爆報!THE フライデー【芸能人の田舎暮らしSP】 ピーター、尾形大作、森末慎二、柳生博、我が家…


『爆報!THE フライデー【芸能人の田舎暮らしSP】』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/08(金) 
爆報!THE フライデー【芸能人の田舎暮らしSP】[字]
▽柳生博VS危険生物
  柳生博が埼玉県で大量発生した危険生物を調査!
▽捕獲作戦を開始、柳生との直接対決の行方は!?
詳細情報
番組内容
【芸能人の田舎暮らしSP】
▽元祖アイドル演歌歌手・尾形大作は今…
 九州・福岡に移住し、命がけの???になっていた!
▽オリンピック 元金メダリストMは今…
 話題の島・宮古島で田舎暮らし!900坪の豪邸で???生活を送っていた!?
番組内容2
【本日のスペシャルゲスト】
▽突然の休養宣言で話題となったピーター
これまで所有していた高輪や熱海の自宅を売り払い、新たにある場所に自宅を購入!
今夜そのリフォーム御殿の全貌をテレビ初公開!
【柳生博VS危険生物】
▽柳生博が埼玉県・川口市で大量発生したある危険生物を調査
▽その生物は2012年、兵庫県で起きたネコ連続変死事件の犯人だった
▽捕獲作戦を開始、柳生との直接対決の行方は!?
出演者
<M C> 爆笑問題  <スペシャルゲストMC>田原俊彦
<レギュラー出演者> アンガールズ オリエンタルラジオ 友近
<アシスタント> 山本里菜(TBSアナウンサー)
<出演者>テリー伊藤 フットボールアワー ピーター 尾形大作 森末慎二 柳生博 我が家
公式ページ
▼番組HP
http://www.tbs.co.jp/bakuhou/
制作
TBSテレビ
Capture20180608-202950.jpg 


『爆報!THE フライデー【芸能人の田舎暮らしSP】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

爆報!THE フライデー【芸能人の田舎暮らしSP】
  1. アライグマ
  2. 柳生
  3. 宮古島
  4. 尾形
  5. ネコ
  6. 森末
  7. 杉山
  8. 死骸
  9. 早速
  10. ピーター



『爆報!THE フライデー【芸能人の田舎暮らしSP】』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


<今夜>

(アナウンサー)昨日
兵庫県高砂市の民家の庭で

後ろ足のない
ネコの死骸が見つかりました

<わずか2カ月足らずで見つかった
ネコの無残な死骸は>

<なんと>

<その犯人は驚くべき相手だった>

<それは…>

<なんとアライグマ>

<のアライグマだが>

<実は…>

<ペットや人までも襲う
危険生物>

<さらに>

<なんと住宅街にまで姿を現し>

<アライグマ>

<現在 その生息区域は
日本全国に広がり>

<その数なんと>

<そして今
埼玉県川口市周辺に大量発生>

<家を荒らす>

<まずは…>

<なっていた>

<めったにテレビに
出ない彼が>

<尾形大作といえば…>

<中国を舞台にした>

<演歌としては
異例の若さで>

<日本レコード大賞や
有線大賞といった>

<そうそうたる賞レースを
総ナメにした>

<さらに甘いマスクと
爽やかなキャラクターから>

<トシちゃんらアイドルに交ざって>

<オールスター大運動会に出演するなど>

<数多くのバラエティでも活躍>

<老若男女に愛される 今でいう>

<バブル崩壊前夜の1990年>

<尾形は突然>

<そんな>

<ある命がけの
活動をしているとの噂が>

<早速 尾形から指定のあった
漁港にやってくると…>

<歌の練習をする
明らかに不自然な男性が>

<それでは…>

皆さん こんにちは
尾形大作です

<どことなく
地方議員っぽい雰囲気に>

<今から25年前に
地元 福岡に帰郷したという尾形>


<そんな>

<両親と自分のために
家を2軒も建てた尾形>

<帰郷してすぐに結婚した妻と
社会人の娘とともに>

<3人で暮らしているという>

<かなり豪華な建物だが
この豪邸 一体いくらなのか?>

どうぞ どうぞ

<早速
中に入ってみると…>

入ってすぐリビングで
こんなもんですけどね

<こちらの
広々とした>

<奥には中二階があり>

<6畳の和室が>

<そこには…>

<実は尾形 30年前に
中国 無錫市の名誉市民に>

<なんと現地では 尾形大作人形が>

<お土産として売られているほどの
人気があるという>

<そして 2階には
6畳の寝室が3部屋>

<3階は…>

<発声練習に使っているという
この部屋は>

<壁一面が完全防音>

<のこの豪邸
一体いくらなのか?>

高かったです

5000万円ぐらい
したと思います

<なんと建築費だけで
5000万円>

<しかも キャッシュで
一括購入したという>

<これは>

<一体 尾形は ここ>

<その秘密は
ガレージにあるという>

僕のね
一番楽しい部屋ですよ

そうなんですよ

<実は>

こんにちは 尾形大作です

<になっていた>

<もともと
バイクが大好きだった尾形は>

<福岡に帰郷したのを機に
本格的に競技の世界へ>

<現在は全日本選手権や
国際大会にも出場するなど>

<プロ顔負けの腕前だという>

ホントに55なんで 65 75 85…

<そして 尾形が
田舎暮らしの醍醐味と語るのが>

<広大な自然の中での
ツーリング>

同級生です
同級生 いました


<漁師をしている同級生のお店で>

<その日 とれた
日本海の新鮮な海鮮を味わう>

<この日は 朝に揚がったばかりの
マダイを丸々1尾 蒸し焼きに>

ホントにね

<そして尾形は今 地元 福岡と
中国の無錫市を中心に>

<歌手としても活躍中>

<そんな彼には
東京で同時期に活躍していた先輩>

<トシちゃんとの
忘れられない思い出が>

<それは 尾形がトシちゃんと>

休み時間だったんでしょうね

早く本番こないかなみたいな

<しかし
そんな尾形にも1つだけ>

<あったという>

目が開いてるんですけど

音はしないんですけど

(後藤)ちゃんと謝れよ

すいませんでした

(後藤)ハゲとるやないか!

(田中)さあ ゲストを
ご紹介しましょう ピーターさんです

ピーターさんといえば

ただ なんと 今回

という情報が

<このあと>

こんなとこ あるんだ!

<さらに 沖縄 宮古島で暮らす>

<あのオリンピック金メダリストの
豪邸を大公開>

<先月 突然の休養宣言をし
話題になったピーター>

♬~夜と朝のあいだに

<今年でデビュー50年目>

<65歳になった彼は>

<豪邸マニアとして有名>

<だが これまで
所有していた熱海の一軒家や>

<高輪のマンションを売り払い>

<今夜 その>

<その場所は?>

<福岡県糸島市>

<という好立地>

<で知られる糸島は>

<リゾート地のような景観が魅力的と>

<近年 移住する人が増加>

<そんな玄界灘の景色に
惚れ込んだピーターが>

<あらたに購入した自宅がこちら>

<さらに ベランダに出ると…>

<エメラルドグリーンの海が一望でき>


<最高の絶景が堪能できる>

<ピーターはこの景色に惚れ込み>

<こちらのマンションを購入し>

<畳張りの部屋は…>

<フローリングにしてリビングに>

<さらに 地味なキッチンは…>

<明るい色使いで
スタイリッシュな空間に>

<そして
殺風景だった寝室は…>

(ピーター)そして寝室です
こんな感じの寝室でございます

<壁に欄間を取り付けるなど
落ち着いた雰囲気に>

<そして この物件を買った
一番の理由は お風呂>

<を送るピーター>

<このイケメン男子たちと>

一応 オーディションしてね
イケメンズという

せっかくだから
今度 爆報メンバーもね

<さらに 宮古島に眠る
謎のパワースポットや>

<マル秘グルメが続々登場>

<宮古島といえば…>

<日本一美しいとも称される海が
広がる>

<今 大人気の離島>

<3年前 伊良部島と宮古島をつなぐ
伊良部大橋が開通し>

<さらに人気は急上昇>

<観光客はここ5年で なんと2倍>

<島の至る所では
10軒以上のホテルが建築され>

<1年前には
離島初のドン・キホーテもできた>

<そんな今人気の島に
田舎暮らししている金メダリストMとは>

<早速 Mの家がある場所へ>

めちゃくちゃ
すごいですよ ここ

<こちらがMが住む
宮古島の豪邸>

<その>

<なんと>

<このあと>

うわっ すげえ!

<さらに>

<今夜>

<宮古島にある この豪邸に住む
芸能人は一体誰なのか?>

<友人の宿泊用の1階スペースには>

<どデカイMの写真>

<そう 彼は>

<さらに 現在61歳ながら
いまだにムキムキ>

<皆さん もうおわかりですよね>

<そう ここは>

<森末といえば>

(アナウンサー)フィニッシュです
フィニッシュはどうでしょうか

(アナウンサー)1回 2回 3回!

<を獲得した体操界のレジェンド>

<元オリンピック選手として>

<持ち前の明るさで
人気番組に多数出演し>

<大活躍>

<そんな森末が なぜ宮古島で
田舎暮らしをしているのか>

っていうのがあって

<実は 小学校からの夢が
離島暮らし>

<結婚34年目の奥さんや>

<独り立ちした
子どもの理解のもと>

<で生活している>

<そんな森末が>

(スタッフ)これですか?
そうですね

<屋上から見えるこの絶景>

<この景色に一目惚れし>

<宮古島での田舎暮らしを
決意したという>

<ちなみに この>

が買えるぐらいだと
思いますけどね

いきますよ

<土地 建物を合わせ なんと>

<さすが世界の森末>

<そんな>

<誰からも文句を
言われない>

<そして暇があれば>

<畑の脇にあった
茂みを抜けると…>

<そこには
誰もいない美しいビーチが>

<そう 宮古島には…>

<このような
無人のビーチがたくさんあり>

<このビーチは
森末が見つけたと言い張る>

<その名も>

<自分で見つけた秘密のビーチで>

<シュノーケリングをするのが
森末の楽しみ>

<こんなにきれいな海も…>

<モリスエビーチなので独り占め>

<そのあとは>

<そして夕方は
宮古島の友達を集めてバーベキュー>

<こちらは 宮古島産の
とれたて車海老の塩焼き>

<そして>

<そして>

<宮古島といえば>

<そのため
島全体にパワーが宿るといわれ>

<不思議なパワースポットが無数にある>

<ちなみに宮古島好きの友近>

通り池っていう所があって


ダメダメダメ…

とか言う人がいるんです

<そして 今回>

<今>

<あったのは>

<奇妙な形の石が無数に並び>

<その数 なんと>

<なんと この石は>

<話によると>

<を受け>

<木の棒などで1トンを超える石を
地中から掘り続けたという>

<そして およそ30年の時を経て>

<たった一人で
この空間を作り上げた>

<そんな神秘のパワーをもらおうと>

<今 全国から
観光客が多く集まっている>

<続いては…>

<森末がやってきたのは
地元で大人気の食堂>

(森末)こんにちは~

<すると手に取ったのは…>

<そう 宮古島では>

<南国の宮古島では もともと
スパイス好きな島民が多く>

<塩こしょう感覚で
何でもカレー粉をかける>

<こちらの方は>

<なんと>

<ちなみに 地元>

<カレーの>

<森末がとっておきの夜の景色を
見せてくれた>

1回 どんな感じか

<以上 森末慎二 自由気ままな
宮古島田舎暮らしでした>

(太田)すごいきれいだ
海はきれいだし

たぶん

いや いいですね

あ~ あ~

<今夜>

昨日 兵庫県高砂市の民家の庭で

後ろ足のない
ネコの死骸が見つかりました

<として浮かび上がったのは>

<なんと誰もが
予想していなかった>

<その裏には
日本全国にまん延しつつある>

<深刻な社会問題が>

<いつの間にか>

<人間やペットをも襲う
凶悪動物>

<そして 今>

<この>

<今夜>

<「爆報」おなじみ>

あっ いた!
あそこに止まってんだよな

<昨年 都内の公園で発生した>

<千葉県の房総半島で増え続ける
外来種>

<我が家とともに
動物に関わる様々な>

<そして今宵も 柳生博が>

<いつものように 柳生から
緊急招集がかかった我が家>

<そう 実は>

何してんすか?
ちょ ちょっと もう!

わあっ!

<何度も 出会いで
我が家を驚かせてきた>

<しかし>

必要以上に?
当たり前だろ

(杉山)反対側かな?
(坪倉)普通に

(杉山)マジで 一番奥まで
行かされんじゃないの?

わっ!
わあっ!

わっ!
わあっ!

ビックリした
ああ ビックリした

そんなところに隠れてたんすか?

全然わかんなかった

<いつもの脅かしも決まり>

<まずは 柳生の森恒例の
野良仕事から>

覚えてますよ

<そう 実は 今は亡き
柳生の長男 真吾さんが>

<巣箱用にと残していた
丸太の中に>

<美しい森にしか
すまないという>

<貴重なニホンミツバチが>

<2年前から すみ着くようになり>

<今では 複数の>

<そして 今回は
ニホンミツバチの巣箱から>

(杉山)おお~っ!
(坪倉)すげえ!

(坪倉)わっ 立派!

ポンポンってやって

(谷田部)あっ あった
(杉山)あった あった!

(谷田部)あった!
(坪倉)じいちゃん!

<これが>

なめていいんすか?

(谷田部)うまい!

<採れたての蜂蜜の特徴は
何といっても>

<サラサラで
粘り気が少なく優しい味>

<早速 パンにつけて
食べてみると…>

うわ 贅沢

うんめ~! やべえ

うまっ!

<こうして>

<だったが…>

すごい楽しかった

<柳生が言うアイツとは
一体 何者なのか?>

<実は柳生 6年前に
関西で起こった奇妙な事件が>


<今も 忘れられないという>

<それが>

<たった2カ月で
10匹以上のネコが>

<無残な死骸で発見された
この事件>

<犯人として浮かび上がったのが>

<柳生が言う アイツだった>

<事件現場となったのは
兵庫県加古川市>

<第一発見者は
地元住民の大西さん>

<いつものように 自宅で
庭の手入れをしていた さなか>

うん?

うわっ わああっ…

<そこにあったのは
ネコの死骸>

<その死骸は 無残にも>

<頭部が鋭利な刃物で
切られたような痕があったという>

<さらに その1週間後>

きゃあ~!

<なんと 再び 変死したネコを
ほかの住民が発見>

<今度は ネコの>

<さらに>

<今度は 駐車場近くの空き地で>

<ネコの死骸が発見された>

<周辺で>

<事件性を推測した加古川警察は>

<愉快犯による ネコ連続変死事件
として捜査を始める>

<しかし これといった>

<地元住民の不安は
日に日に増すばかり>

<実は>

<この事件の数年前に
女子児童が殺害された事件や>

<7人が死亡した
大量殺人事件などが起きており…>

<おぞましい凶悪事件の再来かと
市民は 殺気立っていた>

<一体>

わっ!

<その後も…>

あっ!

<事件はおさまらず…>

<わずか2カ月足らずで>

<半径およそ4kmで
見つかった死骸の数>

<なんと 11匹>

<加古川警察は 捜査員を増員し>

<専従捜査班を結成>

<さらに 小中学生には
集団登下校させるなど>

<厳戒態勢を敷いた>

<事件から およそ1年
急展開を見せ>

<ついに 犯人が判明する>

<その犯人は…>

<なんと アライグマ>

<実は かなり凶暴>

<報道によると
ネコの死体を解剖した獣医が>

<一連の事件の犯人は
アライグマだと断定された>

アライグマって でも

<実は アライグマ
昨今 日本中を騒がせている>

<ヒアリやカミツキガメと
同レベルの危険生物>

<環境省が指定する
北アメリカ原産の特定外来生物で>

<輸入や飼育は 原則禁止>

<現在 アライグマが
捕獲された場合には>

<駆除する決まりになっている>

アライグマを確保

<愛くるしいイメージとは真逆で>

<凶暴で気性は荒く 雑食で>

<とにかく何でも食べるのが
アライグマ>

<農作物の被害額は 年間およそ
3億8000万円にも及んだ>

<さらに ネコだけにとどまらず>

<北海道では
アオサギ100羽が>

<一夜にして
アライグマの>

<餌食になった
という話や>

<散歩中の人に噛みつくなど>

<たびたび>

<もともと 日本にいなかった
アライグマは>

<1960年代に 愛知県の動物園から>

<逃げ出したことが
きっかけで 野生化>

<現在の野生のアライグマの
生息域を調べてみると>

<2009年に環境省が出した資料で>

<既に ほぼ日本全域で
生息していることが明らかに>

<日本にいるアライグマの生息数は
なんと およそ100万匹>

<繁殖力が強く 天敵もいないため>

<今もなお
爆発的に増え続けている>

<そんな状況の中>

<自然と
すべての生き物を愛する柳生は>

<あることを危惧していた>

になる

<そこで…>

そうです

いや ずるい!
ずるくないっすか?

まあね

<そんな柳生には どうしても
見ておきたい街があった>

<それは
東京・足立区のすぐ隣>


<埼玉県川口市>

<実は 川口市周辺では
ある問題が>

<それは>

<実は 柳生の懸念どおり>

<都心に近い場所でも
近年 次々と>

<アライグマ被害が
報告されている>

<中でも埼玉は 被害が
急増しているエリアで>

<昨年の捕獲数は 5000匹を超える>

<これは 2014年に
埼玉県内で撮影された映像>

<そこには なんと
親子7匹のアライグマの姿が>

<早速 埼玉県川口市へと
やってきた一行>

<首都圏で働く人々の
ベッドタウンとして>

<多くの住宅が立ち並ぶ>

(杉山)そうなんすよね
住宅街なんすよ

<柳生のもとに寄せられた
情報によると>

<なんと この川口市に>

<向かったのは
齊藤さん宅>

<古くからある
立派な日本家屋だが>

<敷地の奥にある
離れの屋根裏に>

<アライグマがすみ着いている
形跡があるという>

<すると早速 あるものを見つける>

(谷田部)ああ ホントだ
(杉山)不自然だもん

<そう アライグマがねぐらにする
場所の多くが 民家の屋根裏>

<そして 柳生が
決定的な痕跡を見つける>

(杉山)ああ そうっすね 完璧!

<なんと 家の中に
アライグマの足跡が>

<アライグマの手は
ほかの動物とは違い>

<そのため こういった柱でも
器用に掴むことができ>

<身軽に 様々な場所へと移動する>

<屋根裏を
のぞいてみると>

<そこには
大量のフンが散乱していた>

<アライグマは 空き家だけでなく>

<人が住んでいる家であっても
関係なく すみ着き>

<フンや毛で マダニやノミを
部屋じゅうにまき散らす>

<さらに 尿によって悪臭が漂い>

<壁には その染みまでも>

<とても人が暮らせる状態では
なくなるという>

<すると 柳生のもとに
さらなる情報が>

<同じく川口市内にある
大塚さん宅では>

<ある生物が
アライグマに狙われているという>

あっ すごい!
これは すごそう

<それは メダカ>

<ご主人が趣味で購入し
繁殖していたメダカ数百匹が>

<つい2日前に アライグマに
食べられてしまったという>

(坪倉)ホントだ

<この家の>

<だが 一体>

<その理由について 柳生は
ある驚きの推理をしていた>

あくまでも推測なんだけども

<柳生の>

<一体>

あくまでも 推測なんだけども

<あの大ヒットアニメが理由で>

<アライグマが増えたと推理する柳生>

<アライグマの生態に詳しい>

<埼玉県農林総合研究センターの
古谷さんに話を伺うと…>

これはもう

<なんと理由は
あの大ヒットアニメによる>

<アライグマのペットブーム>

<柳生の推理は当たっていた>

<実際に
ブームだった頃の影像がある>

<まるで 犬を飼うように>

<首輪をつけ 散歩をする姿>

<しかし その一方で
こんな問題が起きていた>

<そう 最もやっかいなのが
その凶暴性>

<時には 人間に噛みつく被害が
報告されるほど>

<獰猛な一面が>

向こうから
ダーッと来て いきなり?

<このような被害が
全国各地で起こるようになり>

<無責任な飼い主が
アライグマを捨て始めたため>

<一気に 野生化
したという>

<このままアライグマを
野放しにしておけば>

<家やペットだけではなく
住民にまで危険が及ぶ可能性も>

<そこで>

<街に出るアライグマを捕獲することで>

<その生態や凶暴さを
間近でチェックするという>

<専門家の協力のもと>

<屋根裏被害で悩んでいる
齊藤さん宅の>

<設置>

<奥にメインのエサを入れ
その手前には>

<おびき寄せるための
撒き餌を置いた>

<奥のエサを引っ張ると>

<入り口の扉が閉まるという
シンプルな仕掛け>

<同様に
メダカの被害に遭っていた>

<大塚さん宅にも罠を設置した>

<果たしてアライグマを捕獲できるのか>

<前回のロケから3日後>

<向かった 柳生と我が家>

<まずは 屋根裏被害に
悩んでいる>

<つまり アライグマが
捕獲されている可能性がある>

<果たして…>

あっ!

えっ?

<そこで 早速>

<すると そこに>

<残念ながら
写っていたのはカラスだけ>

<続いて メダカが
被害に遭っている大塚さん宅へ>

あっ!
えっ?

<そこには>

<メダカ被害に遭っている
大塚さん宅に仕掛けた罠にも>

あっ!
えっ?

<そこには>

<カメラの前に
大きなアライグマの姿が>

<何とかして>

<次の瞬間…>

<なんと 強引に
檻を壊しにかかる暴挙に>

<もし このとき
住人と鉢合わせしていたら>

<空腹のアライグマに
襲われていたかもしれない>

<だが これで明らかになったのは>

<アライグマが 夜になると>

<この家に
何度も来ているということ>

<あとは>

<すると翌日 近くで>

<早速>

あっ

(杉山)えっ 何?

(坪倉)お花見じゃないんですから
座り込んで…

(谷田部)またケガしますよ

(杉山)そうですよね

(アライグマが うなる)

すごい…

<そして さらに その翌日>

<メダカ被害に遭っていた
大塚さんの家でも>

<アライグマを捕獲したという>

<現場に向かうと そこには
凶暴なアライグマの姿が>

(繁田)大人です

大丈夫ですか?

(うなる)

<今回の調査で 改めて
アライグマの凶暴性を痛感した柳生>

<だが 自然と動物を>

<こよなく愛する柳生は…>

(柳生)人間が 好き勝手なことを
やって こうなったわけだから

<目指すべきは あくまで>

<そのために 柳生は
ある秘策を考案した>

<それは>

<以前 柳生は ニホンジカの被害を
木酢液で防いだ際に>

<野生動物が
刺激臭を嫌うことを経験>

<だが 木酢液は
臭いが強烈のため>

<住宅街で使うには
不向き>

<そこで…>

<ハッカ油に含まれる メントールや
カルボンなどのスパイス系の臭いは>

<一時的ではあるが アライグマを防ぐ
効果が期待できるという>

<実際に アライグマに>

<すると…>

<明らかに嫌がる様子が>

<これなら
効果は出るかもしれない>

こういうとこへ
シュッシュッシュッシュッて やってごらん

<そして 全員で>

<アライグマ被害に遭った家の
至る所に ハッカ油を散布>

<柳生流の対策を行った>

<自然と動物を
こよなく愛する男の挑戦は>

<これからも続いていく>

実はね

えっ?

開けて 事務所じゅうの物を
全部ひっくり返して

とんでもないですよ

結局 かわいそうだもんね

そうなのよ
それも かわいそうだから

<次週 俳優 三浦洋一の息子>

<出生の秘密>

<末期がんの母が
息子に懺悔>

<息子のもとに
俳優 平田満が>


関連記事