グレーテルのかまど「“ホビットの冒険”のシードケーキ」読者を物語の世界にいざなう、イギリス伝統のお菓子とは?…


出典:『グレーテルのかまど「“ホビットの冒険”のシードケーキ」』の番組情報(EPGから引用)


グレーテルのかまど「“ホビットの冒険”のシードケーキ」[字]


ファンタジー小説の金字塔『ホビットの冒険』に登場するシードケーキ。読者を物語の世界にいざなう、イギリス伝統のお菓子とは?ヘンゼルはさわやかな香りのケーキに挑戦!


番組内容

人間の半分ほどの背丈のホビットが、ドワーフや魔法使いと、邪悪な竜が住む宝の山を目指す…幻想的な物語のさきがけとして、続編の『指輪物語』と共に世界で愛され続けるトールキンの『ホビットの冒険』。冒険の初めに主人公が仲間をもてなす、香ばしいキャラウェイシードがたっぷり入ったケーキ。日本では「種入りの焼き菓子」と翻訳され、読者の想像力をかきたててきました。一体どんなケーキ?

出演者

【出演】瀬戸康史,【声】キムラ緑子


『グレーテルのかまど「“ホビットの冒険”のシードケーキ」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

グレーテルのかまど「“ホビットの冒険”のシードケーキ」読者を
  1. シードケーキ
  2. ビルボ
  3. キャラウェイシード
  4. 冒険
  5. イギリス
  6. お菓子
  7. ホビット
  8. キャラウェイ
  9. ドワーフ
  10. 太鼓
  11. 物語
  12. お茶
  13. ケーキ
  14. バター
  15. 世紀
  16. 瀬田
  17. 伝書鳩
  18. 風味
  19. グレーテル
  20. トールキン


『グレーテルのかまど「“ホビットの冒険”のシードケーキ」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。


AbemaTV





やさしい甘さと
プチッと歯触りのいい食感。

キャラウェイの種が たっぷり入った…

このケーキが登場するのは

イギリスの児童文学「ホビットの冒険」。

「指輪物語」で知られる トールキンの
作品です。

主人公は
人間の背丈半分ほどのホビット。

ドワーフや 魔法使いとともに

邪悪な竜が眠る宝の山へと旅立つ
冒険の物語。

主人公の家に詰めかけた 冒険者たちに
振る舞われるのが シードケーキです。

すごく衝撃的で
食べたことのないような風味が広がって。

さあ シードケーキの世界へ
一緒に冒険に出かけましょう!

光る石を たどれば行き着く
不思議な家に

あのお菓子の家のヘンゼルとグレーテルの
末裔が暮らしています。

彼らが振る舞う
おいしいお菓子の物語を

ご賞味あれ。

あれ? え~と… あれ?
どうしよう。

ちょっと ちょっと!
何をしてんの? それは一体。

え~ ちょっと かまど!
は?  ちょっと どうしよう。

お客さんが来るんだけどさ
何をどう用意したらいいのか

ちょっと わかんないんだ。
いや うれしいじゃないの!

お招きしましょう 喜んで。
かまど 甘いよ それは。

どうしたの?  これを見て これを。
え?

うわ~!
13人 ご招待しちゃったのね お姉ちゃん。

じゃあ あれじゃない?
本を見たらいいんじゃない?

こんな時こそね。
本をバッと開いて

上から3番目 それにしましょう。
オーケー。

本をバッと開いて
上から3番目… あ!

ということで 今宵 ひもとくのは

「ホビットの冒険」のシードケーキ。

イギリスの作家 トールキンの
「ホビットの冒険」。

1937年に誕生した児童文学です。

大きな人気を集め 続編として発表された
「指輪物語」とともに

壮大な物語の世界に
読者をいざないます。

25か国語に翻訳され
ファンタジー小説の先駆けとして

世界中で愛され続けています。

物語は 田舎に暮らすホビット族
ビルボの家から始まります。

ある日突然 次から次へとやって来た
見知らぬドワーフたち。

その数 合わせて13人。

驚き 戸惑いながらも
礼儀正しくお茶をすすめるビルボ。

そんなビルボに客たちは…。

ドワーフたちが欲しがった
「種入りの焼き菓子」とは

どんなものなのでしょう?

生地に混ぜ込まれた小さな茶色い粒は
キャラウェイシード。

キャラウェイシードは 細長い三日月状で
ほろ苦いナッツのような風味。

イギリス菓子を扱うお店で
シードケーキを見つけました。

店主の中山真由美さんによると

シードケーキは 16世紀から
イギリスで食べられてきた伝統菓子。

シードケーキは
収穫のお祝いだったり

種まきのお祝いだったりっていう
そういった時に 丸く焼いて

みんなで分け合って食べたっていう
お話があります。

キャラウェイシードにしても
砂糖にしても

当時は とてもとても
贅沢なものだったので

ここぞというお祝いに
使ってたんだろうなと思います。

19世紀 イギリスに広がった
アフタヌーンティーの習慣。

お茶とともに楽しむお菓子は
生活の一部として

大切なものとなってゆきます。

ビルボは 夜のお茶の時間にも
シードケーキを楽しんでいました。

突然の客に
とっておきのお菓子を振る舞ったビルボ。

シードケーキは さぞかし あたたかい
おもてなしの味だったことでしょう。

シードケーキか。
うん!

これイギリスで 500年も前から
食べられてきたお菓子なんだね。

16世紀ね。 伝統中の伝統ですよ。
ね!

それをさ 突然押しかけてきた
ドワーフたちに振る舞ったんだよ。

そうだよ ビルボさん。
ビルボは すごいですね。

これ つくり置きしてたって
ことなんですかね?

日もちがするます …するますだって。
日もちがします。

そして また日がたてばたつほどね
味とかね 食感が どんどん深まっていく。

へえ これ魅力満載ですね。
そうですね。

ちょっと僕たちもさ
ビルボを見習ってさ つくってみますか。

つくってみましょうか。 じゃあ
味わいのキメテ お願いします!

はい!

キャラウェイの香ばしさを
五感で楽しむケーキをめざします。

いきましょう!

よ~し かまど。          はいはい。
何からいきましょうか。

じゃあ生地からいきましょうか。
バターありますね そこに。  あります。

ちょっと出しておきましたけれども
どんな感じですかね?

湯せんしますか。
湯せんしましょうか。

少し軟らかめのがいいので。
ね!

ちょっとつけたら すぐ外して。
はい。

混ぜてみましょう。

どう? いい感じだと
思うんですけど。

じゃあ そこに
粉砂糖なんですけども。

それを2~3回に分けて加えまして
泡立て器で混ぜると。

もう次
いっちゃってください。

えっ?
えっ?         いいけど… ごめん。

なになになに?
2~3回って言ったから

3回ぐらいするのかなと思ったら
2になっちゃったなと思って。

でも 2~3回だから。

白っぽくなるまでね。

白っぽくなってきたなあ!

いいんじゃないですか?
オッケー?       偉い。

で そこにですよ 卵を溶いて加えます。

あれ? これ常温ですね。

そうよ。
戻しておいてくれたの?

そう もちろん。
どうして常温かって言いますとですね…。

もうわかってる わかってる。

軟らかくしたバターに
冷たい卵を加えると

バターが固まって分離しちゃうからね。

瀬田さんの絵本を たびたび手がけた…

名訳だと思いますよね。

実際に食べた味覚ではなくて…

…っていうものを通して

自分の存在自体を
揺るがしてくれるような。

瀬田さんが訳した本っていうのは
いつでも…

子どもたちにとって 絵本とは。

瀬田さんは こう語っています。

「ホビットの冒険」の中で さまざまな
困難をくぐり抜けてきたビルボ。

たくましく成長していきます。

最後の戦いを終え 旅をともにした
仲間たちに 別れを告げるとき

彼は こんな言葉を添えました。

旅の中で深めた仲間たちとの絆。

再会を祝う その席にも
きっと おいしいシードケーキが

待っていることでしょう。

今日の「グレーテルのかまど」
いかがでしたか?

とてもシンプルな焼き菓子
シードケーキ。

突然 押しかけてきた
大勢の客に戸惑いながらも

自分の大好物を振る舞ったビルボ。

温かいおもてなしの原点ですね。

あなたなら
どんなお菓子で もてなしますか?

それではまた このキッチンで
お目にかかりましょう。

では ちょっと失礼して…。

いただきます。
どうぞ~。

キャラウェイシード かかってます。

みて 食べてみて ほらほら。

うん! キャラウェイおいしい!
そうでしょう?

風味がとてもいいですね。
そうなんです。

キャラウェイを
十分に味わえるケーキだね。

そうだね。
ほんとに。 ほかに何もないからさ。

あと ジン入れたのが
やっぱりよかったわ。

アイシングの甘さといいね。
これ おいしい。

これ お酒にも合うって
みんな もう大騒ぎ。

ほんとですよ。 姉ちゃんもね。
陽気な友達ばっかり。

大騒ぎしてたけど。

これほんと
余計につくっておいてよかったね。

たくさんつくりましたからね。

またね 13人と言わず
すごい人数で来るって約束して。

固く約束して帰っていきました。 ので!

(鳴き声のまね)
かまど もう来たよ。

(机をたたく音)
かまど もう来たよ!

違うの キャラウェイシードをね
使ったから ものすごい伝書鳩が

やって来てるわけよ。
え 伝書鳩か これ。

(鳴き声のまね)
かまど?

モー。
牛も!?

家畜とかも来てて…。
すごい。

ブヒブヒブヒ。
あ ほんとだ 早く食べちゃお。

もうダメだよ キャラウェイシード。
(机をたたく音)

太鼓 持ってる人がいるよね
どっかに 太鼓。

鳩だから。 伝書鳩が来てるのよ。
太鼓でしょ? 太鼓。

手紙です! 手紙です!


関連記事