徹子の部屋 フジコ・ヘミング ~世界を魅了する“魂のピアニスト”演奏披露!~


『徹子の部屋 フジコ・ヘミング』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/14(木) 
徹子の部屋 フジコ・ヘミング[解][字]
~世界を魅了する“魂のピアニスト”演奏披露!~フジコ・ヘミングさんが今日のゲストです。
詳細情報
◇ゲスト
60代後半でデビューし、80代になった今でも世界中で活動を続けるピアニストのフジコ・ヘミングさんがゲスト。
◇番組内容
ピアノだけでなく絵の才能もあるフジコさん。今日は、14歳の夏に描いた“絵日記”を公開!絵日記には終戦翌年の昭和21年、少女の目から見た東京での日々の暮らしが丁寧に綴られており、色彩豊かで描写の細かい絵が添えられていた…。
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/
◇解説放送
小松靖(テレビ朝日アナウンサー)
Capture20180614-184036.jpg 


『徹子の部屋 フジコ・ヘミング』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

徹子の部屋 フジコ・ヘミング
  1. ピアノ
  2. フジコ
  3. ネコ
  4. 色んな
  5. 本当
  6. パリ
  7. 今日
  8. ノエル
  9. ヘミング
  10. 演奏



『徹子の部屋 フジコ・ヘミング』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


♬~(ピアノ)

(黒柳)世界中から
オファーが絶えない

魂のピアニスト。

60代で世界的に見いだされた

遅咲きのピアニスト。

年間60本近くの公演活動。

フジコ・ヘミングさん
今日のお客様です。

今日は 可愛いネコを
お連れくださいました。

色々 お話を伺います。

とっても楽しみにしています。
よろしくお願いします。

このネコは
ノエルっていうんですって?

なんか お寺の境内に
ウロウロしてた…。

そうなの? お寺の境内で
ウロウロしてたの?

ノエルちゃん。 あっ そう。
まだ若いの?

知らないですね。
わからないね そんなのね。

そんな年取ってない…。
そうね。

おなかの辺が若そうに見える。

でも なんだか突っ張ってて
すごく可愛い。

ノエルちゃん。 ノエルちゃん。

あら おとなしくしてる。

どうする?

ノエルちゃん。

ノエルちゃん。

どうするんだろ? あっ…。

大丈夫 大丈夫。
大丈夫?

はい 今日 フジコ・ヘミングさんに
おいで頂きました。

フジコ・ヘミングさんは
スウェーデン人の画家を

お父様に お持ちになって

日本人のピアニストとの間に
お生まれになって

ベルリンで
お生まれになったんですけれども。

今 お写真が出てるの
お父様とのお写真です。

5歳の時に
日本においでになりました。

お母様の手ほどきで
ピアノを お勉強なさって…。

青山学院高等部 在学中に

コンサートデビューを
果たしました。

そして 東京藝大を
お出になりまして

28歳でドイツに留学。

その後 残念な事に
風邪をこじらせて

聴力を失うという悲劇が
あったのですが…。

60歳の時 ドキュメンタリー番組が
きっかけで

一躍 時の人になったという事で。

現在は 世界各地で…
本当に世界各地で

リサイタルを
行っていらっしゃいます。

今日は 『徹子の部屋』に
おいでくださって

あとでピアノも
弾いてくださるというので

とても楽しみにしております。


今年は 既に南アフリカ
それからローマ

その他 随分 色んな所で

演奏会を
なさっていらっしゃいます。

南アフリカにいらした時の
お写真があるので

ちょっと拝見しますね。

ああ~ アフリカね。
ライオン? 向こうにいるの。

あくびばっかりやって。
あくびして。 フフフフッ。

来なかったそうです
あくびばっかりして。

その辺にいたんですよ。
そこにいますよ。

だって 見えるもの ライオン。
来ないの? そばに。

このぐらいの近くに…。
あっ そう。

1メートルぐらいのとこでも
来ないの?

全然 平気。
食べない? 平気? へえ~。

これは お店屋さん?
お店屋さんで 物を買ってる時だ。

これ 南アフリカの
お店屋さんですって。

なんか物を買ってる時です。
これは ダンス…。

すばらしいダンスを見て
すごい感激しました。

あっ そう。
太鼓だけの音楽で。

ええ~。 体の動かし方がね
柔軟でしょうからね。

南アフリカでなさった
コンサートは どうでした?

最初は 大使館で…。

そこは 世界中の大使ばっかりが
集まったコンサートで。

そういうの たくさんあるんです
最近。

そうね。
大使が みんな…。

「また来年も来てください」って。
いい方が…。

私は すごい外交官が好きで
とてもいい方ばっかりで。

それは そうですよね。
みんな どの国とでも

仲良くするような方だから
私 すごい好きなんです。

そうですか。 でも すごいのね。

パリとローマ 12時間ですって?
その… 列車移動。

でも 楽しいです。
全部 見られるし。

イタリアに来ると
みんな 人が急にすごい親切で。

そう。
で 外 見てらっしゃると楽しい?

イヌを連れてったのでね。
そうなの。 退屈って事はない?

ない。 全然ないですね。

で 日本では…
パリと東京と京都と

それからロスにお家がある?

サンタモニカ。
サンタモニカにある。

京都は
どういうふうな感じのとこに

お家があるの?
なんか 宮大工さん…。


すばらしい宮大工さんに
出会いまして

彼が色んな古い家の事を
言ったので

じゃあ 買ってみようかな
買いたいなと思って。

私は ホテルが嫌いなので
大阪辺りで公演の時には

ホテル行かないで
その家に住めるような…。

あっ そう。 ええ~。
それで 色んなの見たんだけど

全然気に食わないで。 みんな
新しい家ばっかりだったので

「こんなはずじゃなかった」って
私 言ったんですけど。

一番最後にたどり着いたとこが

なんか こんな曲がった
町屋だったんです。

でも それ 確かに古かったから
「これで もういい」つって。

そしたら
祇園の真ん真ん中だった。

知らなかったから。
本当に?

じゃあ 場所は すごくいいのね。

じゃあ 京都にいらした時は
そこにお泊まりになる?

だけど 1人で いつも泊まるから
お化けが出そうで

いつも
大阪辺りから親類を呼んできて

彼女に
一緒に泊まってもらったりして。

ちょっと VTRで

パリとか京都とかロスのお家の
映像がありますので

拝見致します。

これ パリ?

「ちょんちょん」

そうですね。

どこ行ってもネコがいます。

ちょんちょん。
この間 死んじゃった。

死んだの? かわいそう。

あっ お茶。

♬~

京都のお家です。 奇麗ね。

へえ~。

これは サンタモニカの?

どこ行ってもネコがいる。

これは 親類のネコです。
あっ そうなの。

「あと何年 生きられるか考えると
ちょっと悲しいです」

でも サンタモニカは 緑が奇麗。

パリには ネコ2匹とイヌが1匹。

東京 なんか
いっぱいいません? ネコ。

25匹ですね。
25匹?

ほとんど
世田谷中の野良ネコみんなが

避難してるっていう話を
聞いたけど 本当かウソか…。

で フジコさんのお宅 伺うと…。

ネコは家の中で
おとなしくしてるのね。

棚の上とか ピアノの横とか
色んなとこで…。

いや おとなしいっていうよりも
人間嫌いなんです。


さんざん
いじめられてるネコだから。

あっ そうなの?
全然 人間 信用しないで

可愛げがない…。
だから ああやって

構っても
絶対なんにも言わないで

おとなしくしてるみたいに
見えるんだけど。

そうじゃないの?
ちょっと こうやったら

パ~ッて逃げちゃうような…。
本当に?

何語で話してらっしゃるの?
ネコと。

色んな言葉 フフッ。
色んな言葉?

そりゃそうでしょうね。
ドイツ語が多いですけどね。

ドイツ語 多い? そうですよね。
随分 ドイツに長くもいらしたし。

今 パリにも
いらっしゃるんだけども。

でも お父様の方のおじい様は

動物病院の院長さんだった。

だから やっぱり 動物…。
この方 そうですか?

ああ この人。

この人に 私は ぜひ
天国で会いたいと思ってる。

お会いになった事ないのね?

うん。
そうか。

したら 色々な動物の話が
できる?

さっきのネコ
どこ行ったのかしら?

どっか行っちゃったの?
大丈夫…。

大丈夫?
どっかにいるらしいけど 大丈夫。

でも 今日もフジコさん
すごく個性的なんですが

お洋服は それ 全部
ご自分ですって?

ちょっと直したりはします
私流に。

それで その上に何かを着たりとか
羽織ったりとか

足したりとか 色々…。

それからスカーフをなさったり…。
はい。

で その100年…。
100年以上 古いから

見てください これ。 ほら。

そのスカートのとこの模様がね
ちぎれるのよ。

こういう模様じゃないです。
これ ちぎれた跡の…。

ちぎれた跡なの? それ。

そう見えない…。
見えない。 でも 模様に見える。

それから いつも首のとこに…。
それ ご自分で お作りになるの?

いえいえ 作らして…。
縫い子さんが…。

作ってもらう? ああ そうなの。
洗濯が大変なんですよ。

すぐ汚れるからね。

でも 真ん中に模様があってね。
ここにシワがあって

たるんでるから これで隠してる。
ああ そうなの?

あなた 全然ないですね。
ううん。 でも シワある やっぱり。

シワの方がいいですけど
私の場合は たるんでるから。

フフフフッ。
みっともない。

でも あれね。 フジコさんって…。

今 現在は 日本各地をツアーで
回ってらっしゃるんですけど。

でも フジコさんは
絵も お描きになるので…。

絵を お描きになるのも
時間かかるでしょ?

すごいかかるし 手が痛くなって

次の日 ピアノが
全然弾けなくなっちゃうから…。

ピアノ弾けなくなっちゃう?

ああ 可愛い。
この間もパリで

展覧会があって
いっぱい売れましたよ。

原画は 売らないけどね。
あっ そう。 ええ~。

でも やっぱり 絵の才能は

お父様譲りだと
お思いになります?

うん。 ただ うちの父は

絶対に「子供を絵描きにするな」
って言って…。

あっ そう。 お父様とお母様は

ベルリンで
お会いになったそうですけど。

でも 絵は描いてらしたんでしょ?

新聞社で 連続で
連載漫画なんて描いてたかな。

そうなの? じゃあね
そういうのが残ってればね。

フジコさんの 14歳の時の
絵日記っていうのが…。

すごいの出てきたんですけど
あれ どうして…。

どなたかが
取っといてくださったの?

私 自分で。
ご自分で

取っておおきになったの?
うん。

ものすごく詳しく 色んな事が
書いていらっしゃるので

面白いので ある1日を
ちょっと読ませて頂きますね。


昭和21年なんだ。

こんなふうにね 絵も描いてあって
字も書いてあって

すごく奇麗なのね。
7月9日の読みます。

「今朝 みかんと
さけのかんづめを

配給所にとりに行く」

「道がぬるぬるで
すべってころんで

はらわたが ねじれた様になり

朝の中 床についた」

「そんなに痛むのではないが
シクシクと気持ちが悪い」

「今日は ムシ暑くて

本当に
ピアノの前に座って弾くのが

いやで仕様がない」

こういう1日もありました。
これは 7月9日のですね。

あんなふうに…
全部 拝見したけど

絵が詳しく描いてあるのね。

可愛いの。
それで 文章が今のようにね

細かく色んな事が…。 でも これ
本になるんでしょ? 今度。

うん。
だから お読みになりたい方は

そのうち 本になって
出るそうですので。

絵日記という事で。

だから… すごく面白いですよ。

だって
こんなに細かい絵ですもの。

あれ お母様かしらね。

いっつも ああいうターバンを
うちの母は…。

あっ そう。
お母様 ターバンしてらして。

本当だ。
「野菜とママ」って書いてある。

これから
ピアノ弾いて頂くんだけど。

ピアノは
藝大にいらっしゃる時から

天才の誉れは 高かったんだけど

ピアノ お弾きになるの
当たり前だけど お好きでしょ?

うん まあね。
いつもじゃないんだけど。

私は 聴いてる方が好きですね。

なんか こう
縫い物かなんかしながら

他の人のCDを聴いてるのが
好きです。

CDとか?
それ聴いてる方が好き?

だから 怠け者だから
そうなるんじゃない?

そうね。
でも ご自分がお弾きになる時は

お弾きになる時でね また
お好きなんだと思いますけど。

今日 弾いて頂くの
すごいすてきな曲なんで

楽しみにしてます。
あれは 若い時に

よく アメリカの将校のために…。

将校とか 彼らの…。

家族?
家族が みんな

私のピアノを聴きに…。
あっ そうなの。

原宿のレストランで
弾いてたんです。

そうなんですか。 ドビュッシーの
『月の光』なんですけど。

アメリカ人が いっつもね
チャイコフスキーか

『月の光』とか ああいうのを
要求するんですよね。

そうなの。 へえ~。
だから もう お茶の子さいさいで。

じゃあ そのお茶の子さいさいで
ちょっと

演奏して頂きますけど。
じゃあ ちょっとコマーシャル

挟んでいいですか?
演奏して頂きますね。

それでは フジコ・ヘミングさんに
演奏して頂きます。

ドビュッシー作曲の『月の光』です。

世界を魅了する
魂のピアニストの演奏

どうぞ お楽しみください。
では どうぞ。

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

♬~(ピアノ)

(拍手)

(拍手)

どうも ありがとうございました。

『月の光』っていう曲だったけど

やっぱり 月の光は
お好きでしょ? 見てる時。

子供の時に先生からもらって

大感激しながら弾いてた。

この曲? そうなの。

それまで ベートーヴェンとか
ハイドンとかモーツァルトの

初期のつまんない曲ばっかり
母からさせられて

すごい嫌いだったんです
ピアノが。

そうなの?
だから ドビュッシー以来

ものすごく 私は好きになったの。

奇麗な曲ですもの。
さて ここにいらっしゃる

小松莊一良さんって
おっしゃる方はですね

フジコさんの
ドキュメンタリー映画

お作りになった。
なんか これ 大変…。

2年にわたって?
そうですね。

フジコさんと出会って
5年になるんですけども

ちょっと 今の新しいフジコさんを
皆さんに紹介したいなと…。


前のはね…。
前のNHKやなんかの…。

20年近く前でしたので。

今のフジコさんの
ファンタジックな生活を

紹介したいなっていうので…。
現在も演奏してらっしゃる

っていう事ね。 すごいですよね。

そこに大きく やっぱり
僕は 刺激を受けてしまって

年に一度 二度ぐらい お茶を
飲む仲だったんですけれども

じゃあ そんなに
世界に行ってるんだったら

世界を追っかけようという事で…。
世界中いらして?

はい。 2年間 追っかけました。
いかがでした?

それで 世界中にいらっしゃった時
旅中。

やっぱり…
どう言うんでしょうかね?

すごく刺激を受けるというか
パワフルでいて

そして もうひとつ
フジコさん自体が やっぱり

おとぎ話の中の
主人公みたいなので

そこが なんか
撮ってて すごく面白かったです。

なるほどね。
ちょっと一部ですけど

ちょっと ご覧頂きますね。

♬~

〈数奇な運命に翻弄され

60代で世界に見いだされた
奇跡のピアニスト〉

〈フジコ・ヘミング〉

♬~

〈フジコの魂と

音楽に触れる旅〉

〈いくつになっても

夢を追い求める

彼女の今 そして未来…〉

相当長く 色んなとこで
演奏も入りましたから

とっても私たち ピアノ聴く事も
できるんですけど。

これは 全体を通して
フジコさんのどういう…。

今のフジコさんの
どういうところを?

今の… やっぱり 20年前と違う

今現在 フジコさんが見てる
未来だったりとか

旅をして回って その中で
自分のスタイルを変えないで

そして 夢持って。

オンとオフが
変わらない方なので

いつ撮っても フジコさんは
フジコさんのままで

そこがチャーミングなのと

あと 時折
しゃべって頂ける言葉とかが

スッと
なんか心に刺さるというか

色んな人生の刺激を
受けるようなものが…。

何か フジコ節と言うんですか?

それが 僕は
聞いてて面白かったので

すごく 朝から晩まで
カメラ回してました。

フジコさん 映画できて
映画 ご覧になって

感想は どうですか?

恥ずかし…。 穴に入りたい。
それは 彼のせいじゃなくて

私自身が「まあ なんて
みっともないの」と思っちゃって。

死んでからにしてほしかった…。
フフフフッ。

チャーミングですよね すごい。
そうそう そうそう。

すごくチャーミングで
可愛らしいなと思ってて。

すごく少女のようですもの。
いつも16歳ぐらいの

気分じゃないかと思って
撮ってらしたそうですけど

フジコさんは 16歳ぐらいの気分?
うん。

やっぱり そうでしょうね。
そうじゃなきゃ あんなふうな

清らかなピアノは なかなかね
お弾きになれませんよね。

フジコさんの体の調子は
どうなんですか? 今。

なんか…
ストレスのためかなんか

あまり座ってたら

上がった途端に
こんななってるから。

10分ぐらい… 15分ぐらいかな
ちゃんとならないですね。

でも 歩くのお好きでしょ?
よく歩いてらっしゃるわね。

いや 最近
歩けなくなっちゃったんですよ。

あら 本当に? 前 1時間ぐらい
歩いてらしたじゃない。

今 つかまんないと。
方々へつかまって やっと…。

あっ 本当に?

じゃあね
また遊びに行きましょうね。

何回も
お食事に行ったんだけど…。

お話 聞いてます。
すごく楽しそうに

「これ 徹子さんにもらったのよ」
とか見せてくれます。

わかった。 じゃあ
その映画が成功する事を…。

なんて? もう1回 映画の題名。
『フジコ・ヘミングの時間』

あさってから
銀座 シネスイッチさんで

公開になります。


関連記事