情熱大陸 中村アン 女性が「なりたいカラダ」No.1!究極の美を作る秘密に密着 1987年東京生まれ…


『情熱大陸【中村アン/女性が「なりたいカラダ」No.1!究極の美を作る秘密に密着】』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/17(日)
情熱大陸【中村アン/女性が「なりたいカラダ」No.1!究極の美を作る秘密に密着】[字]
モデル・女優/中村アン▽HAPPY&HEALTHYオーラ満開!だが実は身長161cm劣等感からの努力で今や“ヘルシービューティー”の代名詞『中村アンの作り方』とは
詳細情報
番組内容
インスタグラムフォロワー数200万人以上。数々の女性誌やCMにも引っ張りだこな彼女は過去に「可もなく不可もない」という自分の体への劣等感からハードなトレーニングを3年間続け、劇的にボディラインを変化させた努力家だ。スケジュール表が黒く埋まるのが快感。念願のドラマ初主演には求める演技がすぐには出来ず、人知れず悩むことも…。走り続ける日々と束の間のオフ。焼き鳥とハイボールを楽しむアラサーの素顔に密着。
プロフィール
【モデル・女優/中村アン】 1987年東京生まれ。高校、大学時代はチアリーディングに没頭、高校3年生では全国大会に出場する強豪校のキャプテンを努め5位の成績に。大学卒業後に本格的に芸能界デビュー。ファッション誌「BAILA」「andGIRL」のレギュラーモデルを務め、女優としても11クール連続ドラマに出演中。美しいロングヘアや引き締まった美ボディは同世代の女性から圧倒的な支持を集めている。30歳。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送) 【制作協力】ドキュメンタリージャパン
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_
Capture20180618-103329.jpg 


『情熱大陸【中村アン/女性が「なりたいカラダ」No.1!究極の美を作る秘密に密着】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

情熱大陸 中村アン 女性が「なりたいカラダ」No1 究極の美を作る秘密に密着
  1. スタッフ
  2. 何か
  3. ドラマスタッフ
  4. 撮影スタッフ
  5. 自分
  6. 身長
  7. カット
  8. カメラマン
  9. ポーズ
  10. 中村アン



『情熱大陸【中村アン/女性が「なりたいカラダ」No.1!究極の美を作る秘密に密着】』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


♬~

<女性誌の撮影現場は
静かな興奮に支配されていた>

<均整の取れた体型は
女性たちの理想だという>

(撮影スタッフ)かっこいい

<背中の起伏こそ たおやかだが

皮膚の下には
しなやかな筋肉が潜んでいる>

<中村アン>

<大胆に肌をさらす仕事にも
臆する気配はない>

<特集記事は 体幹がテーマ>

<憧れのボディーラインを
どう作り上げたか

その秘密が語られている>

<今 30歳>

<22歳で この世界に入り

次第に
追い風を受けるようになってきた>

<持ち前の度胸で
今年は 連続ドラマにも初主演>

<モデルと女優の両輪で活躍中だ>

(ドラマスタッフ)はい カット!

(中村アン)
え~ やっぱ 元気が出るのは

お肉なんですけどね… 魚!

<体型維持には
決して気を抜かない>

<無理なダイエットに頼らない術を
身につけた>

<休日の街着は
楽ちんであることが重要らしい>

(スタッフ)お疲れさまです

すごいね… すごい
めっちゃ笑って 走ってたから

すいません 遅れちゃった

(スタッフ)確かに

<オンとオフ>

<私たちが見るかぎり
ギャップは感じられなかった>

<スッピンで現れた撮影スタジオ>

<今日も 7時間
ポーズをとり続ける>

マジ?

そうだ 「情熱大陸」だ…
今日は

<気取らない 飾らない>

<好感度抜群の素顔を
のぞいてみた>

あ~ それ… かわいい かわいい

(撮影スタッフ)かわいい かわいい

<20代後半から30代の女性を
ターゲットにした月刊誌>

(カメラマン)はい
はい

(撮影スタッフ)ありがとうございます

<定期的に誌面を飾って
2年が過ぎた>

<この一日だけで
11着を身につける>

<スタッフとの息は合っていた>

(撮影スタッフたち)お願いします


<雑誌モデルとして
高く評価される理由は

どこにあるのだろう>

(カメラマン)あ~ これ かわいいね

(カメラのシャッター音)

<カットの主役は
海外ブランドのバッグ>

<中村が作るポーズには
意外性があった>

<その自在さに 編集者も舌を巻く>

これ すごい 目立つよ
目立ってる 完璧ですよ

この辺も かわいいよね

<朝始まった撮影が
午後に入った頃…>

ちょっと 根元は膨らませたいから
一回だけ

<トレードマークは かき上げヘア>

何? 何?

あぁ いいよ いいよ

<これが秘密兵器の一つ>

そうそう

<余分な皮脂を吸着して

髪を ふんわりさせる効果が
あるらしい>

何か 割と
ここで こうやって分けてても

ここが ぺたんってなると
人ってね…

やっぱ ここがふんわりしたほうが
こういうふうに なるんですけど

やっぱ ここのてっぺんを
ぺしゃんとしちゃうと

何だろうね?
のっぺりしちゃうんですよね

こういうとこも
もう ねじ… ねじねじねじ

(スタッフ)へぇ~
そう

ボサボサが好きな人はね
ボサボサが好きっていうか…

ふわっと?
そう ふわっと系にしたい場合は

こう… ビシってやっちゃダメ

常に 空気 空気

(撮影スタッフ)はい
最後 ボリューム出して

すいません

(カメラのシャッター音)
(カメラマン)は~い OK 早い

あっ ボリューム出た
ボリューム出ましたよ

だいぶ 出ました

(カメラマン)はいはい きれい きれい…

<なるほど>

<髪が風になびく瞬間の
ワンカットには

写真ならではの動きが感じられる>

<身長161cm
モデルとしては小柄だろう>


(スタッフ)
ちょっと 大ざっぱすぎませんか?

<2年半前から通い始めたジムで
肉体改造に取り組み

本人いわく
日常生活も変化したという>

<メニューは

パーソナルトレーナーが
組んでくれた>

<短時間の有酸素運動と
無酸素運動を組み合わせる

サーキット・トレーニング>

<スケジュールが詰まっているため
この日は いつもより軽め>

<モデルのスタートは
早くはなかった>

<しかも 身長は高くない>

<ならば
どこで自分をアピールするか…>

<悩んでいた時
このトレーニングに巡り合った>

<フィニッシュのダンベルは 30kg>

<自分をいじめることが
嫌いではない>

重い

<体が変わって 自信がついた>

<落ち込んだ時の立て直しも
上手になった>

<ただし

筋肉質になりすぎないよう
気を付けることが大事>

終わりました

ちょっと 一回…

アンちゃん
今のドラマじゃないんですけど…

ハハハハ

何かね…

<売れ続けるためにも

ベストの体型を維持することは
不可欠>

<中村は 忙しい日々を愛していた>

<駆け出しだった頃 半年近く
仕事がなかった時期がある>

<今 スケジュール表は
満遍なく埋まっていた>

これが やっぱ 何か…
何て言うんですか

自分のバイトの時 思い出すけど
シフト… ハハッ

これが やっぱ…

白いと
結局ね 暇ってことですから

今は
その… そう 初めの頃とかも

すごい だ~ってやって もう
超真っ黒とかになりたかったし…

<肉体美に注目した
サーフブランドが

彼女とのコラボで
水着を作っている>


<新作のカタログ撮影が行われた>

1回目のやつ
(撮影スタッフ)あっ そうそうそう…

<プロデュースに関わり

デザインや色にも
意見を出してきた>

<彼女は いつも
消費者の立場を忘れていない>

<それを
等身大のまなざしというべきか>

<例えば こんなことがあった>

<自分のポーズに
不満があるらしい>

<不自然さなど どこにもないが…>

あっ これ? このビキニでしょ

それで 頭を上げて
こっちも さっぱりして

ここも…
そう さっぱり

(撮影スタッフ)裸の主張しすぎてる?
面積が狭いみたいな

あっ でも 今の感じ
今の脚のやつ

<決まりすぎのイメージよりも

同世代の女性たちが

身につけたいと思うかどうかが
大切>

<中村は あえて

少しだけ頼りなげなポーズを
選んだ>

<一方で
気付いたことが もう一つ>

<立ち姿の撮影では

見えないところにも
神経を使っている>

<つま先>

<1人で写る写真に
身長は影響しない>

<なのに ずっと つま先立ちだ>

<これも
経験から学んだテクニック>

何か…

<写っていない つま先立ちが

ボディーラインに
表情を与えている>

あっ 先生

大丈夫ですか? 早かった?
大丈夫 大丈夫

<たまの休日も
自分磨きに余念がない>

<足を向けたのは

東洋医学を取り入れた美容サロン>

<老廃物を排出させ

むくみや冷え 体のゆがみなどを
改善させる効果があるらしい>

<体の美しさで勝負しよう
と決めた以上

よさそうだと聞けば 何でも試す>

この部分が…
分かりますよね 意味が

そう 長くなると これが
さ~っと こう出てくるんですよ

でも これが 縮まっちゃって
この部分が そう

首が このぐらいしかならない

…で この筋肉を
ちゃんと開いてあげると

首が…
これが 全部首になってくる こう

スッとして見えるのって
多分 めっちゃ首ですよね

(スタッフ)そうですよね 確かに
きれいな人 見てると

(スタッフ)そうですね
そう 特に

多分 身長がないっていうのが
私の中で…

(先生)いや でも
めっちゃ 身長 高く見えません?

(スタッフ)見えます
いやいや… だから すごい

こうやって頑張ってる

そこが すっきりしたら よさそう

<こうした努力で
現在のポジションを手に入れた>

<けれど
多くのファンが知るように

おおらかさも併せ持っている>

<にこやかな笑顔で
食事の誘いに応えてくれた>

お疲れさまでした
(一同)お疲れさまでした

いただきます

<最近は 専ら ハイボール>

うん おいしい

…っていうのはあります 初めは

(スタッフ)へぇ~

やっぱ どこか
太るっていうのがあるから

うん レバーおいしい

(スタッフ)すごい 代謝がいいから
ある程度 食べても

そんなに
太ったりしないのかなとかって…

(スタッフ)確かに 運動もしてますしね
筋肉も…

(スタッフ)へぇ~

多分…

(笑い声)

<それにしても
なかなかの飲みっぷりだ>

<そこは 独身のアラサー女子>

<ほろ酔いになると
恋の話も飛び出した>

難しいですよね 何か…

でも…

意外と… 意外とっていうか…

(スタッフ)ほれっぽい感じの印象は
ありますよね


けど すごい じゃあ 例えば…

(笑い声)

何か こういう感じ

<気が付けば
7時間も飲み続けてしまった>

<1987年に生まれ
東京の下町に育つ>

<サラリーマン家庭で
3人きょうだいの長女だった>

<少女時代は
人見知りだったという>

<女子高 女子大の7年間
チアリーディングに熱中>

<将来の夢は
キャビンアテンダントだった>

<だが 世は就職氷河期>

<人生は一度きりだと
芸能事務所に所属する>

<ブレークするまで3年余り>

<やがて
テレビから声がかかり始めた>

別に 中村アンさんを求めて

その番組に
出てるわけではないから

それが すごく痛いほど感じるから

何か こう 本当に
じゃあ 一回 チャンスを

…っていうので
入れてもらってるから

その 何か マイナスから…
マイナスではないんだけど

そう入ってるものに
あっ 結構よかったねっていう

結果を残したいって思いながら
毎回やってる感じでした

<今年は
初の主演ドラマにも挑んだ>

(ドラマスタッフ)
はい じゃあ これでいきます

用意 はい!

(男性)「もう 同居は終わりだな」

「えっ」

で あと…

そうですね…

<ずっと片思いだった彼の部屋に
招かれたシーン>

<考えてきた芝居を披露する>

「そんな緊張すんなよ」

(ドラマスタッフ)こう 何だろう…

(ドラマスタッフ)あの ここは…
今だと 初めて来た~的な…

ちょっと どうしようって
どうしようぐらいの…

<特別に演技を学んだ経験はない>

<これまでも
当たって砕けろでやってきた>

<やれば できる>

<可能性を信じている>

胃は でも よく痛くなります
ドラマの時は

私 胃薬とか 働くまで
のんだことなかったですけど

バラエティーの時 1回と

そう ここ最近は 1回のみました

胃が痛い… 何ですかね
何か キリキリしてきますよね

<移動の車中も台本を開く>

<裏表紙には
けなげなメモが並んでいた>

<つい陥ってしまう
オーバーアクション>

<いさめるように

感情は抑えたほうが伝わるのだと
書かれていた>

(ドラマスタッフ)用意 はい!

<自分を偽って

思いを寄せる男性に別れを告げる
主人公>

「もう あなたのことは
思い出したくない」

(ドラマスタッフ)はい カット
(ドラマスタッフ)カット!

<OKカットの確認に走った>

「町田君のこと 忘れたくて忘れた」

「だから…

もう あなたのことは
思い出したくない」

<感情は
抑えたほうが伝わることがある>

<また一つ
演技の引き出しが増えた>

<努力をいとわないことは才能だ>

<そう伝えると

意外な答えが返ってきた>

<テレビで話題になった
あけすけな しゃべりは

目立つための戦略でした
と舌を出す>

<でも うそを口にしたことはない>

<つまりは 誠実なのだ>

<きっと
隠しきれない真面目さが

広く支持される理由なのだろう>

<人生は一度きり>

<決意を胸に飛び込んだ世界を

中村アンは
今 無我夢中で走り続けている>

…だと思います 分かんない

(スタッフ)海水魚みたい…
そうそう マグロ

<最速の称号は譲らない>


関連記事