NHKスペシャル「“感染爆発”をどう防ぐか」猛威を振るう新型コロナウイルス。感染爆発が食い止められるかどうか…


出典:『NHKスペシャル「“感染爆発”をどう防ぐか」猛威を振るう新型コロナ』の番組情報(EPGから引用)


NHKスペシャル「“感染爆発”をどう防ぐか」[字]


猛威を振るう新型コロナウイルス。感染爆発が食い止められるかどうか、ギリギリの局面が続いている。医療体制を維持していくためにいま何が必要か?第一線の専門家に聞く。


番組内容

全国で猛威を振るう新型コロナウイルス。感染拡大が止まらない中、東京都や各県の知事は不要不急の外出自粛を要請。感染爆発が食い止められるかどうかギリギリの局面が続いている。感染者の急増に備え、各自治体では重症患者を受け入れる病院を指定するなど、患者を各医療機関に適切に振り分ける態勢づくりを急いでいる。感染爆発を回避し、医療体制を維持していくためにいま何が必要か?最新情報をもとに第一線の専門家に聞く。

出演者

【出演】新型ウイルス感染症対策専門家会議副座長…尾身茂,東北医科薬科大学特任教授…賀来満夫,京都大学iPS細胞研究所所長・教授…山中伸弥,神奈川県立足柄上病院総合診療科医長…岩渕敬介


『NHKスペシャル「“感染爆発”をどう防ぐか」猛威を振るう新型コロナ』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

NHKスペシャル「“感染爆発”をどう防ぐか」猛威を振るう新型コロ
  1. 高瀬
  2. 感染
  3. 患者
  4. 山中
  5. 学校
  6. 緊急事態宣言
  7. 尾身
  8. 必要
  9. 課題
  10. 賀来
  11. 現場
  12. 状況
  13. 地域
  14. 病院
  15. 重要
  16. 対策
  17. 本当
  18. 非常
  19. オーバーシュート
  20. 医療崩壊


『NHKスペシャル「“感染爆発”をどう防ぐか」猛威を振るう新型コロナ』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





≫新型コロナウイルス対策の
最前線にカメラが入りました。

今、急いでいるのは

医療崩壊を防ぐための
新たな仕組み作りです。

≫アプリを使って軽症の患者を
自宅やホテルで見守るシステムを

開発しています。

≫新型コロナウイルス
感染爆発の危機。

ぎりぎりの局面が続いています。

東京で感染が確認された1月から
患者を受け入れ続ける

指定医療機関。

すでに限界に達していると
いいます。

≫今回、NHKは
全国の医師1000人に

緊急のアンケート調査を実施。

医療現場の悲痛な叫びが
多く寄せられました。

医療崩壊が起きれば

医療崩壊が起きれば

ほかの病気の患者の命までもが
危険にさらされかねません。

≫命を守りながら
日常をどう取り戻すのか。

社会に突きつけられた重い課題。

直面する現場の1つが学校です。

いつまで休校を続けるのか。

再開の日に備えて
全国で模索が続いています。

≫長期化する
新型コロナウイルスとの闘い。

私たちは
どう乗り越えればいいのか。

浮かび上がる課題とその解決策を
専門家とともに探ります。

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

高瀬≫日々、刻々と
感染者が増えて

この先どうなっていくんだろうと

不安を感じている方も
多いかと思います。

対策の最前線、その現場では
何が課題となって

それをどう克服していけば
いいのでしょうか。

赤木≫きょう全国で
新たに273人の

感染が確認されました。
感染拡大が止まりません。

中でも、東京は118人と
ついに100人を超え

都市部での感染拡大が
急増しています。

高瀬≫今夜は京都大学の
山中伸弥さんにも

加わっていただきます。

山中さんは
ホームページなどで

科学的に信頼できる情報を集め
発信していらっしゃいます。

山中さん
よろしくお願いいたします。

山中さんは、今この状況
どのように見てらっしゃいますか。

山中≫まず、私何にも増して
ウイルスとの闘いに

今、取り組んでいただいている
きょうお集まりの尾身先生や

賀来先生、岩渕先生であったり

本当に必死で
闘っていただいている皆さんに

心から国民を代表して

御礼
申し上げたいと思っております。

本当にありがとうございます。

私は、研究者ですが

サンフランシスコでも
研究しています。

あと、ロンドンであったり
ニューヨークにも友人が

たくさんおりますが
その3つの都市は今の日本より

はるかに
厳しい対策を取っています。

それにもかかわらず
ニューヨークとロンドンは

もう、かなり大変なことに
なっています。

一方でサンフランシスコは
なんとか踏みとどまっています。

一体、このあと日本が
どっちにいってしまうんだろうと

本当に心配しております。

私、専門家では全然ないんですが

きょうは、非常に心配している
国民の1人として

専門家の先生方にいろいろお話を
伺えたらなと思っています。

よろしくお願いいたします。

高瀬≫本当に、今後
どうなっていくのか

いつまで続くのか
分からないことばかりなんですが

スタジオ、国の
新型コロナウイルス

感染症対策専門家会議の
副座長でいらっしゃいます

尾身茂さんに
お越しいただきました。

尾身さんは、感染拡大が
止まらないという今の状況

どのように見ていますか。

尾身≫ビデオにもあったように
都市部で、感染が増えている

なんていうものじゃなくて
急増しているということと

クラスターの感染が
いろんなところで起きている。

それから心配なのは
リンクの追えない数が

割合も絶対数も増えているという。

それで、実は皆さん、最近
爆発的な感染者が

増える
オーバーシュートということば

聞いていると思うんですが実は
オーバーシュートというのは

一時の武漢

今のイタリアなんかで
実際起きているわけですけど

オーバーシュートの
定義というものは

ヨーロッパの経験を基にして
作ったものですけど

累積の患者数が
2倍になる、倍化ですね。

2倍になるのに要する時間が
2ないし、2から3日。

この期間に倍になっちゃう。

これがオーバーシュートが

起きているときの状態なんですね。

今の東京なんかは
詳しいことが動きますから

大まかな傾向でいうと

3月上旬では
倍化時間は10日とか

11日ぐらいだったんですよね。

これが今になって見ると

4日とか5日に。

そういうことで、まだ2~3には
届いてないんですが

今はいわゆるオーバーシュートの
軌道がありますね。

この傾きの急しゅんなところに
入りかけたら困るという。

文字どおり

重要な時期に。

これからやるべきことは、当然

オーバーシュートの
軌道に入らないで

できれば
ここの傾きを平たくするか

あるいは下に向けるということが
求められていると思います。

高瀬≫今、緊急事態宣言を
出すべきだという声も

各方面から出ていますが

尾身さんは
政府が緊急事態宣言を出す際に

助言を行う諮問委員会の
委員長でもいらっしゃいますが

緊急事態宣言については
どのような考え方ですか?

尾身≫皆さん、大変
今、関心があるところだと

思うんですけど
私はこれを仮に出すと

これは最終的には
政府が決断することだと

思いますけれども

仮に出す場合は、4つのことが
極めて重要です。

1つ目は、一体なぜこの
緊急事態宣言を

出さなければいけないかという
理由をはっきりさせることです。

2番目は緊急事態宣言を

出すことによって
何を期待するのか。

何を目指すのかというところを
はっきり説明する

必要があると思います。

それから、いろんな特措法には
いろんなことが書かれてます。

政府ができる。

その中で実はあれは
総論が書いてあるだけで

今回のコロナの
相手が分かっている闘いに対して

どこが感染の闘いに
勝利するための

急所かというところを

リソースとエネルギーと
努力を集中させる。

急所はなんだということで
一体、何をやるかということを

はっきりと明確にすること。

3つ目は市民にとって

これがどういう意味があるのか。

一体、緊急事態宣言を出す前と
出すあとで

何が違うのかということ。

細かいことは申し上げませんが

1つだけ
最後に申し上げたいことは

これは、私の考えです。

今回、緊急事態宣言が出ても

いわゆる
イタリアとか武漢でやっている

いわゆるロックダウン。

都市封鎖ということを
私は全くする必要はないと

思います。

ただし、非常にメリハリのきいた
ここだけは絶対に

守ってほしいということと

ここはどうぞやってください
ということ

メリハリをつけて
オールジャパンで

国も都道府県も
国民もジャーナリズムも

ここが一番の。
急所は3つか4つですから。

この急所をみんなで
そこに勢力を費やして

やるということが
大事だと思います。

高瀬≫3つか4つある
急所というのは?

尾身≫急所は1つは
国民、一般市民の

行動変容ですね。

緊急事態宣言が仮に出たら
今までよりも

もっとそれぞれが
国民が責任を持って

自分らの役割を果たすことが大事。

それから2つ目は
医療崩壊ということがあって

医療を強化するということ。

3番目は、実は日本が
ここまで持ちこたえてきた

いろんな要素がありますが

1つの要素は
クラスター。サーベランスによる

クラスター潰しをやっている。

ところがこのまま
オーバーシュートの

軌道に乗っちゃうと
クラスターサーベランスが

できなくなります。

だから早くもう一度
この軌道を下のほうにして

クラスターサーベランスを

もう一度機能できるように
するということが

大事だと思います。

高瀬≫今のをお聞きになり
山中さんは尾身さんに

直接聞きたいことはありますか?

山中≫尾身先生
クラスター潰しということで

恐らく
もし緊急事態宣言が出ますと

今、自主的な判断に任されている
例えば飲食店の営業を

ある意味強制的に
休んでもらうということも

想定されると思うんですが

そうなってくると
補償といいますか

安心して休めるのかということが
すごく大切だと思うんです。

私は、イギリスに日本人ですが
飲食店を営業している

友達がいまして、彼、彼女ですが
2週間前から

休業しています。最初は
すごく不安だったそうですが

先日、政府から
300万円ぐらい振り込まれたと。

そして、従業員の給与も8割が
補償されていると、次の3か月は。

税金、法人税は1年間
払わなくていいんだと。

これまで本当に
税金を払ってきてよかったと。

ちゃんと申告してきてよかったと
そんなふうに言っていますが

日本もきちっと、そういう
手厚い補償が

なされるんでしょうか。

尾身≫今、山中先生が
おっしゃるとおりに

特に、最近になって
クラスターというのが

つい最近までは
ライブハウスだとか

スポーツセンターとか
そういうところからあって

今は、いわゆる
夜の街ということで

比較的、密接に接客するお店。

ここからのクラスター感染が
結構多くなって。

そこで、クラスター感染した人が
ほかの町に行って

感染を広げている
というのがあるので

どうしてもクラスター感染の
言ってみれば

ハイリスクの場所を
どうしても行ってもらわない。

ある意味では、そこの施設を
使用を制限する。

山中先生がおっしゃった。

それを要請するときに私もそれは
国の責任として

要請するんだったら
同時に経済的な支援をする。

実は特措法という法律には
経済支援をするという部分が

法律には
入ってないんです。自動的には。

だからここは法律の世界を超えた
政治的な決断

リーダーシップが非常に重要で
そうでないと

ただ、一方的に要請をしても
実行が伴いませんね。

そういう意味では、私は
山中先生がおっしゃったように

経済的な支援をするということが
カップルになって

リンクしてやらないと
これは実行できないと思います。

山中≫あと、もう1点
僕もいろいろ対策など

研究所の所長でもありますから
今後のどういう対策が必要か

いろいろ考えています。

その中で、私は
このウイルスとの闘いというのは

ある意味、マラソンみたいに

何か月、下手すると

1年ぐらいかかるんじゃないかと。

ただ、その中で
最初は、スタートダッシュ

かなり早い徹底的な対策で
このウイルスの勢いを

いったん、封じ込めて
医療崩壊等を防ぐ必要があると。

それが、非常事態宣言というのは

そのスタートダッシュの
号令みたいな感じに

なると思うんですが

ただ、恐らく
それで終わりではなくて

そのあとも、かなり
ペースダウンはしたとしても

対策を続けていかないと
ウイルスが

また、やってくるということに。

2段階の心構えといいますか
そんなふうに思っているんですが

その考えは

基本的に合っていますでしょうか。

尾身≫そこはですね
今、緊急事態宣言という

話題に乗って、仮に出すとしたら

私が先ほど言っている
オーバーシュートの軌道に入る

間際になりつつあるので
これをなんとか下に。

ところが、一回
下にカーブを下げたとしても

完全に
終息することはないですから。

小さな山はこれからも間違いなく
何回か起きますね。

今は、第2の山です。

武漢絡みが第1の山で
今、第2の山にわれわれ

直面しているわけですから。
仮に、今回緊急事態宣言を出して

うまくいったとしても
下がります。

これは、オールジャパンで
すべての人が

心を一つにすれば必ず下がります。

だけども絶対に
ゼロにはなりません。

外国からもきますし。

そうすると、山中先生が
おっしゃったような

長い闘いで、比喩で言うと
このウイルスは

極めて手ごわい相手です。

この手ごわい相手に
ボクサーが闘おうと思ったら

ガードを上げ下げしないと
いけないです。

相手の動きによって
地域によってもあるし

時間によってもガードを上げる
少し下げるということで

メリハリをつけた対応が
求められると思います。

赤木≫長期戦という
話もありましたが

改めて、ここで最新の
感染者状況を見ていきましょう。

東京都では
きょう新たに118人の

感染が確認され
初めて100人を超えました。

また、感染の経路が
分かっていない人は

81人と7割近くに上っています。

こうした感染経路が分からない
ケースは

全国でも相次いでいて
各地の自治体が

危機感を強めています。

高瀬≫都市部で感染が広がる中で
きょうは、仙台のスタジオに

感染症の専門家で

東北医科薬科大学
賀来満夫さんにも

お越しいただいています。

賀来さんは現在の感染拡大の状況
どのように

見ていらっしゃいますか?

賀来≫先ほど尾身先生が
お話しなさったように

東京、大阪といった
大都市だけではなくて

地方都市にも
感染が広がってきています。

仙台でも7日連続。

そして、きのうは
6名の陽性患者さんが新たに

確認されました。

まさに東京を
後追いしている状況で

いつオーバーシュートが
起こってもおかしくないような

状況になってきています。

今、まさに今後
どのような対策を取るのか

非常に重要な
局面になっていると思います。

高瀬≫今週行われた
専門家会議では

爆発的な感染拡大が起きる前に
医療現場が

機能不全に陥ることがあると
指摘しています。

この番組では
その実情をなんとか伝えるために

感染拡大の防止に十分
配慮しながら取材を行いました。

赤木≫その1つが
全国に416か所ある

感染症指定医療機関です。
現場は悲鳴を上げています。

≫東京で新型コロナウイルスに
立ち向かう最前線。

日本トップレベルの
感染症の治療を担う病院です。

1月から
患者を受け入れてきました。

3月末、40のベッドは
重症から軽症の患者で

いっぱいになっていました。

≫こうした事態は
各地で起きています。

神奈川県立足柄上病院です。

感染症に対応した病室は5つ。

しかし、おとといから
満室の状態が続いています。

治療に当たる岩渕医師は

今後、急増する患者を
どうやって受け入れていくか

危機感を募らせています。

中継を結び、刻々と厳しさを増す
現場の状況を伺います。

高瀬≫神奈川県立
足柄上病院の医師の

岩渕さんとつながっています。
岩渕さんよろしくお願いします。

以前、取材させていただいたのが

3月中旬ということでしたけど
その後、状況というのは

変化はありましたでしょうか。
今、どんな状況でしょうか?

岩渕≫前回、横浜に停泊した
クルーズ船からの

受け入れがありまして
その受け入れの波が一段落して

一段落して、大規模な感染が
起きていない状況でしたので

そのときには感染症病床には
うちの病院には

空床がありまして
いったん一息ついた

状況でありました。

昨今、患者数が増えるにあたり

当院の感染症病床
一番安全に診れる病床は

満室になってしまっていまして

今後、それこそ感染爆発に
対応するためには

感染症病床のみでは
対応しきれないと。

ですので、今まで感染症に

対応できていなかった

一般病床でいかに患者さんを
受け入れるかという準備を

進めざるをえない状況に
なっています。

高瀬≫現在、入院されている方は
重症の方だけではなく

軽症の方もいらっしゃる
ということなんですよね。

岩渕≫全く症状のない方も
いらっしゃいます。

高瀬≫今、どういったことが一番
課題だというふうに感じて

いらっしゃいますでしょうか。

資材ですとかスタッフの確保も
あると思うんですが。

岩渕≫非常にたくさんの問題を
抱えています。

まず、当院は
感染症指定医療機関であると

同時に
足柄上の地域を救急も含めまして

支えている唯一の中核病院です。

ですので災害拠点病院としての
機能ですとかあるいは

救急指定病院の機能ですとか
さまざまな機能がある中で

現在、感染症に
かなりの力を注がなければ

いけないということは
通常行っている

地域の皆様に対する診療を

やはり、制限していく必要が

あるというのが1つです。

当然、院内の感染対策についても
まず、職員が安全に安心して

院内感染を起こさずに
診療することが

第一ですので、その体制を
病院のみならず

さまざまな専門家の方のご意見も
いただきながら

短期間で構築しないといけないと
感じていると。

あとは当然、感染防護具ですね。

マスク、ガウン
あるいは、フェースシールドなど

さまざまなところで
さまざまな防護具の使い方を

するわけですけれども

当然、それが数週間単位
あるいは、数日の単位しかない

場所もあると。

ですので
安定供給していただくことが

非常に重要になってくる。

そこに非常に
危機感を感じています。

高瀬≫このまま感染拡大が続けば
医療用の器具

それから、ベッド
病床も足りなくなってくるという

お話もありました。

赤木≫病床数が
どれくらいなのかですが

NHKが各都道府県に取材し

新型コロナウイルスの患者が
入院するために

確保している
病床の数を伺ったところ

先週の時点で
4800床余りでした。

これに対し
全国で入院治療を要する

感染者は最新のデータだと
2291人です。

また、東京都では
きょう新たに感染者が

118人出ました。

きのうの時点で

都が確保していた病床数は
750ですので

ぎりぎりの状況となっています。

高瀬≫山中さんは今の状況を
どのように聞きましたか?

山中≫もともと
医療の最前線といいますか

救急救命であったり

集中治療室、外科であったり
そういうところは医師の方や

看護師の方に
ものすごい過重労働が

かかっているんですね。

週に何べんも当直したり

睡眠時間が1時間、2時間でも
手術に入ったり私は

二十何年前、それができなくて
臨床から

逃げ出してしまったんですが。

ただでさえ、過重労働のところに
今回のコロナウイルスという

新たな敵がやってきて
今、臨床の現場の先生は

本当にドクター、ナース
看護師さんも

本当に
大変な状態だと思いますから

ぜひ、あらゆる手を尽くして
医療従事者を守るというか

それが本当に必要だと思います。

患者さんを守ることも大切ですが

医療従事者が
バタバタ倒れていくと

医療崩壊につながりますので。
ぜひあらゆる対策を。

マスク1つにしても
医療従事者に最初に届けないと

町なかで
買える場合があるんですが

それだったら医療従事者に
優先的に渡すぐらい

国が先導してやらないと
本当に、大変なことに

すでになっていると思います。

高瀬≫尾身さん
今の山中さんのお話。

尾身≫山中先生、岩渕先生の
お話でしたが

実は、コロナの闘いの
一番の主戦場は

現場なんですね。

現場というのは二通りありまして
国民が行動変容と。

あともう1つは医療の現場。

これは、臨床の方
もう1つがクラスター。

これは行政ですね。

さっきの緊急事態宣言の
山中先生ご指摘の

仮に、私が緊急事態宣言
というようなものを出してれば

一番のサポート
そういう法律を作るのであれば

今、防護
医療の感染防御が足りない。

実はPCR検査なんというのも
キャパシティは

少しずつ増えているんだけれども

PCRをやろうと思って
検査にたどりつくまでの

プロセスがまだ不十分なんです。

そういう意味では都道府県や国
そういうものが

一番現場が困っているところ

急所なんですね。ここに仮に
緊急事態宣言みたいなものが

出た場合、そこにさっき私
急所へのサポートが

必要という意味で

このことは、われわれ専門家も
政府も

それから県知事も、十分理解して
何が闘いの

一番重要な最前線かというのを
分かっていただくと

そういうことでもサポートが
今までもやってくれていますけど

スピードをもう少しあげないと。

ウイルスの拡大のスピードが
早いですから。

もう少し、われわれ、政府
自治体、国民

ジャーナリズム、みんなが
もう少しスピードを上げないと

この闘いには
勝てないと思いますから

もし緊急事態宣言を
出すのであれば

そういう観点でやってもらう
必要があると思います。

赤木≫医療の現場に関してですが
厚生労働省は、きのう

ガイドラインを発表しました。

これまでは、検査で
陽性となった人のほとんどは

感染症指定医療機関に
入院していました。

これからは
軽症者や症状が見られない人は

自宅やホテルなどで
療養してもらう体制に

移行する方針です。

高瀬≫こうした新しい感染者の
受け入れ態勢の確保に向けて

いち早く
取り組み始めた自治体では

さまざまな課題に今
直面することになっています。

≫感染爆発に備え
新たな仕組み作りを始めている

神奈川県です。
その司令塔

新型コロナウイルス感染症
対策本部です。

これまで保健所が担っていた
患者の振り分けを

対策本部が連携して
行うことにしました。

今後、神奈川県では重症の人は
高度な医療を行える病院。

中等度の人は
新たに指定した病院。

そして、軽症や症状がない人は

自宅やホテルなどで
過ごしてもらいます。

自宅かホテルかは
その人の事情に応じて判断します。

≫この日、9人の感染者の対応に
追われていました。

≫医療崩壊を防ぐために

軽症や症状がない人が
自宅やホテルなどで過ごすという

新しい取り組み。

難しい課題が
いくつも浮かび上がっています。

≫感染爆発の危機。

その闘いは
未知の領域に突入しています。

高瀬≫軽症、無症状の方を
受け入れるといっても

これは簡単なことではないな
という気がしますが

賀来さん、船内でも
賀来さんたちが中心となられて

独自の方式で
進めていらっしゃいますよね。

賀来≫地域ネットワークを
作っているんですが、先日も

宮城県内の感染症指定医療機関

そして、基幹病院の病院長の
先生方に集まっていただいて

会議を開催いたしました。

どのように重症化した方を
高度の医療機関に

搬送できるのか、中等症の方を

どの病院で診るのか

また軽症の方は

自宅や
あるいは地域の自治体が指定した

滞在施設でしっかりと
療養していただけるのか

こういった体制作りを
今、急ピッチで始めています。

高瀬≫ホテルですとか
自宅での療養というのは

大変不安も多いかと思うんですが
こちら、ご覧いただきますと

韓国の例ですけれども

ホテルや企業の研修施設など
既存の建物を利用して

そこには、医療スタッフが
常駐して

患者の経過観察を見守るという
態勢だと言うことなんですが

日本でもそういう意味では
そうした取り組みを進めようと

しているところだと思いますが

これは課題も多いとは
思うんですけど

どんなところ懸念されていますか。

賀来≫課題としては、軽症の方が

急速に
悪化することもあるんですね。

先ほどの
映像でもありましたように

こういう急速に悪化したときに

どう対応できるのか。

そういった医療アクセスを

どう高めていけるかということ。

それからもう1つは
軽症、無症状者の方も

非常に感染症に対する
不安が大きいです。

いつ悪くなるのか。

そういった心の不安に対して
どういうふうに心のケアを含めた

総合的な対策を作っていけるのか。

それが大きな課題だと思います。

高瀬≫懸念される医療崩壊。

病床が足りなくなる
という意味ではなくて

実は今、医療現場の人たちが
懸念している

もう1つの医療崩壊があります。

≫新型コロナウイルスは
医療現場を

さらに厳しい状況に
追い込んでいます。

その1つが、一般の診療現場に
感染していることに

気付いていない患者が訪れ

無防備なまま
受け入れるケースです。

この病院では

心肺停止で運び込まれてきた
0歳児の救急救命に対応しました。

その治療を行っていく中で
新型コロナウイルスの感染が発覚。

対応していた医師や看護師などの
医療スタッフは

濃厚接触者として
いったん医療現場を離れました。

感染しているかどうか分かるまで

しばらくの間
医療スタッフが減ってしまい

病院機能の低下に直面しました。

一般の診療までが
新型ウイルスの感染によって

崩壊の危機にさらされる。

過酷な現実が
突きつけられています。

赤木≫VTRにあった
山梨のように

院内感染のリスクにさらされる
医療関係者が

相次いでいます。

今回、NHKは
医師への情報提供を行っている

企業と協力して
勤務医や開業医に

アンケートを行い
およそ1000人から

回答を得ました。

そのほかに、特に多かったのが
感染を防ぐための資材の不足です。

また、ゾーニングの
困難さについても

数多く声が寄せられています。

ゾーニングとは病院の中で

一般の患者と
感染の疑いのある人の

行動できる範囲を
例えば入り口を変えるなどして

区分けすることなんですが
このゾーニングが難しいという声。

高瀬≫再び足柄上病院の
岩渕医師に聞きますが岩渕さん

ゾーニングをはじめ
今、そういった対策を

進めておられると思うんですが

そこには、並大抵のことではない

難しさということも
感じてるんじゃないでしょうか。

岩渕≫先ほどからの
お話にもありますが

院内感染を
ひとたび起こしてしまうと

当然私たちの健康のみならず

医療を
提供できなくなってしまうので

この新型コロナウイルスの
感染、接触、飛まつ、空気感染

さまざまな感染経路の
防止のために

職員や患者さんの動線を
シミュレートしたり

エリアごとに防護服を変えるなど

仮設の分離壁を立てるなど
院内の構造を

大きく変えるゾーニングが
必要になるので到底、私たち

当然、当院にも
感染症専門医はおりませんので

専門の先生のご意見を聞きながら

ゾーニングだけならず感染対策

勤務体系、防護具の確保
それから職員のメンタルケア

さまざまな課題に病院で
取り組まないといけない。

多くの方々の援助、ご意見が
必要になってくると思っています。

高瀬≫尾身さん、これ以上
さらに感染拡大が進んで

さらなる感染者の
受け入れをする場合は

やはりしっかりとした行政からの
支援というのが

必要になってきますね。

尾身≫行政からの支援は
当然ですけれども

これから、このステージになると
都道府県での決断が

極めて重要ですね。

それは何かというと
岩渕先生がおっしゃったように

各病院でゾーニングの問題に
注意するのは

当然ですよね。でもその前に
実は、すべての医療機関

クリニックも含めて

これで、コロナの感染者を
診ようとすると

すべての病院、医院で
院内感染を起こす

可能性があるんですね。

これは、早いうちに
地域の実情で違いますから

一概には言えませんが
地域のニーズ、実情を

十分考慮したうえで
一般の医療機関の中で

どの医療機関が
コロナ感染者を診るので

ほかは、一般の患者さんを
診るということは

早く決める必要が極めて重要。

決めた中でも

ここの病院はやる。

一般の患者さんは診るけど
コロナの患者さんは

診ないという病院でも
実は期せずして

感染者が現れることは
当然、現れる。

そのために、そういうことにも
準備して、すぐにPCRを

できるフローを作っていくことが
これは、各都道府県に

求められているんです。

自治体でPCRの検体を
どのようにモニターして

調整するかということが
求められているので

これから本当に地域の中で
日本の医療機関は

実は、設備自体が違うのが
50ぐらいあるんですね。

なかなか調整は難しいですけど
今は、非常時ですから

非常時は非常なりの
早い決断で、100%を求めたら

できないんです。

完璧を求めたら
できないので、ある程度判断して

この病院はやってもらう。

こっちをやるという
役割の明確化が

これが極めて重要で
平時のように

議論だけをしていると
会議は開けるけれども

結論は出ないと。
これは、今は戦時中ですから。

もちろん議論は重要なんだけど
決断は早くどこかで決めることが

極めて重要。

高瀬≫まさにその仕組み作りを
今、仙台では賀来さんたちが

行っていると思うんですが

賀来さんはそういったこと
どのように取り組んで

らっしゃいますか?

賀来≫やはり院内感染の防止が
最も重要ですね。

いろいろと課題があります。

岩渕先生が言われたように
医療スタッフが不足してきたり

あるいは施設の中での
ハード面での課題もありますね。

こういったときに、私たちは
地域の中で専門家のグループが

ほかの病院を支援していく。

そういった試みも
これから行おうと思っていますし

どう地域で役割分担を明確化して
そして、地域全体で支援していく。

いわゆる専門家のグループの
力を借りて

対応していくということが

非常に重要な課題と
なってくると思います。

高瀬≫山中さんは岩渕さん

それから尾身さん、賀来さんの話
どのように聞きましたか?

山中≫医療の現場は
危機的状況だなということを

より実感しました。

例えばニューヨークのドクターが
交通事故で運ばれてきた人の

CTを撮ったら
肺炎の症状があったと、CT上は。

それで、コロナ感染症だと
分かったという事例も

いっぱいあると
おっしゃっていましたが

今後日本でもどんどん
増えてくると思うんですね。

あとで感染症と分かった人を
診療してしまうと

濃厚接触者ということで

2週間ぐらい勤務できない
可能性があると思うんですが

そうすると
残された医療関係者の負担が

どんどん大きくなっていって

別の病気で倒れる
可能性もあると思うので

そこを発想を転換して

濃厚接触した
ドクターやナースであっても

ほとんどの人は
元気な方が多いですから

例えば感染専用の病棟で
しばらくは勤務するとか

本当に非常時ですから
普通ではありえないような

柔軟な考えをしていかないと

現場が

回らなくなるんじゃないかなと。

本当に
素人考えで申し訳ないですが

いろんな今、柔軟な考えが
望まれるんじゃないかなと

思います。

高瀬≫医療崩壊をなんとか防ぐ
そのためには

社会活動を一時的に
極端に制限していく

必要があります。

しかし、長期化も指摘される中で

いつ、どんな制限を

どこまで続ければいいのか
日常生活とのバランスが

大きな課題となってきます。

今、まさにそれに直面している
現場の1つが学校です。

赤木≫おととい
東京都教育委員会は

島しょ地域を除く市区町村に
休校の延長を要請。

すべての自治体が
学校の再開を延期しました。

高瀬≫文部科学省は
学校再開に向けた

ガイドラインを
示しているんですが

再開か、休校を延長するのか

その判断は
自治体に委ねられています。

感染拡大が続く中で
東京都や大阪府では

休校の延長に踏み切る自治体が
相次いでいます。

赤木≫一方で
お子さんを抱える家庭も

揺れています。

先月27日から今月2日まで
NHKが行った

保護者へのアンケートの一部です。
130人の方から

回答が寄せられました。

自分の地域の学校が
再開したほうがいいかどうか

聞いたところ
再開賛成は62%。

反対は32%でした。

その理由を聞いたところ
例えば、賛成した方ですと

「家庭での学習習慣を
維持させることが困難。

このままでは学力も体力も
低下してしまうので

早く学校を再開してほしい」。

一方反対した方の理由としては…。

高瀬≫現在
さまざまな課題がある中で

再開に踏み切るのは
容易なことではありません。

休校が相次ぐ大阪府の隣

兵庫県では現在のところ
再開の準備を進めています。

現場の模索を取材しました。

≫4月7日の学校再開に向け
準備を進める教員たち。

≫学校再開のガイドライン
というものだね。3つの条件。

≫国は再開にあたり
検温や手洗い指導の徹底など

チェックリストを作成しました。

しかし、教員からは
不安の声が上がっています。

いわゆる3密を
学校で避けることはできるのか?

感染予防の具体策は
地域や学校の実情に合わせ

現場で工夫することが
求められています。

この学校では、机の配置換えを
することにしました。

これまで、学び合いのために
向かい合わせにしてきた机。

近距離での会話による
飛まつ感染を防ぐため

すべて黒板向きにしました。

さらに、机の間隔を
空けようとしますが…。

≫授業中はすべての窓を開け
密閉状態を避けることにしました。

≫新型ウイルスとの闘いに
終わりが見えない中

特に低学年の子どもたちに
影響が出るのではないか。

そんな声も上がっていました。

≫感染を防ぎながら
学校生活を無事に送れるのか。

3月26日の臨時登校日。
対策を試してみることにしました。

宮田≫おはようございます。

≫教室に入る前は

必ず手洗いと消毒をするよう
指導しました。

家で検温してくるよう
伝えていましたが

忘れてしまった子どもも。

≫学校全体で2人

基準の37度以上の子どもが
見つかりましたが

少したつと熱は下がりました。

密集を避けるため、全校集会は
テレビを使い、それぞれの教室で。

≫おはようございます。

≫感染対策を徹底する一方

教員の間からは
子どもたちの心の負担を

心配する声が上がっていました。

長期間にわたり
さまざまな制約の中で

学校生活を
送らなければならないからです。

宮田先生は子どもたちと一緒に
考えることにしました。

この状況が続いていく中で
どう過ごしていけばいいのか。

≫イエーイ!

≫西宮市では4月3日の時点では
学校を再開する方針です。

しかし、事態の推移を
ぎりぎりまで見極めています。

赤木≫学校からはほかにも
こんなとまどいの声もありました。

高瀬≫山中さん、先生方
保護者の皆さん

長期化に対しての不安も
大きいようですね。

山中≫私も大学におります。

私たちの場合は
教育は授業というよりは

研究活動なんですね。

実験をしたり。

サンフランシスコの私のラボは
今、完全に閉鎖状態で

誰も実験できていません。

最初、お話しした全力で闘う

ダッシュの時期で

でも、これは
いつまでも続くわけじゃなくて

このあと必ず
持久戦になると思うんですが

持久戦になったら
少しずつラボを再開したいと。

今までのようにはいかないので

2交代制にして
人数を減らして

人が密集しないように

実験するとか
そういう対策を考えています。

学校も同じような考え方で
最初は一斉休校も

必要だと思いますが

そのあと持久戦になったら
いきなり元に戻すんじゃなくて

部分的といいますか
例えば低学年は毎日やる。

高学年とか中学、高校は
週1回、週2回にしたあと

オンラインを
一気に普及させるとか

やる、やらないの
二者択一ではなくて

持久戦に備えた別のやり方を

今の間に、一生懸命準備する
必要があるんじゃないかと

思っています。

赤木≫学校へのアンケートでは
長期化に関して、ほかにも

「長期化すると子どもに
ストレスがかかり

学校が楽しい場所では
なくなってしまう」と

子どものストレスを心配する
声もありますが

賀来さん、いかがでしょうか。

賀来≫学校だけに
任せるのではなくて地域全体で

子どもたちや学校を
支援することが大切だと思います。

私たち、18年前から
感染症キッズセミナーを

開催したり

楽しく手を洗ってもらう
「お手てと手」という

歌を作ったり

地域で子どもたち
学校を守るための工夫が

これから必要になると思います。

高瀬≫賀来さん、地域では

自分がもし患者かもしれない
もしかしたら発症するかも

しれないと不安に思ったり
どうしたらいいんだろうという

不安が
今も、根強くあると思うんですが

どうしたらいいでしょうか。

賀来≫かかりつけの先生に
ご相談いただきたいと思います。

一番自分を診ていただいている方。

その方にご相談する
もしかかったら自宅療養や

滞在施設で
しっかりと静養していただく。

もし、重症化したら
すぐ相談できるようにしておく。

そういう自分を守る
でも、その守ることが

他人を守ることにもつながる。

感染症は個人の病気で

個人ではなくなる病気なので

そこをしっかりと
理解していただいて

みんなで頑張っていく
ということが大切だと思います。

高瀬≫尾身さん、私たちこれから
長期化に向けて

どういったことが
大切になってくるのか。

短く
お答えいただけますでしょうか。

尾身≫山中先生も
おっしゃったように

今、重要な時期なので

少し、緊急事態宣言を
出すかどうかはともかく

かなり今までよりも
強力にやらないと

間違いなくオーバーシュートの
軌道に入りますから

ここは少し、大変でしょうけど

みんなそれぞれの役割を自覚して

みんなで乗り切る。そのあとは

メリハリのついた方法を
やっていくことだと思います。

緊急事態宣言が仮に出ても

ジョギングだとか
散歩はできるし

しっかりと政府は説明する。

そうしないと、東京脱出とか

買い占めだとか
医療機関への殺到だとか

パニック状態が起こる。

仮にやった場合には

しっかりとした
説明をしていただきたいです。

高瀬≫山中さん、長いマラソンに
なりそうですけれども。

山中≫このウイルス
非常に強力な相手ですけど

ウイルスは人間がいないと
手も足も出ないので

私たちが一致団結して
正しい行動をすれば

必ずやっつける。
やっつけることが

できなかったとしても

つきあえる、必ず難局を
乗り越えることができると

信じています。

高瀬≫山中さん、尾身さん
賀来さん

そして、現場の岩渕さん
ありがとうございました。

この闘い、長期化を覚悟して
本気で日常を取り戻すため

行動を起こす。
その段階にあると感じます。


関連記事