秘密のケンミンSHOW! 衝撃!新潟謎の2大イタリアン&転勤ドラマ熊本後編 焼きそばにミートソース?…


『秘密のケンミンSHOW! 衝撃!新潟謎の2大イタリアン&転勤ドラマ熊本後編』の番組情報(EPGから引用)


2018/05/24(木) 
秘密のケンミンSHOW!衝撃!新潟謎の2大イタリアン&転勤ドラマ熊本後編[字][デ]
衝撃!新潟謎の「イタリアン」焼きそばにミートソース?餃子がセット?白熱2大チェーン店どっち派論争▽転勤ドラマ熊本後編!天草でイルカ遭遇&超豪華産婦人科はるみ仰天
詳細情報
出演者
【司会】
みのもんた
久本雅美
【ゲスト】
尾形貴弘(パンサー)[宮城]
鈴木奈々[茨城]
井森美幸[群馬]
土田晃之[埼玉]
高橋克実[新潟]
筒井真理子[山梨]
ひょっこりはん[滋賀]
FUJIWARA[大阪]
勝野洋[熊本]
スザンヌ[熊本]
竹内力[大分]
柏木由紀(AKB48)[鹿児島]
川田(ガレッジセール)[沖縄]
番組内容
ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!
制作
ytv
番組ホームページ
●番組HP
http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/
Capture20180524-215944.jpg 


『秘密のケンミンSHOW! 衝撃!新潟謎の2大イタリアン&転勤ドラマ熊本後編』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

HOW! 衝撃!新潟謎の
  1. イタリアン
  2. 笑い
  3. 熊本
  4. フレンド
  5. スイカ
  6. ミートソース
  7. 蓮根
  8. スザンヌ
  9. 高橋
  10. スタッフ



『秘密のケンミンSHOW! 衝撃!新潟謎の2大イタリアン&転勤ドラマ熊本後編』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(みの)
さあ お待たせ致しました。
カミングアウトのお時間で~す!

(久本)
今夜も日本を代表する
主要県民の皆さんでございます!

(拍手)
(川田)よいしょ~!
こんにちは!

イエーイ!きた~!
(拍手)

今日も盛り上がって
いきたいと思いま~す!

まずは初登場でございます。
高橋克実さんは新潟県民!

(拍手)
(高橋)わたくしは新潟のですね…。

以前 番組でもね
紹介されてましたけれども…。

必ずね…。

なるほど。何でしょう 何か…。

お世話になります。さあ同じく

初登場でございます。
ひょっこりはんは滋賀県民!

♪~
(鈴木)どこ?
(原西)あれ?

どこ?
はい ひょっこりはん。

あ 出た!
(鈴木)あ 出た!

(ひょっこりはん)普通に こっから
出てきたよ~ オッケー。

(笑い)
ごめん。

もう だって…。

(笑い)
ひょっこりはんはね…。

はい。以前 番組でもですね
紹介された…。

(藤本)ちゃんぴょん!?
ちゃんぴょん ちゃう…。

ちょっと待って下さい。
ちゃんぽんやろ~?

すいません えっと…。

頑張れ!落ち着いたら大丈夫…。
(藤本)大丈夫 大丈夫。

さあ まずは県民の真実から。
今夜も出るぞ~!

<…の回で 愛知 手羽先界の
2大スター…>

<紹介した際…>

<愛知出身の県民スター
ご両人が…>

仁美ちゃんは 「風来坊」。

こうやって みんな やっぱ
分かれるんでしょうね。

<思えば 当番組では これまで
各県に存在する

2大巨頭に度々遭遇してきた>

<高橋克実さんの地元
新潟県にも

秘密の2大巨頭が
存在するという…>

<まずは県庁所在地
新潟市で調査開始!>

(スタッフ)はい?イタリアン?

(スタッフ)へぇ~ イタリアンですか。

<イタリアンの2大巨頭!?>

そうですね。

<新潟県の2大都市に それぞれ

「みかづき」 「フレンド」なる…>

あ~…。

(スタッフ)イタリアン?
うん…。

<はい!?イタリアンなのに…>

<高橋克実さんの地元…>

感じで。


≪そうだね≫
うん。

うん。

(スタッフ)みかづき派?
はい。

<続いて 謎の
2大イタリアンの一角

県内第2の都市
城下町 長岡市で調査!>

(スタッフ)ソウルフード?

(スタッフ)何か あれなんですかね…。

(スタッフ)絶対負けない?

<そこで…>

<まずは…>

<向かったのは 県内随一の
ショッピングモール…>

<ショップエリアに
上がってみると…>

<おっ これがそうか!
噂の「みかづき」さんを発見!>

<この日 日曜だったこともあって
看板を撮っている間に

いきなり超混雑!>

<混み合う店内に入ってみると…
へぇ~ こういう感じかぁ>

<どこか懐かしい雰囲気の

ファストフードショップといった
風情だが…>

<と 出てきた
噂のイタリアンは…>

<何だこれは?イタリアンらしく
トマトっぽいソース>

<その下には どう見ても
パスタではない

やや薄茶色の太麺や もやし>

<ファストフードだけあって

ポテトセットなんかも
あるようだが…>

<どのイタリアンも
必ずその傍らには

刻み生姜が添えられている>

<本当に…>

<そしてトレーには
イタリアンらしく フォーク>

<新潟県民達は
麺を引っぱり出すと

おっ パスタ感覚なのか?
焼きそばをクルクルと巻いて

たっぷりミートソースを
絡ませると…

ビジネスマンのランチから
ヤングのおやつまで

幅広い年代の新潟県民が

ソース味の焼きそばと
ミートソースの謎の融合体

イタリアンを満喫>

(スタッフ)合う?

<「みかづき」さんのイタリアン
人気の秘密は

このスーパーお手頃プライス>

(スタッフ)お値段が?

<そんな「みかづき」さんは
県内のスーパーや

ショッピングモール内を
メインに…>

<ここで 気になる…>


<まずは 大きな鉄板で
キャベツを炒めると

取り出したのはパスタ…ではなく
無論 中華麺>

<そして イタリアン用に
特注した

甘めのソースを投下>

<大量のもやしと混ぜ合わせ

ミートソースとの融合を想定した

薄味ながら
おいしそうな焼きそばが完成>

<続いて手を伸ばしたのは

イタリアンの命 ミートソース>

ミートソースになっております。

ミートソースになってますね。

<「みかづき」さんのミートソースは
ご覧の4種類がベース>

<またニンジンや玉ねぎなど

野菜の甘みを生かすのが
特徴で 肉はかなり少なめ>

<控えめながら 旨味たっぷりの
ミートソースに仕上げ

先ほどの薄味のソース焼きそばに
薄味のミートソースが合わさり

ようやく真の味へ>

<完成の証しに生姜を添えれば

下越地方の県民が誇る

「みかづき」さんの
イタリアンとなるのだ>

<続いて
「みかづき」さんと双璧をなす

長岡市の「フレンド」さんを調査>

<情報を頼りに車を走らせると

お これか?って

ドライブスルー?>

<なんとも歴史を感じる

こちらが噂の
「フレンド」さん>

<「フレンド」さんもショップインショップの
形態を中心に…>

<何より
「みかづき」さんには無い

このドライブスルーが
フレンド派の自慢なのだ>

<それでは早速 気になる店内に
直行してみると…>

(ピー ピー…)
<フードコートで おなじみ

呼び出しスタイルのようだが…>

はい。お待たせいたしました~。

<なに?
一体どうなっているんだ?>

<先ほどの 「みかづき」さんよりも
少々 茶色めのイタリアン>

<その隣には…>

<混乱する我々をよそに

おっと こちらは生姜は生姜でも
紅生姜をセルフトッピング>

<そしてフォークではなく
お箸を使うのがフレンド流>

<もはやパッと見は

焼きそばを食べているようにしか
見えないが

イタリアンをすすり
すかさず中華の餃子をパクリ>

<新潟市とは全く異なる

謎のイタリアンワールドが
広がっているではないか>

(スタッフ)染み込んでるんですか?

(笑い)

<「みかづき」さんでは ポテトが
サイドメニューの定番だったが>


<こちら「フレンド」さんでは
餃子こそが

イタリアンの絶対的パートナー>

(笑い)

そうなんです。

<そこで 気になる…>

<まずは 焼きそばとしては
スタンダードな中太麺>

<具材はシンプルに
キャベツと もやしオンリー>

<そして「フレンド」さんでは
こちら>

<やや甘めのソースで味付けし

例によって薄味ながらも

コクの深い焼きそばを
スタンバイ>

<そして真打ち
ミートソースは?>

<トマトベースの
「みかづき」さんに対し

「フレンド」さんの主役は
大量の豚肉>

<反対に トマトは
ケチャップオンリーで

酸味を抑え 控えめの
やさしい味ながらも

肉の旨味たっぷりの
ミートソースに仕上げる>

<そして
合わさることで本領発揮>

<中越地方の県民が誇る

「フレンド」さんのイタリアンが
ここに完成>

<さらに 県内のスーパーの
麺売り場を覗いてみると

家庭用に イタリアン焼そばが
堂々販売!>

<続いて 県内の
セブンイレブンでも…>

<至って普通に 新潟県限定で

イタリアンがラインナップ>

<新潟市内の
こちらの居酒屋では…>

失礼いたしま~す。
お待たせ致しました。こちら…。

<飲みの席でまで堂々

イタリアンが
ボンジョルノだった!>

<新潟市にある
みかづき本社に伺い

イタリアンに
人生を捧げて41年

小林営業部長に話を伺った>

<もともと…>

<あんみつなど
甘味が主力商品だったが…>

<そして…>

(小林さん)
…っていう風に言ってましたね。

<新潟市の 「みかづき」と
長岡市の「フレンド」

実は…>

<そんな
長岡市の「フレンド」さんに

再び行ってみると…>

<おおっと!そういうのも
あったんですね>

<ソース焼きそばに
インドのカレーをかけた

もはやイタリアの要素ゼロの
カレーイタリアン>

<新潟市の
「みかづき」さんでも

お待たせいたしました。

<さらに 新潟市の
「みかづき」さんでも

お待たせいたしました。

<なに?イタリアとは
縁も ゆかりも無い

エビチリ焼きそばだった>

素晴らしい。

克実さん
やっぱりそうですか?

そうか。

へぇ~!

いや~ あれ何ですか。

これね 要するに…。

…まさしく あんな感じですね。

ちょっと味が足らないみたいな?

(一同)ええ~?

やっぱり…。

そうなんです。あのフォークがね
何でしょうね…。

アハハハ イタリアーンって
感じなのね。

すごくね…。

海外 早いな。
(笑い)

ごめんなさいね。
海外って思っちゃうんだ。も~。

やっぱり…。

あれがね…。

(高橋)あれがね…。

ちょうどいい感じで。
あと あの もやし。

もやし。

いいんだ?

ちなみに「フレンド」には
行ったことはあるんですか?

ないんだ。やっぱり
この「フレンド」のやつに…。

あれはね…。

(笑い)
(原西)ボリューム
でかすぎるでしょ

ボリュームが。
ホンマやな。

(柏木)私…。

そうだよな。

バーッて…。

(柏木)あ~…確かに。

バーって…。

ちゃんとね。
食べ終わると飛んでる…。

死ぬほど怒られるので それは。
怒られます。

(筒井)もうね 克実さんがね…。

あ~何か…。

私もそうですけど。
そうだよ。変わんないじゃん。

そうなんです すいません。

あれ?何か今…。

(笑い)
(筒井)大丈夫ですか?

(藤本)何にも言ってないですよ。

(笑い)

さっきね…。

言ってませんよ。
結構 上からだったから。

すいませんね もう~。

あっと…。

(笑い)

合わなそう。


分かったよ
分かった分かった。

(藤本)もうええって それ。

何かね…。

(スザンヌ)ですね~。

あ ごめんなさい…。

(笑い)
ごめんなさい。

(笑いと拍手)

ひょっこり。

(ひょっこりはん)いや でも僕 ほんと…。

ところが。

(笑い)
ちょっと あの…。

<お待たせしました!
新潟県民熱愛…>

まずは「みかづき」の
イタリアンから こっちですね~。

フォークですね。
(高橋)これオシャレな。

オシャレな。
みのさん初めてですもんね~。

生まれて初めて。

あ~ 焼きそばだ ほんとに。
うん さあいっちゃって下さ~い。

(麺をすする音)

わ~ ちょっと
ミートソースのいい香りが。

どうですか?うまい。

合う!
(高橋)でしょ~?

最高だね~。

克実さん 懐かしいでしょ~?

ね~ やっぱり。

(高橋)中に入ってる
大ぶりなキャベツが

また これね たまんないですね。
うわ~。

じゃ みのさん「フレンド」さんの方にも
いってみて下さい。

(高橋)あ~ これ初挑戦だ。
初挑戦!

(土田)焼きそばっぽいわ。
そうそう 焼きそばっぽい。

克実ちゃんも初めてだもんね。
どう?

全然違う。
え~?何がちゃうの?

(高橋)この…。

(一同)あ~。
≪麺も違う≫

(一同)あ~。
中華っぽい。

中華っぽい。

あ~。
これだけで ほんとね

ガンガンいっちゃうタイプ。
いっちゃうタイプ。

こっちは餃子がほしいって感じ。
ほえ~。

分かります 分かります。
私達も いただきましょうか。

じゃあ いただきま~す。
(一同)いただきま~す。

≪巻いて 巻いて≫

あ みんな
「みかづき」からいってるね。

う~ん おいし~。
ん~ 何か懐かしいって感じ。

(高橋)なるでしょ?
食べたことないのに。

≪すごいクリーミー≫

これはね 嫌いな人いないと思う。
(筒井)つるつるいっちゃう。

う~ん おいしい。
うん うん うん…。

≪フードコートでね 売ってる感じ≫
≪分かるわ これ≫

(麺をすする音)
原西の家族とか喜びそう。

ねえ?
(スザンヌ)あ おいしい 合いますね~。

≪おいしい~≫

(笑い)

はい じゃあ
「フレンド」いきましょう。
さ~あ 楽しみ。

(筒井)ね 見た目も焼きそば。

う~ん おいしい!

全然違う。
(勝野)こっちの方が…。

≪こっちが肉を…≫
≪肉の味がね≫

≪やっぱ完璧 肉の味ですね≫
肉が中心ですよね。

う~ん おいし~。

(スザンヌ)
こっちの方がまろやかな感じが。
(藤本)あ~ ちょっとあっさりね。

おいし~ 両方 おいしい。

≪あっさり≫
≪全然タイプが違うけど おいしい≫

≪完全に違う≫

(高橋)確かに。
(土田)全然違いますね。
全然違う。

お!完食~「フレンド」さん。

(勝野)するっと入りましたね。

すばらしい。力さん いかがですか。

(竹内)自分は ちょっと…。

(高橋)何か懐かしいでしょ?

(竹内)子供の頃に みたいなね。

ほんとに 何か…。

分かる~。
(筒井)不思議で。

ほんと…。

あ~ なるほど~。

(井森)
どっちかと言うとこっちの…。

由紀ちゃん ど~う?
はい 私「フレンド」初めて
食べたんですけど…。

もしかしたら…。

そうだよね~。どっち?
どっちがいい?

え~…。

おい!きた~。

(笑い)

私ら楽しいやんな~?

(笑い)
(ひょっこりはん)おいしい おいしいわ~。

(笑い)
(藤本)見てください。

お~!完食~。
(藤本)ガッツリです これ。

ガッツリいった~。

ガッツリはんです~。

(ひょっこりはん)やめて ガッツリはん。
すぐ人のギャグとる~。

(土田)めっちゃくちゃうまい。
めっちゃめちゃ うまいよな。

多分 俺…。

(笑い)
速かったね。
川ちゃん いかがですか?

さすがだわ…。

ありがとうございます。
すばらしい。

(笑い)

どうですか?熊本のお2人は?

そうですね…。

そうですね~。

お~!ためて言った 優しいわ~。

ほんとに…。

住んで欲しいねや。


(京一郎)あ 新聞の4コマ漫画も
くまモンだ。

さすが熊本だな~。

(チャイム)

(はるみ)は~い。

あ~ こんにちは~。
こんにちは はるみちゃん。

困ったことがあったら
なんでん言ってね。

私がバッチリ
回答するけんね~。

<お隣のママさん
スザンヌさんは熊本市出身>

<現在は熊本宣伝部長を務める
生粋の熊本県民である>

おじゃましま~す。
お~ スザンヌさん いらっしゃい。

今日は2人に おすそわけを
持って来たとよ。

はい これ スイカ。

(2人)でか!

親戚から た~くさん
送ってもらったと。

熊本のスイカはおいしかけんね。

でも まだ5月でしょ?
う~ん。

スイカの時期には早すぎません?

ちょっと はるみちゃん。
スイカの旬は

梅雨前っていうのが
熊本の常識ばい!

<そう!熊本県は
スイカの出荷量が

全国の およそ16%を占める
日本一のスイカ王国>

<そんな熊本では 実は

梅雨の前のスイカが
一番 旬なのだという>

<寒暖の差が大きい
熊本で育ったスイカは

糖度が
マンゴーと同じくらい高く

緻密でシャリッとした食感が
特徴なのだ>

お待たせしました~。スイカ
切ってきましたよ。どうぞ~。

うそでしょ はるみちゃん!

スイカば こぎゃんやって
切るなんて。

たまがった!
え!?

<実は…>

<そのため スイカの中心部を
起点に切るのが熊本流>

<こうすると 全てのスイカで
一番甘い部分が味わえるのだ>

うお~!すごい甘い。

今まで食べたスイカの中で
一番おいしい!

でしょ~。

<翌日…>

やっばい!部長との
待ち合わせ時間に遅刻だ。

部長 すいません。遅れました。

東!遅い!

事件現場は
1分1秒を争う戦場ばい!

俺のテキサス時代だったら
お前…鉄拳じゃい!

<勝野さんは若かりし頃

テキサスのニックネームで
刑事として大活躍>

<その殉職シーンは
番組史上最高の

なんと 42.5%を記録>

<今も とっても熱血漢な
生粋の熊本県民である>

じゃあ 行くか。
あっ 部長 すいません。

ちょっと走ってきたので
ノド渇いちゃって

水 買ってきていいですか?
え?

水を買うのか?珍しいな。

そこの水飲み場でいいだろ。

あ~ いや
僕 水道水はちょっと…。

蛇口をひねれば
ミネラルウォーター。

これ 熊本の常識だぞ!常識!

<水質がとても良く
熊本市の水道水は

実は全てが
おいしい地下水を利用>

<なんと トイレもお風呂も

熊本は贅沢に
ミネラルウォーターなのだ>

ん~!水道水 おいしいですね。

だろ?
人口50万人以上の大都市で

水道が全て地下水というのは
日本でここ 熊本だけなんだ。

へぇ~ そうなんですか。

せっかくだから 東
熊本の日本一データを

ワンカットで教えてやろう。
ワンカット?

熊本県が生産量日本一なのは
スイカ トマト デコポン

晩白柚 馬肉
畳の原料のイグサだ!

それから 熊本発祥なのは

スクランブル交差点に ふりかけ!

それに 日本赤十字社!

さらに 車海老の養殖だって
熊本で誕生したんだ!

ちなみに 日本一長い石段!
これもある!

3333段!どうだ!?

それに それに それに!

献血率が なんと…

22年連続 全国第1位!

どうだ すごいだろ!?

熊本はすごいだろ!
すごかろう!どうだ?

さすが部長。
いろんな意味で勉強になるな~。

ここたい ここたい!

この「森からし蓮根」さんの
からし蓮根は

たいぎゃ おいしかとよ。

有名なんですか?
当たり前たい!

この「森からし蓮根」さんは
からし蓮根の元祖のお店ばい。

<熊本名物 からし蓮根は

創業386年の「森からし蓮根」の
初代が考案>

<蓮根の穴に からしと麦味噌を
合わせた からし味噌を

たっぷり詰めて
カラッと油で揚げた

ツーンと あと引く辛さが
クセになるひと品>


ここで 私の友達が
働いとらすと

ちょっと自虐的だけど
気にせんでね。

ヒロシく~ん。来たば~い。
ヒロシ?

♪~

(ヒロシ)
ヒロシです。女性に名前を
呼ばれるなんて

病院の待合室以外
ないとです。

ヒロシです。ヒロシです。
ヒロシです…。

<ヒロシさんは荒尾市育ちで

口を開けば 自虐を言ってしまう

ちょっと気弱な熊本県民である>

よかなら 試食していかんね。
(はるみ)ありがとうございます。

ん~ この辛さが
クセになるとたい ねえ~。

でも私 あんまり辛すぎるのは
得意じゃないんですよね~。

あ~ そがん人はマヨネーズば
つくっとよか。

味がマイルドになって
うまかばい。

ほんとだ~。
マヨネーズ すごい合いますね。

おいしさがアップしてる~。

でも からし蓮根って
丸々1本あっても

結構 余っちゃうんですよね~。
そんなら からし蓮根ば刻んで

チャーハンに入れても
おいしかとよ。

<辛みが特徴のからし蓮根は
料理のアクセントにバッチリ>

<ピリッとした
からし蓮根チャーハンや

トーストに チーズと
からし蓮根をトッピングすると

相性抜群だったりと
その可能性は無限大なのだ>

実は からし蓮根は

輪切りにした この見た目が

熊本城城主 細川家の家紋
九曜紋に似ていることから

明治まで 門外不出の
料理だったんですよ。

知ってまし…

あれ?

ヒロシです…。

あ~ そろそろ昼飯の時間ばい。

そうですね 何食べましょうか?

今日はラーメンにしようか。

おっ 熊本ラーメンですか?
いいですね~。

<熊本ラーメンとは
白濁豚骨スープに

香味油と
ニンニクチップを浮かべ

博多豚骨ラーメンよりも
マイルドなスープが特徴>

<麺はスープに絡みやすいように
中太ストレート麺が定番なのだ>

熊本ラーメンと言ったら

やっぱ 「味千拉麺」ばい。
(京一郎)味千?

「味千拉麺」はな
熊本県内に58店舗

海外に734店舗もあるとぞ。

<「味千拉麺」は
今年で創業50年>

<アメリカや中国など
世界13か国で展開する

世界で 一番有名な
ラーメンチェーンなのだ>

<そんな 味千は…>

あ!今日は22日だよ。ラッキー!

え?22日?ラッキー?

<毎月22日は
味千ラーメンの日>

<熊本県内では
味千ラーメン 600円が

なんと半額の300円で
食べられる

県民の超ラッキーデーなのだ>

ん~!熊本ラーメン うまい!

熊本ラーメンはスープが
まろやかでクリーミー。

そして この中太麺が
濃厚スープによく絡んで

ベストマッチたい!ハッハッハ。

まるで 俺と
うちの女房のキャシーみたいに

完璧な組み合わせばい。

はあ…。
ハハハ。

(京一郎)あれ?どこにもないな~。

どうした?
あ~ いや 部長

トッピングの紅ショウガと
高菜が どこにもないんですよ。

あれ?え?
博多ラーメンじゃなかとぞ。

高菜をラーメンに入れるなんて
もったいなかろうが。

<実は 熊本ラーメンは
トッピングに

紅ショウガや からし高菜を
置いてない店が多い>

<味千では 阿蘇高菜ラーメンの
メニューもあるのだが

食べるのは ほとんどが
県外からの観光客>

<高菜をこよなく愛する
熊本県民は…>

高菜漬けは 白かご飯に限るばい!

<…という人が多いのだ>

<その頃 はるみと
スザンヌさんは…>

今日は かわいい子供服
あるといいな~。

もう どんどん大きくなるけん
大変で~。

いいですね~ 私もそろそろ
子どもが欲しいな~。

ほ~んと たいぎゃかわいかよ~。

あ 出産するなら ここ
福田病院さんがオススメ。

たいぎゃ人気なんだけん。

あ せっかくだから
病院見学 行こうよ~。

こっち こっち!

えっ!ここ
産婦人科病院なんですか?

えっ!ここ
産婦人科病院なんですか?

ものすごいゴージャスで
高級ホテルみた~い。

(スザンヌ)
すごいでしょ~?こっち こっち。

ここ 福田病院さんはね
建物がすごいだけじゃなくて

出産数も日本で一番多い
日本一の産婦人科病院とよ!

そうなんですか。

<福田病院の年間出産数は
熊本市内で1年間に産まれる

赤ちゃん およそ7, 000人のうち
何と半分以上の 3, 700人>

<そう!熊本市の新生児の
2人に1人が

ここ 福田病院で
誕生しているのだ>

<そして豪華なのは
ロビーだけでなく

病室は全て個室>

<さらに 妊婦さんのための
エステルームなどが完備>

<中でも
妊婦さんに好評なのが…>

うわ すご~い!

立派な料亭みたい。
ここ 病院ですよね?

うん。福田病院さんのご飯は
ほんとに美味しいと。

もちろん 和食だけじゃなくて
洋食もあるし

出産後には
お祝いディナーもあるとよ。

<福田病院には 和食以外にも

ホテル並みの
洋食レストランを完備>

<出産後には
フルートの演奏付きの

豪華なディナーを用意>

<まさに 妊婦さんのための

至れり尽くせりの
産婦人科なのだ>

<週末 勝野部長に誘われ

熊本県南西部 天草へ>

はい どぎゃんね ほら。

(はるみ)
うわ~すっごい絶景ですね!

だろ?天草松島は
日本三大松島の1つだけんね。

<周囲を海に囲まれた天草は

九州で一番美しいと言われる
絶景ビーチが多く

熊本の夏の
人気リゾート地なのだ>

<そして 勝野部長オススメの

天草で大人気の
クルージングツアーへ>

<天草の海の絶景を
楽しめるだけでなく

最大の目玉が…>

あっ はるみちゃん!

おいでおいで おいで。
何が見えるんです…。

(勝野)ほら!
(はるみ)うわ すごい!

はるみちゃん!
おいでおいで おいで。

何が見えるんです…。
(勝野)ほら!

(はるみ)うわ すごい イルカだ!
かわい~い!

こんなにいっぱいの
イルカに出会えるなんて

ほんと奇跡的ですねぇ!

なに言うとるね。
シークルーズの

イルカウォッチングの
イルカ遭遇率は 年間

98%もあるとよ。

<実は天草沖には
野性のバンドウイルカが

300頭以上 生息しており
今の時期は

子ども連れのイルカを
見ることも出来るのだ>

<そして…>

あ~熊本は食べ物も美味しいし

自然も豊かだし
住むには最高だね。
うん。

ねえ 京一郎さん。
んっ?

今度は ここに

家族3人で来たいな~。
はるみ~!

東!
うわぁ!

ちょっと いいか?
もう~

いいところなのに
何なんですか?部長!

実は 例のこれだ。

もしかして…。

今度は 栃木に転勤だ。

妻のキャシーも残念がってたぞ。

熊本に永住したかったのに~!

(井出)はるみちゃん!大丈夫て。

俺に任せんね。
えっ!?

2人の代わりにね
俺が熊本に移住して

熊本ば たいぎゃ
盛り上げるけんが!

なんも心配せんでよかよ。
それよりも

何で裸に獅子舞なんですか?

変態~!
はいはい!

マイ マイ マイ マイ…
マイム獅子舞と!

さあ 新天地でも
いいことがあるように。
いっ いやぁ~!

<突然の
井出らっきょさんの登場に

転勤の悲しみが
天草の海に吹き飛んだ

京一郎とはるみであった>

いや 熊本 素晴らしいですね。

どうですか?
勝野さん 出演されて。

はい あの僕は…。

(笑い)
ほんとに…。

すいません。

あのスイカの切り方
いい勉強になったね。

あれもね…。

あれ 知らなかったよ。

なるほど。

あ~!それが一番…。
(スザンヌ)あと…。

そう!
あれですよね?

全部おいしく。
素晴らしい。あと…。

そしてまた福田病院。
これはもうスザンヌさん。
すごいね。

2人に1人が ここで出産してる。
(スザンヌ)そうなんです。

すごい高そうに
見えるじゃないですか。
そうです。値段 気になった。

お値段のほうが。でも…。

(一同)エーッ!

…アカンことあるでしょ
いっぱい。

イルカウォッチング
素敵でしたね~勝野さん。

その だいたい…。

え~!すごい。
(藤本)遭遇率?

由紀ちゃん どうですか?
隣県と致しましては。

はい 私やっぱ 阿蘇…。

牛いますからね。
牛のイメージ。でも今 見たら…。

ねえ 素敵なとこですよね~。
(柏木)すごい良いところ。

俺ね…。

へえ~!

(スザンヌ)わぁ うれしい。
もう大人気の。だって…。

(土田)それで有名なとこですから。
そうなんだ?

(高橋)やっぱり 僕は…。

あの切り方 知ってた?
切り方ね あれが…。

ねえ?
逆に こう…。

ほんとに なんか…。

なんか…。

≪自然とかね≫

もう こうなったら…

(笑い)
ほんと!

うがいはいいでしょ。
いや 飲みます。

いや なんかサラッと
言ってましたけど…。

そうゆうこと!
最初?言ってたね。

言ってましたね。

…と思って それがもう
ビックリしたんですよ。
意外だったね。

ふりかけ。

それ絶対 知らんかったわと思って
これ見ないと。
確かに。

さあ 奈々ちゃん いかがですか?
思ったのが…。

東 京一郎が?
はい!
(尾形)俺 めちゃくちゃ

言われるんですよ 確かに。
(鈴木)似てる!似てる!

言われる?

(笑い)
(尾形)そうですよ。

さあ つっちー いかがですか?
そうですね 僕も

今年の正月に いつも沖縄旅行
行ってんですけど…。

マジか?

ドラマとかに 全然。

≪誰ですか?≫
ぼびぼびお。

ぼびぼびお。

あの ぼびぼびおですよ。

ごめんなさい 勉強不足。
知らないんですか?


関連記事