歴史秘話ヒストリア「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」 声:きたろう、ゆりやんレトリィバァ



『歴史秘話ヒストリア「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」』の番組情報(EPGから引用)


2018/05/30(水)
歴史秘話ヒストリア「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」[解][字]
神社や寺には行くのに「宗教を信仰していない」と答える人が半数…ニッポンの信仰心の謎を、千年の時をさかのぼり解き明かす。あなたの心の中には「神仏習合」がある!
詳細情報
番組内容
初詣などで神社や寺に行く人は多いのに「宗教を信仰していない」と答える人が約半数…ニッポンの信仰心の謎を千年の時をさかのぼり解き明かす。古くからの神と、あとから伝来した仏。本来異なる存在をゴチャマゼに信仰する「神仏習合」。それは奈良時代、神の告白「神はつらいよ」から始まった!?しかし150年前、神仏習合は禁止され、その証しは破壊された…。春日大社など有名社寺の協力で、封印された歴史をついに公開!
出演者
【キャスター】井上あさひ,【声】きたろう,ゆりやんレトリィバァ
Capture20180530-230746.jpg 



『歴史秘話ヒストリア「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

歴史秘話ヒストリア「神と仏のゴチャマゼ千年
  1. 仏教
  2. 神仏習合
  3. 神社
  4. 日本
  5. 本殿
  6. 春日大社
  7. 八幡神
  8. 興福寺
  9. 信仰
  10. 第一殿



『歴史秘話ヒストリア「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


それで私が一つ、個人的に提案し
てるのは、労働基準監督局だけじ

ゃなくて、それを民間の社会保険
労務士とか、そういうとこに委託

して、それでこの体制を強くする
というのもこの際、私は考えてれ

ばいいと思います。

今年で 創建1, 250年。

世界遺産 奈良・春日大社。

何やら 行列が出来ています。

その先には 赤い印を押す人が。

それ なあに?

神社やお寺を参拝した証し
「ご朱印」。

実は ここ数年
大ブームが起きているんです。

どこで ご朱印をもらったか
見せてもらうと…。

お寺も 神社も
ゴチャマゼですねえ。

ああ 気にしてないというか…

ところで…

ご朱印集めに
神社や お寺に来ているのに?

NHK放送文化研究所の調査では

「宗教を信仰していない」と
回答した人は 49%。

ところが 文化庁の調査では

仏教系と神道系の信者は

共に 8, 000万人を超えます。

この2つを合わせただけで

なぜか
日本の人口の1.4倍?

何だか
数字が合いません。

一体…

歴史番組の名にかけて

この謎
スパッと解いてみせましょう。

♬~

今 開かれている
「国宝 春日大社のすべて」展。

国宝57件 重要文化財47件が並ぶ
この展覧会に

謎を解く鍵があるといいます。

神社のお社の上に…

こちらは 神さまのお使いの鹿。

背中に乗せているのは

仏教の開祖…

これらの品々は

神と仏を 共に信仰する

「神仏習合」の
証し。

日本人は 千年の時をかけて

おおらかな祈りの形を
つくり上げてきました。

しかし
今から ちょうど150年前。

神仏習合は禁止されます。

証しの品々は破壊され

痕跡は 隠蔽されました。

今日は 名だたる社寺から
特別の許可を得て

封印を解き放ちます。


さあ ニッポンの信仰心の
謎を探る

タイムトラベルに出ましょう。

♬~

「歴史秘話ヒストリア」。

今夜も
どうぞ おつきあい下さい。

今日は 神と仏と
日本人の物語です。

世界には
たくさんの宗教があります。

長い歴史を振り返ると

キリスト教や イスラム教などが
広まる中で

たくさんの争いが起こり

それまで信じられてきた神々が
否定されてきました。

さて 日本には
仏教が 6世紀に伝わりました。

しかし 新たにやって来た仏が

もとからの神々を否定する事は
ありませんでした。

そのかわり 日本人は
いい加減に 神と仏をまぜた

ユニークな信仰を

つくり上げたのです。

そんな 「奇跡の千年」。
ご覧下さい。

タイムトラベルの初めに

「典型的な 古くからの神社」に
お連れしましょう。

三重県北部 多度山。

山自体が
ご神体とされてきました。

山の水が 里へ流れ出す場所に
多度大社があります。

境内には
大きな岩が あちこちに。

本殿の すぐ近くに
特別に入れてもらいました。

すると ここにも
大きな岩があります。

こうした岩は
「磐座」と呼ばれ

神が降りてくる場所と
されていました。

仏教が 日本に伝わる前の
古墳時代

神社には 神をまつる建物は
ありませんでした。

神の言葉を伝える巫女が

磐座の前や

神聖な水のほとりで

神をまつる儀式を
行ったと

考えられています。

6世紀
朝鮮半島の百済から

仏教が
もたらされました。

「日本書紀」によると
その出会いは こんな感じでした。

大王の宮殿に
百済の王の使いが来た。


そして
金色の仏像をささげて言った。

仏法というのは
最も優れた教えです。

天竺から東で
信じない国はありません。

大王は
躍り上がって
喜んだ。

異国の仏の顔
きらぎらし。

威厳があって
すばらしい!

こうして 日本で 仏が
まつられるようになりました。

しかし それから およそ200年。

新しく来た仏と
古くからの神が

交わる事はありませんでした。

神と仏がまじる神仏習合が
始まったのは

8世紀の奈良時代。

そして
それは都ではなく…。

ここ 多度のような
「地方」で始まったのです。

奈良時代に書かれた…

不思議な 神のお告げが
書かれています。

天平宝字7年の事。

多度の森に 満願という僧が
修行しておった。

ある時 神が 人に乗り移って
こう言ったのじゃ。

我は 多度の神なり。

我は 前世も 前々世も

前々々世も 重い罪あり。

ゆえに その報いで
神として生まれてきた。

な… 何ですと?
罪の報いで神に…?

仏の教えでは
神もまた 苦しみの存在。

仏にならないかぎり
苦しみは続きます。

人間と同じように
神も また つらいのです。

神も つらいよ?

(巫女)つ… つらい~!

今 我は こいねがう!

神の身を離れたい!
そして 仏教に帰依したい~!

神が自ら 「神の身を離れたい」と

告白する 衝撃の内容。

本当に 神さまが

こんな事 思うのでしょうか?

そんなものは 事前に
シナリオがあるに決まってますよ。

アハハハッ。

まあ そうですね。 ハハハッ。

仏教っていうのは
新しい文明だったんですね。

7世紀前半まで
日本の寺院は

近畿を中心に 限られた
場所にしかありませんでした。

ところが…。

7世紀後半以降 爆発的に
全国各地に広がります。

まさに 「仏教大ブレーク」の
時代だったのです。

こうした時代

それまで 神をまつってきた
豪族たちは

こんな会話を
していたのかもしれません。


我らも 仏教を
取り入れたいのじゃが…。

しかし 我らは
神をまつる一族ぞ。

いや 時代遅れになって
よいのか?

そうじゃ!
うわさの満願に相談してみよう。

(3人)オー!

こちらが うわさの満願です。

地方を回り 仏教を広める
スーパープランナーだったかも。

満願の像があるのは
神奈川県の箱根神社。

神仏習合の聖地として
満願が開いたとされています。

そんな満願が
シナリオを書いたかもしれない

「神告白」。

実は そのお手本は…

中国 唐の国にありました。

日本に先駆けて

道教の神々と 仏との
神仏習合が進んでいた 唐。

道教の神が まさに

「神はつらいよ」と
告白していたのです。

この言葉を
満願が いわば「コピペ」し

多度の神が 似たようなセリフで
告白したのかもしれません。

地方に 仏教を広めようとする
僧と

仏教を取り入れたい豪族が
タッグを組む事で

神と仏が結び付く神仏習合が
地方から始まったのです。

そんな神仏習合の
大きな「節目」となったのは

聖武天皇が指揮した
「大仏建立」です。

この 巨大プロジェクトに協力し
華々しく 中央に進出した

地方の神様がいます。

それが おなじみの…

もともと 大分県宇佐で
まつられていた 地方の神でした。

そのお告げを まとめた
「託宣集」によると

聖武天皇の使いが

唐に渡る前に
宇佐に立ち寄りました。

大仏を覆うための金が
国内では足りなかったのです。

使いが 唐に渡る前
宇佐に立ち寄り 祈った。

無事に 唐へ行って

黄金を持って帰って
これますように。

すると 八幡神が
巫女に降りてきた!

なんじらが求めるところの…

(3人)な… なんと!

すると 翌年 陸奥国で金が…!

は… 八幡さまの
仰せのとおりじゃ!

聖武天皇は大喜び。

これで 光り輝く大仏が
造れようぞ!

お告げは 更に続いた。

我 都に行って 大仏を拝むぞ~。

一行は 奈良の都へ向かった。

都にやって来た一行を
文武百官が出迎えた門が

今も残っています。

紫の輿に乗っているのは
八幡神。

ただし 人に見えるのは

巫女であり 尼でもある
大神杜女の姿のみ。

杜女に 八幡神が降りておった。

(一同)
ようこそ おいで下さいました。

転害門で
文武百官に出迎えられた輿は

大仏の前へと向かった。

八幡の大神。
お待ちしておりました。

今度は 聖武上皇と
孝謙天皇が出迎えた。

そして 八幡神は
大仏を拝んだのじゃ。

そのあと 僧5, 000人が読経。

唐の音楽や舞で
八幡神を もてなしたのじゃ。

こうして
中央デビューを果たした 八幡神。

3年後に
大仏が開眼されると

その守り神として招かれます。

それが 東大寺の隣にある
手向山八幡宮。

全国に 八千もあるという
八幡神をまつる神社の…

奈良・薬師寺。

ここにも 守り神として
八幡神が招かれました。

こちらが 寺の守り神…

平安時代初めから まつられてきた
ご神体があります。

目に見えないものと
されてきた神が

僧の姿で表されています。

その第1ステージは
神が 仏教に帰依し

その守り神となる形で
始まりました。

関東に お住まいの方にとって

一番 なじみのある
八幡さまといえば

鎌倉の鶴岡八幡宮でしょうか。

源頼朝をはじめ

武士たちの
あつい信仰を集めました。

武士が台頭すると…

楼門の扁額です。

「八幡宮」と書かれています。

今のものは
近代に作り直されたものでして

オリジナルが こちら。

よ~く 見てみると…。

「宮」という字の下に
何かの痕跡がありますね。

実は ここにあったのは

「寺」という字。

「八幡宮寺」と
書かれていたのです。


江戸時代まで こちらは

「鶴岡八幡宮寺」とも
呼ばれていました。

文字どおり「宮」 神社でもあり
「寺」でもあったのです。

かつての日本の 神社とお寺

今とは 随分
違う様子だったんですね。

その舞台となったのが

聖なる山・御蓋山の麓に

1, 250年前に創建された…

そして それより半世紀前に
創建された…

隣り合う場所にある
この 2つの社寺は

平安時代の終わりから
深く結び付いていきます。

春日大社と
興福寺が

一体だった事を
物語る名宝が

展示されています。

春日の神が起こした
奇跡をまとめた

この絵巻物の冒頭に

春日大社の門で
神のお告げを伝える女性が

描かれています。

じっと聞き入る こちらの人々。

春日大社の神職たちです。

その隣にいるのは お坊さん。

この人たちは 興福寺の僧です。

神職だけでなく 僧もまた
神に仕えていたのです。

一体 お坊さんは 神様の前で
何をしていたのでしょうか?

実は 僧が

日々 神に仕えるために
造られた建物が

今もあるといいます。

特別に
案内してもらいました。

こちらが ご本殿があります

瑞垣に囲まれた内院という

一番大事な空間です。

そして そのすぐ前には

「御廊」といいまして

お坊さんが お経を読んで
神様に手向ける

そういう空間が あったんですね。

なんと 神様がいらっしゃる
本殿の すぐ近くに

僧が お経を読むための
建物

御廊があったのです。

先ほどの絵巻物にも
ここが描かれています。

読経しながら
居眠りしてしまった僧が

別の僧に
蹴られている場面です。

神様に対して
祝詞ではなく お経をあげる。

何だか不思議ですが 実は…

…が広まっていたのです。

春日大社にまつられている
神々を描いた

こちらを ご覧下さい。

神さまから 漫画の
吹き出しのように雲が出て

その上に 仏さまがのっています。

これは 平安時代の終わりから
広まった…

…を表しているのです。

世界の中心に 須弥山という
大きな大きな山がある。

その はるか上空に
仏や菩薩がおられる。

仏たちは 遠く東の

粟粒が散らばったような
小さな島々の民

つまり 日本の人々を
救いたいと お思いであった。

最果ての民は 悟りから遠い。

とはいえ 我らが
この姿のまま現れても

彼らは驚くばかり。
どうしたものか…。

お釈迦様
これなら いかがでしょう?

我ら 本来の
光り輝く姿を隠し

彼らに親しみ深い
神として 姿を現せば…。

確かに このままでは

最果ての民には
まぶしすぎようぞ。

よきかな よきかな。

では早速 ヘンシーン!

ヘンシーン!

ヘンシーン!

かくして 仏は
日本の民を救うために

神の姿に 身をやつして現れた。

だから 神々は
実は 仏が変じたお姿なのじゃ。

なんと ありがたい事ではないか。

日本の神々は
仏が変身したものだという…

この理論によって

神と仏の ゴチャマゼ度合いは
革命的に進みます。

だって 神は 実は仏なんだと
いうんですから。

では…

本殿にまつられる
四柱の神のうち

最も 重要とされてきた
第一殿の神。

「武甕命」は

茨城県の鹿島から

鹿に乗って
やって来たと
言われています。

さあ その神に変身したのは
どなたでしょう?

何本もの腕を持つ仏のようです。

実は この仏
興福寺に まつられています。

いらっしゃるのは こちら…

その本尊…

なぜ この仏が 第一殿の神の
本地とされたのでしょう?

それが
第一殿の武甕は

鹿に乗って
やって来た

という事に
なってますので

その事とも
結び付けて…。

まさかの
鹿つながりでしたか。

興福寺では 毎朝

僧侶が 南円堂をはじめ

全てのお堂を参拝しています。


南円堂には 神社のように
しめ縄が かけられています。

本尊が 仏であると同時に
春日の神でもあるためです。

本尊に 祈りをささげたあと

更に
春日大社の方向に振り向き…。

(かしわ手)

かしわ手を打ちます。

今度は 仏が変身した春日の神に

祈りをささげたのです。

これにて 第一殿の
神の本地は決まり…

というわけには
いきませんでした。

別の仏が変身したという説が
現れたのです。

一体 どの仏なのでしょうか。

やはり 鹿がらみの名宝を
見てみましょう。

春日の神の使いである鹿の上に
のっているのは…

つまり
第一殿の神の本地は

釈迦だというのです。

第一殿の神は 釈迦なのか?

不空羂索観音なのか?

春日大社を二分する大騒動が
巻き起こったと思いきや…。

こちらの絵を ご覧下さい。

第一殿の神の本地として
描かれているのは…

おや? 釈迦も。

いわば 両論併記です。

当時の日本人は この辺り

「いい加減」に
「いいかげん」でした。

だからこそ

神と仏を ゴチャマゼに
できたのかもしれませんね。

こういうところも。

僧が 神に お経を読んだ
御廊のすぐそば。

本殿を守るように そびえる瑞垣。

この中は…

そんな
タブーと関わる話が

「春日権現験記絵」にあります。

奈良の とある寺の僧が
深く悩んでいた。

春日の大明神 お助け下さい。

夜遅く 春日に詣で
瑞垣のうちに入り込み

本殿の すぐ近くで
「法華経」を読んだ。

そして 夜が明ける前に
帰っていった。

100日目。

疲れた僧は
つい眠ってしまった。

夢に 美しい若君が現れ
膝の上で遊んでいる。

見ると 髪の毛がぬれていた。

(僧)どうして 髪の毛が
濡れているのですか?

でも 「法華経」は

ライバル比叡山で
大切にしているお経だよ。

興福寺が大事にする
「唯識論」だったら

もっと
うれしかったのに…。

それに よく聞け。

あまり 近すぎるのは
よくないぞ。

これからは
瑞垣の外で読んでね。

(僧)はい そういたします!

僧が答えると
膝が すっと軽くなった。

こうして 神仏習合が進んでも

僧が入れない…

神への信仰が 仏教の中に
完全に取り込まれてしまう事は

なかったのです。

本地垂迹説によって
結び付いたのは

春日大社と
興福寺だけではありません。

興福寺のライバル…

こちらと 結び付いたのは…

延暦寺を開いた 最澄は

ここを
比叡山を守る山の神

「山王」としました。

こちらの本殿

普通の社殿と
何かが違う事に
気付きますか?

実は…

こちらが
入り口になっておりますね。

なんと 階段の下に

隠された空間への入り口が
ありました。

はい では どうぞ。

特別に
中に入れて頂きました。

こちらが 下殿と呼ばれる
お部屋になっております。

神社の本殿の床下にある
「下殿」。

かつて 仏教的な儀式が
行われていたといいます。

かつて 薬師如来がまつられていた
須弥壇の真上には

薬師が変身したとされた山の神が
今も まつられています。

ホイサ! ホイサ!

神のための祭りにも
僧侶が関わりました。

毎年4月に行われる
日吉大社 最大の祭り 山王祭。

この祭りも…

日本全国で進む 神仏習合。

その中で 伊勢神宮にまつられる
天皇家の祖先神 天照大神。

その本地の仏は
何だと考えられたのでしょうか?

奈良の西大寺に
その手がかりがあります。


大神宮御正体と
いいますけれども

お伊勢さんの
御正体なんです。

天照大神の御正体

つまり 真の姿とは…。

曼荼羅の中央には…

その最高の仏が変身して
日本に現れたのが

天照大神だというのです。

この御正体には…

曼荼羅を引き出して…

裏返すと…。

現れたのは 鏡。

大日如来と天照大神は

文字どおり
表裏一体だというわけです。

こうして 奈良時代まで
全く違った存在だった神と仏は

一体のものとして 「神仏」と
呼ばれるようになりました。

したがいまして…。

決して 教養がないからでは
ありません。

皆さんが 神社やお寺に
お参りする機会といえば

まず 初詣ではないでしょうか。

ここで その人出 全国ベスト5を
ご覧下さい。

こちらは 大正時代に出来た
新しい神社なので

神仏習合とは関係ありません。
しかし…

2位3位の 成田山と川崎大師は

共に お寺ですが…

4位の伏見稲荷大社は…

そして 5位の鶴岡八幡宮は…

ほんとに あちこち
ゴチャマゼだったんですね。

しかし 今日 神仏習合は

ほぼ 痕跡しか
見つけられません。

(砲声)

150年前 始まった明治維新。

新政府のスローガンは…

仏教が伝わる前にあったと
彼らが考えた

天皇中心の 理想の政治の
復活を掲げました。

3月28日 新政府は

「神仏分離」 つまり
神と仏を分ける事を命じます。

そして…

これには 理想の神道を
復活させようとする

意図がありました。

諸悪の根源は

神道に 仏教が
まじってしもうたためじゃ!

汚らわしい!

我が国の将来のため
仏教など払いのけよ!

神道を
純粋なる頃に戻すべし!

本殿の鍵を引き渡すよう要求し
拒否されると

強引に 本殿に
乱入しました。

そして 下殿などに
まつられていた

仏像やお経を 放り出します。

「焼き捨ててしまえ!」。

積み上げられた仏像に

ついに 火が放たれました。

事件後 まとめられた
リストによると

この日 124点もの仏像や仏具が
焼き捨てられました。

「廃仏毀釈」の
始まりです。

それまで…

祭りで担がれる…

鏡が あるんですけどね。

鏡の裏側が
こういうふうになってまして。

もともと
「日吉山王客人大権現」って

書かれてあったんですね。

それが やっぱり
仏号にあたるという事で

この「山王」という文字と

それから「大権現」というのが

削り取られている。

比叡山を守る山の神 「山王」。

そして 本地垂迹説に由来する
「大権現」。

神仏習合は 痕跡に至るまで
抹消されたのです。

廃仏毀釈の嵐は
全国で吹き荒れました。

新政府は 行き過ぎた破壊を
止めようとしましたが

神仏分離は断行。

仏教と切り離された神道は

天皇を中心とする
「国家神道」となり

1945年まで続きます。

さて ここで…

なぜ 半数の日本人が

「宗教を信じていない」と
答えるのでしょうか?

(森)「これだけが 宗教ですよ」
という考え方に…

神仏分離が始まって 間もなく

全ての仏像が
焼き捨てられたはずの

日吉大社。

1941年 かつて
仏像が まつられていた…

これが…

ご神体である鏡の上に

その本地の仏が
取り付けられた

まさに 神仏習合を象徴するもの。

土にまみれた状態で
見つかったといいます。

その4年前

比叡山の最高位 天台座主が

日吉大社へ出向いて 神を拝み

お経をささげる儀式が復活。

禁止されていた神仏習合が

少しずつ
よみがえり始めました。

今も 毎年 行われています。

日本人が 千年かけて
つくり上げた 神仏習合。

それは 「純粋で混じりけのない」
とは正反対のもの。

しかし 「いい加減」に
懐が深い信仰でした。

それは 分断が深まる
21世紀の世界に

何かのヒントに
なるかもしれません。

純粋な信仰こそが
正しいというものには

やはり 何かしら
問題があるんじゃないか。

いいかげんでも いいんですよ。

幅が広く もっと雑多なものを
受け入れる。

それも 信仰として
ありうる姿じゃないのか。

何でも派。 アッハハハハ。

何でもOK。
フフフフ。


関連記事