絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第11話 最終回 沢村一樹、高杉真宙、柄本明、森永悠希… ドラマのキャスト・主題歌など…


出典:『[終]絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ #11【今夜ついにシリーズ完結!さらば井沢】』の番組情報(EPGから引用)


[終]絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ #11【今夜ついにシリーズ完結!さらば井沢】[字][デ]

ついに正体が判った真犯人はミハンに最後の事件を仕掛けてくる。すべての謎が解き明かされ、妻娘の悲しき真実を知った井沢は、ついに一線を越えてしまうのか!?

ご案内
◆冬クール満足度調査1位獲得!!(オリコン)多くの謎と人間ドラマが絡み合う、見ごたえあるドラマをお見逃しなく!!
番組内容
井沢(沢村一樹)たちは、テロ計画の黒幕と思われた水島歩の正体が篠田(高杉真宙)だったことに気づく。そのとき、ミハンが加賀美(柄本明)を危険人物として検知した。26年前、映画館で起きた神経ガステロの際に、犯人の息子である歩を救った加賀美は、彼にミハンのことを話していた。加害者家族ゆえに激しいバッシングに遭いながら生きてきた歩は、ミハンに強くひかれ、この世から犯罪をなくしたいという思いに囚われて暴走
番組内容2
したのだ。加賀美がミハンに志願したのも、そんな歩を自らの手で葬るためだった。加賀美は、拳銃を手に、篠田が入院している病院へと向かっていた。井沢と吉岡(森永悠希)が、加賀美を止めるために駆けつけるが……。

山内(横山裕)は、クラッカーの諏訪(松尾諭)が刺殺されていた篠田のアジトで捜査一課の早川(マギー)らと合流する。そこで早川は、諏訪が篠田を拳銃で撃ったものの反撃にあって刺殺されたこと、そして
番組内容3
小田切(本田翼)の骨伝導ベルトに精巧な盗聴器が仕掛けられていたことを山内に告げる。無線で香坂(水野美紀)を呼び出し、射殺したのも篠田だった。

そんな折、ミハンが篠田を危険人物として探知する。篠田は、元傭兵の里谷(高岩成二)と行動を共にしていた。篠田がまだ爆弾を所持していることを知った井沢たちは、すべてを終わらせるために動き出す。井沢と篠田が対峙(たいじ)したとき、一体何が起こるのか!?
出演者
沢村一樹 
横山裕 
本田翼 
森永悠希 
高杉真宙 
上杉柊平 
マギー 
粗品(霜降り明星) 
水野美紀 
柄本明
 / 
松尾諭 
高岩成二 
奥野瑛太 
近江谷太朗 
中村育二 
浜田晃
スタッフ
【脚本】
浜田秀哉 

【音楽】
横山克 

【主題歌】
家入レオ「未完成」(ビクターエンタテインメント) 

【企画】
稲葉直人 

【プロデュース】
永井麗子、関本純一 

【演出】
石川淳一 

【制作】
フジテレビ 

【制作著作】
共同テレビ


『[終]絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ #11【今夜ついにシリーズ完結!さらば井沢】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第11話 最終回 沢村一樹、高杉真宙、
  1. 篠田
  2. ミハン
  3. 山内
  4. 加賀美
  5. 吉岡
  6. 小田切
  7. 香坂
  8. 男性
  9. 犯罪
  10. 井沢
  11. 時間
  12. 南雲元総理
  13. 里谷
  14. 早川
  15. お前
  16. 小宮山
  17. 爆弾
  18. 仕掛
  19. オペ
  20. 宇佐美


『[終]絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ #11【今夜ついにシリーズ完結!さらば井沢】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





(井沢)水島は… 篠田だったんだ。

(篠田)《子供のころ
父に殺されかけた》

《唯一の家族だった 父が

無理心中を図り
僕と一緒に死のうとしたんです》

(警告音)
(吉岡)加賀美さんが

危険人物に検知されました。

加賀美さんは 水島 歩を 救い
ミハンのことを教えた。

犯罪のない世界を 夢見て。

(歩)《完成すれば
犯罪がなくなるんですか?》

でも それが 殺人鬼を
生みだすことになってしまった。

(踏切警報機の音)
(大迫)《うわ…》

加賀美さんは その罪悪感に
さいなまれていたんだよ。

(加賀美)《僕が犯した罪を…
君は知ってるね》

ミハンを志願したのも

彼を捜し出し
自らの手で 葬るため。

♬~

♬~

一足 遅かったよ。

僕が ここに来たときには
すでに 彼は消えていた。

(加賀美)
僕は 独り身だし 子供はいない。

でも 彼を 映画館で救い

彼と接するうちに

彼のことを
いとおしく思うようになった。

僕が止めてやらなければいけない。

道を踏み外してしまった彼を…

この手で…。

加賀美さんが
一人で抱えることないですよ。

♬~

じゃあ 僕は…

どうすれば…。

僕は どうすればいいんだ…。

頼む。

歩のことを…。

歩を…。

♬~

♬~

(早川)お前らの読みどおりだ。

水島 歩は 顔を変え
篠田 浩輝として 生きていた。

篠田の体から摘出された 銃弾は

現場にあった銃の線条痕と
一致した。

(山内)
諏訪が 篠田のアジトに来た。

(早川)おそらく
諏訪は 不意打ちを仕掛けて

篠田を撃った。

そして
とどめを刺そうと近づいたとき…。

(諏訪)《あっ… うっ…》

《うわ… あっ…》

(早川)心臓を一突きで殺された。

篠田は 諏訪が危険な男だと
分かっていた。

それでも テロを起こすために
必要だと思い 近づいた。

(早川)とにかく
テロの首謀者は分かった。

指名手配して
警察が 総力を挙げて 確保に動く。

やつは もう 逃げられん。

それと
ミハンの情報漏れの件だが

小田切の骨伝導ベルトに
精巧な盗聴器が仕掛けられてた。

篠田は ミハンの動きが
常に分かっていた。

《次 調べるエリアで
潜伏できそうなのは この河川敷》

(山内)香坂さんが 単独で
テロ実行部隊の潜伏先を

調べていることを 知った。

そして 篠田は
香坂さんに接触しようとした。

(篠田)《水島 奈緒さん》

篠田は 香坂さんを

爆弾が仕掛けられた場所まで
呼び寄せ

そして 殺した。

小田切のやつ 大丈夫か?

(吉岡)小田切さん

監察が 話を聞きたいそうです。

(小田切)私のせい…。

(小田切)香坂さんが死んだのは

私のせい…。

(首席監察官)
篠田 浩輝の 意図的な接近に

君は 疑いを持たなかった。

警察官としての自覚に欠ける。

そして
多くの市民を 危険にさらした。

懲戒処分の検討を…。
(小田切)その必要はありません。

(首席監察官)
依願退職でいいんだな?

はい。

辞めるつもりですね。

99回!

このままじゃ
僕の恨みを晴らせない。

辞めるなんて許さない。

(吉岡)何 黙ってるんですか?
いつもみたいに…!

小田切。

お前一人のせいじゃない。

私は 警察官 失格…。

そう思っているなら
責任を取ってから辞めろ。

篠田を捕まえてからだ。

大丈夫。

お前は強い。

♬~

♬~

(井沢)篠田が かつて いた
児童養護施設。

そこにいた子供たちの中に

戸籍を変える前の お前の名前が
あったよ。

香坂 朱里は
なぜ お前に会っていたのか。

弟が生きているのかどうか
話を聞くためだった。

(宇佐美)俺は いじめていた。

(宇佐美)《お前
この殺人鬼の息子なんだろ?》

《ここで ガス まくなよ》

(宇佐美)それでも やつは
この世の地獄から救ってくれた。

(踏切警報機の音)
(大迫)《うわ…》

(踏切警報機の音)

香坂 朱里が 殺された。

犯人は…

篠田だ。

♬~

言っただろ。

お前は越える。

一線を。

(電子音)
≪(扉の開く音)

加賀美さんは…

最初から知ってたんですね。
(電子音)

篠田と宇佐美が
同じ施設にいたことを。

宇佐美の先に 篠田がいたことを。

(警告音)

♬~

♬~

(吉岡)篠田は
あえて 防犯カメラを見てる。

挑発だ。

加賀美さん 追跡できますか?
(加賀美)うん。

(山内)やっぱり 篠田の逃亡を
手助けしてるのは 里谷。

(吉岡)
まだ 何かを やろうとしてる?

残された爆弾があるんだよ。

仕入れたトキサミシンの量から
計算すると

まだ
ビル一棟 破壊できる 爆弾がある。

(山内)サミットは終わった。

狙いは そこじゃない。

これ 見て。

彼の協力者が 動いたみたいだ。

篠田に命を救われた 小宮山。

(吉岡)どうして 警備部に?

篠田が 小宮山を動かした。

篠田を捕まえる。

そして 全てを終わらせる。

(山内)
小宮山が警備部を訪れたのは

秘書として 今後の重大事案の

警備についての
報告だったようです。

でも 特に
急を要することでもなかった。

警備部に あえて出向いて

何かを つかもうとした
ってことになるね。

(小宮山)ミハンの
井沢 範人警部補ですね?

僕が 君のことを調べに来る。

篠田から そう連絡があったんだ?

私は
ミハンを支持している一人です。

篠田は 何をやろうとしてる?

メッセージを預かっています。

《未完成なんですよ 僕の夢は》

《完成させる》

《そして
あなたの夢も かなえてあげる》

(小宮山)そう伝えてくださいと。

完全に こっちを挑発してる。

未完成の夢…。

(バイブレーターの音)

(加賀美)
1つ 情報をつかんだよ。

小宮山が警備部を訪ねた後
電話をかけた。

着信先のエリアは
大田区 中森だった。

そして そのエリアに 里谷がいた。

(加賀美)
歩容認証で ヒットしたよ。

小宮山は
つかんだ情報を 里谷に伝えた。

篠田は
ミハンのために 何か 事を起こす。

やつは 誰よりも
ミハンに魅了された 人間だ。

町田を殺したのも

町田が
ミハンで冤罪があったことを

マスコミにリークしようとしたのを
防ぐため。

残された爆弾…。

この厳戒警備の中で
できること…。

それは

当初 失敗した 計画を
やり遂げる。

それって まさか…。

ミハンを法制化に導くための
テロ

南雲元総理の暗殺だよ。

(東堂)《法制化の大きな壁の
一つだったのが…

南雲元総理の存在です》

情報漏れを避けるため

前日の夜に 重要警護情報は
SPに通達される。

南雲元総理の警護情報を
知るために 小宮山が動いた。

爆弾は 南雲元総理の そばにある。

今 南雲元総理は
彗北大学附属病院の

オペ室の中にいる。

30分前に 益子医師によるオペが
始まったところだよ。

(女性)先生。

(真田)警察からです。

病院に
爆弾が仕掛けられてる可能性が。

(男性)はい。
慌てずに移動してください。

(男性)まだ見つかってない。
そこの ごみ箱。 あと 奥の方。

(真田)オペを中止して
避難をするようにと。

(益子)無理だ。

頭蓋底は
すでに かい放されてる。

オペをやめたら
患者の命に関わる。

(真田)はい。

(男性)どうだ? 見つかったか?
(男性)見つかりません。

(男性)捜してないポイントは?
(男性)こっちです。

(男性)オペが終わるまで
動かすことはできないそうです。

最低でも あと3時間は。

3時間?

分かりました。
ありがとうございます。

(山内)病院の どこに
爆弾が設置されたのか

見つけださないと。

加賀美さん 何か つかめました?

(加賀美)けさ方
病院の電源盤の修理で

業者が入ってる。

ただし この業者は存在しない。
偽造された工事だ。

♬~

井沢さん!

(男性)どうだ?
(男性)配線を確認中だ。

(男性)複雑に
トラップが仕掛けられています。

解除するのに
最低でも 3時間は必要です。

今 この瞬間にも 爆破できる。

でも あえて
南雲元総理のオペに合わせて

3時間の猶予をつくった。

他のスタッフと患者が逃げる
時間を つくったってことですか?

目的は あくまでも 元総理の暗殺。

(山内)
南雲元総理は 動かせない。

爆弾処理には 時間がかかる。

止めるのには
起爆装置を奪うしかない。

それを持ってるのは…。

篠田だ。

篠田は 今 どこに?

(篠田)
《未完成なんですよ 僕の夢は》

《完成させる》

《そして
あなたの夢も かなえてあげる》

《犯罪がなくなることはないよ》

《でも…
なくなることを願ってる》

(篠田)《この世界から
犯罪がなくなれば

どれだけいいか》

(踏切警報機の音)
(大迫)《うわ…》

(歩)《完成すれば
犯罪がなくなるんですか?》

《町田が殺されたことで

ミハンは
守られたのかもしれない》

《犯人は まるで…

ミハンの法制化を
強く願ってるみたいだ》

(篠田)《子供のころ
父に殺されかけた》

《唯一の家族だった 父が
無理心中を図り

僕と一緒に
死のうとしたんです》

《この世界から
犯罪がなくなれば

どれだけいいか》

《未完成なんですよ 僕の夢は》

《完成させる》

始まりの場所だ。

えっ?

篠田は そこで
全てを終わらせるつもりだよ。

♬~

(キャスター)彗北大学附属病院に
爆発物が仕掛けられた事件で

現在 警視庁は その爆発物の
解除に当たっています。

病院では 南雲元総理大臣の手術が
行われていますが

一部の関係者を除き 避難勧告が
出されているもようです。

(早川)
走らずに 落ち着いて…。

落ち着い…。

大丈夫ですか?

しっかり。

(男性)先生。

(益子)
あとは 私一人で 何とかなる。

みんなは避難しなさい。

(益子)
何してる? お前も 早く行け。

(真田)私は 警察を信じて
目の前の命と向き合います。

(益子)サクション。
(真田)はい。

目的地まで あと5分。

(山内)そこに 篠田がいる。

(山内)あのとき 香坂さんが
一人で 篠田の元に向かったのは

井沢さんを
篠田に会わせないため。

(香坂)《あなたに
出会わなければよかった》

(山内)きっと 井沢さんのことを
思ってのことだと

俺は思います。

(ブレーキ音)

♬~

(里谷)ここから先
通すわけにはいかない。

何で 篠田に手を貸す?

(里谷)長年
世界の紛争地を 渡り歩いてきた。

でも 何も変わらない。

公安の曽根崎が
私に持ち掛けてきた。

架空テロに協力しろと。

(里谷)
彼と会ったのも そのころだ。

(里谷)
彼が歩んできた人生を聞いた。

かけてみたくなった。

自分でも 愚かだと思うよ。

でも そういうのも悪くない。

起爆装置は 篠田が持ってる。

♬~

♬~

(吉岡)あっ…。

うっ…。

♬~

♬~

♬~

先 行ってください。

一人で行かせていいんですか?

俺は 井沢さんを信じてる。

(『三十四丁目の奇蹟』の音声)

(『三十四丁目の奇蹟』の音声)

26年前

ここで 父が 神経ガスをまいた。

(『三十四丁目の奇蹟』の音声)

(恵一)《今から みんなを救う》

《歩 お前もだよ》

(『三十四丁目の奇蹟』の音声)

(篠田)
あのとき 死んでいたら…。

何度も 何度も そう思いました。

(篠田)でも 加賀美さんと出会い

ミハンの存在を知り

僕は 生きる意味を見つけた。

♬~

♬~

うっ…。
(山内)吉岡…。

♬~

♬~

(篠田)
それ以上 近づいたら 押すよ。

南雲元総理のオペは あと1時間。

いつでも起爆できる。

あなただけは 僕がやってきたこと
否定できないはずだ。

何度も 一線を越えようとした。

そして くずを殺すために
一線を越えた。

(銃声)

(篠田)北見君から聞いたとき
歓喜したよ。

来た 来た。 ようやく
あなたも こっち側に来た!

香坂 朱里。

なぜ 殺した?

ぬくぬく守られて生きてきて

加害者家族救済?

笑わせてくれる。

本当の絶望を知らない。

だから 希望が描けない。

♬~

(香坂)《あなたは…》

(篠田)《水島 歩
血のつながった弟だ》

《あなたに
謝らなければならない》

《26年前
私が あなたを救うべきだった》

《でも あなたの やってることは
間違ってる》

《間違ってるのは そっちだ》

《誰も傷つかないテロ?》

《フッ それで 何が変わる?》

《悲劇が起きて 初めて
この国は 対策に乗り出す》

《悲劇が起きないかぎり
何も変わらない》

《悲劇が起きた後

ミハンを
法制化に導いてください》

《最後に
それを伝えようと思って》

(篠田)《この衛星モジュールで
遠隔爆破できる》

《あっ…》

《やめろ!》

(銃声)

≪(足音)

犯罪が 全てを狂わせる。

人を! 人の人生を!

僕は それを なくすために
やってるんだ。

後悔はしてない。

香坂 朱里を 殺したことを。

(山内)うっ…。

(吉岡)あっ…。
(男性)おら。

うわ~!

♬~

♬~

(小田切)山内さん。

(山内)うっ…。

うっ…。

遅かったじゃないか。

あんたたちだけじゃ
頼りないでしょ。

おかえりなさい。

さあ クライマックスだ。

聞きたいことがあるんだろ?
井沢 範人。

血の付いたナイフが
送られてきたよ。

妻と娘の血が付いたナイフが。

プレゼント。

気に入ってくれました?

僕の妻と娘を殺したのは…。

お前だ。

(吉岡)うわ…。

(吉岡)うっ…。

(吉岡)あっ…。

あ~!

(里谷)あっ…。

(里谷)うっ…。

そうだよ。

僕だよ。

僕が殺した。

ミハンが行った
初めてのテストケースの

冤罪事件。

元監察官だった あなたの奥さんは
その事実を知った。

町田は 口封じのために
宇佐美君に 殺しの命令をした。

そして 僕は
小宮山君から その話を聞いた。

間に合わなかったら 奥さんは

あなたに
その真実を伝えてしまう。

だから 僕は
いち早く あなたの家に行った!

(篠田)分かってもらえるよう
説得しましたよ。

でも あなたの奥さん

元監察官として
隠蔽の加担はできない。

あなたに話すと言った。

(篠田)あり得ない!

ミハンが
始まる前に 終わってしまう。

未来の多くの命が 失われる!

殺すしかないでしょ。

(ナイフの刺さる音)

(ナイフの刺さる音)

簡単でしたよ。

♬~

娘さん 最期 こう言ってたよ。

「助けて」

「助けて お父さん」って。
(希)《お父さん 助けて》

(篠田の笑い声)

撃て!

そしたら 爆破は止められる。

お前の復讐も完結する!

山内さん…。

(篠田の笑い声)

うわ~!

あ~!

(希)
《死んじゃ駄目だよ お父さん》

《約束だよ》

♬~

♬~

(香坂)
《あなたが必要なんです》

《あなたを信じています》

♬~

♬~

(宇佐美)《言っただろ》

《お前は越える》

《一線を》

♬~

♬~

(銃声)

えっ?

どうして ミハンは

今頃になって
初めて 君を探知したのか。

どうして 君は

心にもないことを言って
僕に殺させようとしているのか。

君は 最初から
爆破なんて するつもりはない。

テロを企てた男を
ミハンが探知して 未然に防ぐ。

その事実をつくるためだ。

もし 僕が 君を撃ったとしても

起爆装置を奪うための行為と
みられ

僕が罪を問われることはない。

そのことも 君は分かってる。

君は 僕だ。

僕が 君だったかもしれない。

犯罪を憎み
この世から なくしたい。

その祈りのような思いは…。

僕と一緒だ。

《人は
なぜ 罪を犯すんでしょうか?》

《罪を犯せば 誰かが傷つく》

《分かりきってることなのに…》

《この世界から
犯罪がなくなれば

どれだけいいか》

♬~

だから 僕は…。

僕は…

君を許す。

♬~

《僕は 殺してしまった》

《罪のない人を 初めて》

《もう戻れない》

《どうして
分かってくれないんだ》

あなたは…。

僕を殺していいんだ。

僕は それだけのことをやった。

頼む…。

罰を…。

僕は 罰を受けなきゃいけない。

もういい。

もう 終わったんだよ。

(電子音)
(扉の開く音)

(山内)篠田の上着に入ってた。

(篠田)「小田切さん あなたに

伝えておきたかったことが
あります」

(篠田)
「騙してしまって ごめんなさい」

(篠田)「あなたに近付いたのは
ミハンの情報を盗むため」

「そして ミハンの捜査を
間近で見るのが 目的でした」

(篠田)「でも」

《未来を変えるのは 自分自身》

《あなたを死なせない》

(篠田)
「二度 三度 会っていくうちに

僕は 見てはいけない夢を
見てしまった」

(篠田)「誰かと
たわいもない話をして 笑い

ご飯を食べて 時間を共にする」

(篠田)
「こんなにも当たり前のことが

これほど幸せなことなんだと

初めて知りました」

(篠田)「あなたと過ごした時間は

僕にとって
かけがえのない時間でした」

(篠田)
「僕みたいな犯罪者に想われても

迷惑だと分かっています」

《それって
OKってことですかね?》

《あっ はい》

《あっ…》

《一瞬
断られたのかと思いました》

《えっ? あっ… いえ》

(篠田・小田切の笑い声)

(篠田)《こちらこそ
よろしくお願いします》

《はい》

(篠田)「信じてもらえないかも
しれないけど」

(篠田)「あなたへの想いに
嘘はありません」

♬~

♬~

(篠田)「あなたのことが」

(篠田)「好きでした」

♬~

(小田切の泣き声)

(小田切の泣き声)

(北見)そうですか。

亡くなりましたか…。

26年前の あの映画館でね。

(北見)報われるといいな。

彼の思い。

(キャスター)彗北大学附属病院に
仕掛けられた 爆弾は 解除され

南雲元総理の手術が
無事に成功しました。

事件の首謀者とみられる
カメラマン 篠田 浩輝容疑者は

死亡状態で発見されました。

幾つかの殺人に関わったと
みられています。

また この事件には

警察の一部の人間も
犯罪に関与していた疑いがあり

慎重に捜査に当たっています。

(早川)里谷が自供しました。

あなたを逮捕します。

門田。

(門田)これが 僕の
警察官としての最後の仕事です。

(門田)あの…。
(早川)んっ?

(門田)何か
早川さんには お世話になって…。

(早川)フッ…。

それより
お前 これから どうすんだ?

再就職なら
俺が世話してやってもいいぞ。

俺には 人徳があるから…。
いや 聞けよ!

(門田)うっせえ。

フッ バカたれ。

(香坂)《あなたに
出会わなければよかった》

あなたに出会えて よかった。

僕は そう思ってますよ 香坂さん。

♬~

≪(山内)井沢さん。

えっ?

何で?
(山内)ミハン再始動が決定。

そのお祝いですよ。
(加賀美)新鮮な海の幸

ど~んと買ってきたよ。

もう 全部 僕に持たせて。

(小田切)文句 言うな。
(吉岡)いっ…。

100回目。
(小田切)えっ?

何 喜んでんの? キモい。

(山内)この 安定の やりとりを
待っていたもんな。

(吉岡)別に そういうことじゃ…。

まあ 1, 000回 目指すけどね。
(吉岡)1, 000回なんて…。

あ~ そういうことですか?

(小田切)お邪魔しても
いいですか? すいません。

うるさいな…。

(吉岡)もう
意外と そういうところある…。

どうせ
ろくな物 食べてないんでしょ?

お邪魔します。

(吉岡)よし。 お~ おいしそ~。
(小田切)すご~い。

(山内)南雲元総理が

ミハンに前向きな発言を
してるそうです。

今までのミハンの実績を

あらためて
評価した上でのこととか。

法制化されるといいね。

さあ まだまだ ありますから
どんどん食べちゃいましょう。

だね。
(山内)食べよう 食べよう。

♬~

♬~

♬~

(加賀美)はい。 これ やって。
(吉岡)はいはいはい…。

(山内)お前 よく食べるな。

(小田切)もったいないじゃん。
(加賀美)もう 早く。

早く食べちゃいなよ。
(小田切)分かった 分かった…。

(加賀美)遅いよ。

今日 奥さんと娘さんに
お線香をと思ったんですが

遺影 ないんですね。

受け入れたくなかったのかな
死んだこと。

きっと 心配してますよ。

そろそろ 解放してあげたら
どうですか?

♬~

♬~

(バイブレーターの音)

分かった。 すぐ行く。

止めに行ってくるよ。

これから起こる犯罪を。

(男性)井沢 範人 お前を殺す。

ターゲットは 僕みたいだよ。

関連記事