得する人損する人 料理自慢芸能人を辛口採点!女優の台所に家事の危険&梅雨の雑菌 キムラ緑子、佐藤仁美…


『得する人損する人 料理自慢芸能人を辛口採点!女優の台所に家事の危険&梅雨の雑菌』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/07(木) 
得する人損する人料理自慢芸能人を辛口採点!女優の台所に家事の危険&梅雨の雑菌[字][デ]
芸能人の料理&キッチンを一流シェフ軍団がダメ出し!本当に美味しくなる焼きそば技▼コンロ周りにアレを置くとダメ!異物混入!?▼高校生30分イカ料理対決5分で朝ご飯
詳細情報
出演者
【MC】後藤輝基、羽鳥慎一
【出演者】キムラ緑子、佐藤仁美、鈴木伸之、西山茉希、松橋周太呂(家事えもん)、水野美紀、吉村崇(平成ノブシコブシ)、遼河はるひ
【シェフ】
加藤政行シェフ、神谷昌孝シェフ、北山智映シェフ、木下威征シェフ、
小林幸司シェフ
【VTR出演者】
いけや賢二(犬の心)、ギャル曽根、柳原可奈子
番組内容
シェフ直伝!ご家庭のベチャっとしがちな焼きそばが簡単パリパリ焼きそばに!水野美紀絶賛▼すぐマネしたい!スターシェフの朝ごはん!調理時間はたったの4分▼一流シェフが芸能人のキッチンを辛口チェック!プロの目線で冷蔵庫の中やシンクにダメ出し連発▼ウル得マンVS高校生30分イカ料理対決!面倒なイカの下処理の簡単ツルンワザ!▼データ放送プレゼント実施!シェフ太鼓判5000円相当の調味料セットが抽選で当たる!
Capture20180607-230226.jpg   


『得する人損する人 料理自慢芸能人を辛口採点!女優の台所に家事の危険&梅雨の雑菌』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

得する人損する人 料理自慢芸能人を辛口採点!
  1. 河村
  2. 水野
  3. スタジオ
  4. 松橋
  5. 曽根
  6. 吉村
  7. 西山
  8. 木下
  9. イカ
  10. 柳原



『得する人損する人 料理自慢芸能人を辛口採点!女優の台所に家事の危険&梅雨の雑菌』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


(羽鳥) 得する人!
(後藤) 損する人!

拭きゃあいいんだ。

そうですよ。
ぶちギレてるよ こっちは!

<今夜は…>

(木下さん) もっと
パリっとさせたい部分が

ちょっと 出てないので。

<ベチャっとさせず…>

<伝授>

<さらに…>

<しかし…>

(北山さん) 臭いわけよ。

松明!
(遼河) こういうことですか?

(小林さん) あれは…。

(神谷さん) そんな…。

<実は…>

「お会いできる方じゃ ない」。

そんなに?

ありがとうございます。
会えるだけで ありがたい。

<そう 彼こそ…>

<という…>

(鈴木)
めっちゃ うまいですよ これ。

これだったら…。

なんぼほど食うてんねん 2人。

<実は タケノコとエノキを
炒めている この油は>

(神谷さん)
このツナ缶の油を使うんです。

(キムラ) 私も捨てちゃいます これ。

(神谷さん)
もったいないですよね。

(神谷さん) ちょっと ここで
炒めながら 塩をしてやります。

(水野) 使ったことないよね。

(神谷さん) 最後に
このツナを入れて 混ぜてやる。

へぇ~。

(神谷さん) そこで
合わせ調味料をちょっと入れて。

(吉村) もう完成じゃない?
できました?

(神谷さん) できました。
早い!

(拍手)
おいしそう。

加藤シェフ これに
何かアレンジするとすれば?


(笑い)

<そして…>

油っぽい。

…部分が ちょっと 出てないので。

<そう これ…>

<なんと80%以上>

しょっちゅう作るのにね。

<そこで…>

<すると>

<ご家庭のコンロとフライパンで
作ったのに

お店のような
パリパリの仕上がりに>

<実際に この…>

おいしい!

<さぁ…>

<ご家庭の
焼きそばが…>

<ということで 『得損』の…>


<と 向かった先は>

(水野)
焼きそばをおいしくする方法を
知りたくて やってまいりました。

(渡部) いやいや…。

(渡部) 水野さんに。

<そう…>

<…で

当番組に…>

取りあえず あの~。

いやいや ちょっと待ってよ。
今 一生懸命 作ったので。

<そう 実は…>

<『ヒルナンデス!』の生放送中

水野 自ら スタジオ脇の
キッチンで作ったもの>

(スタジオ:水野) こんなことも
させられてますから。

(渡部) いただきますね。

(渡部) うん。

う~ん。

(渡部) こんな感じですよね。

まぁ 家の焼きそばってね。

早い! 早い。

ちょっと…。

そうなんですよ
あのね どうしても…。

<そんな悩みを解消してくれる
スターシェフを

紹介してくれるという渡部>

<それは>

焼きそばなんで 恵比寿にある…。

(水野) フレンチ?
…のお店。

このシェフが 一番いいんじゃ
ないかなと思いますね。

<ここで
新レギュラー 水野に…>

この番組って たぶん ほら
こういう高級食材を使ってとか

こういう店にしかない施設で
こうやってとかだと

たぶんね ダメなんですよ。

主婦目線で もう 見て すぐ
マネできるような格上げテクニックを

木下シェフに聞くのが たぶん
ポイントだと思いますよ。

<もう1つ>

もう1個 ちょっと 注意してね。

あっ そっち系の男性は。
(水野) そういうタイプの方は。

じゃあ 大丈夫かもしれない。

<渡部の…>

こんにちは。
(水野:木下さん) はじめまして。

(水野)アンジャッシュ・渡部さんの
紹介でまいりました。

(木下さん)
はい ありがとうございます。

いやいや 全然 全然。
(水野) 言われてまいりました。

いやいや そうですか。
(水野) はい。

<現在…>

<こちら>

じゃあ 入れて行きます。

(スタジオ:キムラ) これが卵1個分?
(スタジオ:水野) そうなんです 卵白。

(水野) あらららら。


<蜂蜜のソースをかけ

トリュフを
たっぷりと削ったら…>

いただきます。

<そのお味は?>

うん。

(木下さん)
ふわっと 泡が消えますね。

(水野) トリュフの香りと

この蜂蜜の甘さが また
絶妙なハーモニーで

これ…。

やっぱ それですね
さっきから気になってた。

この…。

(水野) はい もうちょっと
おいしくなるんじゃないか…。

行きませんで ちょっと こちら
見てみてもらっていいですか?

でも おいしそうですよ。

(木下さん) いいんですか?
ただね あの…。

固まってるかなって…。

(木下さん) それはね 熱いうちに
食べたほうが おいしいですよね。

いいんですか?
(水野) はい。

ちょっとね 冷めちゃってる。

(スタジオ:吉村) ぶちギレるかもな。

じゃあ…。

ダメです?

アカン アカン こっからや。

よく やっぱ…。

(水野) 油っぽい。

もっと パリっとさせたい部分が

ちょっと 出てないので。

<ベチャベチャにせず…>

<水野に 木下シェフは>

<ここで 水野は…>

主婦目線で   もう 見て すぐ
マネできるような格上げテクニックを

木下シェフに聞くのが たぶん
ポイントだと思いますよ

シェフ それがですね あの~。

これですね。

家にある この…。

コンロね。
そして…。

(木下さん) なるほど。

できれば おいしく作れるワザを
教えていただきたいなと。

さらに…。
ええ。

お願いしたいと思いまして。

(吉村) 殴られますね これは。

(水野) ぜひ よろしいですか?

はい。

<…してくれた
木下シェフ>

<さらに 食材も…>

<ご家庭と同じ条件>

<早速…>


えっ 何でですか? 何でですか?

<実は 水野をはじめ
主婦の皆さんが

当たり前にやっていた…>

<まずは…>

<皆さんは 普段
水野のように…>

(水野) 大きめに。

<大きいサイズに
切っていませんか?>

(スタジオ:羽鳥) こんな感じですよね。

<しかし シェフは>

(水野) あら! 細く。

(木下さん)
これは いろんな好みがあって

あの切り方でも全然いいんですよ
ただ…。

(木下さん)
なので 麺と同じように。

(水野) ピーマンも縦に切ったほうが?
(木下さん) そう。

え~!

大抵 大っきいですよね。
(佐藤) 大抵 大っきいですよ。

<麺が細い焼きそばに

大きくカットした具材を
入れてしまうと…>

(スタジオ:後藤) もう ここから違う。

<しかし…>

<続いて…>

<水野の場合は>

(木下さん) それは?

そう認識しております。
(木下さん) なるほど。

<そして…>

(水野) これも 何だか
どのぐらい炒めていいのか

いつも悩むところなんですけど。
(木下さん) そうですね。

<では…>

さっき…。

すいません。

(木下さん) そうですか あの…
フライパンをね

やっぱり 焼きそばは…。

(木下さん)
これがポイントですね。

熱々になって来ると…。

(木下さん) 逃げて行くというか。
(水野) シェフ…。

(木下さん) そうなんです 実は…。

おいしいし 中華といえばという
感じなんですが…。

サラダ油で よい。

<正解は
しっかり温めたフライパンで

サラダ油を使って炒めること>

<熱々のフライパンに
豚肉を入れ カリっと焼き

豚の脂が
たっぷりと出て来たら…>

(スタジオ:吉村) 焦げちゃいそう。

<細切りになっているので…>

<ここで 最後の…>

<ここから 水野の焼きそば…>

<まずは>

(水野) 投入します。

<炒め終えた…>

<これが…>

水野さん さっき…。

入れました。
(木下さん) 焼きそばの…。

(スタジオ:後藤) むしろ邪魔?

<フライパンの場合
これは ご法度>

<火力が弱いので
なかなか飛ばず…>

<では…>

え~!

<さらに…>

(一同) へぇ~。

<では 正解は>

(水野) えっ!

<20秒ほど…>

これを ほぐすと もう ここで。

(水野) あ~ ほぐれますね。
(木下さん) ほぐれます。

<これで…>

<そして…>

このへんで 火を止めまして…。

(水野) これ かけたら
大体 おいしくなりますから。

まぁね これ
かなり 味 決まってますからね。

<粉末がなくなるまで
しっかりと混ぜたら>

できました。
できました。

優しい。
(水野) 優しいんですよ。

すごい優しい。

<一見…>

(水野) 野菜に。

(木下さん) ここで もう…。

<そう 水野のように…>

<残りの粉末ソースは>

さらに 少しだけ…。

(水野) ふ~ん。

(木下さん) なおかつ ここに…。
(水野) えっ!

(スタジオ:羽鳥) ここに かける?

(スタジオ:水野)
そうなんです びっくりでしょ。

やったことないですよ。

<先ほど レンチンして
ほぐした麺に

少量のサラダ油と 粉末ソースを
和えておく>

<そして 麺と具材を
一緒に炒めるのではなく…>

麺。
(水野) ここに麺を。

(木下さん) なるべく…。

(木下さん) 満遍なく…。

それから…。

(木下さん) コントラストが
出て来ますので…。

ホントだ
しっかり 焦げ目 ついて来た。

(木下さん) これができたら…。


(スタジオ:羽鳥)
劇的に おいしそうですね。

はい これでOKですね。
もう ササっと炒めて

出来上がり!

<ベチャベチャにしない
最大のポイントは…>

<実は…>

<これが 主婦を悩ます
ベチャベチャの原因>

<木下シェフのように…>

<…だけにすれば

ご覧のとおり>

<木下シェフの麺は これだけ
麺の水分を抑えることができる>

(スタジオ:吉村) 全然 違う。

(木下さん) ちょっと こう
水野さんのを見ていただくと…。

(水野) そうですね。

(水野) 濃いです。



やっぱ違いますか。

うん!

そうですよね。
口に入れた瞬間に…。

(スタジオ:佐藤) 優しい!

ありがとうございます。

<これも…>

(スタジオ:羽鳥) 出た。
(スタジオ:後藤) 『瞬間KISS』ね。

(スタジオ:水野)
毎回 使うのか? これを!

<…に違いない>

<と ここで…>

<この後 スタジオで…>

<次の4つの選択肢のうち
木下シェフいわく…>

このクイズは 番組をご覧の
皆さんも参加できます。

このリモコンの…。

正解した方の中から抽選で
20名の方に…。

プレゼントさせていただきます。
(吉村) 欲しい!

どういう調味料か
追って ご説明をしますけども

まず 1つは
木下シェフの お薦めの調味料。

これは 何になるでしょうか?

白ワインビネガーに ハーブを
漬け込んだお酢になっております。

バーベキュー とかに チキンを焼いた時に
サッと かけてあげたりすると

酸味と
ほんのりハーブの香りがしまして。

(キムラ) チキンに。
(佐藤) わ~ すてき。

ちなみに…。

番組 最後まで ご覧になって

1つでも多く 応募を
していただきたいと思います。

<スタジオも正解を予想>

<テレビの前の皆さんも
解答の参考にしてください>

どうぞ!

え~ はい。

キムラさん
Bの煎茶のティーバッグ。

緑茶を混ぜることによって

塩 これが 塩っていう味が
引き立つような気がして。

水野さん C。

Cだと思いますね。
塩こんぶ。

ケチャップは もう
ケチャップの味になっちゃいますし。

さぁ そして え~

Dのケチャップを選んだのが吉村。
来た。

(笑い)
(吉村) そうですね。

1人だけ。
(吉村) あの~。

塩焼きそばで
ケチャップ入れんの?

強くないですか? ケチャップは。
そうなんです だから もう

大体 ケチャップ入ります
決め手は。

さぁ 視聴者の方 この後の
CMが終わるまで選べます。

それまでに 正解だと思うボタン
押していただきたいと思います。

<木下シェフが作る
絶品 塩焼きそば>

<これ1つで
味が決まるというものは 何?>

さぁ 木下さん 何でしょうか?

実は こちらの 塩こんぶ。

塩こんぶが正解!
(歓声と拍手)

Cが正解です。

水野さんと 鈴木君 正解。

(木下さん) 塩こんぶは
うま味の固まりでもありまして

加熱することで
グルタミン酸も上がりますし

周りに付いてる塩味 これが
すごく いい味になります。

ほら 来た。
(木下さん) できましたんで。

はい できました
ありがとうございます うわ~。

あぁ おいしそう。
(吉村) お店のやつじゃん これ。

(キムラ) めちゃくちゃ おいしい!
すごい おいしい!

(神谷さん) いや おいしいですよ
塩加減も ちょうどいいし

焼きそばの…。

(神谷さん)
とても おいしいですね
塩分も最高ですよ。

うわ 「最高」。
(吉村) でも 俺は…。

(笑い)
たぶん。

<例えば…>

<実は これ…>

<そう…>

<今回は…>

<…のキッチンをチェック>

<西山茉希といえば…>

<手料理をインスタに
たびたび アップするなど…>

<その…>

<…されている>

(スタッフ) 結構 高得点。

(西山)だって 自分の中ですよね?
(スタッフ)そうです。


完璧な状態で
旦那さん お子さんに食事を

作ることができてるはずだと。
はずです だって…。

(笑い)

<一方…>

<そんな彼女の…>

<こちらも…>

(スタジオ:遼河) 1人って感じ。
(スタジオ:吉村) 1人の。

遼河さん レシピ本
出してんですね。

<一見 どちらも…>

<もしも…>

<あり得ない!>

<2種類で判定>

<序盤は…>

<…に照れも目立ったが>

あり得ないんだよ。

(スタジオ:佐藤) 普通に怒ってる。

<それでは スタート>

<まずは 西山の…>

(西山) 自分で勝手に…。

(西山) これを活用していて。

ここにすると
この木が ハゲそうで。

<これは?>

それはそれで すごく…。

(小林さん) じゅくじゅく
しちゃうんだけど…。

<タオル掛けの使い方には
ノーホイッスル>

<続いては>

(西山)
毎日 使うわけじゃないのに…。

(ホイッスル)
<ここで…>

<魚の女神…>

しないと…。


<アンケートによると
西山だけではなく…>

<しかし 皆さんも…>

刺し身か何かの…。

<北山によると…>

<しかも>

臭いわけよ。

<実は…>

(水野) そもそも…。

(松橋) 最近の…。

(松橋)
奇麗にした後に ちょっと…。

結構 主婦の皆さんも
やられてると思うんですけど。

<続いて…>

(西山)
で こっちから流れてって…。

(西山) 料理に使う…。

(スタッフ) 使うやつは
全部 出てるんですね じゃあ。

(西山) そうですね。

いや ええように言うたな。

<自分の使いやすいように
配置された…>

(スタッフ) 油が へぇ~。

<温度が上がりやすい…>

<古くなった油で
揚げているようなものなので…>

ここに置いてくださいと
いわんばかりの。

(西山) 声 掛けて来ますよね。
ちょうど 油とか置きやすい

スペースに見えちゃうからね。

<アンケートによると
西山だけではなく

主婦も45%が 料理の時に
使いやすいからという理由で

コンロ周りに 油や調味料を
置いているという>

あれは…。

…みたいなもので
あそこに置かないことで

事故が起きない
っていうスペースなの。

あそこから遠い所に
置いてくださいっていうスペース。

(吉村) 怒ってるぞ!

<今回 軽井沢に店を構える…>

<確かに その言葉どおり

コンロ周りには
何も置かれていない>

ちょっと…。

(笑い)
バッサリ!

(吉村) バッサリ!

レジェンドが言うてんねん!

佐藤さんは どこに置いてます?
調味料。

こんな
縦長いのが付いてるので…。

でも 引き出しの…。

粉?
(西山) 結局…。

例えば そこに あったとして
ちょっと…。

(笑い)

拭きゃあいいんだよ!
拭きゃあいいんだ!

(水野) そんなね…。

(遼河) しまってるんですけど…。

暇ではない
佐藤さんは暇ではない。

私は 暇ではないですけど。

(松橋) 僕も 下の棚に
楽屋みたいなの作って。

1個 小っちゃい 細長い
このぐらいの 持っとくんです。

料理する時に パパパって入れて
上に出して 料理して

終わったら そのまま しまう。

そうすると
洗うのも このトレーだけ。

われわれも そうですし
お家の人も そうなんですけど…。

(西山) 分かりました。

何?
その…。

1本の…。

お店で使っているものと
私が買っているものは。

(吉村) ご報告?
(西山) はい。

安いとか高いとかいうことじゃ
ないわけでしょ?

なりやすいんです。
なるほど そういうことや。

(笑い)
そういうこと ちゃうねん!

(吉村) 金はあるからね。
奇麗に管理せぇ!

どうも こんにちは。

<すると…>

(スタッフ) そうなんですか?

(スタッフ) そうなんですか。
そうだよ。

(スタジオ:佐藤) オペラ科!?

(遼河) …から料理って
すごくないですか? えっ!?

<北山の…>

<キッチンチェック スタート>

(遼河) もちろん…。

(遼河) 水拭きだけで…。

<さすが 料理好き>

<普段から水滴1つ残さず 奇麗な
キッチンを保っているというが>

これは レッドカード。

<まさかの…>

≪このレッドカード 怖い≫

(ギャル曽根) えっ
こんな スルっと むけるの?

(一同) えぇ~!



レッドカード?
何でなのか こちらです。

(遼河) えっ?
遼河さんの自宅のコンロ周りを…。

(遼河) 待ってください 私
コンロ周り 何もないですけど?

さぁ 何もない?
(一同) あぁ~。

でも 火事の恐れ
さぁ 小林シェフ。

でも…。

水が飛んじゃうんです キッチンペーパー
しわしわに なっちゃうでしょ。

キッチンペーパー…。

(小林さん) そこにも やっぱり…。

(小林さん) いっぱい 飛んでいて
紙に油 …で 周りには火。

燃えないはずがない。

なので
 何かの拍子に火が上がって
引火したら あの状態だと…。

松明!
こういうことですか?

これは もはや 松明である。
こういうこと?

(吉村) キッチンに 松明が。

結構 今…。

皆さん されてると
思うんですけど もし…。

(松橋) 布とか 紙も
近くに置いてあるだけで

温度が どんどん どんどん
上がったら

急に そこから
火が燃えたりとか。

怖っ!

<続いては
遼河の冷蔵庫をチェック>

(遼河) あと これなんですが…。

(遼河) サラダも作っといて
サラダ トマト 卵 ウインナー。

<どこに 何があるか
すぐ分かるように物を配置し…>

<これには>

(スタジオ:西山) ケースに入れるやつ。

<ノーホイッスルで 絶賛>

<一方…>

じゃあ 上から。

オープン でも…。

(西山) ここは
切らしちゃダメな場所なんで。

(西山) あんまり…。

(西山) 食材で…。

(西山) …っていうのは
気を付けてます。

<食材が無駄にならないように
数日で…>

<…という西山>

<イエローまでは
行かないものの…>

<…と疑問を呈する小林>

そうなるから ホントに。

<取りあえず…>

<…に捉えたようだ>

<しかし そんな…>

(ホイッスル)

赤。
(スタッフ) 赤!?

<ここで
いきなり レッドカード >

<そこには…>

これね…。

そもそも…。

<頭を取ったエビは 傷みが早く

トレーに入れたまま
保存しておくと

その日のうちに
味がグッと落ちてしまうという>

解凍されてるってことは
1回 凍ってるんです。

凍って 臭みが霜のように
まとわり付いている。

それが また解凍されて
臭み成分の霜が溶けて

あのパックの中に
充満しているので

夕方 使うにしても
パックを1回 開けて…。


<と…>

<せっかくだから
スターシェフに 自慢の…>

<メニューは…>

(西山) これだったら 子供に
手伝わせても いいかもしれない。

<まずは 玉ねぎをカット>

(スタッフ) それは 何ですか?
(西山) オリーブオイル。

<そこに 玉ねぎ
ツナコーンを入れ 炒める>

<その間に
焼きそば麺をレンチン>

<さすが 料理上手とあって
手際がいい>

<あとは ケチャップと
ソースを入れて麺を炒める>

(スタジオ:西山)
ちょうど 切れちゃったんです。

(スタッフ) フフフフ。

(西山) ちょうど…。

<やたら短いトングで
調理しているのが気になるが>

(スタジオ:佐藤)
分かる 分かる あるあるある。

<焼きそば麺と
玉ねぎ ツナコーンだけで

パパっと作った…>

<…が完成>

<そのお味は?>

ねっ? そうなんですよ。

(スタジオ:水野) 子供 喜びそう。

<…の西山>

<しかし 実は この行動が…>

<…になっていた>

(ホイッスル)

(スタッフ) ダメ?
ダメ これは もう…。

あのタイミングですから…。

違いますよ!

…してくださったんですから
えっ でも 待ってください。

(佐藤) あれじゃない?

もっと上から。
飛距離ですかね?

神谷シェフ いかがでしょうか?

(笑い)
もう笑うしかない。

(キムラ) レベルの低い話をっていう。
笑うしかない。

はい 理由は こちらです。

大変ですよ
これ。

どえらい事故ですよ これは。

事件性が高くないですか?
事件性 高いよ。

<西山茉希のキッチンで…>

<一体 なぜ?>

(北山さん) 鍋の。

あっ 確かに
だいぶ 使い込んではる。

(吉村) へこんでるよ
何か ゆがんでるじゃん。

…みたいな感じじゃないですか。

めっちゃ ハゲてる。

(西山) ハゲたものは…。

(笑い)

あれ フッ素加工なので
ハゲたのは 鉄じゃないです。

食べられるものではないです
なので それが

どこ 行っちゃったのかな
っていう。

(笑い)
1回 体 通ってますから。

だから これを口に入れる
っていうのは もっての外?

ああいうてのフライパンで作るのに
金物で こうするっていうのが。

削れたものが お腹をこわすほど
体には悪くないにせよ…。

おぉ。

(笑い)

終了 終了 終了。


これは 木下シェフ
やっぱり 大事ですか?

常に…。

(遼河) 何だろう。

どういうことですか?
(西山) かしこまりました。

小林シェフも言うてたやん 散々!
(吉村) 同じこと言ってるよ。

さぁ そして 「指先 大ケガ」。

これ 智映さん
どういうことですか?

これは…。

包丁がなってたんですよね。

(遼河) うわ ホントだ!

これ なかなかやね あなた。

(吉村) 刃こぼれが 2回ぐらい
戦 行った武士ですよね これ。

2回ぐらい 行ってますよね。

神谷さん この包丁
いかがでしょう?

絶対 最初 笑いますよね。

こういうのはね…。

(西山) あぁ~。
(神谷さん) 力で。

やっぱり 魚でも 野菜でも
切り口が奇麗っていうのは

やっぱり 歯の当たり方も違うし
おいしいですよ。

そのまま 味に直結すると。

出てますよね。

料理する前に ホントに
2回か3回ぐらい

シャッシャッ シャッシャッて
毎日 やってあげれば

全然 違って来る。

劇的に変わるで
俺 もう楽しみやもん。

(西山) えっ 何がですか?
(佐藤) 後藤さんが?

ちょっと 今日… あんねん
こんな 何か カッカッカッ。

あれをやって…。

言うてるもん 俺 キッチンで。

<さらに 西山のような…>

<大ケガに つながる
危険性があるとのこと>

<以上で キッチンチェックが終了>

<今回のポイントは こちら>

<皆さんも
ぜひ 参考にしてください>

<続いては…>

(スタジオ:後藤) そうなんですか。

<と…>

<今回のテーマ食材は
これから…>

<しかし レパートリーとなると
煮物や 刺し身くらいと

お悩みの方もいるのでは?>

<さらに>

だって…。

変な骨 長細いやつ。
ありますよね。

ス~っと…。

<今夜は…>

(曽根) 田中さんの…。

(田中さん)ありがとうございます。
(曽根)細かい!

<果たして…>

30分 スピード料理対決
用意 スタート!

(3人) お願いします。
(いけや) お願いします。

放送席 実況は 私 河村 亮。

そして 解説は
おなじみ 家事えもんさんです。

家事えもんさん
どうぞ よろしくお願いします。

よろしくお願いいたします。

(河村) 今回 テーマ食材に
選ばれた イカで…。

(松橋) こちらの学校…。

(松橋) 調理師養成学校。

いわば
プロの料理人の虎の穴なんです。

(河村) なるほど。

(河村) 今回は 中でも 特に…。

(河村) …が 集結しました。

名付けて…。

(スタジオ:佐藤) 変なネーミング。

(河村) 今回の…。

(歓声と拍手)

(田中さん) そうですね。

(河村) と…。

(河村) 一方。

<かつて…>

(松橋) 大手居酒屋チェーンでは
いろんな種類のイカ料理を

作って来たと思うので
今回も期待できますね。

(河村) 今回は…。

(河村) 果たして…。

(河村) 主婦の皆さんに取った
アンケートによると…。

(河村) そんな…。

(いけや) もう イカ
行っちゃっていいか よし。

(河村) この…。


(河村) そして 青森3人娘も
同じく…。

(北山さん) やっぱ でも…。

(北山さん) あのね キッチンペーパー を
使って イカの皮をむくと

滑らないんだよね
これは いいと思うよ。

(河村) 青森3人娘の…。

(河村) 本日は お母さんも

応援に駆け付けてくれています。

(スタッフ) なるほど。



(河村) さぁ…。

(河村) こちら ウル得マン 今度は
お湯を沸かしている鍋に

大根をすりおろしています。

(松橋) これは…。

(河村) はぁ なるほど。


(河村) はぁ なるほど。

(松橋) これに 青森3人娘も…。

(松橋) …して行くようですよ。

(曽根) あれ? これ イカ…。

(曽根) さすが。

(松橋) あっ しかも
大葉入りの すり身と

ニンジン入りの すり身
2種類を作ってますね。

(河村) なるほど。

(河村) そして 青森の山菜
うるいをはじめ

野菜の仕込みを
しているのは…。


(河村) さぁ そして…。

(柳原) もう 生徒さん達からも
歓声が上がりました。

今 これは?

(松橋) 得ワザです。
(河村) はぁ なるほど。

さらに 北山シェフによりますと。

イカはね。

ふ~ん。

(河村) 対する 青森3人娘は…。

(田中さん) これは…。

(曽根) 唐草切り?
唐草切りって 初めて聞いた。

(松橋) 包丁を寝かせて…。

(松橋) これを…。

(河村) なるほど。

(松橋) 見てください。

(恵美子さん) はい。

(河村) そして…。

(曽根) あぁ 細かい!

田中さんの包丁さばき
すごい奇麗!

(田中さん)ありがとうございます。
(曽根)細かい!

(松橋) イカの繊維は このように
身の横方向に入っています。

よって それを断ち切るように
縦に切れば

食感が軟らかくなるんです。
(河村) はぁ なるほど。

(スタジオ:羽鳥) 奇麗。

(河村) 青森3人娘 早い。

開始11分で
1品目のイカソーメンが完成。

(松橋) このイカソーメンには
オリジナルの3つのタレが

添えられてますね。

しょう油だけでなく いろんな味で
楽しめそうですね。

(河村) しかも 地元の食材を
うまく取り入れて来ましたね。

現在 青森3人娘が
1対0で リード。

一方 ウル得マン 鍋に しょう油
みりんを入れて行きます。

これは いつもの あれですね。

(松橋) いつもの…。

(松橋) で作りますが 今回は…。

(松橋) …の割合で
タレを作っているようですね。

(河村) なるほど。

(河村) おっと ここで。

(柳原) ウル得ダレが
早くも活用されてます。

ウル得ダレ2。

(松橋) なるほど これは…。

(河村) あぁ 素晴らしい。

そして…。

(柳原) もう 盛り付けですか。
(いけや) もう 盛り付けです。

(河村)
さぁ そして 出ました!

(いけや)
いつもよりも ちょっと多めに。

(河村) そして ウル得マン
カルパッチョ用のドレッシング を

ポン酢と オリーブオイルを
1対1で混ぜ

簡単に仕上げました。

(河村) さらに。
(柳原) えっ これは?

(柳原) ユッケ!

(松橋) 焼き肉のタレと豆板醤に
ウル得ダレ2を加え

ごま油を混ぜるだけの
簡単ユッケですね。

(柳原) こちら おぉ~!

(河村) ウル得マンも 開始から
わずか13分で 2品 完成。

(松橋) 生のイカは しょう油で
食べるのが定番ですけども…。

(河村) さぁ 現在 2対1で
ウル得マンがリードです。

(河村) そして ここで…。

≪はい そうです≫

(河村) これは お見事。

そして 山本さん…。

(曽根) あっ 上に リンゴ。
(山本さん) はい。

イカと うるいのリンゴ酢味噌和え
できました。

(曽根) さすが 青森。
≪イエ~イ!≫

(河村) ここで 3人娘
2品目が完成です。

対する ウル得マンも…。

(松橋) 得ワザなんです。

程よく…。

(河村) はぁ なるほど。

サッと ゆでた時には
軟らかい。

そこから 硬くなります。

もっと煮込むと
もう1回 軟らかくなる。

けど たぶん 30分だと
そこまで行かないから

こういうことを
やってるんだと思う。

(松橋) ただ…。

(いけや) コンソメ さらに入れる。

(松橋) 小麦粉と 卵 水を
あらかじめ混ぜておくのが

バッター液です。

(河村) なるほど。

そして パン粉にも
コンソメを入れました。

(河村) お見事です。

(柳原) 早い! もう揚がってる。

(いけや) よいしょ。

(いけや) もうね これ…。

揚げたりするかっていうのは…。


なるほど。

(スタジオ:後藤)
「そうですね」やあらへん。

(河村)
さぁ 調理開始から15分で…。

(河村) 完成しました。

これで 3対2
ウル得マンがリード。

(河村) そして ボイルしたイカを
レタスに のせ…。

(河村) 完成です。

(河村) なるほど。

(河村) 田中さん…。

(田中さん)
イカちょこせんべいクランチ
できました。

(スタジオ:羽鳥) イカちょこせんべい。
(スタジオ:キムラ) デザート? 何?

(河村) ここで 4対3
青森3人娘 逆転。

素晴らしい
高校生のパワーであります。

<それでは…>

(河村) まずは…。

(河村) 貴重なパジャマ姿です。

(松橋) 素晴らしいですね。

どっから
持って来るんですか こういうの。

でも 水野さん
もう 抜群に かわいいですから。

こういう
何か 過去の。

(河村) 佐藤仁美さんの
高校時代です。

(松橋) 制服姿が
初々しいですね。

こんな時代もあったんですね。
(河村) ねぇ。

これ 昔は ホンマに
アイドルみたいな かわいさでね。

すごい…。

(河村)
キムラ緑子さんの高校時代です。

遠い昔 遠い昔 もう!
(河村) ネット情報によりますと

当時は 相当 モテたらしく

ナンパされた数を
友達と競っていたそうです。

(松橋) なるほど。

友達と 何か…。

(佐藤) すごい。

(河村) では ここで 青春時代は

オペラ歌手を目指していたという
北山シェフから…。

2択です。

番組をご覧の皆さんも
リモコンの…。

正解した方の中から抽選で
20名の方に こちら…。

プレゼントさせていただきます。

智映さんが太鼓判を
押している調味料が

この中にあると。
あります。

福井県の三国で

友達が海女さんをやっていて。

自分で採ったワカメを

塩分を抜かないで
そのまま干すんです。

なので すごく香りが高い。

白身魚を焼いて
振ってもらったりとか

普通に ご飯にかけても
おいしいです。

さぁ そして
神谷シェフ太鼓判の

調味料も
この中にございます。

(神谷さん) 粒マスタードなんですけど。

お魚の ちょっと締めたものの
上に のせたり

サラダにもいいですし。

私達が出合うことのない調味料。
そうですよ。

初めて聞いた。

それを 皆さん ぜひ
獲得していただきたいと思います。

<スタジオの予想は
ご覧のとおり>

え~ 鈴木君 A。

そうですね ちょっと Bだと
何か ちょっと

新鮮さとかって あんま
感じないような気がしたので

パッと見て おいしそうだなって
思うのが Aだったので。

吉村さん B。
(吉村) はい。

僕 北海道
イカ釣り 函館で した時

黒いイカのほうが 何か
勢いがあったんですよね。

何か 結構 こっちのほうが
おいしいのかなみたいな。

念のために CとDを
用意しておいた…?

(吉村) そうですね
何か来た時には

関係ない 「タコ」って
言おうと思ってたんです。

さぁ 視聴者の方 この後の
CMが終わるまで選べます。

それまでに 正解だと思うボタン
押していただきたいと思います。


(河村) 正解は
北山シェフ お願いします。

鮮度がいいものっていうのは

黒い色素が ちゃんとしている。

残念になっちゃったなというのは
もう 白っ茶けている。

形はね 細長いんじゃなくて
寸詰まり。

…で イカって
こうなってんじゃん。

足が
ビヨ~ンってあってさ。

(河村) ということで 正解は…。

(松橋) ちなみに これは…。

(河村) ほぉ~ なるほど。

(一同) へぇ~。

(河村) さぁ ウル得マン vs
イカした青森3人娘。

残り10分で 4対3の大接戦。



(曽根) あっ 面白い。

(木田さん) リンゴです。
(曽根) いや 面白いな。

(スタジオ:水野)
どんな味なんだろう?

(曽根) やっぱ 女子 細かいな
盛り付けも かわいい。

≪イエ~イ!≫

(曽根)
手際 めちゃくちゃ いいな。

(河村) 青森3人娘
イカプレーゼが完成です。

(松橋) 添えてあるのは
青森名産の なんばんみそですね。

(河村) さぁ 続いては?

(柳原) そんなことでは
びっくりしないでください。

(曽根) えぇ~。

(河村) そして
アイデアレシピの木田さんは

玉ねぎ ニンニクを
炒めたところに

白ワインとトマトピューレを
加えました。

さらに…。

(スタジオ:水野)
おいしそう イカシュウマイ。

(河村) う~ん なるほど。

シュウマイの皮を上からかけ

さらに…。

(河村) …をのせて行きます。

(松橋) これで…。

(河村) さぁ 一方 ウル得マンは
乱切りにした野菜を素揚げし

別のフライパンには ニンニク
ショウガ そして 豆板醤。

そして 素揚げした野菜を取り出し
お皿に盛り付け

そこに 揚げたイカ さらに

チーズをのせて 電子レンジへ。

そして
調味料の入ったフライパンに

水 ケチャップを加え
さらに 再び 火にかけます。

あっ。

(柳原) それに…。

(河村)
さらに シメジ ネギを加え

水溶き片栗粉で とろみをつけて。

(河村) …が完成です。

(松橋) これは…。

(河村) 一方 青森3人娘は。

(曽根) うわ!

(河村) そして 山本さん。

(河村) 怒濤のラッシュです。

(曽根) あっ もう ぜいたく。

うわ すごい奇麗な。

≪イエ~イ!≫

(河村) さらに 山本さん
オリーブオイルにニンニクと

先ほどのニンジン入りの
イカのすり身を加えて行きます。

(山本さん) オーブン 開けます。

(河村) さらに ここで…。

(スタジオ:羽鳥)
どんどん できて来た。

(木田さん) イカシュウマイ できました。
≪イエ~イ!≫

(河村) 派生の強みを生かした
3人娘 7品。

ウル得マン 4品
3人娘 大幅リードです。

差を詰められるか ウル得マン。

(河村) …するようです。

(河村)
まずは ご飯をボウルに取り

刻んだ大葉 顆粒ダシ
白ゴマを加え

さらに
ウル得ダレ2を入れて行きます。

そして…。

(いけや) 詰める。

(河村)
そして オーブントースターへ。

(柳原)
あっ イカメシをオーブンで。

(松橋) …だし 楽チンですね。
(河村) そうですねぇ。

(河村) 一方 青森3人娘は。

(曽根) えっ?

(河村) 3人娘は…。

(曽根) 「いい感じ」。

(曽根) 「いつも通り」で。

(曽根) これ 何?

(木田さん) はい。

味に。
へぇ~。

(北山さん) ここに入れたんだね。

(河村) さぁ ウル得マンは

ゲソに イカの肝 そして

塩とレモン汁を加えました。

(河村) なるほど 塩辛風。

(河村) さらに
先ほど漬けておいた松前漬けも

完成したようです。

(松橋) 短時間でも
しっかりと漬かってますね。

(河村) そして…。

(木田さん) ありがとう。
(曽根) えっ!

(曽根) イカメシって…。

(曽根) 出来上がるの…
レンジで イカメシ 面白い!

あっ イカメシのソース。
(木田さん) はい そうですね。

(曽根) お店に出せる。

≪イエ~イ!≫

(スタジオ:キムラ) センスもいいんですね
これ すてき おしゃれ。

(河村) そして
オーブンで焼いていた

ウル得マンのイカメシも。

(河村) 見事 完成です。

(河村) そして ここで
3人娘の山本さん

イカのゲソを鍋に投入し

さらに そこへ パスタです。

≪はい≫

(山本さん) はい。

(曽根) おぉ~。

(河村) そして 山本さん
ゆで上がったパスタを

いちご煮の中へ。

(曽根) 梨央ちゃんのおじいちゃん
おばあちゃん どうですか?

すごい 手際いいですよ。

(曽根) 早っ!

(スタジオ:後藤)
あれ うまいやろうな。

(河村) 青森3人娘
いちご煮を派生させた

スープパスタが完成です。

(スタジオ:キムラ) 奇麗 すごい。

(河村) さぁ 一方 ウル得マン。

イカをひと口大にカットし

赤ワイン そして

ウル得ダレ2を加えて
焼き上げて行きます。

(スタジオ:キムラ) 赤ワイン。

(柳原) さぁ 残り3分です
残り3分!

よし!
(スタジオ:後藤) おぉ 光った。

(いけや) よし できた いいよ!

(柳原) おいしそう!

(河村) イカの一夜干しみたいな
見た目ですね。

(松橋) はい ウル得マンは…。

(河村) はぁ~ なるほど。

さらに
イカをゆでていた ゆで汁に

トマトの水煮を加えました。

一方 青森3人娘の
リーダー 田中さん。

青森名産のゴボウを
千切りにして

イカのすり身に
まとわせて行きます。

料理です。
(曽根) へぇ~。

あっ。

…って よく使うんだけど。

ありだと思うよ。

(曽根)
あっ もう揚がった 蓑揚げ。

(河村) 青森3人娘 蓑揚げも完成。

(スタジオ:水野)
知らない料理が いっぱい。

(河村) 一方 ウル得マンは。

(河村) そこに 塩 レモン汁を
加えたソースでいただくのは。

(河村) さぁ 残り2分
ここで 先ほどのアヒージョに

火が通ったようです。

≪おぉ~!≫

(曽根) えっ アヒージョって
フランスパンじゃない?

(山本さん)
はい そうですね それを

南部せんべいで代用して
アレンジしました。

(曽根) えぇ~。

(河村) そして ウル得マン
オーブンで焼き上げた

イカのチーズ焼きが完成です。

(柳原) 残り1分 切りました。

(柳原) まだ ここから
1品 行きますか。

(柳原) 残り1分 切りました。

(スタジオ:後藤)
おぉ~ ここに来て。

(柳原) まだ ここから
1品 行きますか。

(曽根) 間に合う?

(スタジオ:羽鳥)
熱さに弱いんだよ。

(曽根) 頑張れ 頑張れ。

(柳原) 10・9・8・7…。

(一同) 6・5・4

3・2・1。

(ゴング)
(柳原) 終了 お疲れさまでした。

うわ~ 両チーム 戦いきりました。
≪頑張った≫

(柳原) お疲れさまでした。

(曽根) なしで大丈夫?
(木田さん) はい。

もう できてるのに。

(河村) イカのワタ炒めは…。

(河村) 果たして…。

(河村) …と その前に
料理の味をチェック。

(いけや) これ ゴボウかな?

(柳原) う~ん!
う~ん!

(いけや) このイカが やっぱ…。

(いけや) うん うまい。
(曽根) いちご煮 おばあちゃん

飲んでみてくださいよ
お孫さんが。

(曽根) ダシは?

(笑い)

(河村) 続いて…。

(河村) いよいよ…。

(河村) 30分で
より多くのスピード料理を

完成させたのは
どちらなんでしょうか。

まず…。

(スタジオ:後藤)
おぉ~ すごいね。

(スタジオ:後藤) 行ってるね~。

(スタジオ:後藤) 11品 行った?

(スタジオ:キムラ) すごい。
(スタジオ:後藤) たった30分。

(スタジオ:キムラ) もう
こんなことできるんや。

(河村) ウル得マンが作ったのは
こちらの11品。

(スタジオ:佐藤) 1人で?

(河村) 果たして…。

(スタジオ:キムラ)
何か かわいらしいね。

(スタジオ:水野)
盛り付けも かわいい。

(柳原) ということで…。

(拍手)

(スタジオ:佐藤) ウル得マン すごい。
(スタジオ:吉村) 1人でですから。

(河村) 青森3人娘は…。

(河村) しかし
両者 見事 11品を作り上げ

今回の対決は
引き分けという結果になりました。

(柳原) あらためて。
(田中さん) そうですね。

(木田さん) 何か これを機に…。

これから…。

ねっ。

ありがとうございました。

<ここからは…>

<どちらも…>

<まずは>

毎回 世界一です。

すごい自信だ。
間違いない?

間違いないです。
なるほど 楽しみ。

<果たして…>

<…が作る
世界一のふりかけとは?>

ボウルに サトウキビの砂糖です。

サトウキビの砂糖 入れて
少し 甘み。

これ おしょう油です… 日本人の
朝ごはんっていうイメージで。

(小林さん) 絶対ダメじゃ
ないんですけど そうすると…。

<小林シェフお薦めの砂糖は

スーパーで手に入る
甘みが やさしいタイプ>

(吉村) いろいろ聞くから
キレちゃったじゃん もう。

「うるせぇから 金 出すわ」
みたいな。

それ 何ですか?
(小林さん)トスカーナ産のオリーブオイルです。

しょう油と同じぐらいの量ですね。

(佐藤) ふりかけなのに?

(小林さん) しょう油の量よりも
少なくて 弱くなってしまうと

和 強くなってしまって
どうしても イタリアとして

自己主張しようと思うと
オリーブオイルを 少し

かぶせて行くんです。

気になりますね
どこ行ったの?

まぁまぁまぁ そうですね。

サルデーニャ。
サルデーニャ?

イタリア あぁ…。

何ですか? その「スルー」って。

何だ そのシステム!
何やねん 「スルー」って。

(キムラ) 何の札?
(佐藤) 何だ これ。

(吉村) 知らないシステム
発動するの やめてください。

何やの それ。
皆さんの質問が多過ぎる。

あるいは 答えるに値しない質問が
多いという要望を

スタッフの人に出して
このシステム 今回から導入です。

何なの? それ。

(吉村) そうですよね。

TVショーですよ?
(笑い)

(佐藤) のりが出てますよ のり。
(小林さん) これ のりですね。

のりを もう
こう 適当に バリバリバリっと。

はい …と かつお節。

これ かつお節。
(水野)のりと かつお節 和ですね。

別に 家にある かつお節で
大丈夫ですね?

(小林さん) 花がつおですね。

サルデーニャの すごく
澄んだ空っていうんですかね。

全然 しなかったです。
(佐藤) 普通に答えてくれた。

(吉村) うまく行かねえな。

(小林さん) ここに じゃこを
入れます これ ちりめんじゃこ。

じゃこですね 蒸してあるタイプが
あったりするんですけど

蒸してあるタイプだと
身が壊れやすくなって

全体に 散らかってしまうので
ちょっと乾いたタイプですね。

<そして
 この後 世界一おいしい
ふりかけに重要な

ある食材を投入>

<…と ここで 問題>

<その食材とは
次のうち どれでしょう?>

番組をご覧の皆さんも
参加できます。

リモコンの…。

正解した方の中から抽選で
20名の方に

スターシェフ軍団太鼓判
5000円相当の

調味料セットをプレゼント
させていただきたいと思います。

小林シェフのお薦め
何でしょうか?

(小林さん) トスカーナ産のオリーブオイルで
どういった食材にも

トータルバランスよく
使うことができ

生で使ってもいいですし
加熱しても おいしくなります。

小林シェフは 普段
どういうものに使ってるんですか。

(小林さん) 例えば
千切りキャベツに 炒った原塩と

このトスカーナ産の
オリーブオイルをかけると

もう 格段に 千切りキャベツの
サラダが おいしくなるっていう。

(一同) へぇ~。
さぁ そして

加藤シェフにも 調味料
選んでいただきました。

(加藤さん) イギリスの
お塩なんですけれども

結晶になってるんですよ。

焼き魚に
これを振って焼いたりとか

カプレーゼって 皆さん
ご存じですかね? 最高です。

(一同) へぇ~。

<スタジオの解答は?>

吉村 A。

やっぱり もう トマトですよ
絶対に。

小林シェフは
トマトしか使えへんの?

(吉村) もう トマトの方です。
(笑い)

違いますよね? トマトの方と。

まぁ 違わなくはないでしょうね。
(笑い)

違わなくはないんだ。
佐藤さん B。

カリカリ新食感って
書いてあるので

カリカリ梅で
いいんじゃないっていう。

さぁ Cの チーズ味の
スナック菓子を選んだのが

鈴木君。
はい 何でですか?

なぜ?
なぜ Cですか?

そうですね まぁ 普段から
スナック菓子 よく食べるんで。

(笑い)

偉い!
(吉村) 偉いねぇ。

さぁ そして Dが水野さん。
Dだと思いますけどね。

やっぱり シェフは
イタリアンのシェフなので

クルミが一番イタリアンっぽいな
と思いました。

ほぉ~ なるほど 分かりました。

さぁ 視聴者の方 この後の
CMが終わるまで選べます。

それまでに 正解だと思うボタン
押していただきたいと思います。


何ですか?
(吉村) 絶対 そうだよ。

あっ クルミ。

水野さん 正解。
よし!

視聴者の皆さん クイズに
1問でも正解した場合は

dボタンを押すと
キーワードが出てまいります。

プレゼントのご応募
よろしくお願いいたします。

では 小林シェフ
調理のほう お願いします。

はい 手で…
包丁で切るというより…。

手で潰す理由は 何ですか?
(小林さん) 手で 潰して…。

なるほど。

(小林さん)
ここに チーズは そのまま

入れます。

ふりかけ?
えぇ~!

(小林さん) 入れた後
また ちょっと混ぜます。

<そこに 砂糖 しょう油
オリーブオイルのタレをかけ>

結構なもん 入りますよね。

お茶わん1杯で
バランスが取れて

熱量だったり
タンパク質だったりとか

カルシウムだったりとか
1膳で完結しようかなと。

(キムラ) これ 面白い。

(小林さん)
仕上げにオリーブオイル。

(キムラ) オリーブオイルだもん
すごい これ。

これに のせます。

(小林さん)
これ このままの状態で…。

(笑い)

(キムラ) 出た!

スルー。
(小林さん) 出来上がりです。

うわ~ できた~ 早い。

(キムラ) これ いい。

超おいしいですね
すごい合いますね。

クルミの食感も
めっちゃ いいですね。

お茶漬けにしたって
もう最高に おいしい。

≪オリーブオイルと
すごいフィットしてますよね≫

お前。

何 言ってるか分かんねえけど…。

<これは…>

<…から 総料理長を任された
一番弟子>

<青山の人気店
セントベーネのシェフ

加藤政行シェフの新提案>

(加藤さん) まず 納豆。

ここに 付属のタレ。
あっ もう これも入れちゃう。

(加藤さん) 入れちゃいます
全部 入れちゃいます。

カラシも入れる。
(加藤さん) 入れちゃいますね。

すごい しっかり混ぜます。

混ぜるっていうことで…。

(加藤さん)
…っていうのに気が付いて。

それでは…。

もう正解の食材が出る?
行きま~す。

<果たして 意外な…>


<エビちゃんが
得ワザで お肉を焼いたら>

<納豆に
炒めて入れるものとは?>

(加藤さん) ジャン。
(水野) あぁ~ トマト!

納豆に 炒めたトマトを
入れるだけで

リゾット風納豆ご飯。

(加藤さん)
くし形に切っちゃいます。

フライパンに オリーブオイル
少量でいいです。

熱いところに入れてしまうと…。

(加藤さん)
そしたら あとは お塩。

軽く してあげます。

このお塩は
塩味を付けるというよりも…。

さぁ そしたら…。

…から 中火弱で
ゆっくり炒めて行きます。

こんな感じですね
炒まって来た感じ。

もう これで いいんですね。

(加藤さん) さぁ そしたら
これを このまま。

(一同) えぇ~!

これが いいんです
ちょっと見ててください。

(加藤さん) よく混ぜる。

<トマトと納豆を
よく絡ませたら

それを ご飯の上へ>

<さらに…>

<…で 味を調えたら>

(加藤さん) これで完成です。
できた!

できた?

<果たして そのお味は?>

納豆とトマト
やっぱ ものすごい合いますね。

いい感じでマッチングみたいな。
ふ~ん。

さっぱりとして 甘みがあって
すごく おいしいですよ。

ありがとうございます。

(吉村) 何か 夏の朝って感じです
夏の朝 プールサイドで

納豆 食べるなら これ。
食べるか?


関連記事