笑点 笑点流もぐもぐタイム!18年ぶりに北海道からお届け ぴろきのウクレレ漫談 



『笑点 笑点流もぐもぐタイム!18年ぶりに北海道からお届け』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/10(日) 
笑点[解][字][デ]笑点流もぐもぐタイム!18年ぶりに北海道からお届け
老舗のお笑い演芸バラエティー。大喜利は「北海名物」を生かして北海道のもろもろを都々逸風に詠む▽口をもぐもぐしながら一言「何してるの?」に対してもう一言▽ぴろき
詳細情報
出演者
【司会】春風亭昇太
【大喜利】三遊亭小遊三、三遊亭好楽、林家木久扇、林家三平、三遊亭円楽、林家たい平、山田隆夫
【演芸】ぴろき
番組内容
【演芸コーナー】ぴろきのウクレレ漫談
【大喜利】▽「北海名物」を生かして北海道のもろもろを都々逸風に詠む▽口をもぐもぐしながら一言「何してるの?」に対してもう一言
監督・演出
【チーフプロデューサー】東井文太(NTV)
【統轄プロデューサー】倉田忠明(NTV)
【プロデューサー】福田一寛(NTV)、飯田達哉(ユニオン映画)、大畑仁(ユニオン映画)
【ディレクター】高木裕司(ユニオン映画)、加藤健太(日テレアックスオン)
制作
ユニオン映画
Capture20180610-203906.jpg 



『笑点 笑点流もぐもぐタイム!18年ぶりに北海道からお届け』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

笑点 笑点流もぐもぐタイム!18年ぶりに北海道からお届け
  1. 笑い
  2. 拍手
  3. 円楽
  4. 北海道
  5. 北海名物
  6. 枚あげて
  7. 三平
  8. 山田
  9. 小遊三
  10. 枚持



『笑点 笑点流もぐもぐタイム!18年ぶりに北海道からお届け』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)



(三平) この間 山田さんに

ファーストクラスは
窓が開くんですよって言ったら

「え! 本当? すごい‼」
びっくりしていました。

完全にウソです。

♬~

♬~

(拍手)

『笑点』の時間が
やってまいりました。

司会の春風亭昇太です。

今回は 札幌テレビ創立60周年を
記念しまして

北海道の岩見沢市に
お邪魔しています。

今回の演芸なんですが 明るく
陽気にやってもらいましょう。

漫談の ぴろきさんです どうぞ。

♪~        (拍手)

(拍手)

(ウクレレ)♪~

何か問題ありますかね?
ヘヘヘ…。

ヒヒヒ…。

♪~ 明るく陽気に行きましょう

北海道に来て
本当によかったです。

あたたたたかく迎えてくれました。

着いたら 小さいお子さんが
一生懸命 こうやって

僕に手を振ってくれるんです。

僕も満面の笑顔で
一生懸命 手を振りました。

よくよく見たら どうでしょう。

顔の前の虫を払ってました。
(笑い)

ヒヒヒ…。

♪~ 明るく陽気に行きましょう

まぁ 僕の ツイてない話を
聞いていただきますと

聞いてるお客様に運がついて来る。

縁起物です。

散髪屋さんです
シャンプーの時です。

「フサフサで
本当に いい髪の毛ですね」

…って言うんです
イラっと来ました。

「そんなことは ないですよ!」。

店内がシ~ンとなりました。

洗い終わって 顔上げたら
分かったです。

隣の席の会話でした。
(笑い)

ヒヒヒ…。

♪~ 明るく陽気に行きましょう

そんな僕ですが こう見えても

粘り強い性格なんです。

先日は 行列のできる店に

1時間半も並びました。

やっと順番が来ました。

お店の人が言いました。

「大変長らく
お待たせいたしました」。

大変丁寧なんで 僕も ついつい
言ってしまいました。

「大丈夫です
今 来たところです」。


「たった今 来たところですから」
って言いました。

列の一番後ろに回されました。
(笑い)

ヒヒヒ…。

♪~ 明るく陽気に行きましょう

親譲りなんです。

先日は 久しぶりの
おふくろの味でした。

きんぴらごぼうです。

「ピリ辛で おいしい」って
言うんです。

「爪のあかを いっぱい入れたから
ピリ辛だ」って言うんです。

あれ 爪のあかじゃないです。

ピリ辛は 鷹の爪です。
(笑い)

ヒヒヒ…。

♪~ 明るく陽気に行きましょう

いかんせん 高齢なんで
心配になるんです。

先日は 犬の散歩に

犬を忘れて行きました。
(笑い)

ヒヒヒ…。

♪~

とうとう 先々日は
連絡がありました。

♪~

「3日間 寝込んだから すぐ来い」
って言うんです。

「3日間 寝込んだ」って
言うんです。

慌てて行ってみたら
元気なんです。

「3日間 寝込んだから
おいしいから食べろ」って

カレーライスが出て来ました。

(笑い)

ヒヒヒ…。

♪~ 明るく陽気に行きましょう

まぁ 家族といえば
こう見えても

妻と娘がおります。

何か いちゃいけないような
雰囲気でしたか?

(笑い)

♪~

娘が めっちゃめちゃ
かわいいんです。

そっくりです。

(笑い)

ひとの家族を笑わないでください。
(笑い)

♪~

めっちゃめちゃ成績悪いんです。

先日は学校から呼び出しです
進路指導です。

先生が言うんです。

「こんな成績だと
あそこの高校しか行けませんよ。

ホントに あそこの高校で
いいんですか?」って言うんです。

あそこの高校

僕の母校です。
(笑い)

ヒヒヒ…。

♪~ 明るく陽気に行きましょう

まっ 皆様のご家族様が

笑顔で笑い声の絶えない毎日が
送れますことをお祈りしながら

約束してください。

ヘコんだ時とか
落ち込んだ時とか

あんなヤツもいたなと

必ず 僕のことを
思い出してください!


何の役にも立ちません…。
(笑い)

ヒヒヒ…。

♪~ 明るく陽気に行きましょう

♪~        (拍手)

♪~        (拍手)

(弦をはじく音)
(笑い)

♪~

♪~        (拍手)

♪~

♪~        (拍手)

♪~

(拍手)

さぁ 「大喜利」の時間が
やってまいりました。

まずは 『笑点』が18年ぶりに
北海道にお邪魔しまして

え~ まぁ
18年前のことどころかですね

今日食べたものも思い出せない
皆さんのご挨拶です。

(笑い)

北海道といえば何といっても

岩見沢でございますね えぇ。

私は もう子供の頃から

北海道では 札幌の次の都市は
岩見沢だと思ってました。

(拍手)
ありがとうございます。

旭川と間違えてたんです。
(笑い)

小遊三でございます。

(拍手)

道内ナンバーワンのスポット

北海道神社
お参りに行ってまいりました。

もし そこに
リスに遭遇できたら

大変な幸せ者ですよと
いわれてた。

で まぁ 方々歩きまして
散歩しているうちに

開拓神社で
リスに遭遇できたんです。

すごいでしょ? 皆さん ねっ
鳥肌が立ちました。

こんな幸運はございません。

この幸運を三平君にあげたいです
好楽です。

(拍手)

ご当地 岩見沢

ただ今 ワインを開発中だと
伺いました。

私は もう
ワインが大好きでございまして

高校時代から
剣道をやっていましたから

ブドウが好きでございますよ。
(笑い)

木久扇です!

(拍手)

笑点メンバーとなって
初めての北海道です。


ご縁というのは あるんですね。

先日 松山千春さんと
お話ししたんです。

「なっ 三平な
北海道は温かいとこだぞ なぁ」。

「『大喜利』と音楽は同じだぞ」。

「フラットな気持ちで
シャープに答えればいいんだ」。

「頑張れよ 三平」。

千春さん ありがとう! 三平です。

(拍手)

実は こちらに来る少~し前に

階段を踏み外して
空足を踏みましてね。

膝を抜いて 痛いんですよ。

ですから 立ったり座ったりが
とても厳しいんです

…と言いましたら
このSTVの社長の根岸さんが

「だったら 司会をやったら
いかがですか?」と こう…。

(笑い)

きっと 来週は司会者でございます
円楽です。

(拍手)

その土地でしか流れてない
CMっていうのがありますよね。

うわ~! オムライスだ~!って

好きなものばっかり食べて
どうするんだよ~!

道民は
野菜が足りないんだって~!

(笑いと拍手)

セイコーマート たい平です。

(拍手)

続いてはですね
18年間で変わったのは

髪形だけという この方です。

『笑点』が18年ぶりに

北海道にやってまいりました。

山田隆夫と…

はっ! その 一座でございます。

(拍手)

はっ!

はっ!
(円楽) うるさい。

(山田) はっ! はっ!
(手拍子)

(山田) はっ!
(手拍子)

(笑い)

とんだ茶番劇でしたね。

さぁ それでは…
皆さん いつものようにね

いい答え 言った方には
座布団 差し上げます。

で 悪いと取ります。

10枚取るとね…。

この中から素晴らしいものを

差し上げますから
頑張ってやってくださいね。

分かりましたね?
分かった!

それじゃあ 早速
1問目 行ってみましょう。

これね 北海道民謡の
『北海盆唄』のフレーズなんですが

今回はですね この傍線部分の
「北海名物」を生かして

北海道のもろもろを都々逸にして
歌ってください。

はい 円楽さん。

北海名物 利尻の昆布

お土産もらって よろコンブ。

(笑いと拍手)

立つの大変なんですよね?
うん。

じゃ そのままで…。
(笑い)

木久扇さん。
はい。

北海名物 最北の町

どこにあるのか ワッカナイ。

(笑いと拍手)

好楽さん。
はい。

北海名物 マリモのようだ

私の人生 浮き沈み。

(笑いと拍手)

小遊三さん。

北海名物 白いの3つ

雪に牛乳 君の肌。

(笑いと拍手)
いいね 変わんないね。

三平さん。
はい!

北海名物 清宮選手

ドームの屋根を突き破れ。

(拍手)

たい平さん。
はい。

北海名物 霧の摩周湖

晴れるの待ったら キリがない。

(笑いと拍手)

たい平さんに1枚あげて。
(たい平) やった!

円楽さん。

北海名物 富良野の畑

目を奪われるラベンダー。

(笑いと拍手)

これ… キレイですね。

立つの つらいんですよね?
(笑い)

ハハハ…。

はい じゃあ 1枚あげて。

小遊三さん。

北海名物 競馬の種馬

取っ換え引っ換え うらやましい。

(笑いと拍手)

1枚持ってって!
うらやましいだろ?

1枚持ってって
バカなんじゃないの! もう。

円楽さん。

北海名物 聴こえて来るよ

『北の国から』 さだまさし。

(さだまさしのモノマネ)
♪~ ア~ア~ アアアア…

(円楽:田中邦衛のモノマネ)
冗談じゃねえよ。

富良野の春はさ
ラベンダーで覆われて

で みんなで あの寒い冬を
頑張って来た俺達の

ようやく春が来たんだよ。
(たい平)♪~ ア~ア~ アアア…

長い! 何か長い!

2人のを1枚ずつ持ってって。

おめぇの歌のせいで
取られたんじゃねえか…。


♪~ ア~ア~…
長いっつってんだろ!

木久扇さん。
はい。

ピリっとしたのを行きます。
お願いします。

北海名物 緑の大地

中国資本が買いあさる。

あ~…。
(拍手)

(拍手)

小遊三さん。

北海名物 網走刑務所

仲間と暮らしたシェアハウス。

(笑いと拍手)

しゃれてんじゃない
シェアハウスだよ。

あの… 面白いから1枚あげて。
(笑い)

好楽さん。
はい。

北海名物 数々あれど

いまだに楽屋に届かない。

(笑いと拍手)

(木久扇) ちょうだい!
ちょうだい。

何か欲しいのね?
欲しいのよ。

じゃあ お待ちしてますので
よろしくお願いします。

じゃあ 2問目 行ってみましょう。

ピョンチャンオリンピックで
銅メダルを取りました

カーリング娘
すごい人気になりましたよね。

もぐもぐタイム。

そこで今回ですね
皆さんに 食べ物に限らず

口をモグモグして…
で ひと言 言ってください。

私が 「何してるの?」って
聞きますから

さらに答えてください。

あっ 小遊三さん。

ん? 何してるの?

ホルモンってのは
いつ飲み込みゃいいんだい?

(笑いと拍手)

木久扇さん。

ムシャ ムシャ ムシャ…
ムシャ ムシャ。

えっ 何してるの?

日陰で食べる弁当は うまいのう。

これがホントの 影ムシャ。

(笑いと拍手)

何か ください。

(笑い)
(小遊三) しょうがねえな。

円楽さん。

確か… 仙人は

霞を食べてる…。
ん? 何してるの?

霞が関じゃあ
税金 食い散らかしてんなぁ。

(拍手)
1枚あげて。

たい平さん。
はい。

十勝産の小豆あんこが入った
おまんじゅう食べちゃったら

喉が渇いたよね。
何してんの?

炭酸が飲みたいよね ソーダね~。

(円楽) そだね~。
(笑いと拍手)

1枚あげて 1枚あげて。
(笑いと拍手)

円楽さん。

「白い恋人」か。
ん? 何してるの?

俺は 「黒い変人」と呼ばれて…。

(笑いと拍手)

1枚あげて。
(笑いと拍手)

≪てめぇで言ってやがる…≫

三平さん。
はい。

いや 岩見沢の「天狗まんじゅう」を
食べてるとね

どんどん良くなって来るんだよ!
お~ 何してるの?

「大喜利」の答えで
いいアンが出て来るんです。

(拍手)

1枚あげて。
ありがとうございます!

小遊三さん。

うん。

味はないけど うまいな。
何してるの?

壇蜜の噛んだ後のガム。

(笑い)

1枚持ってって。

(円楽) 拾って食ったの?
何… 何? それ。

口移しでもらったの。

バカじゃないの! もう。

好楽さん。
はい。

取りあえず…。

口にいっぱい… 入れるの。
何してんの? 何してんの?

家へ帰ってからね
弟子と孫に食わせるの。

(笑い)
リスじゃないんだから。

ハハハ…!
(木久扇) 汚いよ。

山田さん 1枚持ってって。
(好楽) ハハハ…!

じゃあ 三平さん。
はい!

ヒャハハハ…。

ウハハ… 昇太さんには
分からないだろうな。

何してるの?
妻の愛妻弁当。

(笑いと拍手)

山田さん 2枚持ってって。
(三平) 何で…。

妻のこと言うと
いつも2枚なんだよな。

じゃあ たい平さん。
はい。

いや…
北海道の銘菓「白い恋人」は

ホントに おいしい。
何してるの?

あっ あそこに
白い…恋人募集中がいる。

うるさい!
(笑いと拍手)

1枚持ってって!
ハハハ…。

(円楽) 恋人募集中。

募集するの
もう… 飽きたわ 俺はもう。

(笑い)
3問目 行きますよ。

え~ 山田さん 皆さんに
例のものを配ってください。

かしこまりました。

さぁ ご当地の魚といったらですね
やっぱり サケ 有名ですよね。

そこで 皆さん
サケになってください。

さまざまな状況でね
ひと言 言ってください。

でね サケ仲間の私が

「どうしたの?」って聞きますから
さらに続けてください。


じゃあ 私も サケに…。

あっ はい 円楽さん。

俺達はさ

生まれた川を覚えてるんだ。
どうしたの?

政治家は 何で みんな
「記憶にない」って言うんだろう?

ハハハ…。
(拍手)

1枚あげて。
(拍手)

たい平さん。
はい。

ふるさとに 産卵のために

北海道の川に
帰ってまいりました

林家こん平です!
どうしたの?

行きますよ 皆さん! 1・2・3…。

サンラ~ン!

(笑いと拍手)

1枚あげて。
やった。

小遊三さん。

医者も無理言うよなぁ。
え~ どうしたの?

塩ザケの俺に
「塩分は控えろ」だってよ。

ハハハ… 1枚あげて。
(笑いと拍手)

三平さん。
はい。

いや~ ふるさとに帰って来た。
ん? どうしたの?

岩見沢の川は
やっぱり素晴らしいよな。

(拍手)

(円楽)
ただ 岩見沢 入れただけじゃん。

惜しかった 今 惜しかった…。

≪こうやるの こうやるの≫
はい 円楽さん。

あ… 危ねぇ 危ねぇ!
危ねっ 危ねっ

危ねぇな 危ねっ…。
どうしたの?

年寄りのサケが
石狩川 逆走してんだよ。

(笑いと拍手)
1枚あげて。

たい平さん。
はい。

あれ? 隣 泳いでるのって

高級魚じゃないの?
どうしたの?

ノドグロかと思ったら
腹黒だった!

(笑いと拍手)

好楽さん。
はい。

サケって つらいよな
涙は出るし

ため息も出て来るしなぁ。
どうしたの?

♪~ サケは涙か

♪~ 溜息か

チ~ン!

(笑いと拍手)

山田さん

好楽さんの 1枚取って
小遊三さんにあげて。

何だよ!
間が良過ぎだよ ハハハ…。

円楽さん。

スモークサーモンは そのうま味成分である
ペプチドを形成する時に

揮発性塩基窒素
いわゆる腐敗臭を生じるので

そこに レモンなどの酸味で
中和をするという

理想的な食べ物です…。
(たい平) ん?

(笑い)
どうしたの?

ですから
スモークおいしいんです…。

(笑いと拍手)
≪ダジャレ ダジャレ≫

(好楽) 何だよ ハハハ…!
前ふりが すごかったから

どんな答え
出て来るのかと思ったら。

だから ペプチドが2つになったら
ジペプチドで

トリペプチドになるわけだろ?
なぁ。

山田さん 何かめんどくさいから
1枚持ってって。

(笑い)
知らねえんだ そんなことも。

もう1枚持ってって!
(笑い)

よく そんなこと知らなくて
司会ができるよ。

もう1枚… もう1枚持ってって。
(笑い)

小遊三さん。

あ~ 新巻きザケになりたい。
どうしたの?

ん~ 縛られて つるされたい。

バカじゃない…。
(笑いと拍手)

≪バカだよ≫
もう…。

(好楽) しょうがねえな。
一回そういうとこから離れて…。

離れること できないんですか?

何か 日常生活に刺激が欲しい。
(笑い)

山田さん 1枚持ってって。

木久扇さん。
はい。

あ~ いいのを思い付いた。
ん? どうしたの?

早口言葉なんですけどね。

新巻きザケ 黄巻きザケ
青巻きザケ。

三平さん 言ってごらんなさい。

新巻きザケ 黄めきザケ…。

山田さん
2人の全部持ってって! もう。

(笑い)

たい平さん。
はい。

僕はね 海水でも 淡水でも

生きて行けるんだよね。
ん? どうしたの?

だから みんなから 魚界の

大谷翔平って呼ばれてるよ!
二刀流。

(拍手)

もう 今はね
北海道の人は鼻が高いよね。

ますます頑張ってもらいたいと
思いますが

このへんで
お開きにしたいと思うんですが

今回はですね 札幌テレビ
創立60周年ということで

北海道の岩見沢市より
お届けしました。

来週も 岩見沢からで~す
また来週!


関連記事