ガッテン!「朗報!耳鳴りが劇的改善 自宅でできる新発想治療」不快な音で不眠に悩む人を密着ドキュメント!…


出典:『ガッテン!「朗報!耳鳴りが劇的改善 自宅でできる新発想治療」』の番組情報(EPGから引用)


ガッテン!「朗報!耳鳴りが劇的改善 自宅でできる新発想治療」[解][字]


しつこい「耳鳴り」が驚き改善!不快な音で不眠に悩む人を密着ドキュメント!朝までグッスリ熟睡に成功!脳に働きかける新発想治療とは!?★世界耳鳴り治療の最新情報も!


詳細情報

番組内容

突如キーンと頭の中に鳴り響く嫌~な「耳鳴り」。ひどくなると不眠やうつ症状まで。★長らく不快な音で不眠に悩む人を密着ドキュメント!ある秘策でなんと朝までグッスリ熟睡に成功!?★世界が注目する新改善法で働きかけるのは「耳」ではなく「脳」!秘けつは滝修行にあり!?★「聞く」という行為の本質に迫るユニークな実験に挑戦。すべての鍵となるのは人間には欠かせない「注意力」!★驚き!世界の耳鳴り治療の最新情報も!

出演者

【ゲスト】高橋英樹,小倉優子,山根千佳,【司会】立川志の輔,小野文惠,【語り】山寺宏一


『ガッテン!「朗報!耳鳴りが劇的改善 自宅でできる新発想治療」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ガッテン!「朗報!耳鳴りが劇的改善 自宅でできる新発想治療」不
  1. 耳鳴
  2. 高橋
  3. 山根
  4. 注意力
  5. 注意
  6. ノイズ
  7. 諏訪
  8. 先生
  9. 小倉
  10. スタッフ
  11. 坂田
  12. ノイズ音
  13. 仕掛
  14. 注目
  15. 病院
  16. ガッテン
  17. 患者
  18. 今日
  19. 治療
  20. 男性


『ガッテン!「朗報!耳鳴りが劇的改善 自宅でできる新発想治療」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





「ガッテン!」…

これまで 人間に備わった力を
最大限 発揮するべく

いろんなワザをお届けしました。

例えば…

認知症で すっかり
頑なになってしまった

こちらの女性が…。

驚きの…

秘けつは…

気持ちを癒やす
幸せホルモンが出ちゃいます。

そして ウイルスなどの外敵から身を守る
いわゆる免疫力。

グーンとアップさせる秘けつは…。

…が目安です。

今回 注目するのも 私たちに備わった
すご~い力です。

ある病気が原因で満足に眠れないという
こちらの男性。

ところが ある力を
うまく使うワザで…。

なんと…

一体 何なの~?

(拍手)
(志の輔)どうも こんばんは。

当番組…

それの第1回目でございます。
ようこそお越し下さいました。    (拍手)

それでは 26年目
第1回目のテーマですけど

それにまつわる ちょっとした
この短いVTRをご覧下さい。 まず どうぞ。

仕掛け人が 3人。

(小倉)3人も。

駅前で道に迷ったふうの男。
これが1人目。

そして後ろには 看板を持つ2人。

浅草寺? 浅草。
はい。

まずは 1人目の仕掛け人が
通りかかった人に道を尋ねます。

それでもいいんですけど…

そこへ 看板を持った仕掛け人が登場。
この2人に注目して下さい。

ほら! 道を聞く係と
看板を持つ係が…。

(高橋)代わった。
入れ代わりました。

(山根)チェンジした。
ところが…。

あれですよ この道 右…。

なんと… 気がつかないんです。

(小倉)全然…
気がつかないのかな。

次の人。
仕掛け人の顔を… 見てますね。

(山根)うん しっかり見てる。

そこで… 入れ代わります。

しかし…。
(山根)気付かないの?

こちらの女性2人組も…。

(高橋)ほんとに
分かんないもんだね~!

ご協力下さった皆さん
ありがとうございました!

(高橋)わからないもんなんだね~。

髪の形も 着ているものも違いますもんね。

声も違うんですよ。
そうですよね。

面白いでしょ。
え… これ 十何人やったんだよね。

やって…。

(山根)え~ 半分以上?
(高橋)はぁ~…。

ということで 今日の注目すべき力は
人間の持っている中の これです。

(山根 小倉)注意力…?

あ~ 注意力ね。

そうですね。 何か例えば 車が来たら

あぁ 危ないぞと思ったりするのが
注意力ですね。

注意力っちゅうことですよね。

簡単に言って…

そりゃそうですよね。
はい。

私…

うん! うん!

こことここが すごいもめてたって
いうのを 全然気付かなくて

でも みんな気付いてたとかあって
「え~!」って。

はははぁ~。

あぁ~。 いつもいつも
注意力 注意力だって言われたんじゃあ

たまったもんじゃないと。

もう クタクタになっちゃうだろうし
ということなんでしょうが

なんと 注意力がありすぎると というか…

…方がいらっしゃるんです。

えぇ~?

はい。
(スタッフ)こんにちは。
よろしくお願いします。

愛知県に住む…

諏訪さんは
注意力のせいで苦しんでいる一人。

ある病気に悩んでいます。

話している この瞬間にも
不快な音が聞こえているそうです。

(山根)えぇ?

ガラスをひっかいたような
「キーッ」という音が大音量で。

しかも 四六時中 聞こえるというんです。

読書家の諏訪さん 読みたい本があっても
耳鳴りで全く手につきません。

(高橋)あ~ そりゃそうだね。

ひどい時は 家に籠もりっきり。
ただただ耳鳴りに耐えるだけの日々に。

1日で最もつらいのが 夜 寝る時です。

もぞもぞ もぞもぞ。

なかなか寝つけないようです。

たまらず起き上がってしまいました。

寝つきが悪いせいか
いつも睡眠が浅いといいます。

寝て起きては苦しむ。
それを なんと5回も。

(山根)5回… きつい。

朝まで熟睡できる日は
今や一日もないそうです。

(高橋)大変だね。

これは大変。

でも耳鳴りと注意力って
一体どういう関係が?

耳鳴りの原因が分からず
苦しみ続けた人もいます。

5年前から耳鳴りに悩む…

耳鼻科に駆け込むと 「耳鳴り」との診断が。

処方された薬を4か月のみ続けましたが
症状は一向に改善しません。

苦しみから抜け出したい。

その一心で 10軒以上の病院を
転々としました。

脳に問題があるのではないかと
調べてもらいますが…

とにかく…

はぁ~…。

お父さん お母さんの友達
お知り合いには いない?

いなくて なんか…

(山根)あれ?
(笑い)

近くに… 近くにお化けがいるから
なんか耳鳴りがするんだとか言って

すぐ治ったりっていうか 治まったりとか。

私はありませんが…

10か所も病院に行かれて
お二人目の村田さんなんかは

いろんな所へ行かれてるわけですよ。

全部 診てもらってるんですね きっと。
それでも…。

分からない。
治らない 分からない。

(山根)えぇ~?

とりあえず代表して
今回 VTRにご紹介いたしました…。

諏訪さんとおっしゃいます。
諏訪さんに…

…というので描いて頂きました。

御年 60歳でございます。

「私の耳鳴りの感じは こういう絵です」。

(山根)うわぁ…。

はぁ~…。

これが 時々浮かんでくる
やりたいことだったり

こちらは 今日やらなきゃって
思うことなんですって。

その…

…と おっしゃってました。

はぁ~。

それでは この諏訪さんに
今日のテーマであります

「注意力」というものに注目をして頂いて
やって頂きました結果が…。

今日は ガッテンボーイ 宮森くんです。

こうなりました。

(高橋)えっ?
(山根)えぇ~!?

同じ諏訪さんが お描きになった絵です。

(高橋)でも ちょっと
「キーン」っていう音は入ってますけどね。

音はするんですって。

(山根)でも表情が…。
(高橋)全然絵が違いますよね。

晴れてますよね。
はい。

耳鳴りが遠くのほうへ行き 量も減り

表情も変わったという。

薬を使ったとか… では全くなく?

じゃなくて。
えぇ~?

今 日本で 病院に行くほど
耳鳴りに苦しむ人は およそ300万人。

ひどい症状が3か月以上続くと…

以前は 耳の病気とばかり
考えられてきた 耳鳴り。

最新研究から 人の持つ「注意力」が

重要なカギであることが
分かってきました。

…も登場。 症状が大幅に改善した患者が
世界中で続出しているんです。

その動きは 今や日本にも!

気になる続きは スタジオで!

注意力は ないと困るものだから
みんな持ってる。

その持ってる注意力 これとこれ…

…ということを
誰が教えてくれたのかといったら

これでございます。 どうぞ。

出ました。

2019年 去年5月に日本で初めて出ました
耳鳴りに関するガイドライン

診療や治療 こうするといいですよ
というようなことが

やっと初めて
一冊の本に まとめられたんです。

ですので
ほんとに「耳鳴り」というジャンルは

今ようやく いろんなことが分かって
まとめられ始めたところです。

この本には これが書いてあったんだ
ということを皆様にご紹介いたします。

私どもが これを ひと言にいたしました。

はい 発表します。

日本で初めて出た 耳鳴りガイドライン
ひと言で要約すると…

(高橋)いや~…。
(山根 小倉)ん~?

(山根)これって… 気になるから気になる
っていうふうに捉えられるんですけど

だから…

そういう意味にとられましたか。
(山根)はい。

私も 実は 腰痛持ちだった時に 先生に…

え… 痛いと思ったら それ錯覚…?

(高橋)「痛い。 あっ それは
痛いと思ってる錯覚ですよ」と。

「ほんとは痛くなんかないですよ」。

痛くない 痛くない…

えっ?
…という経緯がありまして。 もちろん…

その錯覚だとか何とかって
おっしゃるほうは いいですけど

それを受け止められた高橋さんも
すごいですよね。

はい。
だって あれだね…

(笑い)

耳鳴りに注意が向くから耳鳴りだ。

ここに「注意」が入っております。
…いうことで

「注意」の実験をやらせて頂きました。

耳の持つ不思議な注意力 ご覧下さい。

実験の舞台は こちらのカフェ。

なかなかのにぎわいですね。

実は 今いるお客さん
み~んな 実験の仕掛け人なんです。

(小倉)すごい 大がかりな。

そこにやって来た 男性2人組。
彼らが被験者です。

2人は 役者の卵。

今日は 事前の打ち合わせだけだと
伝えてあります。

そこを…

実験の肝は 後ろの席に座る女性たち。

大きな声で
ずっと しゃべり続けてもらいます。

かなり耳障りなはずですが…

ちゃんとスタッフの話に
聞き入っている様子。

ところが しばらくすると変化が。

左の男性にご注目。

何だか にやけだしてません?

ん~? 後ろが気になるみたい。

実は 仕掛け人たち この時
あえて ある話題を始めていたんです。

それは…。

そう アニメ映画の話題です。

実は 左の男性 大のアニメ好き。

その後も…。

もう気になって しかたがない様子。

と ここで…

話を聞いてみると…。

ちょっとちょっと! スタッフの説明より
後ろに夢中じゃないですか!

一方 アニメに興味のない
こちらの男性は…。

ああ なんか… あれですよね…

同じ席でも 注意が向くかどうかで
聞こえ方は全然違うんですね。

あぁ~!

ああ そういうことでしょうね。

あれ 分かりました? キーワード…。

彼が気になっていた
「前前前世」から始まって…。

はい アニメ「君の名は。」の
話題だったんです。

例えば そば屋さん行こうが 何行こうが
やっぱり

「あ 高橋さんだ」 「高橋さんだ」
「高橋さんだ」ってなれば

それはもちろん 耳には入りますよね。
耳に入りますよね。

気になりますからね。
やっぱり それは気になりますよね。

うん うん うん。
(高橋)そうなんですよね。

それで一番あれなのが 自分の…

城の話題なんかで…

(笑い)

その我慢が…。
あ~ 分かります 分かります。

やっぱり 今
高橋さんも言われましたけど…

それから…

それが気になったら気になる!
っていうのが

人間なんだっていうことなんですよ。

でも この…

…ことなんだ ということを

はい ちょっとご覧頂きましょうか。

耳鳴りを感じる。 すると

そこに注意が向く。
はい。

すると それを苦痛に感じる。
はい。

すると そこに
注意が更に向く。

あぁ~。
すると

耳鳴りが強く感じられる。

これの ず~っと…
(高橋)繰り返してる。

悪循環。         …なんだっていうことが
ガイドラインで。

(高橋)最初は こんなもんだったんだ。
(山根)ちっちゃかったんだ。

諏訪さんも 耳鳴り自体が
最初に感じられたのは 20代の頃からで。

でも ほんとに 「わ~ 苦しい」って
なったのは 59歳の時。

耳の注意力
皆さんにも体感してもらいましょう。

ちょっと周囲の音に耳を傾けて下さい。

(ファンの作動音)

ね?
はい。

そうですね。 何か電気のものが
動いている音が

遠くで鳴っています。
鳴っていますね。

聞こえたままですもん。

片方で ずっと
あのファンを意識しながら…。

そっか。
ピー… って聞こえますね。

注意力がすごすぎて というか
注意力がありすぎて というか…。

そうなんでしょうね。

ある音に一度注意を向けると その後も
気になってしまうのは なぜなのか。

あ~ どうも。
こんにちは。
こんにちは 先生。

こちら 聴覚のメカニズムを研究する…

つまりは こういうこと。

耳に届く音の中には
身に迫る危険を知らせるものが。

(クラクション)

次に似た音が聞こえた時 注意を向けて
しっかり聞き取ろうとするんです。
(クラクション)

その過程で そういう…

人類進化の過程で
我が身を守るために備わった注意力。

その力が 耳鳴りでは災いになることが。

耳鳴りと注意力の関係を明らかにした
研究が 3年前に発表されました。

こんにちは よろしく。

その研究で注目したのは こちら。

脳の…

(クラクション)
危険な音を察知すると 脳は…

そして 危険が過ぎ去ると…

この注意の切り替えに
深く関わっているのが…

そこでMRIを使って 安静な状態における
耳鳴り患者の脳活動を調べました。

結果がこちら。
まずは 耳鳴りがない人の場合。

安静にしているため
注意力は ほとんど働いていません。

次に 耳鳴りがあっても
症状が軽いグループ。

こちらも 注意力は
ほとんど働いていません。

では 慢性的な耳鳴りに悩む人は…。

違いは歴然。
注意力は過剰に働いたまま。

切り替えが
うまく できなくなっていたんです。

敵は 注意力にあり!

このあと いよいよ
諏訪さんの…

さあ 注意が向かないようにするには
どうしたらいいかを

教えて頂けますでしょうか。
(山根)う~ん? 注意が…。

でも これだと ほんとに…

ずっと しゃべってるわけにもいかないし
ずっと何かを見てるわけにもいかないし。

それを…

これは 難しいですね。
これは難しいですね。

そうなんです。 諏訪さん 以前
病院で言われた ある言葉に

ショックを受けたことがあるんです。

でも それは もう… う~んとね…

あ 無理って…

う~ん。
(高橋)できないですよね。

注意するな… って ねえ。

(小倉)だって苦しいんですもんね。
気にするのは ほんとによく分かる。

気にするなって言われても気になるよ
っていうのは それがねえ 病だし。

実際に苦しんでらっしゃる方々に

番組でアンケートをさせて頂きまして

耳鳴りに悩む人が
「言われてつらかった言葉」

挙げて頂きました。

まず第3位から。

(高橋)慣れないから来てるのにね 病院に。
そうなんですよね。

そして 第1位は…

(高橋)はぁ~…。

大ざっぱに言ってるつもりじゃ
ないんですよ 言うほうは きっと。

「そのうち慣れるよ。 大変だけど
頑張りなさいよ」っていうのが

ちゃんと前後にあるんだけど
やっぱり 「それ言われても…」という。

なんか… ないかね?

なんか こう
注意が向かないようにする方法。

苦しくて苦しくて
しかたがないんですもんね~。

実は ガイドラインの中に
いろいろ書いてありました中から

ピックアップをして 諏訪さんに

やって頂くことが
1つ見つかったんですけど

それは何だと思いますか?
(山根 高橋)えぇ~?

そうですね。

隣に 奥様いらっしゃったじゃないですか。

あっ 手をつないで寝た。 あぁ~。
(小倉)あら すてき。

(笑い)

はい はい はい はい はい!

そこまでは合ってます。

(笑い)

今 はっきり言えることは…

(笑い)
いや いいんですけど。
話 どこまで いったんでしたっけ?

(高橋)静かだからこそ
できないってことは 何かの音を逆に…。

はい。 はい。 じゃあ先に VTRの前に…

はい。
どうぞ。

(ノイズのような音)

(ノイズのような音)        うん?

(笑い)
ザーのやつ。                 ザー。

この音です! ポイントは この音です。
(山根)えぇ~?

この音をどうしたのか ご覧頂きましょう。

耳鳴りで まともに眠れないという
諏訪さんを 再び訪ねました。

今回 「ガッテン!」スタッフが
諏訪さんにしたお願い。

それが…。

(ノイズのような音)

確かに 雑音にしか聞こえませんよね。

このことを家族にもお伝えすると…。

(スタッフ)
この音を やって頂こうと思ってるんです。

うわあ!

それはそれで またつらいな 俺が。

(笑い声)

さあ 寝る時間です。

(ノイズのような音)

で 耳鳴りはどうですか?

え~? それで大丈夫?

康恵さん どうですか?

(ノイズのような音)

さあ 無事に眠れるんでしょうか。
(ノイズのような音)

(ノイズのような音)

(山根)おっ?
(ノイズのような音)

(ノイズのような音)

あれれ 諏訪さん起きちゃいました。
(ノイズのような音)

やっぱり そう簡単にはいかないかぁ…。
(ノイズのような音)

(ノイズのような音)

ところが…。
(ノイズのような音)

(ノイズのような音)

その後は 朝までぐっすり!

(小倉)あっ 7時間以上!
(高橋)え~ 初めてじゃない?

(さえずり)

おはようございます。 失礼しま~す。

寝起きの諏訪さんを突撃!

はい おはようございます。

(スタッフ)
朝からすいません。 失礼いたします。

あ はい。 どうぞ。

どうですか?
あ~ あのね…

(山根)あ~ よかった~。

(スタッフ)ほんとですか。

その効果には 妻の康恵さんも驚き。

いや いびきは…。

えぇ~?
(山根)あの音で? えぇ~?

なぜ あの音が聞こえてきたら
眠れるのかっていう。

この音は 先ほど
テレビが 放送が終了した状態とか

お子さんに言わせると
「テレビが壊れた状態」

ということなんですが 実は…

よろしくお願いします!
≪はい 結構です!

はい そうです。

(山根)この音なの~?

えい! えい! えい! えい!

はい というわけで…

(山根)え~ 知らなかったな~。

そっか 滝の音だったんだ。
そうなんです。

これ 冷静に考えると これ別に…

(笑い)

音だけ録ればよかったのに
なぜ滝に打たれていたんでしょうか。

意味が よく分から…。

(笑い)

どうして この
やかましいとさえ思える この音が

耳鳴りとの関係って どうなのかを
先生をお迎えして解明して頂きましょう。

福岡大学 耳鼻咽喉科学 教授
坂田俊文先生です。 ようこそ。

(拍手)

どうも ようこそお越し下さいました。
よろしくお願いいたします。

まず 今の…

まず お話し頂けますか。

ですので 耳鳴りの方って
いろんな音の耳鳴りがしてるんですけど…

…っていうことは言えると思いますね。

はぁ~! だから雑音のほうが
効果 意味があるっちゅう…。

ただ…

え どうしてですか?

あっ! あぁ 止めると…。

中には ラジオの音で救われた人もいます。

(ラジオの局間ノイズ)

周波数を合わせる途中に聞こえる
ノイズです。

都内に住む…

5年近く悩み続けていた耳鳴りが
ふと ラジオのノイズを聞いた時に

和らいだというんです。

そんな経験を伝えたいと
鈴木さんが作った曲が こちら。

ポイントは 曲の背景で
うっすらと聞こえるノイズ音です。

♬~

耳鳴りの苦しみが少しでも和らぐ
きっかけになればと 願いを込めました。

こうした雑音が
なぜ耳鳴りに効果的なのか。

音の専門家に分析してもらいました。

指摘されたのは…

フラット。 つまり…

これが重要なんだそうです。

耳鳴りの音は 人それぞれ。

高音の人や低音の人 中には複数の音が
入り交じっている人もいます。

そこで 滝の音。

これなら いろんな耳鳴りの音が
ほどよく隠れます。

耳鳴りが聞こえたとしても
ごく僅か。

こうして 耳鳴りに
注意が向きにくくすることこそ

この治療の神髄なんです。

…ということをお伺いいたしましたが。

はい こちらです。
それが…。

これですか。
(坂田)そうですね。

サウンドジェネレーターといいますが。

(坂田)補聴器と同じようなものなので
形はですね。 これを耳に掛けます。

今 私が 聞こえておりますのは
(ノイズ音)

これで今 マイクのほうに近づけますけど。
(ノイズ音)

(坂田)はい そういう音ですね。
(山根)ほんとだ。

これを耳の中に入れるそうです。
この音を…。

あ もう ここら辺でも聞こえますね。
聞こえますよね。  (ノイズ音)

今 それは音量を大きくしてありますから
それは その人その人によって…。

(高橋)
ああ さっきのとよく似ている音ですね。
(ノイズ音)

(ノイズ音)
(高橋)へえ~ それをずっとつけてる。

あぁ~。

病気によっては
ほんとに消えるのもあるんですけど。

ゼロになると思って 生活していては
いけないってことなんですか?

皆さん そこを期待して来られるんですね。
お気持ちは よく分かるんですよ。

だけど それは なかなか難しいんですね。

そうか。
(坂田)でも 反対に…

だから初めに
こういうものを使って頂いて

少し 耳鳴りに
つきあいやすくして頂くんですね。

先生 他にも耳鳴りから
注意を外す方法ってあるんでしょうか?

まあ あの 何かに耳鳴りから
とにかく注意を外す練習をしようと。

そのためには何をしてもいいんだよ
ということから お話しするんですけど

具体的に どうしたらいいっていうのは
やっぱり患者様は 分かりませんので

一つ一つ ご説明して こんなこともある
こんなこともある というふうにして

きっかけ作りをする
というふうにしていますね。

先生がですね 治療をなさる時に
患者さんと会話されているんですが

その中で…

それをちょっとご覧頂きます。

こちら 澤奥泰子さん。
半年前から先生の治療を受け

次第に耳鳴りから注意の外れる時間が
増えてきたそうです。

やはり QOLの悪い方
悩みのすごく強い方は…

それを少しでも ほぐしていって…

最初は 皆さん
そうは考えられないんですよ。

でも それを時間をかけながら
そういうふうに

気持ちを持っていけるようにして頂ければ
いいのかなと思うんですね。

先生が たくさんの患者さんと
お話をされました。

どうぞ どうぞ。
ちょっとお待ち下さい。

耳鳴りから注意をそらせた例
ということなんですが。

これは 患者さんが実際に
おっしゃったりしたことですか?

(坂田)そうですね。

囲碁 将棋なんか ずっと そうですよね。
(山根)う~ん 考える。

次の一手は何かとかって考えてる時に

耳鳴りは聞こえてこなくなる
という時間を 多く持とうと。

(坂田)これ 実際に…

いや 先生 私…

(笑い)

(坂田)そうですね そっちに集中をする。

要は…

そうしないと 耳鳴りひどい方は やっぱり
読書も なかなか集中できないので

じゃあ とりあえず声に出して読めば
それはできるでしょう ということで。

(笑い)

これ ヨガですけど
ヨガは無言… わりと無言でやる…。

音がいろいろ
聞こえてきそうですけど。

何か他のことに
脳を集中させればいいんですね。

ああ そうか そうか。 音を立てるとか
音を聞くっていうことだけじゃないんだ。

写経など そうですね。

(笑い)

ほんとに分かりやすく
教えて頂きました。

どうも ほんとに
ありがとうございました。

(拍手)

ということでございます。

耳鳴りが少しでも楽になっていく方法は

耳鳴りから注意をそらす
ということなんだそうでございます。

そうすると 諏訪さんの…。

全くないではないんです。
ここにはありますが

先生のおっしゃった 「よいつきあい」が
できているそうでございます。

ガッテンして頂けましたでしょうか?

ガッテン!

世界の最新耳鳴り治療事情。
こちらは…

ここでは 耳鳴りから注意を外す

あるトレーニングが
行われているというんですが…。

あれ? 皆さん お昼寝中?

実は これ…

めい想を取り入れた治療法。

注意を向ける先は 自分の体自身。

呼吸に合わせて動く鼻や胸などに
意識を向けます。

これが 耳鳴りから注意を外す
きっかけになるんですって。

日本でも新しい取り組みが。

こちらの病院で行っているのが…。

5年ほど前から開催しています。

耳鳴りの原因や
音を大きく感じるメカニズムなど

まずは 耳鳴りを知ることが
治療の第一歩なんだそうです。

ここで勧めているのが
滝など自然の音を使った…

耳鳴りが聞こえても 苦痛を感じない
環境を作るのが 大事なんだそうです。

先生 その秘けつは?

ポイントその1。

音に包まれるような環境ができて
より効果的なんですって。

ポイントその2。

波など音量に変化がある音では
苦痛がとれない可能性があります。

音源は…

最後に 1つだけ注意点。

医師に相談
してみて下さい。

ということで
次回も…。

(一同)ガッテン!

バイバーイ!
バイバーイ!


関連記事