美と若さの新常識「発酵漬物のチカラ!自宅で免疫アップ」200種以上の乳酸菌からインフル予防、肌荒れや便秘改善…


出典:『美と若さの新常識「発酵漬物のチカラ!自宅で免疫アップ」』の番組情報(EPGから引用)


美と若さの新常識「発酵漬物のチカラ!自宅で免疫アップ」[字]


「生きたまま腸に届く漬物の乳酸菌は強力!」が新常識。200種以上の乳酸菌からインフル予防、肌荒れや便秘改善、中性脂肪抑制などの効果が発見!免疫アップの秘けつも!


詳細情報

番組内容

乳酸菌食材のなかでも、漬物の乳酸菌にインフル予防など知られざるパワーが続々みつかっている。研究が進むのは、スーパーに並ぶ漬物よりも、日本各地の伝統的な発酵漬物。塩の殺菌力から生き延びた漬物の乳酸菌はとっても強く、腸内の悪玉菌も寄せつけない。自宅で免疫アップを可能にするため、1gに1億にもなる乳酸菌を育てる簡単な漬物を紹介!新感覚の漬物レシピで乳酸菌をたっぷり摂取!ぬか床作りにも楽しい新常識あり!

出演者

【司会】フットボールアワー,大地真央,【出演】井森美幸,ピカ子,和田明日香,【解説】宮尾茂雄,鈴木重德,松岡寛樹,【語り】LiLiCo


『美と若さの新常識「発酵漬物のチカラ!自宅で免疫アップ」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

美と若さの新常識「発酵漬物のチカラ!自宅で免疫アップ」200
  1. 乳酸菌
  2. 漬物
  3. 和田
  4. 井森
  5. 森下
  6. ピカ子
  7. 野菜
  8. 週間
  9. グループ
  10. 効果
  11. 今日
  12. 新常識
  13. 大地
  14. 大湯
  15. 鈴木
  16. GABA
  17. スタジオ
  18. 血圧
  19. 最初
  20. 自分


『美と若さの新常識「発酵漬物のチカラ!自宅で免疫アップ」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





さあ 始まりました…

始まりました
「美と若さの新常識」。

というわけで
先週に引き続き

緊急特番ですね。
新型コロナウイルス感染予防対策で

3人 別々の場所から
今回も お送りします。

よろしくお願いします。
はい。 よろしくお願いしま~す。

さあ この方式で収録するのは
2回目ということですけれども…

やりにくさ等は ないですか?

なんか…
(笑い声)

お二人も どうですか?

そんなことが あるんですか?
この機会に。 いや。

なかなか始めるっていうのは
何始めたらええか分からんな

どうしようかな みたいなんで

ほんで…

描こうかなと思ったんでしょうね
その時は。

(笑い声)

でも 何かしらは始めたいという
気持ちは…。

だから それ せっかく
スケッチブック 買ったんやったら…

なんでやねん お前。
同じタイプのスケッチブックやけど。

いや でも僕 まあ

始めたっていうほどのことじゃ
ないですけど

今日も…

自分で。
えっ
メイクしてるの それ?

えっ まじですか。
なんやったら クリームは

もう この…

カバー力の高い。

いや だから まあ ここが
まだ…

だから 僕がメイク 覚えたら…

ええわ!

なんで お前に収録中
抑えられなあかんねん。

だから そんなんはね やれば
経費削減にもなりますし。

今日はですね…

ああ いいですね。
はい。

LiLiCoです。
今日の主役は 日本が誇る伝統の味。

やって来たのは 北九州の台所
旦過市場です。

この地域の名物は…

江戸時代 小倉城のお殿様が
ぬか漬けを広めたことから

特産物となったそうです。

野菜だけでなく

昆布も ぬか漬けにしちゃうんですね。

このぬか漬けに たくさん含まれる
美の源って 何だかご存じですか?

あの独特の においの源でもあります。
うん 独特やもんね。

正解は…。

(大地)ああ。

そう 実は ぬか漬けは
ヨーグルトやチーズにも負けない…

<今 若い女性の間でも ぬか漬け作りが
ブームになっています。

このお店で
お手軽なキットを売り出したところ

売り上げは2年間で なんと10倍>

お客様のご要望に 十分に…

<今日は このぬか漬けの持つ乳酸菌パワーに
徹底的に迫ります>

これ 家でできますね。

<スタジオには 漬物の専門家3人が集合。
新常識を教えてくれます>

乳酸菌の効果といえば…

肌荒れに悩んでいた
この女性も

ぬか漬け作りを
始めたところ…。

ある日 突然…

更に食品メーカーも
この乳酸菌パワーに注目。

全国の漬物を集めて
宝探しを始めています。

そして ぬか漬けの乳酸菌パワーは
なぜ生まれるのか。

そのヒミツも見つけました。

決め手は この白い粉です。

さあ 知っているようで知らない
漬物の世界。 その全貌に迫ります。

はい ということで…

ということですけどもね。
もちろん やっぱり…

いやぁ 私…

あら。
いけません。

ちょっと 何でもね
この番組で紹介するものは

やられてる大地さんですけども
お漬物は ちょっと離れてましたか。

そうなんです。 今…

…っていう感じで
思い出してました。

私は ほんとシンプルに…

その辺が
小さい時 好きでしたね。

ああ そうですか。
僕も大人になって

なんか どっかのお店入って…

あれも なんか
大人の味ですよね。

そうですよね。 うん。

でもちょっと この機会に
ちょっと 時間もありますし…

どうしても要る 買い出しの
スーパーとか行った時に

ちょっとこう ぬか床作るようなやつも
買ってきて 家でやるっていうのはね

いいかもしれませんね。
いいですね。 いかがですか?

いや 僕は…

お漬物 大好きですから。

でも なかなかね こう…

はい。 そうですよね。
だから 毎日ちょっと

かき混ぜないといけない とかいうのは
ありますからね。

逆に言うと
今の時期だから できる。

そうですよね。
チャンスです。

さあ 漬物に含まれる
乳酸菌なんですけどもですね

実は 相当すごいと
いうことなんですね。

そこで
本日最初の新常識…

どうぞ。

訪れたのは…

こちらでは 月に2回ほど
ある教室が開かれています。

親子で参加できる ぬか漬け教室です。
楽しそうですね。

乳酸菌。 カレン 正解 拍手!
大正解でございます。

この教室の講師をしているのが…

8年前から ぬか漬けの魅力に
どっぷりつかっています。

今では ぬか漬けのイベントを盛り上げる
「ぬか女」として

ぬか漬けの魅力を PRする活動を
しています。

どんな ぬか漬けライフを送っているのか。

(大湯)は~い。
(スタッフ)よろしくお願いします。

よろしくお願いしま~す。

朝食の時間を狙って ご自宅を訪問です!

今日の朝食は きゅうり。
ああ いいですね。

ぬか漬けの定番ですよね。

にんじんも おいしそう。
使い込んだ まな板やな これ。

いただきま~す。

今日のおかずは
こちらの ぬか漬けたちです。

おいしそう。

ちなみに お昼ごはんは
普通に焼きうどん… ではなく

具材が ぬか漬け。
え~。

夕食には ぬか漬けのチャーハンと

毎食 ぬか漬けを食べちゃう日も
あるんだとか。

更に ぬか漬け愛がエスカレートして…。

(大湯)これは…

(大地)え~!?

こちらは りんご!?

続いて パイナップル。

更には ゆで卵まで!

どんな食材でも
ぬか漬けにしたくなってしまうんだとか。

素材の面白さとか おいしさを
引き出すのが 面白くって

なので…

服も ぬか色やもんね。

こうした ぬか漬けライフを
続けたところ

大湯さんは…

変な話…

便秘だけでは ありません。

以前は 頻繁に出ていた…

今まで なんか…

まあ ある日 突然…

大湯さんのうれしい変化 そのカギは
漬物の乳酸菌にあるんだとか。

<それを教えてくれるのは 食品メーカーの
研究員で スタジオにもお越しの…>

<鈴木さんは 漬物の乳酸菌が持つ
ある特徴が

便秘や肌荒れの改善に
つながると言います>

…であるということが言えると思います。

<そう 漬物の乳酸菌が持つ特徴とは…>

<それが どれほどのものなのか。

用意したのは…>

<この2つで
腸で生きる力を比べました。

人の体に入ってきた菌にとって
体内は過酷な環境です。

胃と腸に強力な消化液があり
生き残ることが困難です。

鈴木さんは 胃と腸の消化液と
同じ性質の液体を用意して…>

すごいな。

<これらを 乳酸菌の入った試験管に入れて
どれほど生き残るか観察しました>

<2つの乳酸菌 初めはどちらの姿も

はっきり見えていますよね。

でも 時間を進めて見てみると

あれ?
乳製品の方が薄くなっていきます。

消化液に耐えきれず
死んでしまったのです>

へ~。

<一方
漬物からとった
乳酸菌は

7時間たっても
変わりません>

<生き残った数を比べてみると
漬物からとった乳酸菌の方が

格段に多かったのです>

違いすぎるな。

<生き抜いた乳酸菌が
どれほど すごいのか。

シャーレの真ん中に 漬物の乳酸菌

その端に いわゆる悪玉菌を
繁殖させると

画面左側 悪玉菌は
どんどん広がっていきますが

乳酸菌の周辺には
侵入することができません>

<漬物の乳酸菌が
悪玉菌を寄せつけようとしないのです>

強いね。

<漬物の乳酸菌で 便秘と肌荒れが改善する
更なる仕組み。

スタジオで教えてもらいましょう>

ヨーグルトとお漬物の差は 歴然?
これは全然 全く違いましたね。

我々の 先ほどお見せした
ヨーグルトの菌というのは

もともと生きて 腸まで届くの分かってた
菌なんです。

なので それと比べても全然強かったので
どういうことなんだろうと。

腸まで届くと言われてるヨーグルトと
対決した結果が あれ。
そうなんです。 はい。

自分たちで見ていても
初め 何か間違えたのかなと

実験を間違えたのかなと
思ったぐらいなんですけど

何度確認しても変わらなかった。
そこに新しい発見があったというとこが

我々も びっくりしたとこですね。

そのヨーグルト いつも食べてるの
ほんとに。

だから 届いてはいるんですけど

届いて
すぐ死んでるかもしれないみたいな。

比較したら こんなに違うんですね。
そう。

ゴールするのが ただ目的みたいな。

なるほど。
ということですよね。    すごい。

そして鈴木先生 これ 肌荒れ改善にも
効果があると。 はい そうですね。

これ 我々の研究結果でですね…

4週間 食べ続けてもらった
結果なんですが

まず 便秘の方がですね
要は 乳酸菌 食べた人たちというのが

食べなかった人たちのグループよりも
はるかに お通じの回数が増えましたよと。

あとは 腸内菌叢に働きかけて…

最終的には お通じを促すということに

つながってるんじゃないかなと
言われております。

一方 にきびの方 改善の率なんですが

乳酸菌を摂取してない人たちに比べて
摂取してた人たちというのは

はるかに改善してるっていうことが
分かったと。

外に なかなか出ないので…

(笑い)

便そのものではないけど
いわゆる 老廃物。

本来 外に出すべきものが
体の中でとどまった。

お肌に来た。 荒れてくる。
え~!?

う~ん いや 大地さん
この…

すごいですね。
その…

そうですよね。

うん。

そうですよね。 こう…

で 岩尾さんも これ とり入れて
いきたいですよね このパワーね。

そうですね。 でも 僕…

そういうのは あんまり
聞きたくは ないんです。

あまり意識的に
とっては ないんですが。

でも…

いや そうですよね。
よりよくなりそうですし。

大地さん やっぱり だいぶ漬物に
興味 持って頂けましたよね?

はい 持ちました。

あれは…

あっ うれしいです。

はい。 さあ そしてですね
この…

そこで 続いての新常識
いきましょう。

続いての新常識は…

戦ってます。

漬物の乳酸菌の強さは
どのように生まれるのか。

やって来たのは 旦過市場にある
老舗漬物店。

自家製のぬか漬けが おいしいと評判の
今村ノブ子さんのお店です。

乳酸菌が強くなる秘密を

今村さんの ぬか床から探ります。
すごい。

(今村)私は お姉さん夫婦から
もらい受けて…

え~!?
すごいな。

使い続けること 60年。

今村さんは2週間に一度 減った分だけ
ぬかを新たに足していきます。

続いて入れるのは とうがらし。

このとうがらしは あくまで風味づけです。

そして 手に取ったのは…

これが決め手なんです。

そう お塩。

強い乳酸菌を増やすのに大事なのは
塩なんだとか。

一体 どういうことなんでしょう。

<ぬか床は もともと無菌に近い状態>

<そこに 野菜に付着していた乳酸菌と
雑菌が入ります。

ここで働くのが 塩です。

ほとんどの菌類は
塩に弱いため 繁殖できません>

<しかし 乳酸菌の中には
塩に強いものがいます。

その乳酸菌が
過酷な環境を生き抜き 増えて

やがて
ぬか床を占めるようになるのです>

ぬか床で育った 強い乳酸菌がいれば

どんなものを漬けても
おいしい ぬか漬けになるんです。

やって来たのは…

海沿いの作業小屋をのぞいてみると

ぬか床から出てきたのは 魚!

(スタッフ)これは 何のぬか漬けですか?

おいしいんですよね へしこ。

「へしこ」は さばを
乳酸菌で発酵させて作る 伝統食です。

毎年 冬に漬け込み
およそ1年かけて作ります。

どうです? 見事な あめ色!

これが 熟成して
食べ頃になった証しです。

(スタッフ)いいですか?
うん 食べてみて下さい どうぞ。

その お味は?

おいしいでしょ?
はい。

そうです。

こうした へしこのうまみも
強い乳酸菌のおかげ!

乳酸菌が 魚のたんぱく質を分解して

うまみ成分となる アミノ酸を
た~くさん出してくれるんです。

生で食べる以外にも
軽く 火であぶって…

お酒のおつまみにするのも定番です。

こういうふうに
お茶漬けにしちゃってもOK!

腹 減ってきたなぁ。

ねえ すごい。

塩に強い乳酸菌が 食材のうまみを
格段にアップしてくれるんですね。

食べたい!

へしこ。 どうですか?
皆さん 食べたことありますか?

ないです。
おっ 井森さんもない。

ピカ子さんも ない?
ないです。

はい 今日は用意しておりま~す。
はい どうぞ 出して下さい。

ねっ 俺 食べたことあるけどね
やっぱ おいしい。

(和田)お酒 飲みたくなるじゃないですか。

あぶりと お茶漬けで
ご用意しております。

これ ええで! お茶漬けも!

ねえ! お茶漬け おいしそう!
よだれが湧く。

そして?
更に ぬか女の方…

VTRで出てました ぬか女の方の
パイナップル 豆腐 卵の漬物もご用意しました。

皆さん 何が食べたいですか?
どうですか?

私 ちょっと…

パイナップル いきたい?
(ピカ子)おいしそうかなって。

へしこやなくて?
(ピカ子)うん。

うん ちょっと食べて?

ん…。

(笑い)

あの…。
(和田)でしょうね。           どうです?

…って感じ? よく分かんない!

ちょっと塩味と 少し酸味が
やっぱりプラスされるのかな。

ぬかと合うの?
(和田)ぬかも ついてる。

この状態を酢豚にしたら…。

ぬか漬けにして 酢豚。  ちょうど いいと。
そうそう そうそう。

ほな あぶりから。
いただきます。 はじめまして。

ああ…。

(笑い)
酒の種類 選んでたん?

(和田)何か かつお節みたいな
深い うまみですね。

あと ちょっと ほんと あぶったからかな。
いぶしたみたいな香ばしさもある うん。

スモークみたいな感じ?
スモークみたいな感じよ うん。

ねえ 井森さん じゃあ…。
(和田)おいしい!

これは いいだし出るから
絶対 おいしいですよ。

これ うまいで!
うわうわ 縮んできた 縮んできた!

あ~ ええやんか!
へしこが縮んできた!

(井森)縮め! 縮め!
動いとる 動いとる!

あっ すごい いい香りしてきた!
(和田)うん。

急須と茶わんが似合うねえ。
(笑い)

(井森)いただきま~す。
はい。

ん~!
(笑い)

うまい?
うん! めっちゃくちゃ おいしい!

おいしい?

(笑い)

(井森)ん~!
これは うまそやなあ。

魚介だから お魚の いい味出てる。

これ 松岡先生…

…っていうことで
そのアミノ酸だとか

ペプチドだっていうのが
できるっていうことで

体の中にとって 結構 良い成分だっていう
認識されていて

例えば まあ
他の大学の先生がやった実験では

例えば…

排せつを促進させるような
そういう効果があったりとか

そういう意味の健康効果っていうのが

結構 その へしこの中に
凝縮されてるんだと思うんですよね。

なるほどね。

さあ 皆さん え~ 乳酸菌のこと
いろいろ勉強してますけども

せっかくですから
乳酸菌たっぷりの 自前のぬか床!

体験してもらいましょう。

ここで ぬか床の作り方をご紹介。

教えてくれるのは…

さあ 森下さん 「韓国特集」の時にですね

キムチについて いろいろ教えてもらいまして
ありがとうございます。

はい。
ここで 衝撃の事実。

何でしょう?
え?

「私 今まで ぬか漬け食べてますから
ああ よかった。

乳酸菌 おなかまで行ってくれてるわ
よかったな」 思ってる方

多いと思うんですけども

スーパーなどで売ってる漬物に…

あまり 乳酸菌が入ってないそうですね。

はい。
何で?

えっ!?

ええ?
これ びっくりしたなぁ。

そうなんですよ。
(井森)え!

あの 大事な大事な乳酸菌を
殺してるんですよ!

え~?
(和田)流通させるために?   そう!

八百屋さんで売ってるやつは?

あっ 量り売りのものは大丈夫です。
(和田)あっ よかった。

じゃあ 私は大丈夫。
でもね…。

(ピカ子)ぬかが ついたりしている状態…。
えっ?

ぬかが ついた状態で
売ってたりするのはってこと?

パックでね スーパーで買う時に
上に ぬかが のってるんだよ?

あれも ほとんど
生きた乳酸菌はいないですね。

え~…。
(笑い)

(和田)飾り?
要は ぬか漬け味にしてるってだけでしょ。

そうですね 業界用語では…

えっ! 何 その業界。
(和田)何か 妖怪みたいな。

ぬかまぶし!
妖怪じゃん。

これ 宮尾先生
こういう解釈で いいんでしょうか?

そうですね。
まあ でも あの…

(宮尾)ガスで パンパンに。
はい。

消費者の方にとってもね
こう 膨らんでると

何か こう 腐ってんじゃないかっていう
そういうイメージになっちゃいますよね。

そういうことからも やはり殺菌してる。
ただね…

そういう意味では 死んだ乳酸菌が
入ってても それはそれなりの効果がある。

ということで
生きた乳酸菌をとるなら

自家製が一番!

早速 作ってみましょう。
うん。 これですよ 大地さん。

で ぬかなんですけれども…

生ぬかは ちょっと
保存が きかなかったりするので

そういう心配のない…

(和田)その炒りぬかに
ちゃんと 乳酸菌は育つんですか?

もう 殺菌して死んでるとかじゃ
ないんですか? これは。

これから育てていくので
しっかり増えます はい。

炒ってある ぬかってこと?
(森下)炒ってある ぬかですね。

準備するのは…

ぬか床1kgを作る場合
ご覧の量にします。

割合としては ぬかが40%で
食塩が5%で 水が55%で

特に…

宮尾先生 この5%というのが大事?

大事ですね。

そっか。
(宮尾)ですから ちょうど5%が

いい ぬか味漬けが
できるっていうことで。

まずは 炒りぬかに
食塩と水を入れて…

よく かきまぜます。

…と おいしい ぬか床が
同じようにできるって聞いたりする。

それは やっぱ 正しいんですか?
(森下)それは やっぱり…

最初に うまく発酵させるかが
すごく大事なので やっぱり…

まぜた ぬかを容器に入れて 整えます。

今回の乳酸菌の種は
野菜に 自然についてる菌を使います。

これは 「捨て漬け」と呼ばれる
作業です。

何か 今 もう ちっちゃく
切られてますけど…。       (森下)はい。

くず野菜でもいいと
一般的には言われているんですけれども

最初…

個人的には…

(和田)新鮮な方がいい?
(森下)はい いいと思います。

新鮮な 水分の多いやつ。
(森下)はい。

(井森)これは しっかり隠してあげないと
ダメなんですね?

あ いいですねえ 井森さん。
(森下)そうですね はい しっかり。

しっかり隠れましたね。
岩尾さんもね。

捨て漬けをして 1日たったら
漬けた野菜を取り出します。

ここで ポイントが1つ。

野菜の汁には 増えた乳酸菌がたっぷり!

何… こんなこと すんの?
(和田)出てる 出てる。

こうして
乳酸菌を ぬか床に移していきます。

うわっ こんな出るんすか!

捨て漬けした翌日は
野菜を取り出して 新しい野菜を漬けます。

これを 2日続けたら…

続く3日間は 捨て漬けをお休み。

これを 2週間続けると

乳酸菌たっぷりの ぬか床に!

完成すると どうなるの?

開けると分かるんですけど
結構 見た目が違います。

あ~ 全然。
全然 違う!

(和田)白い。
カビ生えてるみたいになってる。

香りも 結構 いい香りが…。

あっ もう 全然違うわ。
(森下)最初と 全然違うと思います。

(ピカ子)でも これ2週間たって

上に こういう酵母の白いのが
ふわっとついてるのを見て…

そういう お問い合わせも
やはり多くて…。

(ピカ子)そうだよね。
初めてだと これ 分かんないもんね。

でも これは すごくいい菌なので
しっかり 一緒にまぜて

で 野菜を漬けて おいしく頂く。

これ ぬか床が ダメになっちゃったって…

パッと開けて。
そうですね…

白いものが こう張ってるうちは
いい酵母なんですけれども…

あとは お好みの野菜を半日も漬ければ

おいしい ぬか漬けの出来上がり!

乳酸菌が ちゃんと増えれば

1g当たり1億個も育つんだそうです。

1g当たりですからね?
あっ そうか 1gか。

すごい! ねえ 量がね。
はい。

これ やっぱり 皆さんが敬遠してた…

…というのは やっぱり そうなんですか?

最初 始めてから2週間
発酵が安定するまでは

しっかり 定期的に…

え~ そうなんですか?
(森下)はい。

ここまで くると
もう あとは安定してますので…

そうなんですか!?
これ また概念 変わってきたよ。

え~?
で 最初の2週間だけだ?

はい 最初 しっかり
乳酸菌が増えるまでの2週間は

ちょっと 手間暇かかるんですけど。

え~!
これ ピカ子さん できますよ!

(森下)できると思います。
やらなくっちゃって感じ。

さあ ちなみにね 森下さんは
漬物で一番好きなのは何なんですか?

漬物で一番好きなのは… えっと…
前回もカットされたんですけど

きゅうりの…

(笑い)

ちょっ… なんやねん もう!

なんや そら カットされるわ!

いや でも まあ 好きなんですもんね。

はい 森下さん
どうも ありがとうございました!

(一同)ありがとうございました。
(拍手)

さあ ということで
え~…

うん。
やっぱり 確かにイメージ…

最初の2週間。

いやいやいや。

だって あの専門…。
言うな!

りんごとかね。
ねえ やってる人いましたから。

だから 自分で
こう 試してみるというのも

面白いかもしれないですね。

ねえ。 ちょっと
いいですね ほんとに。

スタジオで食べましたけど
あの へしこ。

あっ! あれ…

うん。
ああ~…。

後藤さん お酒
進むんじゃないですか?    そうですよ。

お酒もいいですしね あの…

あっ… ああ!
はいはい。

ああ そうですか~。

ねえ。
まあ なかなか…

へしこは ちょっと無理かも
しれないですけどね。

いやいやいや…。
何で そこへ行く?

だから 乳酸菌が
入ってないんですよ。

あ そうか。
そうですよ。

まあ でも おいしいのは
おいしいし。      ああ これはもちろん。

おいしく食べるっていうのは
もちろん大事。

…とかは言ってましたから

意味がないわけじゃ
ないですもんね。    うん うん。

是非とも 皆さんね
作ってみて下さい。   ねっ はい。

さあ 続いていきましょう。

続いての新常識は…

乳酸菌たっぷりの ぬか漬け。

でも ぬか漬け以外にも
乳酸菌が豊富な漬物が 実はあるんです。

その漬物があると聞いて 訪ねたのは…。

一体 どんな漬物かというと…。

な~んだ ピクルスか。

…と思ったら 大間違い!

日本では ピクルスといえば
お酢に漬けますが

ロシアでは ちょっと違うんです。

お味は どうなんでしょう?

お客さんに尋ねてみると…。

これ… ですか?

え~。

実は このピクルス
塩のみで漬けられているんです。

ちゅう房を見てみると
作っているのは 塩水です。

この塩水を沸かして
きゅうりの入った つぼに注いでいきます。

ぬかは 使いません。

セロリや とうがらしは 香りづけ。

そのまま常温で 1週間おいておくと…。

乳酸菌たっぷりの 酸っぱいピクルスに
なっちゃうんで~す!

こうした 塩で作るピクルスの乳酸菌に
注目しているのが…

東京家政大学教授で
スタジオにも お越しの…

まあ こんなようにですね…

漬け始めて 2週間。

白濁しているのは
乳酸菌が いっぱいいる証拠なんだとか。

一体 どれだけ増えたのか。

1億個以上 いるならば
ぬか床と同じくらい 乳酸菌たっぷり!

でも ロシアだけでなく
日本各地にも

塩で漬けて 発酵させる漬物
いっぱい ありますよねえ。

そうか そうか。

例えば…

こうした いろいろな漬物にも
乳酸菌がいて

美と健康に
うれしい働きが見つかっています。

<その効果を
調べているのが…>

<鈴木さんが案内してくれたのは…>

冷凍庫!

全国の漬物から集めた
乳酸菌のコレクションです。

自ら足を運び 採取してきました。

その数は 1, 000個以上!>

これは…

(鈴木)こちらは…

<そう! 漬物の種類が違えば

そこから見つかる乳酸菌や その働きも

全然 違ってくるんです。

その中でも
鈴木さんが 力を入れて調べているのが

京都の漬物 すぐきから採取した
乳酸菌です>

<すぐきの乳酸菌からは
便通や肌荒れの改善だけでなく

インフルエンザに かかりにくくなる
パワーが見つかりました>

<協力してもらったのは
小学生 およそ1, 800人です。

インフルエンザに かかる割合を
調べました。

すぐきの乳酸菌を含む飲料を
摂取するグループと

摂取しないグループに分かれてもらい

2か月間 調査したところ

乳酸菌を摂取したグループは
そうでないグループと比べて

インフルエンザにかかる割合が
10%近く 低かったのです>

<鈴木さんの研究以外にも

京都の菜の花漬けから
プリン体の吸収を抑える乳酸菌。

北海道の たくあん漬けから
ストレスを抑える乳酸菌が見つかるなど

新しい作用が報告されています>

<今後も 塩で漬けて発酵させた漬物の
乳酸菌から

新たな発見が あるかもしれませんね>

さあ 日本全国 いろんなお漬物が
あるということですけども。

鈴木先生が あらゆるとこに足を運んで
集めたということですけれども

何種類ぐらいですか?
16種類。

こちら いくつか
用意さしてもらいました。

これ やっぱり
その土地土地 そういうもので

やっぱり 乳酸菌とかも
変わってくるんですか?

全国の 自分のご家庭でしか漬けてない

要は 商売で作ってませんよという
漬物だけを集めてきてるので…

(鈴木)…というのが見えてくるの
そこは面白いですね。

この中で 健康効果
確認されてるもの 何でしょう?

先ほど Vにもありましたように
「すぐき」というのが

整腸作用とか 抗インフルエンザ

免疫を高めるような効果がある
というのが我々の研究で。 はい。

あと もう一つが

そこにある 京都のですね 菜の花漬け
というのがあるかと思います。

こちらの方はですね 今 分かっているのが
ちょっとユニークでして…

ええっ!?

ビール飲み放題ですやん。
(笑い)

これをつまみにビールで。
プラマイゼロやん これでいったら。

さあ そして今 先生が研究対象にしている
漬物があるそうですね。

はい わさび漬けですね。

わさび漬け 大好き!
(井森)うん おいしい。

(鈴木)こちらの方も
まだ詳細を申し上げられないんですが…

…という株が
今 見つかりつつありますので。

え~ 何やろね?

俺 しょっちゅう食べてるんですよ。
必ず冷蔵庫にあるんですよ。

これ 食べた方がいい?
それは買ってきたやつですか?

買ってきたやつです。
(和田)それは殺菌されてますよ だから。

あ~ そうか!
乳酸菌は もう落とされてんのか。

(ピカ子)そういうことね~。
(井森)作んなきゃ。     うわっ…。

何にいいんだろう? 超気になる。
早く分かってほしい。

気になりますもんね? 先生もね。

(井森)ほんとすごいね 乳酸菌。
宮尾先生 いかがでしょう?

今まで 乳酸菌に関する報告
いくつも出てますけれども

例えば 腸内のピロリ菌。
腸内っていうか…

いろんな効果を持ってる 要するに
その乳酸菌がね たくさんあります。

で 種類ごとに
独特の機能を持ってるんですよね。

これだけ乳酸菌の種類っていうのは
多岐にわたるということで

いろんな顔を
持ち合わせてるということですけども。

そうですよ。

ねえ すごいですね。 あと…

うん。
うん ちょっと びっくりですよね。

そして その漬物。

ぬか漬けの話が
さっきまで出てましたけども…

あ~ そうですね。

すごいですね これも。

あら?
あれ?

ピクルスしました?
はい。

(笑い声)

ありましたか? こう
いろんな全国のね 漬物ありましたけども。

やっぱり 何でしょうかね…
え~っと インフルエンザ?     はい。

す…。

京都ですよ。
あれ ちょっと…

岩尾さんは 好き嫌い多いですけど…

それ ちゃうの?
え~!

いや カレーに
付け合わせというかね。

あれは また違うって。
あれは違うのか。

(笑い声)

今回ね。

さあ 次はですね…

楽しみ。
は~い 楽しみ。

というわけで おいしく頂きましょう。

今回は ぬか漬けを使った…

あ~ これ おいしかったなあ。

ぬか漬けだけでなく 更に2つ
乳酸菌を含んだ食材を使っています。

さあ それでは
はい 皆さん どうぞ!

(ピカ子 井森)いただきま~す。
これは楽しみ。

ぬか漬けは
もちろんなんですが 今回は…

…ので トリプル乳酸菌。

是非 全具材をお口に入れて。

ウインナー入ってるの?
そうです。

おいしい。
これ マヨネーズ?

(和田)マヨネーズと
ヨーグルトをベースに…。

食感が楽しめる。
普通より ちょっと
大きめに切ってるんですね。

それも ぬか漬けの味を楽しんでほしいと。

いいね
ぬか漬けになってるところって。

やわらか~い香りで。
なるほど。

松岡先生 いかがですか?
いや これは 結構おいしいです。

自分も どちらかというと
ぬか漬け 酸味が苦手なんですね。

ちょうど これ やっぱり…

おすすめですね これ。

さあ 宮尾先生…

(笑い)

好きやな 先生。 ほんま好きやな。

(和田)うれしい。
(井森)いい。

おいしいね!
よかったです。

ここで…

ジャン!
主役の きゅうりのぬか漬け。

あんまり…

ぬか漬けは 食感を生かすために
厚めに切ります。

余分な水分は ふきとりましょう。

ぬか漬けの酸味に合わせる
ポイントが このソース。

マヨネーズに加えて…。

(和田)ここに 乳酸菌食材の
プレーンヨーグルトと

それから お味ですね。
これも乳酸菌食材です。

(和田)…ということで
乳酸菌をとれるだけではなく

他にも いいことがありますね。

じゃがいもは一口大に切ったら

塩を加えて ゆでます。

柔らかくなるまで ゆでたら
つぶしていきましょう。

つぶしたじゃがいもに 先ほどの…

主役の… はい ぬか漬け~。

よ~く まぜます!

仕上げに

粗びきの黒こしょうと

青のりをかけたら…

トリプル乳酸菌ポテサラの完成。

漬物の新しい食べ方 試してみて下さい!

さあ ここまで お漬物 体にいい
ということばかり お話ししてきました。

でも やっぱり 漬物
いっぱい食べてると ピカ子さん…

やっぱ それなりに しょっぱいから…

そうですよね。

実は 漬物と塩分の関係に
なんと 新常識です。

続いての新常識 こちら!

乳酸菌たっぷりで おいしい漬物。

でも 気になることありますよね。

やっぱり そこ 気になりますよね。

先ほどの ぬか漬け大好き大湯さんの
体は大丈夫なのか。

協力してもらい
血管の状態を調べさせてもらいます。

よろしくお願いします。
大湯さん どうぞ。

厚生労働省が示す量の2倍近く!

随分 多いね やっぱり。

そんな大湯さんの血管年齢
やっぱり心配ですよね。

38歳の大湯さんの血管年齢は…。

よかった!
体全体の血管 問題ありませんでした。

<誰もが気になる
漬物の塩分と 血管や血圧との関係。

高崎健康福祉大学教授で
スタジオにもお越しの

松岡寛樹さんに
教えてもらいます>

<松岡さんは 漬物に含まれる
ある成分に注目しました。 それが…>

<通称 GABAです。

GABAは 血管の収縮を抑えて

血圧の上昇を抑制する働きがあります>

<GABAは 野菜が持つグルタミン酸が
変換されて出来たもの。

漬物だからこそ 多く摂取できる成分です>

<このGABAの力を確かめるために

松岡さんは
たくあん漬けで実験をしました>

<実験に使ったのは 年齢とともに

血圧が どんどん上がってしまう
性質を持ったマウスです。

このマウスを 2つのグループに分けて

一つのグループには 塩分を含むエサを

もう一つのグループには
同じ塩分の たくあん漬けを含むエサを

10週間 食べさせました。

すると 塩分を含むエサを
食べさせたマウスは

血圧が 228まで上昇しました>

<ところが
同じ塩分のたくあん漬けを含むエサでは

血圧の上昇が 6割に抑えられたのです>

ピカ子さん。
はい。

でも 何でなの?
漬物をね 食べたら。

それでも 血圧
上がりにくいんですって。

これ 松岡先生
どういうことなんですか? これ。

はい。 これは アミノ酸の一つである
その GABAという物質が

例えば 普通に…

あるいは たくあん漬けみたいに…

…ということが 動物実験の結果
分かったということですね。

これ 先生 さっきVTRでもね 高血圧…

旦那さんが高血圧で お漬物は

食べさせるのは やめてるんですという方
いらっしゃいました。

これ どうなんでしょうか?

え~と まあ
自分の立場から言えば…

まあ あまり積極的に…

医者の言うことを聞いた方が
いいかなという感じで。

ただし そういうことを別に
特に 血圧の心配がない

まあ 今現在 心配のないのであれば

食べても 急激に上がったりとか
っていうことは

あまり しないだろうっていうのが
自分の予想ですね。

さっき 乳酸菌は
市販のものは殺菌されてしまっていて

あんまり効果が… っていう
お話があったんですけど

GABAに関しては 市販のものでも
十分にとれるものなんですか?

そうですね。 熱によって壊れる
っていうことはないので

急激に減るっていうことは
全くないと思います。

でもさ 乳酸菌も ちゃんと入って
生きたまま ある

ちゃんとした お漬物といえるものをとる
というふうな お話になるんですかね。

(松岡)そうですね。 だから…

(松岡)乳酸菌もついていたりとか
しますので そこの…

…という結果に
つながったんだと思います。

へえ~。

GABAさん。

すごいですね。

ということですよね。

今日はね ぬか漬けを中心に
やってきましたけども

まあ すごい乳酸菌パワーでした。

そうですね~。
いかがでしたか? 大地さん。

いや~ ほんとに こんなに…

そうですよね。

さあ 岩尾さん 今回
乳酸菌パワーということですけどもね

改めて お送りしましたけども
いかがでした?

これで また…

それが
心配ですけどもね。

大丈夫 そんなに焦らなくて
ぬか あるから。

占めなくて
大丈夫。

出た ぬか喜び。
ぬか喜びで。

まっ ほんとに我々も

こういう収録のしかたを
採用してやってます。

我々も含めてですけど 大地さんね。
そうですね はい。

これ だから スタジオのゲストさんとか
専門の先生方

ここ こう全部…

通信会社によってですけど…

ええ~!
え~!

楽しいですね それね。

200人 可能なんですよ。
ねえ。

同時にしゃべるみたいな。

まあね この先は しばらくですかね

この形になるとは思いますけども

皆さん この番組で得た情報でですね…

はい というわけで
また来週 お会いしましょう。

さようなら~。
さようなら~。


関連記事