爆報!THEフライデー 元SKE48矢方美紀が… 「BE-BOP予備校」で生活指導だったYは今…


『爆報!THEフライデー【あの人は今…緊急大追跡SP】』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/01(金)
爆報!THEフライデー【あの人は今…緊急大追跡SP】[字]
▽元SKE48矢方美紀が緊急出演!25歳の若さで乳がんが判明…左乳房を全摘出
▽さらに!彼女の元に先日突然の芸能界休業宣言をしたアイドルが!一体何を語るのか!
詳細情報
番組内容
【今夜のスペシャルゲストは演歌歌手・細川たかし】
▼細川たかし、超大物歌手Sとの間に知られざる因縁が!
大事なステージで大事件を起こし大説教!
▼緊急ニュース!細川たかしの気になる髪型に新たな疑惑が!
隠し撮りで明らかになった驚きの真相とは?
▼「ガチンコ!」の人気企画「BE-BOP予備校」で生活指導だったYは今…
借金地獄で驚きの職業に転身…ホームラン級にぶっ飛んだ人生を送っていた!
番組内容2
【トップアイドルの悲劇】
▼元SKE48矢方美紀が今年4月ブログで衝撃告白!25歳の若さで乳がん判明…
しかも左乳房を全摘出… この告白にマスコミは大騒ぎ 大ニュースとして世間を駆け巡った
▼そんな彼女が勇気の緊急出演!初めて語られる衝撃的な事実が!
▼さらに!彼女の元に、先日突然の芸能界休業宣言をしたあるアイドルが!人生の岐路に立ったアイドル同士だからこそ語られた本音の言葉とは?
出演者
<M C> 爆笑問題  <スペシャルゲストMC>田原俊彦
<レギュラー出演者> アンガールズ オリエンタルラジオ 友近
<アシスタント> 山本里菜(TBSアナウンサー)
<出演者>テリー伊藤 細川たかし 平成ノブシコブシ 大和龍門 杜このみ 矢方美紀 宮澤佐江
公式ページ
▼番組HP
http://www.tbs.co.jp/bakuhou/
制作
TBSテレビ
Capture20180601-210123.jpg 


『爆報!THEフライデー【あの人は今…緊急大追跡SP】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

爆報!THEフライデー【あの人は今…緊急大追跡SP】
  1. 矢方
  2. 細川
  3. アイドル
  4. 彼女
  5. SKE
  6. 大和
  7. AKB
  8. 人生
  9. ファン
  10. 宮澤



『爆報!THEフライデー【あの人は今…緊急大追跡SP】』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


<に所属した
トップアイドルが>

<なんと25歳の若さで
乳がんが判明>

<しかも…>

<この告白にマスコミは大騒ぎ>

<大ニュースとして
世間を駆けめぐった>

<今夜 渦中のアイドルが
勇気の緊急出演>

<すると…>

<初めて語られる
衝撃的な事実が>

<さらに悲劇のアイドルのもとに>

<今話題のアイドルMが>

<アイドルMが大号泣>

<すると
その>

<突然の芸能活動休止宣言>

<果たして
この>

<まずは…>

ちゃんと聞いとんのか!

<これまで「爆報」では>

<「ガチンコファイトクラブ」のリーダー的存在
網野泰寛は>

<ヤンキーとは180度違う>

<さらに…>

<「玄海のマイクタイソン」と呼ばれた
藤野大作は>

<10歳年上の
奥様と>

<そして今回>

<を歩んでいた>

<借金地獄に陥り
驚きの職業○○に転身>

<ホームラン級にぶっ飛んだ
人生を送っていた>

<並み居る荒くれ者が
大暴れする中>

<教室で>

<生活指導を担当した塾長>

<先生なのに生徒に手を出す
暴力的な指導法で>

<として大人気に>

<名ゼリフは…>

(「蛍の光」のメロディーで)

♬~

<番組終了後>

<あれから15年>

♬~こいつも

♬~

大和だよ

<こちらが現在の
大和龍門 61歳>

<いかついサングラスはそのまま>

<1年目の>

<まだまだ現役のようだが>

<番組終了後
借金地獄に陥ったという彼は今>

<まずは>

<これまた>

<オーラ全開>

<家具は ほとんどない>

<生活は苦しいようで>

<で寝ているという>


<実は50歳で結婚した大和だが>

<現在は家族を養うことができず>

<別居状態だという>

<そこには「ガチンコ!」終了後の>

<悲しき転落人生があった>

<実家は 由緒ある武術道場で>

<将来の夢は師範となり>

<サムライとして生きることだった>

<そして33歳のときに>

<自らの道場を設立すると>

<その噂は
テレビ業界に広がり>

<その名は>

<その後
16歳年下の妻と結婚し>

<子宝にも
恵まれ>

<幸せの
絶頂だった>

<その後の大和を
待っていたのは…>

<道場の>

<そして ついに3年前>

<道場は解散>

申し訳ない話だけど

<そして身一つで>

<しかし お弁当屋さん
清掃員など>

<どこも>

<その数 なんと>

<このとき
既に>

<それでも持ち前の根性で
職探しを続けた結果>

<ようやく>

<それは…>

お疲れっす

<週に6日働く大和の仕事内容は>

今ね

<そんな>

<そこに書かれていたのは…>

(大和)「よう。 がんばれよ。」

「いろいろと。」

しびれるでしょ

でも

みたいに思うじゃんよ

<を胸に 大和は61歳にして>

<借金返済と家族の生活費のため>

<必死で働いている>

ここまで来たら

<そして今 大和は>

<を狙っていた>

<それが こちら>

<芸能界>

<大物歌手Sが死の
3日前に録音した>

<1999年の大人気番組「ガチンコ!」で
人気を博した大和龍門が>

<61歳になって一発逆転を狙って
始めた新事業が>

<こちら>

(ホイッスルでリズムをとる)

<突如>

<した大和>


<実はこれ タオルを使い
武術とフィットネスを融合させた>

<大和オリジナル体操>

<その名も>

<目標は>

<まだまだ>

へえ~

完全に

ていうんですか

何だろうね

ちょうどね「北酒場」の頃ですかね

ちょうど あれがレコード大賞
多分

えっ

82年ですね

なわけないじゃないですか

58年「矢切」のときには

ちょうど

やっぱり あの頃

♬~北の酒場通りには

<これまで>

<細川たかし>

<超大物歌手Sの大事なステージで
細川は大事件を起こし…>

<裏に呼び出され>

<事件が起きたのは>

<とある>

<Sにとって この日は
ある>

<そんな大事なステージに
花を添える形で共演したのが…>

あら おはよう

<2人は>

<特にSは>

<細川にとって>

<(細川)よしっ>

<Sの前にステージに上がる
細川は>

<ことを誓っていた>

<しかし細川は本番で
まさかの失態をおかしてしまう>

<いよいよ始まった公開収録>

♬~

<彼の意気込みは十分だった>

<だが…>

♬~佐渡へ佐渡へと

<なんと 入れ込みすぎて
歌詞を忘れ>

<そのままフリーズ>

<さらに…>

<あろうことか曲の途中に>

<おどけたように謝罪>

<これには観客も大爆笑>

<大事な舞台の空気は>

<お笑い番組のように
なってしまった>

<そして>

<周りを気にする
ことなく>

<現場の空気を
震え上がらせた>

♬~人生いろいろ

♬~男もいろいろ

<「人生いろいろ」をはじめ
生涯で残した歌謡曲は>

<なんと2000曲にも及ぶ>


<昭和が生んだ まさに>

<そんな彼女が あのステージを
どうしても成功させたかった理由>

<それは
この>

<を行い
闘病生活に入っていた>

<そして がんを克服し
復帰の舞台に選んだのが>

<あの公開収録番組だった>

<細川は
復帰ステージの空気を壊したことで>

<怒られていると思っていた>

<しかし…>

<島倉が伝えてきたことは
あまりにもシンプルなこと>

<「もっと歌を
大事にしなさい」だった>

<それゆえに細川は当時>

<この言葉の意味を
深くは考えなかったが>

<島倉の言葉の>

<それは島倉が死の3日前に
録音したという>

<幻のテープに残されていた
魂のメッセージ>

<治療のさなか
仲間に打ち明けた>

<島倉千代子が
43歳の細川に>

<細川が
その意味を悟ったのは2013年>

<75歳で この世を去った
島倉千代子の葬儀でのこと>

<会場には 細川をはじめ>

<石川さゆりら>

<そして
葬儀の冒頭>

<それは なんと>

<そして島倉千代子が>

<死のふちで力の限り歌った>

<最後の歌声が流された>

<それを聴いた細川は…>

<細川が涙した>

<が こちら>

<を生き抜き>

<最後の最後まで歌を>

<真心込めて
全力で歌いきった島倉>

<それは…>

<彼は今も
大先輩>

改めて細川さん
いかがですか?

という思いの中で

実は

ただ なかなか

これは実は
「のど自慢」なんですよね

「のど自慢」は

とはいえ…

ホントそのとおり

<細川たかしの疑惑といえば…>

<テレビ朝日の人気番組
「徹子の部屋」がきっかけで>

<話題となった かつら疑惑>

<これは番組内で
完全否定したものの>

<最近>

<それは…>

<一体どういうことなのか?>

<我々は 細川のことなら
何でも知っているという>

おはようございます
よろしくお願いいたしま~す

<歌手>

♬~三味線 三味線 三味線

<に輝いた歌唱力と>

<で人気の
演歌界期待の星>

<実は彼女 弟子とはいえ>

<細川とプライベートでも>

<ことから愛人では? と
ちまたで ささやかれている女性>

<一応 確認してみると…>

<さらに…>

<ということで本題>

<細川たかしの>

<とは どういうことなのか?>

<なんと細川>

<そこで今回 細川の楽屋に>

<3台の>

<そして満タンに入った
ヘアスプレーを用意>

<果たして細川は
ヘアスプレーを>

<確かに全身>

<すると早速…>

時間がない 時間がない

<そしてドライヤー>

<だが>

いや~ ちょっと やっぱ
相当使ってますよ

アハハ… もうね

いかんせん

いやいや あのぐらいやった方が…

ここが ブワ~ッと動いて
歌ってんだけど

まあ確かにね

♬~I want you! I need you!
I love you!

<毎年のように「紅白」出場を続ける
AKB48を中心とする>

<そのグループに所属したトップアイドルが>

<なんと 25歳の若さで
乳がんが判明>

<しかも…>

<この告白に
マスコミは大騒ぎ>

<大ニュースとして
世間を駆け巡った>

<今夜 渦中のアイドルが
決意の緊急出演>


<すると…>

<初めて語られる
衝撃的な事実が!>

<さらに 悲劇のアイドルの元に
今 話題のアイドルMが>

<アイドルMが大号泣>

<すると
その20日後…>

<突然の芸能界活動休止宣言>

<果たして この再会で
何が語られたのか?>

<アイドルへの夢に
全てを捧げた少女の>

<波乱の人生とは?>

<我々はその元アイドルに会うため
彼女の住む名古屋へ>

(スタッフ)すみません
はい

はい そうです

<こちらが
乳がんを告白した>

<1年前まで
AKB48の姉妹グループとして>

<名古屋を拠点とするSKE48で活躍>

<「紅白」にも
3回出場しているSKE48は>

<ナゴヤドームで単独コンサートを行うと>

<6万6000人を動員するほどの
人気アイドルグループ>

<そんな中 矢方は
チームSのリーダーとして活躍>

<トレードマークのショートヘアと キュートなルックス>

<さらに…>

<バラエティー番組で見せる
いつも笑顔の元気キャラで人気に>

何度も はい
ホントに印象としては

<そんな彼女は 多くのファンを
抱える人気メンバーだった>

<そんな彼女に突如
降りかかった悲劇>

<2カ月前に
左乳房を全摘出した>

<時には笑顔さえ
浮かべて語る矢方だが>

<彼女は今も>

<現在 日本の乳がん女性患者数は
およそ9万人といわれ>

<35歳未満の若年性乳がんの
患者は わずか2.7%>

<そこには
国民的アイドルになりたいと>

<親元を離れ 必死にもがき続けた>

<少女の壮絶な人生があった>

<矢方>

<幼い頃は>

<しかし
彼女が13歳となった2005年>

<芸能界に とてつもない動きが!>

<東京・秋葉原にAKB48が誕生>

<プロデューサー 秋元康が>

<「会いに行けるアイドル」を
コンセプトに結成>

<秋葉原の専用劇場で
毎日のように公演を行い>

<握手会などの
徹底したファンサービスで>

<徐々に人気を
獲得していくと…>

<2009年頃から
テレビへの出演も増加し>

<一気にブレイク!>

<その頃 17歳だった矢方は>

<福岡県でAKB48のイベントを訪れ>

<人生が激変>

<一瞬で 光り輝くアイドルの
とりこになった矢方>

<不定期に行われていた
オーディションに参加した>

<しかし
その倍率は大変なもので>

<応募総数は常に1万人以上>

<これに対し
合格者は10人前後とあって>

<倍率は1000倍近かったという>

<矢方の結果は…>

<あえなく不合格>

<しかし…>

そのタイミングで

<実はAKBには
全国各地に姉妹グループが存在し>

<このとき
矢方が受けたのは>

<2008年に結成された
名古屋を拠点とするSKE48>

<オーディションの結果は>

<見事 合格>

<大分県に住んでいた矢方は
親元を離れ>

<単身 名古屋の高校へと転校>

<アイドルになる夢をかなえるため>

<人生を懸けて挑んだ>

<田舎の少女を待っていたのは>

<アイドル界の厳しい現実だった>

<SKEに入ったばかりの矢方は
すぐに公演に出られるはずもなく>

<待っていたのは
歌やダンスの>

<全てが未経験だった矢方は>


<なかなか覚えられず>

<その練習量は 1日なんと>

<8時間にも及んだ さらに…>

<は有名だが…>

<もちろん住む家も…>

<細かなルールが存在し>

<なんと トイレットペーパーすら
他人のものは使用禁止>

<毎回 自分のものと交換していた>

<そして>

<実はAKB48グループは
正規メンバーの下に>

<研究生が存在し>

<入りたての矢方は
もちろん研究生>

<研究生が公演に出られるのは>

<正規メンバーが
欠席するときだけとあって>

<総勢70人近くのチームは
しれつな競争社会>

<それは さながら
女性だらけの>

はい

<メンバー同士がダメ出しし合う
甘えの許されない環境>

<そんな中 矢方には>

<アイドルとして
致命的な弱点があった>

<厳しい競争社会の中で
うまく>

<だが そんな矢方を>

<SKE48に移籍してきた
AKB48の元メンバー>

<宮澤佐江>

<宮澤は
既に多くのファンを持つ>

<SKE48で チームSのリーダーを務め
メンバーをけん引>

<矢方にも優しく声をかけ
見守ってくれた>

<宮澤の励ましに
支えられながら>

<無個性だった>

<と心に決め>

<髪形にこだわりを持った>

<すると アイドルとしての
自覚にも変化が>

<そんな地道に頑張る矢方の姿に
次第にファンも増加>

<気がつけば 人気のバロメーター
ともいうべき握手会で>

<一日に何千人ものファンから
握手を求められるまでに>

<そして>

<矢方は とんでもない>

<チームの
主役である>

<その姿は かつて矢方が憧れた>

<光り輝くアイドルそのもの>

っていう瞬間でしたね

<そして 2016年>

<誰よりも
目をかけてくれた>

<矢方は
その>

チームS! S! S! S!

我らがエース! チームS!

<リーダーとして
チームを支えた矢方>

<そして昨年
彼女もまたSKE48を卒業>

<声優を目指し 名古屋で
タレント活動を始めた>

<そんなやさき
矢方の身に あの悲劇が!>

<25歳で>

<絶望の日々>

<乳がん判明後 初めて再会した
アイドルMに語った驚きの真実とは?>

<今年4月 乳がんを
告白した>

<体の異変に気がついたのは
昨年12月>

<家で とあるテレビ番組を
見ていたときだった>

<流れてきたのは 乳がんの
セルフチェックのやり方>

<見よう見まねで
実践してみたところ…>

<わずかなしこりが>

<しかし 現実は…>

えっ…

<しかし 矢方の>

<25歳の矢方にとって
あまりにも過酷な現実>

<そして 摘出した後も>

<抗がん剤 放射線 ホルモン療法と>

<がんとの闘いは
10年にわたって続くと告げられた>

<大好きな>

<そして 今年4月2日>

<矢方は 左乳房全摘出
リンパ節切除の手術に臨んだ>

<術後 傷の消毒で>

<なくなった自分の胸を
見たときは>

<言葉を失ったという>

<そして この取材の1週間後>


<彼女は
新たな闘いが始まるという>

<それは>

<一般的に 激しい嘔吐や>

<発熱
脱毛など>

<想像を
絶する>

<しかも 10年にも
及ぶといわれた>

<矢方は この日>

<自分にとっての原点となった
ある場所へと向かった>

<それは>

すごい

<劣等生だった自分が>

<青春の全てをかけ
頑張っていた場所>

<矢方は初心に戻り>

<今回
我々は 矢方を元気づけたいと>

<実は>

<それは…>

<矢方の>

<この後 乳がん判明後>

<連絡を取っていなかった
2人が再会>

<すると…>

<宮澤が再会後に
まさかの芸能活動休止を発表>

<我々は 彼女に
見てもらいたいと>

<それは…>

<実はSKE48のファンからも
メッセージをもらっていた>

<矢方の成長を
ずっと見守ってきたファンたち>

<そして>

ミキティ!
え~!

ミキティ!

<宮澤の登場に>

<な2人>

<しかし この空気が一変する>

今 ない

今 多分
これはもうないけど

今 あの

ないからさ

<矢方が抱える現実に
思わず言葉を失う宮澤>

(矢方)まず

そう なくなっちゃうから

それが やっぱ

<アイドルとして大切にしてきた
自慢のショートヘア>

ああ 佐江ちゃん

すごいな

待って マジ
すごい

<矢方の髪の毛への思いを
知るからこそ>

<それを失うことが
いかにつらいことか>

<宮澤は涙が止まらなかった>

だけど やっぱさ…

プライベートで楽しむときは

<矢方は どんなにつらい現実でも>

<笑って乗り越えようと
決めていた>

<それはまさに
笑顔を絶やさない>

<アイドルの姿そのもの>

チームS! S! S! S!

うん!

(矢方)ホントに?

はい います

<そして>

<抗がん剤治療の日を迎えた
矢方を>

<病室で写した写真がある>

<そこには…>

<苦しみに笑顔で
立ち向かう矢方の姿が>

<そして
彼女のブログには>

<かわいいウィッグを
かぶる写真が>

<たとえ病に侵されても…>

<として>

<ここで 今夜のゲスト>

6月15日が誕生日なんですが

そのとき なんと
また新曲 出しますので

「輪!諸居」という
明るい歌ですから

よろしくお願いします

大丈夫です

<次週
柳生博が調査>

<問題>

<凶暴化するアライグマと
柳生が直接対決!>


関連記事