にっぽん ぐるり とちスペ「U字工事のこれってとちぎだけ!?ツアー」栃木県民の日にちなんで栃木出身のU字工事が…


出典:『にっぽん ぐるり とちスペ「U字工事のこれってとちぎだけ!?ツアー」』の番組情報(EPGから引用)


にっぽん ぐるり とちスペ「U字工事のこれってとちぎだけ!?ツアー」[字]


栃木県民の日にちなんで栃木出身のU字工事が「これって栃木だけ!?」をテーマにしたツアーを企画。他県出身の井森美幸、磯山さやかに栃木のスポットを案内する。


番組内容

栃木県民の日にちなんで、栃木県出身のU字工事が特別なツアーを企画!テーマは「これって栃木だけ!?」。栃木県民が全国共通だと思っていたけど、実は「これって栃木だけ!?」な話題や、世界広しと言えども「これって栃木だけ!?」なオンリーワンのスポットをまわる。ゲストの井森美幸(群馬県出身)、磯山さやか(茨城県出身)がU字工事の案内で、栃木でしか味わえないことを体験し栃木の魅力にふれる。

出演者

【出演】U字工事,井森美幸,磯山さやか


『にっぽん ぐるり とちスペ「U字工事のこれってとちぎだけ!?ツアー」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

にっぽん ぐるり とちスペ「U字工事のこれってとちぎだけ!?ツアー
  1. 磯山
  2. 井森
  3. 加藤
  4. 県民
  5. 栃木
  6. 鈴木
  7. 社長
  8. アイス
  9. ピラルクー
  10. 那珂川
  11. スポット
  12. 茨城
  13. 水族館
  14. 体験
  15. 大谷石
  16. 特別
  17. インスタ映
  18. スイーツ
  19. 給食
  20. 群馬


『にっぽん ぐるり とちスペ「U字工事のこれってとちぎだけ!?ツアー」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





北関東最大の都市
宇都宮にやって来ました~!

(2人)イェーイ!

すごいね 大都会で。
人の往来がね すごいね もう。

もう 新宿かと思ったよ これ。

(井森)ちょっと ちょっと。
あれ! ちょっと ちょっと。

あれ? えっ?

「何か」ってね 仕事ですから 今日は。

今回ですね 「これって とちぎだけ!?」
っていう特別なスポットを

我々がご案内しますんで
一日 楽しんでって下さいね。

おっ あるんですか?
あります。 まず これがそうです。

(磯山)これがうわさの餃子像だ。
そうです。 見たの初めてですか?

(井森)いや 私ね
20年ぐらい前に見たことあるんだけど。

随分 前ですね。
(磯山)いつの時代。

そういうスポットご案内しますんで
行ってみましょうか。

お願いしま~す。
行きましょう。

「とちスペ」 今回は
県民の日スペシャル!

6月15日の
栃木県民の日に合わせて

U字工事が
バスツアーを企画。

インスタ映え インスタ映え!
インスタ映え インスタ映え!

参加するのは
群馬県出身の井森美幸さんと

茨城県出身の磯山さやかさん。

2人のゲストと さまざまな
「これって とちぎだけ!?」の

話題やスポットを見ていきます。

どんな「とちぎだけ!?」が
堪能できるのでしょうか。

私たち どうにかなりそう。

出発進行!

では この移動中にですね 栃木県に関する
データを見てほしいんですけども。

フリップがあるんですから。
ちゃんと見ましたよ 私 今ね。

フリップぐらい あるだろ。
早く見せてよ。

北関東3県のライバル意識調査。

どういうふうに見んだい これは。

ちょっと 益子さん!

これは どれくらいの県民が
互いの県をライバルと思っているかを

表した数字ですよ。

これを見ると 栃木は
群馬からも茨城からも

ライバル視されていますね。

ここは やっぱ いったん…。
ちょっと離れてるから。

やっぱ 隣県っていうとさ 隣だもんね。
隣ですもんね。

やっぱり バチバチくるじゃない。

そこは ほら 群馬 抜けちゃってるからさ。
抜けてるってことなんですかね。

(井森)なまり あんまないもん。

調子いい! 斜め上から見られてる感じ。

そうですよ。 あんまり見てませんよ 我々。

世界遺産 持ってるじゃない お互い。
ああ~。

その辺でさ やっぱり ちょっと
ライバル視しちゃうのよ。

富岡製糸場が。
そうそうそう。 日光東照宮でしょ?

それだけは勘弁して下さい。
怒られる 怒られる。

茨城 なんか ないんですかね
世界遺産になりそうなもの。

でも 世界一とか… 牛久大仏の
世界一のギネスとかはありますし。

牛久大仏は なんないのかな
世界遺産に。

茨城 頑張ってくれたら 我々もうちょっと
ライバル視してもいいかなと…。

一番嫌なイジリしてるよ。

(井森)福ちゃんさ 何…。
井森さん 唾が飛びました。

ここは進行があるんじゃないんですよ。
我々は ないっすよ。

さあ 到着しましたね。
ああ~ 着きましたよ。

何ここ?
ここはですね…

バスツアー最初のポイントは
那珂川のほとりにたたずむ水族館…

果たして ここには どんな
「とちぎだけ!?」があるのでしょうか。

見て下さい これ。
(磯山)すごい!

よく見ると…。
気付きます?

早かったね 答え出すのが。

早速 「とちぎだけ!?」なものを発見!

那珂川の名物 鮎に引っかけた「鮎のぼり」。

更に よく見てみると
鮎でも鯉でもない魚ののぼりも。

この魚 皆さんは分かりますか?

(磯山)何ですか?

ああ 惜しい 惜しい!

違う違う ウロコありますから。
何だっけ アグエナみたいな…。

知らない 知らない。

あっ そうなの?
そうですよ。

鮎にピラルクー。

いずれも この水族館の人気者なんですよ。

早速 飼育員の加藤さんと館内へ。

すごい!
(磯山)いやっ 行列! すごい行列!

まず目に飛び込んできたのは
那珂川の魚たち。

実は ここ なかがわ水遊園は

全国でも珍しい
淡水魚に特化した水族館なんです。

(加藤)那珂川で有名な鮎ですとか
よくお名前聞く オイカワとか…。

童心にかえりますね。

なかなか ああいうとこに
おじさんがいるって…。

(加藤)今ちょっと なんか
木を切ってくれていますね。

あれは栃木ならではですね。
庭師のおじさんもね やってくれてる。

いいよね なんか ほのぼのとしてて。
いいですね。

(磯山)う~わ! う~わ!
でけえ!

水槽は 那珂川の上流 中流 下流と
場所ごとに分けられています。

こちらは 下流に生息する鯉。

(井森)すごい迫力!

なじみありますね~。
錦鯉ってさ

都会に出てきてから 初めて見たもんね。
お金持ちな感じですよね。

(井森)よく食べる! 食べた 私も食べた。
「鯉こく」とか おみそ汁っぽいやつ。

卵があった… 煮つけでぶつ切りにして。

お父さんとかがさ 二日酔いの朝にさ
肝食べたりとかしなかった?

それはレベル高い。

鯉の肝ね。
肝。

さすが群馬もすごいですね。
すごいなぁ。

那珂川の魚を見たあとは

この水族館の人気エリア
アマゾンエリアへ。

なんでも 世界の大河の一つ
アマゾン川のことを

栃木の子供たちに知ってほしいと
つくられたのだそうです。

(井森)いいじゃん! ねえ!

(井森)うわっ 見て!
(磯山)あれ いた!

これ?
(加藤)そうですね これピラルクーですね。

出ました!
なかがわ水遊園の人気者 ピラルクー。

体長3mを超える
世界最大級の淡水魚です。

この日は 特別に
えさやりを見せてもらいました。

(磯山)ああ~ 魚じゃん!

(井森)魚じゃん! これ?

(加藤)はい これをあげていますね。
イワナ? マス! マス!

(加藤)はい 正解ですね。

(磯山)そっちもいるって
そっちもいるって。 ねえ ほら!

(加藤)食べますかね。
来た!

あれ?

(加藤)
あんま おなかがすいてないのかも…。

(磯山)あの子が食べた。

ピラちゃん ほら おいで そこからおいで。
ここだよ ピラちゃん おいで。

ピラルクー 食べろ!
ピラちゃん おいで!

(加藤)来ました 来ました
あの子は食べるかな。 (磯山)あっ いく?

(歓声)

すると 最初に見たピラルクーが…。

(磯山)無理だって 無理だって
エイ 無理だって。

これはこれで すごい。

食べようとしてる。 ほら
連れてきちゃった 連れてきちゃった。

ほら!

まさかのエイの横取りシーンまで
目撃できて 大満足の4人。

最後に アマゾンの熱帯雨林を
再現したコーナーへ。

ここでは 魚だけでなく
カピバラやイグアナなど

アマゾンの動物たちも飼育されています。

ちなみに 先ほどの水槽では

運が良ければ 泳ぐカピバラも見られます。

ピラルクーとの共演は

ここ なかがわ水遊園だけの
目玉となっています。

ビックリした!
何!?

(加藤)はい そちらに入ってますので。
でっかいのがいるの!

磯山さんが発見したのは
アマゾンなどに生息する…

(加藤)
大丈夫です このくらいの高さなら…。

触れるんですか?

いやいや ダメ! うわ~ すっげえ!

触れるんだ。
(加藤)はい 全然。

毒とか ないんですね?
はい 毒とかは全くないので。

よければ…。
磯山さん すげえ。

いやぁ かわいい! かわいい。
さすが茨城の人。

(加藤)結構ぶよぶよなので
かわいいかなと思います。

(磯山)あなた かわいいね。

栃木の誇る淡水魚の水族館
皆さん いかがでしたか?

いや よかったよ なんか。

(井森)お魚いっぱい見れて よかった。

磯山さん いかがですか?
いや でも 楽しかったですね。

川魚も見られますので。

なかなか ないんでね。

楽しんで頂けて よかったですね。
すごい楽しかった!

加藤さん 今日はありがとうございました。
こちらこそ ありがとうございました。

(井森)楽しかったです。
ありがとうございました。

そろそろ 小腹がすいてきた頃。

続いて 一行は 「とちぎだけ!?」の
スイーツを食べに行くようです。

(井森)どこだ? どこだ?
暑いわ 暑い暑い!

(井森)あっ いや~ いい天気だ。

やって来たのは
さくら市にあるお店。

「とちぎだけ!?」の
スイーツを

3代 50年にわたって
作り続けてきた老舗です。

(磯山)えっ なになに?
わっ わっ! レインボー!

いいね いいね!

(磯山)すご~い!
え~! 見て! これ きれい。

栃木だけで売られている
虹色のアイスクリーム。

お祭りや運動会の屋台で
見たことありませんか?

地域によって呼び方は違いますが

こちらでは 「レインボーアイス」という
名前で販売されています。

(井森)アイスクリームっていうよりは。

いいですね。
くどくないですよね。

いいね。

メロンだな この緑は。
(井森)あっ 黄色 バナナ。

バナナっすか!
バナナ。

(磯山)白いの ないです。
手前の白?

(井森)白 分かる? これ。
白ある?

磯山さん ベロで練り込ませたんじゃ…。
これか。

ほら~!
そりゃそうですね。

(磯山)レインボー殺し
レインボー殺し。
違う…。

ちなみに 色と味は こんな感じ。

実は 30年ほど前までは

シンプルな1色のアイスを
販売していたといいます。

ほんと。
この辺ですよ これ。

気に入りました?
おいしい おいしい!

ちなみに このお二人

右は社長の妹さん
左が社長の奥さんで 義理の姉妹。

すると 福田さん
どうしても気になることがあったようで。

いや いいだろ。 仲いいですよ。

ちょっと 妹の方が強いです。

あっ そうですか。
なんか ありそうですね。

何聞いてんだよ。
仲いいんだから。

大人だから いい距離感をもちながら
仲いいんですよね?
それが一番。

栃木ならではのレインボーアイス
いかがでしたか?

おいしかった。
よかった 喜んでもらえて。

さっぱりしましたね。
後味いいですもんね 今も。

えっ 嘘!?

だから 県民の日に

千葉にあるテーマパークが安くなるから
みんなで行って。

そうすると 茨城県民 近所の人に
いっぱい会う みたいな感じでしたよ。

皆さん 知っていました?

実は 関東地方のほとんどの県では
県民の日には 学校が休みになるんです。

一方の栃木。

学校が休みにならない代わり
といってはなんですが

給食で オリジナルスイーツを
楽しむことができるんです。

えっ なになに? アイス?
アイスクリーム?

アイスは さっき… さすがに
アイス アイスは もってこないですよ。

「県民の日 6月15日」。
あっ ほんとだ。 軽いよ。

わりと ここ20年ぐらいらしいんで
僕らの給食の時も これなかったんですよ。

俺らが上京したあとですね。
じゃ 最近なんだ。

こちらが そのスイーツ。 通称…

食を通じて
県民の日を知ってもらおうと

30年ほど前に
学校給食関係者が考案したものです。

今では 毎年 県内の15万人近い子供たちが
食べています。

果肉入ってる うめえ。
このクリームも合うね。

合う。
生クリーム。

貴重なゼリーで。
量 少ねえって
言ってるみてえな…。

ありがたく食べるよね
この量。

いや おいしいから…。

これを給食の日に 今 食べてるの?

6月15日の県民の日の給食に
必ず出るゼリーなんですよ。

へえ~。
なんでですか?

やっぱり 県民の日なんで
栃木県の味じゃないですか とちおとめ。

あと こういうパッケージには
きちっと こう 「県民の日」。

教育の一つじゃないですか。
食べながら学べるというね。 すばらしい。

ならではの味。
確かに。

アイスにゼリー 「とちぎだけ!?」の
スイーツを堪能した4人は

いよいよ 最後のポイントへと向かいます。

さあ 続いてはですね…

いいですね 空間ね~。
特別なもの。

やって来たのは
宇都宮市大谷地区。

ここで見られる「とちぎだけ!?」の
ものといえば…。

そう 県民おなじみの
あの石です!

館長の鈴木さんに
案内してもらったのは…。

(鈴木)こっから ど~んとね
石切り場です。     (井森)ほんとだ。

神秘的じゃないですか。
神秘的じゃないですか これ。

(鈴木)そうです そうです。
(井森)すごい!

火に強く 加工しやすいため

古くから建材として使われてきた
こちらの石。

その名は 大谷石。

まさに 「とちぎだけ!?」の名産品です。

ちなみに 4人が訪ねたこの施設は

昭和61年まで 実際に
採石場として使われていました。

茶色いのが。

(鈴木)そうですね。

温度がだいぶ変わるんですね。

長時間いると 結構寒いですね。

地下は一年を通じて 10度以下に保たれ
この時期は とても ひ~んやり。

嘘かい! 言います? その嘘。

要所要所にギャグをねじ込んでくる
鈴木館長。

体感温度が更に低下する中
やって来たのは

6月限定で公開中の「教会ゾーン」です。

(鈴木)特別公開中ですから。

(鈴木)これは大変です。 もうね

ぐらぐら揺れて
夏はツルツル滑りますからね

危ないんですけどね。

(鈴木)出ましたね。

(笑い声)

なぜか他人のギャグには厳しい鈴木館長。

ならばと 福田さんも…。

(鈴木)ああ そういうことですね。

そのせいで? 我々のせいで?
更に寒くなってきたね。

面白い。 さすが館長。

どうにかなる前に 施設を出た4人。

近くに 大谷石に関する
特別なスポットがあるということで

訪ねることにしました。

ほんと いいよね
こう のんびりしてる感じが。

そうですね。
大谷石がいっぱいありますね。

人がいました。
(4人)こんにちは~。

迎えてくれたのは
ここの施設の所長 高橋さんと

地元でガイドをしている
青木さんのお二人。

実は ここは稼働中の採石場。

観光客向けに 大谷石に関する
さまざまな体験ができるツアーを

この4月から始めたばかりなんです。

ああ~ やってる やってる!
職人さん 職人さん いる。

(磯山)ああ~ やってる やってる!
かっけぇ~ タンクトップで。

うわ~ 今やってんだ これ。
こんにちは。

見せてもらったのは 石の切り出し作業。

まずは この機械で
石に切れ目を入れていきます。

刃をどこまで入れるかなど
微妙な操作を手作業で行います。

次に その切れ目に金具を差し込み
ハンマーでたたくと…。

かっこいい!
(井森)動いた!

すごい!
かっけぇ!

この石を切り出す作業を
今回 特別に益子さんが体験!

マジで?
(井森)やっぱり男子ですね。

いきます。

(磯山)ちょっと!
大事な商品…。

(磯山)気をつけて!

(井森)何それ。 そこまでは
ワンセットになってます みたいに。

気をつけてよ。

(磯山)そっちも そっちも。

しかし その後は
急速にコツをつかみだす益子さん。

(井森)うまい!
(拍手)

(井森)すごい!
(磯山)すごい!

うまいですよ。
そうですか。

(井森)すごかった。

ちょっと様子を見に来た方ですね。
「やってっか~?」。

(井森)すごい ありがとうございました。
ありがとうございます。

さあ皆さん 作業しましたけども
そのあとはですね こちらご覧下さい。

(磯山)おお~!
大谷石で出来たピザ窯。

焼き物関係は 熱が芯に通るんで
おいしく作れるんです。

不思議ですね。
これは焼けるんですか?

(社長)焼けます。
ほんとですか。

お願いします。

ということで 続いては

観光客に人気の
ピザ焼き体験をさせてもらうことに。

挑戦するのは 井森さん。

押し込んで頂いて。
押し込む。 どういうこと?

(磯山)上をスライドさせて。 よいしょ~。

(井森)これで いいの?
(社長)はい いいです いいです OKです。

ほぼ 社長が入れましたけどね。
時間は…?

(社長)これで 15秒ぐらいたったら
チーズが溶けてきますから

そうすると
向こうから焦げてくるんですね。

回す。 これは腕の見せどころ。
(井森)まだ じゃ 作業残ってるんですね。

(磯山)一回 出す。
あっ 焼けてる! はやい 焼けるの。

(井森)はやいよ。
遠赤外線だから。

(磯山)あっ 焦げてる 焦げてる!

こっち こっち もうちょっと回して。

(井森)こう?
(磯山)そうそう そうそう。

(歓声と拍手)
(磯山)おいしそう!

(井森)おいしそう!
(磯山)おいしそう!

ねえ! いい香り!
上手。

遠赤外線で ふっくら焼き上がった
特製ピザ!

さあ 召し上がれ!

いただきます。

(井森)どう?

もう 香りがいいもんね。

う~ん! おいしい! おいしい。

さすが 自分で焼いて
焼き加減 やっぱり褒めましたね。

ほとんど社長だけど。

雰囲気いいですね。
開けた感じの所で。

ちょっと なんか
外国にいるみたいな感じすらするよ。

(鳥の鳴き声)
聞いたことねえ鳴き声の鳥も…。

(磯山)いきなり鳴き始めた。

聞いたことねえような鳥の…
聞こえますけど。

なんで また こういう採石場で

体験できる施設を
つくろうと思ったんですか?

私ですね 20年ちょっと前に
婿に ここに入ったんです。

婿で栃木県に来たんですけども…

へえ~。 でもさ 体験も楽しいもんね。
楽しいですね。

確かに 家族連れにも喜ばれそうですね。
ねえ。

今回ね 「とちぎだけ!?」ってツアーで
回ってきましたけども

茨城と群馬のお二人
いかがでした? 栃木。

いろいろ アイデアあったよね。
ねえ。

我が県にも欲しいなっていうアイデアも
ありましたよ。

そうですか。
そうですか~。

ないないない 面白い。

こわいなぁ。 建ったら やだな。

多少もらいますよ マージン的なものは。

早いですね いれんのが。
いいね。

(井森)そう おいしかったね。

いけますね。

そうそうそう 全部いけると思う。

ここも すごいよかったよ。

栃木だけのね スポットで
こんだけ楽しんでもらえて

我々も うれしいですね。
うれしいです。

皆さんも 栃木 誇りに頑張りましょう!

さようなら!
さようなら!

仕切りは慣れてませんからね。

いいよ よかった。
よかったです。


関連記事