有吉ゼミ【坂上不動産湘南ツリーハウス付き豪邸&良純カレンが絶景トロッコ列車旅】 中村アン、古川雄輝


『有吉ゼミ【坂上不動産湘南ツリーハウス付き豪邸&良純カレンが絶景トロッコ列車旅】』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/04(月)
有吉ゼミ【坂上不動産湘南ツリーハウス付き豪邸&良純カレンが絶景トロッコ列車旅】[字]
坂上不動産は4千坪の湘南ツリーハウス付き豪邸!東MAX興奮…おしゃれで格安ブルックリンスタイルハウス▼良純&カレンが廃線ピンチの絶景四万十川トロッコ列車を応援
詳細情報
出演者
【教授】有吉弘行
【秘書】水卜麻美
【SPゲスト】中村アン、古川雄輝
【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、レッド吉田、東貴博、石原良純、滝沢カレン、和牛、ギャル曽根、あばれる君、藤田ニコルほか
番組内容
ゲストに中村アンと古川雄輝を迎えて人気企画!
▼「坂上不動産」東MAX夏までに家を買う!湘南40帖ラウンジ付き大豪邸!裏山に前代未聞のツリーハウスが!フルオープンテラスでバーベキューが楽しめるブルックリンスタイル格安別荘も!購入なるか!?
▼新企画「廃線ピンチ鉄道を盛り上げよう」廃線ピンチの絶景鉄道の魅力をネットで拡散!高知予土線のカッパだらけ謎の車両&トロッコ列車目前に絶景温泉…良純カレン興
監督・演出
【企画・演出】橋本和明
制作
【プロデューサー】町尻具宗・横澤俊之
【チーフプロデューサー】遠藤正累
【制作協力】極東電視台、えすと、AXON
Capture20180604-204436.jpg 


『有吉ゼミ【坂上不動産湘南ツリーハウス付き豪邸&良純カレンが絶景トロッコ列車旅】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

有吉ゼミ【坂上不動産湘南ツリーハウス付き豪邸&
  1. レッド
  2. 水田
  3. 石原
  4. ホント
  5. 川西
  6. 鈴木
  7. ハハハ
  8. スタジオ
  9. 最高
  10. 有吉



『有吉ゼミ【坂上不動産湘南ツリーハウス付き豪邸&良純カレンが絶景トロッコ列車旅】』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


(水卜) 『有吉ゼミ』!
(有吉) 開講!

(レッド吉田)
といったわけで 今回…。

(レッド) そう 多い「そ」。
(坂上) あぁ~!

<今回 向かったのは
東京から

電車で およそ1時間>

<江の島や富士山をバックに
海水浴を楽しめる

七里ヶ浜を中心に

オシャレなカフェなどが多い
このエリアは

別荘地としても大人気>

<サーファーの東MAXと
海好きの奥様

安めぐみさんにとっても
もってこいの場所なのだ>

早速まいりましょう!

カモン! レッツ ゴー!

ねぇ レッドさん…。

<まずは 湘南エリア…>

<その物件があるのは
神奈川県中郡大磯町>

<近くには子供に大人気の
ウオータースライダーや

波のプールがある…>

<四季折々で表情を変える
日本庭園が魅力の…>

<…もあり 一年を通して
家族で楽しめるエリア>


うわ これ すごいもん。
すごいですね。

(鈴木さん) ちょうど…。

これ!?
(鈴木さん) 今日は これです。

(東) ちょっとゴージャス 過ぎない?
入り口から。

ストロークが すごくない? これ。

<どうやら この先に
最高値のお屋敷があるというが>

うわ~。
何だ? これ。

これ もう だから…。

(鈴木さん) ここも敷地内ですね。

(鈴木さん) そうですね。
(レッド) はぁ~。

うわっ!

うわ~ ハハハ えっ!

えっ 何?
こんな家 見たことないんだけど。

(東) でけぇぞ。
ちょっと…。

(東) 走っちゃったから。
うわ すげぇ!

すげぇ!
(東) うわ~!

えっ 何? ここ。

見たことない 見たことない これ。

(東) 笑っちゃうね これ。
何とか邸みたい…。

(レッド) ホントですね。


<まるで迎賓館のような
優雅なたたずまいのこちらが

湘南エリアの…>

かやぶきなんだけど
洋になってるよ。

(東) 現代的な かやぶき風な…。
(坂上:レッド) ねぇ!

<まるで かやぶき屋根のように
丸みを帯びた形に

およそ1万枚のタイルを敷き詰め
造ったという

和洋折衷の…>

えっ これ駐車場なの?
(東) 駐車場!

(鈴木さん) 全部 駐車場ですね。

(東) 観光バスが来れる…。
(レッド) すげぇ!

さぁ といったわけで こちら。

(東) この辺の景色 全部だ。
(鈴木さん) 後ろの山も。

この山とかも?
(鈴木さん) そうですね。

うわ~!

(東) でかいねぇ。

初?
(レッド) 初!

これ 人ん家だったの?
(鈴木さん) 個人宅です。

<実は こちら もともとは…>

<そこに…>

<…を造り上げたのだそう>

<…だというが

果たして 家の中は…>

(東) 玄関にモミジですよ これ。

秋は秋だ。
(レッド) 秋口は最高でしょうね。

(東) 山の景色があるから。
えっ…。

(レッド) すごいな これ。

すごいな これ!

(レッド) いや すごいですね。
(東) いや すげぇな。

これ 玄関?
(レッド) すごい玄関。

いや 何だ ここ!

ねぇ…。

えぇ!?

うわ~!
お邪魔しま~す。

うわ~!
(レッド) もう部屋ですね。

これは何ですか!

えっ 家なの? これ。
(東) 料亭とか高級旅館とかの。

<圧巻の20帖>

<土間をイメージした
開放感あふれる玄関>

これ いいな
上からちゃんと 外光が

ねぇ 漏れるようになってて。
(レッド) ホントですね。

うわ~ すごい!
もう 木も全部しっかりしてる。

(東) いや これ…。

<まずは リビングのある…>

(レッド) すげぇな!

どこ見ていいか 分かんない。

(東) どこが部屋で…。
ハハハ…。

(東) これ何の部屋…?

何ですか これ! うわ~!

<天井の高さは5m
開放感 抜群>


うわ すげぇ!

(レッド) 竹林もいいですね。

(東) ここで でっかいテーブル置いて
朝ごはん会場にしてもいいし。

(レッド) いや そういうこと…。

これ…。

(東) うわ~ ホントだ。

<…を そのまま使用>

<さらに…>

うわ! もっと広いよ これ。
何これ!

うわっ 広~!

(レッド) すげぇ! 何? ここ。
うわ~!

(レッド) うわ~ すげぇ!

最高ですね。
(東) 最高だな。

え~!?

(鈴木さん) ここは…。

なるほど。

<たくさんのお客さんを呼んで
パーティーを開いても安心>

<巨大な40帖のラウンジ>

(東) こういうのあったら
いいですよね。

何かあったら すぐ…
♪~   あれ?

♪~

パーティーといえば…。
♪~  (レッド) 大好きですよね。

『Shall We Dance?』
♪~     大好きだよね。

あっ いいね いいね
♪~   いいね いいね。

♪~        いいね。

♪~     はい いいね。

あっ シャル・ウィ・ダンス?
♪~   いいですね。

(スタジオ:有吉)
♪~    何してんの 友達同士で。

♪~      アハハ…!

♪~    (東) 何? これ。

すいません。

<さらに2階には 広さ8帖の
キッチンスペースが>

あれ? でも…。

(東) ここに 全部あったのかな?
(鈴木さん) そうですね。

あったんですけれども…。

新しく購入される方が…。

あぁ!
(東) そういうことね。

そっちも いいかもしんない。
(鈴木さん) そうですね。

<そう お好みのキッチンを
後から入れるのがセレブ流>

<奥様に 使い勝手のいいキッチンを
いちから造れるのだ>

<さらに…>

(坂上:東) うわぁ!

こっから 急…。
何だよ これ!

裏階段!

ちょっと待って…。

うわ~ ちょっと面白れぇ!
この家。

(レッド) 絶対 喜びますね。

ねぇ!


<子供の遊び場としても
最適なスペース>

こんなとこで…。

昼間っから 大体そういうの
叱って来てるんだから。

(笑い)

<続いて…>

いいな この幅が。

(レッド) これは すごいな。
(東) 建物として素晴らしい。

これ クロークなんじゃないの?
(東) あら? ホントだ。

あっ フロントっていうより…。

(鈴木さん) そうです
バーカウンターですね。

うわ~!
(レッド) なるほど。

<欅の一枚板を使用した
バーカウンター>

<お値段…>

<気分は まさにセレブ>

<ゆったりと…>

ここの位置 俺じゃないな。

だって…。

(東) あぁ そうか。

鈴木さん…。

…同じ会社で。

…やってたんだよね?

…やってたんだよね。

で 今…。

(鈴木さん)
アパレルも やってました。

ハハハ…!

<気を取り直して…>

(鈴木さん)
レッドさんには ちゃんと
グラスが用意されてるんで…。

うわ~ 何だ? これ。

(レッド) ねぇ 何か…。

(東) 大磯に…。
カンパ~イ。

(笑い)

(笑い)

<さらに1階には 夫婦で
ゆったりと くつろげる

12帖の寝室を完備>

<と 高級感あふれるお宅だが…>

(東) うわ うわ うわ うわ!
これは…。

いや~…。

(東) いちいち ステキな裏切りを
してくれますね。

ホントに 子供いると
和室がいいんですよ。

最高ですね。
何か…。

今まで あったんですけど

こうやって 見て回って
ここ来ると ちょっと何か…。

(レッド) 今まで
出て来たことがないんです。

(東) 何だ?
初?

<そして この後

湘南で まさかの大冒険が>

(東) 夢あるなぁ。
ねっ!

本格的じゃない? これ。

(東) すげぇな。

<物件の…>

<前のオーナーが…>

<…に造った とっておきが>

これ うれしいな~!
(東) すごい!

<20帖の森のテラス>

<さらに…>

あっ!
(東) あ~!

あれだ!

ねぇ 何か…。

…みたいになってる!

(東) アドベンチャー な感じですね。

<前のオーナーが 400万円かけて
造ったという

夢のツリーハウス>

あおりで撮ったら?

うわ~ ハハハ…。
うわ この画 すごい!

(東) これ すごいっすね。

よし じゃあ…。

でも よく
ちゃんとつくってあるわ これ。

あ~ 俺…。

うわ 怖えぇ~ これ!

で 大丈夫なの? これ。
(東) この人数 上がって大丈夫?

うわぁ すごい怖い!

俺 ムリ ムリ ムリ
こういうの ムリ ムリ!

怖っ!

よいしょ… うおっ。

何じゃ? これ。

ちょっと 俺
こんなの初めて入った。

(東) 秘密基地。

(レッド) 子供は感性が
やっぱり磨かれますよね。

(スタジオ:有吉) これは楽しいよ。

…と思います やっぱり。

東MAX 一流だもんね。
(レッド) 一流ですから やっぱり。

掃いて捨てるほど
お金があるわけですから。

いやいや もう そりゃ…。

ハハハ…。

ハハハ…。

<そして この物件には…>

(鈴木さん) あちらに…。

ツリーハウスの次は
ほら穴があるの?

<早速…>

これ 顔が写るってこと?
(レッド) 顔と あと前と。

(レッド) いってらっしゃい!

うわ~ 何だよ これ。

来てください マジ…。

何これ…。

えっ 何これ!

(東) すげぇ怖いんだけど。

<そう! この物件は なんと…>

<およそ100年前>


<元総理大臣の寺内正毅が
洞窟を補強>

<防空壕としても利用できる
ようにしたのだそう>

うわ~…。

(東) 昔の ホントに…。

うわ ホントだ!

はい チーズ。

これ…。

(東) いやいや…。

<友人達を招いて
パーティーも開ける…>

<夫婦ふたりで
優雅な時間を過ごせる

豪華な…>

<子供も 大はしゃぎ>

<アドベンチャー気分を
楽しめる…>

<300年前の
古民家の建材で建てた

究極のセレブ別荘>

<果たして…>

(レッド) 4億7000万円
入りました。

いや これ 駅からも
意外と 10何分とかね。

近いですね。
なのに また静かだしね。

(レッド) せ~の ドン!

お~!
「お~」じゃねえよ 高ぇよ。


<子供も 大はしゃぎ>

<アドベンチャー気分を
楽しめる…>

<300年前の
古民家の建材で建てた

湘南エリア…>

(レッド) まずは 0ですよね。
いや 0でしょ。

えっ!

もう よく分かんなくなって来た。
(東) ここで刻むの?

(レッド) 60来ました。

(レッド) 8かな?

違う。
5!?

え~ どういうこと? これ。

(レッド) 次は…。

9。
(レッド) 9 ということは?

1?
いや 1ってことは…。

2でしょ?  うん 2じゃない?
2か3だと思う。

(レッド) 果たして 幾らしょうか
せ~の ドン!

あぁ~。
そういうことですよ。

もう 東MAX 超ニアピン。

<果たして…>

何で?

この辺りにね…。

ハハハ…!

なるほど~。

ここ。

それこそ「ダメだよ~」って
言われるでしょ? これ。

<欽ちゃんより大きい物件に
住むわけにはいかないと

購入断念>

<続いて…>

<その物件があるのは

湘南エリアの東に位置する

神奈川県鎌倉市>

<遠浅で 子供が安心して
海水浴を楽しめる…>

<高低差が少ないため

子供と一緒に
ハイキングができる…>

<家族そろって アウトドアを
楽しめるエリア>

こっち 下でいいの?
えっ こんな急な?

結構 急だよ。
(東) 結構なね 斜面。

え~ これ
まだ下りて行くんですか?

(レッド) はい 下ります。

ここ?

また すごいとこ 立ってんな!

あっ 出た…。

<合計45段の階段を
上り下りしなければならない

こちらが 湘南エリアの…>

(レッド) といったわけで…。

(東) あっ 結構広い。

最安値で こんな広いの
初めてじゃないの?

(東) ほう。

<そう>

<だが 道路に面していない
奥まった土地にあり

階段で行かなければならないため
鎌倉では…>

<早速 2階部分の玄関から…>

いや もうね
俺 絶対 この家いいわ。

(東) あ~ オシャレだ。

あれ!
(東) ちょっと…。

サーファー。
(東) そう こういうのやりたい。

(レッド) 最安値っぽくないですね。

ねぇ!
(東) うわ シャレてるよ。

えっ ちょっと… 何ここ!

(東) これは いいわ。

<落ち着きと開放感を
兼ね備えた…>

いや あのね…。

…になってるね。

<レトロな雰囲気を残すよう
リフォームを行ったそうで

懐かしくも快適に暮らせる
物件に>

<さらに…>

わっ ホントだ!

これ うれしいな~。

いやぁ でもこれ ホント景色を

大事にした つくりね。

<バルコニーからは
奥様 安さんも うれしい

鎌倉の四季を感じられる
木々達や…>

(鳥の鳴き声)

<奥まった土地だからこそ

生い茂る 豊かな自然を
満喫できるのだ>

(東) お茶 飲んでもいいし
朝 トースト食うのもね

よりおいしく感じるだろうな。
(レッド) 最高でしょ これ。


<さらに リビングの奥には
レトロな たたずまいを残す…>

(東)
昔のつくりだから広いんだわ。

何か 懐かしいよ ここ。

(レッド) ホント おばあちゃん家。

(レッド) 来た~。

お願いしま~す。

(スタジオ:有吉) ひどい…。

うるせぇよ。
(スタジオ:有吉) 仲いいな。

ハハハ…!

(東) うわっ 超うまそう。
おいしいっすよ。

(レッド) BLT的な感じですね
イェ~イ!

せ~の。

あ~!

あっ!

ハハハ…。

<安心していると…>

うわっ!

(スタジオ:有吉) バカだね!

ハハハ…!

<続いて…>

あっ また これ…。

この家 ホントよくない?

(東) あら!
うわ~!

(東) めちゃめちゃ いいな。

いや 俺 何だろな この古さがね

汚さじゃなくて オシャレなの。

(レッド) そう そう… いい意味でね。

<さらに3階には
子供部屋にピッタリの

10帖の洋室も完備>

<続いて…>

あれ? でかい。

でっけぇ!

ちょうど いいんじゃないですか?

<親子ふたりで入るのに
ピッタリな

どこか懐かしい
ステンレス製のお風呂>

(スタジオ:有吉) また?
タオルぐらい持って行きなさい。

ちょうどいい湯加減になってます。

(レッド) 失礼します。

ハハハ…。

でも これね いいですね。

(東) これがね 自然と 何か…。

いや でも…
最近のお風呂って

壁と壁じゃないですか。

でも こっち壁で
こっち壁じゃないんで…。

<さらに1階には 6.5帖の

隠れ家感 満載の趣味部屋が>

<果たして こちらの…>

2480万円。

2200万円ってとこですか。

え~!?

(レッド) せ~の ドン!

買え! 買え! 買え!


<湘南エリア…>

2480万円。

2200万円ってとこですか。

(レッド) せ~の ドン!

うっそ~!

タイミング的には…。

…っていうのはあります。

そういうことなんだ。

<奥まった土地のため
実は駐車場がなく

東MAXは購入断念>

<しかし 鎌倉に激安で
別荘を持ちたい方には

オススメです>

なるほど いい物件が
ズラリとありましたけど。

古川君 どうでしたか?

やっぱ 最安値物件が
一番良かったですね 何か

リラックスできるんじゃないかなと…。
いいですよね あれね。

さぁ 中村さん
どうですか? そろそろ。

そろそろって…。

(笑い)

まずね まずね。
(矢作) 言わないで。

<続いて いよいよ専門家…>

<その物件があるのは

神奈川県茅ケ崎市>

<近くには サザンの歌詞に
出たことで その名の付いた…>

<…があり>

<夏の花火大会では

珍しい水中孔雀という
花火が打ち上げられるなど

多くの家族連れを
魅了して来た高級別荘地>

さぁ こちら…。

(レッド) サザンオールスターズ ですよね。
そうだわ。

♪~ エ~リ~

♪~ オ~ イェ~

ハハハハ…!

シャレてる。
これ?

うわっ シャレオツ!

<海まで 車で10分と程近い
住宅街に たたずむこちらが

湘南エリア 専門家オススメ物件>

ちょっと これ…。

(レッド) これは
いいんでねえ? MAX。

これね こういうことよ。

見てほら あのシャワー
見てほら。  ホントだ!

(東) ほらほら ほらほら。
(レッド) サーファーには たまんないね!

(東)
こういうのを つくりたかった。

俺撮る 俺撮る シャワー浴びて。

(レッド) 浴びて 浴びて。

(東) じゃあ ちょっと回して…。

(笑い)
危ねっ!

(レッド) びっくりしたね。

いいね いいね…。

(東) うわぁ びっくりした 今…。

(スタジオ:有吉) 何してんだ。

今回オススメの物件でございます。


いい広さですね。

ブルックリンスタイル。
どんな感じなんですか?

(笑い)

間違いない 間違いない。
(東) ニューヨークだからね。

<オシャレな
ブルックリンスタイルで ありながら

さまざまな工夫で 内装費を抑え

高級別荘地で
格安プライスを実現したそう>

<早速 中を拝見>

ドアも オシャレだもん。

ほらね!
玄関 オシャレ! もう。

(東) うわ~! めっちゃいい!
うわ オシャレだよ。

シューズインクローゼット。

(東) うわ~ オッシャレだな。
うわ~ ありがたいなぁ これ。

(東) 無駄のない ねっ!
しかも オシャレっていう。

ねぇ!

(東) うわ~
コンクリじゃねえんだ。

うわ こういうのとかも
ちゃんとね 統一感があって。

これ ブルックリンスタイル?
(レッド) ブルックリンスタイル。

中 入ったら もっと…。
はい ちょっと開けますよ。

出たよ。
(レッド) うわ~!

これさ 何か
雑誌に載ってる家じゃん!

(レッド) う~わ これ最高だわ!
(東) うわ~~!

うわぁ!
(東) シャレてる。

<3人家族の
東MAXにはピッタリ>

<23帖の
開放感あふれるLDK>

これは…。

(東) レンガ。
(レッド) まさにブルックリンね これ。

うわ~!
(東) オッシャレだなぁ。

これ でも
東MAX いいんじゃないの?

(東) いや いいです いいです。
カッコいい ねぇ!

これ見て 今。

で ここ…。

うわ~。
(レッド) 心地よくなりますね。

(東) このつくり すごいな。
もう だって…。

<天井も オシャレな木目だが

実は これも壁紙>

<コストが
ぐんと抑えられるそう>

<照明は 湘南らしく

オシャレなマリンスタイルの
ものをチョイス>

<せっかくなので…>

(レッド) アメリカといえばね。

あちらに…。
(レッド) 来た~!

小っちぇ~。

<罰ゲームを賭け…>

鈴木さん…。

(東) マジ!?

(レッド) 結構うそ言ってない?
ホントです。

この人!

(レッド) おい!
マジかよ!

マジかよ!

1本。
最初の まぐれじゃない?

<東MAXとレッドは

ひきょうな下手投げ作戦で
罰ゲームを回避>

<最後は坂上>

<3本中2本決めて
罰ゲーム回避なるか!?>

うお~!

(東) 何で黙ってたんすか…。

(東) すげぇ!
(レッド) マジで!?

これで あと1本
入れりゃいいんだ。

あっ ちょっと 角度が。

(レッド)ホント 几帳面だな。

(レッド) おぉ 入った!
(拍手)

(東) もう負けよ。
(レッド) もう負け。

もう負け よ~し。

(鈴木さん) 痛っ!

(スタジオ:有吉)
久々に見たよ しっぺ。

アハハ…!

<続いて…>

いや~ これ 使いでいいな。
(東) うん 理想。

(鈴木さん)
キッチンは ちゃんと

国産のリンナイを使ってまして。
あっ ホントだ。

<料理好きの安さんにもうれしい
最新式>

でも 別荘としたら
ちょうどいいサイズじゃない?

(東) ホントに そうです。

<スタイリッシュな国産の…>

<…も完備>

こちらの蛇口は
ドイツの高級のGROHE。

聞いたことある。

(東) シャワーにもなる。
(レッド) あ~ なるほど。

あ~!
(レッド) あ~ これはいい!

(東) 何これ!

(レッド) 隅々までね 洗える。

(東) このシンクの広さが
たまらなくいいです。

素晴らしい。

(鈴木さん) 1つ 2万円ぐらいで。
(東) あっ そんな安いの?

(東) 1個2万円って。

安いでしょ!

<さらに…>

(レッド) いいね 最高だね。
海から上がって来て

あそこで
シャワー浴びるじゃないですか?

いったん コケるじゃないですか
さっきみたいにね。

で こっから ほら…。

ほら!
フルオープン。

これ 全部開くやつだ。

(鈴木さん)
フルオープンシステムになってるんで

外で お子様が遊んでいても

この中から見れるっていう。
なるほど。

(東) うわ~ これ いいんだよ。

…とか やってたりとか。

<広々とした11帖の
ウッドデッキでは

バーベキューも楽しめる>

<せっかくなので
相模湾の新鮮な幸を

いただくことに>

いい食感じゃない。
うまい!

(レッド) うまい。

ハハハ…!

熱っち!

さっき カクテルあったのに。

ハハハ…!

坂上さん…。

<さらに…>

風呂だ。
お風呂?

ここで…。

これは レンガ風の壁紙に
してあります。

こういうとこで ちゃんと…。

<この雰囲気あるレンガの壁も
実は 壁紙>

<ぱっと見は分からないが

内装費を徹底的に抑える工夫が>

<洗面台は
ビンテージ感ある無垢材と

ダークなアイアンでオシャレに>

お風呂 広めだよ!

うわ~ 新築だ! 新築!
(東) テレビ付いてる。

あっ テレビある!
(レッド) 最高じゃないっすか。

<蛇口は最新式の
スタイリッシュなデザイン のものを採用>

これ ホントだ。
これ 十分じゃん。

(レッド) これぐらいの広さで
十分ですよね?

うわ これ 十分だ。

(東) 撮っとこうか。
(レッド) じゃあ 入って…。

それは 何か
女のコっぽくなってますけど

大丈夫ですか?
じゃあ こうやっときますか。

(笑い)

<すると…>

(東) 「たーくん」って呼んでる…。

(東) …ってなってますね。
お~ 気に入ってる!

<続いて…>

(東) うわ うわ…!

なるほど!

寝室ですか。

子供部屋でもいいし。

(東) これ くつろげるなぁ。

それ!

こうすると こっから…。

<さらに 2階には

ビンテージ感ある
レンガの壁が特徴の

6帖の洋室を完備>

<いつでも ニューヨーク気分が
味わえる…>

<家族で
バーベキューも楽しめる…>

<今 流行りのブルックリンスタイル
オススメ物件>

<果たして お幾らなのか?>

(レッド) うわ~! また 通ですね。

…ぐらいかなと思ったんですよ。
いいとこ いいとこ。

(レッド) せ~の ズドン!

うわ~~! 安い!

<湘南エリアのオススメ物件>

<果たして お幾らなのか?>

(レッド) お幾らなんでしょうか?

まずは 0でしょうね 0。
ここぐらいから…。

(レッド) 8が出て来るかも
分かんない。

(東) あっ。
おっと!

3!
3? 8じゃ ない。

3が来るの!?
(レッド) お幾らなのか。

4?
(レッド) 何この 不規則な。

でもこれ 4430万円だったら
安いよ!

(レッド) 5430万円だったら
妥当だと。

だって 新築 考えたら。
(レッド) ですよね?

せ~の ズドン!

うわ~~! 安い!

これはね ホントに 僕にとって…。

で ウッドデッキみたいな…。

(レッド) はいはい はいはい。
やっぱ…。

<慌てて…>

(東) あぁ ちゃんと読んでますよ。

(東) はぁ~。

<夫婦で大興奮の こちらの物件>

まぁ そうでしょう。
(レッド) これは絶対…。

「す」に近いキープですよ これ。

<子供のために 和室も欲しい
という安さんのため

ひとまず キープ>

<東MAXの家探し>

(石原) 心配な鉄道を
盛り上げよう バンザ~イ!

バンザ~イ! バンザ~イ!

…に追い込まれてるところが
いっぱいあるわけよ。

で やっぱり 日本の…。

<幻想的なイルミネーションの
絶景でも知られる…>

<今年4月 惜しまれながらも
廃線に>

<今 日本の…>

<…に瀕しているのだ>

<今回 訪れたのは
愛媛県 北宇和島駅と

高知県 若井駅を結ぶ…>

<…に沿って走る
トロッコ列車からの眺望は

まさに 絶景!>

<しかし いまや…>

<そう>

<…を迎えているのだ>

<それを救うべく
予土線の美しい写真を撮影>

<…のインスタにアップし
日本中にPRする>

(水田) どうも こんにちは!

(川西) よろしくお願いします。

(石原) 何で? 何で?

もっと食い付いて…。

<地元の水田が
予土線PRをお手伝い>

<早速 良純が自撮り開始>

<すると…>

来た来た…。
(滝沢) あっ 来た!

めっちゃいい写真撮れます 今。
後ろ!

チャンス! チャンス!
良純さん!

<話題のトロッコ列車が>

(水田) すごい すごい すごい。
(川西) すごい すごい すごい。

(川西) うわ
また かわいいな この電車。

うわ いいやん!
(水田) これが しまんトロッコです。

(石原) …雰囲気。

(水田) …をデザインした。

(石原) 水戸岡さんでしょ?
(水田) デザインしてます。

これ絶対 水戸岡さんなのよ。

…デザインしてくれたのよ
水戸岡さん 昔からよく知ってる。

<観光列車デザイン の第一人者で

なぜか 良純の部屋まで
デザイン してしまった すごい人>

<早速…>

(石原) これはいいぞ!
(川西) いいじゃないですか。

(水田) ここはいいぞ。
(石原) 最高だね こりゃ ねぇ!

<こちらのトロッコは 普通運賃に
520円プラスするだけで

乗車可能>

やっぱ 少ないですか? 人は。

…ほどですね。

(中川さん) 絶景です こちらは。

そうです。

(石原) えっ?
(水田) これが 初です。

黒部川とか…。

そう?
(水田) 疑ってます?

もう そうなんですよ。

間違いないです。

<1984年の国鉄時代

予土線が始めたトロッコ列車が
日本初>

(警笛)
(石原) おう 出発だ!

<早速 未来に残したい予土線の
魅力を確かめに 出発!>

(川西) めっちゃキレイ!
風が気持ちいいですね。

(石原) もう キレイだ。
(川西) キレイ キレイ。

すごいね これ。

<そして この…>

(滝沢) うわ~。
(水田) もうすぐですよ。

わぁ~!
あ~!

(水田) あれ 四万十川です。
(滝沢) うわ~!

<…の清らかな絶景>

(水田) どうですか?

(川西) 良純さん どうですか?
(石原) 最高だね!

(滝沢) うわ~!
キレイですよ 最高です。

(石原) ホント ここ だって

日本で一番 清流って
いわれてるんだもん。

(川西) すげぇな ここ。
(滝沢) キレイですね。

(石原) 一番緑の…
季節のいい時だから 最高だよ。

<この美しい四万十川に沿って

トロッコ列車は
なんと40km以上も走る>

(石原) なかなか これはないな。
(水田) そうでしょう!

キレイ キレイ!

ずっと絶景でしょ!

<この美しい景色を広めるため

カレンのインスタにアップ!>

<すると…>

<…と 大好評!>

<…を獲得>

(警笛)

(石原) やっぱり自然がいいね。

最高だな これ。

(滝沢) キレイ 最高。
(川西) ホント キレイやわ。

(水田) 風が気持ちいい。

<そして…>

うわ~!

(水田) 良純さん ありましたよ。

(スタジオ:有吉) あ~ 出た!

(中脇さん)
ある時にしかないですけど。

(水田) 「ある時にしかない」。

(水田)
ホント この川で獲れたやつ。

電車で見た景色で獲れたものを
今 食べれる。

<獲れない時は
数週間 販売しない

超希少な四万十の…>

<そのお味は?>

(石原) がっぽり行っちゃおう。

(川西)
ぜいたくな食べ方しましたね。

うわ…。

おいしいですか?
うん。

(川西) おいしい!
(滝沢) おいしい!

(川西)
何か濃い うなぎとしての味が。

無駄な脂がないみたいなね。

(川西) こんな 景色ええのに。

(中脇さん) 一生懸命ね…。

…と思って
車内販売 頑張ってます。

<と ここで水田が…>

1m前を予土線が走るという。
えっ?

そういう風呂あんの?

<そう 予土線には…>

<…があるという>

<というわけで
その温泉を目指すため…>

<…で乗り換え>

(川西) ハハハ…!
(水田) カレンちゃん。

ほら穴という言い方は
あんま よくないよ。

え~っと
その宿のほうに行く列車が

1時54分なんで…。

(石原) え~ 何かないの? ここ。

<その銀行は 土佐大正駅の
すぐそば>

あそこ。

(石原) 「四万十川焼酎銀行」
って書いてあるけど。

<こちらは 日本で唯一の…>

<その正体は…>

(石原) こんちは~。
(水田) こんにちは~。

(石原) 何か すごい…。

(水田) 中も。

(石原) ここは… 何ですかね?

意味が分からないね。
(滝沢) 焼酎の銀行。

よちょちゅう? どういうこと?

(水田) 通帳ですか? これ。
(従業員) 通帳で預ける

…っていうのをやっとんです。

これ 金利で付いて来るんですか?

<実は 高知では

栗を発酵させて作る
栗焼酎が特産品>

<こちらのお店で
栗焼酎を購入すると

お店の金庫で
最大3年間 保存し

熟成してくれる>

<さらに 1年ごとに

利子が付くという
粋なサービスも>

実際に…。

はい。

(水田) えっ!?
へぇ~ すご~い。

ホンマや。

<まろやかで甘い香りが特徴の
栗焼酎>

<女性も飲みやすいという
その味は…>

うん! おいしいですよ。

まろやかですね。
あ~ いい香り。

(従業員) はい 栗の。
マロ~ン。

あ~。

うまいこと言うね 俺。
マロ~ンです ホントに。

まろやなか香りが
鼻から抜けます。

<一方 カレンは…>

ん~。

ハハハ…!
ちょっと過ぎたの?

<そうこうしているうちに
絶景温泉に向かう列車が>

(滝沢) あっ! 石原さん。
(石原) 来た!

(川西) 来た来た来た!
(石原) 緑?

(川西) 赤 何だ? ここ。

絵が描いてある 何これ!

こちら…。

(石原) かっぱ? これ。

<こちらは
予土線のホビートレイン…>

(水田) すごいでしょ。
(スタジオ:有吉) うわ いる。

(スタジオ:有吉) かっぱが うようよ。

(水田) 四万十川にはね
かっぱが すんでるという

伝説があるんです それで

海洋堂さんの協力で

こういう電車をつくったんですね。

<…が高知出身だったことから
つくられた

一風変わった ホビートレイン>

<しゃべるかっぱと記念撮影>

(水田) しゃべるんです これ。

<良純のカメラ目線に…>

(滝沢) ハハハ…。

いきなり パッと見て。

テクニックがあるんでしょ?
テクニックがあったんですけど…。

<そして いよいよ
列車が間近を走る

絶景温泉へ>

(石原) 着いた着いた!

<その温泉があるのは
十川駅を降りて すぐ>

<なかなか味のある民宿
その名も…>

<この宿に付いているのが…>

皆さん お待ちかねの…。

(水田) 焼却炉のわけない…。

<一見 渋そうな…>

<ここに入れば…>

<…が撮れるという>

<ということで…>

(石原) やるべ やるべ!

<56歳 良純が

体を張って
この温泉と予土線をPR>

<ちなみに…>

<…が撮れるそうで

こちらは カレンが挑戦>

(川西) 撮るのは うちの相方が
撮るって言ってました。

撮らしてもらいます。

(石原) 何…?
(水田) 撮らしてください。

撮らしてもらいます。

これだぞ これだぞ… これだぞ。

何だよ?

見ないとダメですもん。

<近所でくめる冷泉を
温めているという こちらの温泉>

<その湯加減は?>

うわ~! 気持ちいい!

これ 気持ちいいわ。

これ マジ気持ちいいわ。
(川西) いいですか?

ホントに
ここで1人で入ってたら…。

(川西) 自然の中で。

<それを聞いて…>

入れないって これ…。

ヤダ!
(川西) 風邪ひいたらね。

やめろ!

あ… あ~!

お前 入るな! お湯が減るから。

お前 バカか! ちょっと おい!

<一発勝負!>

(石原) あっ 聞こえて来た!

(警笛)

あ~ いいね。
うわ~!


<一発勝負!>

(石原) あっ 聞こえて来た!
聞こえて来た!

あ~ 来た来た!
黄色いの来た! トロッコ列車!

来るぞ~! トロッコ列車!

(警笛)

(石原) わぁ~! わぁ~!
(カメラのシャッター音)

(水田) OK 素晴らしい!

<その出来栄えは?>

(水田) 完璧。

(川西) いいの撮れました。

<この写真を
インスタにアップすると…>

<と 鉄道ファンも食い付き…>

<…を獲得>

<一方 カレンが
ブランコで撮った写真は…>

(石原) いいじゃん これ。

(水田) いい! いい!

<こちらも大好評>

<良純を優に超える…>

<…と 見事にPR>

<四万十川の こんな
ステキな絶景を楽しめるのに

廃線ピンチの予土線>

<皆さんも ぜひ…>

(拍手)

相当 お風呂も
はしゃいでらっしゃいましたけど。

俺は本意じゃなかった。
(笑い)

でも 気になるのは
こちらの番組は

レッドさんと良純さんっていう
おじさんを裸にしたがる…。

(藤田) 私 ホント…。

あの かっぱの…。
キュウリ大好き!

キュウリ好きは ぜひね。
キュウリ好きは行くべきだな。

(博多華丸) お尋ねしたい。
焼酎銀行!

(笑い)

ここで 中村さんと古川さんから
お知らせです。

(スタジオ:中村) 『ラブリラン』は私が演じる
3か月の記憶を失った

主人公 南さやかが
ずっと好きだった幼なじみと…。

(スタジオ:古川)同棲していた後輩社員
町田翔平との間で

恋心を揺れ動かす
ラブコメディーです。

(スタジオ:中村) 最終回は
6月7日 木曜放送です。


関連記事