ナカイの窓「ナカイの窓×結婚式」 近藤春菜、みやぞん、徳光和夫… AMEMIYA、ゆるえもん、レインボー…


『ナカイの窓「ナカイの窓×結婚式」』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/14(木)
ナカイの窓「ナカイの窓×結婚式」[字]
結婚式場で出張円卓トーク!!みやぞんが結婚式にサプライズで登場!!ガチ歌を披露して新婦を泣かせられるのか!?
詳細情報
出演者
【MC】中居正広【ゲストMC】近藤春菜(ハリセンボン)
【ゲスト】みやぞん(ANZEN漫才)
【結婚式で働くゲスト】徳光和夫(司会者)、小黒伸一(ウエディングビデオグラファー)、有賀明美(ウエディングプランナー)、平山彩子(結婚情報誌編集長)
【コーナーゲスト】AMEMIYA、ゆるえもん、お見送り芸人しんいち、レインボー
番組内容
数多くの大物芸能人の結婚式司会を務めた徳光和夫が語る、あの有名人の結婚秘話とは!?▽秋元康にも認められたウエディングビデオグラファーが作る、ナカイの窓裏側エンドロールムービーの仕上がりに中居も絶賛!▽数々の著名人の式も手掛けたカリスマウエディングプランナーは、これを知っていたら結婚準備もスムーズになる!?(秘)テクニックを中居に伝授!▽結婚情報誌の編集長は一同驚きの最新トレンドを紹介!
監督・演出
黒川高
Capture20180614-183935.jpg 


『ナカイの窓「ナカイの窓×結婚式」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ナカイの窓「ナカイの窓×結婚式」
  1. 春菜
  2. ホント
  3. 奇麗
  4. LA
  5. 有賀
  6. 徳光
  7. you
  8. 中居
  9. 平山
  10. 今日



『ナカイの窓「ナカイの窓×結婚式」』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


(みやぞん) おめでとう!
(春菜) 見たことある? こんなの。

<今夜は…>

(実方) 奇麗だ。
(池田) 正広。

<お薦め余興芸人がネタ披露!>

♪~ 気づきました

<さらに!>

(みやぞん) どうも こんにちは!

<披露宴…>

(みやぞん)♪~ まわれ まわれ
メリーゴラウンド

♬~

ちょ ちょ ちょ…。

(中居) 気付いたら 「あれ?
塗ってないですよ 今日」って。

「あれ? 塗ってなかったっけ 俺」。
すっぴんなんですよね 今日。

いやいや そんな変わんないから。
すっぴん初公開です。

今日 どうしましょうか。
今回…。

こちら 結婚式場の
アーフェリーク白金さんに

結婚式に ちなんだ
お仕事の方々を。

なかなか縁遠い所ですね。

人のも行かないです。
行かない?

それ 何でですか?

行かない。
アハハハハ!

いや 見てたら どうします?
一生懸命 考えて…。

えぇ~。
結婚式。

芸能人は 森脇健児だけです。
アハハハハ!

その時に…。

いやいや 森脇さんに失礼だ。

そして 本日のゲストは
こちらの方です どうぞ!

(みやぞん)よろしくお願いいたします。
みやぞんさんです。

お願いします~
中居さん 春菜さんも。

ありがたいことに ホントに
正直 言っていいですか?

ですよね。

早速ですけど…。

こちら ありますんで ちょっと
見に行きましょう オープン!

へぇ~!
きゃ~!

(みやぞん) 奇麗!
こんなの初めてかもしんない。

今日 せっかくですから…。

えっ?
みないです。

いやいや 違う 違う 違う。

ハハハ。
今…。

中居さん。

<ということで せっかくなので

2人で バージンロードを
歩いてみることに>

違う 違う 違う いやいや…。

おめでとう。
何で 足 引きずってんの?

違う 違う 違う…
いや 中居さんも 歩き方 変だし。

違う 違う 中居さん
いやいや どんな顔してんのよ。


女子が こう行くんですよ
何で 男子から こう。

もうさ…。

アハハハハ!
今の つなぎ方。

行きましょう 中。

<そんな
結婚式とは縁遠い3人が

ゲストが待つ 円卓のもとへ>

それでは 行きます。

(みやぞん) うわ~! うわ うわ うわ。
うわ うわ…。

いらっしゃいます。
これ 披露宴会場ですか。

(みやぞん) 新郎新婦さん いる。
新郎新婦さんも いる。

あぁ 徳さん。

あら! あら!

徳さん はまってるな~
ぴったりだね。

(徳光) ここの人みたいだろ?
ホントに ここの人みたい。

どうも こんにちは
じゃあ お掛けください。

はい 皆さん お掛けください。

<今回は ウエディング業界の
第一線で活躍しているゲストと

円卓トーク>

それでは 皆さんのお仕事について
伺いたいと思いますが。

まずは 今まで…。

司会といえば 徳光和夫さん
ということで。

500組以上でしょうね。
えぇ~!

これまで 司会をされた
著名人の方々 こちらですね。

ホント ごく一部ですけれども。
(徳光) そうですね。

この中でも
特に 印象的だったなっていう。

海老蔵さんと 麻央さんのはね…。

2人が歩くんでありますけれども
これは素晴らしかった。

その時に いろいろ
2人のエピソードを…。

事前に伺うわけですよ。

(徳光) 一番最初の…。

そうすると 麻央さんが
『ZERO』が終わると夜中ですよ。

タクシーで迎えに行って

表参道の入り口の
青山通りで 車を止めて。

うれしいね そういう…。
(徳光) その2人が一緒になって

バージンロードを歩いた時にね
もう…。

うわ~ すごい! いろんな人
見て来てると思いますよ。

そうなんですよ これはね…。

<歌舞伎界のプリンスと
有名女優の結婚>


紀香さんと一緒に
番組の司会をしましたら

愛之助さんと お付き合いを
されてるというような

話が出ましてね。

しきたり 多いですもんね。

でも やっぱり 彼女は ホントに
よく尽くされておりましたんで。

そういう姿を見ておりましたんで
ホントに ぴったりじゃないか

っていうようなことを
言いましたらば 愛之助さんが…。

それで…。

僕が帰って来るのを
…で ご依頼を受けまして。

そこまでして
ご依頼を受けた以上は…。

…っていうような形で
ええカッコしいじゃ

ないんですけども
引き受けたわけでありますね。

結婚式 行きました。

格好とかも こういうのを
入れて来てとか…。

あっ ドレスコードがあって。

…みたいな感じに
見えました 一瞬。

派手な感じ?
派手とか。

ホントに もう…。

(笑い)

僕。
それはさ…。

徳さんは だから…。
一生 独りでいろよ。

そこ 否定してくださいよ。
「んな事ないよ」。

「んな事ないよ」じゃないんですよ。

「タイでも イランでも」じゃ
ないよ。

そもそも…。

気になりますね。

やっぱ アナウンサーになった…。
なるじゃないですか。

(徳光) そうすると…。

…のが最初で。

(徳光) そのうちの…。

えぇ~。
へぇ~。

ピンキーさん。
あぁ はい はい はい はい。

(徳光) モデルの男性と
一緒になられまして。

それは どういう?

プライベート感…。

(徳光) …ですね 最初はね。
最初は。

…みたいな感じになっちゃって。

「そこ通してくんないと」と。

聞きたいんですけども…。

あぁ ごめんなさい すいません。

<数々の大物芸能人の
結婚式の司会を務めた徳光>


分からない?

いや ホント そうなんだよ。

(徳光) だけどさ…。
分かってるじゃないですか。

そうじゃなくてさ つまり…。

友人はタダ
友人の話は別に… ねっ。

最高額だけでいいですよ。

会社を通して。
会社を通して。

それは あの…。

ハハハハハ!
そうですね 今の感じだと。

もうちょっと あるね。

ありましたね
最高額 聞いてるんですよ。

すぐバレるから。
これ 言うと いやらしく…。

全然 いやらしくない。

分かんないは おかしい。

おかしくない。
どんぐらいなんですか?

こういう所で
結婚式 挙げますの時に…。

(有賀さん)
10万円 行かないぐらい。

それが 徳光さんとなったら。
徳さんになると…。

(徳光)
300万円なんて ないよ お前。

300万円 くれたら。

続いて ウエディングプランナーの
有賀明美さんです。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

有賀さんは
結婚式のサプライズ演出などを

いち早く 取り入れた…。

そういうの やられてるんですか。

プランニングは はい。
こちらの方々。

一部ですけれども。

これは お2人が
有賀さんのところに来て。

プロデュース みたいな感じですか?
そうですね。

(有賀さん)
お仕事内容としては…。

(有賀さん) 大体 皆さん…。

えぇ!?
かかりますね。

半年から1年?

いやいやいや。

(有賀さん) その間 いろんな
準備も そうですけれども…。

やはり 準備中に
こういう ご新郎様だと あの

彼女は不安になりますよね。
協力的じゃ ない。

マジックブルー。
結婚に縁がなさ過ぎて。

話してて。

嫌~!

うわ~ 面倒くせぇ じいさん
ばあさん 来るのもヤダね。

それも準備なんですよね
なので もう…。

だから もう 大丈夫です。
えぇ!? 8割も?

私 この仕事してても…。

へぇ~。

何としてでも そのゴールには
向かわなきゃいけないのね。

向き合わせたりとか。

(有賀さん) そうですね
興味がないというか…。

NGワードみたいな。
覚えといたほうがいいです。

<ウエディングプランナーが
教える これだけは…>

1つ目は 「面倒くさい」。

さっきから言ってますもんね。

(有賀さん) すでに 何回も
おっしゃってる 「面倒くさい」。

あと 「どっちでもいい」。
うわ~。

(有賀さん)
これ ドレス選びの時とかにも

彼女は 「これと これ
どっちがいい?」って言って。

「こっちが好きかな」って…。

(有賀さん)
一緒に行くんですけれども。

最後が 「君に任せる」。
いいじゃん。

(有賀さん) いいと思って
言っちゃうんですけれども。

あぁ もう出ちゃった。

面倒くさくて
 どっちでもいいから
君に任せるんでしょ。

それが 空気として
出ちゃってるので。

役者さんだもん。

石田さんは でも
ホントに興味ある感じで

やってくれますよね 絶対。
私が 過去に見た中で

こんなに素晴らしい
ドレスショップでの

新婦へのフィードバック。

慣れてるんだよ できる?

言わないですか?
「どっちでもいい」とか。

ちゃんと言える?

僕は 案外 これ 言わないです。

コンビでも
「ネタ どうする?」っつって…。

うん。

終わりだと思わないよ。

<披露宴に
欠かせないことといえば…>

<そこで 今回は
鉄板で盛り上がる

お薦め余興芸人を紹介>



本日は われわれ レインボーが

新郎新婦のなれそめを
ショートコントにして来ました。

正広さんと春菜さんの
出会いの きっかけは

『ナカイの窓』の収録でした。

ファーストデーズ お弁当。

はい 皆さん 私 今日
お弁当 作って来ましたよ。

何だ 春菜 気が利くじゃん。

はい 陣内さん どうぞ。

はい 山里さん どうぞ。

はい どうぞ。
何だよ 俺には ないってのかよ。

中居さんには しょうが焼き弁当!
春菜~!

(笑い)

(実方) 正広さんは 完全に 胃袋を
つかまれちゃったんですよね。

そして 2人は
付き合うことになりました。

ネクストデーズ 初めての旅行。

どう? 藤沢ってさ
結構 星 奇麗でしょ。

あっ 流れ星。
お願い事しなきゃ。

これで よしと。

正広さんは 何のお願い事したの?

春菜と ずっと一緒に
いれますようにって。

ありがとう。
春菜は? 何 お願いしたの?

私は 正広さんと…。
えっ?

言わな~い!
もう!

(笑い)

いつもは ひょうきんな春菜さんも
照れ屋なところあるんですよね。

(笑い)

そして 正広さんは
大きな決断をしました。

ラストデーズ プロポーズ。

春菜! いや 春菜さん
その… 俺と…。

私 正広君が思ってるような
女じゃ ないよ。

えっ?
私 奇麗じゃ ないよ。

春菜さん あなたは とても

とても奇麗だ!

私 奇麗じゃ ないよ。
奇麗だ!

奇麗じゃ ないよ。
奇麗だ。

奇麗じゃ ないよ。
奇麗だ!

奇麗じゃ ないよ。
奇麗だ。

奇麗じゃ ないよ。
奇麗だ!

奇麗じゃ ないよ。
春菜さん!

奇麗だ。
(池田) 正広。

こうして 2人は
今に至るってわけです。

実方さん 今日の新郎新婦さんは
どうですか?

文句なしで

奇麗だ!

正広さん 春菜さん。

(池田:実方)
ご結婚 おめでとうございます。

(拍手)
ありがとうございます。

おめでとうございます。
ありがとうございます もう。

ありがとうございます。

実際に行ったこと
ないんですけど…。

…とは思っております。

さぁ 続いての余興芸人は

お見送り芸人しんいちさんです
どうぞ。

♪~        (拍手)

笑いのほうは お見送り
お見送り芸人しんいちです。

笑いを見送った僕にできることは
歌をお届けすることだけです。

曲を作って来ました
聴いてください。

『Dear 春菜さん』。

♪~

♪~ 春菜さん

♪~ とても奇麗で透き通った女性
優しい女性

♪~ 完璧な女性とは

♪~ 春菜さんのことを
言うんですよ

♪~    やめてください。

♪~ みんな
春菜さんみたいな人と結婚したい

♪~ 春菜さんと
共に歩んで行きたい

♪~ そんな春菜さんだけど

♪~ 俺は なし!

♪~ 俺は なし!

♪~ 平山さん

♪~ あり

♪~ 有賀さん

♪~ あり

♪~ 春菜さん

♪~ 俺は なし!

♪~

ご結婚 おめでとうございます
どうも ありがとうございました。

(拍手)

もう そういうことね。

はい ありがとうございました。
何なんですか?

どうしたの?
(みやぞん) 怒ってる。

めでたい席で 何なんですか?
「俺は なし」って。

なしなんだもん
ありって ウソつくよりもな。

祝いに来たんですよね?
(しんいち) 祝いに来てます。

俺は?

声が。

帰れよ もう。
すいません。

続いての余興芸人は
ゆるえもんさんです どうぞ。


(拍手)
♪~   (ゆるえもん) どうも~。

よいしょ よいしょ。

よいしょっと。

はじめまして
僕は とっても かわウィウィ。

(ゆるえもん) 今日は…。

(ゆるえもん) じゃあ これから
ちょっと ゆるえもんと遊んでね。

これから するのは 「なんなん?
どこなん?」っていって

近づき過ぎたのが
ズームアウトしたら

こういうことなんだっていう
ゲームなんで 一緒に考えてね。

ミュージック スタート。

♪~ なんなん? どこなん?
これ どこなん?

これ なんなん?
えっ これ なんなん?

分かるかな?
これ ズームアウトしたら…。

そう エビ
じゃあ これ なんなん?

(中居:春菜) カニ。
そうだよね みんな 察しがいいね。

ズームアウトしたら
これは カニ。

じゃあ これ なんなん?

さっきが エビで カニで
これ。

あっ 伊勢エビ?
(ゆるえもん) そうだよね…。

「祝い」って字
♪~ なんなん?

♪~ どこなん?
これ どこなん?

「祝い」っていう字だった まさかね
でも これ 祝いっていう字から

よく見てて さらに ズームアウトして
これ こういう ニシキゴイ。

♪~ なんなん? どこなん?
これ どこなん?

♪~ なんなん? どこなん?
これ どこ?

これ なんなん?
えっ これ なんなん?

カナブン。
(ゆるえもん) すごい そうだね そう。

これ カナブン
じゃあ これ なんなん?

クワガタ。
(ゆるえもん)そうだよね これだもんね。

そう ズームアウトしたら
これは クワガタムシ。

じゃあ これ なんなん?
あっ カブトムシ。

そうだよね ズームアウトしたら
中居さんの これ。

♪~ なんなん? どこなん?
これ どこなん?

こういうことはね
奥さんがね…。

春菜さんも すてきな
ドレスかなと思ったら これ

ステラおばさんだったね。

おめでとうございまシュシュ
どうも ありがとう。

(みやぞん) ステラおばさん…。
ちょっと なんなん?

なんなん? どこなん?

何せ…。

えっ かわいいでしょ。

最後の余興芸人は この方です。

(みやぞん) これは もう。
♪~  これは もう プロですよ。

中居さんと 春菜さんが

ご結婚されたという体で
歌を作ってまいりました。

ありがとうございます。
(AMEMIYA) 聴いてください。

『正広と春菜に捧げる歌』。

♪~

♪~

♪~

♪~   ここでだったんだ。

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

おめでとうございます。

(徳光) 最高! 素晴らしい。

何か ホントに思い出して
いろんなことを。

あっ 最初に 一番最初に…。

…だったんだって
気付かされました 今。

あっ。

バカだ
勘違いすんじゃねえ 違ぇよ。

さぁ 続いて…。

よろしくお願いします。
『ゼクシィ』 聞いたことある。

今日 持って来ていただきました。

読んだことあるわけねえ。

今日… いいですか。
触ったこともないわ これ。

重い! 今日 ぜひ。

何 これ。

これ 何 毎月 こんなんですか?
(平山さん) 毎月 出ております。

情報量が多くて。

(平山さん) そんなことないんです
今 男性が見ていただけるように

ちょうど
この号なんですけれども…。

ちょちょちょ…
見せて どこ どこ?

(平山さん)こちらでございまして。
何? 彼専用ゼクシィだって。

ここの部分が。
袋とじ?

(平山さん) 袋とじではないんです
別冊になってまして。

何 これ。
なるほど。

「何なんだ 結婚の準備とは
どうしてなんだ 不機嫌なのは…。

そんなことに悩む 男性陣に贈る

結婚準備に奮闘した男の
叫びの数々。

そうだったのかの気付きが
得られる …はず」って書いてある。

(平山さん) 結構 男性に
読んでいただけるように。

先ほど 有賀さんのお話にあった
擦れ違いを埋めて行ったりとか

基礎知識のほうを
花嫁向けじゃないところで。

ただ 中居さん もう…。

そうなんですか。
なんで…。

全然 分かんない。

<そんな中居のために…>

赤いじゅうたんね。

進化している?
(平山さん) 最新は…。

ジャ~ン。


アイルランナーという名前に
なってるんですけど。

アイルって 何ですか?

いろんなパターンが
あるんですけれども。

…ような方も
いらっしゃるというのが

最新のトレンドでございます。
アイルランナー。

これは有賀さんに こういうふうに
やりたいんですけども

っていうことを頼むと
やってくれたりするんだ。

どういう写真を入れるかとか。

お父さんの好きな写真を
入れたりとか。

言い方がね 言い方が よくない。

歩んで行くんだ そっか。

続いてね はい。

プロポーズ?
(平山さん) プロポーズのお話も

させていただければと思います
婚約指輪なんですけれども。

(平山さん) 婚約指輪は
ダイヤモンドが入っている

石が入ってるものが
というのが基本的な。

(平山さん) その 今の
「結婚してください」のシーンに

最新は こういうものも
出て来ていますというので…。

(平山さん) プロポーズ 用のリングを…。
何が違うんですか?

結構
高価なものだったりするので…。

いったん プロポーズ用のリングで
パカっとしてあげて…。

…っていう
すごく気持ちに寄り添った。

サイズ デザインを
彼女の好きなよう…。

必ずしも高いものが 彼女の
好きなものとは限らないから。

ずっと着けていれるものに
なったりするので。

何号をとか言ったりしなくて。

だから パカってやったら
もうホントの…。

(笑い)

これをくみ取ったもので
実は 『ゼクシィ』で 今

25周年 限定で…。

このタイトルが…。

(平山さん) 男性が
それを渡してあげるっていう。

一応 メッセージ書けるんですけど
これは 関西パターンで。

「結婚せえへん?
一緒にいたいねん」。

「お兄ちゃん」。

中居さんの。

(平山さん)
その箱も開けていただければ。

ちょっと 開けてくださいよ 私に。

春菜に… こういうことか。

で…。

(みやぞん) うわ~。
あぁ~!

(徳光) こういう形で。

うれしい!

(笑い)

何なんですか 何なんですか。

ウソだ…
こんな やり方 ないだろ!

さぁ 続いて…。

よろしくお願いします。
ビデオグラファー。

はい。
へぇ~ どんなお仕事だろう?

動画ですか?
はい。

えぇ~!
今…。

この間…。

最後に そのまま…。

はい。
俺 思うんだけどね…。

(徳光) だから 今 自分達が
現場にいたわけじゃないですか。

それが 最後に流れると
えっ!と思うわけです ホントに。

監督としてのなんだ
映画監督かもしれないですね。

チームとしては…。

大体 進行上 お2人の…。

そこで ここと ここと
ここと ここで…。

ある程度 そこのタイミングで
テープを持って行っている。

(小黒さん) 当時 2004年に

ある結婚式がありまして
秋元 康さんが出席されてまして。

あぁ~。

握手していただいて。

「あれ いいよ」。

へぇ~!

(小黒さん)
というのが きっかけでした。

「見たい」っていっても…
どういうことですか?

今日 実はね…。

小黒さんのチームに…。

…が もう 仕上がっていると。

<セットの建て込みから
収録中も撮影した…>

<上映 スタート>

♪~

♪~

♪~ 愛してるよ

♪~ 2人は一つに

♪~ Tonight

♪~ tonight

♪~ I just say...
あっ リハしてる。

♪~ Wherever
you are, 

♪~ I always
make you smile

♪~ Wherever
you are, 

♪~ I'm always
by your side

♪~ Whatever you say, 
あっ いい顔してる。

♪~ 君を思う気持ち

♪~ I promise you

♪~ "forever"
right now

♪~

あっ 来ましたよ
♪~          中居さん。

♪~

♪~ I don't need
a reason

♪~ I just
want you baby

♪~ Alright

♪~ alright
さっきだもんね。

♪~ We carry on...

♪~ Wherever
you are, 

♪~ I never
make you cry

もう ここ ちゃんと
♪~          やっとけば!

♪~ Wherever
you are, 

♪~ I never
say goodbye

♪~ Whatever
you say

♪~ 君を思う気持ち

♪~ I promise you

♪~ "forever"
right now

♪~             さっきだ これ。

♪~

♪~ Wherever
you are, 

♪~ Wherever
you are, 

♪~                     あっ!

うわ~ カッコいいなぁ。

(拍手)



ありがとうございます。
途中 何か…。

死んでない。

でも 私…。

ねっ やっぱり ちょっと
ドキュメンタリータッチと 音と

やっぱり 間ですよね。

全て いろいろ…。

まぁ ああいう形です。

いや でも 何か…。

簡単にできることが 最大の
お仕事なんでしょうけども

やっぱり これ 1か月 2か月
追った結果

こういう映像が
撮れましたのほうがいいのに…。

≪あぁ なるほど≫

ホントに 時間かけてるような
クオリティーですもんね。

今のはね。

ホントに進化して

より 皆さんに
楽しんでいただいてる結婚式に

なってるということですけど
実は 今回…。

何ですか?
(有賀さん) はい 実は…。

まさに…。

本物ですか?
(有賀さん) 本物です。

ぜひ お2人…。

皆様のお力をお借りして 何か。

ホントに…
今 どこでやってるんですか?

今 青山のほうの会場で。
ホントに?

ホント 一般の方で。

<この日 結婚式を挙げている…>

<そこで 今回は
新郎も仕掛け人となり…>

どうします?

この情報しかないんですよ。
でも…。

『イッテQ!』好きなら
喜ぶよね。

絶対 喜びますよ。
単純な流れで言うと

みやぞんが
 『LA・LA・LA LOVE SONG』
歌うのが 一番いいよね。

あっ いい いい!
(みやぞん) ギターで。

最高です。
弾けますもの 歌も うまいし。

えっ それも 用意 あるんですかね
分かんないけど 言えば大丈夫…?

楽譜 読める?
楽譜 読めないです でも 一応…。

コードだけ。
コードだけ書いて。

教えてもらえれば そんな
難しいコードじゃないでしょ?

どうやって行くかだよね
みやぞんが。

みやぞんで~す
♪~ LA・LA・LA・LA・LA

…で 行くのか

しっとり マジで行くのか
それだけ決めようよ。

やっぱ 空気的に。
うん そうだよね。

日頃の…。

持てる範囲で じゃあ…。

ちょっと…。

泣かせるつもりで 分かりました
ちょっと やってみます。

♪~ まわれ まわれ

おぉ いい! みやぞん。
おぉ~!

<中居一行は
新婦へのサプライズをするため

現在 式が行われている
青山の結婚式場に移動>

<ただ今…>

<まずは 会場の様子を…>

さぁ 披露宴会場に着きました。
アハハ これ。

今 見ていただいてるのが
サプライズする方の

ご親戚 ご友人。
すごい あれだね。

いや~ 何だろう。

いや
緊張してます 緊張してます。

急にね こうやって行くのがね
『おじゃMAP‼』 ハハハ。

おっ おっ。
あっ 入場。

新郎が コウタさん
新婦が ユウキさんです。

へぇ~ あっ でも
ホントに…。

カッコいい 奇麗でしたね。

何ですか? 「野女と美獣」って。

美男美女で いいじゃん。
美男美女で。

野女って何ですか?

これで どういう流れなの?
これ まず

新婦側の余興あります。
友達の。

はい 友達の… その後に
新郎側の余興として。

余興のフィニッシュだ。
そうです。

うわ~ ちょっと緊張します。

だって 一生に一度ですよ
大体の方は。

はい。

<披露宴会場では
新婦の友人による余興で

式もクライマックスに>

<そして>

あっ それでは みやぞんさん
行って来てください。

もう 行って来ます。
大丈夫かな? もう…。

ちょっと待ってください。

でも これ…。

ホントに これは。

ちょっと…。

あいつが どんぐらい だから…。

確かに その空気に持ってけるか。
『LA・LA・LA LOVE SONG』の…。

でも みやぞん 優しさで
わ~って やっちゃいそうだね。

そうですね。
我慢できなくて。

えぇ~ ちょっと待ってください
すいませ~ん。

(司会) どうぞ。

来ますよ。

(司会) それでは どうぞ。

<新婦の大好きな曲を
みやぞんが本気で歌う>

(司会) どうぞ。

来ますよ。

(司会) それでは どうぞ。

(みやぞん) どうも こんにちは!

(歓声)

(みやぞん) ア~ッハッハ~。

あぁ どうも どうも こんにちは。

新郎新婦の後ろから。

(みやぞん) はいはい
ありがとうございます。

≪これ 無理だよ これ≫
≪しっぽりは無理だ これ≫

イエ~イ!
(歓声)

(みやぞん) はいは~い。

はい どうも。

すいません。

(みやぞん) えぇ~ お2人…
どうも こんにちは。

(女性) あぁ~!

(みやぞん) おめでとうございます
サプライズということでね。

(歓声と拍手)
(みやぞん) ありがとうございます。

歌います。

この歌をプレゼントとして
捧げたいと思います。

来た。

♪~

♪~ まわれ まわれ
メリーゴーラウンド

♪~ もう けして
止まらないように

≪泣いた≫

(みやぞん)♪~ 動き出したメロディ

♪~ LA・LA・LA・LA・LA LOVE SONG

♪~  おめでとうございま~す!

おぉ いい! みやぞん。
おぉ~!

≪聴かせてる 聴かせてる≫
♪~ ドシャ降りの午後を待って

♪~ 街に飛び出そう

♪~ 心に降る雨に

♪~ 傘をくれた君と

♪~ 「まっぴら!」と横向いて

(女性) みやぞん!
♪~ 本音は ウラハラ

(女性) みやぞん!
♪~ でも そのままでいい

≪いいんじゃない≫
≪あぁ いい 泣いてる 泣いてる≫

(みやぞん)♪~ めぐり会えた奇跡が

♪~

♪~ 涙の色を変えた

≪手 つないでますよ≫
≪おぉ いいじゃん もう これ≫

(みやぞん)♪~ 息がとまるくらいの

♪~ 甘いくちづけをしようよ

♪~ ひと言もいらないさ

♪~ とびきりの今を

♪~ 勇気をくれた君に

♪~ 照れてる場合じゃないから

♪~ 言葉よりも本気な

♪~ LA・La... LOVE SONG

♪~  おめでとうございま~す!

♪~     (歓声と拍手)

イエイ!
(歓声と拍手)

(みやぞん) ホントに
おめでとうございます。

<ということで…>

<中居達も
急ぎ みやぞんのもとへ>

はい すいません。

(歓声)

(みやぞん) あぁ どうも どうも。
(歓声)

ちょっと コウタさん ユウキさん。

あっ…。
コウタさん ユウキさん 前に。

えぇ~。

おめでとうございます。

えぇ すいません。
(みやぞん) こちら 前に どうぞ。

あぁ どうも こんにちは
あの ちょっとね。

(みやぞん) ちょっと すごいことに
なっております。

皆さん 落ち着いて。

はい~!

今日は コウタ君がね
サプライズということで…。

(ユウキさん) もう…。

最初…。

さすが 旦那さん やるねぇ。

いい
サプライズだったんじゃない?

あっ。

<最後に
5人で 記念撮影をして

サプライズ終了>

<3人は 興奮冷めやらぬまま
会場の外へ>

泣いてましたよ。
よかったよ。

ホントですか?

はいはい はいはい。

楽しかった 今 思えば。

何で? 最初 ゆっくり入った。
いや やっぱり ここは

泣かせないといけないな
っていう感じがしたんで

ゆっくり入ってかないと。

♪~ 息が

クッ!
あぁ はいはい。

<コウタさん ユウキさん
これからも 末永く お幸せに>

<達人たちの…>

≪おぉ~!≫

≪うわ すごい≫

<お見逃しなく>

おいしい!


関連記事