ごごナマ「どうする!?スターシェフ 和食・田村隆」 超一流スターシェフがぶっつけ本番で生クッキング…


『ごごナマ「どうする!?スターシェフ 和食・田村隆」』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/04(月) 
ごごナマ「どうする!?スターシェフ 和食・田村隆」[字]
超一流スターシェフがぶっつけ本番で生クッキング家庭の食材が30分で極上の一皿に!ハプニング満載の料理ショー▽爆笑アドリブでスタジオをわかせた和食・田村隆が再登場
詳細情報
番組内容
超一流スターシェフがぶっつけ本番で生クッキング家庭の食材が30分で極上の一皿に!ハプニング満載の料理ショー▽爆笑アドリブでスタジオを湧かせた日本料理界の重鎮・田村隆が2度目の登場!▽前回の田村流玉ねぎみじん切りの技を上回る、とっておきの秘技は披露される?▽ふたたび美保とふたりだけの世界になる…?それとも船越の入り込む余地はあるのか!?
出演者
【MC】船越英一郎,美保純,阿部渉,【出演】料理家…田村隆,【リポーター】山口寛明
Capture20180604-204114.jpg 


『ごごナマ「どうする!?スターシェフ 和食・田村隆」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ごごナマ「どうする!?スターシェフ 和食・田村隆」
  1. 田村
  2. 美保
  3. 船越
  4. 阿部
  5. 今日
  6. 大根
  7. 料理
  8. 紹介
  9. 大丈夫
  10. 大変



『ごごナマ「どうする!?スターシェフ 和食・田村隆」』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


船越≫再びオトナのいど…。
井戸端でございます。

美保≫言いたいことは
分かるけど…。

船越≫「ごごナマ」スタートです。

阿部≫月曜日の2時台は
「どうする!?スターシェフ」。

今日のスターシェフは
和食の田村隆さん。

去年の4月に
ご出演いただきまして。

船越≫大変な人気でした。

純ちゃんとの
丁々発止のやり取りが

忘れなれない。

阿部≫ご期待ください。
今日は島根県の松江に

カメラが出ています。
城下町・松江では

お城の周りのお堀の遊覧船が
名物ですが、今年は特別な船が

運航されているんだそうです。

松江放送局の
山口寛明アナウンサーが

お伝えします。山口さん。

山口≫今、見えているのが
国宝・松江城です。

この松江城のお堀を巡る遊覧船。
その遊覧船の特別版が

運航されています。

こんにちは。
松江に住んで4年目になりました。

松江放送局の山口です。

今日は松江の誇る
とっておきの観光地から

ご紹介します。

今、私がいるのは船の乗船場で
これから出港しようという船が

いくつも並んでいるんですが

この泊まっている船のうち
1つだけ特別な船があるんです。

それが、これです。
この船には

「茶」というマークがあります。

中には畳が敷かれているんですね。

いい雰囲気です。
畳の上にはお茶もセット。

どんな船の旅が始まるのか。

後ほど3時台にお伝えします。
いってきます!

船越≫船の中で、お茶をたてると。

美保≫でも、揺れるから
大変じゃない?ちょっと。

固定できない。

阿部≫その揺れを
どうしてるのか、その辺も。

美保≫粘土で動かないように
したらいいんじゃないですか。

茶器をね。


阿部≫3時台期待しましょう。

ここで、今夜から
新シリーズがスタートする

Eテレのおすすめ番組を
ご紹介いたします。

毎週月曜から
水曜の夜9時30分から

趣味をテーマに
さまざまなシリーズを

ご紹介しているという
「趣味どきっ!」。

6月から
新しいシリーズが始まります。

阿部≫月曜は
超初心者向けスマホ講座。

阿部≫火曜は
あの人気シリーズが帰ってきます。

≫「続・体が硬い人のための
柔軟講座」。

阿部≫肩や腰、ふくらはぎなど

毎回、ゲストが抱えている
体の悩みを改善。

第1回は、首が痛いという女優の
小芝風花さんの悩みを

中野式ストレッチで解決!

中野≫皆さんの不調を
本当に解決したいという

意気込みで
メニューを考えました。

疲れにくく快適に動ける体を
手に入れましょう。

阿部≫水曜は「うまい!はやい!
ヘルシー!毎日さかな生活」。

第1回は「サケで美活」。

冷たいまま食べる
絶品郷土料理を紹介。

増田≫なんかいい甘み。
これ、最高においしいですよ。

阿部≫「趣味どきっ!」
新シリーズは

こちらのテーマでお届けします。

阿部≫「ごごナマ」
おなじみの方が、ずいぶん…。

船越≫中野さんも
そして増田さんも。

先ほど増田さんが
おいしそうに食べていたのは

「夏の焼き漬け」という料理。
冷たくて、夏にぴったり

大好評だったそうです。
美保≫みんな

この番組じゃないほうに
重点を置いてるんじゃないですか。

阿部≫ほかにも
美のスペシャリストが食べている

美容にいいサケの料理や
サケの缶詰を使った

お手軽な汁物も登場します。

そして、松崎さんはやっぱり黒い。
そして今夜は

「簡単!
便利!いまからスマホ」と題して

スマートフォンの基本操作を
ご紹介します。

今回、スマホデビューの
松崎しげるさんと

島崎和歌子さん。
初心者でも分かるように

丁寧に教えてくれます。
講座のラインアップがこちらです。

文字入力や写真の撮り方など
今から取り組んでもついていける

安心の内容です。
ガラケーとの違いに

不安を抱えていたお二人でしたが
松崎さんは


愛用中のガラケーより
スマホのほうが早く

文字入力ができるようになったと。
そしてあす火曜日

こちらのテーマです。
「続・体が

硬い人のための柔軟講座」。
前回、人気を博して第2弾!

以前2時台にお越しになりました
中野ジェームズ修一さんが

講師です。
第1回は、女優の小芝風花さんが

悩んでいるという首がテーマです。

番組では首が
痛い、つらいといった原因の

正しい知識を学びながら
中野さんが考案した

即効性抜群の
首が楽になるメニューを

いろいろとご紹介いたします。
「趣味どきっ!」は

ご覧のテーマで
お届けいたします。

毎週月曜日から水曜日の
Eテレで夜9時30分からです。

どうぞお楽しみください。
ここからの「ごごナマ」は

「どうする!?スターシェフ」の
時間です。

一流料理人をお迎えいたしまして

生放送中に
料理をしていただきます。

その技はもちろん
人柄も味わおうという

コーナーです。
(チャイム)

阿部≫松山千春さんの
「銀の雨」に乗ってご登場です。

今日のスターシェフは
2度目のご出演

和食の田村隆さんです。
田村≫おはようございます。

阿部≫いきなりの抱擁です。

田村≫今日を
楽しみにしておりました。

料理、どうでも
よかったんですけど。

船越≫今日は純ちゃんに
会いに来ていただいたと。

田村≫いやいや、船越さんにも。

阿部≫改めて、田村さん
ご紹介させていただきます。

田村さん、1957年
東京のご出身です。

東京・築地の老舗料亭の
3代目でいらっしゃいます。

料理学校の講師やテレビ出演など
多方面で

活躍なさっています。
お店の様子です。

しっとりとしたお店ですね。

田村≫掘りごたつなんです。
美保≫足がしびれない。

阿部≫今日お迎えした田村さんの
新たな取り組みということで

ご紹介しましょう。
「AIに負けない“人創り”」。

田村≫最近、AIって

すごく社会現象になって

やっぱり機械に頼るとか
そういうのも

いいと思うんですよ。
だけど、そうじゃなくて

人の手で作る。

それから

感情をいれるっていうのは
大事だと思うので。


やっぱりうちの料理場にしても
学校の生徒さんにしても

人の気持ちを
物を作るにしても

料理を作るにしても

そういうので

きちんとやっていってほしいなと
思いますね。

船越≫気持ちは
人間にしかないですもんね。

田村≫飲みに行っても
ずっとスマホで

しゃべってる人とか
いるじゃないですか

字だけで。そういうのって
何しに行ってるのかっていう。

人と触れ合うというのが
大事なので。そういう感じします。

阿部≫そんな田村さんの
代表的なお料理をご紹介します。

前菜ということで、これは
どういう特徴があるんですか?

田村≫お庭のイメージの。
枯山水のお盆がありまして

それに船を浮かべて
千鳥があって。

エビで鳥を作って

ちょっと初夏をイメージした。
そんな前菜を

召し上がっていただきました。

美保≫どこを食べていいか
分からないですね。

右の鳥を食べちゃいます。

田村≫真ん中の鳥なら

大丈夫です。
美保≫涼しそう。

阿部≫芸術性が高い。

もうひと品、もずく雑炊。

田村≫これは祖父の実家というか
生誕したところが

小浜というところで。
福井県の。昔は、非常に

貧しい村だったそうで。

若狭がゆというのが

今でも文献に載ってるんですが
そのかゆの中に

祖父が、そこでとれた
もずくを入れて

べっこうあんをかけて
最後に、お食事をして

お酒を召し上がっていただいて

そのあとに
サラサラッと食べられる

のど越しのいいお料理が
いいじゃないかということで

うちの名物になったんですよ。

美保≫いいですね。
もずくって体の疲れが

とれるんですよね。

田村≫酢の物にするのは
もちろんいいですけど

塩を抜いて、おだしに入れて
ごはんに添えれば

のど越しの料理。

船越≫なかなか、どうしても
もずくは、もずく酢のイメージに

なってしまいますから
こういう食べ方で

いただいてみたいですね。

田村≫だしが肝心です。

阿部≫前回、田村さんは
なんと4品

作ってくださったんですね。
見事でした。

美保≫はまぐりぱっかん
でしたもんね。

覚えてますよ。

阿部≫ということは、今日は
この数を超えていきますか?

田村≫やってみないと分からない。
早く行きましょうか。

阿部≫田村さんへの
ご質問、メッセージ

どしどしお寄せください。

そして、以前スターシェフの
コーナーにご出演くださった

シェフの料理の
メニューについては

番組のホームページに掲載中です。
こちらもご覧ください。

では、キッチン台の上の食材から
見てまいりましょう。

今日の食材は

お肉として
豚ひき肉と鶏手羽先が

用意されました。

そして、旬の魚介として
かつおとあじが入っています。

さらに、お隣
旬の野菜、果物として

なす、さやいんげん
とうもろこし

びわ、夏みかんを
用意いたしました。

そして、今日も冷蔵庫の中に
入っている食材リストを

掲示してあります。

一生懸命、丁寧に。

船越≫見てください、田村さんは
爪ブラシを持っていて。

田村≫爪の生え際が
大事だというのを

お勉強させていただいたので。
ご家庭で、お子さんなんか

手を洗いなさいよって
やるじゃない。

歯ブラシの使ったやつとかで
代用しても。

美保≫わあ、きれい!

船越≫冷蔵庫の中身を
ご覧いただきましょう。

こんなふうになっております。

そして、冷凍庫に野菜室。
いろんなお野菜があります。

相変わらず
高級品はございません。

スーパーで買える
範囲のものでございます。

田村≫みょうがをね。

ピーマンいきましょうか。

なすもあるんだ。

きゅうり。しそもいいな。

美保≫びわもある!

田村≫僕、果物で
一番嫌いなのが

びわなの。

種がすごく多いでしょ。
すぐに、あくが回っちゃうし。


あまりね、使わないですね。

だから今日は
見るだけにしておきます。

阿部≫田村さん
作るつもりのものを…。

田村≫かつお
皮むいてあるんだ…。

じゃあ、かつおのたたき!

美保≫1品じゃないですよね。

田村≫分かんない。

阿部≫前回は4品です。

船越≫いきなり
召し上がってますけど。きゅうり。

美保≫大胆!

田村≫昼、食べてないので。

毎日、きゅうり食べてるんですよ。

美保≫私も食べたい!

田村≫食べていいよ。

最高!

美保≫いいね!

船越≫今日の行く末が
心配になりつつも…。

田村≫とりあえず
みりんを入れましょう。

阿部≫きゅうりは
それだけだったんですね…。

田村≫みりんをバーッと。

船越≫みりんが200入りました。

みりん
400になりました。

阿部≫みりんがお鍋に入りました。

いまだに口の中に
きゅうりが入ってますね。

美保≫何もつけなくても
おいしいね、きゅうり。

田村≫何するかっていうと
前はお酒を燃やしましたけど

今日はみりんを燃やします。
ファイヤーでいきますから。

これを、燃やしてる間に

鶏手羽を…。

関節があるので
関節を取っちゃいます。

その間に、大根あったよね。

大根を
おろしてもらっていいですか。

おろしちゃうときは

皮を一応とっておくというていで。

船越≫皮も
むだにはしないということですね。

田村≫これ
どうなっちゃうんだろうな…。

美保≫この包丁、新しいですね。

田村≫この間、買ったいいやつ。

傾けるとき

白い泡がアルコールだから

これをちょっと傾けると…。
ファイヤーってなるから

絶対のぞいちゃだめなの。

のぞくとブワーッて。
白い泡が消えるまで。

レンジでやるときは

火がつかないので
危なくないんだけど

火が下にあるときは
つきますから

気をつけてください。
阿部≫家庭でやる際は

気をつけたほうがいいですね。
船越≫白い泡が出てきたら

火がつきます。
田村≫白い泡がなくなったら

OKなんですよ。

阿部≫ずいぶん
長く燃えるものですね。

田村≫泡がなくなったら
火が消えるんですよ。

火は止めなくていいです。

ここに濃口しょうゆを

200ccを2回。

船越≫同量を入れるですね。

田村≫「どうりょう」
っていっても新入社員の

お友達じゃないですからね。
同割りですよ。

お前一緒に入ったよな
とかっていう

そういう同僚と違いますからね。

ここで、みりんと
おしょうゆを入れました。

なんで、みりんを
煮切るかというと

アルコールがあるので
タレを作るとき

そばつゆとかを作るときは
それを煮切らないと

お子さんが酔っ払っちゃう。

船越≫あれだけ
燃えるということは

アルコールが
入ってるということですから。

阿部≫かつお節、4つまみ。

船越≫4つかみだね。

美保≫ああ…。

田村≫全然進んでないけど
大丈夫?

美保≫大丈夫。

船越≫そこに、昆布が1枚。

田村≫みょうがを…。

美保≫結構いいね、私。ペース。

田村≫みょうがを
お湯の中に入れて

大体20秒ぐらい。

美保≫ああ…。

田村≫頑張れ!純ちゃん。

美保≫頑張ってる!おりゃー!

もうこれでランチの定食とか
ちょっとずつ

ついてるじゃない。
大根おろしとか。

それ、大変なことなのよ。

田村≫大変なことなんだよ
料理は。

だけど、料理は大変だと思うから
大変なんで

楽しくやるとすごい楽しい。
じゃあ、塩ください。

これに湯気が立っているうちに…。

船越≫粗塩でもむと。

田村≫湯気が立ってるうちに
もむと塩がなじんでいく。

コトコトいったので
ちょっと置いて。

美保≫もう、結構すったと思う。

田村≫OK。おかわり。

美保≫うそ!おかわり?

阿部≫まだ半分でしたか。

美保≫1本丸々いくよ。
ずっと頑張る。

船越≫びわはあんまりと

おっしゃってたので

びわ、もうしまっちゃって
いいですか?

田村≫しまっちゃっていいです。


そしたら

鶏を1回洗います。

ボウルでいいです。

美保≫すごいよ、この繊維質の塊。

田村≫鶏とか牛とか魚とかは

絶対に使ったら

手をよく洗ってください。

阿部≫洗うと
どういう効果があるんですか?

田村≫雑菌が取れます。

それから、要は
一番鶏とかは汚いので

きれいにしたいので
まず、きれいにして

それから普通だったら
霜降りをするんですけど

霜降りをすると
おだしが出ちゃうんです。

だから、熱湯に入れると
おだしが出ない。

美保≫結構いきましたよ!

阿部≫そして、その大根も…。

田村≫甘いか、辛いか味見を…。
いいでしょう。

美保≫すごい、なみなみあるよ。

田村≫なみなみを、ここに。

美保≫ドッパーン!

船越≫1本分ですからね。

阿部≫搾り汁を使うんですかね。

船越≫かなり固く搾っております。

田村≫大根の汁を搾るのね。

かつお節を

入れちゃいましょう。
多かったかな。

船越≫ちょっとお湯足します。

田村≫そしたら、その次は
何をしようかな…。

鶏肉は15分くらい
ゆでたいんですけど。

タイマーとか…いいや。

船越≫覚えてます、15分。

田村≫これ、こしてください。
ボウルでこしましょう。

そうすると

かつお節とこぶのうまみの入った
みりんじょうゆなんです。

これを作っておくと
なんでも使えるんですよ。

日本料理で

はっぽうだしっていうおだし。

はっぽうだしの作り方って
よく書いてあるんだけれども

あれ、どうでもいいので。
なんでどうでもいいかというと

自分で分かりやすい基本のおだし。

だから、極端なこと言ったら
お水もはっぽうだしの一種だね。

お水に何々入れますよっていう
感じになるじゃない。

これも、かつおとみりんの入った
おだしになると。

田村≫船越さん、こしてください。

船越≫ふなこします。

美保≫ふなこし、だしこし。

船越≫だしこしが丈夫。

美保≫韻が踏めなかったな…。

田村≫船越ですから
こしは任しといてくださいって…。

船越≫たまに
ふにゃこしになりますって…。

田村≫そしたら
どうするかというと

お酢を。氷ある?

氷で冷やします。

お酢を入れてください。
はいって言うまで。

阿部≫目分量で100ccくらい。

美保≫冷やし水です。

田村≫そしたら、ピーマン。

種を取ってもらっていいですか。

美保≫手で取っちゃって。

田村≫足で取らないからね。

美保≫足で取ったらすごいよね。
器用だな。

船越≫足で取ったら、それだけで
商売ができるかもしれない。

田村≫なんの商売できるんですか。

船越≫見世物小屋で。
足で取りますって。

昔は、そういうのあったけど
今は見なくなったね。

怖かったな。

田村≫きれを上げて
見せるのね。あれは怖かった。

美保≫びっくりしちゃうよね。
坂上がってくと…。

私、人魚姫、見た。

体から下が人魚姫。

人魚姫じゃなかったかも。人魚。

船越≫お砂糖です。

阿部≫そこに、みょうが。

船越≫塩もみをしておいた
みょうがですね。

田村≫さっきは
白いじゃないですか。

こうやってお酢の中に
ゆでたみょうがを

お塩をして、置いておいて
冷めたら、すぐにつけるんです。

そうすると赤くなりますから。

そうすると、おすしの
がりの代わりにもなるし。

なんでも使えますから
いいですよ。

鶏は大丈夫かな?

美保≫あと10分?

船越≫まだ大丈夫です。
全然、余裕です。

美保≫今日
すごい余裕あるんですけど。

どうしよう
とうもろこし、ゆでちゃう?

夏の海みたい。

船越≫焼きそばもやる?

田村≫そういうことしてると
本当に時間がなくなる。

前、それで大変なことになった。


阿部≫このピーマンが
どう使われるんですかね。

田村≫なす、いきます。
なす、とげとげがあるから

気をつけてね。
本当に新鮮なやつは

とげが刺さるの。
ところが刺さってもやわらかいの。

だから
とげ抜きで抜けないのよ。

やっかい。

船越≫でも、とげとげしてるのが

新鮮でおいしいんですよね。

田村≫太いね、このなす。

美保≫いや、私、困っちゃう!

阿部≫どうして
そうなるんですかね?

この2人は。

田村≫なす太いって
言っただけじゃない。

美保≫プリプリしてる。

田村≫みずみずしい。

美保≫やっぱ
張りがなきゃだめね。

田村≫だめ。
船越≫いいつやだ。

美保≫何切りっていうんですか?

田村≫ちょい細長切り。

美保≫ちょい細長切り?なすの?

船越≫だいぶトークが適当に…。

田村≫フライパンで
油をいただいて。

サラダ油でいきましょう。

結構多めに見えるんですが

なすを入れた瞬間に
なすが吸うんですよ。

だから、なすが吸うから
また足りないと思って

入れるでしょ。
そうすると、なすから

油が出てくるんです。

だから、ちょっと少ないかな?
多いかな?って

いろいろ考えるんだけど
あんまり入れすぎると

だめなので
それは気をつけてください。

美保≫本当、吸っちゃうよね。

なすって。
田村≫なす、吸っちゃうよね。

美保≫染み込みやすいっていうか。

田村≫太いと余計
吸っちゃうんだよね。

美保≫なんでか
よく分かんないけどね。

阿部≫不思議な会話ですね。

船越≫ちょっと距離を置きます…。

美保≫だいぶ冷えてる。

阿部≫手、触りましたよね…。

田村≫大根の汁です。

美保≫大根汁攻めだよ。

田村≫俺はなんにも
言ってないからね。

ここに
搾った大根はまだ入れない。

見て、赤くなってきたでしょ。

船越≫色が変わった。

田村≫みょうがを1回
刻んでおきましょう。

船越さん、炒めるのを
やっておいてください。

これは
すどりみょうがっていうんです。

美保≫氷はいいですか?

田村≫とりあえず置いといて。

美保≫頭冷やす、これで。

田村≫いいかも!

本当は、皮がついてれば
もっといいんだけど

皮がないので。

美保≫誰?皮むいたの。

船越≫すみません。
いつの間にか、むけてました。

田村≫皮むいちゃだめだよ。
皮はむかない。

美保≫自分で勝手にむかない。
田村≫皮は

むいてもらったほうがいいね。

皮が、もしついてたとするでしょ。

塩をやるでしょ、そうすると
塩が皮の中に

じわじわ入っていきます。
それで、味がついていく。

それをあぶります。
かつおのたたき。

船越≫簡単!

田村≫塩が

入ってくることによって

お酢がなじむんです。

美保≫これ、焼き目は
センスですか?

皮、作っちゃう?

田村≫皮は作れないでしょ。

美保≫これで酢に浸すんだね。

田村≫火はそのまま。
ピーマンいきます。

ここにさっきの大根おろしを
ババッと。

美保≫載せちゃうんですね。

すごいね
ボディエステみたいですもんね。

きれいになっちゃうね。

船越≫しかも大根だからね。

田村≫大根のおだしの入った…。

フードプロセッサーに
かけようかな。

船越≫気をつけてください。
押すと回ります。

田村≫いいね、いい感じ。

ここにお砂糖を
ちょっとだけ入れます。

美保≫ウィンウィンいってますね。

阿部≫お砂糖
一つまみ入りりました。

美保≫すごいね、なすの油も。

阿部≫先ほどのみりんのおだしも
少し入りました。

船越≫いいにおいになってきた。
たまりません。

日本人ならみんな好きなにおい。

お味は大丈夫でしょうか。

田村≫ちょっとしょうゆね。

船越≫鶏、15分たちました。

阿部≫炒め物に
濃口しょうゆが少し入りました。

田村≫鶏を出しましょう。
鶏を取り出したら

そうめん。

油ひいちゃってください。

サッと拭いてください。
4把くらいいきましょう。

昔、ちょうど
魚河岸から帰ってきたら

清水信子先生って
「きょうの料理」の。

僕よりちょっと年上の
女性なんですけど

ちょうど
「きょうの料理」をやってて

おそうめんのお料理だったんです。
おそうめんはね、帯があるの。

だから、帯を取ってから
ゆでましょうねって言われたの。

すげえ…って思ったの。
かわいいって。

それから
その先生の講習会を探して

俺、会いにいったの。
帯があるから、帯を取ってから

入れましょうって。
そこからかよ!みたいな。

これを、鶏のスープの中で
ゆでます。

船越≫先ほどの
鶏のスープでゆでると。

美保≫そんなことしていいんだ。

田村≫鶏のスープというよりも
鶏のスープは

出てないので。
うまみがみんな出てないんですよ。

美保≫これは楽しいね。
あと8分くらいですって。

残り時間。

田村≫マジでかよ…。

船越≫今のマジかよは
ちょっと慌ててらっしゃる

感じでございますか?

美保≫でも、おそうめんは
すぐにゆだるんですよね。

田村≫ここ、ちょっと
洗えないな…。

1回、整理しておいてもらって。

本当にごめんなさい。

ひっくり返していいって

言ってないじゃん。

船越≫すみません。

田村≫もう1回、戻して。

阿部≫ひっくり返しちゃ
いけない?

田村≫もうちょっときれいにね。
そうめんいけるかな?

美保≫大丈夫。

田村≫万能調味料って
いったでしょ。

さっきの八方だしで
八方だしから、これを使うと

みんなおいしくなっちゃう。
美人になっちゃうので

八方味美人って言ってます。

もういいんじゃない?

美保≫OK!

田村≫そうめんは大事なことは

よく流水で
もみ洗いしてください。

美保≫やっぱり、もむんですね。

田村≫こうやってやっても
全然、ちぎれないので、もみ洗い。

美保≫やります!
結構熱いな。冷水じゃないけど。

これ、もむのが
おいしくなるコツですね。

田村≫油と塩でコシを出すので。

なじませます。

氷で冷やして。

美保≫そうめん、うれしいね。

もしかして
そばちょこいる感じ?

田村≫そばちょこいるね。
これは、八方味美人と

お酢が入ってる
南蛮酢みたいな感じ。

ごま入れちゃおう。
船越≫白ごまあります。

田村≫さすが。

美保≫そばちょこって
どれだろうな…。

田村≫それ、いいね。

美保≫こういうので食べたいね
おそば。

田村≫そうめん
これに入れちゃおうか。

お風呂行ったみたいでしょ。

船越≫曲は
「Mr.サマータイム」

サーカスでございます。

阿部≫田村さん
お好きな曲だそうです。

船越≫東京は真夏日ですね。

田村≫1対1で作った
おだしの入った

万能調味料。
これを1、入れます。

ここにお水を2入れます。

そうすると
これで麺つゆできちゃう。

美保≫ちょろ…。
ついてなかった。

田村≫これが麺つゆです。

麺つゆができました。

美保≫あと3分だって!

田村≫大丈夫だよ。任しとけ。

あ、かつおもあったんだ!

美保≫大根おろしのところに
寝かせたままで。

なすとピーマンを
タレにつけて食べる。

女房の実家のお母さんが
前、出してたの。

船越≫これはおいしそう!

美保≫あと、かつおを切って…。

田村≫マジかよ…。

船越≫余裕です。
まだ2分あります。

田村≫2分はだまされるんですよ。

阿部≫3品目ですよ。

田村≫南蛮漬けと…。

美保≫しそは使わないの?

田村≫しそ、使うよ。

船越≫速い!さすが!

美保≫何か、お皿いります?

田村≫いる、いる。絶対いる。

最高だね。最高、最高。

船越≫かつおですもんね、盛るの。

田村≫つかってるかつおを
切ります。

美保≫おいしそう!

田村≫これ、めっちゃうまいよ。

阿部≫そして、これも
田村さんのリクエスト

懐かしい曲
「カナダからの手紙」。

田村≫この間
カナダ行ってきました。

美保≫カナダは
何がおいしいんですか?

田村≫メイプルシロップ。

阿部≫そして
おろしをたっぷりと。

船越≫そして、しそを
上から散らします。

みょうが。
これで夏気分満載でございます。

田村≫これが一番おいしいんだよ。
赤い梅干し。

美保≫あと2分ですって。

田村≫大丈夫。

阿部≫オンエアが
あと2分ないくらいです。

田村≫食べるとこ行って。

美保≫おそうめんはうれしいな。

船越≫いただきたいと思います。

田村≫ごはん、どうした?

美保≫ごはんよそう?

田村≫ごはんと一緒に

さっきのやつがあるとおいしい。

阿部≫かつおぶしの。
これで、もうひと品できてます。

船越≫そうめんと
なすとピーマンの相性が

めちゃめちゃいい!

田村≫かつお節と昆布
もったいないから

ごはんに載せるとおいしいです。

田村≫かつおのたたき
できました。

阿部≫完成しました!見事!

船越≫梅、おいしい!

田村≫お水から出すと
お水が入っちゃうじゃない

そしたら、今度
万能調味料をまた足すのよ。

♬~


関連記事