アメトーーク! ありがとうノムさん芸人 出川の熱烈オファーで実現・野村監督が野球界に残した栄光と軌跡…


出典:『アメトーーク! ありがとうノムさん芸人 出川の熱烈オファーで実現』の番組情報(EPGから引用)


アメトーーク! ありがとうノムさん芸人[字]


▽出川の熱烈オファーで実現▽野村監督が野球界に残した栄光と軌跡▽伊達…ぼやきモノマネ▽渡部&陣内&田中&中岡…俺たちが語りたいノムさん伝説▽名言…戦略…指導法


◇出演者

【MC】蛍原徹

【ゲスト】出川哲朗&サンドウィッチマン伊達&陣内智則&アンジャッシュ渡部&ずん飯尾&ロッチ中岡&アンガールズ田中/ますだおかだ岡田&ナイツ塙

◇おしらせ

☆詳しくはコチラ!

https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/


『アメトーーク! ありがとうノムさん芸人 出川の熱烈オファーで実現』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

アメトーーク! ありがとうノムさん芸人 出川の熱烈オファーで実現
  1. ノム
  2. 出川
  3. 伊達
  4. 陣内
  5. 渡部
  6. 監督
  7. 遠山
  8. 一同
  9. 本当
  10. 葛西
  11. お前
  12. 古田
  13. 中岡
  14. ヤクルト
  15. 選手
  16. 飯尾
  17. 野村
  18. サッチー
  19. 阪神
  20. 松井


『アメトーーク! ありがとうノムさん芸人 出川の熱烈オファーで実現』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





〈今夜は
ありがとうノムさん芸人〉

〈出川の熱い思いで実現〉

〈野球界の宝を語り尽くす!〉

〈あと少し
放送ストックありの…〉

〈今夜は

〈感謝の思いを伝えたい
野球ファンが集まった〉

(蛍原)よろしくお願いします。

出川さんが もう
ぜひ これ やらしてくれと。

今日は…。

出川さんの楽屋にね

ノムさんが亡くなられた
3日後ぐらいに行って

「ありがとうノムさん芸人
僕 やりたいんです」って

言ったんですよ。
ほんなら 出川さんが

「俺は 実は もう
加地さんにメール送ってる」と。

「でも 僕 ノムさんのエピソードで
そんな面白い事は

別に言えないんですけど」って
言ったら

「笑いなんか関係ない。 熱ければ
それでいい」って おっしゃった。

だから 今回
僕 お笑いとしては…。

ええー!
(田中)先に言っちゃう…?

保険かけるの
やめてもらえますか?

どないやねん!
(田中)正直でいい。

(出川)熱は…
熱は ちゃんとあるからね。

(中岡)
熱は めちゃくちゃあります。

そのメンバーは わかってますよ。

ただ こういう時って なんか
女性 いるじゃないですか。

ちょっと
野球 知らない女性がいてて

わかりやすく
みんな しゃべろうとするけど

野球バカばっかり集まってるから。
(一同 笑い)

今日は だから… いいんですね?
気にしなくていいんですね?

なんでもいいよ
なんでもいいです。

そこは ちょっと お願い…。

いやいや…! ホトちゃん
今日は勘弁してよ。

(一同 笑い)
(伊達)普通に視聴率 取れますよ。

まず
八重樫の話からしましょうか。

いやいや 伊達ちゃん…
やらなくて…。

そういうのが
ダメなんです。

変なノリ? 気を付けます。

カープは ノムさんの…
カープファンは ノムさんは…。

ノムさんって 野球好きであれば

引退したあとの解説とか

そういうとこで やっぱり
あの解説 聞きたいって…

いろんな角度から
ノムさんって語れるんです。

僕なんか あの…。

(伊達)僕が野村監督の
モノマネして やりました。

どんな感じなの? ノムさん。
(伊達)いや やっぱりね…

マー君は素晴らしい選手ですよ。

(塙)見える。 見える 見える。
見える 見える。

「失敗」と書いて
「せいちょう」ですよ。 ええ。

マー君 神の子 不思議な子です。
ええ。

安倍首相 振って 笑いある時に…。

(陣内)絶対 安倍首相でウケたのに
なんで 今 やったんですか?

すみません。 『脳ベルSHOW』で
ちょっと疲れてますから。

関係ない! 『脳ベルSHOW』
関係ないですよ!

(ホイッスル)
いいかげんにしなさい!

ずっと持ち歩いてる。

(拍手)

出川さん ここからは…
もうね リーダーですから。

進行させていただきます。
お願いします。

(陣内)もう 我々ね 今回
出川さんをMCという事でね

ギャンブルスタートをします。

ノムさんが考えた
ギャンブルスタート。

お願いしますよ。 先発ですからね。
ただ リリーフは

本当に たくさんいますから
リリーフは。

(出川)いや そうなんですよ。
一か八かの作戦なんだから

『アメトーーク』も 今回 俺を
あのMCという事で

ギャンブルMCで…。

こら!

こら!

今 ランナー 挟まれてますよ。
挟まれてますよ 今。

やばい…!
(飯尾)スライディングで… 戻って!

(実況)3球目… 第3球を投げた!
打った!

セカンドゴロ!
セカンドからファースト!

ヤクルトスワローズ 日本一!

〈ヤクルトでは
3度の日本一に輝き

計4球団 24年にわたり
監督を務めた名将〉

〈現役時代は 歴代2位の
657本のホームランを放ち

史上最高の
打てるキャッチャーで…〉

はい! ワン ツー ワン ツー!

〈どんな時も野球界を盛り上げた
大監督〉

いいお話したからね。
ためになる話を。

(拍手)
(渡部)本当に短くね。 本当 短く。

(出川)はい 野村克也さんですね。
京都府出身なんですけれども。

本塁打657本 打点が1988打点。

何がすごいって キャッチャーで

しかも 今まで
プロ野球の中で歴代2位の…。

えっ? 王さんの次ですか?
(出川)王さんの次なんですよ。

そうなんや。
(出川)だから

王選手に抜かれるまでは
本塁打も

ずっと1位だったんですけれども。

だから そういうところで
王選手に…。

全部です。 打点もです。
打点も1位。 本塁打だけじゃなく。

試合数も
1位を全部 取ってるんですよ。

いや もう そんなの大丈夫だから。

(一同 笑い)

ちょっと
こっちでは もめないでよ!

(渡部)それを言わないと…。

そんなの1個1個
お前の その情報だけの…

わかってるって! そんなの。
(渡部)打点もだからね。

ちっちゃい記録の事じゃ
ないんだよ!

(陣内)いいよ 出川さん。
(出川)もう あんなね…

ちょっと調べてきて
しゃべるようなヤツとは

違うんだから!

ホームランだって あの…
3位の門田博光かな?

だから 100本ぐらいの差
ありますからね。

長嶋さんでも
444やもんね。

(出川)それでも やっぱ長嶋監督は
日本のスターという事で

「ONはヒマワリで俺は月見草だ」
という

名言が
出てくるわけなんですけれども。

王さん 長嶋さんは
お笑いでいう ビッグ3ですよね。

ああ なるほど!
(飯尾)タモリさん たけしさん。

だけど 俺は 本当は
ビッグ4だと思ってる。

鶴瓶師匠!
だから ノムさん 割とね…

なんとなく 俺は芸人さんで言うと
鶴瓶師匠じゃないかって。

飯尾さん いい!
飯尾さん いいですね。

そうなんですよね。
(出川)さあ そして

小中学校時代ですね コーラス部と
野球部に所属なんですけれども。

歌手になりたかったっていう
そういう面もあったんですよ。

後にね
CDも出されてるんですよね。

『女房よ…』っていう。
『女房よ…』?

これがね… この歌詞
すごいですよ 本当に。

えーっと…。

…とか 奥さんの事を
絶賛する歌があるんですよ。

その歌詞を書いてるのが
野村沙知代さんなんですよ。

(岡田)サッチー!? サッチー!?
(出川)自分で書いちゃったの…?

それを承諾できる…。

懐が深いね。
(中岡)懐が本当 深いんですよ。

(出川)そして 1954年 18歳の時

南海ホークスに入団いたします。
高卒で。

新聞募集のテスト生で
入るんですよ。

新聞で募集してたんだね。
(渡部)新聞募集。

えっ!
(田中)その当時

新聞で募集してた…。
(渡部)更に言うと

遠投がね 75メートルから
80メートルなんですけど

ノムさん
全然 届いてないんですよ。

これ ダメだと思って
後ろにいた先輩が

「お前 前 行って投げろ」
って言って

5~6メートル前に出してくれて
それで受かった…。

マジで!?
(渡部)だから

めちゃくちゃ
奇跡の入団なんですよ。

そこから この試合数とか
本塁打を考えると

めちゃくちゃ努力した
苦労人の人生なんですよね。

で 1年目 クビになるんですよ。
オフに。

1年目 クビになって
「クビにするなら

僕 南海電車に飛び込んで
自殺します」って言って

「どうしても 2年目」
って言って…。

ホンマに それを言ってるの?
その会社の人に。

しかも その前にね
ノムさん その球団に

「僕 何もしてない」と。
「ずっと ブルペンで

球 捕ってただけで
なんでクビなんだ」っつって。

それで直訴するんですね。
そう!

(飯尾)これ だから 若手芸人がね

番組始まって
1クールでクビになる時に

「俺 ひな壇で何もしてないですよ」
っつったら

「うん それだからだよ」って
言われますもんね。

そうやんね! そう そう そう!
それで なんで…。

めちゃくちゃ練習してて

誰よりも手のマメが
すごかったんですよね。

選手 集められて…
「お前 ダメ ダメ」っつって

「見ろ」っつって 「野村の手
これ すごいだろ マメ」って。

「これ いい手してる」って
1人だけ褒められて

そこから また 評価が上がる…。
そうなんや!

正捕手のキャッチャーとかが
なんか ケガしたりとか

2番手もトレードされたりとか

3番手も 頭に
デッドボール 受けたりとか

本当
4番手ぐらいだったんですけど

そういう奇跡が重なって
レギュラーになったって…。

いやあ…!
そんな事あるの!?

でも 遠投の…
短くやって受かったっていう話

渡部 ありがとう…。
(渡部)知らなかったでしょ?

いやいやいや…!

交代はダメ…。
「交代は」って…。

クビにしないでください! ねっ!

やってる やってる やってる…!
やってます…。

まだ 打席 立ってないでしょ。

えっと ほんで…。
(渡部)冷たいな!

(出川)そして もう そのあと
どんどん どんどん

すごくなってるんですけど
なんと 選手兼監督就任です。

自分が4番を打って
現役バリバリで監督やるって

まず とんでもない事だからね!
すごい…!

ノムさん 確か
それでも 40本ぐらい

ホームラン 打ってますからね。
(渡部)晩年じゃないんだよね。

晩年じゃなく バリバリの頃に
もう 兼任を…。

(出川)さあ そして
大事件が起こります。

南海ホークスを退団します。
(飯尾)ミスターホークスですよ。

サッチーと ここで出会って

サッチーが 球団の事にも
口を出して…

いろいろ
そういう問題が起きて…。

えっ? それで やめたの?
(出川)はい。

そんな時に 野村監督が呼ばれて

「野球を取るか 女を取るか
どっちを取るか?」って

二者選択を迫られたんです。
その時 ノムさんは

「他の仕事はあるけれども
サッチーは… 野村沙知代は

世界に1人しかいないから」
って言って

なんと サッチーを取るんですよ!
その時に。

男気。
そっか…。

いや すごいでしょ?
すごい!

だから 俺
ここをね どう思ってるのか

陣内君に すごい聞きたいのよ!

どういう事なんですか?
どういう事なんですか?

今の話 聞いて どう思うのかなと。
(陣内)いや どう思うのかって…。

だから ノムさんも だから…。

(一同 笑い)

いや もう… もう いいと。

あれ 今までで 一番笑える
キスシーンだよね。

野村さんが こう いこうとしたら
サッチーが嫌がって

それを強引に こう…。
(中岡)面白かったね。

何 首 持って…。

もう 誰もが ほほ笑ましくなる
キスシーンっていう…。

本当 好きやったんでしょうね。
(伊達)大好きですよね。

南海の大監督が それを捨てて
愛する人を…。

これがあったから
江夏さんが怒って

南海 やめたんですよ。
へえー!

あと 柏原。
後の日ハムの… 日ハムの4番。

ドンドドンド ドンドドン 純一!

こうや… 割と こうなって…。

ドンドドンド ドンドドン!
(陣内)蛍原さん!

蛍原さんがやったらアカンです。

一緒やねん!
(陣内)誰が 柏原純一…。

落合さんに 割と ちょっとね…。

純一!
ドンドドンド ドンドドン 純一!

こういう感じ…。
(伊達)マニアックなんですよ。

マニアックかな?
ねえ すごい選手よ。

(出川)さあ それでここからですね
テレビ見てる皆さんも

イメージがあるのは
ここから 監督時代になります。

監督としては せんご… 1053勝。

代わります? そろそろ。
(出川)いやいや… ごめんなさい。

戦後みたいになってる…。

(出川)ごめんなさい。
説明ぜりふになると…。

(一同 笑い)

何を 普段は噛んでへんみたいな…
まあまあ噛んでますよ!

(飯尾)失礼な!
(伊達)いや でも いい感じだと…。

監督として 1053勝。

えっ? なんて?
(出川)いやいや… 今…。

違う 違う!
こういうのいらないのよ 今回は。

(一同 笑い)

ちゃんと出川さんが
やってください言うて…。

こういう くだりが
イヤなんですよ 今回。

だから やりますって!
やりますよ。

監督として 1053勝。

なんで こうなるの…?

監督として 1092敗。

これは どちらとも
平成1位でございます。

(陣内)負けも勝ちも?
(出川)マチも勝ちも。

(陣内)えっ? 「マチも勝ちも」?

「マチも勝ちも」ってなんやねん!
(出川)本当… もう やめよう!

ちょっと やめよう…。
(塙)ワンポイントで

交代してくださいよ。
(岡田)葛西 遠山 葛西…。

もう 本当に いらないから
そのくだり。 本当に!

(出川)スルーしてください。
そして ここからですね

私の ヤクルト監督に
なるわけです。

「1年目に 種をまき
2年目に 水をやり

3年目に
花を咲かせましょう」と言って

本当に 3年目
ヤクルトを優勝させるんですよ!

(拍手)
すごい!

ホンマに有言実行ですね。
(中岡)ヤクルトは ちょっとね

低迷していた時期
やったんですもんね。

(渡部)これ 4球団で
監督やってるじゃないですか。

南海 ヤクルト 阪神 楽天。

4球団中3球団

最下位の時なんですよ
バトン もらったのが。

逆に言うと 弱い時
もう どうしようもないから

ノムさんに頼むしかなかったです
プロ野球史は… どのチームも。

ヤクルト監督時代は
もう 4回 優勝して

そのうち 3回は
日本一にもなってるんですよ。

ホンマに すごい。
一番いい時代ですよね。

池山さんとか その辺りですか?
(渡部)そうです… 池山 広澤。

古田 広澤… はい。

そして ヤクルト監督をやめた
その次の年

阪神の監督を
引き受けるわけですよ。

阪神は 新庄が…。
ああー! 新庄の時。

ああー! 打った…!

〈そのシーンが こちら〉

でも やっぱ
野村監督をもってしても

あっ そうやったんや!
(渡部)全部 最下位。

で 抜けて 次
星野さんになった時に

いよいよ花が咲いて
ノムさん時代 育てた選手が

活躍して 優勝にいくんですよ。
だから ノムさん また ちょっと

損な役回りというか。
(出川)それで 阪神

3年 監督やるんですけれども
ここでも また

サッチーが 問題を
起こしてしまうわけなんです…。

『SUCH A BEAUTIFUL LADY』っていう
CD 出したあとですから。

知らんわ!

詳しすぎるだろ。
(陣内)知らんわ! そんな…。

サッチー ラップ 歌ってた時期
あったじゃないですか。

知らん 知らん…。
そんな覚え方…。

(出川)さあ そして
そのあとですね 楽天の監督に。

イーグルスは 2005年に創設した

本当に
新しい球団だったんですけど

野村さんが
監督をやってくださって

やっと こう プロ野球のチームに
仲間入りできたかなという。

阪神と ちょっと
似てるとこがあって やっぱり…

星野さんが優勝してるんですね。
(岡田)ああ 後ね。

(伊達)野村さんがやめて
また ちょっとしてから…。

でも 星野さんも 事あるごとに

「それは野村さんが育てた選手で
僕は…」って事は

阪神でも楽天でも ずっと…。
(伊達)ちゃんと言ってますね。

(渡部)
これね 阪神と楽天の間に 実は

アマチュア野球 シダックス
社会人野球チームを… 監督を。

ここもね
いろいろ 改革を起こして

当時 呼んだ キューバの選手

パチェコ キンデランっていうのは
そのまま 北京オリンピックの時

キューバの監督と
打撃コーチなんですよ。

だから 野村ID野球は もう
全世界に広がってるっていうね。

かなりの 功績なんじゃないかな
という事なんですよね。

とにかく 選手としても
すごかったし 監督としても

とんでもなかったと。
(伊達)名将でございます。

それが野村克也さんでございます。
(伊達)素晴らしい。

分業制って言ってたけど
代わらなかったですね。

完投ですか?

(一同 笑い)
(渡部)めちゃめちゃ点取られて…。

生意気ですよね!

〈このあと どうしても伝えたい
ノムさん伝説〉

アメリカの…。
なんで?

俺が語りたいノムさん伝説!

出川さんから お願いします。

(出川)僕はね 92年の

野村監督のヤクルト初優勝の年
なんですけれども

その時
優勝争いしてたんですけれども

この試合 落としちゃったら

絶対 優勝 ほとんど無理だよ
っていう試合が

広島戦だったんですよ。

その時 1点負けてて
7回に ツーアウト一塁で

バッター 当時 広島の4番の江藤。
江藤さん!

そこに ピッチャー交代です
っつって代わって出てきたのが

荒木大輔だったんですよ。
うわー…!

(出川)荒木大輔っていうのは

甲子園の 本当の
アイドルだったんですよ。

その荒木選手が
ケガしちゃって

(出川)その復活登板を

その優勝争いの一番大事な
しかも 相手が4番バッター。

もう 俺はね ラジオで
当時 聴いてたんだけれども

「ピッチャー荒木」って…
「うわー!」ってなった瞬間に

神宮球場が揺れたのが
はっきり わかったんで。

マジで マジで…!
ラジオなんだけど。

ラジオが揺れたんですね。
(出川)神宮球場も揺れて

その振動で

(渡部)ラジオ揺れないですよ。

〈ヤクルト1点ビハインドの
7回裏〉

〈荒木が4年ぶりに登板〉

〈そして…〉

〈渾身のフォークで空振り三振〉

〈この荒木の復活が呼び水となり

ヤクルトは
優勝へ快進撃を見せた〉

だから 僕は
ノムさんは ID野球…。

データでね…。
(出川)そう データとかなんとか

言ってんだけれども ここ一番は
データじゃない采配するんですよ。

結構 ハートの ここの…。
人間味があって。

それで ヤクルトが優勝して
伝説の日本シリーズ

杉浦の

(出川)これね VTRある…。
あるの?

いや 見たい! いいの…!

〈92年 日本シリーズ
西武 対 ヤクルトの第1戦〉

〈14年ぶりに
セ・リーグを制し

若さで勢いに乗る
野村ヤクルトに…〉

〈3年連続日本一を目指す
常勝軍団が牙をむく〉

岡林!

〈同点で迎えた 延長12回の裏
ワンアウト 満塁〉

〈ノムさんは ここで なんと

40歳 シーズン打率わずか1割台の
杉浦を代打に〉

(飯尾)「鹿取さんだ!」

〈ツーストライクと追い込まれた
3球目〉

(渡部)「追い込まれてたんだ」

(伊達)「このバット投げるのが
格好いい!」

〈野村采配 ずばり!〉

〈代打サヨナラ満塁ホームランで
ヤクルトが勝利した〉

打率1割8分2厘の選手を出す
っていう事は

あれで ダブルプレーとかなったら
ノムさんの責任ですよね。

心中ですよね。

それを信じていったんですよね。
(出川)あえて 杉浦でいって…。

だから ノムさんが やっぱ
すごかったなと思ったのも

この第3戦で
その年 高校を卒業して

1年目だったんですけども
石井一久。

ああー! 一久!
(出川)この年 0勝だったのに

日本シリーズの大事な3戦目に
先発させるんですよ。

普通 出せないですよ
なかなか 監督としてね。

やっぱ 心理戦も強くて ノムさん。

オリックス…。
(岡田)あっ! きた!

(飯尾)やっぱ… イチローですよね。
(岡田)イチローね。

1番 ライトフィールダー
イチロー スズキ!

ウー! ワー ワー ワー!
これですね!

出た オリックスファン!

オリックス きました。
これこれ。

シリーズ前からね
ノムさんは 記者に

やっぱ イチローの…
唯一 弱点 インハイだと。

だから インハイを
どう攻めきれるかって

記者に言うんですよ。
ニュースになったりして

イチローは それを意識し始める。
あの天才が。

それで まんまと やっぱり
インハイを…

ハイボールのスピードボールを
打って

ポップフライ
封じ込むんですよ。

途中からアウトローも
バンバン使うようになって。

で グッチャグチャになって
最初 打てないんですけど

途中から やっぱ イチロー
対応してくるんですよね。

打つんですよ イチローが。
ここもね… 頭脳戦で

すごい見応えがあったんですよ
この2人の戦いも。

これは 阪神時代も
やってるんですよ ノムさんは。

そういう作戦っていうか。
F1セブンって覚えてます?

ノムさんがF1セブンって…。

赤星 藤本 上坂 沖原 平下

で 高波
松田っていうのもいるんですよ。

F1セブンだって言うたら
警戒するわけですよ。

他の5球団は。

ただ ホンマに速いのは
赤星なんです。

(一同 笑い)
(岡田)1台で… F1 1台。

『パワプロ』で見たら 平下とかね
走力Eとかなんですよ。

(岡田)F1 ちゃうがな おい!
(陣内)全然アカン… 全然 遅い。

今で言ったらね…
お笑いで言うたら

第七世代って言うだけでね
やっぱり ちょっとね…。

第七世代じゃないヤツも
いるじゃないですか 中には。

よく考えたら
もう35ぐらいのヤツも…。

EXITの りんたろー。は
沖原みたいな…。

りんたろー。は もう…。

(陣内)第七じゃない…
あいつ 35歳ですから。

あと ノムさんの すごいのは

いろんな事を
アップデートできるっていうか。

YouTubeで新庄選手も…。
やっぱ 新庄さんといえば

野村さんと
すごい 関係 深いんですけど

監督にね…
ノムさんが来た時に

「ミーティングが長い」っていうの
新庄選手 聞くんですよ。

2時間! これ イヤだっつってて。

初日の日に ノムさんの部屋に
コンコンって いきなり…。

それも おかしいんですけど

「お前だけだ 初日に俺の部屋に
来たのは」って言われて…。

で 「人間の集中力は45分ですから

45分にしてください」って
言った…。

言ったの?
(田中)そう! 言ったんです。

そしたら ノムさん
その日のミーティング

もう 50分で終わらしたの。

2時間の予定だったものを
ギリギリ抑えて。

それを変えれる。
あんなチャラチャラしたヤツが…。

(一同 笑い)

これは合ってると思ったら
アップデートできるんですよ。

で そのあとも ミーティング
何回かしてて 新庄選手が

同じ事 何回も言うなあって。
2回 3回と。

そしたら コンコンって…。
行ったの? 行ったの?

「監督 同じ事を
2回 3回 言ってます」。

言いに行ったの?
(田中)「これ 2回 3回 言うと

監督 すごいのに すごい人じゃ
ない感じになります」っつって。

そこから 2回 同じ事 言ったら
「これ今 2回 言ったな」っつって

「新庄 ごめん」って
言うようになったんです。

結果 ノムさん 可愛がるもんね
新庄をね。

調子が落ちると 新庄選手って
モチベーション下がるんですよ。

で 野村監督が

「お前 どうやったら
いいモチベーションで

やってくれるんだ?」って
言ったら

「そりゃ もちろん 4番っしょ」
っつってるんですよ。

生意気ですよね!
(一同 笑い)

打ってないのにね
打ってないのにね。

そしたら 次の日から 野村さん
4番に新庄を…。

したの?
(田中)…にして

調子が めちゃめちゃ上がって

新庄選手 自分の中で
ベストの成績を残して。

ピッチャーも
させてましたからね。

新庄に「お前 どこをやりたいねん」
っつったら

「ピッチャーです」って
言ったらしい…。

「じゃあ ピッチャーやれ」
っつって。

〈オープン戦に登板した新庄〉

〈元木をショートフライ〉

(渡部)「ワンアウト取るだけで」

(田中)「これ もう 145ぐらい…」
(渡部)「…ぐらい出てる」

(陣内)「速いな!」

〈その後も抑え 見事 無失点〉

やっぱ ノムさんは
導くっていうか乗せるのが

うまいですよね 選手を。

宮本さん。 宮本慎也さんも

やっぱ ヒョロッとして
入ってきたらしいんですよ。

PL行って 大学行って
プリンスホテルですから

エリートはエリートなんですけど
プロとしては ちょっと

ヒョロッとして
ノムさんの目からは…

あれ? これ 打撃もね
パンチ力ないし どうするか…。

でも やっぱ 守備はうまいと。
で 宮本さん 呼んで

「スターは無理だけど
脇役の一流になれ」って。

それで 宮本さんは また
スイッチが入るらしいんですよ。

「唯一 お前が生き残る方法は
脇役の一流になる事だ」って

言ったんですよね。
で 僕も お笑い 新人時代に

僕の先輩の
ブッチャーブラザーズさんに

「渡部…」と。
「売れる方法が1つだけある」と。

「やめない事だ」って
言ってくれたんですよね。

ただ ブッチャーブラザーズ
やめてないのに

全然 売れてないんですよ 今。
(伊達)ひどいよ… ひどい…。

(一同 笑い)

全く売れてない…。
(飯尾)ブッチャーさんね

ネタ見せた時 「ずんはね

やすがツッコミなんだから
もっと 悪になれ」っつって。

「お前は ちょっと 優しすぎる」と。
「ツッコミなんだから」って。

次の日 やすが ガードレールの
外を歩くようになったっていう…。

「それ マナーが悪いんだ やす」
っつって。

(陣内)なんなんすか? その話。
なんなの? その話…。

やたらと 俺に 消しゴム
貸してくれなかった… ネタ作る時。

ちょっと 勘違いして…。
伝わらなかった やすに…。

ツッコミとしてね。

あと ノムさんで有名なのは
3つあると。 指導方法…。

それが
「無視」「称賛」「非難」っていう。

さっきの新庄さんなんて
多分 「称賛」なんですよね。

持ち上げて伸ばすタイプやと。

桧山さん… ちょうど好きな
阪神の桧山さんが暗黒時代の時に

残り1試合を残して
3割ちょうど…。

でも 次の試合に出たら

ひょっとして
2割になっちゃうかもしれない…。

でも コーチとか周りは
もう 絶対 大丈夫って。

桧山 もう出さないであろうと。
暗黒の最下位やから。

でも 監督からは 全く…。

ひと言も 桧山さん
しゃべった事ないらしいんですね。

いわゆるシーズン中でも ひと言も
監督としゃべった事ない…。

無視なの?
(陣内)無視なんです。

ほんで 4日ぐらい
空いたらしいんですよ。

桧山さんは もう
練習しかないじゃないですか。

もう出るんやろうと思って。
ほんで 広島球場の最終戦の

本当に 試合 数時間前に
監督室に呼ばれて

「桧山 おめでとう」って
言われたと。

初めて それが…。
で 「お前は もう出なくていいよ」。

「3割 おめでとう」っていう言葉が
唯一 会話らしいんですね。

へえー!
(陣内)でも 桧山さん的には

この「無視」を
ようやく抜けたという事で

俺は もう 次のステップに
いったんだっていうので

そこから また 4番で
活躍するようになるんですよ。

「おめでとう」は「称賛」だったのね。
ええな!

だから 実はね

お笑いに ものすごく
当てはまるんですよね やっぱ。

田中君でいったら
売れてない時が「無視」。

ほんで 出てきた時
キモ可愛い…。

(渡部)「称賛」…!
(中岡)「称賛」。

で そこから
「気持ち悪い」だけが残って

ずっときてるじゃないですか。

それ 自分で言わせてくれよ。

(一同 笑い)

何 分析してんだよ 人の人生。

ああ そういうもんか。
(中岡)陣内さんも…。

自分の人生で言ってくれよ!
(中岡)陣内さんも

売れてない時「無視」。
結婚で「称賛」。

離婚で「非難」。
(一同 笑い)

ああー 伊達ちゃんは…!
でも 「非難」がないか!

伊達さんの場合も やっぱ

売れてない頃 まさに…。
「無視」。

(中岡)それで M-1でドカーン!
(出川)「称賛」。

(中岡)「称賛」の時期
めっちゃ長いですよ。

ほんで最近
面白い芸人ランキング1位とかね

トークが面白い芸人1位とか
好感度1位… 1位とりすぎて

いや そこまで 全部
1位じゃないやろと…。

(伊達)誰が非難してんの? それ。
誰が非難してんの? それ。

全部が全部は1位は無理やろ
って事と

非難を 今 受けてるんで
今から 今 一流の道 歩んで…。

じゃあ 芸人も当てはまるんだ。
(伊達)みんな当てはまるんですね。

あと ノムさんの名言で

「三流は金を遺す 二流は名を遺す
一流は人を遺す」

って言葉があるんです。
ああー 素晴らしい!

今 野村さんの教え子たちが

とんでもないんです 今…
プロ野球12球団中

6球団
ノムさんの教え子なんですよ。

高津 栗山 三木 辻 与田 矢野

全部 野村さんの所で… 通ってる。

すごくないですか? これ。

半分ですよ 12球団の。

侍ジャパンの監督も… 稲葉さん。
今 ほぼね

野村チルドレンなんです
日本のプロ野球って。

稲葉監督っていうのは
大学時代 ノムさんが 直接

カツノリ選手の
試合を見に行った時に

対戦相手だったんだけど
その時の稲葉選手の打撃見て

ノムさんが
ドラフトで指名する…。

そうなんですか!
カツノリを見に行ったのに。

井端も そうですからね。
井端の 中学校時代の時に…。

(塙)港東ムースで 井端を見て
井端が すごい… ピッチャーで

「めちゃくちゃいいピッチャー
いる」っつって。

「で あの子は どうするんだ?」
っつったら

「もう普通に高校行く」っつって。
「いや 絶対 あいつプロ行くから」。

「1つだけ 助言があるけど
ピッチャーじゃなくて

ショート守った方がいいよ」って。
(一同)ええー!

井端をノムさんが その時に…。
(伊達)ショートにしたの?

なんで わかったんだろう?
(岡田)うわうわ… すごいわ。

これ すごくないですか?
見てるとこが違うんやな。

あとね 嶋選手にも…。

野村監督最後の教え子の
キャッチャーで。

聞いたんですよ。 そしたら
「とにかく怒られた」と。

怒られた?
「反骨精神っていうのを

生んでくれた監督だ」
っていう風に言って…。

いろいろ
遠征 行くじゃないですか。

みんなで
食事するらしいんですけど

ものすごい 白ごはん 食べると。

白ごはん?
(出川)ノムさんが?

選手より食べると。
ほんで どこ行っても

食後にマンゴーを2つ食べる。
それは 嶋さんが言ってました。

(一同 笑い)

(伊達)それは もう
嶋情報… 嶋情報…。

基本 あんまり ノムさん 選手と
しゃべらないんですよね。

マー君も 現役時代は
ほとんどしゃべらなくて。

メディアにしか言わないんですよ。
(岡田)そう!

ほぼ記者の…
周り 記者 集めて…。

あと 女子アナはね
ちょうど ヤクルトの時

フジテレビの木佐さんとか
結構 来たら ご機嫌さんで。

だから 女子がおった方が…。
そうなんや。

芸人でいうたら
三村さんみたいなもん…。

(塙)芸人で例えない方がいいです
いちいち…。

一番 やり玉に挙げられたのは
やっぱ 古田さんですよね。

古田さんですね。
(渡部)毎回 公開説教みたいなね。

なんか そういう映像もあるわ。

ご本人が言ってましたもんね。

「特別 厳しくした」って
やっぱ 古田さんを。

でも 最後ね
お二人の対談で古田さんに

「君は やっぱ監督をやるべきだ」と
「もったいなすぎる」と。

「君のような人材は 絶対
監督やった方がいい」という言葉

残されたんですよね。
だから やってほしいんですよ

古田さんには。
(陣内)やってほしいね。

ただね 古田さんが
ちょっとだけ言ってたのは

野村監督 ピンチの時に
古田さんが サインで迷った時に

ノムさんに どうしようかって
何度か見た事があるんだって。

そういう時 必ず ノムさんは
視線をそらすらしいです。

(一同 笑い)

結構 実は そういうね ずるい…。

それは 自分で考えろ
っていう事ですか。

(出川)でも 最終的にね
OB戦があったんだけども

ノムさん 打席に立たせたのは
古田さんなんですよ。

(陣内)みんなで抱えながらね。
(出川)そうそう そうそう!

池山さんとかね…。
そうそう…。

(渡部)「橋上ヘッドコーチ…」
「うわー 古田さんだ!」

「ああ 来た 来た 来た!」

(出川)「それで
古田 池山もそろってる…」

(伊達)「振ったんですよね 確かね」

(田中)「これは いい笑顔」

「ああ いいなー」

周りの選手の笑顔が
もう たまらないんですよ!

これは 粋ですね。
(飯尾)『ジャンクSPORTS』で

古田さんと一緒になって
聞いたんですけども その時に。

振ると
思わなかったらしいんですよ。

構えて それだけでも
成立すると思ったら

ピクッと バットが動いて
振ったから みんなで

「おお…!」ってなったらしくて。

(陣内)いいシーンですね 今のは。
(伊達)いいシーンだな…。

さあ 陣は どうですか? 他。
(陣内)やっぱりノムさんといえば

我々ね 阪神タイガースといえば
これはもう 度肝を抜かれた采配。

皆さん 聞いた事あります。
「遠山 葛西 遠山」。

「遠山 葛西 遠山 葛西」
っていうのもあるんですけど…。

これ もう ピッチャーが
1回ね マウンドに立ったら

降りる時は
絶対 ベンチじゃないですか。

普通は そうですよ。
それを 左ピッチャーの時に

遠山という 左のサイドスローの
ピッチャーを出して

次 右バッター出てきたら
右の葛西というのを

マウンド 行かせて
遠山をファーストに回すと。

いやあ 面白い!
(陣内)会場も さすがにね…

球場も やっぱ ウケてるんですよ。

「こんな采配は…」みたいな。

〈8回の裏 1点リードの阪神は

リリーフで 左の遠山を投入〉

〈無失点で切り抜けると…〉

〈9回 ここで
ノムさんは なんと

その遠山を一塁に回し

右の葛西を投入〉

〈しかし ここは 葛西が
ピンチを作ってしまう〉

〈すると ノムさん
今度は すかさず

ファーストの遠山と

ピッチャーの葛西を
チェンジ〉

〈この…〉

(渡部)「ウケてるなあ…」

〈更に

「何 撮ったらいいか わかんない」。

〈代わった遠山が
ツーアウトを取ると…〉

(中岡)「よっしゃー!」

〈ノムさん 今度は再び
葛西をマウンドへ〉

(渡部)「主審も
イライラしてるもんね ちょっと」

〈最後は 葛西が三振を奪い

見事1対0で
野村阪神が勝利した!〉

ワクワクしましたもんね。
出た 「遠山 葛西 遠山」みたいな。

「遠山 葛西 遠山」っていうの
僕 今でも

日常でも よく使う言葉で。

(伊達)使います? 日常で?
(陣内)使わへん?

朝 ルミネ行って ほんで

『アッコにおまかせ!』
生放送 行って ルミネ行く時は

「遠山 葛西 遠山」です。

「遠山 葛西」じゃないでしょ。
(陣内)「遠山 葛西 遠山」ですよ。

「ルミネ アッコさん ルミネ」
じゃないですか。

この夜に
アッコさんから誘われたら

もう「遠山 葛西 遠山 葛西」…。
(一同 笑い)

これ 言わない?
葛西の負担 でかいですね。

遠山の方が楽ですね だいぶ。

遠山さんっていうのが 僕は…
まあ 苦労人でね。

もともと
阪神 ドラ1なんです。

5~6年で 多分 ロッテに
トレードされるんです。

バッターに転身するんですよ。
で バッターもダメで

解雇…
戦力外になるんですけど

阪神のテスト生で拾ってきて。
そうか…!

(陣内)ほんで 上から投げる…
上でのオーバースローやったのが

「お前 それじゃあ
左バッターは怖がらないから

サイドスローに」…。
ほんで「シュートを覚えなさい」と。

そこから 皆さんご存じ
松井キラーという…。

そうや!
(陣内)松井秀喜さんも

「遠山さんの顔を見たくない」と
言わすぐらいの…。

(中岡)13打席連続ぐらい
抑えてるんですよね。

芸人で言えば 陣内君も まさに

本当 そのとおりじゃない。
どういう事ですか?

僕も まあ いっとき
なんか わからないですけど

戦力外になりましたけどね。
(出川)だから そこから…!

そこから 今 これだけ…!

僕も そういう事があって

戦力外になって
そこから まあ… ある意味

やぐっちゃんも出てきたから

いっとき まあ
「陣内 矢口 陣内」っていう…。

「陣内 矢口 陣内」。

「遠山 葛西 遠山」。

「陣内 矢口 陣内」。

あとね 再生工場といえばね
ヤクルトの小早川。

あっ そう!
小早川さん?

斎藤雅樹がやられましたから。
(出川)そう まさに!

まさかの3打席連続で…。
(伊達)すごかった。

だから 小早川監督が
野村監督に…。

監督だらけですよ。
監督だらけですね。

広島も もともと4番を打ってた
小早川がクビになったら

なんと その開幕カードで
5番で使うんですよ。

うわー!
ビックリしました…!

〈ヤクルト移籍 第1打席〉

〈当時 球界最強投手
斎藤から一発!〉

〈第2打席〉

〈そして…〉

〈クビ宣告から数カ月〉

〈これぞ 野村再生工場!〉

最初に ノムさんが
小早川のとこに行って

「お前は器用なタイプか?
不器用なタイプか?」って

聞くんですよ。
で 「不器用だと思います」って

小早川さんが答えたら

「お前は でも
器用な人の野球をやってる」と。

「ストレートで待って
変化球に対応するって

これは もう 器用な人がやる」。

で 「お前は もうちょっと
球種を絞って」。

「相手を研究するのも大事だけど
自分を研究しろ」っていうのを

13年目で 初めて教わるんですよ。
なるほど!

(田中)衝撃 受けて
小早川さん それ 信じて

再生工場の代名詞に
なっていくんですけど。

みたいな事も
やらはるじゃないですか。

あの高津と 松井の…

松井選手が
ルーキーで1年目の時に

抑えで 高津さんが
ストレートばっかり投げるんですよ。

それは 野村監督が
「ストレートばっかり投げろ」と。

で ホームラン打たれるんです。

「松井が ストレートを
どれだけ打てるかっていうのを

見てたんや」って 野村さんは
言ってたんですけど

もう1個 実は理由があって。

高津さんが
3年目で グイグイいってる時に

ストレート投げて
ホームラン打たれて

お前のストレートが
どれだけのものかを

ちょっと わからせたっていう。
そうなんですよ。

だから シンカーあっての高津だぞ
って事を教えたくて…。

あれは どう思いました?
オールスターの時に あの…

イチローと松井が…

これ 夢の対決じゃないですか。

でも ノムさんが
そこでバーッて出てきて

松井にババッて言って

松井を引っ込めて
高津さんが…。

でも あの時 僕は
「なんで してくれへんねん」と。

見たかったですよね。
(陣内)こんな夢の対決を…。

「なんだよ ノムさん
野球界の事 もっとわかってよ」

って思ったけど 今 思ったら

あの時に 松井さんが
もし 三振なり 凡打をしてたら

イチローが こうで
松井は ダメやっていう…。

松井に 得は一切ないんですよ。
そういう事だね。

ただ 後に 後悔してるんですよね。
これ ノムさん

松井に 「打つのイヤだろ?」って
聞いてるんですよ。

「イヤだろ?」って聞いてるから
松井も

「イヤだ」しか言えなかったけど
後に

「“どうする?"って
聞いてあげればよかった」と。

もし 松井が打ちたいって言ったら
行かすべきだったんじゃないか

っていう後悔が…。
言えるのも すごいですけどね。

後々ね そうやって。

でも これは
すげえ見たかったけど

やっぱ ここで代えちゃう
ノムさんも 好きなんだよね。

あとになって
ノムさんの考えがわかるって…。

お笑いも一緒で 僕も

吉本新喜劇に
ゲストで出る事あったんですよ。

でも 緊張するから…
迷惑かけたらアカンと思うから

台本をバーッて 出番前に
ずっと読んでたんですよ

自分の出る所を。 ほんなら
チャーリー浜師匠が バッて来て

「お前 何してんねや?」
っつって。

「台本なんか読むな
お笑いは生もんや」と。

「お客さんがおっての
お笑いやから

台本なんか いらんねん!」。

「間違っても 俺がカバーしたる」
言って

で 僕は… 「わかりました」って
バッて出て

チャーリー浜さんが そのあと
登場してきたんですけど…。

(一同 笑い)

(飯尾)キレイに?
それで ええねん チャーリーさんは。

なんか 大した人間じゃない
みたいに見える。

伊達ちゃん どう?
はい。 野村監督といえばですね

ボヤキですよ。
ボヤキはね。

スポーツニュースでも
イーグルスの

戦いのシーンは ないんですけど
ただ 野村監督の

最後の監督インタビューだけ
流れるという。

(渡部)ボヤキ あったね。
(伊達)あとは もう 結果だけです。

本当 それは
芸にも つながってるんですよね。

いろんなパターンのボヤキが
あるんですよ。 これ 面白い。

ちょっとまとめましたんで
ぜひ ご覧ください。

〈ノムさんの

2 4… 6人。

(一同 笑い)

(中岡)「素晴らしい… すごっ!」

(伊達)「ちょっと 負けた日ですね。
必ずですよ これ!」

(陣内)「面白かったよね…」
(伊達)「面白いですよ 本当に」

(一同 笑い)

あんまり ピンとこねえな。

(伊達)「ご機嫌です この日は」

昨日 言ったな。

全然 使ってない… 昨日は…。

「(一同 笑い)」

野球ニュース 確認してますから
これ。

〈多彩なツカミ〉

(伊達)「ツカミです これはね」

(伊達)「出方 可愛いんですよ。
みんな ここで待ってるから」

(出川)「ひょっこりはんだもんね」

(一同 笑い)

(伊達)「勝った時はね
陽気ですよね」

「ちょ ちょ ちょ… ちょっと!」

めちゃくちゃ面白いです。
こんな素通り…。

「次 なんか言ったら退場にします」
って言ったから 「いいよ」って。

「若い君がうまくなるアドバイスを
してるんじゃないか」って。

いやいや… まあ ちょっと
語尾はきついけど

そんな ひどい事 言ってないの。
バカたれだの…。

(伊達)「“ファーム行って
勉強してこい"って言ってる…」

審判に対してね。

〈代打が的中し

サヨナラ勝ちとなった
試合の直後…〉

(伊達)「サヨナラで勝ったんですよ
イーグルスが」

〈報道陣より先に
なぜか ノムさんが会見場に〉

(伊達)「なぜかというとですね…」

(一同 笑い)

「ええー!」

毎日が楽しみでしたね。

「今日 ノムさん 何 言うのかな?」
みたいな。

負けても言ってくれたもんね。
(伊達)負けても 必ず。

でも これで
楽天 全国区になったもんね。

(伊達)なりました そうなんです。

この… ちょっと
やっていいですか? 少し。

えっ? でき…。
(渡部)会見? ボヤキ?

(伊達)ボヤキ ボヤキ。

リアルノムさん。
(伊達)ちょっと行ってきますんで。

だから 皆さん 記者の…
記者ですね。

ちょっと…
ちょっとだけ 時間くださいね。

入りの感じでわかるんじゃない?
勝ったか負けたか。

あっ 来たかな?

あっ ノムさん!
(岡田)いやいや いやいや…!

ノムさん!
(塙)監督 監督 監督…!

(出川)ああ 負けた。
(陣内)負けたな。

ええー… 湿りっぱなし。

打線が湿りっぱなし。

あれ?
もう1人 どこ行ったんや?

(中岡)言いそう!
(渡部)言いそうだな。

もう1人 いつもいる…
どこに行ってるの?

ちょっと… 今日は あれみたい…
ちょっと体調悪いんで…。

体調悪い…? ハハハハ…!

ノムさんだ!
(陣内)全部 わかってるな。

明日は マー君ですか?
(伊達)明日は マー君。

(陣内)言っちゃって
いいんですか? 監督。

マー君から則本 マー君。

「マー君 則本 マー君」?
どっちも右… どっちも右や!

どうですか? 安倍首相。
最近の日本は。

ええ…。
あれ? 安倍首相なの?

昨今の
この情勢に関しましてですね

ええ… 先ほど

アメリカのトランプ大統領と
電話で会談をしました。

ええ… 私たちの意見は
完全に一致しました。

(一同 笑い)
(渡部)意見を聞きたい。 意見を!

サッチーの事も好きですか?
どこが好きですか?

やっぱりね 女は沙知代ですよ。

俺は もう サッチーが最高ですね。

安倍首相は 沙知代さんの事
どう思ってるんですか?

ええ… 私はですね
沙知代さんに関しましては

アメリカの…。
なんで? なんで?

おかしいでしょ! それ。

電話で会談をしました。

私たちの意見は
完全に一致しました。

完全にです。
(田中)沙知代さんが好きだって…。

最後に 野球ファン一同の
感謝の思いをですね

『GET SPORTS』風に
まとめてみましたので

ちょっとご覧ください。
(伊達)すごい。

♬~

「うわー…」
(出川)「曲かかったら やばいな」

(実況)高津は9球目です。

(実況)三振でゲームセット!

ヤクルトスワローズ
15年ぶりに歓喜の日本一!

ツバメが大きく羽ばたきます!

ヤクルトの黄金時代を
作っていきたいと。

(塙)「めちゃくちゃ強かった」

(陣内)「池山
格好ええな」

(渡部)「稲葉…
ウエーイ! 細いな」

♬~

(出川)「うまいな!」

「うわー…」

(野村)古田には
厳しくなります。

チームの鍵を握ってるから。

3割打者 目指せ
3割打者 目指せ…。

(渡部)「いやあ…」

(塙)「いやあ… もう いいよ これ」

「大活躍ですもんね…」

♬~

これ なかなか
いい画になりますね。

♬~

(実況)1500勝をプレゼント!

♬~

(伊達)「野村さんの最終戦ですね
監督として」

「教え子 稲葉さんが…」
(塙)「稲葉さん 偉いわ」

(渡部)「いい光景!」

「ああ そうか…」

ああ…。
(拍手)

出川さん この企画
やりたかったという事で

いかがでしたか?
もう 本当に あなたは

僕ら ヤクルトファンにとって
本当に神様でした。

ほんで ここにいる みんな…
プロ野球ファンを

本当に楽しませてくれました。

あの… 僕たちは

あなたの大好きだったプロ野球を

これからも みんなで
応援し続けたいと思います。

本当にありがとうございました。
そして お疲れさまでした。

(一同)お疲れさまでした!
ありがとうございました!

(拍手)

(濱家)これぐらい…。

〈安くて うまい!
ついつい通っちゃう何芸人?〉

これ 実物大?

〈次週は 鳥貴族芸人〉

298円均一です。

〈衝撃的に安い
居酒屋チェーン店〉

(濱家)これぐらい…。
(一同 笑い)

〈ステイホーム! これを見ながら
家飲みしてみては?〉

捨てメニューみたいなの
ないんですよ! 恐らく。

ピンポンって ここに…
トリッキーなとこに…。

〈あのグルメ通も納得?〉

カロリー0なんです…。
違うよ!


関連記事