サワコの朝【田原俊彦 57歳今も全力で踊る】 「いいんですか(足)上げて!?」キレキレなダンスは今なお健在!


『サワコの朝【田原俊彦▽57歳今も全力で踊る】』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/23(土) 
サワコの朝【田原俊彦▽57歳今も全力で踊る】[解][字]
タレント/田原俊彦▽「いいんですか(足)上げて!?」キレキレなダンスは今なお健在!ファンレターが月18万通“80年代を代表するアイドル”の意外な素顔にサワコが迫る
詳細情報
番組内容
ゲストは田原俊彦さん。来年歌手デビュー40周年を迎える今も、全国を回ってコンサートやディナーショーを毎年欠かさず続けています。高校卒業後、ドラマ「3年B組金八先生」で俳優デビュー。近藤真彦さん、野村義男さんとともに“たのきんトリオ”の愛称で一躍人気アイドルになった田原さん。その人気は凄まじく、ファンレターが月18万通来たことも!
番組内容2
19歳の時に「哀愁でいと」で歌手デビューを果たすと、38枚連続でオリコンシングルチャートTOP10入りするなど“80年代を代表するアイドル”としてファンを魅了し続けました。番組では「ザ・ベストテン」での貴重映像を振り返りながら、当時の思い出をたっぷりと語っていただきます。マイケル・ジャクソンが心底大好きで、スタジオでジャクソン5がかかると一気にテンション最高潮!俊ちゃんのキレキレのダンスも必見!
出演者
【司会】 阿川佐和子 【ゲスト】 田原俊彦(タレント)
音楽
【番組テーマ曲】 「Tea for Two(二人でお茶を)」歌:ドリス・デイ
お知らせ
【解説放送あり】
公式ページ
◇番組HP http://www.mbs.jp/sawako/
制作
【製作】MBS TBS
【制作協力】TBSビジョン
Capture20180623-095352.jpg 


『サワコの朝【田原俊彦▽57歳今も全力で踊る】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

サワコの朝【田原俊彦 57歳今も全力で踊る】
  1. 田原
  2. スタジオ
  3. 阿川
  4. 自分
  5. ジャニー
  6. 結婚
  7. 田原俊彦
  8. アイドル
  9. ジャニーズ事務所
  10. 感じ



『サワコの朝【田原俊彦▽57歳今も全力で踊る】』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


(阿川)おはようございます。
阿川佐和子です。 今日のゲストは

デビュー40周年を
来年 迎えられる

「ハッとして!Good」な歌手の

田原俊彦さんに
おいでいただいております。

おはようございま~す!
おはようございます!

おはようございます。

あっ ちょっと
ちょっと…。

おはようございます。
いつから お笑い芸人になられた?

違うんです。 気がつかなくて。

うそだ。 あははっ!
あははっ! 初めまして。

よろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。

伺うところによると
あのかわいい男の子の頃と

体重も 体形も
ほとんど変わってないって。

うそです。
あっ うそなの。

(田原)自分の中で 60キロを
こう バロメーターに

ちょっと あっ 落ちたなとか
ちょっと いったなって

59から61ぐらいを
行ったり来たりしてたのが…。

(小声で)63キロあったんですよ。
あら。

63。
うん。

3‼ びっくりしちゃって。
びっくりしちゃって?

ステージ 気合い入れました。
あははっ!

そしたら 1キロ痩せました。
あっ ステージでね。

(ナレーション)
今日のゲストは…。

18歳の時
ドラマ「3年B組金八先生」で

俳優デビュー!

うそだとは言わせねぇよ!
2人で ガードのそばで

抱き合ってたじゃねぇか
しっかりと!

翌年 「哀愁でいと」で
歌手デビューを果たすと…。

瞬く間に 80年代を代表する

トップアイドルへと
駆け上がりました!

(女性)田原俊彦さん!

セカンドシングル
「ハッとして!Good」では

松田聖子さんを抑えて

日本レコード大賞
最優秀新人賞を受賞!

♬ 君とはずむ…

♬~

現在は
TBS「爆報!THEフライデー」に

爆笑問題と一緒に

MCとして出演する一方…。

そんな田原さんには
たったひとつの発言がきっかけで

苦難の時代を
過ごしたことがありました…。

そうですね。

今日は どんな時も

自分を信じて
走り続けてきたトシちゃんが

♬~

伺うところによると
今も 毎年 欠かさず

全国コンサートツアーをやって
ディナーショーも

やってらっしゃると。
そうですね。 もう コンサートは

デビューした年から
毎年 欠かさずやってますし

ディナーショーも
27からやってるんで

ちょうど 30年やったのかな
っていう感じですね。


だって 歌うだけじゃないでしょ?

ずっと
踊ってるみたいなもんでしょ?

僕の曲って
この6月に出るシングルが

74作目なんですけど…。
74作目?

65曲は 踊ってますからね。
そうですよね。

だから その曲を
コンサートの構成の中に

だあ~っと並べると

死んじゃいます。
(スタッフ)あははっ!

年々 きついですよ。
激しく…。

年々 きついです。
オリンピック選手ぐらいな…。

ファンの方も 心配してますね。
そうですか?

そろそろ あの~
MC… おしゃべりを

増やしていいですよとか。
ファンから言われるんですか?

途中
休憩タイム入れませんか? とか。

ステージ始まる前
裏で スタンバるでしょ。

もう 行きたくないの。
嫌って ちょっと

拒絶反応があるんだけど…。
登校拒否の

小学生みたいなことになるの?
そう。 でも 始まるでしょ。

で 音が鳴ると

ばあ~って
やっちゃうんですよね もう。

で 終わったあとに
湿布を貼りまくるんですよ。

ふふふっ!
タン タン。

あはははっ!

ありがとうございます。
ふふっ。 あの~

2曲 選んでいただいている
1曲目

今でも記憶に残っている曲は
なんですか?

ええ~っと
僕が この世界を んん…

目指すことになったって言っても
過言ではない

ジャクソン5。
ほう マイケル・ジャクソンの。

マイケル・ジャクソンの
「I Want You Back」。

これは いつごろ 初めて聴いて
衝撃を受けたんですか?

これ 僕 山梨の甲府にいたんで
まったく その…

音楽については ほんと
邦楽しか知らなかったんで。

はあ はあ。
15の夏に 初めて

ジャニーズ事務所に 足を運んで

レッスンの許可を頂いて

ええ~
合宿所で ジャニーさんが初めて

まだ デッキもね こんなテープ…。
こんなテープね。

ガチャンって こう
自分でやって ガチャン!

があ~! みたいなんで
テレビも

シャア~! とか ちょっと
入ったりなんかしながら見た

ジャクソン5の映像を見た時に
衝撃を受けましたね。

なんじゃこりゃ! っていう。

こんなに すごいアーティストが
いるんだって。

♬~

ヘイ!

♬~

フウ~!

♬~

あははっ!

♬~

トシちゃ~ん!

♬~

格好いい~!

♬~

フウ~!

♬~

おお~!


ヘイ!

♬~

というのです。
いや~!

これで 衝撃を受けちゃって。
最高!

15の時 これ見たら
びっくりしちゃいますからね。

体 動いちゃいますよね。
踊りたくなっちゃいますからね。

それで もう じゃあ
アイドルになるぞっていう。

でも
ジャニーズ事務所っていうのは

どうして知ってたんですか?
それは あの~ 僕ね

姉妹が 構成が 女…
お姉ちゃん お姉ちゃん 僕 妹。

女系なんですって?
おふくろ。
で おやじが

まあ 小さい時に
亡くなったんで。
小学校の時に

亡くなられちゃって。
部屋の中に
ある本が

だから
「少女フレンド」とか

「平凡」「明星」とか。
ばっかりよね。

だから
そこらじゅうに散らかってるから。

アイドルが
いっぱい 写真 載ってる雑誌が。

そのうち あれ?
なんか 楽しそうだなみたいな。

俺も あの中 入ってみたいな。

ほんとに そんな思いで 初めは。

♬~

(岩手 生産者1)
甘さと軟らかさが まず来て。

(岩手 生産者2)
米そのものが 立ってるというか。

(岩手 研究者)「金色の風」を
うまく炊けるような釜は いい釜ですよね。

(新潟 料理人)
おどる方は 普段よりも粒感を感じます。

(新潟 生産者)
「新之助」は よく光ってましたね。

(新潟 研究者)中まで ふっくら炊けていて
とってもおいしかったです。

(ナレーター)米は おどる方がうまい。

「Wおどり炊き」

ご自分で 山梨から 一人で

ジャニーズ事務所の門を
たたいたんですって?

そうなんですよ。 まあ もちろん
東京も 全然 分かんないんで

まずは 新宿駅のホームの その

多さに びっくりして。

そりゃそうでしょうね。
酔いそうになっちゃって。

これ… これは
帰った方がいいかなみたいな。

ビビりながらも でも あの~

飯倉片町にあったんですけど
ジャニーズ事務所。

で そこで 初めて行って
でも なかなか会えなかったの。

それ 最初は…。
事務所の前をね

行ったり来たり 行ったり来たり
10往復ぐらいして。

秘書の方が あの~
「何やってるの? 僕」って言って

それで 声をかけてもらって。
で たまたま その時に

ジャニーさんが
東京にいたんですよ。

あの~ 日劇で。 それで
じゃあ そこに行きなさいって。

電話してくれて あの~ 今 なんか
赤いトレーナーを着た

オーバーオールを着た男の子が行くんで
よろしくお願いしますって


なんか ジャニーさんに
電話してくれたみたいで

で 日劇の楽屋口で 初めて

ジャニーさんにお会いしたっていう。
どんな印象だったんですか?

初め 分かんなくて
すれ違っちゃったんですよ。

でも
ポコ ポコ ポコ ポコって なんか

高げたのような音がしたから。
あははっ。

えっ 今のおじさんじゃないかなと
思って。

それで
ジャニーさんも 気がつかれて。

で 翌週から じゃあ
レッスン来なさいって。

レッスンに来なさいって言われて。

山梨から通ったわけですね?
はい。

それ でも お母様は 東京で
なんだか 踊ったり歌ったりして

お金かかるわ…
反対はなさらなかったの?

反対って反対はなかった…。

おふくろには もう
ほんとに 迷惑かけないように

もう 全然 余裕がないですからね。
経済的に?

母子家庭で…。
お母様は 働いてらしたんですか?

もちろんです。
子供4人だったんで

自分で こう 遊ぶ金とかは

自分で 新聞配達したりとか

あの~ ぶどう園の
お手伝いしたりとか 山梨なんで。

で そういうふうに
資金はためて…。

あと 僕 あの~

交通費を ジャニーさんが
いつも 出してくれたんですよ。

うん。
それが やっぱり なかったら

今の僕は
いないと言ってもいいぐらい。

本当に よくしていただいたんで。
へえ~。

それで デビューは 結局

そのレッスン通いはじめて
何年後ぐらいに…。

僕は だから
高校卒業してからになるんです。

えっ でも 「金八先生」に…。
「金八先生」は

もう ほんと 卒業してからですね。
でも あの「金八先生」で

たのきんトリオが出来て。
(田原)はい。

田原さんと
近藤マッチと 野村さんが

三人 ぎゅわ~っと
ブレークしたっていう。

番組が始まって
あれよ あれよという間にね

社会現象になるようなね
大きな学園ドラマになったんで…。

三人のキャラの違いって
今 思えば

どう 三人は違うんですか?
僕が スイーツな感じで

マッチが ワイルドな感じで
あの~

よっちゃんが ギター弾くっていう。
ギターのね。

ちょっと あんまり 自分が…。
よっちゃん

ほんとに いい子なんですよ。
もう よっちゃん 僕 あの~

スカウトされる瞬間
僕 原宿にいましたからね。

みんなで その…。
何してたんですか?

ジュニアのみんなで
なんか ジャニーさんが

スケート行こうっつって
連れてってくれて

代々木の
なんか スケートリンクに。

その時に よっちゃんが
スケボーかなんか やってたんですよ。

ものすごい かわいらしくて。

で ジャニーさんが
その時 スカウトしたんですよ。

もう そういう合間にも
スカウトなさるのね。

油断も隙もあったもんじゃない。
あははっ!

あははっ! すごいですよね。

よっちゃんのどこが
いい子だったんですか?

(田原)なんか すごい
人懐っこくて めっちゃ優しくて

たぶん 性格は
間違いなく いちばんいいですよ。

三人のうちで? あははっ!
あははっ!

よすぎても駄目なんですよ
この世界は。

そうですね。
もう 切り倒して

踏み倒していくぐらいの
気力もないと。 あははっ。

(遠藤)
若い頃 見過ごしていたことに気付く。

毎日のごはんの 美味しさに気付く。

いつもの道具の中の 思いやりに気付く。

この国の暮らしは
本当に美しい価値あるモノにあふれてる。

その価値が分かること。

大人になるって そういうこと。

(ナレーター)おかえりなさい。 ニッポンの家電へ。

パナソニック 「Jコンセプト」

ただいま!

(野村さん)私たち 松下幸之助商学院
48期生 17人は

今日 無事に
修業の日を迎えました。

《僕が電器屋を 育てる学校に入ったのは

ひとり店を守り続けてきた
父に憧れたからだ》

《電球一個の交換でも 使い方の相談でも

電話ひとつで 駆けつける》

《誰よりも丁寧な仕事で
街の皆さんから必要とされる》

(2人)ありがとう!

《僕も この仕事に人生をかけたい》

《そんな気持ちで この一年 学んできた》

これから 私が
やらなければならない事は

父が 今まで残してくださった店を

これまで以上に 繁栄させる事であり

これこそが 親孝行だと思っています。

修業者代表 野村昭太。

ただいま。

1980年っていうのが
スタートなんですよ。 その

アイドル時代が。
80年代 すごかったですから。

こっから でも もう ほんとに
めちゃくちゃ忙しい日々が

始まって。
そうですね。

よく… 生きてますね。

あははっ。
いや ほんとに そのぐらい

すごいスケジュール
だったんですよ。

だって
365日 全部 何かあるから。

休み まったくなしですか?
そうですね。

まあ 歌番組全盛の時代でもあった
っていうこともありますよね。

ほんとに 一日のスケジュールがね
朝ね 8時ぐらいから

写真 撮るんですよ。
もう 顔 腫れちゃってんのに。

それで お昼 ドラマやって

で 夕方ぐらいから
テレビの生やって

それが終わったら
レコーディングがあって


最後に
なぜか ラジオの仕事っていう。

これが ルーティンでしたね。
みんな だから くたくたになって

12時過ぎぐらいに
集まってくるんですよ。

アイドルが もう こんなになって。
あははっ!

ゾンビのように。 ふふふっ!

すごかったですよ。
その時の気持ちは

どうだったんですか?
もうね 気持ちなんてね

出したら駄目ですからね。

だから もう
やるしかないみたいな。

「はい」って言って
前へ進むしかないの?

僕らしかいなかったんですよ
あの時代って。

もちろん 先輩はいますよ。
西城さんと 郷さんと

五郎さんがいて その上に
沢田さんがいてっていう。

でも 若い その まあ
アイドルっていわれる…。

男の子のアイドルとしてね。
今は ほら…。

分散できるけど。
そう いろんなグループがいて

いろんな子がいるから。
どの局にも

出てなきゃいけないんですよね。
まわさなきゃいけないんで。

ちょうど
当時の「ザ・ベストテン」に

いっぱい出てた頃の
映像もございます。

デビュー2年目
「原宿キッス」がヒットし

人気絶頂だった田原さん。

その曲にちなみ
舞台となった原宿の街に

田原さんが 突然 現れたら
どのくらいで発見されるか?

というロケを敢行!

すると…。

(阿川・スタジオ)竹下通り。

(田原・スタジオ)合宿所が すごい
近くにあったんですよ。

表参道に 合宿所があって。

(黒柳)気がついてないわね。
(田原)そうなんですよ。

(田原・スタジオ)うわ~。
やったな こんなこと。

さすがに
気がつかないですよ。

(生島)まだ
気づかないんですけれどもね。

ところが チラっと
だんだん殺気が…。

そして 1人が気づきました!

(女性たち)きゃあ~!

(阿川・スタジオ)走った。

♬~(「原宿キッス」)

(阿川・田原 スタジオ)あははっ!
(阿川・スタジオ)男の子じゃない

追いかけてるの。
(田原・スタジオ)男の子だ。

♬~

(阿川・スタジオ)あっ もう 大変。

(田原・スタジオ)この時代
表参道 歩行者天国を

まだ やってたんですよ。
(阿川・スタジオ)ああ そう~。

ひどい企画じゃないですか。

いじめですよね。 なんかあったら
どうするんですかね。

でも 思い返せば
「ザ・ベストテン」って ほんとに

突飛な企画を いっぱい
やってたような気がするんですが。

ええ~っと 「追いかけますよ
どこまでも」とかなんかね

そういうキャッチフレーズで。
私 忘れられないのが

テニスコートで…。
あっ ありましたね。

「原宿キッス」の時かな
テニスを…。

(田原・スタジオ)聖子ちゃんと
テニスやりながらね。

そう 歌ったんです。
(阿川・スタジオ)歌った…。

(田原・スタジオ)
むちゃくちゃですよね。

ほんとに。
楽しみでしたけどね。

(阿川・スタジオ)何が出てくるか
本人としても。

(田原・スタジオ)はい。 動物出てきたり
マジックやったり

水 掛けられたり
宙づりにされたりとか。

もう おもちゃに
されてましたね
僕と マッチはね。

マッチも?
そのころは

近藤マッチと
将来は どうするとか

悩みを 相談し合ったりとか…。
なんか そんなシリアスな話

したことないですね。
ないですか。

彼は
その後 レース始めましたけど

早く 免許取って
こんな車 買いたいとか…。

そんな 免許取る前から
車 好きだったんですか。

だから そんな 将来について

語ることって なかったですね。
もう 忙しすぎて

もう 合宿所へ帰ったら
もう 寝るって

いち早く寝ることが もう…。
何も考えずに寝るしかないという。

将来については 田原さん自身は
不安とか なかったんですか?

多少はあったんでしょうけどね。
でも ほんとに 自分の

置かれてる立場ってのはね
恵まれてたし

田原俊彦がやらなきゃいけない
使命感っていうのがね

いつしか芽生えて。 最低10年

10年は
死ぬ気でやるぞっていうのは

なんとなくありましたね。
10年は 死ぬ気でやって

33で 結婚するぞ!
っていうのは。

その なんですか…。
飛びましたけど 今。 あははっ!

田原さん いくつで
結婚なさったんだったっけ?

僕 だから 33ですね。
あっ 33で。

「田原俊彦」 33画だから
33で 結婚するぞみたいな。

それは 希望どおりに
33で 結婚なさったの。

強引ですね。 あははっ。
平穏な家庭を持ちたいと。

その大黒柱になりたい
っていうお気持ちは

あったんですね じゃあ。
う~ん どうなんだろう…。

なんか おやじが
僕が 小学校に上がってすぐ

死んじゃったんで
ハッピーなっていうか

温かい その 全員がそろった…。
お父さん お母さん

兄弟 みんなが。
そういう

なんとなく
逆にあったのかもしれないですね。

憧れが?
うん。


無事に 結婚されて。
で そのあと

お子様が
最初に生まれた時ですか

有名な話ですけれども。
でも 私は あんまり そんなに

大騒ぎしてるっていうのを
知らなかったんだけど。

ええ。
ある一つの発言で…。

ビッグ発言ですか。
ビッグ発言になっちゃって。

いきますか そこ。
ええ。 しつこくて すみませんね。

いきますか。

1994年 結婚の翌年に開いた

長女の
誕生発表記者会見でのこと…。

田原さんが口にした
「何事も隠密にやりたかったけど

僕くらいビッグになっちゃうと
そうはいきません」という発言…。

その結果…。

田原さんは

これを境に テレビの仕事から
遠ざかることになります。

ここだけ切り取られるとね。
ここの最後の部分だけを

切り取られて
放送されちゃったんですね。

まあ だから ほんとに これはね

短い時間では いろいろ

言い訳がましく
なっちゃうんですけど。

やっぱり ここに至るまでの
経緯っていうのがありまして。

やっぱり 僕 すごく
ターゲットにされたんですよ。

その 写真週刊誌に。
スキャンダルの?

もう
女の子と デートすれば撮られて。

もう ひどい目に遭ったんですよ。

ちょっと やっぱり
マスコミに対して…。

ノー! っていう感じに
なってしまった僕が

いたんですよね。 で

戦うじゃないけど
そんな こう ちょっと

構図になってしまって。
で 僕も いこじになって

しゃべらない
っていうのがあったんで。

で 子供が 長女が生まれて

さすがに 僕も
もう 生活ができないんですよ。

もう マンションも 病院も。

で もう ほんとに
周りに迷惑かかっちゃうし

これは ちょっと
表 出なきゃ駄目だなっていう。

で 自分の中では 精いっぱい
ねえ あの~

ジョーク交えて
やってるつもりなんだけど

よ~し きたなってとこで

やっつけたろうと
思ったんじゃないですか。 うん。

でも それから しばらく
田原俊彦 苦難の時代が

始まったんですか。
そうですね。 ええ。

まあ ひと言で 干されるって
分かんないけども。

まあ でも 僕 それはね
人のせいにするんじゃなくて

僕が そういう行動をとって
そういう あの… ねえ

場面を作ってしまったんで。

まあ それは
僕は 後付けだと思うんですよね。

あの時に 僕に 力があれば

全然
そんなの吹き飛ばせたと思うし。

そんなに みんなが思うほど

干された
っていう気持ちじゃなくて

いや 干されたのは
俺に力がないからでしょっていう。

最初から そういうふうに
割り切れたんですか?

そうですね。 もちろん
どんな時も そばにいてくれる

ファンの方もいましたし。
まあ コンサートは

もちろん やってますし。
ずっと その間も

続けてらしたんですね。
もう 全然やってましたね 普通に。

それは 会場も小さくなるし
ねえ あの~

お客さんも離れたなってのは
もちろん…。

あった?
うん。 リアルに分かったし。

奥様は
心配なさらなかったですか?

たぶん
心配はしてたと思うんですけど

まあ そんな 言葉に出してね
話すような事でもないし。

奥ゆかしいんですね。
腹くくって たぶん

一緒になったと思いますしね。

ジャニーズ事務所を
辞められるんでしたっけ。

そうですね その秋ぐらいですかね
辞めたのは。

不安定になるっていう
心配はなかったですか?

もう これは 一人で
やっていくべきなんじゃないかな

っていう 僕は 思いの方が強くて。

何しろ あの時の僕はね

自由が欲しかったんですよ。 自由。

何よりも
ちょっと ほっといてっていう。

もう… もういいからっていう。
何をやっても。

そう。 だから ある意味ね

すっきりしたっていうか
安心した僕もいましたよ。

逆に 仕事が減った事で?
そうですね。

例えば 転職しようかなとか…。

あっ まったくないですね。
そういう気持ちはなかったの。

まったくないですね。 ないな~。

それは どうして?
だって 田原俊彦ですから。

ふふふっ!
うん。 もう やり続けるぞって。

生涯 やり続けるぞと。
うん。 まあ 生涯は

ちょっと きついかもしれないけど。
あははっ。

踊れないよ もう。 あははっ!
まだ… まだ大丈夫でしょ。

だから まあ
やれるとこまではいきますよ。

足 もう 切れちゃって 筋が…

踊れないよっていうとこまで。
いく?

いきますよ。
うん。 それで

「爆報!THEフライデー」
爆笑問題との番組に

レギュラーになられたのが
2011年。


僕が 50の時ですから

そうですね
もう 7年前になりますね。

それは
引き受けるおつもりになったのは

どうしてだったんですか?
まさしく

80年代世代なんで 彼らは。
田中君は だって

大ファン
だったんですもんね。
もう 俺の歌

ほぼ歌えますからね。
ほんと!?

ああ そう~。
で 太田君も ほんとに

おもしろいし
僕と同じで

空気 読めないしって。
俺も 空気 読めないけど

お前の方が読めないよって
言いますからね 俺にね。

太田さん?
楽しいですよ 今は。
あははっ!

2曲目を
教えていただきたいのですが

「今、 心に響く曲」。
(田原)また 懐かしいのでいい?

もちろん。
「サタデー・ナイト・フィーバー」

その中から ええ~ BEEGEESの

「HOW DEEP IS YOUR LOVE」
っていう曲を。

お願いします。
チークタイムです。

そう チークタイムに…。
踊りましょう!

ええ~!

♬~

撮らないで
撮らないで 撮らないで!

人妻なんだから!
ふふっ。

人夫でしょ。
あははっ!

♬~

どうすんだ 私。 司会者か? 私は。

いい感じですよ。
ライト落として。

あははっ! ライト落としたら
チューしちゃうぞ!

いや~ん。 あの~
ほら なんだっけ?

こんなのなかった?
ミラーボール。

あははっ!
ふふふっ。

♬~

♬~

ふふっ。 はい
座りましょう。

(田原)あははっ。
すげぇ!

これ めちゃいい曲なんですよ。
ほんとに 思い出した。

名曲ですよ。
ほんとね。 でも やっぱり

この 踊りをね ずっと
続けてらっしゃるというところが

田原さんの
また 一つの魅力だと思いますが。

そうですね。 もう ほんとに…。
どこまで 足 上がる?

んん… やっぱり でもね

やっぱり
若い時の俺って 半端ないですね。

やっぱり 瞬発力っていうか
跳躍力っていうのは

やっぱり 落ちますね。
違う見せ方っていうか…

なんとなく
できてきたんですけど

まあ 年齢相応な見せ方を
できるように。

でも 上がりますよ。
何 言ってるんですか!

いいんですか? 上げて。
上げて。

体操してないから~。
やめて やめて やめて…。

分かった 分かりました。
筋 伸ばさないと

ケガしちゃうんですよ。
そうそう。
ご高齢に

無理な事を お願いしちゃ…。
ご高齢じゃないから いくよ!

はあっ! がっ…。おお~! あは
はっ!

あははっ! 行っちゃった…。

(田原)大丈夫です。
ごめんなさいです。

(阿川)

♬ タンタタン タタタ

♬ タンタタン タタタ
タンタタン…


関連記事