直撃!シンソウ坂上【新型コロナ生放送!都市封鎖マレーシアからGACKT生電話】自分や家族に新型コロナの兆候が…


出典:『直撃!シンソウ坂上【新型コロナ生放送!都市封鎖マレーシアからGACKT生電話】』の番組情報(EPGから引用)


直撃!シンソウ坂上【新型コロナ生放送!都市封鎖マレーシアからGACKT生電話】[字]


自分や家族に新型コロナの兆候が出たら?感染者の体験や専門家への取材をもとに独自再現▽ロックダウン都市から生電話!GACKT(マレーシア)辻仁成(パリ)


ご案内

番組の最新情報・関連情報は「直撃!シンソウ坂上〈公式〉ツイッター」(アカウント:@ss_fujitv)で!

番組内容

今夜の『直撃!シンソウ坂上』では、生放送で「新型コロナウイルス」を特集する。


新型コロナウイルスの最新状況や今後の展望について真相を掘り下げるべく、徹底生討論を展開する。また、徹底したリサーチのもと、コロナウイルスに罹患(りかん)した人の発症から治療までを描いた再現VTRも放送予定。

番組内容2

世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、坂上忍が追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティー”『直撃!シンソウ坂上』に乞うご期待。

出演者

【MC】

坂上忍 


スタッフ

【制作統括】

石塚大志 


【チーフプロデューサー】

大川友也 


【総合演出】

島本亮 


【プロデューサー】

五十嵐剛 


【演出】

山﨑貴博 


【制作】

フジテレビ 第二制作室


『直撃!シンソウ坂上【新型コロナ生放送!都市封鎖マレーシアからGACKT生電話】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

直撃!シンソウ坂上【新型コロナ生放送!都市封鎖マレーシアから
  1. 日本
  2. 自分
  3. マレーシア
  4. ロックダウン
  5. 数字
  6. フランス
  7. 補償
  8. GACKT君
  9. リーダー
  10. 状況
  11. GACKT
  12. 緊急事態宣言
  13. 実際
  14. 危機感
  15. 感染者
  16. 死者
  17. 日本人
  18. 東京
  19. 万人
  20. 感染


『直撃!シンソウ坂上【新型コロナ生放送!都市封鎖マレーシアからGACKT生電話】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





≫さあ
今夜の直撃!シンソウ坂上ですが

感染が拡大する
新型コロナウイルスについて

緊急生放送でお届けします。

≫まずは最新の感染者の数ですが
チャーター機

クルーズ船を除いて

5000の数を
超えてしまいました。

5328人。
このうち東京と大阪は

1日の過去最多を更新。
東京では181人

大阪では92人
こういう数字に

なってしまいました。

≫さあ、そんな中で
本日はマレーシアにお住まいの

GACKTさん
フランスで暮らす辻仁成さん

ロックダウンの状況下で
今も生活しているお二人に

生電話をつなぎまして
今まさに

正念場の日本で暮らすわれわれは
何をすべきなのか

直撃したいと思います。
GACKT君、聞こえますか。

≫お久しぶりです。

≫今日はありがとうございます。
≫とんでもないです。

≫そちら今、何時ぐらい。

≫今、日本より1時間

手前になっています。

≫8時すぎですかね。

街の様子、いかがですか。

≫非常に静かだという感じです。

≫ロックダウンになってから
どれぐらいたってます。

≫17日

18日ですか。

そこからロックダウンが
始まったので。

≫3週間弱ですよね。
後ほ

ど詳しくお聞きしたいと
思いますので

よろしくお願いします。
まず本日入ってきた

最新のニュースです。

≫今日、東京ディズニーランドと
ディズニーシーが

休園期間を
さらに延長することを発表。

さらに
ユニバーサル・スタジオ・

ジャパンも
5月中旬以降までの

休業の延長を決定した。
いずれも原因は。

緊急事態宣言。

今日、国内の感染者数が

ついに5000人を突破。

そして東京でも

衝撃の数字が明らかになった。

≫一日の感染者の数が

過去最悪の
181人に達したのだ。

そして芸能界でも。
お笑いコンビたんぽぽの

白鳥久美子さんや

ゴリけんさん
速水けんたろうさんなど

芸能人も
感染が続々判明。

さらに相撲界でも

力士1人に感染の疑いが。

明日にもPCR検査の結果が
判明する見通しだ。

感染拡大にストップをかけるべく

おととい緊急事態宣言を

出したばかりの日本。

しかし。

休業要請を2週間ほど

先延ばししたい政府。

一方、国からの補償をバックに

早く休業要請したい東京。

国との調整が難航する中

今日、東京都が

独自の休業補償策を
検討していることが分かった。

東京に加え
緊急事態宣言の対象となった

他の6府県は

どこまでの対応をするのかが
注目される中。

感染者数が全国で

6番目に多いにもかかわらず

緊急事態宣言の対象に
ならなかった

愛知県では

昨日も4人の警察官の感染が
判明。

危機感を募らせる愛知県は

今日、県独自に

緊急事態宣言を出すことを

決定した。

≫一方、医療崩壊を
懸念されている医療現場では

慶応義塾大学病院をはじめ

数々の病院の医師や研修医が

会食などをしていたことが判明。

新型コロナウイルスの
クラスターと化した。

混乱する行政と医療の現場。
日本はこれで

新型コロナウイルスに

立ち向かえるのか。

≫そこで今夜は

ロックダウン
真っただ中の都市に暮らす

この2人が緊急生提言。
まずは。

≫感染者数10万人。
死者1万人を超えたフランスに

16歳の息子と2人で暮らす

作家、辻仁成さらに。

≫去年

坂上が訪れた

マレーシアの首都
クアラルンプールに暮らす

GACKT。

3月18日

アジアで最初に
事実上の国境封鎖。

全土が活動制限令の真っただ中。
去年、坂上とGACKTが訪れた

巨大なショッピングモールは。
あのにぎわいが

うそであったかのように
もぬけの殻に。

スーパーマーケットなど

生活必需品を販売する店舗を除き

礼拝施設や商業施設は

全て閉鎖。

緊急時を除き

車に乗ることができるのは
運転手1人のみ。

さらに
ショッキングなニュースが。

外出が制限されている中で

警察の警告を無視して
ジョギングを続けたとして

日本人4人が一時拘束され
罰金刑。

≫ロックダウン都市から
われわれ

日本が
学ぶべき教訓とは。

この後、GACKTと辻仁成が
生激白。

なお、今夜の生放送では皆さんの

意見を幅広くツイッターで募集
ハッシュタグ、シンソウ坂上

新型コロナで
つぶやいてください。

≫まずは
GACKTさんのいらっしゃる

マレーシアの状況です。
こちら。

感染者が3000人を超えている

マレーシアですが
死者も60人以上という数字が

入ってきております。
そしてロックダウン

という形になっておりまして
宗教、スポーツ

文化的な活動も禁止。
商業施設なども

原則閉鎖
という形になっています。

違反者に対しての罰金も
ありますし、日本と比べても

まったく違う厳しい
ロックダウン下にある

ということです。
≫GACKTさん。

ロックダウンされて3週間弱

今、KLの方どんな感じですか。

≫別に荒れているとか

ういう感じでは
全然ないんですよ。

≫これ、外出は普通にできるの。

≫いえ、病院に行く

日常必需品を買いに行く

必需品を買いに行く場合は
家の代表者が1人で行く

スーパーや薬局に関しても

入り口で必ず
人数制限し

ているんですよ。

というふうに、かなり制限して

感染拡大を防ぐということに
対して徹底してやっています。

≫徹底している感も
GACKTくんは肌で

感じますか。
≫もちろん感じます。

10キロ圏外に出られないので。
≫10キロって

決まってるんだ。
ご自身の生活で

変化はありました。

≫僕は一日の中で

夕食を外で取りに行くのが
僕のルーティンなんですけれど

それが家になったていう。

それ以外は自分の
やらなければいけないことを

家の中で何をするかということを
やっているだけであって

別に、だからそれに対して

文句があるとか
生活が苦しくなるとか

そういうんじゃないと
思うんですよ。

≫それだけ

意識が
統一されているって

ことなんですかね。
非常事態という。

≫もちろんです。
最初はロードブロックも

警察がやっていたんですよ。

途中からは軍隊の方が
いいだろうということで

軍隊に切り替わったので
≫道路の閉鎖ですね。

≫そうです。
違反者に対しての警告。

その違反者がひどい

ということになれば
逮捕するっていう

拘束ですよね。
そういうのを軍隊が

やっているという感じです。

≫だったら意識は
本当に変わると思います。

今日どうしても聞きたかったのが
マレーシアにいらっしゃって

マレーシアから
今の日本の現状を見て

GACKT君には今の日本は

どういうふうにうつっています。
≫正直な話ですか。

≫ぶっちゃけでいいです。

≫ことばを選ばずに
言っていいのであれば

狂ってますよ。
かなり。

危機感が足らないという

こともそうですし

世界には、すでに

ニューヨークも
イタリアもそうですし

抑えがき

かない状態になっている
国がいっぱいあるわけです。

このままいくと
そうなるぞというのは

誰の目から見ても分かるので

それは100%じゃないとしても

かなりの確率でそうなる

と周りの国はそう思っています。

そう考えると

例えば
僕の海外に住む仲間とかが

本当に日本、大丈夫か
と連絡してきますよね。

≫日本も遅ればせながら
緊急事態宣言が発出されました。

ただ、7都府県限定です。

とはいえ、どうやら

国と都

都とその他6府県の足並みが
そろわないような状況で

緊急事態宣言の意味があるのか
どうなのかという状態では

あるんですけれども

この後に及んでの状態というのは

GACKT君の目から見て
どのように映っています。

≫今更ですけども。

国の統治の仕方

そこに根本的な問題が
あるんだろうなとい

うのは
感じます。

実際に要請じゃないですか。

その要請を受けて

もちろん危機感を感じて

自粛する方もいますけれど

結局、要請を受けても
それを無視して

自分たちは大丈夫という中で
行動

される方が

結局は感染を広げているわけじゃ
ないですか。

それは、周りの国から見ると

本当に大丈夫かって
思うんじゃないですか。

≫マレーシアでも日本人が

制限令に違反して

拘束されたってことが
あったんですか。

≫ありました。

それは
正直残念な話なんですけれど

マレーシアって

ゲートコミュニティーな
考え方な

んです。

ゲートコミュニティーって

いうのは一般の人たちが
自分たちの住居には

入らないわけです。

住民しか行動ができない
活動ができない

エリアごとに
みんな住んでるんです。

敷地内というのは非常に静かで
安全という意識があるわけです。

でも、この敷地内の中でも

活動は制限しろというのが

国が言っていることであって
それは気の緩みだと思うんです。

この敷地内だったら大丈夫的な。

もう一つは情報を自分から
とりにいく意識の低さというか

今って昔とは
違うわけじゃないですか。

回覧板の時代じゃないですし

みんなが携帯を持って
朝から携帯を

いじっているわけですよ。
自分が必要な情報を自分から

確認することができますし

それをせずに

要は受身の姿勢

というのは、そもそもが
違うんじゃないのかなって

思いますよね。

≫GACKT君
この先の日本についても

心配されていることが
あるんですよね。

≫そうですね、まずは

例えばマレーシアにしても
多くの日本人が

住んでいるわけです。
でも、今の日本の状況が

この状況なので

ここに住んでいる
日本人の方たちも

自分たちが
差別さ

れるんじゃないかっていう
おそれもあるわけですよ。

コロナ差別って
初期のころありましたよね。

ヨーロッパで
日本人、アジア人が歩いていると

最初は
チャイナ、チャイナって言われて

自分たちが日本人だと言っても
関係ないって状態で

バスにも乗れないことが
あったわけじゃないですか。

マレーシアにも近いようなこと
あったんですよ。

例えば
タクシーに乗ろうとしたときに

日本人だって言うと乗車拒否を

されたりとか。
それが今後

例えば、マレーシアの
ロックダウンが解けた後に

加速的に、そういうことが
起きるんじゃないかっていう

可能性はもちろんありますよね。
そういう懸念もあります。

≫これね、GACKT君ね
今、マレーシアにいらっしゃって

日本を見て

僕らが、より意識すべきことって
なんだと思いますか。

≫一つは政府って

今回のマスクのことも
あったじゃないですか。

みんなマスクのことだけを

批判したりとかしてますけど

他にもやっていること
いっぱいあるんですよ。

それが、いいこととか

意味のあることとか

どれぐらい意味のないこととか

いろんな議論は
あると思うんです。

でも、僕からすると
結論

そのリーダーを選んでいるのは

僕ら自身だよっていう
話じゃないですか。

リーダーを決めるのは
そういうことだと思うんです。

僕らはリーダーに従って

生きていかなければいけない
社会だと思うんです。

でも、それを
こういうことが起き

て、いきなり
リーダーを責める。

それは、そもそもリーダーを
選ぶっ

ていう
意識の低さじゃないですか。

そもそも危機感の
足らなさじゃないですか。

こういう全ての条件が
そろった中で

今、この現状があって

でも、まだ危機感の
足らない人たちがたくさんいて

街ごとに例えば東京では
仕事がで

きないから
地方に行くとか。

要は、イタリアはそれで

感染が異常拡大したわけですよ。

例えば今、東京では

子どもが見れないから
実家に連れて帰るとか。

おかしな話ですよね。

すでに前例が出てるのに

それをまた同じことを
東京でやるのか

日本でやるのか。
何を学習しているんだって

話じゃないですか。

≫もっと世界を見た上での
学習能力っていうこと

なんでしょうね。
≫ちょっと、自分のことしか

考えていない人が多いんじゃない
かなっていうふうに

見えると思います。

≫GACKT君、ありがとう。
また後でつながせてください。

ありがとうございました。

そしてですね、気になるのが

マレーシアの方の
補償の問題です。

これ見ていただけますか。
≫休業する企業への補償。

日本でも今これが
大きなテーマに

なりつつあるものなんですが

厳しくロックダウンする一方で

例えば100億円の
予算を付与しているものが

あったり
還付金の制度が

あったりというところ。
ロックダウンと補償は

ある種セットになっている
という形かもしれません。

≫カズレーザーさん
いかがですか。

マレーシアと日本の違い。
≫これはどういう数字なのか。

細かい数字は分からないですが
数字で見ると結構

大きく感じるんですが
マレーシアは1500万人ぐらい

労働者がいるので
1人で考えて1万円前後です。

日本も補償の額が
小さいんじゃないかと

論じられていますが
この額の小ささでマレーシアが

あまり混乱が起きていないことは

≫では続いて
ヨーロッパ、フランスの

現在の状況です。

感染者11万人に
迫ろうとしています。

死者の数も
1万人を超えています。

3月17日に外出禁止令

パリでは強化されて
外での運動は禁止。

罰金や禁錮刑もある。
安倍総理はフランスのように

ロックダウンは
できないんですという。

答弁でもあったように。

辻仁成さんにつないで
みたいと思います。

辻さん、ご無沙汰しております。
すいません、こんな時に。

今、フランス何時ですか。
≫今、お昼2時

回ったところです。

≫フランスの方は
ロック

ダウンから3週間が
過ぎていると思うんですが

現在、どんな状況ですか。
≫3週間先に

僕らがいると思ってください。

時間がないので本題から
しゃべらせていただきます。

僕たちっていうのは
1カ月前の

価値感が変わったんですよ。

1カ月前までは僕たちは
カフェに行って友達と

お茶を飲んだり、お酒を飲んだり

楽しんだりすることができて
パリの風景の

チャラチャラしてる感じですね。
ああいう世界にいました。

今はカフェもレストランも
まったくやっていない。

ロックダウンが
いつ終わるのかが分からない。

マクロン大統領が今後
発表しますが、2週間から

4週間は伸びるだろう
6月中旬まで延びる

という説もあります。
終息が見えていません。

終息が見えない中
学校の休校も続く。

簡単に言うと解除がされました。
ここで解除がされたときに

みんな一斉に外に出て
いいことにはならない。

武漢はそうなりましたが
あれは、まゆつばものです。

とにかく感染者がなくなることは
ないわけです。

僕たちは常に
今後も段階的に解除して

いかなければならない
状況にある。

そして、これは日本や
フランスだけではなく

全世界的に今後起こってくる。

日本は2日ぐらい前から
緩やかな

緊急事態宣言が
出ましたが

必ず感染者が
増えていくわけです。

総理がその日におっしゃった
2週間後に1万人

1カ月後には8万人の感染者が
出るから気をつけて

くださいね

8割以上の方と合ってはいけない
という話をしましたが

こういう状態が
全世界に広がってきている。

大変なことになっています。

価値感が変わったというのが
言いたいです。

今まさに

人類は簡単に戻ることが
できないということを

考えました。
≫辻さん

パリは日本の3週間先にいると。
日本にいると

僕が今から言うことって
ちょっと早すぎるだろって

思う方もいらっしゃるかも
しれませんが

僕がすごく懸念しているのは
緊急事態宣言が発出されました。

これを入り口とするならば
入り口が始まった時点で

出口の抜け方ってどうなるんだ
って話だと思うんですよ。

辻さんが、おっしゃったように
これは武漢の様子を見ていて

非常に恐怖を覚えて。
≫そのとおりです。

坂上さんの言うとおりです。

終息という言葉に
だまされてはいけない。

われわれフランスでも
ヨーロッパ全国が

終息の時期はいつか
どのような形で行われるのか

というのは
議論が始まっています。

それに対して政府が
どういう回答をしているか

というと
そういう話をできる

状態じゃないという。

つまり、これからフランスは
来週にかけてピークになります。

3週間ぐらい
ピークが続くんです。

来週ピークなんです。
イタリアは今

ピークの過程に入っています。
ちょっといいですか。

僕はおととい
自分のブログでずっと

自分のウェブサイトで
ずっとロックダウンについて

書き続けています。

面白いことを調べたので
ちょっとだけ

発表させてください。

おとといの緊急事態宣言が
出たときの

日本。
よく感染者数で

みんな数字を図りますが
日本の感染者数は

本当に受けた人たちの数値で

出てきている
感染者の数なんです。

だからヨーロッパや
他の国に比べると

明らかに数字が少ない。
まず、それを

頭に入れてください。
4月7日

80人の死者が出ました。
僕は死者で計算をします。

4月7日の80人の数字は
フランスに当てはまると

どこだろう。
つまり、これは

ヨーロッパで推移する数字は
どこの国も同じような感じです。

イタリアの10日後から
11日後を追いかけているのが

フランスと言われています。

フランスの80人の死者が
出た日は

3月13日です。
このとき感染者数は3664人。

だいたい、日本と一緒です。
この時の80人という数字は

イタリアで
どこだろうと調べたら

3月3日です。
約10日前です。

このときの感染者数は
ちょっと不明ですが

じゃあ3月13日。
これがロックダウンが始まる

5日前
うちの息子の学校が

休校になった日。

その2日後に
商店が閉まり、その2日後に

ロックダウンが始まっています。

そのロックダウンが始まる
5日前の数字です。

今、4月7日。
それから3週間と3日たって

1万人の死者を超えています。
分かりますか。

今、4月7日で
80人の感染者や死者がいた場合

同じ数字で上がっていった場合に
日本は何人に5月1日に

なりますかということです。
日本とフランスの人口が違うので

一概に比較できませんが
日本人はマスクに対しても

すごく昔から準備しているし
そういうことがあるので

比較できませんが
ニューヨーク州はゼロでした。

それが3週間で5000人。
このへんを考えると

今の緊急事態宣言のような
緩やかなもので

本当に大丈夫なのかなというのが
この最前線にいる

フランスに住んでいる人から
思う気持ちです。

≫申し訳ないんですが
時間がないので

最後に辻さんが今
電話でおっしゃっていただいた

ことばもそうなんですが

圧というか、思いというか
危機感がすごく伝わってきます。

今、パリにいらっしゃる
辻さんが

日本の方々に
送れるメッセージ。

≫僕はすごい時間が短い

と思ったので

短い中でスピードを上げて
しゃべっています。

短い中で言わないと
メッセージが届かないと思うので

僕の意見をよく聞いてください。
まずリーダーを信じることは

大事ですが

政府に任せるだけでは駄目です。
一人一人の

心の構えと備えを持って

人に会わない、接触しないことを
できる限りのことをする

これが、いずれ
世界がどうなっていくか

今の数字で分かったとおり
のんきに構えてるような

数字じゃなくなる可能性もある。
もちろん、日本人は優秀なので

そうならないことを
祈っています。

信じていますが
この数字だけは

全世界規模で上がってきている。
ニューヨークでも膨れ上がった

そうなると皆さんができることは
自分の中でしっかりと構えて

一人一人の価値感が
変わったんだということ

どうやって生きていくのか
ということも

補償がどうかというより
生きていくこと。

それが、われわれ

≫マレーシアにいらっしゃる
GACKT君

パリにいらっしゃる辻仁成さんに

お話を伺いましたけれども

最後にお二人ともメッセージで
GACKT君は

リーダーを決めたのは
僕らなんだから

リーダーの言うことに従って
進むべきなんだ

という考えがあって
辻さんは

いや、リーダーという存在も
大事なんだけれど

そこに頼ってばかりじゃなくて

これって真逆の意見にも
思えますが

カズレーザー。
僕はお二人からお話を聞いていて

誰がリーダーであろうと

自分たちなんだよなっていう

ところに

いってないと駄目なんじゃないの
これ。

≫GACKTさんは個々人が

理性的にいれば
その先にいるリーダーを

信じることができる
辻さんは、もっと個人が

理性的であるという
伝え出る

メッセージは同じだと思います。
≫二木さん、お二人の

お話を聞いていかがでしたか。
≫感銘を受けました。

私もそう思っています。
国がしてくれないとか

都がしてくれないとかなしに
みんなが声をあげて

やるべきことっていうのを

もう少し早くから

とっかかっておかなければ
ならないことが

たくさんあります。
今でも一緒で

それぞれの立場で
何をするべきかということを

考えるべきタイミングだと
思います。

≫三鴨さん
リーダーの導きというのは

こういう国難とも
いわれているわけですから

必要不可欠なわけですが
いかがですか。

≫もちろんリーダーの指導力は
問われていると思います。

ただ、われわれ一人一人が
今、辻さんが言われたように

今、薬もないんです。
ワクチンもないんです。

やれることは
行動変容だけです。

いかに、われわれが
ステイホームをやるか。

これはGACKTさんも辻さんも
同じことを言っています。

それしかないんだと
皆さん、それを理解しないと

この国難は乗り切れずに
日本も、たくさんの死者が

出てしまうということに
つながると思います。

≫とはいえ
やはり覚悟の持ち方って

それぞれじゃないですか。
てなると、フランスの方での

経済対策というのも
気になります。

ちょっと見てみましょうか。
≫上限はあるんだけど

100%補填しますよですとか
休業を余儀なくされたレストラン

それぞれの業界などの企業に
18万円の

支援金を支給する。
ロックダウンの一方で

フォローもしますよ
という形になっている。

日本は一方で法律的に
マックスやって

要制度というところ。

その要請の補償を
どうしようということで

揺れている。
こういう状態です。

われわれの受け止め
ご指摘がありましたが

要請であっても、われわれの
やること一つだと感じました。

≫カズレーザー、やっぱり

そんなことは
じゅうぶん分かって

いる。
ただ、店を開けなかったら

首くくらなきゃ、うちはっていう
さまざまな

んですよね
自分が置かれている立場

というのは。
≫皆さん、もちろん

自宅で待機したいのが
当たり前の意見ですが

残念ながら出社を
余儀なくされたり

休めない方いらっしゃいますし
インフラ関係の人は

働いていただかなければ
われわれの生活が

成り立たなくなりますが
ただ辻さんが

おっしゃっていたように
グラフを重ね合わせると

どの国も
同じような上昇ペースを

持っている。
それを止めるには

どの国よりも強いロックダウンが
必要だと個人的に思います。

≫辻さんのおっしゃってたこと
すごく気になるんです。

二木さん、どう見てますか。
≫基本的には今できることは

全部やるということで

当然ー人一人が行動変容して
いかないということが

重要です。
国や都がサポートできることは

精いっぱいやる。
私はもともと、いろんなところで

休業補償をしてでも
お店を閉めていただいて

さらに確実に
行動変容を促すという。

≫日本もオーバーシュートの
可能性は

じゅうぶんにあるんですよね。
≫あると思います。

≫三鴨さんはいかがですか。
≫オーバーシュートというか

今、医療崩壊寸前です。
ですから、医療崩壊したら

皆さん
もう病院にかかれないです。

これを理解してもらいたいです。
もちろん経済政策

補償は大事です。
実際に、本日

御殿場の市長が
店を閉めたら

一律100万円支給すると
おっしゃいましたよね。

そういう思い切った補償をして

そして
われわれが努力するんだと

そういう姿勢にしないと。
そこにリーダーとしての

私は

資質を感じました。

≫マレーシアのGACKTさん
フランスの辻さんともに

非常に重たいメッセージだと
思いましたが

海外メディアも同様の見方を

日本の緊急事態宣言について

発しています。
こういう言い方ですね。

≫GACKT君に
つながっていますかね。

GACKTさん。
実際GACKTさんのお仕事にも

影響出ていますよね。
今どんな感じですか。

≫僕は
全国ツアー中だったんですよ。

千秋楽を

迎える手前で

全てキャンセルになりました。

≫キャンセルになったていうのは
僕が想像するに

GACKT君の場合は
ご自身の判断だった

ということですか。
≫はい。

≫ですよね。

≫実際に、この状況を
準備していたので

僕の周りの

関係者

中心を固めているメンバーには

いつ上からの指示で

これをやめなければいけない
という

判断が出るか。

いつ受けても大丈夫なように

対応できる準備を
していてくれという話は

ツアーが始まって
真ん中ぐらいですかね。

≫そんな早かったんだ。

それだけGACKT君の方が
危機感を持っていたっていうこと

ですよね当初から
≫そうですね、実際に

僕らは中国でのツアーも
予定していたので

なので中国は
先に行ってたわけですよ。

実際に僕だって
後を追いかけているんですよね。

例えば今、フランスが
こういう状況になって

イタリアがこういう状況になって
ニューヨークが

こういう状況になって
僕らはそれをどんどん

追い掛けているわけです。
だから

未来が見えているわけです。
にもかかわらず、この状況で

こういうふうにしかできない
個々に危機感が

足らないというのを
世界的に見て

そう思われてしまうのは
しょうがないというか

当然ですよね。

≫これだけ
お聞きしたかったんですが

日本は
どこでもそうだと思いますが

GACKT君が
おっしゃったように

リーダーに従うも良し。
自分の考えで

自分自身を戒めて

強烈な自粛に

自分の身を置くのも良し。

ただ、日本の中にも世界の中にも
自分の生活というものがあって

その生活とのてんびんの中で

そりゃあ言うこと聞きたいのは

100%あっても
なかなかそうはいかないんですよ

という方は
多くいらっしゃるわけであって

そういう方々に対して
GA

CKT君が言えることばが
あれば、お聞きしたいです。

≫今、先生たちは
医療崩壊寸前という

言葉を出していらっしゃった
じゃないですか。

でも、もう実際に受け入れが
できなくなっている医療機関も

実際かなり増えているんですよ。

これって結局、日本の中で

楽観的に考えている方たちって

今の現状の数字を見て判断して

いるわけじゃないですか。
実際にこれ

医療崩壊したら

みんな助からないよって
話になるんですよ。

死に対する
危機感だと思うんです。

先ほど、マレーシアの補償の話

ましたよね。
実際にマレーシアの補償の話で

補償されるのって

月に日本円で

10万円以下の

労働者だけなんです。

しかも補償される金額は

月に
1万5000円程度なんですよ。

≫GACKTさん、すいません
途中でCM入っちゃって。

≫大丈夫です。

≫補償はあるんだけれども
というお話でしたね。

≫その補償なんていうのは

実際の水準から考えたら
まったく足らないんです。

でも、補償があるから

実際に家の中にいるっていう

状況じゃないんです。

みんな命を失いたくないという

危機感なんですよ。
でも、それを

少しでも今の日本の方たちに

分かってもらいたいですし。

医療崩壊した段階で

どんどん自分の周りの人たちが

大切な人たちがいなくなるぞ
という話なんです。

それを実感していますか
って話なんです。

≫GACKT君
僕も正直に言います。

もしも、自分が

すでに感染しているとして

誰かにうつすのが怖いし
死ぬのも怖いです。

GACKT君はどうですか。
≫怖いですよ。

本当に。

でも何が怖いって

自分のせいで自分の大切な人を

失う可能性が大きい
ということなんですよ。

自分だけじゃない
じゃないですか。

それをみんな分かっているのか
ってことなんですよ。

≫GACKT君ありがとう。
本当、ありがとうございました。

≫さて来週のシンソウ坂上
こちらです。

≫次回。

≫バリ島在住13年。

プロ野球復帰宣言で
世間を驚かせた

新庄剛志を直撃。
現在48歳、独身生活。

その日常に独占密着。
さらに。

≫家賃3万円。

6畳ワンルームの自宅を

独占初公開。

キッチン、冷蔵庫も何と共同。

この部屋に暮らす
驚きのわけとは。

≫気になる恋愛事情も初告白。

そして。

≫初めて明かされる
病の姉への思い。

さらに

2月に亡くなった恩師
野村克也さんとの

知られざるきずなとは。


関連記事