ダウンタウンDX 志村けんさんありがとう!思い出の爆笑名場面シーン・ドリフターズの裏側やギャラ事情まで大暴露…


出典:『ダウンタウンDX★志村けんさんありがとう!思い出の爆笑名場面シーンSP』の番組情報(EPGから引用)


ダウンタウンDX★志村けんさんありがとう!思い出の爆笑名場面シーンSP[字][デ]


★過去30回ご出演いただいた志村けんさんを笑いで偲ぶ★ドリフターズの裏側やギャラ事情まで大暴露★恋愛にファンとの交流まで「視聴者は見た」★加藤茶が語る志村けん!


出演者

【司会】

浜田雅功(ダウンタウン)

松本人志(ダウンタウン)


【ゲスト】

志村けんほか

番組内容

★過去30回ご出演いただいた志村けんさんを笑いで偲ぶ★ドリフターズの裏側や付き人時代の(秘)エピソード!さらにギャラ事情まで大暴露★恋愛からファンとの交流まで!名物コーナー「視聴者は見た」★27年前の秘蔵VTRを大公開「加藤茶が語る志村けん」★ダチョウ倶楽部が告白!プライベートの貴重な思い出★大先輩に激しいツッコミをするダウンタウンへ愛のある返し★「8時だョ!全員集合」「ドリフ大爆笑」の壮絶な舞台裏!

制作

ytv

おしらせ

☆「視聴者は見た!」スター目撃情報募集中!紹介された方には番組特製オリジナルグッズをプレゼントしてます★番組終了後、Youtubeにて収録合間にポロリと漏らしたゲストの映像公開!詳しくは番組HPまで★

番組ホームページ

★ダウンタウンDX公式HP★

http://www.ytv.co.jp/dtdx/

★LINE、Facebook、Instagramも是非チェックしてね!

キーワード

小泉今日子

キョンキョン

エグザイル

EXILE

ビートたけし

ザ・ドリフターズ


『ダウンタウンDX★志村けんさんありがとう!思い出の爆笑名場面シーンSP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ダウンタウンDX 志村けんさんありがとう!思い出の爆笑名場面
  1. 志村
  2. 加藤
  3. 拍手
  4. 会場
  5. 自分
  6. エーッ
  7. ハゲ
  8. 最初
  9. 写真
  10. ホント
  11. ダメ
  12. 一同
  13. 家紋
  14. 高木
  15. 全然
  16. アハハハ
  17. ビックリ
  18. 結構
  19. 時間
  20. 普段


『ダウンタウンDX★志村けんさんありがとう!思い出の爆笑名場面シーンSP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





(浜田)ハゲてるやん!

<ゲスト出演することが
珍しかった時期から

『ダウンタウンDX』に…>

<今夜は志村けんスペシャル!>

<ここだけの話
てんこ盛りの1時間!>

<日本の当たり前!>

<志村さんだった!>

(拍手)

<さらに 志村さんを
友として慕っていた

ダチョウ倶楽部が
その思い出を告白!>

<そして…>

<永遠のライバル
志村さんへの思いとは…>

<志村けんさんと
ダウンタウンが融合した

ベストトーク とくと ご覧あれ>

<志村さんの…>

初登場でございます。
(松本)よろしくお願いします。

(拍手)

<当時 ほとんど…>

<そんな中 ザ・ドリフターズの…>

1位は この人!

どういうことや?
写真は こちら!

(一同)あ~!

すごいわ~。
28歳。

(志村)これね。
(笑い)

いらんこと言わんでも。
いや ほんとに。

でも志村さん あんまり
変わってないですよね 28歳から。
ほんまや。

ここが こうやって…
変わらないでしょ?

≪ほんとそうですよね≫
≪そっか≫

「そうか」って…。
(笑い)

続いて この人。

きました。
写真は こちら。

≪うわ~!≫
若っ!若っ!

でも…。

…っていう なんか。
わかります?

わかりますよ。
これ いくつ…26でしょ?
26ぐらいですね。

あ~26かぁ。

ですね。
ちょうど…。

少し ちょっと
余裕があるね 顔にね まだ。

今の?
僕 はい。

そう考えたら…。

そうでしょ?

大丈夫じゃん だって 全然。

何で?
やっぱり何か…。

さあ まずは!

(笑い)
え~っ?

これ 志村さんですか?

ハイヒールのリンゴかな
思ってました。

(笑い)

キャンディーズ!
「♪~ あの人は」の これだよ。

『やさしい悪魔』ね。

<さらに
いかりやさんとの貴重な…>

はい 3位は志村さん。

危な…。
これ 危ないですよね。

あっ リハで。
時代劇でね…。

その上から屋根が
こうなってんですけど…。

なるほど。
その上に 千両箱の下に

ローラーつけて 乗って…。

って言うわけですよ。もう上に…。

「次 行ってみよう!」って…。
(笑い)

ほんでリハーサルやったら
スーッと 怖いから

ひっくり返ったらね ドーンと…。

ヤバイな おいって。
それで結局は本番の時には

ガイドをつけてね 周りに
行かないように

やったんですけど
まあビビった あれは。

<そして 今では
誰もが必ずやるアレ

実は 志村さんの
大発明だったんです!>

すごい!
(拍手)

知らなかった。
すご~い!
(拍手)

すごいよ~!
いや 頭はいいのよ。

すごい!
知らなかったですね。

大勢 みんな常連ばっかで…。

「最初は…」ってやんないと
「じゃんけん」ってやると…。

そらそうですね。
「ダメだ 揃えようぜ」つって

「じゃあ 最初はグーな」。

それで…番組では やったのよ。

ず~っと いってる。
(拍手)

すごい!
(拍手)

これは さすがの俺!ですよね。
ねえ?

これは…。

<その じゃんけんに関して…>

これ どういうこと…。
どういうことですか?

いや あの…。

あ~なるほど!

物を掴めたり出来るって事ですか。
ナオコさんも?

(会場)エーッ!
じゃんけん?

よく2人で
じゃんけんしてたのよ。
ちょっと ごめんなさい。

(笑い)

いいニオイじゃん!

ペチーン!いくな。

口に…。

≪口に入ったの?≫

ちょっと やってください。
ちょっと…。

うわ~!そら開きますね。

≪うわ!きれい≫

グー チョキ パーとか
できるんですか?

最初はグー じゃんけんぽい!

ハハハハ!
ほんまや!

何それ?
≪すげえ≫

あ すげえ すげえ!

ものすごい開きますね。
あ すげえ すげえ!

(笑い)

(笑い)

ブーさんばっかり怒るんですか?
長いんです…。

高木さん 仲本さん
加藤さんか俺でしょ。

一番最初なんだよ
朝 最初の稽古が。

ず~っと。

朝からトントントンっと
行きたいじゃない。ね?

そこで ずっと…。

(笑い)
やれこうだ ああだって
言うわけですよ。

ず~っと マイクを通して。

ほなもう待ってな
しゃあないわけですか。
じ~っと待ってるのよ。

早くしろよ。やろうよ ちゃんと
いいからさ…って なっちゃうの。

それは別に…。

ないですね それはね。
しょうがないですもんね。

(笑い)

<そんな 朝から怒られていた

高木ブーさんからは
こんなエピソードが>

なるほど!

あった。今日は速いなっていう時
ありましたね。

○※△☆♪…
知らなかったんだけどね。

何言うてるか ちょっと…。
エーッ!?
いや あの…。

何を言ってるか…。
えっ?
あたしも知らなかったと。

(笑い)

で あの~。

(高木)ちゃんと。
その方に聞いたらね…。

≪5パターン≫

そらそうでしょうね。
すっごい なんか

「♪~ ババンバ バンバンバン」
みたいな時 ありましたよね?
ありました。

もう それやったら
やめたらええんちゃうん?あれ。

あ~ どうしても
やらなあかんのかっていう。

どうしても やらな
あかんのかっていうとこですよ。

「風邪ひくなよ!」とか言うからね。
あれ言わなきゃなんないでしょ。

あ~!茶さんのね。
あ~!

加藤が大変だった やっぱりね。

ハハハ!

何をやねん?

高木さんとこ 楽でいいじゃん
待ってりゃいいんだもん。
そうそう 俺は歌わない…。

俺は…。

あ~そうか。
だから…。

出るわけ。もう大変ですよ。

そらそうですね。
コントの巻きはキツイですよね。

巻きが こうあるんだけど
そのうち カーン!って…。
(笑い)

怒ってる。
投げるの。

「巻けや!」って?
「コマーシャル!」みたいな。

(笑い)

(笑い)

どういう状況やったんですか?
これ 探検隊。

探検隊で結構…。

渡るんだよね?
一間ぐらいの間かな?
そこを渡ってくんです。

ここから あのぐらいの場所を
渡るんですよ。
はいはい…。

高いんです 結構。
で それ ロープを持って

前はみんな スーッと…。

(笑い)

時間が 時間がほら…。
アハハハ!

ポーンポーン みんな渡りました。
そうそう。

でも高木さんは…。

ホントは。そんで うわ~!って…。

で バァ~なって
岩崎宏美の…。

♪~ ジャンカンジャン ジャンジャカジャン

ところが…。

それを 高木さんが。
うわわわわ!

ドーンって。
うわわわわ!

その後の茶さんは?

どうなったんですか?
いや もう…。

うん。

どうしたんですか?
また…。

同じことやったんですか?

(笑いと拍手)

<さらに このあと…>

写真は こちら!

≪え~?≫
右ですよね?

ええ 右ですね。
右が志村さん。

≪え~!≫
ほ~ 凛々しい。

え お隣は?
兄貴ですね。兄貴。

あ お兄さん。
お兄さん。
で お母さんと。

上が 和子ですね。
(高木)あ おっかさん。

(笑い)

こういう頃は あったんですか?
ブーさん。
あるよ。そりゃありましたよ。

あっ そうなんですか?

何がおかしいの?
(笑い)

(拍手)

なんで笑てるん?
癖 癖 癖。

なんで笑てるん?
そういう癖なの。

え?え?え?
そういう癖なの。この人は。

じゃあ 笑わない…。
後半 ダダダ…。

(笑い)

最初は…。

≪いつからなの?≫
反動…反対だよ だから。

食うから。
ハハハ…。

食えるようになったから。

(笑い)

(笑いと拍手)

<元々は…>

<身の回りのお世話まで
していたそうで…>

さあ 2位は志村さん。

これも 嫌ですね~。
これ 冬でね

雪のシーンがあったんですよ。

いかりやさん専属に
付いてる人が

いかりやさんの家に泥棒が入って
帰っちゃったんですよ。

俺が やんなきゃいけないのね。
あ~ はい はい はい。

風呂上がりで こう
「おい 志村」って言ったときに…。

お~!
で 雪のシーンで 終わって

ゆっくり 風呂入って
あったまってから

「おい」って こうやって全部脱いで
このままの状態で

こうやってやってんですよ。
待ってるんですか?それで。

ええ。で 俺もう
「すいません」っつって 俺…。

こうやって。
こうやって やるんだけど…。
≪うわ~≫

それ やんなきゃいけない。
ず~っと。

で その薬を塗って
また持ってくるんだけど

たま~に
ガーゼが中に置いてくんですよ。
あ~ はい はい…。

それ 落ちちゃいけないから
ガーゼだから。
はい はい…。

それ また取ると「いてぇな
この野郎!」って怒られる。
(笑い)

≪うわ~痛そう でも≫

うわ!
うわ~!

(笑い)
≪大変≫

(笑い)

2位は志村さん。

これ どういうことですか?

僕は 付き人でね
加藤さんは ベッドでね

僕は その下で。
そう そう そう。

一応 泊めてもらってて。
そのときに 加藤さんが…。

「どうしたんですか?」
って言ったら…。

「あ じゃあ」って…。

なんでですのん?
これはね 何かね…。

いやだ もう。
(笑い)

(加藤)そういうことじゃ
ないだろう?おい。
(拍手)

え なんででしょうね?

なんで…。
なんか 一緒の生活をしてると
似てくるんですかね?

確かに忙しかったですね?
(加藤)忙しくて…。

ねっ?

はい はい…。

はい はい…。

癖が悪いですね~。
はい はい…癖 悪いですもんね。

いやいや もうおさまった…俺は。
(笑い)

うん。何だかね
鼻血が出るんだよね。

なんやろう?
たまってんだろうね。

運転は。
え?そうなんですか?

(笑い)

くれないんだ いっても。
当たり前じゃないか お前。

え 移動のときは
加藤さんが運転するんですか?
俺が運転する。

ほんで 乗ってるん?
俺は こう そばで…。
横で。横で。

(笑い)
そこを右 そこを右 曲がってとか
そういう…。

(会場)エーッ!

そこまでですか!?
エーッ!

ええ。裸足。裸足で。

やかましいわ!
(笑い)

これ 裸足って言うか!?

こうやって鼻緒つけるのか?
こうやって!
(笑い)

直だから…。

(笑い)
なんか 番組行ったら
美術さんとかが ちょっとこう…。

(一同)へぇ~。
わらじを。でも 都内ではね…。

あれ ズレちゃうんだ
ズルズル ズルズル。

あ~ そうなんやぁ。
昔にね…。

はい。
デパートいたんですよ。
あるデパートに。有名な。

その頃ね はい。
そこに…。

ハハッ…。
でも…。

階段ず~っと こう走って…。
(笑い)

その女の子の売り場 行って
こう 隠れながら

「お~い」。

カッコ悪いもんだから ピシッ!
「向こう行って!

シッ!来ないで!!」って
言われたもんね。

知ってる人間や
思われたくなかったんや。

そうか もう…。

(笑いと拍手)

分かりました。
(拍手)

<貧乏な付き人から

正式メンバーになった 志村さん>

<ギャラも さぞかし
上がったんでしょうね~?>

ギャラとかって覚えてますか?
最初ね…。

(会場)エーッ!?

いいんじゃないですか?
50万。

だって 何年前ですか?

30年前で…。
入ったばっかりで
50万ですか?

いけない?

いや というかさ…。

(笑いと拍手)
俺の方が先輩だろ?「お前」って。

入ったばっかりやったら
そんな…。

(笑い)

≪こいつ≫

≪こいつ扱い≫
≪こいつ≫

<さらに…>

<ゲスト全員が引く姿を
ご覧ください>

大体 まあ…。

(一同)エェーッ!?

そら あの
あの時代のですよ。だから…。

≪うわぁ!≫
(一同)エーッ!

営業だけでやで!
ほんで テレギャラ
CM 何やから…。

≪マジすか!?≫
≪スゴイやん!≫

いや 5等分じゃないから。

長さんが…。

…っていう そういう話よ。
(ゴング)

長さんが 一番取って。
でも 長さんが 一番取ってて

長さんが めっちゃええ車乗って
スタジオ来んねんて。

それにムカついて
茶さんと志村さんで…。

(笑いと拍手)

≪それで?そこで出たんすか?≫

<しかし それを奪ったのが

かわいがっていた
付き人の志村さん>

<その葛藤を…>

♬~

どうも。
どうも どうも…。

こんばんは。
おばんでございます。

どうぞ お座りください。

あれ?こいつには
負けちゃうのかな?と思うんだね。

うん。
で しばらく 悩んだりなんか
したこともあるの。かなり。

<ドリフ一だった加藤さんの
人気を奪ったのが

元付き人の志村けんさん>

ツヤがあるもん。

注さんが 抜けて
抜けましたよね?

うん。
で 4人になってしまう。

4人になった。
これはダメだと。
何とかしないといけない。

そこで入ってきたんが
志村さんですよね?

そうなの。で 志村の場合は

もう その頃で 3年ぐらいね
ボーヤっていうのかな?

そうなんですよね~。
いわゆる
お弟子さんっていうのかな?

そういう感じでいたわけですよ。
これも まただから
珍しいパターンなんですよね?

そのボーヤから
そのメンバーに入って…。
メンバーですから。

主要メンバーに
なってしまうっていうのは

考えられないことですよね?でも。
普通はね。

だから 志村さんが
入ってきたときは

「どうも 加藤さん 加藤さん」って
言うてたわけでしょ?

そうだね。でも あいつはね…。
立場的には。

立場的にはね。
ねえ。それが まあ まあ 言やあ

タメみたいな状態に
なってるわけですよね?

タメ もしくは上かな?
ハハハ…!

加トちゃ~ん。
ハハハ…!

そんなこと言っちゃ ダメ。
ダメ?

リアクション
とりにくかったなぁ 今!

ほいで 僕ね すごく聞きたいのは
志村さんは 加藤さんに

どういう
しゃべり方なんですかね?

あの 普段でもね あいつは
おとなしい奴なんだよね。
はい はい…。

で 「加藤さん 加藤さん」って
言うんだけど

「加藤さん こういう…○※△☆」
って ただ

なんか そんな
ほんとにしゃべり方なの。
あ~。

だから よく出てる感じでもって
言われるんだよね。
はい。

あの もしかしたら 加藤 その

普段でも あんな事をしてるんじゃ
ないか?とかねって

言われるんだけども
そうじゃないのね。

あいつは すごく真面目な奴で。
はい。あ そうですか。

とても うん あの~
人を立てるっていうんですかね?

へぇ~。
うん あの 礼儀正しい奴ですよ。

とても。
あ そうですか。

シーンとして聞いてるけども。
(笑い)

いいんですよ それはそれで。
この辺がね 僕ね
すごく聞きたいとこなんですよ。

で 志村さんが
ガーッ出てきたでしょ?

ガンガン来ましたよね?
それまで まあ 加藤さん1人で

言やあ 笑いガーッとる役
全部 取ってたわけですよね?

志村さんが
ガーッと出てきたときの

その加藤さんの
立場っていうか

その精神的な部分は
どうなんですかね?

やっぱり あの~ 複雑だったよね。
複雑ですよね~。

ねっ。自分が今までやっぱり
芯でとって 笑いとってたでしょ。

で 後から来て 入ってきて
同等に笑いをとられると

あれ?こいつには
負けちゃうのかな?と思うんだね。
うん。

で しばらく悩んだりなんか
したこともあるの。かなり。

やっぱり どんどんどんどん志村が
グングングングン出てくるからね。

で 自分がやってんだけど
やっぱり うん

自分より志村のが
笑いが大きいなあ。

こら どうしたらいいんだろ?って
いうね そういう時もあったね。

でもあの ドリフターズ全体の
ためにはなってるから。

そう すごくいい訳ですよね。
ねっ。すごく こう
活性化されるっていうね。

それで やっぱり そういう
自分の気持ちになるまでが

やっぱりあったですね。
かなり 時間が。
ああ。

これね やっぱりね お笑いの
難しいとこなんですよね。

チームプレーであって
個人プレーですからね。
そうなの。

それ 何のきっかけもなかったん
ですか?吹っ切れるまで。

吹っ切れるまで…
やっぱりね 俺 あの~

志村と一緒に
飲みに行ったりとかね。
はい。

やっぱり あの 普段からいろいろ
こう喋るようなことしたけどね。
はいはい。

笑いって
すごい微妙じゃないですか。
はい。

普段 仲が悪いと
そう思ったらパッと出るし。

並んでてもね。
で 仲が悪かったりなんかすると

殴るんでも ちょっとこう
躊躇しちゃったりするのね。
はいはい。

仲がいいから
思いっきりいけるっていうのは…。
はいはい。

で お客さんってのは
そういうの敏感に感じるから。
はい。

だから なるべく そういうふうに
ならないようにっていう。

やっぱり一緒に遊びに行ったり…
そういうことを こう。

で 志村自身がね
やっぱり自分はボーヤから

メンバーなったんだからって
気持ちがあるから

それも とってやんなきゃ
いけないなっていうんでね。
うちね そういえばね 1回ね

殴り合いの喧嘩したこと
あるんですよ。
(加藤)おっ。

ほんで その5分後に
舞台やったんですよ。

漫才しないといけない。
うん。

もう2人とも もうムカついてる
訳ですよ。全然 顔見ないんですよ。

もう2人が 客にばっかり
こう喋りかけるんですよ。

まあ ウケなかったですよね。
でしょ。

いつもは パーンどつかれても
笑てられるんですけど

このガキ!思うんですよね。

ホントそうなの。
それは何?弱い…

弱い…弱くいっても
そらそう思いますわね。当然ね。
そうなの。

そうそう。弱くきたら弱くきたで

もっと思いっきり殴らんかいって
また それの怒りが出てくる。

殴られるんやったら そらバーンと
音した方がええしやね。

それきたら それきたで
このガキ!

どないやねん!どないしたら
ええねん それやったら。

だから 喧嘩しないのが
やっぱりいいんですね。

一番 だから喧嘩しないのが
一番いいけどね。

♬~

<『DX』の名物コーナー…>

<志村さんは プライベートも
最高に面白い!>

「去年の8月 麻布十番祭りで
志村けんさんを見ました」。

(笑い)
≪何で合わせるんですか≫

そらビックリするでしょう。

(会場)あ~っ!

あららら…。

あ そうなんですか。
いや 住んでたことを その…。

おふくろが どうしても
見たいって言うんで。
ああん?

これ おふくろ!?
(笑い)

…うちの
おふくろは!

ビックリするぐらい。
手を繋いでいましたって
書いてますよ。

手を繋いでいました。
うん。おふくろ うん そう
手 繋いで歩くよ。

いろんな所に出没してますね~。
しかも若い女とね。

う~ん。

いや そういう…。
≪そういうことじゃなくて≫

そういうのじゃない。
そんな健全じゃないよ。

「去年の7月頃
新宿伊勢丹のシャネルで

志村けんさんを目撃しました」。
おおっ!

≪エーッ!≫

≪エーッ!≫

シャネルです。
シャネルで。

いけねえのかよ!
(笑い)

開き直った!

でも…。

なるほど。
やりようがないですからね。

お前 これで買ってこいよってのも
いいんだけど

冷たいじゃん それもね。
で 一応 付き合うじゃない。

俺たち 見るもんないもんね 全然。
いろいろ買い物したやつは

自分で持って…
待ってるんですか。
待っとくの ちょこんと。

は~。
「ねえねえ これいい?これいい?」
「わかんねえよ 俺」。

かなわんなあ おい。
おいおいおい ハゲ おい!

(笑い)

かなわんなあ もう。
この女性は どういう方なんですか
これが ちょっと。

アハハハ!
(会場)エーッ!

すごいなあ。

…連れていく。
アハハハ!
どういう御殿だ…。

「今から18年ほど前に

志村けんさんを
脅迫してしまいました」。

≪かわいい!≫
(拍手)

言ってんのかい!
言ってんのか 結局。

これはタチの悪い脅しですよね~。

そりゃ書くでしょ
だって。
これはね~。

ねえ。学校で言われたら
やだもん これ。
そうですよね。

これちょっと やめましょうよね
こういうことね。

やめてください ホントに。
こんなん言われたら
もう

書かなしゃあないこと
なってまうもん。ねえ。

(笑い)

「10年ほど前 志村けんさんの
家のインターホンを

押しに行きました」。

ピンポンダッシュみたいな
もんですか?

越したばっかだったの これね。
もうねえ。

そん時も ず~っと来るのよ。

本人がね いないよ~って。

…とか言われて。
(笑い)

もう1枚 渋谷でペンネーム…。

「今年の9月の9日
志村けんさんの自宅に行った」。

≪行った!?≫

(笑い)

やめましょうよ ねっ。

ねえ!
それは表札とか お名前
あげてらっしゃるんですか?

一応 志村とはね。
ああ。

もう大体わかってんちゃいますか
まわりも。

結構 有名なんで。
やめた方がいいんじゃないですか
志村は やめて。

うちが近いんですよ。
あ そうなんですか。

志村けんが来る!
そう。あそこの家は
志村さんが来る。

そう!

(笑い)

子どもたちも すごく喜んで

最初のうちは 何かいろいろ。
そら そうですよね。

みんな子どもたちが喜んで…ねえ。
あ~ なるほど。
あんまりしつこいとね。

でも 志村…。

何する?

わかるだろ!

打分田にして。
打分田にしといたら。

撮りに来るじゃん 写真を。

「12~13年前
私は志村けんさんの自宅に

いたずら電話をしました」。

出回ってる?

これはぜひ 聞いてみないと
いけない話ですよ。

出てきたのは小泉今日子?

≪あ~!≫
あっ 小泉の声で

留守電の録音してたの?
「今 けんちゃんいませんよ」
っていうのを。

ほ~!

(笑い)

大先輩や。

ええっ!?

あ そうなんですか。
ホントに多かった うん。

まだ アレですよね
携帯もそんなに

普及してない頃ですもんね。
12~13年前ですから。
え?

留守電 入れたんだったら
家 来たっていうこと?

いやいや…。

仕事場で。
あ なるほど。

家 来ませんよ。
そんなまさか ハハ…。

(笑い)
そんな そんな。

「2月の半ば頃 朝7時に六本木で
志村けんさんを見ました」。

7時ですか。

(笑い)

(笑い)

やったんですよ。
志村さんの?

ええ。
あ そうなんや。

志村さんの誕生日やったって事?

ああ~。
で ダチョウも おったって事?

そう。
朝7時まで!

ず~っと飲んでました。

そら…。

アハハハ!
途中で何かあるんですか?

催し物っちゅうの あるんですか?
催し物 いや もう…。

みんなが飲んでるという。
もう 飲んでるだけ?

ダラダラダラダラ もうず~っと
和気あいあいと こう…。

そうそうそう。
12時間。
≪おんなじ場所で?≫

≪いや 場所は変わる≫
1次会 2次会と。

ああ~。
へぇ~!

途中で1回 ケーキを
こんな大きいのを出してね…。

(会場)へぇ~!

<そんな…>

<大公開!>

六本木で ちょっと…誕生パーティー。
みんなで?

誕生会やってんや!志村さんのね。
はい。

こんな感じで。
≪わ~!すごいケーキ≫

いいですねぇ。

志村さん いくつなったんですか?

(笑い)

嫌やろ?嫌やろ?

ウソつくな。座れ。
(笑い)

怖いな~。

(笑いと拍手)

このTシャツ…。

もう 何か…。

僕なんかは ホントに。

最後に…。

で 「変なおじさん 変なおじさん」
って…。

よ~く見ると…。

あの…。

…が できた訳です。

僕らは みんな…。

あの2人は…。

…とかいう風な事
言ってるんですけど。

で 「ああ すいません…」。

僕は…。

「あそこダメだ ここダメだ」
っていうのが なくて…。

色んな人から 志村さんに電話
かかって来るだろうから 僕は…。

あえて。

「いやいや 違う
師匠 違いますよ…」。

…って言って怒ってましたね。

その時 気づきました。

はい。

これはもう 結構
できあがってるかな?

(大悟)そうですね
もう結構 夜中ですね。

すごい ありがたい
話なんですけど 最初…。

(大悟)ってなって
「はい」っつったら…。

(大悟)
…って ホントに連絡あって。
へぇ~ 何か珍しくない?

で ホントに誰が来るんかも
分からん状態で待っていたら…。

初で…。

(会場)ええ~!
≪すご~い!≫

珍しいよね。志村さん…。

まあ ほとんどサシなんですけど
やっぱ志村さんぐらいになると…。

まず…。

(笑い)
(会場)え~!?

(和田)なんで!?

(笑い)

挟むの好きやな~志村さん。
寿司屋は おんなじ寿司屋行くの?

おんなじ寿司屋に行く…。
おんなじ寿司屋 行くの!?

大先輩やし ものすごい
うれしい事なんですけど。

そういう お笑いの
真剣な話を聞いてる時に

絶対に笑っちゃいけないなって
自分では思ってるんですよ。

絶対…笑う必要もないし。
笑う必要ない。

真剣な話やし 笑っちゃ
いけないなと思うんすけど…。

いつ振り向いても…。

(笑いとゴング)

はい ダメー!
すいません すいません…。

<他では あまり見ない
志村さんの貴重な…>

<…も たくさん
話してくれました!>

まずは この人!

5歳!
はい 写真は こちら。

あらっ!
≪ええとこの坊っちゃん…≫

どれですか?
どれですか?

あ これ!?
≪おお~!≫

何か…。

(笑い)

マジですか。
一張羅ですよ。

これ 両サイドは
お兄さんですか?
そうです。

へぇ~。
僕 末っ子ですから。

で 上が親父ですか?
そうですね。

うわぁ…。
うわ~。

(笑い)

写真が古いから
白いの…。
アハハハ!

これ見たい。
写真は こちら。

≪え~!≫
≪えっ!≫

何か 頭いい感じするね。
利発そうな。

≪何や これ!≫

やかましい!

違うよ そりゃ。これは
じいちゃんが

バリカンで刈ったんだ
こうやって…。

いやいや 賢そうですよ。
いや ほんま。

で。マジ
何や これ。
かわいいわね。

変な顔して撮ってないですもんね。
全然。

まだ…
こうやってないもん だって。
(笑い)

まずは これ。

(会場)可愛い~!

死んでるやん!
(笑い)

撮る人がいないから
寝てる。

ああ そうなん。

(加藤)いつも何かお前
死に顔だな。
ねえ。

だって 自分で撮るんだぜ?
こうやって。

(加藤)
犬に撮らしゃいいじゃねぇか。

犬 押せないっちゅ~の!
(笑い)

志村さん 犬
何匹いるんですか?

え~4頭。
(一同)エーッ!

すごいな~。

このおっさん。
えっ どういう事?

違うって。
ちょっと
半笑いなったやろ?今。

≪半笑いって≫
前のシート
全部 取っ払って

そこ 犬だけ。散歩行く時
「はい 乗れ」わっさ~入れて。

(笑い)
ブーン!

また 犬が酔うのよ
車に こうやって オエッ…。
(笑い)

この写真 腹立つな。
腹立つ?

さあ 見てみましょう。

(一同)おお~!
これ すごいんちゃうの?

何か分からんけど
高いのは分かるぞ。
ねえ。

壺と皿と。

あれは…。

傘立て!

すごいね~!
もらったんですか?これ。

はい。
(笑い)

(笑い)

聞いとけよ!
家紋だよ 家紋。壺の家紋。
家紋や 家紋!

(笑い)

こんな家紋 やだろ…。
(笑い)

これが?
値段 分かんないんすよね?

分かんないですね。
特別注文で作ってるんで

値段は分からないって
言ってましたね。

けんちゃん 何したら
こんなん もらえるの?

えっ?
あの後ろの棚の上は…。

(笑いと拍手)

ほんまや。

(笑い)

ハゲてるやん!
<ダウンタウンだからできる…>

<全て笑い飛ばしてくれた
志村さん>

<でも 中には…>

直だから 痛いんだよ。
ハゲが~。

(笑い)
ハゲ言うな。

全然 ハゲてへんやん。
ハゲてるやないか。

いや…ハゲてるやん!
フサフサやんか!

ハゲてるやん!
(笑い)

フサフサは 言い過ぎだよ。
(笑い)

「6~7年前…前のことに
なりますが

パラオの無人島で
的場浩司さんを見ました!」。

(会場)エェーッ!

(笑い)

へ~ これ覚えてますか?

あの…。

いや そんなことないやろ。
これは 同一人物でしょ。

3センチやで。こんなんやで?
(笑い)

(会場)キャー!

どうしろっちゅうの 俺に それ。

ちょっと 変わってるんですか?
そうですね。

セクシーランジェリーなので
あの 例えば

ブラのトップが なかったりとか。
トップが ないっていうのは?

あの 下の部分とかは
あるんですけど

布の部分が ないんですよ。
姉は それは もう
愛用してたってこと?

愛用してたっていうか
姉が使わないものですね。

姉は もっと
色んなものを持ってるので。

何を…姉は何を持ってんの?

例えば?
例えば そんな かなり…。

え~?

何?何?
テレビで言われへんって何?
あの 色々…。

(笑い)
あ~ビックリした。

ビックリしたわ 今。
(笑い)

教えてくれへんねんもん。
≪いい音した いい音だな~≫

ものすごい ええ音したけど 今。

あ~ ビックリした 今。

(笑い)

<しかし 楽屋での打合せでは…>

ラストの報告は この人!

(笑い)

全然 聞こえへん!

(笑い)

普段 でも 大体 僕は
あの~ あんまりね

わ~ とか言わないですからね。
でかい声はね 出さないですけど。

あれは でも ちっさすぎません?

(笑い)

<とにかく…>

はい 1位は志村さん。

(笑い)

あんた アホやな。

いや この前にね…。

そう思って ベッドルームん時はね
ベッドの周りに

色々 あっちこっちをこう…。
なるほど なるほど…。

電気消して CDかけて
で 呼んだわけ。

すごい いいわけだよ。
なるほど。

パーンと決まったわけ。
終わったあと

フッフッフッって消すのがイヤ…。
それは ちょっと
かっこ悪いですよ。

かっこ悪いんだけど
じゃあ 今度 そうだ!

今度 風呂だな。バスタブに こう
周り ず~っと こう つけて

火つけて こうやって

んで ちょっと風呂入んない?って
言って 脱いで

行こうと思ったら
またげないんだよ これが。
(笑い)

アチ アチ アチ!って 2人で…。

何やってんの?あんたって
言われて 台無し。

(笑い)

そう。便器はキレイなの。

これ ゴルフ場 行って
二日酔いでゴルフ場 行ってね

で 和式なのよ。
コンクリが こうなった和式なの。

こうなってんの。で 気持ち悪くて
うわ~ 気持ち悪い

あっ これ 吐きそう…
と思った時に

ブリって こっちに出た…。
(笑い)

なるほどね まずね。

≪命中してないね≫
やべぇな~って思って
こういった時に

今度は その臭いで うぇ…。
(笑い)

便器はキレイなの。
なるほど。

でも ほら 誰来るか
わかんないから ちゃんと

ティッシュこうやって
泣きながら…。

(笑い)

おぉ!おぉ!

(笑い)

≪1人コントやってました…≫

なるほど。
こういう状態なんですよ。

イスがあって ここに蛇口があって
シャワーがあるんですよ。

で ここに排水溝あったんですよ。
シャワー取ろうと思ったら

こっから ダッと出てきたもんで
うわ~っと思って

立ち上がったら ガンって…。
(笑い)

これが逃げたから
うわ~っと思って この桶で

つぶそうと思ったの こうやって。
そしたら また こっちに来る…。

うわ~って バリバリって
ここんとこ…。
(笑い)

痛い 痛い…。

痛い 痛い…。
熱湯で殺してやろうって
シャワーで あつ~くして

このやろ~!ってやったの。
そしたら自分とこに…

あ~って
自分の足にかけちゃって。
(笑い)

もう 頭 痛ぇ。
ケツ痛ぇ 足は痛ぇで。

風呂 入れなかったんだから。
(笑い)

しかも
退治できてないですもんね。
できてないんだ。

負けちゃったんだから。
すごいな~。

しかも それを
素っ裸で やってたわけでしょ?
はい。

(会場)へ~。

そうですね。覚えてないしね。
パソコンも やってないから

入ってないわけですよ。
だから あ~ いいや!

じゃあ 運転手 電話しようって
思ったら それも分からないの。

なるほど。
なんにも出来ないのよ。

その 店にも分からないでしょ
番号が。

どうしよう
どうしようってなって。
(笑い)

それから もう 必ず 同じものを
常に2個持ってんですよ。

あの~ 名前も全部 入って。
入って。

じゃないと だって
なくしたら危ないでしょ?

じゃあ今日 初めて知り合った人と
電話番号交換したら

2つ同時に
入れちゃうってことですよね?

こうは できませんけどね。
(笑い)

どっちにも入れて。

これ でも なくす時 同時に
なくすんじゃないっすかね?

常に持って歩かないと。
だって 意味ないじゃない。

うちあったら。

(笑い)

(笑い)

(笑い)
こいつ言うな。

志村!
呼び捨て!

違いますよ。外で だから
電話番号 聞くでしょ?

ほんで 家帰って もう1個の方に
入れるんですね?じゃあ。

あ 歩くのは もう…。
でも バッグも なくす可能性…。

(笑い)
おかしいでしょ~。

1個は家の方が
いいんじゃないですか?
いやいや。

前 うちでね 2個 置いといて
1個を持って

あれ?1個ねぇな。
おかしいなと思ったの。

で 自分の番号 頭いいね
鳴らすわけ ピピッとこう…。

(笑い)

鳴ってんのよ。
プルルル…って鳴ってんのよ。

何これ?バイブがブル…って

犬が ちょうど くわえてんの。
マジっすか?
(笑い)

ゴールデンの ちゃんと
口の中 入る…。
(笑い)

今の ちっちゃいからね~。
犬が ウゥゥゥ…。

(笑い)

♬~

<来週の『DX』は…>

♬~

こうやって やるんだけど

それ やんなきゃいけない ずっと。

(笑い)

うわ~っと思って
立ち上がったら ガンって…。

出すんだよね。
いやだ もう。

(笑い)

「巻けや!」って?
「コマーシャル!」みたいな。


関連記事