あさイチ「春休み企画 今ドキ!子どもに人気の職業リアル」いま子どもが憧れる職業・ユーチューバーなど…


出典:『あさイチ「春休み企画 今ドキ!子どもに人気の職業リアル」』の番組情報(EPGから引用)


あさイチ「春休み企画 今ドキ!子どもに人気の職業リアル」[字]


いま子どもが憧れる職業・ユーチューバーなど動画クリエーターの知られざる舞台裏に密着▼フィッシャーズ・親子クリエーター登場!どうしたらなれる?将来性は?注意点は?


詳細情報

番組内容

毎日10億時間視聴されている動画サイト・ユーチューブ。そこで活躍する動画クリエーターは子どもたちの憧れの職業になっている。日本一の動画再生回数を誇るというフィッシャーズの制作現場に密着!人気の秘密、なるための秘訣を聞く。また親子で動画を投稿する人たちも紹介。動画を見たり、出る上での注意点も伝える【ゲスト】小島慶子、りゅうちぇる、フィッシャーズ【キャスター】博多華丸・大吉、近江友里恵

出演者

【ゲスト】りゅうちぇる,小島慶子,動画クリエーター…フィッシャーズ シルクロード,ITジャーナリスト…高橋暁子,【キャスター】博多華丸,博多大吉,近江友里恵,【リポーター】松岡忠幸


『あさイチ「春休み企画 今ドキ!子どもに人気の職業リアル」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

あさイチ「春休み企画 今ドキ!子どもに人気の職業リアル」いま
  1. 動画
  2. シルクロード
  3. フィッシャーズ
  4. 大吉
  5. 松岡
  6. 動画クリエーター
  7. 企画
  8. ユーチューブ
  9. 華丸
  10. 近江
  11. 自分
  12. 小島
  13. メンバー
  14. 投稿
  15. 人気
  16. 万人
  17. 職業
  18. 息子
  19. ユーチューバー
  20. 一緒


『あさイチ「春休み企画 今ドキ!子どもに人気の職業リアル」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV




↓NHK 関連商品

近江≫おはようございます。

大吉≫4月1日水曜日の
「あさイチ」です。

近江≫きょうは国会中継が
予定されてるため

8時55分までの放送です。

大吉≫きょうの特集は
子どもが憧れる人気の

職業についてです。
親子でご覧ください。

松岡≫その、職業とは…。

今、人気のHIKAKIN!

はじめしゃちょー!

ユーチューバーと呼ばれる
動画クリエーターたち。

ほかにも、自分の使っている
化粧品やメイク術を紹介したり

旬な食材を使って料理の手順を
教えるクリエーターなど。

今、彼らの動画が、全世界で
毎日10億時間も視聴され

子どもたちに大人気なんです。

最近、民間企業が調査する
子どもが将来なりたい職業で

動画クリエーターは
常に上位に入っています。

でも親たちの反応はというと…。

子どもたちが憧れる職業。

親としては知らないことが多くて
心配も多いようです。

そこで、今回は
人気の職業の裏側を徹底取材。

年間の動画再生回数19億回
という動画クリエーターの

フィッシャーズ。

世界有数の再生回数を誇る動画が
どうやって生み出されるのか。

その制作現場に潜入しました。

子どもが動画を作って
投稿したいと言った場合の

不安な点も解消していきます。

きょうは
親子で楽しめる特別企画。

動画クリエーターとは
どんな職業なのか?

どうしたらなれるのか?
そのリアルに迫ります。

近江≫きょうのゲストは
小島慶子さんと

りゅうちぇるさんです。

大吉≫お子さんは動画とか
見ますか?

小島≫16歳と14歳ですけれど
娯楽としても見ていますが

勉強にも使っています。

分からないことがあれば

これが分からないと検索をすると
大抵誰かがあげているのでそれを

見て数学や生物を勉強しています。

大吉≫りゅうちぇる君は
始めたよね。

りゅうちぇる≫ユーチューブの

チャンネルを始めて
僕自身もチャンネル登録を

100ぐらいカウントしていて

それを見ないと眠れないぐらい
絶対ユーチューブありきの人生

というかライフスタイル。
大吉≫見えるのも好きだし

自分もやってるってことですね。
近江≫限られた時間になりますが

きょうもメール、ファックスを
募集します。

きょうはフィッシャーズの
リーダー、シルクロードさんにも

登場してもらいます。
聞いてみたいことを寄せください。

大吉≫おじいちゃん、

おばあちゃんは
なんのこっちゃって

シルクロードなんだね。
松岡≫子どもたちに大人気の

フィッシャーズさんのような
動画クリエーターですが

そもそもどんな職業なのか

子どもたちはもちろん親御さんも
気になっていると思います。

制作現場に密着してきました。

動画クリエーター集団
フィッシャーズ。

20代の7人組です。

年間の動画再生回数は19億回。

去年、配信動画界の
アカデミー賞といわれる

ストリーミー賞を受賞しました。

子どもたちのハートを
つかんでいるのが

遊んだときのわくわく感を
大切にした動画。

ンダホ≫うわっ!うわっ!…
ああ、びっくりした!

例えば、こちら。

タピオカを流して、箸で何個
つかめるかを競う8分間の動画。

ネットにあげれば
これが360万回再生。

ンダホ≫大人が本気出しても

つかめない。

さらに、ファン1万人を集めて
鬼ごっこするという企画は

鬼ごっこのギネス世界記録を
更新しました。

どうやって人々を魅了する動画を
作っているのか

制作現場に潜入しました。

訪ねたのは
フィッシャーズのリーダー

シルクロードさんの自宅。

1人暮らしの部屋は
スタジオにもなっています。

大好きなフィギュアの数々は
撮影するときの美術品として使用。

家にある遊び道具は

すべて動画のために
使っているといいます。

ほぼ毎日投稿しているという
フィッシャーズ。

撮影の様子を見せてもらいました。

この日の企画は、借り物競争。

メンバーそれぞれが
友達に連絡を取り、家の中で

いちばん大きいものを借りて
その大きさを競うという企画。

メンバーが連絡をしてから
1時間後…。

友達から借りてきたのは
大型テレビや

業務用の送風機でした。

毎回の企画は、メンバーの1人が
考え、台本はありません。

何が起こるか分からない感覚を
大切にしているといいます。

その再生回数こそ
動画クリエーターの収入に

つながるんです。

というのも動画サイトには
広告が掲載されていて

再生回数に応じて
広告料が入ります。

ただ、具体的な金額については
公開されていないので

詳しい収入は
お伝えすることができません。

メンバーが撮影を進めていたころ

シルクロードさんは
撮りためていた動画の

編集作業をしていました。

編集していたのは
シルクロードさんが企画した

アスレチックの動画。

フィッシャーズは
企画を提案したメンバーが

テロップや選曲など

すべて1人で仕上げていきます。

シルクロードさん
中学生のときから

動画クリエーターになりたかった
といいます。

近江≫フィッシャーズのリーダー
シルクロードさんに

お話を伺っていきます。

どうぞ、皆さん質問を。

華丸≫実在していますよね?

シルクロード≫います、います。
大吉≫1本の動画の編集

5時間ですか?

シルクロード≫ユーチューブを
やっている人の中でも

速いほうだと思いますよ。
りゅうちぇる≫編集も

こだわっていて
企画も新しいから

本当に楽しいです。
シルクロード≫めちゃめちゃ

うれしいです。
りゅうちぇる≫僕の

ユーチューブは全然、人任せです。

仲よくなった編集の方に
お願いしてということで。

大吉≫時間がいくらあっても
足りないですね。

松岡≫睡眠時間は

平均どれぐらいですか?

シルクロード≫平均2時間です。

きょうは、きのうの朝から
寝ていないです。

小島≫今どきは、ちゃんと
寝たほうがいいですよ

免疫のために。

シルクロード≫ふだんから
睡眠時間は短いんです。

目を開けたまま
寝ているわけではないです。

大吉≫中学のときからですか?

小島≫中学生のときに

こんなものを撮りたいなとか
イメージできていたんですか?

シルクロード≫楽しいことを
やっているうちに

いたずら感覚で思いついて
いったものをみんなで集まって

撮っていた感じです。
松岡≫動画クリエーターに

ついて町の親子に聞いてみました。
まず、収入面ですね。

生活をしていけるんですか?

まず収入面についてなんですが
詳しい数字は

公表されていませんが

ユーチューブの場合は

動画を公開するときに使う
チャンネルというものを皆さん

作ります。

全世界で数千万ある
といわれています。

ここからあがる収入だけで

生活ができているという人は

ほんの一握りといわれています。
動画サイトなどに詳しい

ITジャーナリストの
高橋暁子さんに聞いていきます。

そもそもチャンネルを作りました。

そこから収入を得られるように
なるには一定の基準があるんです。

登録者数が1000人とか。
でもそれを超えたからといって

食べられるわけではないんですね。
高橋≫いろんな方に

取材をしたんですが
月額数百円から数千円

という方が非常に多くて
お小遣い程度と

おっしゃっていました。
それだけで食べていける方は

少ないと思います。
大吉≫シルクロードさんは

どのくらいで
生活できるようになりましたか?

シルクロード≫登録者というのが
分かりやすい基準でありますが

30万人から40万人を超えた

辺りで大体いけるかなと。

100万人で落ち着いて
生活していけるな

という基準でした。

華丸≫そこにたどりつくまで
どれくらいかかりましたか?

シルクロード≫100万人は
開始から6年ぐらいだったと

思います。

今の登録者数は612万人です。

りゅうちぇる≫めっちゃ
生活できる。

松岡≫どうやったら

生活できる動画クリエーターに

なれるのかということで
フィッシャーズの例で

見ていきます。

フィッシャーズは
同じ中学の同級生です。

中学3年生のときに初めて作った
動画をユーチューブに

アップしたのが始まりでした。
実際の映像があります。

遊ぶのに問題のない川ですが
時期としては?

シルクロード≫冬ですね。

大吉≫これが
最初の動画なんですね。

シルクロード≫そうです。

中学校でただ
川で遊んでいるだけの映像です。

華丸≫
「スタンド・バイ・ミー」

みたいな映像だね。

松岡≫華丸さんに意外と
需要があるね。

華丸≫逆にある。
小島≫切なさを感じる。

大吉≫中学生のころの

最初の動画ですけれどね。

当時はまだ画面も見づらいような
感じですけれど。

シルクロード≫何の気なしに
撮りました。

小島≫反応はどうだったんですか。

シルクロード≫コメントで

アラビア語か英語がついて
誰があれを見るんだと

思っていたのに海外からの

コメントがついたので
そこからいろいろ

やってみようと思いました。

松岡≫当時から

これは食べていけるんじゃないか

という期待もあったわけですね。
シルクロード≫何か新しいなと

思っていたので

そういうのを届けられるのは

僕が知っているのは

ユーチューブしかなかったので

いけるだろうなと思いました。
松岡≫ただ

別々の方向に進学して
その先も7人のメンバーは

ばらばらなんですね。
シルクロードさんのように

大学に進学するメンバーもいたり

ンダホさんやマサイさんのように
専門学校に進むメンバーも

いたんですが変わらず集まって
動画を作り続けていた

ということなんです。

シルクさんが大学2年生19歳の

ときに、いよいよ、これで

食べていけるんじゃないかと
思って

お父さんに、俺は動画で
食べていく、動画王になると

言ったんですが反対ですよね。

今から6年前です。

職業としても、なかなか

認知されていなかった。

親から反対されたんですが

シルクさんは

登録者100万人いったら
認めてくれと返します。

ここから毎日毎日、本気で
動画をあげていくと

すぐに扉が開きます。

口パク動画がヒットして
一日30万回、再生されました。

2014年ですかね

今から6年前

あるアニメ映画がヒットして

その口パク動画を
アップロードしたところ

一気にヒット数が増えた

ということなんですね。

大吉≫それまでもいろんな動画を

作っていたと思いますけれど反応
は徐々に上がっていったんですか。

シルクロード≫本当に
ゆっくりでしたけれど

この動画をあげた瞬間に
いきなり爆速で伸びました。

これが変えたといっても

過言ではありません。

小島≫どういう動画?

シルクロード≫曲やせりふに
合わせて自分の口を

リンクさせているんです。

松岡≫アニメ映画を
きっかけにして世界中で

口パクをアップロードするのが
はやったんですが

反応速度も速いんですね。

シルクロード≫それを見て

数時間でよし撮ろうと
夜中に撮影して猛ダッシュで

編集して出しました。

大吉≫話は戻りますけれど

シルクロードさんが始めたころは
どのぐらいいたんですか?

同業者っていうのは。
シルクロード≫今ほど多くなくて

そもそもユーチューバーと

呼ばれていませんでした

動画投稿系という感じで

ことばもなかったぐらい人が

いなかったです。
松岡≫今とは全く違う

状況だったんです。

りゅうちぇる≫そのときは

動画配信、生放送でという人が
人気だってイメージがあります。

大吉≫2014年に
ユーチューバーになりたい

という漫才のネタで

日本一になったことがありました。

松岡≫ちょうどその年が
そのことばができたぐらいの

年だったかもしれませんね。

華丸≫僕も分からんまんま

大吉さんの台本どおりに
しゃべっていた。

松岡≫それぐらいちょっとずつ
世の中もついてきて

手応えがあったのでシルクさんは。

仲間は半信半疑だったんです
けれど一緒にこれで

食べていこうぜと誘ったんですね。
ここから本格的に

メンバーと一緒に
フィッシャーズとして

動画をあげていきます。
僅か2年後、21歳のときに

チャンネル登録者数が
100万人を達成しました。

華丸≫親御さんはOKと?

シルクロード≫言ったとおりだな
という感じでした。

小島≫2014年のころって

今、
高3と中3の息子とかが

アメリカの有名なユーチューバー
の映像を見せてくれました。

おもしろいね、こんなのって

言って
たんですけど

それからどんどんいろんな人が

今うちの息子たちは英語圏の
ものを見ているんですが

本当にいっぱい出てきていて

息子たちが、ラップとかを

口ずさんでいて誰
の歌なのって言うと

ユーチューバーの歌だから
分からないんです聞いていても。

でも今それが当たり前に
なっていて、よく考えたら

まだ6年もたっていないんですね。
大吉≫今までは芸能界に憧れる

お子さんがたくさん
いましたけれど

今はユーチューバーに憧れる
お子さんがたくさんいて

フィッシャーズさんなんかは
その頂点の付近にいる方

なんでしょうね。
きょう見ているちびっこも

たくさんいると思うので

動画クリエーターの心得

大事にしていることはありますか。
シルクロード≫本当に好きな

ものを動画にそのまま表現すると
見られると思います。

好きなようにやっています。
小島≫人気者になりたいとか

お金持ちになりたいとか
子どもってなんとなくイメージが

あると思うんですけれど

長く続けて、人よりも

いいものを出すためには

どういうことが大事なんですか?

シルクロード≫作り込みすぎない
というのが大事ですね。

この映像もスポーツをただ
楽しんでいるだけなんですけれど

それがリアルだなと
言ってもらえるんです。

りゅうちぇる≫何が起きるか
分からない

リアルな感じがしますよね。
おもしろい。

大吉≫本当に楽しそうだなと思う
気持ちは分かるけれど

毎日でしょう?
シルクロード≫ほとんど

毎日やっています。

大吉≫毎日できるかと言われたら。
松岡≫楽ではないと思います。

華丸≫

さっきのようにワニで
びっくりさせてその後

どうしたんだろうとか
毎日のことのようだから。

シルクロード≫うちの
ベランダにいます。

松岡≫高橋さん
人気の動画クリエーターに

共通することはありますか?

高橋≫人の願望を表現していたり

なかなか見られないものを
見せてくれると

人気が出る傾向にあります。

すっぴんからメークをするところ
って、なかなか

見られないじゃないですか。
それから、がちゃがちゃを

全部買ってみるとか。
そういう願望をかなえたり

裏側の姿を見せてくれたりすると
おもしろいと言って

人気が出る傾向にあります。

松岡≫動画クリエーターに

なりたいと思っても動画を
投稿しないことには始まりません。

子どもが動画を投稿したいと
言ったらどうしますか。

今、子どもたちが

こんな遊びをしているそうです。

動画を作って

ゆくゆくは投稿してみたい

という子どもたち。
でも、親としては

不安もあるようです。

そこで、実際に親子で
動画を投稿している人たちに

聞いてきました。

ひまひまちゃん、12歳。

3年前から動画を投稿しています。

開設しているチャンネルには
29万人が登録しているんです。

ひまひま≫はい、というわけで
結果は、じゃじゃーん!

こんな感じです。

巨大なスライムを作って
遊んでみたり

等身大の女の子らしい
企画が人気です。

そして、もう1組。

5年前から家族と一緒に
動画を投稿している

いおり君、10歳。

宇宙に行くなら
何を持っていくかを考える

企画など、家で遊んでいる様子を
紹介しています。

早速、聞いてみました。

お母さんが心配しているのは

顔が知られているため
誘拐やストーカーに

遭わないかということ。

出かけるときは、子どもと一緒に
いるようにしているそうです。

一方、ひまひまちゃんの家では…。

ひまひまちゃんの場合

風景が分かる窓際では撮らない
本名は出さないなど

個人が特定されるものは

出さないようにしています。

そこまでして、動画の投稿を
続けるのには訳があります。

きっかけとなったのは
9歳のときに初めて投稿した動画。

ひまひま≫きょうは両替機を

作ったんですね。
まず仕組みを紹介します。

自分で工作したおもちゃを
みんなに見てもらいたくて

お父さんが撮影して
投稿しました。

この動画は8万回以上
再生されています。

感じたことを大切にしてほしいと

両親が撮影機材をそろえるなど

ひまひまちゃんを
応援してきました。

お父さんは、照明やカメラなど
技術面を担当。

お母さんは企画の相談に乗ったり

話し相手として
出演することもあります。

動画は毎日投稿していますが

撮影は主に
土日にまとめて行っています。

その分、平日は
勉強に専念することが

ひまひまちゃん家族のルールです。

続いて、もう1つ質問。

動画に出ることで
ひぼう中傷されることも

あるそうですが
どう考えているのでしょうか?

動画に対しての心ないコメントも
一緒に見るという

ひまひまちゃん家族。

一方、いおり君の家族は

親が管理し、見せないように

しているといいます。

でも、動画の制作を続けて
よかったと感じることも

たくさんあるそうです。

ひまひまちゃん家族は

子どもが動画を作ることで
教育的なよさも感じています。

自分で企画を考え
カメラの前でプレゼンすることで

人前でもしっかりと

話せるようになったといいます。

小島≫今のプレゼンに関しては
私もそう思っていて

人にものを説明するのって

結構、訓練が必要なんですよね。

それを、動画を通じて
自分が伝えたいこと

どうやって分かってもらえるかな
という考える訓練という意味では

動画に限らず

将来、役に立つだろうし
頭の整理がつくからいいなと

思いました。
ただプライベートに関して

特にデジタルタトゥーと
いうことばがありますしね。

自分の私生活をどうやって
守るのか、プライバシーを

どうやって守るのか、課題ですね。
大吉≫親の協力や覚悟が

必要かなと思いますね。
りゅうちぇる≫僕も

息子がいるんですけど
息子がユーチューバーに

なりたいと言ったら
ちょっとびっくりしちゃうし

人前に出るって
いろいろ言われるから。

でも、ひまひまちゃんが
言っていたように

自立というか、自分の中で

社会の一員になれたような

しっかり者になるというのは
あるのかなと思うので

いいのかなと

やっぱり応援するなと思いますね。

松岡≫親として、いちばん身近で
気になるのがクラスの友達の

反応ですよね。

聞いてみました。よくも悪くも
当たり前になると言っていました。

クラス替えをした瞬間は

うわあと言われるけど

あっという間に

特にその後は
関係なくなるそうです。

シルクさんは子どもが動画を
あげることに関してはどうですか。

シルクロード≫好きなようにやり
たいようにやらせてあげるのかな。

やらせてあげたいと思うんですが

親ではないんですけど

すべては分かる

わけではないですが心配なことは

心配で、いろんなことを気をつけ

ながらすれば出させたほうが
いいんじゃないかなと思います。

松岡≫ネットに動画を
あげるということは

リスクとの裏表があります。
こんな事例があります。

小学校高学年の男の子ですが
自宅で動画を撮っていたところ

背景にごみ収集の
カレンダーがあった。

それで、自宅を特定されて
しまったということです。

高橋≫ごみ収集カレンダーの

デザインによってどの辺の地域に
住んでいるのか分かりますよね。

燃えるごみが何曜日かという
情報で

具体的な地区まで特定できます。

それで、自宅の特定に
つながったんだと思います。

実際に映り込んだ橋の名前から
自宅が特定された例もあります。

映り込みには
気をつけて使ってください。

松岡≫個人情報を思わぬところ
から漏れてしまうんだな

というところは
気をつけていたほうが

いいかもしれません。

今、小島さんから
デジタルタトゥーということばが

ありましたが
こんな事例もありました。

女子高校生が消したつもりに
なっていた

元彼とのキス動画が
別の動画サイトに転載されていて

それをお友達が見つけて
今の彼氏に

バラしてしまったということです。
結構、要注意なんですね。

高橋≫今、普通の動画を
あげてるだけでは

見てもらえないので
どうしても過激化しがちです。

またカップルアカウントというの
を用意してアップロードする子も

多いので

このような動画が

たくさん出ています。

ただあとで消したいと思っても
ほかの人が保存したあとは

消すことができない
ということになってしまうので

要注意かなと思います。

アクセルを踏んでしまうという
気持ちはどうですか?

シルクロード≫いろいろ
伸ばしたいとなったときに

いろいろやっちゃおうかなと
思うところはあるんですが

そこを踏みとどまると

長距離走でできるかなと思うので

ゆっくり見ていったほうが
いいかなと思います。

小島≫新しいものが登場すると
最初はやっぱり

そこに早めに参入した人って
珍しいから

すごいお金も手に入るし

知名度も手に入って、それを

見ていると、あそこに行けばああ
なれるんじゃないかと

思うんですよね。
ただ今のお子さんたちが

これから生きていく世の中は
ユーチューブが

当たり前になります。
だからユーチューブで

何をするかだと思うんです。
うちの高3と中3の息子たちは

何が助かってるって
ユーチューブで勉強を

教えてくれる人がいるので
それを見ているわけです。

その人はたぶん勉強を

教えるような
ほかに自分の専門の

知識があったり
やれることがあったり

仕事があったりして、それを

ユーチューブという動画を使って

みんなにシェアするよということ
で見てもらえるわけです。

まず何かやりたいことがあったり
自分でできることを身につけて

ユーチューブをうまく使うのが
これからなのかなと思います。

松岡≫最後に
じゃあ将来性はどうなの

というところです。

シルクロード≫アメリカとか
国外のを見ていると

全然まだまだ乗っているという

イメージなので、将来性は
大丈夫だと思います。

落ちているというのも見ないし
それこそ日本は

今からいろんなことがやるので
まだ先はあるなと思います。

大吉≫動画投稿者

クリエーターの将来性はあるけど

ライバルが増えすぎているような

芸人として売れる確率よりも。

松岡≫もっともっと

低いと思います。

シルクロードさんは人気を維持し

続ける将来性という意味では

グループでどう思っていますか。
シルクロード≫僕らは日々

毎日新しいことを考え続けてい

ます。これが止まったときは
怖いなと思うんですが

まだ全然大丈夫です。

世界に通用するためにというのが
今の目標です。

世界総再生回数9位
だったんですが

トップ5に入れるようにしたいと
思います。

企画はポンポン思いつくんですか。

山梨県10代の方から
質問がきています。

シルクロード≫メモを

取っていますがあと3年ぐらいは
大丈夫だと思います。

りゅうちぇる≫全然企画が
思い浮かばないんだけれども

華丸≫その7倍ですからね
仲間がいるわけですから。

近江≫埼玉県10代の方です。

学生ですが新型コロナウイルスの
影響で学校と部活がないので

家にいて退屈です。
フィッシャーズさんの動画も

しっかり見ていますが
時間制限もあるので限界です。

家でもできる暇つぶし方法を
教えてくださいときました。

シルクロード≫動画で部屋で
できる遊びをきょう紹介するので

それをぜひ見てください。

すぐに出しますので。

近江≫東京都9歳以下の
方からです。

きょうはみんなは何をしているの。

フィッシャーズさんのほかの

メンバーは何してるんですか?
ときています。

シルクロード≫寝ています。
華丸≫見てくれていないんだね。

近江≫12歳、もうすぐ中学生

新潟県にお住まいの方です。
どうしてフィッシャーズという

名前にしたんですか?
シルクロード≫最初の映像があれ

なんです。
川で泳いでいたから、そのまま

フィッシャーズにしました。
適当に付けた名前なんですよ。

華丸≫海水魚というのも
淡水魚なんだね。

りゅうちぇる≫シルクロードさん
の由来は?

シルクロード≫名字から取ってい
ます。絹という字が

入っているので。
近江≫兵庫県10代の方です。

動画を撮るときに、これだけは

譲れないという
フィッシャーズらしさはあります

か。
ライバルがたくさんいる中で

フィッシャーズさんらしさ。
シルクロード≫ほかのグループが

どうかは分かりませんが

自分たちでは僕らより仲がいい人
たちはいないなと思ってるので

全面に動画に出しています。
近江≫大阪府40代の方です。

うちの小学生の息子は

フィッシャーズが大好きで
毎日見ています。

だんだん私もはまって一緒に
楽しく見ています。

フィッシャーズのように安心して
子どもに見せられるものもあれば

ことばづかいや内容が子どもに
見せたくないものも

たくさんいます。
その制限が難しいです。

フィッシャーズさんの動画は

安心して見せられるときています
ね。

シルクロード≫うれしいですね。
毎回気を遣っています。

子どもに見せられるものは
大人にも見せられるという考えで

やっています。
近江≫福島県40代の方です。

7歳と4歳の息子たちは
フィッシャーズさんの動画が

大好きです。
いつも動画見ているよと

伝えたいそうです。
小さいお子さんでも


関連記事