所さん!大変ですよ「村の“お宝”が盗まれた!?不思議なコケ・ブーム」 木村佳乃、田中卓志、澤口俊之…


『所さん!大変ですよ「村の“お宝”が盗まれた!?不思議なコケ・ブーム」』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/14(木)
所さん!大変ですよ「村の“お宝”が盗まれた!?不思議なコケ・ブーム」[字]
お笑いタレント・アンガールズ田中卓志も大好きな「コケ」をめぐる騒動。奈良の山から次々とコケが盗まれる事件が発生。女性を中心に起きている不思議なコケブームを追う。
詳細情報
番組内容
お笑いタレント・アンガールズの田中卓志も大好きな「コケ」をめぐる騒動。奈良の山林から次々と希少なコケが盗まれる事件が発生。背景には女性を中心に起きている不思議なコケ・ブームがあるという。なかには「コケ・ガール」と呼ばれる人たちまで。さらに取材を進めると、コケ栽培を始めた途端、村人に笑顔が戻った過疎の村を発見。めくるめくコケワールドに木村佳乃もビックリ!小さな植物から日本の今が浮かび上がる。
出演者
【司会】所ジョージ,木村佳乃,久保田祐佳,【出演】田中卓志,澤口俊之,牛窪恵,モーリー・ロバートソン,【リポーター】井上裕貴,【語り】吉田鋼太郎
Capture20180614-204830.jpg 


『所さん!大変ですよ「村の“お宝”が盗まれた!?不思議なコケ・ブーム」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

所さん!大変ですよ「村の“お宝”が盗まれた!?不思議なコケ・ブーム」
  1. コケ
  2. 田中
  3. ディレクター
  4. 所さん
  5. コケテラリウム
  6. 佳乃
  7. 久保田
  8. 笑顔
  9. 井上
  10. 女性



『所さん!大変ですよ「村の“お宝”が盗まれた!?不思議なコケ・ブーム」』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


所さん 佳乃さん。

は~い。
は~い。 ご覧下さい。

(田中)見えますか? ココですよ!
ココですって!

とにかく…

ロケで なにしてんの? あの人は。
いつも大変なんだもん。

所さん 佳乃さん。     何ですか?
田中さんが おっしゃるように

あるものが 今 大変なんです。
何? 何が 何が?

早速 いきますよ。 こちらです。

いきますよ。
今回 事件が起きたのは

奈良県にある
緑豊かな山の奥深く

天然記念物 たくさんある森
なんですけれども

ここから盗まれたのが
村人たちが大事にしていた お宝。

何だろうな。
取材を進めていくと…

サンショウウオだ。
この大事なもの 何なのか。

早速 まいりましょう。
所さん! 大変ですよ。

ディレクターは 村のお宝が
盗まれたという集落へ。

長年 自然保護に携わってきた
研究者に案内してもらう。

問題のお宝があったのは
森の一番奥。

清流が流れ 一般の…

辺りには 特別天然記念物の
ニホンカモシカや

オオダイガハラサンショウウオも
生息している。

これだな。

本当に…

これ?

果たして…

こんなに豊かな森から…

研究者によると 問題のコケが
突然消えたのは 2か月前。

それまでは この岩一面を
覆うように生えていたという。

更に!

一帯では ここ数年
さまざまな種類のコケの盗難が

相次いでいるというのだ。

(ディレクター)人間が とってった?

怒りがおさまらない研究者。

聞けば コケは 森の湿度を保ち
木の種が発芽する場所。

豊かな自然を保つためには
なくてはならないのだという。

しかし ただのコケを盗んで
一体 どうするというのか?

ブームになってきたり
してますから。

えっ コケがブーム?

なるほど。

あ~ 本当だ。

ネットで
ちょっと検索しただけでも

コケを栽培し 売っている店を
次々発見!

コケ業者が集まったイベントに
行ってみると…。

へえ~。


みんな
ああやって 手に取りたいんだね。

そこには
オシャレな女性たちの姿が。

手にしているのは
1つ数百円から 数千円まで

さまざまな種類のコケ。

こうしたコケ好きの女性たちは

コケガールと
呼ばれている
らしいのだが…。

一体…

コケガールの一人に
詳しく話を聞く。

は~い。
あっ すいません。

現れたのは 20代の主婦。

5年ほど前から
コケにハマっているという。

こちらです。   あっ これですか?
はい これです。

窓際に並ぶ
大小さまざまなガラスケース。

その数 20以上。

(ディレクター)コケテラリウム?
(井上)はい。

へえ~。

こういう感じの
パックになってるんですけど。

女性は さまざまな種類のコケを
買っては

自分好みのコケテラリウムを
創作しているという。

へえ~。

僅か20センチほどの
ケースに

10種類以上を植え込む事も。

ミニチュアだね。

(井上)屋久島のいろんな所に

いろんな種類のコケがある感じを
再現しようと思ってて…。

(ディレクター)はってますね 確かに。

(ディレクター)ここ かわいいですか?
(井上)かわいくないですか?

一体…

(井上)乾燥しちゃうと
死んじゃったような感じに

見えちゃうんですけど
水あげると

また ふわっと
再生してくれるので。

女性は 週5日 朝5時から
パン屋でアルバイト。

自宅に戻ったあとも
掃除や洗濯 食事の支度など

家事に追われる日々。

そんな時 元気をくれるのが
コケだという。

(井上)強いなって思いながら
見てますね。

へえ~ コケか。

このあと!

驚きのマニアぶりに密着!

こうやって やりながら。

すごいですね。
見てると すごいですね。


えっ?

(久保田)そうですね。

頑張れるって。 コケを見てると

私も頑張らなきゃと思う
みたいなさ。

どうですか? コケ。

みんな やりますよね?
一回は。

これは コケ… めくれて
大きく取れたぞみたいな。

いいの?
そりゃ いいじゃないですか。

へえ~。

実際に 家で コケを見るよりは
コケが生えてる所の場所まで

行った方がいいんだ?
家の中でもいいんですよ。

はあ~。

あるんですよ。
へえ~。

コケテラリウム 実は
まだまだ すごいのがあって

人気出てるんですよ。
こっち ご覧下さい。

こちら
コケの専門店なんですけれども

去年から 母の日に合わせて

ギフト用のコケテラリウムを
作ってます。

1つ 3, 000円から5, 000円ほど
なんですけれども

今年は全国から300個以上の注文が
既にあったそうなんですね。

よく見て頂くと
ガラスケースの中には

コケだけじゃなくてですね

動物のお人形も
置いてあったりするんですね。

箱庭じゃん もう。
いやいや まだ もう一つ

驚いて頂くものがありますから。
はい どうぞ。 こちらです。

持ってきたよ 何か。
(木村)コケが来た。 コケですよ。

(牛窪)こちら
最新のコケテラリウムを

製作者の野田耕三さんに
お持ち頂いたんですけれども。

(木村)ありがとうございます。

何 何?
(牛窪)野田さん お願いします。

あるものって 何?
はい これです。

(久保田)じゃあ どうぞ。
(木村)これ コケ食べれる…?

岩と石とコケ。

おじゃがだわ。 おじゃが。

(野田)
このように マッシュポテトと
フォアグラのソースを

丸い形に絞り出します。
その上に

乾燥させたホウレンソウの粉末を
振りかけ

コケに似せているんです。
これがコケになるのか。

あっ それっぽくなってきた。

(野田)周りに 米やパンで作った
砂や石を置き

最後に
マイクロリーフを植え込んで

コケテラリウムの雰囲気を
出しております。

これね。

火山。


(久保田)シャクシャク いい音…。
おいしいです でも。

普通の前菜。

話がね 盛り上がるよね。
あれ食べてみ これ食べてみって。

(久保田)
お客様は どんな反応されます?

こちら コース料理の
最初の1品目で

お出ししてるんですけども…

そうだよね。

突然ですが
鋼太郎の ちょっと大変ですよ。

所さん 佳乃ちゃん。
女性に大人気のコケですが

この男の事も忘れちゃいけません。
田中さんかな?

その人物が こちら。
忘れてていいって。

田中卓志です。

お笑いコンビ…

実は コケブームの
はるか前から

その魅力に
取りつかれてきた…

このスナゴケの上の部分も
いいんですけど…

次は こちらですね。
アラハシラガゴケと スナゴケを…

(田中)飛び地になっちゃってる。

そんな田中さんが 今 どうしても
欲しいコケがあるそうです。

大型犬の背中のような
コケが たくさんあるんですよ。

という訳で…

コケの専門家と
モフモフゴケを探しに行く事に。

(田中)いいですね~!
もう いっぱい!

あ~! すごい!

果たして その…

残念。 モフモフ度 1。

それじゃ 足んないんだ。

更に奥へと進みます。

この辺が ホソバオキナゴケ。

(田中)
知ってる 知ってる。

いがぐり頭
みたいな感じ。

続いては 木の幹に生える
ヒムロゴケ。

(田中)え~!
うわ~ モフモフ!

ヤンキーの頭みたい。

ヤンキーの頭
触り行きゃいいじゃねえかよ。

田中さんの求めるモフモフゴケは
なかなか見つかりません。

あっ!

モフモフ。

現れたのは
主に標高の高い湿地に生える…

(田中)いきますよ。

これには 思わず!

こうやって やりながら。

そのモフモフ度は…。

程よい柔らかさ。
そして 毛足の長さ。

ゴールデンレトリーバーだ。
モフモフ度がナンバーワンですね。

じゃあ 俺 これ…

ここは 富士山の麓 青木ヶ原樹海。

国立公園で やっちゃダメでしょ
ロケ。

コケを愛する皆さん
ルールを守って楽しんで下さいね。

手を出してはいけない
甘く危険な魅力って

ありますよね。 どなたか…

いつも余計な事 ひと言 言うよね。

佳乃さんは お仕事とか
おうちの事 ちょっと疲れた時に

これをしたら癒やされるとか?
私の場合は…

(一同)ああ~。

ホラー映画?

ホラー映画見ちゃうと…

なってないよ この人。

そうなんです。
ここ最近 みんな…

落ち着くの?
(牛窪)分かる。 私も

韓国ドラマの復しゅう劇を…。
みんな そうじゃん。

(木村)あれ 相当ドロドロ…。
ドロドロしたものを夜見るのはいい。

先生しか言ってない。
脳科学的には それダメなのに…。

ダメって言っても
みんな そうだよ。

チマチマ チマチマ…
こういうのを作って。

子どものなんですけど。
あっ 上手!

これ 久保田さん 相当上手だよ!
うまいね!

小さいものに こうやるの
分かります すごく。  いいね!

ありがとうございます。
相当上手だよ!

(木村)私の靴下…。
(モーリー)所さん 佳乃さん。

まだまだ驚いちゃ
いけないんですね これが。

そんなにあんの?
そうなんですか!

アンビリーバブルなんですけども
中には…

はい こちらですね。

ニュージーランドなどに
自生する

ドウソニア・スペルバという
コケです。

えっ こんな高いの!?

コケなの? これ。
続いては アイスランドにある

シモフリゴケ。
きれい~!

(モーリー)18世紀に起きた火山の
噴火で流れ出した溶岩の上に

大繁殖しました。 ほかの植物が
生えない所でも生えちゃう

その生命力という事なんですよね。
驚きでございます。


所さん 佳乃さん。
はい?

こちら 島根県の過疎化や
高齢化に直面している この地域…

皆さん 顔 元気ないですよね。
ないない。

これが コケ人気で
こうなりました。

やっぱ 緑 効果あるのかな。

何があったのか。
早速まいりましょう。

所さん! もっと大変ですよ。

ディレクターが向かったのは
島根県の山あいにある集落。

こんにちは~!

いきなり
すてきな笑顔の夫婦を発見。

なんと男性は…

かつては 米を作っていたが…

うわ~
立派なコケ。

笑いが止まらないのは どうやら
コケ栽培の手軽さにあるようだ。

この辺りは 湿気が多く
勝手にコケが生えてくる。

そのため…

へえ~。
へえ~。

拾ったコケを 細かくちぎり
ばらまけば 植え付け完了。

米作りのように 土を耕したり
田植えをする手間はかからない。

更に 雨水で育つため…

それでも 1年後には
ご覧のとおり。

こんなに楽なのに 面積当たりの…

あっ あそこにもあります!

調べてみると
同じようにコケを育てる

笑顔のシニアを次々発見。

そりゃ そんな話聞いたら
みんなやるよね。

コケある所に 笑顔あり。

まさに
コケマジックとでもいう事か?

更に…

やっぱり! はあ~。

過疎で悩む集落に
笑顔をもたらしたコケ。 しかし…。

ここで ディレクターに
ある疑問が。

訪ねたのは メッキ加工で
定評のある金属加工会社。

こちら どうぞ。
あっ ここですか?

案内されたのは 工場の一角。

コケは この点検用のはしごを
登った先にあるという。

という訳で 念のため
安全ベルトを装着し…

恐る恐る
はしごを登ってみると…。

屋上いっぱいに広がる…

あららら…。

これは 一体?

工場立地法という法律が
ありまして…。

ああ~。

法律によれば 大規模な工場では
敷地面積の20%分の緑化が

義務づけられている。

この会社では
工場を増築したため

地上の植物だけでは足りなくなり
屋上を緑化。

コケは 根を張らず
水やりもいらないため…

更に!

屋根にコケを設置した事で
空調費を抑える事にも成功。

思わぬ効果を生んだという。

こうしたコケの利用は

2020年に開催される
東京オリンピック

パラリンピックの暑さ対策
としても注目されている。

あの過疎の集落で コケを育てる
お年寄りたちの笑顔は

これからも続きそうだ。

本当に。

笑顔でよかったです。
米の10倍って聞いちゃ

隣もやるわ。
若者も帰ってくるって話ですよ。

コケが温暖化対策に効果がある
という事に 目をつけてですね…

あっ!

(牛窪)実は この方
ふだん クリーニング店を

営んでるんですが 集配の車の
屋根にもコケがびっしり。

生やしたね これ。
男性が かぶっている

こちらの帽子
地球温暖化防止帽子。

住んでる地域に 緑が
少なかった事もあって コケで…

ちなみに…

声かけると…

…と言って
返事して下さるそうです。

(久保田)コケだから。
おはようございMOSS。

モスグリーンのMOSS。
MOSS。 いいねえ。

苦い経験?
何? 苦い経験って?

コケね。

意外や。

あの このぐらいのやつ。
ここにいますよ ここに!


関連記事