世界一受けたい授業 イタリアで9週連続1位の大ベストセラー「アイラブ東京」に学ぶ! 大谷亮平、岡副麻希…


『世界一受けたい授業 イタリアで9週連続1位の大ベストセラー「アイラブ東京」に学ぶ!』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/09(土)
世界一受けたい授業[字]
イタリアで9週連続1位の大ベストセラー「アイラブ東京」に学ぶ!先生が驚いた日本のおもてなし▽食中毒要注意の弁当おかずランキング▽伊集院静先生が悩む若者に緊急授業
詳細情報
出演者
【校長先生】堺正章
【教頭先生】上田晋也(くりぃむしちゅー)
【学級委員長】有田哲平(くりぃむしちゅー)
ほか生徒役ゲスト
伊集院光、大谷亮平、岡副麻希、ギャル曽根、佐藤栞里、長嶋一茂
番組内容
イタリアで9週連続1位の大ベストセラー「アイラブ東京」に学ぶ!イタリア人が驚いた日本のおもてなし…魔法の様な食べ物と絶賛のコンビニで売っているモノとは?コインロッカーに感動…驚きの理由▽実験で判明…食中毒要注意の弁当おかずランキング!食中毒になりにくい体に変える食べ物とは?▽直木賞作家・伊集院静先生が将来・仕事・人間関係に悩む人達に緊急授業…元妻・夏目雅子との死別から学んだ生きてく上で最も大切な事
監督・演出
【企画】福士睦
【総合演出】髙橋利之
【プロデューサー】廣瀬由紀子
【チーフプロデューサー】横田崇
Capture20180609-220413.jpg 


『世界一受けたい授業 イタリアで9週連続1位の大ベストセラー「アイラブ東京」に学ぶ!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

世界一受けたい授業 イタリアで9週連続1位の大ベストセラー「アイラブ東京」に学ぶ!
  1. 先生
  2. 笑い
  3. 日本
  4. 有田君
  5. お願い
  6. 正解
  7. 一体
  8. 伊集院先生
  9. 食中毒
  10. 有田


 

『世界一受けたい授業 イタリアで9週連続1位の大ベストセラー「アイラブ東京」に学ぶ!』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


<お弁当 この中で…>

<その…>

<…と その前に>

(上田) 今日は 直木賞作家でも
いらっしゃる

伊集院 静先生の授業が
ございますんで ただ…。

こんな…。

…が 僕のとこに
来る時があるんです。

どんな勘違い?

ってことは…。

先生のほうにも…。

行ってるわけないでしょ。

(伊集院 光) 大丈夫ですか?
(堺) では まいりましょう。

<今 イタリアで…>

<それが…>

<この本を書いたのは

ラジオDJ
テレビ司会者として…>

<大の日本好きの
彼女が書いた本には

私達が見逃しがちな
日本の魅力が ふんだんに>

<例えば…>

<私達には当たり前の…>

<…に感動>

<さらに…>

<…を見て>

<イタリアでは盗難に遭うため

こんな陳列は
考えられないといいます>

<今回 日本語版
『アイラブ東京』出版を記念して

ラ・ピーナ先生が…>

(拍手)

(ラ・ピーナ)
よろしくお願いします。

よろしくお願いいたします。

先生…。

例えば?

(有田) すいません
ありがとうございます。

(笑い)

有田君 先生に…。

日本の…。

(有田) これは すごく伝統的な…
ぜひ 覚えて帰っていただいて。

あれですよね。

そうそう そうそう…。

(笑い)

こういうやつなんですけども。

確か…。

ン~ ン~ ン~ ン~!

あぁ あぁ…。
早い。

ありがとうございます。
マスターが早いわ。

<日本 大好き…>

<先生が
旦那さんと向かったのは>

オ~!

何? ここ!

<値段も安く

リアルな人形などが
手に入るとあって…>

身軽に動くための…。

(ギャル曽根) これって珍しいんだ。
イタリアには ほとんど ないのよ。

<海外では
鍵を壊して荷物を盗まれる…>

さぁ それでは ここで…。

第5位には
街中で よく目にする

ある食べ物がランクインしました。

ラ・ピーナ先生いわく
まるで 魔法のようだという

その食べ物とは
一体 何でしょうか?

(曽根) 魔法のような食べ物?
(岡副) 魔法?

ギャル曽根君。


かき氷ね。

おぉ なるほど
回転寿司ね。

有田君。

なるほどね カップラーメンね。
魔法のように できちゃう。

それでは
先生 正解をお願いします。

(有田) えっ?
大好きです 大好きです。

<コンビニのおにぎりで
先生が…>

この むき方を
開発した人は天才よ!

(曽根) なるほど!

…されるのも すごいわ。

いつでも新鮮で 本当に驚きなの!

はい ということで 確かに 最初は
ビックリしてましたよね われわれも。

今日は 先ほど…。

エミ!

(拍手)

特に…。

(エミリアーノさん) 僕が…。

(エミリアーノさん) …と聞きました。

なるほど。

ギャル曽根君 何か質問ある?

(曽根) 知ってます?

ホントですか?

うれしい ありがとうございます!
うれしいな。

えっ リアクション?

(笑い)

さぁ ランキングの続き
見てまいりましょう こちらです。

<『アイラブ東京』に学ぶ!>

日本の…。

所要時間も すぐ分かるし
本当に…。

だって イタリアでは
電車が10分くらい…。

(一同) えぇ~!

<先日 日本では

電車が20秒 早く
出発してしまったことで

鉄道会社が謝罪>

<たった20秒で!?と…>

さぁ それでは ここで…。

ラ・ピーナ先生が…。

日本では よく見掛ける光景
といえるんだと思うんですが

それは 一体 何でしょうか?

長嶋君。

みんな
例えば スマホなら…。

それが いい意味で驚きだと?
(大谷) はい。

ハハっ 折り畳みながら。

巻物みたいにして
こう読んでる人が。

はい 有田君。

(有田)
イタリアだと当たり前に…。

<ラ・ピーナ先生が…>


<イタリア人には不思議に見える
日本の電車の中の光景とは?>

さぁ それでは 先生
正解をお願いします。


(一同) えぇ~。
ほう どういうことでしょう?

では ランキング
続いて まいりましょう。

こちらです どうぞ。

<『アイラブ東京』に学ぶ!>

イタリアのレストランでは
乾いたナプキンが

1人1枚ずつ
テーブルに置かれているわ。

でも 日本では
席に着くと…。

(スタジオ:ラ・ピーナ)
手渡しで おしぼりをもらえるわ。

(スタジオ:ラ・ピーナ)  清潔にするという
こだわりが 強い国なのね。

<さらに>

って…。

<…も 日本ならではのシステム>

そうなんだ。

ボナセーラ。

<日本の料理の種類の多さに
驚いたという先生>

<中でも…>

<…のは
日本ならではといいます>

<そんな…>

<今 女子高生に人気の
食べ放題の串揚げ店>

<好きな具材を取り

自ら 衣を付け…>

フフフフ。

<高校生にとっては
ちょっと高いと思いますが…>

あんな串揚げ屋 あるんですね。

知らないね 安いね。

後で イタリア人に…。

ハハハ そうですね。

あの~ 先生の…。

…っていうところが
あるんでございますね。

そう。

さぁ それでは ここで…。

ラ・ピーナ先生が これだけは…。

さぁ それは
一体 何でしょうか?

校長 何か ヒントございますか?
例えば 居酒屋。

居酒屋 行った時に。
居酒屋で目にするもの。

はい 佐藤君。

靴 脱がなきゃいけないのが嫌だ。

(光) いけすっていうか…。

大谷君 何だと思いますか?

(大谷) 何か かくまってる感じが。

なるほど みんな にぎやかにと。

先生 正解をお願いします。

あの ひどい…。

(一同) えぇ~。
ほう 何ででしょう?

そう あの…。

残念だな いや 今回…。

アハハハ! 来た!

(有田)
ほら かわいいじゃないですか。

どうぞ。

オ~!

ええ 名前入り でも…。

いらないんだったら。

あれ 寒けは? 寒けは?
えっ 3つとも?

あれだけ…。


全然。
ハハハ 聞いちゃいない。

<そして…>

<ラ・ピーナ先生いわく 街に
ゴミが落ちていないのは…>

<…にあるのでは?と>

イタリアの学校で
掃除といえば

専門業者さんの仕事。

でも…。

…する
本当に素晴らしいと思うわ。

…だと思います。

例えば 私は…。

ことがあったんだけど…。

<梅雨になると増えるのが…>

<例えば これからの季節
多くの家庭で作る…>

<実は 作り置きした麦茶は
たとえ 冷蔵庫に入れていても

知らぬ間に 菌が増殖>

<最悪
食中毒を招いてしまう危険が>

<一般的に…>

<容器に
パックと水を入れて作る…>

<パックを煮て作る…>

<ここで…>

<ギャル曽根君 お答えください>

熱で殺菌されてない分

水出し麦茶のほうが
菌が増殖しやすい。

<水出しの麦茶と

煮出して
常温で粗熱を取った麦茶>

<2つの麦茶を…>

<2日目までは
あまり 差はありませんが

3日目になると

煮出しの麦茶は 細菌が急増>

<そこから 爆発的に増殖し

5日目には

安全に飲めないほど 菌が増殖>

<ポイントとなるのは…>

<温度が下がるうち

どうしても 40℃から30℃に
なってしまいます>

<このタイミングで

加熱で生き残った菌が
一気に増えてしまうのです>

<煮出しの麦茶を作る時は…>

<早く 冷蔵庫に入れる>

<こうすれば…>

<教えてくれるのは
食中毒研究の第一人者…>

(拍手)

先生って感じですね。
(拍手)

先生 よろしくお願いいたします。
(島本) よろしくお願いします。

有田君は…。

いや 先日 何か うちで…。

アイスバーみたいな。

あっ そう。

食べ過ぎだよ。

いや 先生に聞いてるんです
先生 教えてください。

可能性がありますので…。

やっぱ そうだよね
やっぱ そうですね。

では 先生
まずは 何でございましょう?

はい 料理を作る時には欠かせない
まな板です。

こちらをご覧ください。

<次の工程で…>

<豚肉を切った後…>

<どう考えても Aのほうが
細菌が多いと思いますよね?>

<では…>

<2つの…>

<ここで…>

<もう1つは…>

<洗剤と 一般家庭と同様の頻度で
使われているスポンジで洗い

その後…>

<果たして…>


<…と思っていませんか?>

<実は これが間違い>

スポンジは…。

まな板や食器を洗っても 逆に…。

使用中のスポンジ 1mの中に

100億個以上の菌がいたという
研究報告もあるんです。

<スポンジは…>

<そして…>

<満遍なく浸透させて…>

<これが 正しい除菌の仕方>

<また まな板は…>

<その後…>

<奇麗に除菌できます>

<ちょっと面倒くさいですが…>

岡副君とか どう?

そう
 じゃ 今後ね 気を付けないと
食中毒がね 怖いですから。

続いて
気を付けなければいけないこと

これは何でございましょう?
これからの時期

最も注意してほしいのが
お弁当です。

こちら お弁当の定番おかずに
なっているんですけども

最も菌が増殖してしまう
おかずは

一体 どれだと思いますか?

なるほど 肉じゃがだと思う人。

ジャガイモ以外にも
ニンジンだったりとか。

あと やっぱ…。

そこに来るんじゃないか。
なるほど。

から揚げだと 有田君 なぜ?
そもそも…。

はっ?

関係ないですね。


ポテトサラダだと。
(大谷) この中で…。

<一体 どれ?>

<作ってから…>

<シャーレで培養
細菌の数を調べます>

<…を超えると

食中毒になりやすい状態と
いわれています>

<揚げることで
肉に 火が よく通るため…>

<…までしか増えませんでした>

<…といえるでしょう>

<さらに…>

<菌が増えやすい おかず>

<水分を少なくすることが

お弁当に入れる時の
ポイントです>

<残るは ポテトサラダと
ハンバーグの一騎打ち>

<作ってから8時間後>


<作ってから8時間後>

<危険といわれる 100万個よりは
もちろん少ないですが…>

<要注意>

<ひき肉は 肉の中でも…>

<中まで しっかり火を通すことが
重要です>

<そこで…>

入れると…。

実際 酢を入れたハンバーグは

細菌 390個
大幅に減少しました。

こんなに違うの!?

<また 少量なので…>

<そして…>

<細菌数は…>

<食中毒になりやすいといわれる
細菌数 100万個を

大きく超えてしまいました>

<ジャガイモは もともと…>

<さらに ポテトサラダは…>

<菌が増殖しやすい
ポイントです>

ここで…。

大谷君。

味も問題ないと。
マイルドに。

伊集院君。

多いほうが
絶対うまいです。

有田君。

(岡副) パクチー!?

少量で変わるわ。
(有田) ほぼ変わらないです。

それでは 先生
正解をお願いします。

(一同) へぇ~。

カレー粉に含まれる…。

さらに…。

(長嶋) でも 先生…。

もちろん マヨネーズはね
ポテトサラダには。

先生 続いては
何でございましょうか?

皆さんの体を…。

はい それでは ここで…。

食中毒の原因として知られる
細菌…。

僕 正解なんで。

はい。
自信満々なんでね。

これを…。

…という学術データがございます。

食べてる 食べてる 週3は 最低。

もう マヨネーズ いいっすわ!

いやいや それが いいとなると
ほら いっぱい行けるでしょ。

じゃあ…。

(長嶋) これは…。

これを食べると
食中毒になりにくい。

なるほど それでは 先生
正解をお願いします。

ずばりです。

(拍手)
(堺:上田) ハハハ…。

納豆がいいんだ
ということなんですね?

そうですね。

<栄養液に
O-157だけを入れたものと

O-157と納豆菌を
混ぜたものを比較すると

O-157だけのほうは

ほとんど変化がありませんが

納豆菌を混ぜたほうは…>

<さらに…>

<シャーレを見ても
納豆菌入りのほうには

O-157が 全くありません>

O-157のような…。

さらに 善玉菌である…。

腸内環境を改善するということに
役立っています。

…体になるということが
期待されます。

これは ポイントですね。

<続いて…>

<寄生虫 アニサキスによる
食中毒>

<胃の粘膜から
侵入しようとする際

激しい痛みを引き起こします>

<これまで4度 アニサキスによる
食中毒になった…>

(川合) 「あぁ…」ぐらいなんで。

もしくは…。

一度 冷凍した魚を…。

ということでね…。

有田君。

はぁ? 何を言ってんの?

はぁ?

そして 2人とも
日本の女性だったら…。

この流れで?
という 斬新な本格ミステリードラマ

『ミス・シャーロック』が
Huluで配信中です。


よろしくお願いします
ありがとうございました。

勝手な やりとりを
してんじゃないよ。

すいません 先生
失礼いたしました。

あれ?
そうです。

<将来への不安や

学校での人間関係など…>

<そんな若者達のために…>

<…が 再び 来校!>

<「自分には…」>

<そんな 投げやりになっている
若者に対して 先生は>

<たとえ
ブドウが落ちて来たとしても

そこに手を出していなければ
つかむことはできません>

<いつ ブドウが
落ちて来てもいいように…>

<…ことが大切なのです>

<『大人の流儀』シリーズの
著者である先生は…>

<さらに 作家だけでなく>

(近藤)
♪~ ギンギラギンにさりげなく

<大ヒット曲を 数々 作詞>

有田君は…。

はい ただ…。

(大野) そうですね…。

<そんな先生の姿勢に

人々が
引きつけられているのです>

<現在 大ヒットしている
先生の…>

<そこには さまざまな…>

<…が あふれています>

<今…>

(拍手)

先生 よろしく どうぞ
お願いいたします。

有田君。

(有田) 情けないことに…。

今回は…。

今日は 先生…。

(笑い)

伊集院先生。

はじめまして。

(伊集院 静)
お母さん 3人 寄って来て

「あんた…」。

僕 頭 来ちゃって。

僕 田中太郎でお願いします。

田中太郎でいいですか?
じゃあ 今日から 田中君。

はい。

<現在…>

<…を抱え
忙しい伊集院先生ですが>

<新生活が始まる…>

<…ものがあります>

<それは…>

<その中で 伊集院先生が…>

<自分の仕事は…>

<そう信じ
挑戦し続けなければ…>

<さらに 先生は…>

<…があると言います>

さぁ それでは ここで…。

一体 何であり続けることが
大切なんでしょうか?

「若者よ! 常に…」。

なるほどね。
「若者よ! 常に…」。

おぉ~ 大谷君。

「若者よ! 常に…」。

おっ 「不安であれ!」。

「若者よ! 常に…」。
(笑い)

「田中君」で 何の問題もないです
田中 もしくは 太郎で。

あぁ 「バカであれ!」。

<伊集院先生が 若者の成長に
欠かせないと言うもの>

<一体 何でしょう?>

それでは
先生 正解をお願いいたします。

はい 大谷君 正解。

これは 一体
どういうことでございましょう?

世の…。

有田君。

非常に はい。
(笑い)

お前 返答が。

そんな…。

…が いました
こちら ご覧ください。

<…したと語る人物

それは…>

<日本中が 浅田選手の金メダルを
期待しましたが…>

<惜しくも…>

<一時は 引退を考えるほど悩み

不安に押しつぶされそうになった
という浅田選手>

<しかし…>

<…ため
全ての技術をイチから見直し

地道な努力を積み重ねました>

<その結果…>

<…を果たしたのです>

<当時 浅田選手は…>

<こう語っています>

(浅田) …と思うので。

浅田選手の例を
見ていただきましたけれども。

(岡副) 私は 今 25歳で。

でも 私が想像していた
25歳って

もっと 何か 大人だったんですよ。

で このままで いいのかな
っていう不安が

いつも 頭のどこかにあって。

先生 いかがです?
おっしゃった…。

私も…。

だから あなたが…。

ない?

あれ? ごめんなさい
長嶋家は特別なんですか?

ありがとうございます。
いやいや 先生…。

学校が同じとか 野球…。
(長嶋) いやいや…。

それは関係ないって。
(笑い)

(有田) 怒られちゃった。

<大人の生き方をつづった

『いろいろあった人へ』に学ぶ>


<…ことありませんか?>

<そんな時 伊集院先生は

自信を持って こう言います>

<生きて行く限り…>

<…と 必ず出会います>

<この許さない思いは…>

<…という生きる原動力になり

自分を成長させてくれるのです>

<一方 子供や 若者達が
成長するためには…>

<…だと断言します>

さぁ それでは ここで…。

一体 何でしょうか?

さぁ 佐藤君。
「人を育てるということは…」。

田中君。
(岡副) 「田中君」。

(光) いちいち
突っ掛かんなくていいからね。

「人を育てるということは…」。

おぉ なるほど 長嶋君は?

ん? えっ 「疲れるだ」?

人を育てると疲れるじゃん。

体力も要するし。

それは分かるんですけど
せめて…。

(笑い)

さぁ それでは
先生 正解をお願いします。

(笑い)
怒られた。

はい。
先生 それよりも お答えを…。

(笑い)

人を育てるのは…。

ということで
先生の言葉と同じように ある…。

…がいます こちら ご覧ください。

<その大切さを
教えてくれるのは>

<金藤選手は…>

<その後は 成績が伸びず
引退を考えました>

<…と もらす 金藤選手に

加藤コーチは>

<そう言い続けました>

<加藤コーチは どんな時も

金藤選手の可能性を信じ…>


<そして 迎えた…>


ホントに…。

…ものがあるなって思いますね。

さぁ それでは ここで
先生に ご質問がございましたら。

ギャル曽根君 何か ある?
私…。

私の考えだけど…。

子供の時に

1つのケーキがあったら
それを 全部 自分で取らないで

人に分ける
っていうことができる

つまり…。

相手はね。

強いて言えば 最終的に…。

<この後…>

<…した先生が

若者達に伝えたい…>


<これまで 数多くの別れを
経験して来た 伊集院先生>

<しかし 残された者に…>

<…と先生は言います>

<残された人達の中に…>

<…になっている>

<だからこそ 残された人は

懸命に
生きなければいけないのだと>

<さらに 先生は
元妻 夏目雅子さんから…>

<…を学びました>

それでは ここで…。

伊集院先生は…。

何だと
おっしゃっているんでしょうか?

「どんな時も…」。

なるほど。

「どんな時も…」。

なるほど さっき…。

「どんな時も…」。

(佐藤)
やっぱり ちょっと1回ぐらい。

何で ここで よし チャレンジだ!
と思ったんだろうね?

有田君。
「どんな時も…」。

はいはい。
ありがとうございます。

(長嶋) おかしい。

それでは
先生 正解をお願いします。

…が 一番大事ですね。

まぁ 有田君が正解といえば。
ありがとうございます。

(笑い)
うるさいわ! やかましいわ!

さぁ それでは 一体
どういうことなんでしょうかね?

こちら ご覧ください。

<今なお1位に輝く
本当に美しい女優でした>

<2人は…>

(夏目)
…だな~とか思ったりして。

<しかし…>

<のため…>

<実は 伊集院先生は…>

<そして 彼女が…>

<…とウソをつき 夏目さんも>

<素直に聞いてくれました>

<ある日
夏目さんが検査に行き…>

<すると>

<薄い壁からは…>

<やるせない気持ちに>

<そして 検査が終わり…>

<Vサインをして
笑いかけて来ました>

<この経験から 伊集院先生は…>

<…ことが
何よりも大切だと学びました>

いろいろ 奥様の夏目さんとは
思い出があると思いますが。

人は みんな…。

だから…。

ということで
 先生の授業を
よく思い出していただきたいと…。

よろしいですか?
田中君ですか?

(笑い)

じゃあ
 ここから テロップのほう
伊集院に戻していただいて。

その代わり…。

<次週は…>

<食べ続けただけで
驚きの効果が>

<さらに…>


関連記事