中居正広の金曜日のスマイルたちへ 病院清掃のプロが教える掃除!松本忠男 …松本伊代のリフォーム御殿で検証!


『中居正広の金曜日のスマイルたちへ 病院清掃のプロが教える掃除!芸能人宅チェック』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/08(金) 
中居正広の金曜日のスマイルたちへ[字] 病院清掃のプロが教える掃除!芸能人宅チェック
梅雨入り宣言…芸能人宅にもカビ&菌が…話題の大ヒット本…病院清掃30年のプロが伝授…健康お掃除術…松本伊代のリフォーム御殿で検証!
詳細情報
☆出演者
【MC】
中居正広
【パネラー】
大竹しのぶ
假屋崎省吾
室井佑月
ほか
安住紳一郎(TBSアナウンサー)
☆番組内容
梅雨入り宣言…芸能人宅にもカビ&菌が…話題の大ヒット本…病院清掃30年のプロが伝授…健康お掃除術…松本伊代のリフォーム御殿で検証!
☆構成
都築浩 
鈴木おさむ 
樋口卓治
☆ディレクター
【チーフディレクター】
竹永典弘
☆AP
長内信博
大山小百合
久松理恵
松原元美
☆プロデューサー
【プロデューサー】
帯純也
【担当プロデューサー】
谷澤美和
壁谷政彦
☆公式ページ
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/kinsma/
☆制作
TBSテレビ
Capture20180608-215646.jpg 


『中居正広の金曜日のスマイルたちへ 病院清掃のプロが教える掃除!芸能人宅チェック』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

中居正広の金曜日のスマイルたちへ 病院清掃のプロが教える掃除!松本忠男
  1. ホコリ
  2. 掃除
  3. 病院
  4. 汚れ
  5. 伊藤
  6. 岡江
  7. 掃除機
  8. 松本先生
  9. 間違
  10. ベック



『中居正広の金曜日のスマイルたちへ 病院清掃のプロが教える掃除!芸能人宅チェック』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


オンナの噂!

さあ 今日は
どんな噂なんでしょうか?

はい

掃除?

ちょっと嘘のような
話なんですけども

<今回 番組の行った検証実験で>

<ある芸能人の
家から>

<その現場は…>

よろしくお願いします
(伊代)よろしくお願いします

TBSアナウンサーの伊藤でございます
どうも はじめまして

<昨年 夫・ヒロミがリフォームを
したばかりの松本伊代夫妻の豪邸>

えーっ!? 怖~い

<検出されたのは>

<と思われる細菌>

<一体>

梅雨入りしたとみられると
発表しました

<そう 日本列島は続々と梅雨入り>

<家の中では 病原菌が
至る所で繁殖しているのだ>

(伊代)あーっ! ヤダー!

わあ 見たくない

<そんな中 今>

<そのタイトルは>

<著者は 最もシビアな清潔さが
求められる病院で>

<30年間 清掃のプロとして
活躍している>

<松本さんは
全国から患者が集まる大人気病院>

<千葉県 亀田総合病院をはじめ>

<医師とともに>

<清掃のプロ中のプロなのだ>

<そんな男が警鐘を鳴らすのは>

<ちまたの掃除法は 間違いだらけ>

<病院清掃のプロから見れば>

<病原菌をまき散らす
危険なものばかりという>

(一同)えーっ!?

<今夜 掃除の常識が変わる>

岡江久美子さんをお迎えしてます
よろしくお願いします

岡江さん 掃除 いかがですか?
炊事 洗濯って

3つあるでしょ 一番最後ですね
掃除は 好きじゃないです

お掃除は どうしても滞る
何か 苦手ですね

ご紹介していただきましょう

「健康になりたければ
家の掃除を変えなさい」の著者

松本忠男先生に お越しいただいて
います お入りください どうぞ

そういう病気と お掃除の仕方って
すごく密接に影響してるんです


松本先生なんですけど

非常に 衛生状態がうるさい所で
ああ そうだね

病院なんて 特にですね
培ってきたノウハウがあると

で 家庭で カビが
発生しやすい場所なんですが

(ベック)やっぱ お風呂なんだ
まあ 水回りですよね

<続々と梅雨入りし始めた
日本列島>

<この時期 最も気をつけなければ
ならないのは 水回り>

<では 家庭では どうなのか?>

<リフォームしたばかりの ヒロミ・松本伊代
夫妻の豪邸に行ってみると>

<驚きの結果が…>

TBSアナウンサーの伊藤でございます
どうも はじめまして

松本と申します
松本です よろしくお願いします

<4匹のカワイイ愛犬達も
お出迎え>

ということで お邪魔します
よろしくお願いします

うるさい ハナ!

リビングな感じ?

<半年前
夫のヒロミが こだわりぬいて>

<自ら リフォームをした
こちらのお宅>

<だが 20畳もあるリビングでは>

(伊藤)何のアレルギーですか?

(伊藤)あれ!?

そうですね

<そして
いよいよ>

<一見 掃除が行き届いた
キレイなキッチンに見えるが>

<病原菌は潜んでいるのか?>

ああ…

<松本先生によると
ホコリなどに含まれるウイルスが>

<知らない間に体に入り>

<体調を悪化させることが
あるんだとか>

<だが 本当に>

<コンロ下の棚のホコリを採取>

<1000分の1ミリまで
見られる>

あーっ…

そういうやつですね

食中毒の原因菌
えーっ!?

怖ーい…

<リフォームしたてのキッチンの
ホコリから検出されたのは>

<松本先生によると>

<の可能性があるという>

<恐ろしい細菌だ>

<たった1グラムのホコリに
10万もの菌>

<そして 7万個のカビが潜んでいる
というデータもある>


(伊代)えっ ヤダヤダ

<病原菌の巣窟となっている
ホコリ>

<松本先生が担当する
病院では>

<病院は まさに
ホコリとの戦いなのだ>

<では 家では どのように掃除を
していけばいいのだろうか?>

<実は ちまたにあふれている
家の掃除法は>

<病院清掃のプロから見ると
間違いだらけ>

<掃除法だった>

<そこで 今回は
松本伊代の他に>

これ 誰? スタッフ 誰?

ダメですよ これ 誰?

<潔癖症の>

<そして 奥様の倉実さん>

<さらに 11カ月の娘のために>

<今まで以上に 掃除に励む>

<声優 金田朋子と
俳優の森渉夫妻>

<果たして>

<まずは どこの家庭でも
やってしまっている>

<皆さんも>

で まあ こういう感じで…

(伊代)ターボにしようかな
こういう…

こういう感じで…

(伊代)…感じで

(伊藤)じゃ かなりこう…

<ホコリを見つけた所から
掃除機をかけるという伊代さん>

そうですね まず 床から
普通にかけますね

で そのあと こういうふちとかも
やったりします 小さいやつで

<だが 先生は 渋い顔>

カーペットは こういう感じですね

こういう感じ

<特に間違ったようには見えない
伊代さんの掃除機のかけ方だが>

<この中に 間違いが>

<続いて
金田さんの掃除機のかけ方は>

このゴミで 出場して…

こうやって
あっ ゴミだ ゴミだ…

<金田さんも ホコリを探しては
吸うという方式>

強く! 逃げさせないように

(伊藤)逃げさせない

(金田)何で!

<最後は 花田虎上の妻・倉実さん>

<まずは>

ここら辺です
ここ

<部屋の隅から 徐々に
中央に向かって かけてゆく>

(伊藤)力強く やっぱり…

こういう感じで…

端から… という奥様ですね

そうです 周りを来て…


(伊藤)だから
めいっぱいのばしておくと…

あっ 一度 戻る?
はい

<コードが届かなくなったら
グルっと回って反対側を掃除>

<3人の掃除機のかけ方>

<病院清掃30年のプロ
松本先生の評価は…>

えっ!?

実は これ 超最悪なんですよ

<何と 3つも間違いを
おかしていたという>

<花田虎上の妻
倉実さんは>

<まず 3人が共通して
間違っていたのは>

え~っ…

<大間違いの掃除法>

<速く 強く 掃除機をかける>

<これの どこがいけないのか?>

ああ…
ああ…

えーっ…
ああ…

<では 掃除機を速くかけると>

<どんな状態になっているのか?>

(倉実)すごい舞ってる!
(花田)ホコリが回ってる

<さらに 細かい粒子を認識できる
カメラで>

<撮影してみても…>

<掃除機のヘッドが
気流を引き起こし>

<ホコリが舞っているのが
確認できた>

(伊藤)ってことは ちょうど…
このぐらいですよね

<では 掃除機は>

<何と ここまで ゆっくり
理想的な速度は>

<この速度
こそが>

<家庭でも この速度が
ホコリをおさえられる>

<しかし ゆっくりだと
本当にホコリがたたないのか?>

<気流は起こらず
ホコリは舞わなかった>

<特に カーペットや
ソファーなどの>

<続いて
2つ目の間違った掃除法は>

<それは 部屋の隅からかける
このやり方>

<そして そのホコリは>

<部屋の隅の 壁の辺りに
たまっていくという>

そうすると

<壁際にあるホコリを
取ったとしても>

<その後 部屋の中央を
掃除すると>

<また 壁際に
ホコリが たまってしまうのだ>

<ちなみに>

<最もホコリが
拡散しない>

<この待合室では>

<ホコリをかき出す>

<ホコリが舞わないように
決して焦らない>

<続いて 通路>

<そして 最後に
受付側の壁際へ>

<ここに>

<モップがけ完了だ>

<家庭では
そこまで細かく決めなくても>

<中央を掃除したあとに>

<壁際を行えばOKだ>

<最後のNGポイントは>

<掃除の常識を覆すものだった>

<掃除のとき
窓を開けて換気することが>

<最悪という理由とは?>

え~っ そうなんですか?

<松本先生は 病院でも>

<掃除のときは
窓を開けないように指導>

<こちらも
ホコリが見えるライトで検証>

<窓を閉めて
掃除をしたときのホコリは>

<この程度>

<そして 窓を開けて>

<掃除機をかけてみたところ>

<ホコリが
部屋の至る所に拡散した>

<天井にファンがある場合は>

<掃除のときは
止めた方がよい>

<換気をするなら ホコリが落ち着いた
掃除の15分後ぐらいに>

<窓を開けるのがベスト>

<そして 特に>

<そのホコリを吸ってしまい
引き起こされる喘息を>

<ゴキブリ喘息という>

可能性 ありますよね
それ じゃあ

<目に見えない>

<子供達とご飯を食べる この空間>

<タイルの床は
毎日 水拭きをしていて>

<お菓子ぐらいであれば>

<落としても
食べてしまうこともあるというが>

じゃあ ライトつけていきます

うわあーっ!
えーっ!?

<目に見えない恐ろしい
ホコリは>

(伊藤)お願いします


(花田)うわーっ!
(倉実)えーっ!?

ホコリが すごいんですけど
(花田)すーごーい!

衝撃的…

<水拭きをしても取れていなかった
この見えないホコリ>

<まずは 花田家>

<ふだんの拭き掃除のやり方は>

すごい力でやる
ゴシゴシ ゴシゴシ

<汚れが取れるまで 力強く
ゴシゴシ拭く>

<続いて 伊代さんも
ぬれ雑巾を 右 左と動かし>

<ホコリを取っていた>

(伊代)よし! って感じで

<最後に金田さん>

(金田)ぬらして 絞って…

ピッ ピッてやって…

何か こうやって… こんな感じ

<水で絞った雑巾で>

<テーブルを全体的に拭いた>

<3人とも>

<病院清掃のプロの判定は…>

また? 最悪…

<またも
最悪のらく印を押されてしまった>

<実際 金田さんが 拭き終わった
テーブルを照らしてみると…>

(森)じゃ よけい よくないっすね
そう だから

<水拭きをして
キレイにしたつもりでも>

<病原菌となるホコリは
残っていた>

<では どうやったら ホコリを
残さずに拭くことができるのか?>

<病院でも実践している 驚きの>

毎日 水拭きしている床に
そうですよね

あんだけの…
たまってるってことは もう…

俺なんか ホコリの家に
住んでるみたいなもんだよね

毎日やっても
ああやって残るんですか?

お掃除の仕方によるんですよね

汚れが残ってると その上にまた
増えていくじゃないですか

結構 取れてなくて 残ってる
ものが たくさんあるということ

あのライト…
ちょっと見てみたい

(ベック)チェックしてみたい 今のおうち
ヤバくないですか? 見たら

スタジオで見てみますか?
(ベック)見れるんだ?

実は ここにある

テーブル ちょっと…
ここ 見てみようか

これはもう ホントに汚かったら
ホントの

この状態 キレイに見える
いや 全然キレイでしょ

この辺 ちょっと見てみましょうか

(IMALU)あーっ…
(ベック)わっ すごーい

(IMALU)うおーっ きたー
(ベック)うわ いっぱいある~

フーッてやったら どうなるんだろ?
いい? フーッて…

フーッ!
(岡江)あっ 飛んだ!

舞ってるよ~

こんなにあるの?
この辺 落ちてきてるかも

何で 本番前に…
誰も拭いてないのか?

(岡江)いや 拭いたでしょ
拭いてたよ

だって ここで ひとり農業の
ときとか よく食事とか…

するんですよ!
食べてた

でも 食事のテーブル
キレイに拭いたつもりでも

絶対…
残ってる可能性がある

(岡江)どうしたらいいんですか?
水拭きは絶対ダメなんですね?

水拭きよりも

水を中途半端に使うと
引っ張っちゃうんですよね

では
机の上のホコリを拭くやり方を

見ていきたいと思います
教えてもらいましょうよ

雑巾 ダストがありますんで
それで ちょっと

机の上のホコリを
どういうふうに取るかを…

室井さん しっかり 力入れて
グーッと…

(室井)はい

岡江さん 何か 拭き方…
(岡江)さっき ほら

バーッてやってたら ダメだったから
ゆっくりめで やってみました

(室井)そういうことなんだよね
これ でも 取れてんのかなあ?

IMALUさんは…
私は いつも こうやって拭いて…

見えてないけど 集めてる
(IMALU)集めて… で 何か…

サッてやって 掃除機かけるか
床下に落として あと 掃除機

IMALUさんの落とすっていうのは

多分 落ちる前に
飛んでると思います

(ベック)あ~ 飛ぶんだ

岡江さん さっきおっしゃってた
ゆっくり動かすっていうのは

これは正解なんですよ
舞い上がりは少ないですね

ただ 皆さん共通しているのが

ゴシゴシ こうやって

往復拭きをしてるっていう
ことなんですよね


この拭き方が非常によくない

<病院でも実践している
拭き掃除法>

<それでは 正解はこちら>

ゴシゴシ拭くと
どんななるのかっていうのを

ちょっと見ていてください
この粉が一応

汚れとかホコリに見立てています

こうなっていくわけですね

まず 先頭のところが

置いてけぼりになっちゃうって
ことですね

行って来いをすると
先頭のところについたものが

ここに残されて その状態で

戻っちゃうってことを繰り返す

もう一つは ここが
ちょっとすれてますけれど

これは繊維の向きが
行って来いで変わるので

これも引きずっちゃうんですよね
順目・逆目みたいのあんのかな?

そこで 正しい拭き方だと
どれぐらい取れるのかを

やってみたいと思います
こういう形で拭いていきます

(ベック)あっ すごい
全然残ってない

きれい!

すごい

(ベック)全然違う

先頭を
変えないっていうことですね

先頭を変えない?
そうですね

こっち進行方向で ここが先頭です

この状態で こう行きます
そうすると

今度こっちに行くときには
これがクルッと

そこでチンチロリンっていうことね

ここでまた向きが変わるわけです

必ずここが進む方向を
向いていなければいけない

先頭集団は変わらないんだね?
変わらないってことです

(岡江)はいはいはい
チンチロリンって こう回ってね

Uターン Uターンしていかなきゃ
ダメなんですよね

一番最後はどうなるんですか?
ここに置いた…

一番最後は

つまんでいく?

そこだけちょっと あれですよね
これまでの完璧な理論が

破綻してますよね
それは先生 落ちますでしょう

でも そうでもないんですよ
そうでもない?

ほら 取れるじゃないですか
つまんだら

<病院では
病原菌ともなるホコリと>

<日々 戦っている>

<家庭では 拭き掃除以外にも>

<クイックルワイパーのような
専用の道具を使うが>

<松本先生が指導する病院では>

<一風変わった
ホコリ取りアイテムを活用>

<100円ショップで買える道具に>

<少し手を加えるだけで>

<がっちりホコリをキャッチできるという>

<その道具とは…>

<窓ガラスなどの
水を切るためのものだが…>

<果たして これだけで>

<ホコリ取り効果はあるのか?>

ひい~ 汚~い

<松本先生が指導する病院では>

<一風変わった
ホコリ取りアイテムを活用>

(伊藤)どうでしょうか?

(伊藤)おっと みるみるうちに…

(倉実)ええ ホコリがきれいに
(花田)うん ない

(花田)うわ~ そこ
先生がやってるとこだけない

すごいついてる
(伊藤)ホントですね

ひい~ 汚~い

<これに棒をつければ>

<ふだん 手の届かないホコリも
取れるという>

(伊藤)さあ そして

出てきたホコリを
見てみましょうかということで

<ごっそりとホコリが出現>

<病原を含む可能性のあるホコリを>

<取り除くことこそが>

<体の不調を防ぐために
大切だという>

掃除方法 まだまだ
気になるところが

あったようです
ご覧ください

<病院の掃除で
ホコリが舞わないよう>

<最も気をつけている場所
といえば>

<患者さんの寝ている病室>

<家庭に置き換えると それは寝室>

<睡眠をとるときなど
毎日6時間以上も>

<無防備な状態で
そこにとどまることになる>

<だからこそ
寝室の掃除は大事だが>

<多くの人が間違った掃除の仕方を
してしまっている>

お掃除は ちなみに
どういう形でやってますか?

あいてるところから
あいてるところから?

<あいているところから
掃除をするということで>

<ベッドの間を行ったり来たり>


こういう子供部屋 ベッドがある部屋
っていうところでは

どうですか?
はい ちょっと違うんですよね

掃除機を使うと ホコリは前方

前に飛散するんですよね
はい

そうすると どういう現象が
起こるかっていうと

ベッドに向かって
掃除機を動かしちゃうと

ベッドの方に向かって

ホコリが舞っちゃうって
ことなんですよ

(花田)ああ~

<松本さんが指導する病院では>

<必ず ベッドに向かって>

<モップはかけないようにしている>

<だが 家庭でベッドの隙間が
狭い場合は>

<どうしたらいいかというと…>

逆に

こっちからスタートで

こうするってことなんですね
そうですね

<一方 金田家の寝室には>

<大きな問題があった>

この部屋に入ってきたときに
そう思ったことがあるんですよ

<何の変哲もないこの寝室>

<皆さんは
どこが健康によくないか>

<分かりますか?>

えっ!? 位置?
位置?

(森)えっ どういうことですか?

あれ? ちょっと待って…
あれ!?

朋ちゃん 枕…

(森)朋ちゃん… ヤバい
(金田)そっか

えーっ
うーわー

えっ 待って待って待って

<これからの季節
冷房をつけた場合>

<冷たい空気は重いため>

<気流の関係で 壁に跳ね返り>

<ちょうどエアコンの下に>

<ホコリやカビが
たまりやすいという>

<実際 どのように
ホコリは舞っているのか>

<微粒子を捉えることのできる
カメラで>

<撮影してみた>

<スイッチを入れると…>

<エアコンから下に向かった気流で>

<ホコリが流れ始めた>

<そして 壁に当たって
跳ね返ったホコリが>

<まとまって画面右の方向へ>

<このようにして エアコン下には>

<ホコリがたまっていくという>

<では エアコンのフィルターに
付着したホコリには>

<どんな病原菌が
含まれているのか>

≪持ち込んでいただいたホコリを

水を入れて
3日間 培養したものですね

<顕微鏡でのぞいてみたところ>

(スタッフ)これ 何ですか?
≪これは ホコリの中にいたカビですね

≪この褐色に見えるところ
こういった…

のびてるところですね
のびてるように見える部分はカビ

<ホコリの中には カビが存在した>

(スタッフ)どれぐらいの
大きさですか?

これは えーっと
20ミクロンですね

1000分の20ミリです
ですので

肉眼で見ては
見えない大きさですね

こういった小さい点であったり

少し細長く見えるところ

こういった部分は 細菌ですね

湿度が高い状態が続くと

すぐに細菌は増殖をします

大量に吸い込むのは
避けた方がいいと思います

<特にこれからは
湿度が高くなる季節>

<ホコリを放置すると>

<カビなどが増殖する可能性が>

<梅雨時 除湿などで
エアコンを使用し始める前に>

<ぜひフィルターを
掃除してほしいという>

<だが>

<フィルターを外し
掃除機を力強くかけて>

<ホコリを取る>

<これのどこが問題なのだろうか>

<汚れたフィルターを取り外すだけで>

<実は ホコリが舞ってしまうという>

<念のため>

<フィルターを外さずに
掃除機をゆっくり動かして>

<ホコリを取るのがベスト>

<ある程度汚れを落としたら>

<ようやくフィルターを外す>

それはなぜですか?

<新聞紙を敷き 改めて表面から>

<掃除機をゆっくりとかけ>

<その後 裏面も>

<仕上げに
使用済みの歯ブラシなどで水洗い>

(金田)うわー すごーい

<完全に乾燥させてから
取り付けましょう>

<患者の命を守る松本先生が>

<病院で気をつけているのは>

<ノロウイルスをはじめとする>

<集団感染の防止>

<患者の命を守る>

<ノロウイルスをはじめとする>

<集団感染の防止>

<ペットの犬が
吐いてしまったときのシミ>

<どう処理していいか
分からないという>

<異物や汚れを光らせる>

<特殊なライトを当ててみると>

<絨毯のあちこちに
粗相のあとが発見できた>

<ペットや子供達の粗相は>

<安易に考えて
見過ごしがちなことも>

<だが 松本先生は
きちんと処理をしないと>

<ノロウイルスなど 家庭内感染の
危険性も高まるという>

こういう

<当て布の上からスチームアイロンで>

<85度以上の蒸気を1分間かける>

<こうすることで 消毒ができる>

<消毒が済んだところで>

<次は 汚れを落とす>

<500ミリリットルの水に>

<100円ショップでも売っている重曹を>

<5グラム入れる>

<この液体は 汚れを分解するが>

<絨毯の色は落とさない効果が>

えっ?

<先ほどのライトを当ててみると>

(伊代)ああ 全然分からないですね

<花田家の意外なところに>

<病原菌の繁殖地が>

<汚れを浮かび上がらせるライトで
見えたのは…>

(倉実)うわっ

<水あかは 放っておくと>

<カビの繁殖地帯に>

<もしもシャワーヘッドに
カビがいたとしたら>

<体を洗うはずが 全身に>

<カビの胞子を浴びることに>

<病院の水回りでは
絶対に残さないように>

<注意しているという>

<では ついてしまった場合>

<どうやって落とすのか>

<こちらは 百均で
売っているというクエン酸>

<とろみがつく程度に
水で溶かして>

<シャワーヘッドに塗りつける>

<しばらく時間を置くために>

<湿布のようにキッチンタオルをのせ>

(伊藤)薬剤といいますか…

<本当に汚れは落ちるのか?>

(伊藤)だいぶ汚れは
落ちているはずだと

<クエン酸は
白く固まっているが>

<周りの汚れが だいぶ
なくなってきたように見える>

(倉実)きれい
取れてますよね

<クエン酸につけて
こすっただけで>

<頑固な水あかを ここまで
きれいに落とすことができた>

<そして 病院で感染対策に>

<最も気を使っている場所が…>

<一見きれいに見える家庭のトイレ>

<異物に反応するライトを
当ててみると>

<この白い斑点
尿やウイルスが>

<無数に飛散している
可能性が>

<床にも壁にも
散らばっていた>

<そこで 松本先生が
病院で指導している>

<家族を守るトイレ掃除を大公開>

岡江さん
嘘っ

ちょっといつもの感じで
ヤダー えー

お願いします
えー

<朝の情報番組の司会を>

<17年半も務めた岡江久美子>

手袋ってやるもんですか?
手 荒れちゃうじゃないですか

ついたら嫌じゃないですか
面倒くさい

(岡江)シュッシュしとくんですね
ピュッピュッ ピュッピュッかけて

そのやってる間に
こういうところで

またちょっとシュッシュして
こういうとことか

手ね こういうとこ
ざっくりですよ

こうやって拭いたりしてます
こうやってね

それで これはプクプク言ってる間に

あと この下も 手前
こういうのを拭いて

便器とかもこうやって拭いて
あと 後ろもちょっと見てみて

そのあとに便座とか
こういうところを いっぱい拭いて

最後はまた上を拭いて

ふたの根元っていっつも
ここ 結構ね

たまってるね 何か
そうそう こういうところとか

ふたの根元ね
(岡江)やります 中はこういう…

ブラシでシュッシュして

シャコシャコシャコって

松本さん いかがですか?
細かいところで一生懸命

やられてはいるんですけれど

感染上とか健康被害を考えると

残念なんですけど 間違ってる
間違ってる

間違ってるんですか?
何が間違ってる?

<では
松本先生が指導する病院では>

<どのように
トイレ掃除をしているのか>

まず 手袋をするんですけどね

先ほど岡江さん使われてた
こういう手袋で

もちろん構わないんですけれど

指を特に使う作業はないので

こういうビニール袋を代用すると

そのまま簡単に捨てられますし

すごく楽です

一番やっぱりホコリの
多い場所っていうのは

壁であるとか 床であるとか

そこをきちんと取り切る
(岡江)壁?

壁 相当やっぱり
壁 上にやっぱり

ホコリは舞ってますので
ペタペタ ペタペタくっついていくんですよ

<トイレの中には換気扇があり>

<画面下に見えるのは 廊下の床>

<奥に見えるのが トイレの扉>

<白く映るホコリの粒子が>

<どんどん扉の隙間へと
吸い込まれていた>

<確かにトイレは>

<ホコリがたまりやすい環境に
あるのだ>

<まずは
トイレの壁や床についたホコリを>

<取っていきましょう>

トイレ掃除やろうっつったら

まず壁からやるっていうね
壁から

下から上に向けちゃうと…
あっ 舞っちゃうんだ

また舞っちゃうし
また下に必ず落ちますので

高いところから低いところに
向けてやっていきます

一方向で
チンチロリン

(岡江)チンチロリンが

一方向ですね

これをこうやっちゃうと

もう わーってなりますんで
チンチロリン方式だ

特にこういう隅のところに
汚れは必ずたまりますので

こういうところをきちんと
拭いていくってことですね

ただ これが乾いた雑巾で
やっているっていうことですね

濡れてると 汚れを引きずって
引っ張っちゃう

次は 便器の汚れを取っていきます

<続いては
便器の汚れを取りましょう>

基本的には これも
上から下に向けていきます

うちもこれ うちもこれ
除菌用のウエットシートがありますので

肉眼で見て 汚れている
ところだけで大丈夫です

こういうタンクなんかは
家庭の場合 そんなに

汚れるところではありませんので
そこは別に

汚れを取る必要はない

これは汚れを落としますので

ゴシゴシ拭いちゃって構わないですね

汚れが取れたら これはこのまま
捨てて流せますので

あれ? トイレットペーパーしか
流しちゃいけないって

流せるものを使われた方が
便利ですね

水を流すときって

ふたをされて流します?
この状態で流します?

ふたしない
開けたまんまで

これ 水を流すと

かなり飛散するんですよ 水自体

<そこで こんな実験をしてみた>

<水に濡れると色が変わるシートを>

<便座の上に置き>

<トイレの水を流してみた>

<すると…>

<便座の位置まで 水が
飛び跳ねていることが分かった>

<松本先生によると
便座にウイルスがついていると>

<水よりも軽いので>

<およそ2メートルも
舞い上がってしまうという>

基本的には ふたをした状態で

(室井)ええっ そういうこと!?
(ベック)何か書いてた

この中をお掃除しなきゃ
いけないですよね

噴霧をして 少し時間を
置かれるっておっしゃってたのは

それは正解です
大体 噴霧をしてから

5分ぐらい置くと 自然に
その汚れを分解してくれますので

そのあとで こする方が楽です

うちのトイレが すげえ敏感なのか
分かんないんだけど

シュッシュッシュ シュッシュッシュってやったら

ウィーンウィーン… すぐ流しちゃうの

おめえが… ちょっとね浸したいの

ゆーっくり ゆーっくり

この便器にバレないように

シュッシュッシュ シュッシュッシュ
これでもう大丈夫…

ガガーッて

どうすればいい?
電源抜けばいい

ああ 電源抜けばいい

さっき岡江さん
ブラシを使われてましたけどね

病院なんかでは こういうものを
使うんですよ

何ですか? それ
スポンジ

6等分してんだ これ

スポンジをサイコロ状に切って

使い捨てで使っていきます

じゃないと 病院の場合
特にトイレの数が

ものすごく多いので

都度 ブラシを洗ったり
消毒することは不可能ですから

こういうのでこすって
これはもう ひっくり返せば

これでゴミになります
(室井)スッキリしました

最後 やっぱり除菌は
しなきゃいけない

<最後は
仕上げに除菌をしましょう>

さっき岡江さんが 同じ手袋で

この中をやったり

ここを拭かれたりとか
してましたけれど

変えないとダメですね じゃないと

手袋自体が汚い状態で
キレイなところを触るのはダメなので

この段階で もう一回
新しいビニール袋を

手袋代わりにやっていきます

ドアノブですね これも一方向です

次は 手すり

トイレットペーパーのホルダー

水を流すレバー
そこ拭くの?

またやっぱり
基本は上から下

タンク

それからこういう

ふた

便座の裏と この部分って
すごく汚れるところなんですね

ですから ここちょっと
最後に置いといて

この下の部分を先に拭いて

最後に…
(ベック)一番汚いところを

一番最後にやった方がいいのか

拭いて そのまま捨てて

(IMALU)一番最後なんだ そこ
ふたをして

流します で 完了です
(ベック)その順番なんだ

ふーん
なかなか こういった

病院のやり方を
そのまま まねするっていうのは

難しいと思いますけど ちょっと
自分のやり方 ヒントが…

(岡江)うん そうそう
こまめにやります

皆さん 実践していただきたいと
思います

本日は
どうもありがとうございました


関連記事