

そして翌年 海外で大人気の
ユーチューバーの講演を聞いた時

心は定まった。

22歳だったヒカキンさんは
食料品店を辞め

ユーチューバー一本で
生きていく事を決めた。

以来6年。

これまでに 3, 700本以上の動画を
制作してきた。

その間 休みは ほぼゼロ。

毎日1本から2本のペースで
生み出してきた事になる。

ユーチューバーという仕事は

はじめに思っていたほど
楽ではなかったという。

続いては 世界各地で
ファンを熱狂させている 新しい仕事。

コンピューターゲーム上での対戦を
なりわいとする 「プロゲーマー」だ。

この新しい仕事に早くから挑み

世界に その名を知られる
日本人がいる。

(拍手と歓声)

世界最高峰の大会で2回優勝し

「格闘ゲームの神」と呼ばれる。

一体どんな日常を送っているのか。

まず 梅原が
週に4日は通うという

ある場所に
ついていく事になった。

そこは プロゲーマーや
アマチュアの上級者が集う 練習場所。

対戦相手を求め 国の内外から
ここに集まってくるという。

梅原が得意とするのは
格闘ゲーム「ストリートファイター」だ。

30年前に発売され

今なお
世界中で愛好者の多い人気ゲームだ。

梅原は 変幻自在の戦い方で

約10年にわたり
世界トップクラスに君臨している。

この日の梅原の対戦相手に
「ときど」というプロゲーマーがいた。

東京大学出身。

去年 夏の世界大会で優勝し
最も波に乗っている一人だ。

梅原が操るのは
右のガイルというキャラクターだ。

梅原は ときどに
さんざんにやられた。

(犬のほえる声)

3日後 自宅を訪ねた。

負けた相手に どう立ち向かうか。

梅原は その戦略を
考え続けていた。

それぞれのキャラクターは

ゲーム開発者によって
強みや弱みが設定されている。

ときどの使う…

パワフルで 攻撃力が非常に高く
最強のキャラクターの一つだ。

だが 梅原は あえて
最強のキャラクターを使おうとはしない。

梅原のガイルは 防御力が強みで

攻撃を仕掛けるよりは
受けを得意とする。

もともとの設定上
プロ同士が戦うと

ガイルは 豪鬼の攻撃に耐えきれず
劣勢になりがちだという。

だが。

最強ではないキャラクターの方が

予想外の戦略で戦う面白さが
生まれやすいと 梅原は考える。

梅原には
プロゲーマーが 勝利とともに

絶対に大事にすべきと
考える事がある。

梅原は 自分のキャラクターが苦手とする
積極的な攻撃を試し始めた。

相手が足を出した瞬間に
カウンターのキックを放ってダメージを与え

試合を有利に運べないか。

僅か60分の1秒でも
キックのタイミングがずれれば ダメ。

その一瞬を見逃さないために
梅原は1分以上 まばたきしない。

その日の夜。

再び ときどと
対戦する事になった。

梅原は 編み出した新たな戦略で
積極的に攻めた。

結果は 負け。

だが 見ていた周囲の反応は。

11月下旬の事だった。

(取材者)えっ 静かに?

4年半つきあい
同棲していた彼女が

別れを切り出し
家を出て行ったという。

う~ん… 何なんすかね。

う~ん まあ どうですかね。

12月。 梅原は
アメリカ・アナハイムにやって来た。

世界各地の大会で
ポイントを積み重ねた強豪たちが

一堂に会する
年間チャンピオンを決める大会。

梅原は 順調に勝っていく。

相手が攻撃に出る直前

絶妙なタイミングのパンチを繰り出し
積極的な攻撃に出た。

そして…。

(歓声と拍手)

観客を沸かせ
トップ8に勝ち上がった。

だが 翌日の戦い。

相手は 22歳の日本人プロゲーマー。

梅原は負けた。

会場を去ろうとした時…。

梅原の戦いぶりをたたえる声が
上がった。

(拍手)

♬~(主題歌)

♬~

自分の仕事っていうか
そういうものに

感謝の気持ちを持って

それをちゃんと
口で言うだけじゃなくって

態度や行動で示す
っていう事かなって

思ってますね。

継続した人 で かつ
その中で チャンスをつかんだ人。

継続してると
チャンスがやって来るんで

その中で努力してると
つかめると思うんで 継続です。

♬~


関連記事