朝だ!生です旅サラダ うつみ宮土理が鳥取で極上和牛&幻エビに舌鼓&台湾(秘)グルメ ラッシャー板前、山代エンナ…


『朝だ!生です旅サラダ うつみ宮土理が鳥取で極上和牛&幻エビに舌鼓&台湾(秘)グルメ』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/16(土)
朝だ!生です旅サラダ うつみ宮土理が鳥取で極上和牛&幻エビに舌鼓&台湾(秘)グルメ[字]
うつみ宮土理さん“一度は食べたい”美味しいものを求めて鳥取へ!日本一といわれる和牛&牛乳に感激!▽台湾・台北「絵になる」(秘)グルメ&絶景旅!小籠包づくりにも挑戦!
詳細情報
◇内容Ⅰ
【海外の旅】
4週にわたりご紹介する台湾の旅・1週目!今回は、パワー溢れる台北で(秘)グルメ&スポット巡り!鮮やかな赤の激辛料理や、宝石のようなスイーツ小籠包に舌鼓。そして、ノスタルジックな街・九フンを訪れ癒やされます! ほか
◇内容Ⅱ
【ゲストの旅】
うつみ宮土理さんがグルメの宝庫・鳥取で“一度は食べたい”ものを求めて旅をします!海鮮市場では“幻のエビ”に感激し、白イカとともに満喫。さらに、肉質日本一の最高級鳥取和牛や県民が愛する牛乳を堪能します。 ほか
◇内容Ⅲ
【週末行ってみっか!】
14日に開幕した「サッカーW杯」にちなんだお出かけスポットを紹介!日本代表が対戦する国の文化に触れます。“コロンビア”はコーヒー!権威ある品評会で1位になったコーヒーを表参道でいただきます。
◇内容Ⅳ
【ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅】
滋賀県編・第2弾!今回は、近江八幡へ。近江牛を使った美味しいものを探す途中、滋賀ならではのグルメに遭遇!衝撃をうけるヒロド…果たしてプレゼントは!?
◇内容Ⅴ
【生中継のコーナー】
ラッシャー板前が、岩手県・洋野町からリポート!三陸沖に広がる“○○牧場”とは!?
◇出演者
神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前、山代エンナ(旅サラダガールズ)、ヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)
◇ゲスト
うつみ宮土理
◇おしらせ
☆番組公式Facebook、Instagramやってますっ!
【番組HP】http://www.asahi.co.jp/tsalad/
【Facebook】https://www.facebook.com/tabisalad/
【Instagram】https://www.instagram.com/tabisalad/
Capture20180616-094758.jpg 


『朝だ!生です旅サラダ うつみ宮土理が鳥取で極上和牛&幻エビに舌鼓&台湾(秘)グルメ』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

朝だ!生です旅サラダ うつみ宮土理が鳥取で極上和牛&幻エビに舌鼓&台湾(秘)グルメ
  1. ウニ
  2. 台湾
  3. お願い
  4. 本当
  5. お店
  6. 牛乳
  7. 洋野町
  8. オレイン
  9. 感じ
  10. 台北



『朝だ!生です旅サラダ うつみ宮土理が鳥取で極上和牛&幻エビに舌鼓&台湾(秘)グルメ』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


いきます!

う~ん、おいしい。

きれいだね。かわいいね。

ぜいたく~。

こんにちは~。
あら、すてき!

すごいフルーティー!

色とりどりの、豪華なつくりですね。

来ました、夜市!

人もたくさんで、活気がありますね。

当番組は同時入力のため、誤字脱字が
発生する場合があります。          

また、内容により字幕放送を中断させて
いただく場合があります。            

おはようございます。

2018年6月16日、土曜日の朝です。

さあ、あしたは父の日。
何かしてくれますかね。

期待しててね。
これから何か考えます。

大体するでしょう。

お父さん、待ってますよねえ。
そして、ロシアワールドカップも。

ロナウドがすごかったですね。

見てました。
全米オープンもやってます。

我々眠いんですよ。

華やかな季節なんですけど、華やかなお
客様に来ていただきました。

うつみ宮土理さんです。
おはようございます。

お願いします。
おはようございます。

よろしくお願いいたします。
私、この番組、初出演でございます。

そうですね。
よろしくお願いします。

鳥取県を旅されました。
ええ。

まあ、まあ、おいしい!
鳥取県、おいしい?

おいしい!
びっくりです。

随分と長い事生きてんですけど、

いやあ!おいしいって。

本当に思いました。

ちゃんと初体験もあったわけですか。
ええ。

うつみさんのまあおいしいは後ほどの楽
しみということで、生中継はどこですか。

呼んでみましょう。
ラッシャーさん。

おはようございま~す。
岩手県は、

洋野町にやってました。

皆さん、見てください。
私の後ろの海、○○牧場と呼ばれていて、

高級な海の幸を育てているんです。
海なのに、牧場ですよ。

さあ、

きょうも元気に行きましょう。

スタジオにはヒロドアナウンサー、そし
て、きょうからは、

旅サラダガールズ、一般公募、

山代エンナちゃん。

イラストレーターだよね。
山代エンナです。

よろしくお願いします。
余り気を遣わず、気ままにやってくださ

い。
ありがとうございます。

我が家のようにね。
うれしいです。


ありがとうございます。
まずは「週末行ってみっか!」

美佳ちゃん。
きょうは日帰り、どんなの?

行ってきましたよ。
いよいよワールドカップが始まりました

よね。
皆さん、寝不足だと思うけど、元気に行

きますよ。
きょうは、来週日本が対戦する、第1次

リーグ、来週始まりますが、今回対戦す
る3カ国をめぐってまいりました。

攻略にもつながると思うので。
ちょっと…。

日帰りで?
日帰りで。

行けるんですよね。
行ってみっか!しちゃいました。

どうぞ!
週末行ってみっか!

今回は、東京でワールドカップの
対戦国の文化に触れます!

日本が対戦するのは、
コロンビア、セネガル、ポーランドの3

カ国。
まずは、初戦、

南アメリカの北西部に位置する
コロンビアから。

コロンビアといえば、

コーヒー豆の生産量が世界第3位。
ということで、

表参道にある、こちらのお店へ。

早速いい香りがしますね。

ありがとうございます。
コーヒーの香り、いいですね。

はい。
こちらは、シングルオリジンという、

1つの農家がつくった
上質なコーヒー豆を扱う専門店。

世界中からおよそ30種類を仕入れてい
ます。

昨年のカップ・オブ・エクセレンスがあ
りまして、

その去年のコロンビアのナンバーワンの
コーヒーが、まずは一番のお勧めですね。

すごい。
「カップ・オブ・エクセレンス」とは、

いわばコーヒー界のアカデミー賞。
言われてみれば、

豆も神々しく輝いているような…
2階の喫茶スペースで、

ひきたて、入れたての
コロンビアナンバーワンを

いただけるんです。
お待たせいたしました。

失礼いたします。
ありがとうございます。

このフレンチプレスで入れると、
豆が持っている風味

全てを味わえるそうです。

16グラム、粉を

器具にそのまま

入れてしまいます。

タイマーを4分セットしまして、

スタートします。
4分なんですね。

まずは熱湯を勢いよく半分ほど入れて…

30秒ぐらい待ちます。

今度はゆっくりと
残り半分の熱湯を注ぎます。

ふたを閉めて、じっくり待つこと4分。

おっ、

鳴りました。

入れたてをいただきます。

わっ、へっ、はっ、

果実?

すごいフルーティー!
苦みがすごい押さえられてて、コクがあ

るんだけど、すごい華やかですね。
ブラックで苦手という方でも、これだっ

たらいけちゃうと思う。
コロンビア ナンバーワンのコーヒー、

オススメです。
第2戦は、

アフリカ大陸最西端に位置するセネガル。

荒川区町屋。

ここにセネガルにまつわるものを扱って
いる

珍しいお店があります。


こんにちは。

お邪魔します。

すごいたくさん並んでるの、これは何で
すか。

ジェンべという太鼓です。
ジェンべ。

セネガルとかでたたかれている楽器です。

そうなんですね。

ジェンベとは、
西アフリカ発祥の太鼓のこと。

かたい木をくり抜いた胴体に
ヤギの皮を張っています。

こちらでは、材料を現地で調達し、
お店で製造、販売しています。

いいんですか。

初挑戦です。

真ん中に手を置いて。

そのままドン。

そうです。
難しい。

そうです。

これが一番低い低音。

今度は、指先と指のつけ根で
太鼓の端っこをたたくと…

(高い太鼓の音)

高い音がでるんです。

おー!

せーの。

おー!

楽しい!

セネガルを肌で感じました。

第3戦は、

中央ヨーロッパに位置するポーランド。

多摩市で、ポーランドの文化に

触れられるところがあるんです。

訪ねたのは、こちらのお宅。

こんにちは。

あら、すてき!

こんにちは。
こちら、どうぞ。

お願いします。
ありがとうございます。

ポーランド出身のカリーナさんは、
日本人のご主人との結婚を機に、

11年前に来日。
お料理好きが高じて、

自宅で料理教室を開いているんです。

きょうは何を教えてくれるんですか。

きょうは、水餃子。
水餃子?

ポーランドでも水餃子を食べるの?

本当に100%のポーランド水餃子。

ポーランド語でピエロギといいます。

ピェロギというんですか。

ポーランド定番の家庭料理、

ピエロギ、

まずは皮づくりから。

穴を大きくしようか。
それは20分ぐらい、ずっとまぜてくだ

さい。
そうなんだ。

しっかりこねたら、

少し厚めに生地を伸ばし、コップでくり
抜いていきます。

具材は、マッシュルームと乾燥ポルチー
ニ。

まだまだ。

きょうはいっぱいつくる。
そしたら、

ちゃんと閉めてください。

どう?
きれい。

すごいきれい。
10分ほどゆでて…

炒めた玉ねぎをかければ完成です。

でき上がり!

いただきます。

どうぞ。

ポーランドのおふくろの味、
ピェロギです。

あっ、

うん!おいしいね!

よかった。
皮がぷるんぷるん。

これいっぱい食べたくなっちゃう。

こっちも食べてみてもいいですか。
どうぞ。

ほかにも、具材に
ポテトとチーズを使ったものや、

ラズベリーやいちごなどを入れたものも
つくったんですよ。

ベリーがいっぱい出てきた。

うん!

よかった。

甘ったるくないから、

おかずとして食べれるのがわかりました。

おいしい。
よかった。

おいしい、おいしい。

ポーランドの家庭の味。
ごちそうさまでした。

きょうは東京で

コロンビア、セネガル、

ポーランドの

文化を大満喫できました。
皆さんも「週末行ってみっか!」。


ピエロギとか、

フルーツとか、中の具材で味の変わるの

そうなんです。
中の味つけも、塩、こしょう、

たっぷり目のペッパーなんですけど、シ
ンプルなお味なんだけど、

優しくて、おいしくて。

ラビオリみたいな感じだよね。

皮も家にあるものでできますから。
できちゃいますね。

全部手づくりというところがいいわね。

あったかい感じで。

ヨーロッパの人って、最初からつくりま
すよね。

日本は買ってきて、やっちゃうけどね。

温かさがあって、カリーナさんも、

すごく優しくて、

ポーランドのいろんなお話を伺えて、

楽しかったし。
あと、コーヒーどうだったの?

コーヒー!
驚くほどおいしいんです!

果実の香りがするの?

そう!
そして、フレンチプレスに入れると、

最初はすごいフルーティーなんです。
でも、時間がたつにつれて、

また酸味がふえたりとか、渋味がふえた
りとか、

どんどん変わってく過程が、

私、初めての経験で、

これは皆さん本当に味わってほしい。

行ったらいいね。

世界各国の楽しみを

東京で味わえちゃうので、

ぜひ、

行ってみてください。

すてきな情報でした。
さあ、お待たせいたしました、

うつみ宮土理さんの旅です。
今回鳥取県を旅されました。

どうして?

おいしいから?
おいしいから。

景色もですから。
ちょっと

地味な県というイメージがあるんですけ
ど、

飛んでも8分、歩いて10分…。
ちょっと古い…。

僕はわかります。

きょう2人いるということですね。
本当においしい!

特においしいもの、いただいてまいりま
した。

うつみさんのこのボディーイメージから
考えると、ちょっとずつしか召し上がら

ないというイメージが…。
イメージが…。

物すごい、私、食べることに生きてるよ
うな。

何が一番好きなんですか。
肉!

すごい!
朝昼晩、肉でいいんです。

鳥取がおいしいんですね。
鳥取が!

おいしい鳥取、見てみましょう。
おいしい!

おいしいです。
ああ、

いや~、

砂丘だわ。
すごいですよ。

こういうふうに下がっていって、

ぶわ~んと。

砂の稜線というんですか、きれいですね。
こんな広大な自然を見たのは

どれぐらい久しぶりかしら。

3万年もの歳月をかけて生まれた
鳥取砂丘。

南北2キロ、東西16キロにも及びます。

この雄大な風景を見て、私が思うのは…

鳥取県東部、日本海に面する鳥取市。

港町を訪れたら、

まずは市場に行きたいですよね。

向かったのは、こちらです。

どうも、

こんにちは。

おいしそうですね~。

おいしいですよ。
お兄さん、

イケメンですね。

そんなことはないです。

アジだ。

こんな大きいの?

そうです。
もっと大きくもなるんですけど、

これ中サイズですね。

真鯛も…。
真鯛が300円!

うわあ。

安いね~。

漁協の直営店を中心とした4つのお店が、

新鮮な海産物や加工品を販売しています。

今一番のお勧めは

何?
こちらのモサエビです。

モサエビ?

これが一番お勧めですね。

モサエビを、

うわ~!

生きてる生きてる。

この新鮮なモサエビを食べたいと、
市場の隣にある、お食事処へ。

こちらは、海水を引いたいけすに

旬の魚介が泳ぐ人気店。

これはすごいですね。

泡でよく見えないんですけど、

どんなものが泳いでいるんですか。
元気がいいですね。

わあ~!
イカ。

活イカです。

これから旬を迎えます白イカなんですよ。

大好物なので、イカもお願いしました。
いけすで泳いでいたイカを

生きたままさばきます。
失礼いたします。

えっ?

本当に一人前ですか。

そうです。
これで1人前?

1人前です。
すばらしいですね、盛りつけもきれいだ

し。
まずは、白イカの姿造りから。

おいしい。

こりこり。

めちゃくちゃおいしいですね。

モサエビが8尾も乗った丼。

頭は唐揚げにしてあります。

オイチー。

何というか、ぷりっとしてて、上品な主
張があるという。

何か笑っちゃいますね、

おいしくて。
本当に気に入りました。

ありがとうございます。
お腹を満たしたところで、散策へ。

きれいね。

入ってみようかなあ。

失礼します。
こんにちは。

夏になったら、

こんなうちわ、

すてきね。
すてきですね、

これ。

ねえ?

風も気持ちいいと…。

ああ、すいません。
ありがとうございます。

ここ鳥取は、昭和初期に
日用品に美しさを見出す

民芸運動が起こったところ。

店内には、職人さんの手仕事が

生み出す品々が並んでいます。

これいいなと思ったんですよ、

これ。

立ちびな。

これいいですね。
一つ一つ

手描きで。

本当?
顔が違いますね、微妙に。

これ、うちに飾ろう。
何かぱっと華やかになって、

いいじゃないですか。

手仕事が盛んな鳥取で、
ぜひ行きたかったお店へ。

あっ、あった!

万年筆博士。

うれしいな~。

何だかいい感じ。
こんにちは。

いらっしゃいませ。

フルオーダーの

万年筆をつくっておりまして、

こちらがサンプルになります。

べっ甲、

黒水牛。

せっかくの手つくりですので、

握り心地のよいものとかね。

万年筆をすべて手づくりする、
国内はもちろん、

世界でも珍しいお店です。

私も、

万年筆

持ってきました。
これ、

お便り、

よく書かれるんですか。


トラブルがあって、

うちの亭主のキンキンからもらったもの
なんですけど、ちょっとね、見ていただ

きたいと思ったんですよ。
いい?

どうぞ、どうぞ。

何かちょうどよかった。

何かね、インクをつけても、まだらにな
っちゃうんですよ、これ。

そうですか。
ほら。

出たり、出なかったり。
これ何なんでしょう。

ほら。
お手入れをされたことはございますか?

ないですよね。
お手入れって、どういうふうにすればい

いんですか。
水を入れたり出したり、ずっと繰り返し

ていくと、乾燥したインクが溶け出して
いきますから、それから新しいインクを

入れられたら、大分元に戻ったと思いま
すので、ちょっと…。

どうぞ。
スムーズだと思います。

そうですね。
流れるようなきれいな字ですね。

美しいです。
「世界にたった一本の万年筆」は

奥の工房でつくります。
万年筆本体とキャップをつなぐ

ネジを削る作業を見せていただきます。

すごいな。

リズム…。

足で踏んだ力が
縄を通してろくろを回します。

およそ30分で

1つのネジができ上がります。

全ての工程を1人で行うため、

手元に届くのは1年以上も先。

さらに、特別なインクもあるそうです。

天然のイカ墨、

イカからとれるイカ墨で

インクができるんです。
へえ~。

イカ墨のことを

ラテン語では

セピアというんですけれども。

セピア色ってイカ墨色のこと?
ぜひどうぞ。

いいですか?
いや~、何だか申しわけないですね。

いい色ですね~。
優しくて。

優しいんですよね、とっても。

これがセピア色。

モーツァルトも

ベートーベンもみんな、

楽譜はこのセピアインクで書いたんです
ね。

そうですか。

キンキンにもらった大切な万年筆用に

この素敵なインクを買いました。

少し早めの夕食は、

どうしても食べたかったもの。

ジュジュアン。

いらっしゃいませ。

こんにちは、お邪魔します。

楽しみにしてるんですけど、

こちらに

えっと…。

オレイン55。

あると聞いたんですけど、

本日はご用意して

お待ちしております。
うれしいです。

こちらは炭火焼きの人気店。

まだかな。

鳥取和牛は、去年、肉質日本一に輝きま
した。

その中でも“オレイン55”は
鳥取和牛の最高級品。

脂肪にオリーブオイルの主成分、

オレイン酸を豊富に含むのが特徴です。

こちらが希少部位のオレイン55のシャ
トーブリアンです。

希少部位。
そうです。

鳥取和牛の中で全体の2割しか

オレインがないんですよ。
2割?

申しわけないですね。
いえいえ。

希少なオレイン55の中でも、
さらに希少なシャトーブリアン。

味つけは、シンプルに塩とこしょうのみ。

かなり焼くと広がってくるんですよね。

いい肉は大体広がってくるんです。
縮むんじゃなくて?

縮むんじゃなくて。
何かお手伝いしましょうか。

いや、大丈夫でございます。

どうやって切るんだろう。

さいころのように切るのかしら。
それともそのまま…。

そのまま食べて…。

ミディアムレアです。

ミディアムレアです。

一応塩をしていますので、ワサビをちょ
っとつけていただいて。

オレイン55、いきます!

う~ん、

オレインだ!

やわらかい。

そうですよね。

肉汁がジュワっと、すごい!

おいしいものを食べるために朝、

目が覚めて、

頑張ろうという気になって、

夕飯にかけるんですよね。

本当においしい。

ステーキには赤ワインが欠かせません。

地元のものを合わせます。

おいちい。

肉好きの私も納得の味でした!

うつみさん、

オレイン55、どんな感じ?

もうね、説明できない。

物すごい…

おいしいって!

お肉の周りに脂があるけど、

中には余りサシが入っていないじゃない
ですか。

だけどやわらかい。
希少部位。

最高だよね。

あの大きさをぺろっと食べれるわけでし
ょう?

ぺろですよ。
焼き方もうまいし。

おいしそう。
塩とこしょうだけでね。

最高でしょう。
ワサビがきいてた。

このワサビもこうやってひいてくれたワ
サビ。

おいしかったですね。
もう一度行きたいです。

プライベートで。
そうですね。

エビだって、あの量を食べるんですから。
イカもね。

イカも、

何このイカというぐらい、

歯ごたえがあって、味がいいのよね~。

鳥取恐るべしですね。
もう鳥取は

おいしい!

続いて何おいしいもの、

行くんですか?
続いては。

またおなかすいちゃうんだ。
すごい、牛乳なんですけど、

そんじょそこらの牛乳じゃない。

もう白バラ牛乳と呼ばれていて、

肌が白バラのよう。

それで、ちょっと水みたいなんですけど、
飛んでも8分。

ああっ、牛乳!まじりっ気ない。

そんなに違うんですね。

牛乳の親御さんは、

何だか知ってるでしょう?

牛。
牛は、親御さんと違う。

普通の親御さんと。
違う親御さんのミルク、

見てみましょう。

あらあ、きれい。

うわ~!

ああ、きれいですね。

私、

うつみ造園という


だから、朝起きると、

今でも庭の手入れ…。

お花が大好きな私が来たかった、
国内最大級の植物園。

花回廊(はなかいろう)の名のとおり、
周囲1キロにも及ぶ展望回廊に

囲まれています。
遠くに名峰・大山を望みます。

胡蝶蘭のウエディングドレスだ。

ちょっと…。

こう?

ちょっと…。

こうですか。

帽子がおかしいかな。

ウエディングドレス。
ぜいたく!

コチョウランで飾られた通路の先に

私の一番好きなお花があります。

あらあ、

また、何か芸術的。

バラの色が

いろいろで。

およそ190品種、1000株のバラで
す。

あらあ、

これ私初めて見た、この小さい

このバラ。

これは知らなかったな。

花はきれいですよね。

命を感じるんですよね。

花。
花って、かわいいのよ。

きれいだね、かわいいねと言ってあげる
と、

次はもっと元気になる。
夢のよう。

大好きなバラに囲まれて、
すてきな時間を過ごしました。

いよいよ目的の日本一と言われる牛乳へ。

伺ったのは、

県内の酪農家が集い、つくった工場。

どなたかが…。

どうも初めまして、

お世話になります。
よろしくお願いします。

うつみ宮土理です。
きょうはよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

白バラ牛乳、おつくりになっていらっし
ゃるんですか。

こちらの工場でつくっております。

白バラ牛乳は、鳥取県民に親しまれてい
ます。

まずは工場を案内していただきます。

牛乳大好きなんです、

私。
こちらが

瓶の牛乳の充填機になります。

私ども、

いい乳質の

生乳というものを大事にしています。

牛群検定という、という牛の健康診断と
いうものをしています。

お母さんの?
はい。

こちらの実施率が日本一なんです。
健康診断を受けた健康な牛

9000頭から搾った生乳が
この工場に集まります。

乳質のよさも
日本トップクラスなんだそうです。

鳥取県内はもちろん、

中国地方から関西、九州へと
出荷されています。

おいしい牛乳を良い場所で飲みたいと
向かったのは、

大山の麓に広がる放牧場。

では、

注がせていただきます。

ありがとうございます。

いただきます。

うん、

さらっとしてますね。

さらっと飲んでいただけて、

体にすっと入っていくような。
おいしいです。

ありがとうございます。

併設された店舗では、

牛乳を使ったさまざまな製品が
販売されています。

さらに、レストランでは

牛乳を使ったお料理を
いただくことができます。

はい、

お待たせしました。

うわ~、

ミルクですね。
しゃぶしゃぶです。

カツオと昆布で

お出汁をとった

ものに牛乳と豆乳を

1対1で加えたものを入れた形になりま
す。

特徴なんですけど、

こちらゆばができますので、

ゆばというのも一つのね。
豆乳だからね。

ありがとうございます。
健康的ですね。

そうですよ。
おいしい。

ありがとうございます。
めっちゃおいしいですね、これ。

いやあ、びっくり!
ありがとうございます。

この特製出汁で、鳥取の県産牛を
しゃぶしゃぶします。

いかがでしょう?

おいしいです。
ありがとうございます。

いつも食べてるしゃぶしゃぶと

違いますね。
そうですね。

飲み込むときにミルクの感じがして、

おいしいですね。
まろやかになって。

おいしい。

しかし、

牛も自分のお乳で

しゃぶしゃぶされるとは思わなかったで
すよね。

珍しいですもんね。

本当においしいよ。

何でこんなおいしいんだろうって。

牛肉もミルクもおいしいから。
牛肉も、

55もおいしいし、

オレイン55初めて。
見てたら、鳥取のお食事って、割とさっ

ぱり目?
さっぱりめだけど、純粋というか、まじ

りけなし。

たくさんの人に召し上がっていただきた
いなって。

これ好きだな。
おいしそうでしたね。

うわさなんですけど、映ってなかったん
ですけど、すごい買い物したんですって

何を…。

牛乳でできた…。
それはあなた。

バターとか。
チーズとか。

爆買いしたみたい。
おいしいのって、人に届けたいですもん

ね。
重かったけど。

でも、楽しんでいただけたら。
もう本当に

楽しませていただきました。

ありがとうございます。
どうもありがとうございました。

すてきな旅でした。
ありがとうございました。

さあ、続いては「ヒロドが行く!日本縦
断コレうまの旅」。

何を探してきたのかな。
今週は滋賀県に行ってまいりました。

今回の旅を四字熟語で言いますと、

琳琅珠玉(りんろうしゅぎょく)。
何?

琳琅珠玉。
宝石のように

美しい

宝石という意味なんですけれども、美し
くておいしいもの、

そしてうつみさんのような

お肉好きの方、必見です。

もうちょっと答えを言ったようなもんか
な?

「コレうまの旅」、行ってらっしゃい。
近江商人発祥の地としても知られる

近江八幡でのおいしいもの探し。
まずは駅前で聞き込みです!

突然すいません。

何かおいしいものがあるかなと思いまし
て、

ここら辺で。
おいしいもの。

おいしいもの?
近江牛。

近江牛。

というわけで、早速お店へ。

すごい見られちゃってる、

上から、店員さんに。
こんにちは。

すいません、こんにちは。

恥ずかしい。

「コレうま」史上恥ずかしいやつ。

もうばれてるというやつ。

恥ずかしがってはいられません。
取材交渉です。


すいません、旅サラダという番組でして。

あいた時間も無駄にはしません!

おいしいものを求め、

さらに町を歩いていると…

真相を確かめるため交渉した結果、

取材OK!

こちらは、琵琶湖でとれる

新鮮な魚を加工販売しているお店。

全て手づくりなんだそうです。

これはいわゆる鮒寿司ですか。

そうです。
えっ、待って待って。

私、

鮒寿司食べたことないんですけど、

どういうことですか。
ちょっと待って。

ブルーチーズによく例えられるんですけ
ども、炊いたご飯で

1年半ぐらい漬けておりますので、

ご飯が発酵されて

そのようなうまみになりますね。
恥ずかしながら、初めてですね。

そうですか。
滋賀県の名物です。

そうですよね。
名前だけは聞いていました。

天然のニゴロブナを塩とご飯で発酵させ
た、

滋賀の名物・鮒寿司!
いざ初挑戦です!

いただきます。

おー、

ああ、

大丈夫ですか。
チーズですね。

これは。
おー、

酸味が、

目がスースーしてきた!

発酵されてる関係で。

体によさそうですね~。
そうですね。

これもお酒のアテとかで、

珍味なので。

召し上がれますね。

かなりチン…。

でもくせになってきそうですね。

この酸味は。

そして、いよいよ
この鮒寿司でつくったアイスを試食!

レアチーズのようになっているというん
ですが…

それがレアチーズは、

ちょっと無理がありますよ。

いえ、召し上がってみてください。

自身が。
あります。

よし。

レアチーズ!

うそじゃない!

鮒寿司独特の臭みがちゃんと生かされて
るがゆえに、

レアチーズになっていますね。
おいしい。

鮒寿司の印象が変わりました。
そしてお待ちかね、近江牛をいただきに

再びお店へ。
ありがとうございます。

きれいなさしですね。
版画みたい。

こちらで使われているのは、

近江産の米や麦、ぬかで育てられた
最高級の近江牛!

特徴は、上質な脂と甘味なんだとか。

おいしそうです!
いただきます!

近江牛の特徴になっていますので。

何といっても肉質のやわらかさが、

想像以上です。
何か、

逆においし過ぎて

疲れちゃうみたいな。

こちらは、もう一つの人気メニュー、
醤油で仕上げた

和牛のローストビーフ丼です。

いただきます。

わあ~、

何だろう、

和風の感じがあっさりさっぱり、

でも

うまみのこってり感もあって、

お肉の。
本当においしい。

今まで食べたローストビーフの想像は、
1回外してください。

新しいローストビーフです。
と、ここで、失礼ながら、

近くにおいしいお店がないか
聞いてみると…

チーズケーキですか。

何というお店?

お肉の後はスイーツでシメたい!

さっそく向かってみると…

ありました!

本当に近い!
チーズケーキのお店。

アンデケンさん。

交渉の結果、取材OK!

噂のチーズケーキをいただけることに。

これですか。

マイルドで食べやすいゴーダチーズを使
い、

丁寧に泡立てたメレンゲで
フワフワに仕上げたという

スフレタイプのチーズケーキ!

ふわふわ。

このジャム、

パイナップルだ。

この上の部分が

パイナップルのジャムなんですけど、

パイナップルの甘みとチーズ、

合いますね。
甘いのが苦手な方でも

これならいけるし、チーズが苦手な方で
も、

これなら絶対いける。
というわけで、

今回見つけた5つの商品から
プレゼントに選んだのは、

最高級、近江牛のステーキです!

やった!

朝からどうぞ。
プリンだったら、

どうしようかと思った。

やわらかい。

でっかした!

ベリーギュー。

よっ、

ベリーギュー。

新しいのが。
おいしくて、疲れちゃう。

でしょう。
ほら。

やっぱり正しいでしょう。
伝わりました?

体がびっくりして。
疲れちゃうんですよ、おいしくて。

おいしい!
エンナちゃん、食べてる?

脂がきれいなんですね。

うつみさん、どうですか。
おいしい。

やわらかい!

幸せ。

霜降りも…。

最高でした。

それでは、

プレゼント応募番号の発表をいたします。

みんな無口になってる。

近江牛ロース肉400gを

5名様にプレゼントいたします。

すばらしい。

自信とこだわりをもって

厳選した近江牛ですから、おいしいです。
またあそこのお店の中で

無事に近江牛も食べ終わりましたんで、

ごちそうさまです。
番組に戻りたいと思います。

岩手県洋野町から生中継。

どうぞ。
何か、かぶってましたね。

呼んでみましょう。
ラッシャーさん!

奥に歌があったよね。

はい、きょうはですね、岩手県沿岸北部、

洋野町からの中継です。
この洋野町、

もう青森県との県境ですね。

あっち方面、あっち方面にちょっと行っ
たら、

青森ですよ。
洋野町、お天気は

小雨というか、寒いー!

地元の方も驚いてました。
異常だと、

この寒さは。
でも、

頑張りますよ~。
まずは、パートナーです。

どうぞ。
おはようございます。

ゆっくりゆっくり。

岩手朝日テレビの市橋里音奈です。

よろしくお願いします。
さあ、皆さん、

海の中にある牧場、何かわかりましたか
~。

○○牧場です。
それはウニ牧場なんです。

ウニでございます。

かぶりものをしてましたけど。
いや~、もう

ダイバーの方が潜ってますよ。

ご苦労さまです。

取れてますか?

見せてください。
うわ~!

それ全部ウニでございますか。

さすがウニ牧場!

キタムラサキウニといいます。

こちらでは、

実際にダイバーさんが潜って、

このように、収穫をしているんですね。
ラッシャーさん、ご存じでしたか。

岩手県は、全国でウニの漁獲量が

北海道に次いで2位なんです。
知りませんでした。

そして、

ちょっとうわさは聞きましたよ。
この洋野町のウニは、結構おいしい。

結構というか、すごくおいしいですから。

結構じゃないですね。
すごくおいしいという。

お話を伺いましょう。

種市南漁協宿戸実行部会長の吹切さんで
す。

よろしくお願いします。
吹切さん、このあたりは

ウニ牧場。どうして牧場?
これ、

本当の名前は

本当の名前は?

あれなんです。
忘れました?

増殖溝って書いてあります。

増殖溝と。
牧場じゃなくて、増殖溝。

人が何かやったんですか。

これは、

岩盤で

今私たちが立っている、こういう意味だ
ったんですね。

これが岩盤だったけど、これじゃだめだ
というので…。

ブルドーザーで掘って。

つくったんですね。
ブルドーザーがあるんですか。

何本か掘ったんですか?

はい。

何年かけて?

5~6年かかって。

それはウニにはいいわけですか。
はい。

ウニ、あとは海藻を2つの目的がある。
ウニだけじゃなくて?

海藻も育てる。
ブルドーザーで

人間さまが掘ったわけですね。

そうです。
すごい。

だから牧場でございますか。
このウニって、

どれぐらいで食べれるようになるんです
か。

3年から4年です。
まず小さいウニがあって、

それを放流するということですね。
はい。

海で育ててもらって、

海藻の多い場所に移動して、

ウニにして…。

それが3年から4年でございますか。
そして、今、ここ、

潮が引き始めているんですが、

もっと引くんです。

ごらんください。
満潮のときは私たちの

身長ぐらいまで

潮が満ちているんですけど、ここからだ
んだんと

引いていくんですね。
そして、溝は見えてきていますか。

こうなるんだ。

この溝がおいしいウニを育てるんですよ
ね。

これがね、おいしくなる。
1つの餌なんです。

この昆布がウニの餌になって。
ウニを育てるには、

昆布も必要なんですね。
これがあれなんです。

すごいわ。
味はもう…。

味はもう食べてみないと…。

お願いしていいですか。
じゃあ早速。

それじゃ、お願いします。

ありがとうございます。

あらかじめむいてもらいました。

ちょっと見てください。

この身の量!

随分たっぷり入ってますね。

これはなかなかないですよ。
いや~、ちょっと、

ずっしりした感じで。

いただきます。
洋野町のウニです。

うまい!

すごいですね。

何というんだろう。

味が、

ウニ自体の味

濃いわ~!

どこにもない味ですよ。

ウニって、とろけるという表現をするん
ですけど、

とろけながらもね、粒感が、

プチプチ感がある。
舌ざわり、

食感というのが、

これは洋野町のウニでございますか。

お見事。

きょうはですね、

岩手県洋野町の

ウニを紹介しています。
ここからは、

町内で食堂を営む庭さんに

ウニを使った料理をつくっていただきま
す。

よろしくお願いします。

洋野町のウニは

最高でございますね。

はい。
ウニを使った料理といえば、

まず何でしょう。
生ウニ丼でしょう。

いや~、

こちらにあったかいご飯を用意していた
だきました。

そして、そこへ…。
これに、ウニです。

お願いします。
いや~、

このタッパーの中にウニが。

もういいんじゃないですか。
えっ、

庭さん。

もう一つ。
はい。

ありがとうございます~。

これをじゃあ…。

何もかけなくていいんでしょうか。

ワサビもお醤油も要らない。

ウニの味を楽しんでください。
こういう感じで…。

いきます。

いかがですか。

いや~、

このウニの

味が強いわ!

濃いんですね。

やっぱり昆布、

いいやつを食べてるからですね。
そうです。

ご飯との相性も…。
さあ、そして、

こちらでは、ウニを焼いていただいてい
ます。

いい香りですね。

いただきましょう。
いいんですか。

どうぞ。

熱いですけど。

これやっぱり焼いても身が…、

こっちがいいわ。
こっちが特に。

この辺が…。
身が…。

香りもいいですね。

おいしい!

ぎゅっと詰まってますね。

最高です。

いやいや、

焼きいいですね。

生もいいけど、焼き!
焼き、

最高ですよ。

ちょっともう一口行っていいですか。

こういう感じで…。

顔で。

どうでしょう、

神田さん、こんな感じで。

きょう寒いから、

焼きがあったかいんですよ。

いい湯気ですね。

寒いから。
そして、

卵ですか?

卵焼きです。
これは何か入ってるんですか。

卵が入ってますけど。
これは何ですか。

これはかぜ水なんですけど。

何ですか、これ。

塩ウニをつくるときに、

中で浸透圧で出る

水なんですけど。

それを卵に入れるわけですね。

はい。
つくります。

今からいきますか?
結構たっぷり。

ウニ水ですよ。

これを…。

がばっと入れます。

入れて焼きます。
これ、

卵焼きでよろしいんでしょうか。

はい。
卵焼きにせっかくですから、

このウニを上げて、

生ウニのほうを上げて、

あぶります。

この焼いたやつを…。

この上に乗せるんですか。

乗せてください。

ああ、

バーナーだ!

しっかりとあぶっていくんですね。

これをあぶって。

これ何というお料理でしょうか。

かぜ水の卵焼きです。

卵焼き。
ウニ乗せです。

このかぜ水が

すごくウニの

うまみを強くするというか。
いいですね。

発酵食品になってますから、

チーズのような

味わいが。

濃厚なチーズのような。

いろいろ楽しめました。

たくさんつくっていただきましたが、

ここ洋野町のウニ漁は

来月旬を迎えるんですよね。
これからまたどんどん

おいしいウニがたくさん食べられるんで
すよね。

皆さんもぜひ洋野町に来てみてください。
以上、中継でした!

さあプレゼントしましょう。
中継先より

ごらんの

洋野町産の

生ウニとかぜ水をつけまして、

5名様にプレゼントいたします。

続いては?

海外の旅です。
台湾です。

海外の旅です。

旅に行ってくれた一般公募で選ばれた

山代エンナちゃん。

プロの兵庫県出身のイラストレーターで

アーティストのCDジャケットや

個展もやってますよね。
はい、させていただいています。

きょうがデビューですね。
おめでとうございます。

ありがとうございます。
エンナちゃんには、

旅先の風景もイラストにきりとってもら
っているんで。

描かせていただきました。

私の初めての行き先、台湾の

台北です。

おいしい食べ物にすてきな景色、

たくさん絵心を刺激されてきました。

それでは、ごらんください、どうぞ。

活気あふれる街。

元気の源、彩り豊かな台湾グルメ。

どこか懐かしさを感じる街並み、

そして美しい自然の風景。

私の中の絵心を刺激する、麗しの島、台
湾。

今週は、北部の巨大都市、台北を旅しま
す。

台湾を代表する街、台北。

数多くのビルが立ち並び、

たくさんの自動車やバイクが行き交う、

台湾の経済、そして政治の中心です。

おー。

台北。

やっぱり

活気がありますね~。

人も車も

バイクも多い。

街の空気感やにおいも日本とは全然違い
ますね。

あと、看板が全部

カラフル。

印象的ですね。

絵になる風景を探して

散策します。
すごい立派なお寺ですね。

歴史を感じさせる雰囲気がすごくしてき
ます。

こうやって見るだけでも細工の細かさや
豪華さが

すごく伝わってきますね。

ビルの谷間に色鮮やかなお寺を見つけま
した。

みんなお参りしてますね。

中もまた、

色とりどりの豪華なつくりですね。

ここは台北で最も古いお寺。

ご本尊は観音菩薩です。

台湾の人々の厚い信仰を集めています。

皆さん何か投げてる。

何やろう。

これは古くから伝わる占い。

ジャオベイと呼ばれる

三日月型の木片を2つ投げます。

表と裏が出れば、

観音様に願いを聞いてもらえるそうです。

すてきな旅になるようにと

願いを込めて私もやってみます。

表と裏です!

やった!

表と裏になった人だけ
おみくじを引くことができます。

23番。

あっ、

何となくよさそうな気がする。

日本で言う中吉。

チャレンジすれば、願いは叶う。

そんなことが書かれていました!

仏様

ありがとうございます。
頑張ろう。

私の旅のスタート、早速ペンをとります。

極彩色に彩られた、この美しいお寺を

スケッチブックに残していきます。

台北の最初の思い出、

こんな絵に仕上がりました。

ランチは、地元で人気の四川料理のお店
へ。

オススメの料理をいただきます。

いい香り。

えっ、

これは…。

見るからに辛そう!

熱した油に、大量の唐辛子、

さらに豆板醤を加えます。

これを湯通しした野菜とお肉の上にかけ、

たっぷりの山椒を乗せればできあがり。

唐辛子の焼けるような辛さと

山椒の痺れる辛さ。

両方を一度に楽しめます。

おいしい。

辛い!

めちゃくちゃ辛い。

口の中に入れた瞬間は、お肉の味と

お野菜のしゃきしゃきで

おいしいってなるんですけど、

その後に

ばんと辛さが来て、

ああ、おいしかったけど、辛かった。

かわいい~!

デザートの小籠包。

デザート小籠包は、

まるで絵具を置いたパレットのようです。

色によって味が違うそうです。

中にはコーヒー味のチョコがたっぷり。

辛いものを食べた後に

甘いもの。
めちゃくちゃおいしいですね。

色とりどりの味を楽しみました。

公園の木が

あったかい国の木という感じがしますね。

何かすごくおしゃれ。
かわいい!

鮮やかな緑に覆われた、
おしゃれなお店を発見。

カフェですかね。

ニーハオ。

ここは、台湾のさまざまなお茶を
いただける茶芸館。

伝統的な入れ方のお茶を
楽しむことができます。

いろいろ茶器があって、

入れ方がわからないんで、

せっかくなので、教えてもらえますか。

お店オススメは高級烏龍茶。

2600メートルの高地で育てた
茶葉を使っています。

まずは、お湯を少し注いで茶器を温めた

お湯を捨てて、
茶葉を急須の中へ。

余熱で茶葉を蒸らします。

やったー。

むちゃくちゃいい香り。

爽やかな

いい香りがします。
楽しみ。

そして、お湯を注ぎます。

蓋をして、待つことおよそ30秒。

いよいよ一煎目です。

いただきます。

う~ん、

おいしい~!

まろやかですね。

すごく。

優雅な時間を過ごしました。

続いて、老舗の乾物屋さんが並ぶ
食品の街へ。

台湾の食文化を象徴するこの地区に

女性に人気の料理教室があります。

日本語の通訳さんもいると聞き、

私もチャレンジしてみます。

それじゃ、

先生、よろしくお願いします。

つくるのは小籠包。

レシピと一緒に

おいしくつくるコツも
伝授してもらいます。

難しいのは、生地を伸ばすこと。

先生をまねて、

慎重に麺棒を使っていると…

遅い。

何とか完成です。

うれしい。

さらに難しいのは餡を包むこと。

生地をつまんでは回し、

またつまんで回します。

難しい。

形はいま一つですが、

どうにか包み終わりました。

そして、いよいよ試食です。

スープが

いっぱい出てきた。

いただきます。

おいしい~。

スープがじゅわって出てくる。

皮もちゃんとおいしくできてる。

優しい、

先生。

ありがとうございます。
やったあ。

つくってみます。

この日のホテルへ。

見るからに

高級な雰囲気。

ニーハオ。

うわあ~。

豪華なシャンデリア。

今、台北で話題の
ラグジュアリーなホテルです。

すてきな色使い、

淡くて。
ここだ。

うわあ。

豪華なお部屋。

リビングは、洗練された大人の雰囲気で
す。

ベッドルームはリビングとまた違う雰囲
気。

爽やかな色味~。
かわいい~。

上品さの中にキュートさもミックスさせ
た、

居心地のいいベッドルームです。

夕食は、街にある老舗レストランへ。

ニーハオ。

おしゃれなレストラン。

台北で人気の店です。

すごい出方。

何とも不思議な前菜。

牛肉を水飴につけ込んだオリジナル料理
です。

かたいんですかね。

キュウリとタマネギを乗せていただきま
す。

お肉がパリパリですね。

食感が楽しい。
キュウリと

タマネギがさっぱりしていて、

むちゃくちゃ合います。

続いては、エビの炒め物。

上に乗っているのはお茶の葉っぱです。

おいしい。

エビがぷりぷり。

あとから茶葉の風味がすごくする。

遊び心あるお料理に、大満足です!

台湾の夜は、まだまだ終わりません。

来ました、

夜市。

人もたくさんで、活気がありますね。

およそ600メートルの道に

数え切れないほどのお店が並ぶ、

観光客にも人気の巨大夜市です。

イカ焼きもおいしそう。

こんがり焼けてる。

揚げ物もまたいろいろありますね。

これはカニ。

すごい。
お肉、めっちゃおいしそう!

ダイナミックに、ネギがそのまま入って
る。

人が多いけど、嫌な人の多さじゃなくて、

この活気が心地いいですね。

自分もエネルギーが出てくるみたいな

感じがします。

台北のグルメと活気が楽しめる夜市。

いろいろ食べて、
とっても元気になれる場所です。

麗しの島、台湾の旅。

私の絵心を刺激してくれる

美しい景色を求めてやってきたのは、

台北郊外にある人気の観光地、九フンで
す。

うわあ、

レトロな雰囲気。

建物も情緒があって、

並び方がおもしろいですね。

ノスタルジックな街並み。

まるで映画のセットのような坂道を登っ

上から眺めてみます。

あっ、

そこは特に人が

すごく多い。

ちょっと私も行ってみよう。

すごい景色。

ちょうちんと建物が…。

上からの景色は、また格別。

赤く灯ったちょうちんが

夕暮れ時に彩りを添えます。

この美しさ、描かずにはいられません!

みんな楽しそうで、

みんなが楽しいと、

私も楽しくなるので、

それは絵のテンションに出ますね。

彩り豊かな台湾。

絵心を刺激される、すてきな旅でした。

まず最初の

エンナちゃんの絵、

これですね。

このように仕上がりました。

それはどのぐらいの時間で描くんですか。

これは大体40分ぐらい。

エンナちゃんには

こういう

明るさがベースが

金色というか、黄色というか、

ぱっと見えるんだね。

光の色ですよね。
そうですね。

しかし、

よく

辛いの食べたね。
あれ、

めちゃくちゃ辛かったです。

あれはディレクターのいじめというんで
すよ。

でも、すごくおいしかったですよ。
おいしかった?

おいしかったです。

くせになってくるんですよ。
おいしかったです。

それまずい、危ないよ。
すごいでもおいしかったです。

でも、きょう見て安心しました。
何か楽しみになりそう。

たくさん作品が残るって、

うれしいよね。

たくさん描きました~。
いい思い出というか、

旅サラダの歴史にも残りますよね。
うれしいです。

台湾、いいですよね。
台湾行きたいですよね。

行きたい。
ここですてきなお知らせが

エバー航空。

今週ご紹介した台湾へは、
現在、日本の8都市9空港から

台湾へ就航する
「エバー航空」が便利です。

また、台湾観光局では
今年の夏休みに、

台湾と日本に32カ所もある
同じ名前の駅を巡る

「台湾鉄道の旅」を体験したい
学生モニターを募集しています。

詳しくは「地球の歩き方・成功する留学
」の

ホームぺージをごらんください。

皆さんもぜひ、

台湾へ。
台湾、

いいですね。
台湾いいです。

食べ物もおいしいもんね。
ウエスト、

ゴムで行きましょうね。

割とさっぱり目だし。
日本人に合う。

あとマッサージもありますしね。

それで日本語が結構通じるんです。
通じますよね。

そんなところで気を抜いちゃいけない。

全国の天気はどうですか。

やっぱり梅雨は梅雨なんだけど、

これ、沖縄のほうは

もう

上がるのが見えてきるという感じがする
よね。

あけて、でも北海道以外は全国的に梅雨
に入っていますから。

それは知らないうち、

何というんでしたっけ?

「梅雨知らず」。


関連記事