この差って何 生ニンニクと加熱ニンニク…健康効果に雲泥の差で上地&川田仰天SP 濱田めぐみ、安めぐみ…


『この差って何 生ニンニクと加熱ニンニク…健康効果に雲泥の差で上地&川田仰天SP』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/26(火) 
この差って何★生ニンニクと加熱ニンニク…健康効果に雲泥の差で上地&川田仰天SP[字]
★衝撃!生ニンニクじゃダメだった…効果のあるニンニク食べ方の差★赤黄オレンジ…色で全然違うパプリカ栄養素の差★どれが一番?豚レバー鶏レバー牛レバー鉄分3倍の差★
詳細情報
★夏バテ食材
【夏バテに負けない体を作るのはどっち?健康効果の差】★夏バテに効く「アリシン」をより効果的に取れるのはどっち?A:スライスニンニク B:すりおろしニンニク★夏バテに効く「イミダゾールペプチド」がより豊富なのは?A:鶏もも肉 B:鶏むね肉★「ビタミンC」が一番豊富なのは?A:赤パプリカ B:黄パプリカ C:オレンジパプリカ★差は3倍!鉄分がより豊富なのは?A:豚レバー B:鶏レバー C:牛レバー★
差のつく出演者
【MC】加藤浩次&川田裕美【パネラー】土田晃之・上地雄輔/濱田めぐみ・はるな愛・安めぐみ
1万円プレゼント
番組では視聴者の皆さんの「気になる差」を大募集!採用された方には番組オリジナルクオカード1万円分をプレゼント!
詳細は番組公式HPまで!《http://www.tbs.co.jp/konosa/》
公式ページ
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/konosa/
公式ページ2
番組公式フェイスブックやってます!皆さんの「いいね!」をお待ちしております!!
《https://www.facebook.com/konosa.tbs》
公式ページ3
番組公式ツイッターやってます!ここでしか見られない番組の裏側を日々つぶやいてます!ぜひのぞきにきて下さい!
《https://twitter.com/konosa_tbs》#この差って何ですか
Capture20180626-204352.jpg 


『この差って何 生ニンニクと加熱ニンニク…健康効果に雲泥の差で上地&川田仰天SP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

この差って何 生ニンニクと加熱ニンニク…健康効果に雲泥の差で上地&川田仰天SP
  1. 醤油
  2. クッキー
  3. ニンニク
  4. ビスケット
  5. 普通
  6. 値段
  7. 特選醤油
  8. 夏バテ
  9. 続いて
  10. 管理栄養士



『この差って何 生ニンニクと加熱ニンニク…健康効果に雲泥の差で上地&川田仰天SP』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


<まずは>

ああ…

<そして ここからが>

<日本に来て12年の
カルメンさんは>

<スーパーの>

<ふと疑問に思ったそうです>

あるある

<実際>

<選ぶのに迷ってしまうくらい>

<の隣には>

<同じメーカーが出している
「特選」と書かれた醤油も>

<ありますよね>

<値段を見てみると>

<こちらの普通の醤油は 500mlで
200円>

<一方 こちらの特選醤油は
同じ500mlで>

<270円と>

<そこで…>

<では>

<向かったのは 群馬県にある
醤油専門店>

<ここでは
全国40カ所の蔵元から集めた>

<80種類もの醤油を
取り扱っているのです>

<そんな職人醤油の店長>

<に
聞いてみました>

含まれている うま味成分の量が

違います

うま味成分の量

普通の醤油より

<実は 醤油の「特選」という表示は>

<単なる>

<明確に>

<まず 普通の醤油は
うま味成分であるアミノ酸の量が>

<全体の1.5%含まれていなければ
ならないのですが>

<普通の醤油の1.1倍以上
アミノ酸が含まれていれば>

<特選醤油>

<さらに 普通の醤油の
1.2倍以上 含まれていれば>

<超特選醤油と
表示することができるのです>

<では どのようにして
普通の醤油と特選醤油は>

<アミノ酸の量に
差をつけているのか?>

<実際に 普通の醤油と>

<特選醤油の両方を造っている>

<新潟県醤油協業組合の>

<醤油工場を見せてもらいました>

こちら

<こちらの巨大なタンクに>

<醤油の主な原材料である小麦と>

<大豆が保管されています>

<そう 実は
普通の醤油も 特選醤油も>

<原材料は まったく同じで>

<大豆 小麦
塩 麹菌の4つなのです>

<続いて
製造>

<まず 原材料の大豆 小麦に
麹菌をまぜた>

<そこに>

<そして このもろみをしぼると>

<醤油が出来上がっていくのです>

そして 実は

<そう 実は
普通の醤油と特選醤油は>

<醤油造りの>

<スタジオの皆さんには>

<普通の醤油と特選醤油の味を
比べながら>

<予想してもらいます>


あっ… 全然違う
(土田)違う

濃さと… あと 後味が

特選じゃない方が
色々 濃いのかな

それでは 一斉に
フリップをあげてください どうぞ

さあ 安ちゃんは…
はい

特選は 一晩 寝かすと…

一晩寝かして 発酵をさらにさせる
ということなのかな

そうすると

分かりました さあ 上地君
はい

カドがね…
そうですね

だから

分かりました

<もろみから しぼり出した醤油に>

<このあと 何をすることで>

<普通の醤油と特選醤油に
分かれるのでしょうか?>

そういうことなんだ

<つまり
こちらのタンクの中には>

<うま味成分であるアミノ酸が
凝縮された>

<しぼりたての醤油が入っており>

<そのしぼりたての醤油に>

<塩水を入れて>

<アミノ酸が薄まったものが
普通の醤油>

<少し 塩水を入れて>

<アミノ酸が 多少 薄まったものが
特選醤油>

<さらに ほとんど 塩水を入れず>

<アミノ酸が ほぼ薄まっていない
ものが>

<超特選醤油になるのです>

<ただし 加える塩水は>

<しぼりたての醤油の塩分濃度と
同じ>

<およそ15%のものなので>

<塩水の量は違っても>

特選醤油に比べると
塩水を多く入れて

うま味も下がるんですけど
取れる量も多くなる

で 価格も安くなる
という醤油になります

<では
普通の醤油と特選醤油には>

というのが

特選とか 超特選というのは
しょっぱさ感じにくいですし

逆に 普通の醤油は しょっぱさを
感じやすいと思います

<なので うま味成分が少なく>

<塩辛い普通の醤油は>

<しっかりと味つけをしたい
煮物や野菜炒めなどの>

<料理に使うのが オススメ>

<一方 うま味成分が多くて>

<塩辛くなく 醤油の風味が強い
特選醤油は>

<お刺身や豆腐など>

<素材の味をそのまま
味わいたいときに使うのが>

<オススメなのです>

<ということで
普通の醤油と特選醤油の差は>

<続いての>

(スタッフ)マイケル・モーネッドさん
はい

<そして ここからが>


<日本に来て20年の
モーネッドさんは>

<スーパーの>

<ふと疑問に思ったそうです>

ああ 気づいちゃったか

<何と アメリカでは
このような焼き菓子のことを>

<すべて 「クッキー」と呼び>

<「ビスケット」とは
呼ばないのです>

<一方 イギリス出身の>

<マクドナルドさんに聞いてみると>

そうなんですか
そうなんだ

<そう 実はイギリスなどのヨーロッパ圏では
このような焼き菓子を>

<「ビスケット」と呼んでいるのです>

<同じメーカーから販売している
焼き菓子なのに>

<ビスケットとクッキー
それぞれの名前がついた商品が>

<ありますよね>

<そこで…>

<実は 日本のビスケットとクッキーには>

<ある明確な差があるのですが>

<それは一体 何か
皆さん 予想してください>

差があるのね?
明確な差があるんです

これは どういったものなのか
では 本日は実際に

販売されている様々な種類の
ビスケットとクッキー

ご用意しました こちらを見ながら
考えていただければと思います

こちら 向かって左側がビスケット

右側が すべて
クッキーとなっています

ハーベストって長いね

昔から ありますよね
(安)大好き~

おいし~い

マリー
マリーも懐かしいね

(土田)で 青いのがクッキー
ムーンライト

(土田)何が違うんだろう?
オールレーズン クッキーですか?

はい オールレーズンは クッキーに入ります

明確な差があるっていうんだよね
そうなんです

では このビスケットとクッキー
どのような差があるのか

一斉にお出しください どうぞ

さあ 愛ちゃん
はい

横から見たときに

ああ でも 言われてみたら
そうかもしれない

さあ そして 濱田さん
濱田さんは もう とんでもない

劇団四季
ホントに素晴らしい

劇団四季でやられてて
今はもう

いやいや 頑張ります 精進します
すごいですよ

バターの量

しっとりしたものになるには
材料は何を入れたらいいのかと…

バターかなあ…
なるほど なるほど

<ビスケットとクッキーの>

えっ!?
嘘!?

<さらに>

<日本の
ビスケットとクッキーには>

<どのような差が
あるのでしょうか?>

<その差を探るべく>

<専務理事の島田純さんに>


<2つの差を
聞いてみました>

<そう ビスケットというのは
このような焼き菓子の総称で>

<その中でも
ある条件を満たしたものだけを>

<クッキーと呼ぶことが
できるのです>

<そして
クッキーと呼ぶための条件は>

<実は 2つ あるのです>

<それは 一体 何か?>

<まず 1つ目は>

<そう
ビスケットもクッキーも>

<なのですが>

<クッキーは 砂糖などの糖分と>

<牛乳やバターなどの
脂肪分の合計が>

<全体の
40%以上でなければならない>

<と 定められているのです>

<さらに 原材料以外に>

<もう1つ 差が>

ということが
クッキーの要件の1つと

いうふうになっています

<そう>

<それは…>

<このように ビスケットは
模様が入っているなど>

<ある程度 均一に作られています>

<一方 クッキーは手作りのように
ふっくらとしていて>

<不ぞろいな形をしています>

<では なぜ ビスケットとクッキーに>

<このような差を
つけたのでしょうか?>

というふうにいわれてます

<そう ビスケットは 安土桃山時代>

<ポルトガルから カステラや
こんぺいとうなどとともに>

<日本に
伝えられたといわれています>

<その後 幕末になり>

<長崎で医学を学んでいた
柴田方庵という医者が>

<故郷の水戸藩に
ビスケットの製法を伝えたことが>

<全国に広まったきっかけだと
いわれているのです>

<実際に当時のレシピをもとに
再現したビスケットが>

<こちら>

嘘!?

<当時は
保存食として 作られていたので>

<砂糖や牛乳などは 入っておらず>

<だったため>

<当然 甘いお菓子では
ありませんでした>

<そして
大正時代に入ると>

<この時代も
砂糖の量は 少なかったため>

<それでは
一方の>

<時は
大正時代まで さかのぼります>

<物語の主人公は
大阪に住んでいた こちらの>

<敬けんなクリスチャンでもあった
園子さんが>

はい どうぞ 食べてください
おいしいよ

<子供達に>

(園子)あら?

なあ あんた ビスケット 配ってはるわ

もらいに行きまひょ
ああ 行こ

あの…

はい どうぞ

うーんっ!

うーんっ…

<そう>

<という名前だったのです>

<こうして
初めて口にした>

<昭和2年に
自宅の前に 「泉屋」の看板を掲げ>

<それが 皆さん
一度は 見たことがあるでしょ?>

<こちらのクッキー>

<甘~い味は もちろん>

<青と白の入れ物がオシャレだと>

<大人気商品となったのです>

<そんな中>

だから 思いついたんだけど

<あまりに>

<それまで売っていた>

<続出>

<すると…>

お前らの大好きな

やったー!

(子供)
箱にクッキーと書いてあるのに…

<そこで 昭和46年>

<この問題に終止符を打つべく
立ち上がったのが>

<森永製菓の
3代目社長でもあった>

<まずは 甘いイメージの強かった
クッキーの味を統一するために…>

<さらに
当時のクッキーの見た目が>

<ふぞろいな形をしたものが
多かったので>

<ビスケットと
ちゃんと見分けられるように>

<クッキーは
見た目が手作り風であることが>

<定義づけられたのです>

ああ 面白いね
そうなんです

現在でも
糖分と脂肪分の割合に関しては

全国ビスケット協会が
チェックしているんですが

見た目が手作り風かどうか
ここに関しては

現在は 各メーカーさんに
お任せしているということです

<このあとは この夏を乗り切る>

<最強の夏バテ予防食材の差>

<続いては
今が旬の値段が高いニンニクと>

<値段が安いニンニクの差>


<スーパーのニンニク売り場に
行ってみると>

<こちらは サイズも大きく>

<お値段は
1個で350円>

<一方 こちらは
少々小ぶりのニンニクが>

<3個入って>

<100円と>

<値段が違う2つのニンニクが
売られています>

<では 2種類のニンニクは>

<野菜を研究している
恵泉女学園大学教授の>

<藤田智先生に
聞いてみました>

それはですね

<ということで まずは>

<値段が高い
大きいニンニクを切ってみると>

<このように 中にある粒の数は>

<続いて 値段の安い
小さいニンニクを切ってみると>

<中にある粒の数は>

えーっ!?
えっ 多いんだ

<何と 12片も
入っているのです>

値段の高いニンニクは

栽培期間が9カ月もかかるのに
対してですね

値段の安いニンニクはですね

栽培期間7カ月で済んでしまう
ということがあります

<そのため 2カ月分
手間がかかっている>

<寒い地域で育った
大きいニンニクの方が>

<値段が高くなるのです>

<では なぜ
わざわざ栽培期間が長くて>

<手間のかかるニンニクを
作っているのでしょうか?>

<そう 味が全然違うため>

<2種類のニンニクが
作られているのです>

<では この2種類のニンニクには>

<どのような味の差があるのか>

<実際に食べ比べてみます>

<まずは 値段が安い
小さい方のニンニクは…>

ホイル焼きだからね
ホクホクしてるでしょ

うっま!
おいしいです

<続いて 値段が高い>

<大きい方のニンニクは…>

(土田)高い方って
照りがすごくないですか?

≪これ輝いてる

うん?

(上地)うまっ

味?
味と香り

ニンニク独特の
ピリッとした感じとか

臭みが全然ないです

(土田)食べたことない 高い方

<そう 値段が高い
大きい方のニンニクは>

<糖度が高く 味は濃厚で>

<まろやか>

<一方 値段の安い
小さい方のニンニクは>

<糖度が低く
より辛みが強いのが>

<特徴なのです>

このニンニクといえば
皆さん ご存じのように

夏バテに効く効果がありますよね

昔っから言いますよね ニンニクはね

最高のスタミナ食材
ということで

を ご紹介します

<暑さが本格的になる>

<これからの夏の時期に
悩まされるのが…>

<そう 夏バテ>

<夏バテになると>

<胃腸の機能低下や脱水症状>

<食欲不振などを
引き起こしてしまうのです>

<そんな夏バテに効果的な食材は
たくさんありますが>

<番組でおなじみの お茶の水
健康長寿クリニック院長の>

<白澤卓二先生から>

<意外な言葉が>

ええっ?
えっ?

<そう よかれと思って食べている>

<あなたの食べ方>

<実は 間違っているかも
しれないのです>

<ということで 続いては>

<今回は 管理栄養士50人に>

<この夏を乗り切るために>

<食べた方がいい食材は何か>

<アンケートを実施>

<50人が口をそろえて挙げた>

<この夏を乗り切るために
最適な5つの食材について>

<正しい選び方や調理方法を>

<ご紹介します>

<まず 最初の食材は…>

<ニンニクを夏に食べるべき理由を>

<管理栄養士の若子みな美さんに>

<聞いてみました>

内臓が冷えてしまい
機能も低下しがちです

ニンニクに含まれている
アリシンという成分は

血流を促進し
血行をうながすため

<と ここで問題>

<夏バテに効くアリシンを>

<より多くとれる調理方法は
次のうち どっち?>

<どっちが
よりアリシンが豊富なのか>


<濱田めぐみさん
お答えください>

それでは濱田さん お答えください
どうぞ

じゃん すりおろす

なぜ?
何かこう… 繊維をつぶして

違う形にした方が
出やすいのかなとか

スライスだと そのまま…
こすることによってアリシンがこう

さらに多く増えるんじゃないかと
出やすいんだと

摩擦とか何かで

<それでは お茶の水
健康長寿クリニック院長の>

<白澤卓二先生に
解説してもらいましょう>

では先生 早速
正解をお願いします

正解は B
すりおろすです

大正解でーす

生成されるということなんですね

ですから この細胞が壊れて
はじめてですね

反応で作られてくる
ということなんです

ということは 細胞をなるべく
粉々に壊した方が

たくさん生成されますので

<しかし 実はこのアリシン>

<調理方法によっては
ほとんど効果が得られないのです>

実はですね
この

ええ!?

<そう アリシンは加熱しないと>

<ほとんど健康効果を
得られないのです>

<その理由は…>

加熱しますと
このアリシンがですね

スルフィドというですね
物質に変化をするわけです

そっか
火を入れた方がいいんだな

そうなんですね

<このスルフィドこそが>

<疲労回復や 血液サラサラ効果など>

<ニンニクに期待できる
健康効果のほとんどを>

<担っている物質なのです>

<管理栄養士50人が選ぶ>

<この夏 絶対に食べるべき
夏バテ食材>

<続いては…>

<パプリカを夏に食べるべき理由を>

<管理栄養士の豊田愛魅さんに
聞いてみると>

さらに紫外線をたくさん浴びた
お肌に

紫外線対策としても
有効なんです

実はパプリカはレモンよりも
豊富にビタミンCを含んでいるんです

<と ここで問題>

<ビタミンCが
より豊富なパプリカは>

<次のうち どれ?>

<はるな愛さん 実際に食べ比べて
お答えください>

食べ比べて分かるんですか これ?

お願いいたしまーす

ちょっと待って これ
食べたら すぐ分かるよ

(愛)このまま?
いって いって

このままいくの?
まずは赤から

まずは赤から
はい

こういうこと?
そういうこと

≪あっ いい音
いいじゃない

うまっ!

私もっと 苦いとか思ったけど

ジューシーで甘い
ねえ

<続いて 黄色パプリカは…>

うん!?

これは 黄色は

こっちはちょっと
青っぽさの味があって

野菜っぽいのとフルーツっぽいって
そのぐらい違うってこと?

へえ~ じゃあ甘みが違うんだ
たぶんな

<最後のオレンジパプリカは…>

うん!?
違う?

そんなに違う?

でも食べて 酸っぱいから
柑橘系に近いから オレンジかな

オレンジでいく?
はい!

では先生 正解をお願いします

正解は オレンジ

やったー!

すごい!
すごい

味覚確かなんだよ 愛ちゃん
ホント よかった

酸味ありますよね 先生?
ええ そうなんです

含有量を調べてみますと

オレンジパプリカ194

赤パプリカが164で
黄色パプリカが133

結構違うんですね

これはレモンに比べて

100mgなんで オレンジパプリカ
レモンの2倍も

ビタミンCが入ってる
ということなんです

<そんなパプリカですが>

<実は切り方によっても>

<ビタミンCの量が
変わってしまうのです>

切れるんですね
サラダとかに縦に入ってくるわ

この形

<パプリカは
繊維が縦に並んでいるため>

<横に切ってしまうと
細胞が壊れて>

<ビタミンCが
流れ出てしまうのですが>

<繊維にそって 縦に切ると>

<細胞が壊れにくくなるので>

<ビタミンCを効率的にとることが
できるのです>

<そんなパプリカを使った>

<この夏 オススメの料理が>

私のオススメは青椒肉絲ですね

(上地)ええ!?

もともとですね
このビタミンCというのは

加熱に弱いんですけども

実はパプリカの中にはですね

ビタミンPというのが
入ってまして

これがビタミンCを守ってくれるので

結構 加熱しても
大丈夫なんですね


<そのため パプリカは
加熱した料理でも>

<ビタミンCを失うことなく>

<摂取することができるのです>

<管理栄養士50人が選ぶ>

<この夏 絶対に食べるべき
夏バテ食材>

<続いては…>

<鶏肉を夏に食べるべき理由を>

<管理栄養士の望月理恵子さんに>

<聞いてみると…>

の発生です

<人間が脳や筋肉を使うことで
発生する>

<この活性酸素が増えすぎると>

<細胞を傷つけて 老化や疲労の
原因となるのですが>

イミダゾールジペプチドは

活性酸素をピンポイントに減らす
働きがあり

<と ここで問題>

<夏バテに効く>

<次のうち どっち?>

<と言われても
まったく分からなーいと>

<思いますので ここでヒント>

<鳥の生態を考えれば
分かりますよ>

<さあ どっちでしょうか?>

<夏バテに効く イミダゾールジペプチドが
より多く含まれるのは>

<鶏のモモ肉とムネ肉 どっち?>

<鳥の生態を考えれば分かります>

<それでは上地君
お答えください>

大ヒントありがとうございます
さあ いこう

ムネ!
おっ 理由としては?

上地さん どうしました?
どうしました?

ニワトリ ぶわっさー飛んでるの
見たことあります?

自分のアホさに
涙が出てきました

では先生
正解をお願いします

正解は B

おおっ

正解したんだけどねー
赤っ恥かいたね

はいはいはい 何でしょう
不思議な気持ちです

ええっ! ほら!

その名残
昔は飛んでたんです ニワトリも

<実は ニワトリの祖先と
言われているのは>

<こちらのセキショクヤケイ
という鳥>

<このセキショクヤケイは>

<空を飛ぶことができる
鳥なのですが>

<人間に飼われるようになって>

<飛ぶ能力が
退化してしまったのです>

<では なぜ鶏のムネ肉には>

<イミダゾールジペプチドが
豊富に含まれているのでしょうか>

研究していくとですね

これを中和していかないと

太平洋を渡りきれないわけです
鳥は だから

名残なんだ!
ええ 名残があります

ええー
そうです はい

<そのためイミダゾールジペプチドは>

<モモ肉には100g中>

<467mgしか
含まれていないのに対し>

<ムネ肉には おそよ3倍の>

<1223mgも含まれているのです>

<さらに 鶏ムネ肉は
ゆでるか焼くか>

<調理方法によっても
イミダゾールジペプチドの量が>

<変わってくるのです>

では上地さん
これ簡単でしょう

これ簡単です
はい いこう

ですから ゆでてしまうと
そのまま まわりのゆで汁の中に

イミダゾールジペプチドが出てしまう
ということで

ということなんですね

<なので夏バテには>

<ムネ肉を使ったチキンステーキが
オススメ>

<さらにそこに
レモンやトマトなどを使った>

<ソースを合わせることで>

<栄養をエネルギーに
変換しやすくする>

<クエン酸の効果が
プラスされるため>

<より 疲労回復効果が
アップします>

<管理栄養士50人が選ぶ>

<この夏 絶対に食べるべき
夏バテ食材>

<続いては…>

<レバーを夏に食べるべき理由を
管理栄養士の>

<岡田明子さんに
聞いてみると…>

夏場にたくさん

バテやすくなったりとか あと
貧血につながりやすくなります

<と ここで問題>

<鉄分がより豊富なレバーは
次のうち どれ?>

<この3つのレバー>

<実は鉄分の量が
まったく違うのですが>

<どれが一番多く含んでいるのか
皆さん 分かりますか?>

<鉄分がより多くとれるレバーは>

<豚 牛 鶏の3つのうち>

<どれなのか?>

<この問題も なかなか難しいので>

<3種類のレバーを>

<安めぐみさんに食べ比べて>

<考えてもらいました>

鉄分すごくとった感じが
何となく口の中でしたのは

牛!

はい
では先生 お願いします

はい 正解は豚

豚ー!
豚豚豚豚豚豚 豚ー

実際に量を量ってみますとですね

倍以上違うんですけども

豚レバー13.0mg

牛は かえって少ない4.0

豚レバーを選択するのがチョイス

<さらに鉄分といえば>

<ほうれん草や小松菜などの>

<野菜にも多く含まれている
イメージがありますが>

<実は
豚レバーに含まれている鉄分は>

<野菜の鉄分とは種類が違い>

<5倍も吸収率が高いのです>

ですから貧血の改善は

こちらよりも全然
健康効果が高い

ということなんですね

<しかし ここで1つ注意点が>

<そんな良質な鉄分が豊富なレバーも>

<ある食べ物と一緒に食べると>

<効果が半減してしまうのです>

<それが…>

実は玄米なんですが

玄米って食べ合わせダメなの?

玄米の中にはフィチン酸という
成分が含まれていて

この成分はですね
鉄分が消化官で

吸収されるのをですね
阻害してしまうんですね

ですから そのまま
便の中に捨てられてしまう

というようなことが
起きてしまうので

ちょっと相性が悪い食べ合わせ
ということになるんですけども

<管理栄養士50人が選ぶ>

<この夏 絶対に食べるべき
夏バテ食材>

<続いては…>

<枝豆を夏に食べるべき理由を>

<管理栄養士の
岸村康代さんに聞いてみると…>

なぜ枝豆かというと
枝豆に含まれる

オルニチンはアルコールの分解で

疲れた肝臓を回復させる効果が
研究されているんです

<と ここで問題>

<オルニチンを より多くとれる>

<枝豆の保存方法は どっち?>

<買ってきた生の枝豆を…>

<どちらがオルニチンを多くとれる
保存方法なのか>

<土田さん
お答えください>

普通 冷凍庫に入れるかな…

入れる 入れる入れる
入れる?

冷凍?
冷凍してます 枝豆

愛ちゃんは?
冷凍してます

してないです 冷蔵

うちも冷蔵だと思うんだけど

思い切って こっちにします

冷蔵
生はやっぱり冷蔵の方がいい

冷蔵の方がいいと思います

正解はB 冷凍保存
へえー

枝豆はですね

マイナス5度ぐらいに
これをもっていきますと

冬眠状態に入るので
死なないんですけども

冬眠状態って言ってるんですけど
そうすると

いうようなことなんですね

そうなんだね~

<そして>

新感線☆RS「メタルマクベス」のdisc1に
出演させていただきます

メタルマクベス

7月の23日なんですけれど

IHIステージアラウンド東京という所で
夏休みいっぱい

ヘビーメタルでマクベスをやるっていう

よろしくお願いいたします
皆さんも ぜひ

♬~「運命」


関連記事