メレンゲの気持ち【長嶋一茂すでに終活(秘)生活&丸山桂里奈が過去の恋愛赤裸々告白】朝ドラ俳優志尊淳の意外すぎる過去…


『メレンゲの気持ち【長嶋一茂すでに終活(秘)生活&丸山桂里奈が過去の恋愛赤裸々告白】』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/16(土) 
メレンゲの気持ち[字]【長嶋一茂すでに終活(秘)生活&丸山桂里奈が過去の恋愛赤裸々告白】
長嶋一茂すでに終活中…双子娘&妻との衝撃関係!自宅公開▽元なでしこ丸山桂里奈NGなし!全て暴露!元彼は芸人&自宅に大量ストックするモノ▽今話題!朝ドラ俳
詳細情報
出演者
【出演者】久本雅美、いとうあさこ、伊野尾慧、村上佳菜子
【ゲスト】長嶋一茂、丸山桂里奈、志尊淳
【通りの達人】石塚英彦(ホンジャマカ)
【ナレーター】清水ミチコ
番組内容
長嶋一茂すでに終活中…毎朝瞑想で一度死ぬ!?家族との自宅生活公開▽元なでしこ丸山桂里奈はNGなしで暴走トーク!元彼に8股かけられた&芸人と付き合った!?自宅に大量なアレをストックで月15万▽今話題の朝ドラ俳優志尊淳の意外すぎる過去…ぽっちゃりで18キロダイエット&野球少年でキャッチャー!自宅ではパンツ1枚(秘)生活▽マチャミが芸能人おしどり夫婦の豪邸へ!簡単ヘルシー昼ご飯&まるでリゾートの庭
Capture20180616-132111.jpg 


『メレンゲの気持ち【長嶋一茂すでに終活(秘)生活&丸山桂里奈が過去の恋愛赤裸々告白】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

メレンゲの気持ち【長嶋一茂すでに終活(秘)生活&丸山桂里奈が過去の恋愛赤裸々告白】
  1. 長嶋
  2. スタジオ
  3. 笑い
  4. 丸山
  5. 志尊
  6. 村上
  7. 本当
  8. 伊野尾
  9. 観客
  10. 串カツ



『メレンゲの気持ち【長嶋一茂すでに終活(秘)生活&丸山桂里奈が過去の恋愛赤裸々告白】』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


<今週も
芸能人のプライベートを大放出>

今日も すてきなゲスト 来てます
こちらの皆さんでございます。



(長嶋) お願いします。
(拍手)

まずは 一茂ちゃん!

そんなことあるよ!

何で?
(長嶋) 後で 話 するのかな。

(笑い)

そして 初登場でございます
丸山桂里奈ちゃん!

(丸山) よろしくお願いします。

正直…。

(いとう)
小っちゃい声で 「そうですね」!

(長嶋)
マチャミ はっきり言っていい?

絶対 もうかってるわ!
そうですね。

(観客) え~!
1億円 超えちゃった!

そういうとこですからね。

そんなことないです!

(笑い)

いいかげんにしなさい!

そして…。

(志尊) よろしくお願いします。

見てます! 『半分、青い。』。

面白い役 やりますね!

テンション 上がっちゃうもん。

吸い込まれ…。

ヤベェ ヤベェ!
(笑い)

やってまいりました!

さぁ 今日も 芸能人のお宅に
お邪魔しまして

お昼ごはんを
いただきたいと思います。

待ってました~!


<その前に まずは こちらから>

(観客) イェ~イ!

(伊野尾) 一茂さんの…。

(伊野尾) そして…。

(伊野尾) 皆さんで 予想して
ご覧ください! VTR どうぞ。

<プロ野球選手を
引退した 翌年の…>

<そういう…>

<そんな初々しい初登場から
およそ3年後>

<2度目の出演は
結婚したての頃>

だいぶ…。

間違いなく…。

<さらに その年の夏>

<しかし…>

確かに
いいとこだと思うんですけど…。

大丈夫 大丈夫!

<一茂さん…>

<なんと ここまで来て…>

<ここで…>

<一茂さん 覚えていますか?>

チュロスを食べていたとか。

売ってるから。

(伊野尾) 丸山さんは 何か?
外に ゴミを拾いに行っていた。

ディズニーは ゴミが…
きれいにしないといけないから。

(村上) 大変ですよ。

(伊野尾) 一茂さん
覚えてらっしゃいますか?

これね 本当にね…。

結構ね 俺…。

ヤダヤダ!っつって。

でも たぶん
べンチに座ってたと思う。

この間も ディズニーランド
行ったの 子供達と。

ずっと べンチに座ってたから。
(笑い)

<みんなが…>


<一茂さんは…>

(スタジオ:久本) 踊ってるよ!?

(伊野尾) 正解は 1人で踊ってた。
そうだ!

そんな…。

(観客) イェ~イ!

最初から 見てまいりましょう。

(観客) え~?

終活 やりだした?

48歳ぐらいから考えだした。

大体 終活って…。

死ぬ前にね。

っていうのが終活だったけど…。

…というのが
終活っていうことになって来た。

そう そう。

そういう自分をつくるために…。

どういうことですか?

朝 起きる前に…。

虎 出て来る。

(長嶋) 瞑想だよ。
なるほど!

虎が出て来て…。

自分の頭蓋骨 ガリガリって
かんでるような音だとか…。

そこまでリアルに?
そう。

(笑い)

「よかった! 虎に食われなくて
俺は生きてる 命がある」って…。

それはね やったら…。

(長嶋) もちろん…。

(観客) え~!?

もう ヤバい!って
ぱっと出たら…。

(観客) え~!
なるじゃん。

ごめん。

「え~!」。
(笑い)

まだまだ 噂 ございます
続いては…。

おぉ!

腸が大事だっていうもんね。
そうね。

(長嶋) 俺…。

薬と違うんで サプリは。

これね…。

ちゃんと吸収されるんだ。

なるほど!

いろんなもの 飲んでる方は
ここでも いると思うけども…。

それは 聞いたことある。

運動は… そうだ! 運動ね。

AYAさんのトレーニング…。

僕 『メレンゲの気持ち』の…。

AYAさん
ハードなんだよ! すごい。

そっか そっか!

僕 行った時も 一茂さんが
やられるのかなぁと思ったら…。

(笑い)

一茂さん…。

何だか…。

僕は…。

(長嶋) そんなこと できんの?
そうですね。

はぁ~!

(笑い)

(伊野尾) 「今日は 体 張るんで」。
めっちゃ面白いけど!

現役の時 やってないの?
現役の時は…。

(笑い)

(長嶋) 本当に。

聞いたよ。

考えられる?

(村上) 信じられない!

だから
ここの 親指の ここを切ったの。

えっ?
カッターで切ったの。

(長嶋) 出てる! こういう感じ。
本当だ!

(長嶋) 真っ黒!
そりゃ そうだわ!

俺と同級生で…。

(長嶋) キャッチャー 名球会の。

え~!?

若いコ達はね。

(伊野尾) もちろん
騒がれちゃいますからね。

やめなさいよ!
自分で言うな!


<この後 長嶋一茂さん…>

<公開です!>

(長嶋) キラちゃん おいで。

まだまだ 噂 ございますよ!
続いては…。

どういうこと?

短いんだ。

ちゃんと ごはん 支度してとか…。
もちろん。

でも そんな…。

「よく 注意される」って
どういうことですか?

あぁ!

何でよ?

(観客) え~!?
「え~!?」じゃないよ。

それぞれが独立してるからさ。

マジかよ!?

女房は…。

(笑い)

じゃあ…。

(笑い)

やっぱ スポーツね。

部活の…。

行くと…。

そういう時 あんのかな。
思春期よ。

普通の 一般のお父さんだったら
誰のお父さんか分からないけど…。

「来てるよ お父さん」って
目立つじゃん。

(笑い)

ちょっとしか撮れなかった
申し訳ない。

今から…。

キラちゃん おいで!
キラ おいで! キラ おいで!

来ませんね。

(掃除機の作動音)
(ほえ声)

キラちゃん おいで!
(ほえ声)

(スタジオ:いとう) 音が怖いのかな?
(ほえ声)

(ほえ声)

(スタジオ:丸山) すごい!
(ほえ声)

(スタジオ:いとう) かわいい!
(ほえ声)

(スタジオ:いとう) 追っ掛けてる!
(ほえ声)

(ほえ声)

(スタジオ:いとう) 静かになったよ。
(ほえ声)

(ほえ声)

キラちゃん おいで。
(スタジオ:長嶋) 懐いてないね。

…というような機械です。

今 聴こえますかね。

聴こえないかも。

♪~      音 録って。

♪~

今度 ここの音 録って。

聴こえますでしょうか。

♪~

はい。

こうやって 普通に…。

(スタジオ:久本) モーツァルトは選んで?
(スタジオ:長嶋) もともと入ってる。

何か いいわ!

最近 やっぱり…。

うわぁ いいね!

(長嶋) この間…。

いいね 楽しそ~う!

仲がいいっていうか…。

僕にとってはね。

さんまさんが
おっしゃったんですってね。

そう そう!

ちょっと早かったかな。

見抜く目があるから。

え~?って 何も考えてなかった。

すごいわ!

本当に申し訳ないけど…。

何 言ってるのかな?
さんまさんと思って。

え~! 流れ きれい!

今でも?
する。

でも ちゃんと…。

大丈夫じゃん 胸 借りれば。
って思ってるんだけど…。

へぇ~!
(長嶋) さんまさんは。

(笑い)

続いての噂でございます。

(観客) え~!?

本当 ハワイが好きなんだ。
そう。

クビになってもいいって…
クビになっちゃ困るんだけど…。

(長嶋) だって…。

ウソ!?

ハワイに?
ハワイに。

うわぁ!

頻繁に行かれてますけど
向こうでは 何されてるんですか?

だから 大丈夫なの 全然。

へぇ~!


ノリさんが…。

へぇ~!

そうですね。

アラモアナ公園で。
あっ そう!

(長嶋) 何かね…。

ぶつぶつ つぶやいてるから

おかしいのかなと思ったら
師匠で。

何 やってるんですか? 師匠。

ハワイでも ず~っと。

へぇ~!
(長嶋) 行ってる時はね。

続いては 僕が 独自に入手した…。

イェ~イ!
伊野尾トピック!

こちらです。

お~!

これは 最近の話ですか?

二世タレントの人は…。

二世タレントが 例えば…。

家に こういう人が
たくさん来たとか あるでしょ。

それとか…。

小さい時から
フォアグラ食べてる!みたいな。

俺も だいぶ言わされたけども…。
「言わされた」!

そんなもの…。

ず~っと思ってるんですよ。

いまだに…。

それは…。

いきなりね。

確かにね!
(長嶋) でしょ。

俺は知らねえよ そんなこと
親父の情報なんか。

確かに。

たまに
二世ってのがヤダっていうと…。

セレブのほうが もっと嫌でしょ。

逆に?
親の七光りタレントでいい。

逆にね。
俺は そう思う。

でも 今 明らかに 一茂君は…。

これ すごくないですか?

本当! 本当 そう思うよ。

<出場>

<しかし…>

そういう時は…。

(笑い)

<今日は どんなエピソードが
飛び出すのか?>

早速 まいりましょう!

(観客) イェ~イ!

まず 最初は…。

さすがだなぁ!

逆に…。

なるほど!

(丸山) この前 ロケで…。

海が下にあって
ボ~ン!てなる所から。

あぁ 高飛び込み。

そのまま…。

3階ぐらいから!?

聞いたら…。

そうなんですよ
これは 本当に笑っちゃう。

そしたら ちょうど…。

こっから こうですね 右だけ。

こっちから よろチクビ~!
(丸山) 本当に出ちゃって。

うわっ!て なって…。

でも あれですよ。

(笑い)

サッカーボールが入ったんだ!
(村上) ちょうどよく!

今までは…。

8股!? そんなこと できる?

男1人で 8分の1?
はい。

それで どうしたの? 丸ちゃん。

思っちゃいました。
(村上) すごいポジティブ!

だって すごくないですか?

それで 別に…。

えっ!?
(観客) え~!?

(観客) え~!

何人か
代理人と付き合ってるんだ!

(長嶋) 芸人さんと
付き合ったことあるの!?

丸ちゃんは…。

やっぱり サッカーの
なでしこジャパンっていうのも

すごく 言い方 変だけど…。

(丸山) 興味が…。

えっと 丸ちゃん?
(長嶋) そっちの妄想か。

丸ちゃん 大丈夫ですか?

丸ちゃん ここね 言っとく。

お昼の番組で すいません!

確かにね 興味あると思う。
そっちが先に来るんじゃないかな。

ぶっちゃけ
あるんじゃないですか?

即答!

志尊君!
(長嶋) どうした?

(笑い)

さぁ 続いての噂でございます。

ウソでしょ!?

どういうこと?

別に オフサイド 知らなくても。

とにかく ボールを
運べばいいってなっちゃう。

代表の…。

それで 蹴る人がいて…。

…という作戦を思い付いたんです
なんと すごい作戦と思いながら。

そしたら…。

でも…。

(丸山) なおかつ…。

監督に 「何やってんだ
あんなとこで!」っつって。

ミーティングで。

すいません 指さしちゃって。
怪談話みたいな。

他にも 分からないやつが
あったんだってね。

相手が…。

それを…。

病欠!?

結構 元気にしてるから
風邪 ひいてたのを…。

丸ちゃん その前に
もらって 休むんじゃなくて…。

今みたく…。

私は…。

大事だな。
そうなんです 大事な時に…。

(観客) え~!

それで 出たら…。

でしょうね!
そんな大舞台で!

それで…。

どうしたの? その時 丸ちゃん。

当たり前だよ もう!

実は…。

(村上) ご覧ください。
怖い怖い! 大丈夫かな?

<この後…>

<そして…>


こんにちは 澤 穂希です。
(スタジオ:いとう)まだ 怒ってるかな。


たぶん 絶対 ひやひやしてる。

それを 私が
結構 言う時は言ってましたね。

何で 桂里奈なんだろうね?って
みんなで 話 して。

桂里奈も
必死で逃げてたんですけど。

追い掛けられて…。

逃げれたと思う。

…ではないけど

桂里奈の そういう人柄とかが
すごく よかったと思うので…。

それでは。

ありがとうございます。
優しいですね。

続いては…。

そうです。

…って言われて
始めたんですけど。

はい。

いいじゃない?

当時のお写真があります。

(丸山) 私 一番右なんですけど。

かわいいじゃん! 丸ちゃん。
かわいいね!

最初 理解されなかったでしょ?
女のくせに サッカーして!って。

もちろん そうなんですけど
でも 足が すごい 私 速くて…。

え~!? 最初っから?
(丸山) はい。

で 高校進学してから…。

どういうこと?

今泉さん… とんでもない三枚目が
出て来たと思って。

性別も違うし。
(丸山) 顔も無理じゃないですか。

どんどん 髪の毛 切ってったら…。

え~!
女子校だったんですけど。


(長嶋)
女子校って 坊ず禁止なんだ。

それで やったら 怒られたの?
(丸山) 怒られたんですけど

でも 私は
坊ずだなんて思ってなくて…。

(村上) 好きという
気持ちが あふれて まねした…。

うわぁ!

確かに!
パンチパーマみたい。

で 西村さん
好きだったじゃないですか。

行き着いたのが
そこだったんです。

好きな男性に似せたいって。

ただ うちの…。

すごい髪の毛に
そして サングラス 掛けて。

いるんだなぁ。
やっぱ いらっしゃるんだ。

いるなぁと思って。

まだまだ 噂 ございます!
続いての噂…。

(観客) え~!

でも 今…。

20万円弱は使ってますね。

そう くださるんですよ いつも。

へぇ~!

へぇ~!
そうか そうか。

ワールドカップの時も?
スーツケースに…。

薄いから入れやすいんだよね。

自分に正直に生きている
桂里ちゃんですが…。

<この後…>

(スタジオ:久本) この人 自由だわ。

<さらに マチャミが

おしどり芸能人夫婦の豪邸で
お昼ごはん!>

<果たして 誰?>


<公開です!>

(丸山) この温度で
お風呂に入っています。

みかんの棒アイスです。

(スタジオ:久本) この人 自由だわ。

(スタジオ:久本) よく 46℃ 入れる。
(スタジオ:長嶋) なかなか入れないよ。

(丸山) キッチンの下です。

こっちは…。

これは…。

ここから いつも持ち出して

詰め合わせて 行っていま~す。
(スタジオ:久本) すごい量!

(丸山) 石を探して…。


(スタジオ:長嶋) 石のパトロール
あなた以外に いるの?

(丸山) あっ ありますね。

こういう石が落ちてるので…。

こういうふうに…。

<以上…>

すげぇなぁ!

とにかく 歩いてて…。

石が やっぱ 気になりますね。

ベンチっていうか…。

座らない。
どこにあるの? 都会で?

ごめんね…。

(笑い)

俺は もう 人殺しなんだからな。
ダメだよ!

<以降 話題の
ドラマや映画に 数多く出演>

俺が その苦しみから
解放してあげましょうか。

<引っ張りだこ!>

<ますます 注目を浴びている>

<中でも最近は…>

<役の幅は さらに広がり…>

俺達は 地球人に
気付かれないように侵略をする。

<現在公開中の…>

♪~ もらいに来ました

<そんな…>

そんな 志尊 淳君にまつわる
さまざまな噂も届いております。

(観客) イェ~イ!

まず 最初でございます。

でしょうね!
いえいえ そんなことないです。

そうです。

目立つよ!

その時
どういうふうに思ったの?

分かんないし…。

でも それも怖くて。

自分として もやもやするので…。

…って思ったのが きっかけで。

へぇ~ すごいなぁ!

(村上) 各事務所の…。

これはアカン!
これはスカウトされるわ。

分かってるなぁ この顔!

これ ダメだ!

この写真は…。

(伊野尾) 母親とランチで…。

できないですね できない!
(笑い)

確実にモテたと思うんですけど…。

義理チョコも もちろん…。

いやいや いやいや!

何個ですか?

うわぁ!
(村上) 漫画の世界!

え~!

あと…。

お姉ちゃん もう 絶対
「あんたの弟 カッコいいわ」って。

素晴らしい!

僕は…。

ヤダヤダ も~う!
(笑い)

あれ?
(志尊) 幅広いです。

マジで?

(笑い)

小っちゃい時…。

太ってたってこと?
(志尊) すごい太ってました。

(志尊) 野球少年だったんです。

長嶋さん
ヤクルト時代から知ってますよ。

若いコ 俺が ヤクルトって。

僕の時代って…。

(長嶋)「過去の映像」!
(志尊)リアルタイムではなかった。

(長嶋) だって 23歳だもんね。

もちろん…。

やらしい やらしい!

払わなくていい!
思い出だから いい。

カッコいいじゃん!

大体…。

結構 あったな。

ダイエットして。

(伊野尾) かわいい!

ここが ぷくぷくしてるね。

かわいいけどね!

お顔が かわいいの 分かるね。

2か月で…。

中3で…。

(志尊) で…。

(志尊) それが きっかけで…。

反応がね。

やるなら とことんなんで…。

えっ!? ダイエットコーラだけ?

(観客) え~!?
ストイックだね。

でしょうね!

入院 点滴。

まだまだ 噂 ございますよ
続いては…。

どういうこと? 何を?

これはですね…。

(志尊) 僕が これなんですけど…。
(丸山) めっちゃ かわいい!

きれい!

トランスジェンダーの役で…。

やっぱり…。

一日8時間…。

(志尊) 所作をするにも…
男の人って…。

へぇ~! 気が付かなかった。

女性だと…。

本当だ!

(志尊) あと
女性っぽく見せるために…。

水だけ?
水だけ。

その時期に ちょうど
日本テレビの…。

大阪で
NHKをやってたんですけど

大阪 1週間
東京 1週間とかだったんで…。

(長嶋)
何で そんなこと できるの!?

さまざまな一面を持った…。

今日はですね…。

(てっちゃん) こんばんは。

(志尊)
そして 今日は… ジャ~ン!

(志尊)
焼き肉屋さんに来ておりま~す。


いただきます。
(スタジオ:久本) 来た!

(スタジオ:いとう) おいしそう!
(スタジオ:久本) マジ おいしそう!

そっか。

お願いします。

そうですね それこそ
『トドメの接吻』で共演してた…。

先輩だと…。

へぇ~!

いろんな人に
かわいがっていただいてますね。

いやいや いやいや。
かわいがられるわ!

俺 本当に ゲストで…。

本当に 生意気な奴 来たら
ずっと こうやってるから。

本当に!
それは それでですけど。

続いては 私が 独自に入手した…。

イェ~イ!
(拍手)

こちらです!

え~!

これは いろいろありまして…。

ちょうど その年に
アゴクイをやった作品が…。

僕が主役でやった…。

アゴクイをやってたので

その映像が 流行語の時 使われた。
なるほど!

だから…。

そうですね。

テレビだと…。

俺 ごめん 分かんない。

女性の顎をくっと上げて
チュ~するとか。

よく 男性が
くいってするじゃないですか。

(長嶋) こうやって…。
そう そう そう!

(観客) キャ~!

…ってキスすることをアゴクイ。
これが。

(伊野尾) やりたいんですね。

やってみた~い!
飽くなき欲望が!

丸ちゃん 相手に…。

2人で!
(伊野尾) なるほど!

伊野尾さん 頑張って!
分かりました。

いいですか?
アハハ すいません!

(長嶋) 顎 引いちゃダメでしょ
上がるようにしとかなきゃ。

力 入れないでね! お願いします。

お~い!

ただ…。

師匠 やってもらいましょう
どうぞ 師匠 お願いいたします。

(志尊) うわぁ すごい!

(志尊) へぇ~。

(観客) フゥ~!

(村上) うわぁ!

も~う! ちょっと!

しかも 上から行く!
ヤ~ダ~!

男が見て
何の違和感もないってさ…。

ちょっと待って!

丸ちゃん!

そうだよね!
それは そうだよ。

(丸山) もちろん
お好みはあると思いますけど。

どういうふうな感じで?

(丸山) もちろん
伊野尾さんも うまかったですよ。

(丸山) ただ…。

次の噂 見てまいりましょう。

マジで!? どういうこと?

僕…。

自宅 帰った瞬間…。

ヤダ! も~う。

へぇ~!

意外!

(伊野尾) タルタルソース
うめぇんだよなぁ。

マジか!?

知りたいんだって!

行っちゃっていいですか?
いいんじゃないですか!

イェ~イ!

芸能人 御用達のお店
麻布十番にある…。

(スタジオ:村上) 収録前に 私
お邪魔してまいりました。

(スタジオ:久本) やった~!

(スタジオ:久本) 有名なんだ。

(スタジオ:村上) お願いします。

うわぁ おいしそう!

(長嶋) すごいね!
何だ これ!

(村上) まずは第3位ですね。

めっちゃ おいしそう!

(村上) シャキシャキ食感が楽しい
和風コロッケになってます。

これ 第3位。

(村上) ずわい蟹を贅沢に使った
ベシャメルソースは絶品です。

第1位は何なの?

(長嶋) あら!

(村上) 千切りにした国産和牛を
たっぷり使った こちら

お店の看板メニューです。
ひき肉じゃなくて 千切りなんだ!

(村上)
ちなみに 食べ方なんですけど

お店自家製の 羅臼の昆布塩で
召し上がってください。

塩だって!

なかなか コロッケを
塩で食べるってないよ。

ただ 志尊さん 大丈夫です!
まさか。

タルタル あった!
ありがとうございます。

みんなで いただきましょう!
いただきましょう!

まずは…。

行っちゃってくださいよ。

この画も きれいだな。
いい音!

どう? どう? うまい?

よかった!
シャキシャキするの?

(志尊) その後に 具が すごい…。

(村上)
あっさりしたコロッケなんで…。

すごい あっさりしてますね。

(志尊) 外が。
本当 そうだ! カレーパンに近い。

(伊野尾) 衣が薄くて。

(長嶋) ポテト感が いいね。
おいしそうだな これ。

どう? 志尊君。
うまい!

相性 合う?

ヤダ! も~う。

(笑い)

伊野尾 どう?
塩で食うの うまいですよ。

羅臼の。
羅臼の塩。

志尊君も 塩で行ってみなよ!
(志尊) 行きます!

(村上) 本当に このお塩で
甘さとかも引き立つので。

どう? 塩と合うよね?

う~ん! おいしい!

(笑い)

チェックしてる?

生で見るんじゃないんですね。
(長嶋) どういうリアクションか。

すごくないですか? この緑の量。

すごくないですか!

こうだよ! なぁ。

≪は~い!≫

あっ 開いた。

アンナさんだ! すてき!
(結城) 待ってました!

<俳優 岩城滉一さんの奥様で…>

お邪魔いたします。
どうぞ。

玄関が すてき!

<まず 出迎えてくれたのは
広々とした玄関>

<大きな窓から
太陽の光が差し込みます>

<さまざまな絵も飾られ…>

こういうの 全部 そう。
どれ? どれ?

これ!? すごいなぁ!

岩城さんは…。

ハハハ!

そうだ! 『メレンゲ』で…。

<それでは いよいよ…>

あっ 来た! ほら!
ウフフフ!

<開放感ある…>

これ これ! ソファ!

ダディ ここ?
ここ ここ。

ちょっと すいません。

よ~し!
そんな感じ。

染み付けて行くと…。

そして 真正面に…。

やっぱ 暖炉は…。

暖炉は ダディの…。
趣味?

よく 暖炉っぽいのは
あるじゃないですか。

本当の暖炉なんですね。

素晴らしい。

この棚には いろんな本が
おありになりますね。

すてき! これ。


岩城さんと娘さんのツーショット。

超かわいいんですけど!

そうですよね 確か 外国で。

パパ 大好きでしょう。

でも ほら…。

今…。

ダディ やっぱり…。

かわいい! も~う!

<続いては アンナさんが…>

すごく すてき! 何これ!

憧れる! 私の印象 言っていい?
うん。

玄関から入って ここまで見て…。

高級リゾートホテルの においが
ぷんぷんする。

ちょっと 見て! この窓も。

窓も やっぱり こだわりでしょ?

窓がないと 生きて行けないから
外 見たいから。

ちょっと 本当に
窓も気になるけども…。

アハハハ!

どうぞ。
失礼いたします。

あぁ ちゃんと されとるなぁ!

きれいに整理整頓できてる。

言い方 変だけど…。

生意気だけど。

そうすると すぐ できちゃうから。

ダディが…。

これ 出して
「生意気だな!」って言いながら。

<62歳とは思えない
美しさを保つ アンナさん>

<その秘訣となっている
昼ごはんとは?>

ケールって…。

うわぁ 健康的!
でしょ!

<まずは…>

<そこに マスタード
メープルシロップを混ぜます>

<さらに
オリーブオイルも たっぷりと>

すいません! あっ いけねえ!

<塩 コショウで 味を調えたら
ドレッシングは完成です>

<と ここで 我慢ができず…>

<そして…>

<まずは 細かく刻んだ
パセリとケール>

<青汁にも使用される…>

<人参を入れて
見た目も鮮やかに!>

彩りも 本当に すごい いい。

一日中 食べてる!

<ひよこ豆も加えます>

<このサラダ 野菜だけではなく
こんなものもプラス!>

これ りんごでしょ
それと チェリー… さくらんぼ。

さくらんぼとクランベリー。
はぁ~!

ぽい!

<仕上げに…>

<盛り付けです>

<お皿に添えているのは…>

<見た目も こだわります>

<それにしても…>

でも 私達…。

意外だった!

さっき
納豆 ありましたもんね。

<最後に…>

<完成です!>

あまりにも おしゃれ過ぎて
言葉 出ないでしょ!

へぇ~!っつって。

あっ!

え~! 食べていいの?
やった~!

やった~!

クランブル。

<を添えれば…>

<出来上がりです!>

イェ~イ!
イェ~~イ! いただきま~す!

せっかくですから…。

そうしましょ。
いい天気だし 気持ちいい!

お庭に ご案内していただいて…。
どうぞ どうぞ。

<この後…>


どうぞ どうぞ。

お気に入りなの お庭が。

超リゾート感覚!

緑が とても すてき!

童話に出て来るような
すてきな感じ。

岩城さんが?
そうよ。

<では お待ちかね>

どうですか? 大丈夫ですか?

やっぱり…。

レモンのうま味とか
マスタードの辛さっていうのが

中和されて
めちゃくちゃ いい味!

食事以外に…。

野菜なんか…。

そうなんです。

歩くじゃないですか
買い物するじゃないですか。

なるほど!

こんな感じで
重いじゃないですか。

自分は身軽に歩くみたいな…
あっ すてき!

う~ん!

ラズベリー めっちゃ うまい!
おいしい!

風と パラソルと このお食事で…。

うん!
アハハハハ!

<以上…>

<ごちそうさまでした>

<今日の「通りの達人」は…>

<潜入!>

<そんな人気店 実は…>

<さらに…>

<意外な…>

<ということで
石ちゃん 早速…>

(石塚) こんにちは!
(ハシグチさん) いらっしゃいませ。

いいですか?
(ハシグチさん) どうぞ こちらへ。

あららら! すいません。

いいですね! いい感じですよ。
ありがとうございます。

早速 ご準備させていただきます。
お願いします。

<串カツ田中では…>

<定番のものから 変わり種まで

種類豊富な串カツの中で お店…>

すいません 失礼いたします。

ありがとうございます。

この ふた品が 串カツ田中では
よく出るメニュー。

まず こちらの…。

ドボ~ン!て つけてください。
ありがとうございます。

いただきま~す!

ありがとうございま~す。

カリッカリですね! うんめぇ!

1本 丸々 揚げてるので。
いいですね!

お待たせしました。

来ましたよ!
いやぁ 来ました 来ました!

ありがとうございます。

牛って 串カツにすると
また 格別ですなぁ。

甘みもありますし
ソースとも すごい合います。

ちなみに…。

ちょっと いいですか?
お呼びしますね。

え~ すごいですね!
なかなか お店に 社長がね。

(ハシグチさん)
社長 いらっしゃいますか?
あっ お願いします。

どうも はじめまして
石塚と申します。

(貫さん) よろしくお願いします。

<こちらの方が…>

<それでは…>

はい。

すごいですよ!

田中…。

いいですか?

<果たして…>

(田中さん) こんにちは。
ありがとうございます。

<こちらの方が
串カツ田中の名前となった…>

<その時
アルバイトとして入った

田中さんと 意気投合>

<その後 2人で…>

<そんな中…>

(田中さん)
すごく 串カツ 大好きで…。

(田中さん)
それで 始めた時から ずっと…。

「串カツ やろうよ!
串カツ やろうよ!」って。

どっから出て来たんですか?
レシピは。

プラスチックケースの…。

うわぁ!

<副社長の…>

<それを基に作った
串カツを食べた貫社長>

<そのおいしさに納得!>

(貫さん)
できる範囲で… 居抜きで。

これ 絶対…。

<そして 串カツ田中は…>

<さらに…>

<グローバルに
成長を遂げているんです>

<そして 味以外にも…>

<まずは…>

<そう!>

<帰り道に 一杯!という
常連客を確立させているんです>

確かに 我々 仕事から 疲れて…。

<さらに…>

やってますんで。

<入り口をガラス戸にして…>

<工夫しているんです>

大体…。

クオリティーといいますか…。

ありがとうございます。

新しく できてですね。

<今回
そんな研修生達が学ぶ店舗に

案内していただきました>

どうも お邪魔します。

気合 入ってますね!

うわぁ すごい すごい!

想像で言っちゃって
申し訳ないんですけど…。

大好きなんです。

社長! 素晴らしい若者が。

いいですよね。

先ほど
お伺いしたんですけども…。

検定 あります。

<そうです! 串カツ田中では…>

<揚げ方や時間などを
総合的に判断され

3級から始まり 一番上は

師範として認定されます>

ここにいるハシグチが…。

先ほど お世話になりました
お店で。

(貫さん) 後ろが…。

ちなみに ハシグチさんは
今 階級でいいますと?

自分 初段で。
初段ですか!

僕が…。

<なんと こちらの
金文字Tシャツを着れるのは

初段以上の有段者のみ>

<狭き門>

<ということで 石ちゃんも

金文字Tシャツを
手に入れるべく…>

<まずは…>

一気に入れましたね。

一応 時間も見てますし
あと 揚がり色。

へぇ~!

もうちょい きつね色に。

これぐらいの… こんな感じで。
うわぁ!

お願いします。

ありがとうございます。
(貫さん) さすがです。

<さらに まとった衣が…>

<果たして うまく揚げることは
できるんでしょうか?>

はい この色ではありません。

あと…。

(ハシグチさん) そうですね。
難しい。

あっ!

(ハシグチさん) 上げましょう。

さっきの 記憶した色ですね。

お待たせしました。
はい ありがとうございます。

(貫さん) ダマとか よれとか
剥がれとか

さっきの ハシグチのと比べても

ふんわり感が 全然 違いますよね。

(貫さん) パン粉も
びゃ~っと立ってますし。

ちなみに 10点っていうのは…。

<低評価だった
石ちゃんの串カツ>

<まずは 自分で揚げた
紅生姜の串カツをパクリ!>

(貫さん) その通りなんです。
最低だ! これ。

<この後
初段が作った串カツを試食>

<果たして…>


<果たして
味に違いはあるんでしょうか?>

これ
見てもらうと分かりますけど

決して 分厚く
ついてるわけじゃないんですよ。

これが やっぱり…。

<この後…>


数値目標でいうと 国内に…。

今 頑張ってます。

皆さん!

取りあえず…。

そっから始まりますからね
ポイント。

地球征服です!

<宇宙人アイドルという役で
歌って踊る志尊さん>

<ぜひ 劇場で ご覧ください!>


関連記事