直撃!シンソウ坂上【キングコング西野の巨額ビジネスに密着&(秘)新事業&自宅公開】なぜ西野はテレビ離れた?…


出典:『直撃!シンソウ坂上【キングコング西野の巨額ビジネスに密着&(秘)新事業&自宅公開】』の番組情報(EPGから引用)


直撃!シンソウ坂上【キングコング西野の巨額ビジネスに密着&(秘)新事業&自宅公開】[字]


なぜ西野はテレビ離れた?本当の理由告白&驚きの「お金を生む方法」相方・梶原が初告白!YouTube雨上がり宮迫と??していた▽超貴重!はねトび映像公開


詳細情報

ご案内

番組の最新情報・関連情報は「直撃!シンソウ坂上〈公式〉ツイッター」(アカウント:@ss_fujitv)で!

番組内容

今夜の『直撃!シンソウ坂上』では、芸能人のビジネススタイルを変えたキングコング(西野亮廣、梶原雄太)の2人に独占密着する。


絵本作家としての活動の他にも、ビジネス本の出版、講演会、オンラインサロンの運営などを行っている西野、YouTuber・カジサックとして活躍をする梶原。番組MCの坂上忍は、彼らそれぞれにインタビューを敢行。巨額を稼ぎ出しているとウワサされる彼らのビジネスの真相や、

番組内容2

2人がテレビから離れた理由などに迫っていく。


世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、坂上忍が追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティー”『直撃!シンソウ坂上』に乞うご期待。

出演者

【MC】

坂上忍 

【VTR出演】

キングコング(西野亮廣、梶原雄太) 他

スタッフ

【制作統括】

石塚大志 


【チーフプロデューサー】

大川友也 


【総合演出】

島本亮 


【プロデューサー】

五十嵐剛 


【演出】

山﨑貴博 


【制作】

フジテレビ 第二制作室


『直撃!シンソウ坂上【キングコング西野の巨額ビジネスに密着&(秘)新事業&自宅公開】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

直撃!シンソウ坂上【キングコング西野の巨額ビジネスに密着&
  1. 西野
  2. 梶原
  3. オンラインサロン
  4. 絵本
  5. キングコング
  6. エダマメ
  7. スタッフ
  8. 一同
  9. お疲れさ
  10. 坂上
  11. 真相
  12. 全然
  13. 塚地
  14. 土地
  15. 年前
  16. イタチャイ
  17. カジカラス
  18. カジサック
  19. ツカジョージ
  20. テレビ


『直撃!シンソウ坂上【キングコング西野の巨額ビジネスに密着&(秘)新事業&自宅公開】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV




↓フジテレビ 関連商品

[ロスウェルさんが
7時間も かけて

自宅に作った…]

[その先の 着地地点に

プールを置き…]

[楽しそうな…]

[しかし…]

[勢い余って…]

[プールを オーバー]

[実は ウエットスーツで 滑ったら
予想以上に スピードが出て…]

[どすん]

[腰を強打して しばらく
起き上がれなかったんだとか]

[続いては…]

[この日 老朽化した
町の大型マンションが

爆破 解体されることに]

[なかなか お目にかかれない
解体ショーとあってか…]

[しかし 見物に やって来た
こちらの女性]

[あることが起こり
爆破の 決定的瞬間を

まったく 見ることが
できなかった]

[果たして その真相は…]

≪(爆発音)

≪(爆発音)

[ダイナマイトの爆音に 驚いた
愛犬を なだめようと

後ろを向いた隙に…]

[マンションは 崩れ落ち]

[楽しみにしていた 解体が
終わっていた]

[続いては…]

[バスを運転している男性に
突然…]

[何かが 衝突]

[いったい…]

[その…]

[交差点に さしかかった バス]

[すると 突然…]

[横から 車が 突っ込んできた]

[その弾みで 歩道にある
コンクリートの標識に 激突]

[必死の ハンドル操作も

この状況に]

[運転手は 軽傷で済んだという]

[ロシア サンクトペテルブルクに
暮らす…]

[水たまりに張る…]

[つるつる 滑るのに
耐えたと思ったら

今度は 頭が…]

[ごっつんこ]

[アメリカ モンタナ州で
暮らす…]

[2歳になる ジャクソン君に
パパが ある いたずらを]

(口を鳴らす音)

[ちょっと 面白くなってきた
パパ。 次は…]

(口を鳴らす音)

[パパの いたずらに すっかり
だまされちゃった ジャクソン君]

[調子に乗っちゃって ごめんね]

[続いては…]

(西野)大将。
おはようございます。

(西野)
いやらしくは ないです 別に。

(西野)これは…。

[かつては その発言で

たびたび
炎上を 引き起こした

お騒がせ芸人だった
西野が…]

[今では…]

[大学や 企業の…]

(西野)つまり
何が言いたいかというと…。

[そんな西野の 謎に包まれた
ビジネスに 独占密着]

[さらに…]

[視聴率 20%超えの
人気番組…]

[そして…]

(坂上)何?

うわ。 ちょっと。

[テレビを去った キングコング]

[噂の真相が 今夜 明らかに]

[まずは…]

[その真相を 探るべく
坂上が 自宅を 直撃]

(西野)大将。
おはようございます。

ご無沙汰してます。
(西野)ご無沙汰してます。

よろしいですか?
(西野)全然。 ごめんなさい。

スリッパで 出てきちゃった。
出た。

(西野)出てないですよ 別に。

(西野)
いやらしくは ないです 別に。

これ 何?

いや。
それぐらい 分かってますよ。

10年くらい前?
(西野)はい。

30ぐらいのときってこと?

えーっ?

(西野)何すか?

[入るや いなや
芸人の家とは 思えない

アンティーク感 満載の
おしゃれ過ぎる…]

(西野)集まって
飲むことは あるんですけど。

[さらに リビングは…]

また あえて 生活感のない感じに
してるんじゃないんですか?

[30歳のときに 購入したという
自宅マンションの…]

[確かに 生活感は ゼロ]

[床には ポップな
アート作品が 無造作に置かれ…]

[壁には あえて

古びた インテリアを
配置するなど

その ハイセンスぶりを
感じさせる空間]

これ…。

張り替えたの?
(西野)はい。 張り替えました。

ぎり?
(西野)はい。 ぎり。

すごいなぁ。

[さらに こちらは
絵本を描く際に 使う…]

何 これ?
(西野)これは 普通に

お仕事するときの…。

(西野)
だから これを 自分で描いて。

(西野)これで…。

(西野)一枚 描くのに
3週間ぐらいですかね。

構想?
(西野)かかりますね。

[この部屋で 生まれたのが…]

[実は この絵本には
西野の…]

例えばですね…。

『えんとつ町のプペル』
VRっていうのを。 要は…。

うわぁ。
そうすると

VR映えするためには

どういう町にしたら
いいのかっていうところから

逆算していくんですけど
そうすると 例えば…。

そうね。
要は…。

煙突の上と 下で。

煙突の上に 上がれるっていう
VRが できるんで。

ちゃんと…。

(西野)違う 違う…。
ファンタジー。

エンタメの においと
言っていただきたい これは。

[さらに
坂上が 気になったのは

壁に描かれた こちらの
複雑な メモのようなもの]

[実は これこそが

巨額マネーを 生みだす…]

これは?
(西野)これは…。

えーっ!?

(西野)例えばですね
これ 絵本って あるんですが

絵本って 僕 分業制で
作ってるんで…。

(西野)制作費が。
2, 000万?

(西野)そうするとですね…。

(西野)オンラインサロンっていう。
これ 月額のやつなんですけど。

オンラインサロンの 売り上げで
絵本を作りましょうってことで

円マークを 書いていて。

(西野)これは 美術館を

後々 つくるんで。
ちょっと待って。

(西野)美術館 つくるんですよ。

(西野)ホントです ホントです。

(西野)要は…。

(西野)このエネルギーの流れが
うまく 回ってないっていうのは。

(坂上)何だよ。

[西野ビジネスの 中心にあるのが
この オンラインサロンというもの]

[オンラインサロンとは

芸能人や文化人などが 運営する

インターネット上の

サークルのようなもので…]

[会員同士で

意見交換や イベントなど

様々な活動を 行うのだが…]

[西野が 4年前に始めた…]

[現在も 毎日のように
会員数が 増加]

[すでに…]

[ちなみに 会費は…]

(西野)そうなんですよ。

(西野)そうですね。 はい。
うん?

計算するの
やめてもらって いいですか?

えっ!?
いやいや…。

[この オンラインサロンの会費を
中心に

出版物の印税 講演会の収入などを
加えると

西野個人が 稼ぎだす金額は

年間 7億円にも上るという]

[では いったい
西野の オンラインサロンは

なぜ 国内最大規模なのか?]

[今回 その裏側に
カメラ 初潜入]

[すると お金の使い道から

吉本興業との関係まで

意外な事実が 判明した]

[兵庫県の とある駐車場に
やって来た 西野]

(西野)今から えっと…。

[ことし 映画化を予定している
『えんとつ町のプペル』]

[その主題歌の
ミュージックビデオを

相方の梶原と 撮影するという]

[実は…]

(西野)オンラインサロンって
やってるんですけど…。

(スタッフ)ない才能が
ないってことですね。

そうです。

[西野は 現在…]

[仕事内容と 報酬を
提示すれば

5万人の会員の中から 希望者が

集まるように なっているという]

(西野)まあ 要は…。

これが 何が いいかっていうと…。

もう 分かってんだ。
そうですね。

いるでしょ?

でしょ?
います います います。

[この日も オンラインサロンの
活動に 密着]

言ってしまったら…。

(男性)まず 最初に…。

[この相談に 西野は…]

(西野)僕が アイカサさんみたいな
サービスを するんだったら。

[さらに…]

[この相談を 受けると…]

(西野)壁に 絵 張って…。
全然 いいんですよ。

全然 使ってもらって
全然 問題ないんですけど。

もっと 面白くなんないすかね?

僕だったら…。

(西野)穴を開けない。
座るとことして。

[煙突部分を
ベンチにすることで

撮影スポットにし

集客を 狙うという
アイデア]

[さらに…]

[こうして…]

[都内のバーへ やって来た
西野]

[実は ここ…]

(スタッフ)ただの 飲み会なんですね。
(西野)ただの 飲み会です。

[何と 西野…]

ホリエモンとかが
ここで ママ やってたりしますね。

(スタッフ)えっ!? こっち側で。

ホリエモンは まめなので。

[このように 国内最大規模の
サロン会員を 抱えることで

交流の場が 広がる
メリットも あるが…]

[さらに…]

今のところ 入ってきてると。

例えば…。

投資。

例えば…。

(西野)サロンメンバーの…。

(西野)ニューヨークで…。

(西野)こう思う 日本人の人とかが
いるわけじゃないですか。

えーっ。 すごいね。
せやから 変な感じなんですよ。

[そう]

[これまでも ラオスの
貧しい子供たちのために

小学校 建設に 出資]

[支援だけでなく パリの…]

[様々な活動に
お金を使ってきた]

[そして ここで 西野が
ビジネスの最終目的を 明かした]

[西野が…]

(スタッフ)土地 買ったんですか?
(西野)土地 買ったんですよ。

(スタッフ)そうなんですか?
(西野)土地 買ったんですよ。

そういう プロジェクトです。

[何と 地元 兵庫に

貯金を 全額 つぎ込み
土地を 購入]

[翌 3月9日。
この日は 都内の劇場へ]

[実は 西野は 3年前
オンラインサロンを 運営する…]

[この日は サロン会員に

1年の
活動報告をする日なのだという]

[ちなみに
イベントを 仕切っていたのは

株式会社 NISHINOに
入社したばかりの 新入社員]

[さらに この活動報告会は
新型コロナウイルスの影響で

急きょ ネット配信で
行うことに なったのだが…]

[西野は
これを 逆手に取って…]

無観客にしたことによって
売れるものって

結構あるはずなんですね。

[さすが 西野。
転んでも ただでは 起きない]

(西野)そうなんですよ。

[そして この後…]

[超 人気番組…]

いったん ちょっと…。

[今だから 語れる
キングコング 噂の真相]

[続いては…]

[キングコングが
コンビを結成したのは 21年前]

[本格的な テレビデビューを
飾ったのは…]

[2001年 放送開始]

[『はねるのトびら』]

(西野)どうも。 キングコングです。
(梶原)よろしく お願いします。

(西野)僕らはですね 大阪から
やって参りましたんですけども。

[まだ 関西から
出てきたばかりの

初々しい 2人]

[しかし
その存在感は

瞬く間に 大きくなる]

[雑誌 『JUNON』にも
たびたび 取り上げられるなど

アイドル的人気を 博した]

[すると 4年後には…]

(西野)おめでたい お話が
あります。 『はねるのトびら』が

10月から ゴールデンタイムに
進出することに なりました。

[ゴールデンタイムに 進出]

[そんな 『はねトび』を代表する
人気コーナーといえば…]

(西野)続いての ねたは こちら。

(塚地)これは 危険だよ。

ちょっと待って。 ちょっと
確認したい。 自分の 箸さばきを。

(一同)♬「エダマメ エダマメ
エダマメ」

♬「ツカジョージ ツカジョージ
ツカジョージ」

(塚地)よし。 怖い。

(一同)♬「イタチャイ イタチャイ
イタチャイ チャイ」

(板倉)よっしゃ! よっしゃ!
よっしゃ!

(一同)♬「エダマメ エダマメ
エダマメ」

♬「カジカラス カジカラス
カジカラス」

(梶原)ちっちゃいぞ。
さっきと ちっちゃいぞ。

[失敗すると…]

(梶原)うわー!?

(2人)お疲れです。
お疲れさまでした。

[続いて 100円ショップを
題材にした こちらの コーナー]

(塚地)ここの商品は ほとんどの
商品は 100円なんだけど

中には 高いのも
交じってるらしいのよ。

(梶原)これだわ。
(一同)いく? いっちゃう? 心配。

(梶原)これ 絶対 安いわよ。

ちっさいもん。
(堤下)大丈夫?

(梶原)これ 頂こうかしら?
(虻川)はい。 こちらの商品は…。

(虻川)6, 000円でございます。

[さらに 様々な競技の
ぎりぎりに挑戦する ギリギリッス]

(西野)今日 挑戦してもらう
ぎりぎりは こちら。

滑り台を 駆け上がれる角度の
ぎりぎり。

(梶原)好きですね 角度。

(一同)結構 変わる。
なるほど なるほど。 完全 斜面。

(西野)用意。 ギリギリッス。

お願いします。

(塚地)熱い!? 熱い!?
熱い!? 熱い!?

[視聴率は 20%を
超えることもあり…]

[しかし そんな絶頂期
西野に ある異変が…]

(梶原)その段階で。
もう?

(梶原)そうです。
実は めちゃくちゃ 早いんですよ。

(梶原)そのとき 僕 実は…。

数字も どかんと
20%オーバーとか 取りだした。

こうも 思ってたんですよ。

[そう。 西野は 『はねトび』が
ゴールデンに進出した 25歳で

早くも 絵本の執筆を スタート]

[その裏には
西野が感じた

初めての挫折が あった]

何となく 知られてるっていう。

これは 自覚していたんですが。

[西野は…]

[何と 突然の…]

むちゃくちゃ いわれました。

[芸能人として まさに
これからというときに 決意した

テレビからの引退]

[そして 西野の
絵本作家 成功の裏には

一人の 大物芸能人の
存在があった]

[実は…]

(西野)ホントに…。

そう 言ったと タモリさん
おっしゃってるんですけど。

(西野)そこで 絵本作家になろうと
決めましたね。

[タモリの アドバイスを
きっかけに

絵本を 描き始めた 西野は…]

[さらに…]

[絵本としては 異例の
44万部を 売り上げた]

こう 言っちゃってるんですけど。

[それを…]

そして…。

そして…。

あんなときに。

(梶原)どうも。 カジサックです。
今日なんですけど…。

[そんな 梶原も
西野の後を 追うように…]

[現在の チャンネル登録者数は
190万人以上]

[今や…]

[そこで…。
新しい世界に 踏み出した

カジサックの舞台裏に 密着]

[撮影が 行われていたのは
大阪の…]

[すると…]

編集者の方が
それを 見るじゃないですか。

その言葉を 受け取ってもらって
編集してもらうって形ですね。

[そして この日のゲストは…]

[去年の…]

(男性)回りました。
5秒前。 4・3・2。

(梶原)ミルクボーイさんです。
(一同)お願いします。

(内海)ああ。
ありがとうございます。 今

カスタネットの 赤い方だけを
頂きました。

なんぼ あっても いいですんで。

交渉して ご本人に
OK いただいた上で

マネジャーに言って スケジュール
調整してもらったって 感じです。

そうなんだ?
そうしてくださいとは…。

[さらに 週一で 行われている
カジサックの企画会議にも 潜入]

休み…。

楽しい?

(梶原)これね
噂 流れてたんですけど…。

(梶原)これね
噂 流れてたんですけど…。

行ったんだ?
これは 初めて 言います。

そうですね。
YouTube 開設する前に 一度。

何かっていうと…。

ご恩が あったので…。

そうなんだ。
YouTubeを。

聞かれたことを…。

[まったく 違う道を歩む
2人だが…]

[デビュー以来 20年]

[テレビを離れても 2人が
続けてきたことが あるという]

[それは…]

(西野・梶原)どうも。 キングコングです。
よろしく お願いします。

(西野)やって参りました。
キングコングでございます。

[そう]

(スタッフ)失礼します。
お疲れさまです。

(西野)お疲れさまです。
(梶原)お疲れさまです。

(梶原)結構 言われますよね。
これ。

要は 西野が…。

[何と 舞台に出るまで…]

[梶原は…]

(西野)やって参りました。
キングコングでございます。

[20年前…]

[それぞれが…]

[が…]

[そんな…]

何?

うわ。 ちょっと。

そうなんだ。
梶原以外とは やらない。


関連記事