ごごナマ おしゃべり日和「比嘉愛未」 …沖縄生まれ、いま、乗りに乗っている女優、比嘉愛未さんの素顔に迫ります。


『ごごナマ おしゃべり日和「比嘉愛未」』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/27(水) 
ごごナマ おしゃべり日和「比嘉愛未」[字]
ゲストは女優の比嘉愛未さん。連続テレビ小説「どんど晴れ」のヒロイン▽あの大女優からのひと言が人生の支えに!▽土曜ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」撮影秘話も
詳細情報
番組内容
ゲストは、女優の比嘉愛未さん。連続テレビ小説「どんど晴れ」のヒロインを務めて以来、数々のドラマや映画に出演。▽あの大女優からのひと言が人生の支えに!▽比嘉さんが最近はまっていることは?大公開!▽比嘉さんが出演する土曜ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」の撮影秘話も。共演者が明かす比嘉さんの意外すぎる一面とは?沖縄生まれ、いま、乗りに乗っている女優、比嘉愛未さんの素顔に迫ります。
出演者
【MC】船越英一郎,美保純,阿部渉,【ゲスト】比嘉愛未,【出演】東貴博
Capture20180627-140725.jpg 


『ごごナマ おしゃべり日和「比嘉愛未」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ごごナマ おしゃべり日和「比嘉愛未」
  1. 比嘉
  2. 船越
  3. 阿部
  4. 美保
  5. 自分
  6. 本当
  7. 沖縄
  8. オーディション
  9. ドラマ
  10. 草笛



『ごごナマ おしゃべり日和「比嘉愛未」』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


船越≫こんにちは。

ようこそ、我が家へ。
オトナの井戸端「ごごナマ」です。

律君、結婚ですか?

美保≫受けたくない、通知。

私だったら、破っちゃう。

船越≫漫画家に
無事になれるんでしょうかね。

本日のゲストは
あの偉大な漫画家の半生を描いた

ドラマに出演される
女優の比嘉愛未さんです。

比嘉さんといえば

朝のテレビ小説「どんど晴れ」の
ヒロインをお務めになりましたが

何年前になりますか?
比嘉≫11年前ですね。

あっという間ですよ。
毎日、NHKに通ってました。

ではニュースをお伝えします。

りそな銀行や新生銀行など複数の
金融機関で

けさからインターネット上での

振り込みが一部、できなくなって
います。

同じセキュリティー会社の
システム障害が原因とみられます。

りそなグループによりますと

りそな銀行と埼玉りそな銀行、
それに近畿大阪銀行では

けさからインターネット上での
振り込みが一部できなくなって

います。

セキュリティー会社が提供して

いるパスワードを発行する機能で
障害が起きたことが原因と

みられるということです。
りそなグループでは

インターネット上での振り込みが
一日に4万5000件ほどあると

いうことで
利用者に対して

振り込みには店舗の窓口や

ATM・現金自動預け払い機を
使うよう呼びかけています。

このほか新生銀行やセブン銀行、
それに

一部の地方銀行や信用金庫でも
けさから同様のトラブルが

発生しています。
いずれもアメリカの

大手セキュリティー会社
シマンテックのシステムを

利用しているということで
各金融機関では会社側と連絡を

取り復旧を急いでいます。

東日本大震災と福島第一原発の

事故のあと復興事業の指揮を

執ってきた福島県浪江町の
馬場有町長がけさ入院先の病院で

亡くなりました。
69歳でした。

浪江町の馬場町長は現在3期目で、
7年前の福島第一原発事故の

発生直後は

国と東京電力から情報が
届かない中、

すべての町民の避難など事故への
対応を指揮しました。

大半の地域で避難指示が今も続く
町の復興事業に取り組んできた

ほか

町が1万5000人の住民の
代理人となって

東京電力に慰謝料の増額を求める
など

国や東京電力と対じする姿勢で
知られました。

しかし、平成26年に胃がんの
手術を受けたあと

たびたび体調を崩し、
治療のため任期を1年半残して

今月30日付けで辞職することに
なっていました。

馬場町長は辞職が決まったあと

入院先の福島市の病院で治療を
受けていましたが

関係者によりますと
けさ9時半ごろ亡くなりました。

69歳でした。


スイスのジュネーブで開かれて
いる軍縮会議で

日本の代表が北朝鮮に
米朝首脳会談の共同声明に

基づいて非核化に向けた具体的な
行動を取るよう求めたのに対し

北朝鮮の代表は

日本とは関わりのないことで

首を突っ込むべきではないと
反論しました。

ジュネーブの国連ヨーロッパ本部

では日本など各国が核軍縮などに

ついて話し合う軍縮会議が
開かれていて

26日、米朝首脳会談とその共同
声明について各国が発言しました。

この中で日本の代表は

北朝鮮は共同声明で完全な非核化
に取り組むと約束した。

日本はアメリカや韓国と連携して

声明の履行を求めていくと述べて

非核化に向けた具体的な行動を
速やかに取るよう求めました。

これに対し北朝鮮の代表は、

日本は、ことし4月の
パンムンジョム宣言と

米朝首脳会談の共同声明に
署名していない。

関わりのないことに首を突っ込む
べきではないと反論しました。

北朝鮮に非核化に向けた具体的な
行動を取るよう求める声は

各国からも相次ぎましたが
北朝鮮の代表は、

不要な圧力をかけるような発言は
容認できないと述べて

各国は、むしろ北朝鮮の今後の
取り組みを支援すべきだと

強調しました。

夏美≫180年もの間

伝えられた加賀美屋のこの伝統を

未来へも必ず伝えていきます。

阿部≫今日のゲストは
今をときめく女優の比嘉愛未さん。

20歳で連続テレビ小説
「どんど晴れ」の

ヒロインに大抜擢。

そんな比嘉さんに
大女優・草笛光子さんが衝撃告白。

阿部≫さらに
今週土曜日から始まる

昭和の天才漫画家
赤塚不二夫さんの

人生を描いたドラマ

「バカボンのパパより
バカなパパ」。

出演した比嘉さんも驚き。

赤塚不二夫伝説を一挙公開。

今日の「ごごナマ」は
内容盛りだくさん。

清そなイメージの比嘉さんが
刑事ドラマに出演したとき

監督にあるお願いをしたそうです。

その意外なお願いとは
一体なんでしょうか。

何をお願いされたんでしょう?

比嘉≫私、そのとき
アクションシーンがありまして

大体、自分でやるパターンと

相手のスタントの方がやる
パターンがあるじゃないですか。

ぜひ自分でやらせてください
っていうことで

お願いをして、わりと全部自分で
アクションをやったり。

船越≫もともとアクションが
好きだったんですか?

比嘉≫体を動かすことは
大好きなので

挑戦したいなと思って。

回し蹴りもやりました。

美保≫格好いいですね。

阿部≫ふだんから
鍛えてらっしゃるということで。

比嘉≫そういうアクションも
できるようになりたくて

3年前からキックボクシングを
始めたんですけど。

今は、激はまりしてまして。

多いときで週3は行ってますね。

美保≫シュッときたら
よけられるみたいな?

比嘉≫結構よけられますね。


美保≫格好いい!

阿部≫スタッフ
びっくりしていましたが

足の、スタイルのよさ。

美保≫しなるんじゃない?
ビシッて。

比嘉≫なんとなく
形にはなるようになりました。

阿部≫そんな比嘉さんを
お迎えしてお送りしますが

皆さん、ご質問、メッセージ
どしどしお寄せください。

ホームページからのメール
ご覧の番号のFAXで

お待ちをしております。
では今日のトークテーマです。

「女優・比嘉愛未さんの
挫折からの出発」と題して

沖縄から上京するときの秘話や

女優としての挫折
そしてプライベートのお話まで

いろいろと伺ってまいります。

まず最初のテーマ
応募人数2156人!

「どんど晴れ」のヒロインに
大抜てきという

テーマからまいりましょう。

「どんど晴れ」ですが
岩手県盛岡市が舞台でした。

婚約者の実家である老舗旅館
加賀美屋で

孤軍奮闘しながら女将を目指す
浅倉夏美役

ヒロインを務められました。
主演が決まったときの

お気持ちというのは
覚えてらっしゃいますか?

比嘉≫本当に信じられなくて

一生分の運を
使ったんじゃないかというくらい

本当にびっくりしたんですね。

私、何かの
ドッキリなんじゃないかと思って。

本当に決まったよって
言われたときは、泣きながら

母に電話をして、喜んでくれて
2人で泣いたのを覚えていますね。

船越≫東京に出てきて、しばらく

たってからだったんですか?

比嘉≫出てきて
1年くらいのときです。

阿部≫その間はどういうふうに
過ごされていたんですか?

比嘉≫その間は
モデル事務所に入って

モデルのお仕事をしながらも
どこかでお芝居ができるような

チャンスをうかがっていて。
初めて受けたオーディションが

朝ドラだったんですね。

船越≫初オーディションで
いきなりヒロインを。

比嘉≫だから一生分の運を
使ったんじゃないか

ということなんです。

美保≫宝くじとか
絶対当たらないね。

比嘉≫だから買ってないです。

ためておこうと思って。
いい運はためておいて

またドカンとくるように。

阿部≫比嘉さんは
実はオーディションのときに

こんなふうに
思ってらしたそうです。

「私…絶対落ちないな!」。
ものすごい自信です。

船越≫今、一生分の運を
使い果たしたみたいなことを

おっしゃっていましたが
こんな自信が実はあった?

比嘉≫自信というか
私が絶対受かるじゃなくて

すごく、楽観主義というか

オーディションが
楽しかったんですよ。

上京してきて
初めてのオーディションで

この場に立てていることが
もう、すでに幸せというか。

だから、落ちるって
すごくマイナス的な

感情じゃないですか。
そういうのが全くなかったので。

美保≫負けてなかったんですよ
きっと。

オーディション負けしてる人
いますからね。

比嘉≫そういうのじゃ
なかったんです。

不思議と楽しくて
幸せでっていう気持ちでいたので。

4回、オーディションが
あるんですね。

だんだん、決まっていく段階で
それが、より強くなって

きっと落ちないだろうなっていう。

そういう変な意味の
自信じゃなくて。

船越≫でも、その明るさが
やっぱりヒロインに

共通するところが
あったのかもしれませんね

選ぶ方たちにしてみたら。

比嘉≫そのときの
プロデューサーさんだったり

スタッフさんの皆さんが
そういうふうに

見てくださったので
多分、本当に幸運なことに

役と自分自身のキャラクターが
合ったんでしょうね。


引き寄せられたというか。
引き寄せたというか。

それを思いますね。

阿部≫オーディションの

審査を務めた

プロデューサー、こういうふうに
当時を語っています。

比嘉さんは沖縄なまり全開で
あっけらかんとして

新鮮だったと。

船越≫あそこで
腕組されてますけど。

比嘉≫見に来てくださってます。
父のような方なので。

授業参観みたいな
気持ちでしょうけど。

あの方がいなかったら…。

だって、オーディションで
なまってるんですよ。

すでに本当はだめじゃないですか。

船越≫しかも、沖縄ですからね。

南と北。

比嘉≫本当に楽しかったので
後日、聞いたら

本当にオーディション会場が
楽しそうだから

ついつい、入ってきちゃった
っていうような

感じだったんですって。

そういう変な緊張はなく
とにかく、オーディションを

受けたい
お芝居がしたいという思いで

必死だったんでしょうね。

本当にありがたい。

美保≫変なこびが
なかったんだと思います。

すでにこびてる人とかいるから。

今もないですよ。

比嘉≫大丈夫ですか?
今ないですか?

あったら言ってくださいね。

阿部≫新鮮だったんでしょうね。

ドラマの初主演ということに
なるわけですが

実際の撮影現場では
いろいろご苦労はありましたか?

比嘉≫苦労といえば
1年近くを通しての撮影なので

せりふ量、出演シーンも含め

やはり体力勝負でもありましたね。

常に健康管理は
しっかりしなきゃと思って

そのとき、1人暮らしを

始めたばっかりだったので
自炊をして

野菜スープを持ってきて
1人で食べながら

撮影してたなって
思い出しましたね。

美保≫なんで
海ぶどうがないの?って。

比嘉≫お母さんが作った
ゴーヤチャンプルないの?って

思いながら。

今は、ちゃんと
頑張らなきゃいけない

大切な時期だと
思ってやってたので。

1つだけ自慢があるのは
体調を1回も崩さなかったです。

かぜもひかなかったですし。
それは本当に

丈夫に生んでくれた
親に感謝なんですけど

結構、気を使ってましたね。

船越≫親御さんたちは
上京するときに

ご心配されたんじゃないですか?

比嘉≫大反対でしたね。

阿部≫その辺のお話は

また後ほど伺います。

その「どんど晴れ」で
比嘉さんは運命の出会いといって

いいんでしょうか。
この方と出会うことになるんです。

「永遠の憧れ 大女優
草笛光子さんとの出会い」。

「どんど晴れ」では草笛さん
大女将のカツノ役を

演じられました。

比嘉さんの演じるヒロイン
夏美を立派な女将に

育てようとされる方ですよね。

演技の相談などは
されたんですか?当時。

比嘉≫常に現場では

ご一緒してたので
お芝居やたたずまいを

見ているだけでも
常に勉強だったんですけど

あるときに
撮影も終盤にかかって

毎日、撮影
演技をしていたにもかかわらず

自分がうまくできないで
悩んだときがあって

そのときに草笛さんに
私、この10か月近くも

夏美として生きているのに
お芝居しているのに

一向に満足できるお芝居が
できないんです。

どうしたらいいんでしょうかって
相談したんですね。

そうしたら、草笛さんが

笑いながらおっしゃったのが
あなた、何言ってるのって。

私は女優人生
50年歩んできているけれども

まだ1回も
満足したことないわよって

笑いながら。

言い諭すんじゃなくて
当たり前のように

ポッて、大切な

メッセージをくれたんですよ。

それはずっと、それから10年

常に心の中に思いとめて
お芝居していますね。

満足しちゃいけないって。

常に探究心を持って楽しみながら
お芝居していかなきゃって

思いました。

そこからずっと草笛さんのことは
これからも大好きな

尊敬する先輩であって

女性であって

いまだに会うたびに恋してる
気持ちになっちゃうんですよ。

ドキドキしちゃって
大好きすぎて。

だから、メッセージを
くださるだけでも

胸がいっぱいです、今。

阿部≫比嘉さんに対して
草笛さんが

どんな印象を持ったのか。

比嘉≫怖い、怖い…。

阿部≫珍しい女優さん
ということを、まず

おっしゃったんですね。
何か思い当たる節はありますか?

比嘉≫全然分からないです。
自分のことは。

阿部≫その真意をご覧ください。

阿部≫それは
プライベートのときでも

変わらないようです。

船越≫いかがですか?
憧れの大先輩。

比嘉≫胸がいっぱいですよ。
本当にありがたいです。

船越≫踊ったんですか?
比嘉≫踊りましたね。

今思い出しました。

お酒も入って、みんなで
楽しく踊ってたんですけど

確かに、草笛さんも
ダンスのプロですし

ダンサーの方も
いらっしゃった中で

ど素人なんですけど
怖いもの知らずですね。

楽しい空間だったんです。

あなたも踊りなさい
はい!っ言って踊って。

船越≫沖縄県人の血が
騒いだのかもしれないですね。

比嘉≫そうですね。
そういうテンションというか。

阿部≫お写真も仲がよさそうな
雰囲気が伝わってきますね。

比嘉≫毎年、こういうふうに。

ご自宅なんですけど
ホームパーティーだったり

これは草笛さんの誕生日会。

毎年会ってますねプライベートで。

船越≫10年以上になるのに
こうやって

交流が続いているんですね。
比嘉≫大好きなので

目指すというと
おこがましいですけど

そういう目標になる女優さん
先輩がいるって

大きな財産だなと思いますね。

阿部≫「どんど晴れ」の
撮影中ですが

リハーサルと本番の間にある
休憩が比嘉さんは

とても苦手だったと伺いましたが。


比嘉≫セッティング中とかって
本番前にあるじゃないですか。

泣き芝居のときとか
テストを何回もするので

感情をいつまでも
キープできないんですね。

私は不器用なほうなので
いつもテストで

全開を出してしまうんです。
何回も繰り返して時間がたつと

本番泣けなくなったり。

美保≫やればやるほど
そうなんですよね。

最初から撮ってくれたら
いいんだけど。

阿部≫ある日、草笛さん演じる
大女将が亡くなるという

とても大事なシーンが
やってくるわけです。

そのときも、とても
苦労されたということですが。

草笛さんのある行動によって
比嘉さんが

救われたということなんです。

阿部≫そのシーンがこちらです。

夏美≫大女将!

大女将!

いやー!

大女将!

比嘉≫もう泣きそう、どうしよう。

今、我慢したんですけど。

思い出しましたね。

船越≫こういう優しさって
一生忘れませんからね。

比嘉≫忘れられないです。

さっきのシーンのとおり
草笛さんが横になられてて

お亡くなりになっているという
設定なので

布団の見えない角度で
布団の隙間から

そっと手を
握ってくださったんです。

その手がすごく温かくて。

さっきおっしゃっていたように
何も言わなかったけど

私の心情をくみ取ってくださって。

その思いで
すべて、大女将としてもだけど

草笛さんの優しさに感動して
悲しくて、うれしくて。

いろんな感情が爆発して
もう一度

泣けることができたので
見るだけでも思い出すんですよ。

11年前を。

役者としても
すばらしい方ですけど

思いやりがある人としての
すばらしさも感じるので。

美保≫現場で
そういうシーンにかかわらず

すごいしゃべってる人も
いたりするときもあったり。

そうじゃなくて、ちゃんと
雰囲気に合わせてくれるのは

すごい。
SSSランクの女優さんですね。

船越≫だから、みんなに
お母さんって慕われるんですね。

(チャイム)

船越≫お客様ですね。
お久しぶりじゃない。

東≫どうも、こんにちは。

せっかく、今
ぐっときてたのにね。

船越≫こんなに場を
読めない人なんて思わなかった。

東≫ピンポンのせいでしょ。
俺だって出づらいなと思いました。

どのタイミングで
出ようかと思って。

これ以上のエピソードないでしょ。

いいお話を
聞かせていただきましたが

今日は私も比嘉さんの沖縄時代の
エピソードを持ってまいりました。

「沖縄時代の仰天エピソード」。

比嘉さんはもともと沖縄で
モデルをされていたんですね。

スカウトかなんかが
あったんですか?

比嘉≫高校受験のために入った
塾の先生が

モデル事務所の社長と知り合いで

こういう子がいるよってことで
スカウトを。

東≫塾の先生が…。

授業やってて、こいつ
かわいいなっていうのが

あったんでしょうね。

比嘉≫女性なんですけど
当時から170近くあったので

珍しい子がいるってことで。

東≫結構、いろんなお仕事を
されてたんですか?

比嘉≫そうですね。
モデル活動はいろいろと。

学業と両立してやっていましたね。

東≫そんな比嘉さんが
モデルをしていたときに

沖縄でやっていたテレビCMを

入手いたしましたので。
初々しい表情にも

注目です。

東≫当時17歳の比嘉さん。

こちらはアクセサリーのCMです。

比嘉≫顔がまだ幼い。

東≫めちゃくちゃかわいいです。

これは声かけますね。

美保≫もったいないなって。
全国区にしたいって。

船越≫沖縄限定の
コマーシャルなんですね。

比嘉≫そうですね。
ちゅら玉っていう

キーホルダー。空港とかに
よく売ってるんですけど。

これもオーディションがあって。
モデルの。

初めて決まった大きな仕事ですね。

東≫オーディションに
本当強いですね。

僕、オーディション
1回も受かったことないですから。

よく芸能界にいるなって。

お芝居じゃないですけど
あのときの心境は

覚えていますか?砂浜を歩いて。

比嘉≫まず
カメラにも慣れてないし

普通に自然に歩くことすらも
難しいんですよ。

ぎこちなくなっちゃって。

そのうえ、歌うことも

セットなので。

東≫もう出来上がっているように
見えましたけど。

このころから将来は
女優になろうという

気持ちがあったんですか?

比嘉≫全くないです。
絶対、向いてないと思ってました。

いまだに向いてないと
思いながらも

好きだから
させてもらってるんですけど。

この当時なんて
モデルやってる自分も

ちょっと不思議な感じで。

東≫17歳ですからね。

船越≫透明感!

美保≫ポップな音楽のほうに

興味があったりとか
そういう年代じゃないですか。

比嘉≫このとき
犬のトリマーになりたくて。

それで、農業高校に入り
農業高校の中にある

アニマルケアを専攻できる
学科がありまして

そこで勉強していたので
全く、全然この仕事とは

関係ないことを目指していました。

東≫遊びじゃないけど
モデルの仕事をしていたけど

卒業後は違う道にという
気持ちもあったんですね?

比嘉≫そうですね。もともと母が
若いときに

モデルをやっていたことがあって。
母がやっていたから

ちょっと興味もあったんですけど
最初は社会勉強のつもりで

やってたんですよね。

東≫こんなきれいな勉強
あるんですね。

そんな比嘉さんに
ある転機がございます。

「突然の映画出演オファー!」。

こちらは2005年公開の
「ニライカナイからの手紙」

という映画がありまして
沖縄が舞台なんですね。

主人公の
同級生役ということですが

いきなりお話がきたんですか?

比嘉≫モデル事務所に
お仕事のお話がきて

監督さんが現地の子を
使いたいということがあり


それでオーディションを
受けたんです。

それで受かったんです。

オーディション、強かったですね。

だから、生まれて初めて
せりふをしゃべった。

東≫これがお芝居の最初に
なるわけですね。

ただ、比嘉さんは
この映画で挫折をしたと。

比嘉≫挫折というと
大きくなっちゃいますが…。

まあ、挫折か。

人生で親元を離れて
社会に出ての挫折。

自分ってこんなにも
何もできないんだと

初めて落ち込んだことが
ありまして。

この作品で。
美保≫作品の中で?

船越≫どんなところで
そんなに落ちちゃったんですか?

比嘉≫まさに
このシーンなんですけど

蒼井優さんが親友で、彼女が
お互いの進路のことについて

話すシーンがあったんですけど

2行のせりふがあったんですが
言えなかったんですよ。

本番で、真っ白になって
飛んじゃって。

その瞬間に

何十テイクやっても
言えなかったんです。

東≫NGを繰り返すと
気持ち的にも落ちていきますよね。

比嘉≫いまだに
忘れられないですけど

周りに人がいっぱいいるのに
孤独、真っ白な世界に

自分だけいるっていうか。

美保≫できないと家に

帰れないみたいなのが
あるじゃない。役者って。

あー!ってなっちゃうの
ありますよね。

比嘉≫それを初めて経験して。

東≫そして今日は残念ながら
言えなかった

2行のシーンがあります。

主役を務める蒼井優さんは
卒業後、東京に出て

母親と暮らそうと思いますが
1人きりになってしまう

祖父のことを気遣い
ためらっていました。

そんな蒼井さんに
比嘉さんが語りかけるせりふが

こちらです。

東≫今見て、どうですか?

比嘉≫なんですか?この番組。

泣かしたり
いやな汗をかかせたり

やめてください!

東≫さっきまで
ぐっときてたのに…。

このときのせりふが
言えなかった?

比嘉≫言えなかったですね。

「風希にはないの?」のあとが
言えなかったんです。

いまだに言えないです。
トラウマで、怖くて。

美保≫沖縄の雰囲気が
すごい出てますけど。

ものすごくばっちりですね。

東≫自然のなまりというか
方言ですもんね。

比嘉≫そうですけど

ガチガチでしたね。

船越≫いい感じじゃない。

比嘉≫恥ずかしくてしょうがない。

美保≫友達って感じがする。

東≫ふだん、たまに
見ないんですか?家で。

比嘉≫最近は見てないですね。
初心に帰らなきゃいけないですね。

東≫そして、この出来事で
演技に興味のなかった

比嘉さんなんですが
こんな決心をします。

「私上京して女優になる!!」と。

船越≫つらい思いをしたのに
ここで決意をしたの?

比嘉≫迷いなく、このまま
沖縄にい続けたら

お芝居のチャンスは
巡ってこないじゃないですか。

もう1回
リベンジしたかったんですよ

自分自身に。

美保≫すばらしい。
私、女優になるというのを

10代の少女に決断させる
っていうのは大変なんですよ。

向いてる子だけど
やりたくないっていう子

いるじゃない。

東≫沖縄にいて上京するって
ハードル高いですよ。

だって、当時18歳ぐらいですか。

比嘉≫18歳でした。
美保≫すごい悔しかったのかな。

比嘉≫相当
悔しかったんでしょうね。

燃えちゃったんですよ。

東≫悔しかったら
やめるっていう選択肢がね。

比嘉≫何がなんでもリベンジして
続けるとかじゃなく

そのときの自分に
勝ちたかったんですよ。

それだけです。

相手役の蒼井優さんがとか

周りのスタッフがじゃなくて
自分自身の悔しさが

原動源になって、東京って

突き動かしたと。

東≫それまではトリマーを
目指してたわけですからね。

それが一転して女優になるという。

比嘉≫自分でも、いまだに
あのときの行動力は

信じられないというか。

船越≫その悔しさが
ばねになったんですね。

東≫そう決心するんですが
大きなハードルがありました。

「厳格すぎる両親」。

結構厳しかったんですか?

比嘉≫はい、とても。

まず、門限7時。

外泊禁止、男女交際禁止が
高校卒業まで。

美保≫えー、つまんない!

船越≫ずっと守ってたんですか?

比嘉≫守りました。

船越≫7時?門限。
比嘉≫ちゃんと帰ってました。

東≫沖縄にも
そんな厳格な人いるんですね。

ノリがよさそうな
沖縄の風潮というか。

比嘉≫ラテン的な
イメージがありますけど

結構、厳しかったんですよ。

船越≫昭和の戦前の
親御さんみたい。

美保≫でも、いいところに
お嫁さんにいってほしい

というのがあるんですよ

親としては。お金持ちの
格好いい旦那さんのところにとか

いろいろあるんですよ
たくらみが。

東≫だけど、沖縄の門限7時って
まだ明るいですよね。

比嘉≫全然明るいです。

そこから非行に走ることも
ないですから。

東≫そして、比嘉さんは一度だけ
あることをします。

お二人に予想していただきます。
純さん、いかがでしょう?

両親に対して
あることをするんです。

なんだと思いますか?

美保≫なんだろうなあ…。
縄で縛っちゃう。

比嘉≫ちょっと
ギリギリアウトです。

事件になっちゃいます。

船越≫家出。

東≫正解は、そうお見事。
「一度だけ家出をした!!」と。

どんな家出だったんですか?

比嘉≫中学生ぐらいですかね。

友達とその当時
交換日記みたいなのが

はやっていまして、そのときに
男女交際じゃないですけど

好きな男の子がいて
その子のことを書いてたんです。

そうしたら、それを母が
棚からたまたま見つけて

見ちゃって、愛未、これ
どういうこと?って怒られて

多感な時期じゃないですか。


見られたくもないし
なんで勝手に見たの?って。

いろんな感情が爆発して
親と言い合いになり

そのまま泣きながら
家を飛び出したんですけど

その日、初めて
無断外泊して

友達の家に泊まったんですよ。

だけど、沖縄の田舎なので
次の日、友達と歩いてたら

車がピャーッて止まって。

まさに父と母が乗っていて

乗りなさいと。有無を言わさず

強制連行されました。

船越≫お父さんが
めちゃくちゃいかついですけど。

比嘉≫こんなに
ゴツくはないですけど。

こんな感じじゃないですけど

でも、勢い的には
おもしろかったですよ。

こうやってウィーン、乗りなさい。

ここから、もう1回
けんかにもならなかったですね。

「はい」って、すぐ乗って。

東≫家には1日だけ泊まって
帰ったんですね。

比嘉≫すぐ帰りましたね。

東≫そして比嘉さんが
上京したいと

お願いするんですが
もちろん、猛反対を受けます。

また怖いですよ。

でも、比嘉さんは説得するために
こんな行動に出たんです。

土下座して上京させてくださいと。

どうでした?このときの気持ち。

比嘉≫とにかく、さっきも
お話ししたんですけど

リベンジしたくて
自分の中の情熱が止まらなくて

どうしたら親に伝わるんだろうと
思ったら

言葉じゃ勝てないから
態度で示すしかないと

思い立ったのが土下座です。

人生で初めてしました。

東≫人生で初めての土下座
このときのことを

思い出させるようなせりふが
「どんど晴れ」の中に

あったんです。
一度は、女将になることを

諦めた夏美が
やっぱり

女将になりたいと決心し
父親に懇願するシーンです。

夏美≫私を今すぐ
盛岡へ行かせてください。

房子≫今すぐって?

夏美≫私だって

旅館の女将として
やっていけるってことを

柾樹さんに分かってもらいたいの。

だから、柾樹さんの実家の旅館で
働いてみたいの。

だから、お願いします。

啓吾≫そんなこと
許すとでも思ってるのか?

夏美≫お父さん、お願い。

啓吾≫何分かったことを!

東≫まさに
こんな感じだったんですか?

比嘉≫まさにでしたね。

偶然ですけど
本当に脚本家の小松さんは

全部見ていたのかっていうぐらい

全く同じシチュエーションでした。

東≫ダブるような
感じだったんですか?

比嘉≫まさに自分の人生
選んでみたいということ

同じことを言いました。

船越≫このシーンは
感情が入りましたよね。

比嘉≫入りました。
なかなか印象に残っています。

船越≫今のお芝居を見ていて
僕が父親だったら

うん、分かった
行って来いって言いそうだもん。

東≫決意が本当に表情に表れて。

船越≫目力ね。

比嘉≫でも、なかなか。

その態度を見て
決意をくみ取ってくれて

父が、じゃあ分かったって。

その代わり
1年間だけ猶予を与える。

何も援助もしないから自分の力で
やってみろって。

船越≫そして、そのギリギリの
1年目に受かったのが…。

比嘉≫朝ドラ。

美保≫すごいね。

あのお芝居をお母さんとお父さん
見たわけじゃない。

比嘉≫見ましたね。

東≫決まったとき、相当
うれしかったんじゃないですか

ご両親。

比嘉≫母は、電話で言ったときに
泣いて喜んでくれて

でも、父は
ふだん、あまり厳格で感情を

表に出す人じゃないので
喜んでるのかどっちなのか

分からなかったんですよ。

美保≫絶対小躍りしたかったけど
恥ずかしくてできないんですよ。

船越≫お父様もこのシーンには
ぐっとこられたんじゃないですか。

比嘉≫恥ずかしくて
聞けないですけどね。

♪~(コーナー音)

船越≫この音が
鳴ったということは

船越のクエスチョン5!

船越≫振り返りましょう。

両親から演技のダメだしがある
イエス。

見てくださってると。
比嘉≫いつも見てくれてますね。

いまだに、電話して
どうだった?って聞きます。

自分からも聞きますし

両親ともに
見た?って。最近は

わりと褒めてもらえることが
増えてきたので

やっと10年たって
認めてくれたのかなって

思いますけど。
たまに、あそこはこうだったとか

言われます。

美保≫細かいところ
見てるんですよね、身内って。

なんで、こんなことまで
言われるのって。

阿部≫ちょうど今
東京にいらしてるそうですね。

比嘉≫ちなみに今
東京の、うちの家から

生放送、見てます。
頑張ってるよ!

東≫本当のテレビ電話だ。

比嘉≫緊張しながら見てますよ
きっと。

船越≫お父様の画が出てきた。

東≫ごついね、体が。
でも結構お茶目だね。

美保≫上野、行ったのかな?

比嘉≫これは、おばあちゃんが
中国に旅行に行って

お土産で買ってきた
パンダの着ぐるみをつけて

これだけ送られてきたんです
突然。

文章なく。

これは、アプリで

いろいろ加工しているんですけど

顔は仏頂面で
ただ送られてきたんですけど。

なんか、ちょっと
変わってるんですよね。

船越≫そして、そんなお父さんと
正反対の人が

理想だ。ノーということは?

比嘉≫理想は父ですね。

父親としても尊敬していますし
母との関係性を見ても

うちの母は
お父さんじゃなかったら

だめだっていうくらい
自由奔放なので

そんな母を支えつつ
引っ張りつつという。

男性としても理想的だなって
思います。

東≫お父さん、うれしいね。

船越≫このままずっと東京で
暮らしたい、ノーになってる。

比嘉≫いつかは
沖縄には帰りたいなって。

だけど、このお仕事が好きなので

自分が2人いたらいいのにって
すごく思いますけど。

美保≫両方地元。

比嘉≫いいですね。

でも故郷はずっと忘れずに
とっておきたいなと。

阿部≫続いてのトークテーマは

「バカボンのパパより

バカなパパ」放送直前
破天荒すぎる赤塚不二夫伝説。

今週土曜日より
スタートいたします

阿部≫天才漫画家ながらも
社会では典型的なだめおやじの

赤塚不二夫さんが
なぜ多くの人に愛され

慕われたのか。
ちょっと変わった家族の在り方を

描いたドラマです。

というドラマですが
登場人物をご紹介しましょう。

主人公は赤塚不二夫さんを演じる
玉山鉄二さんですね。

そして、赤塚不二夫さんの
2番目の妻

眞知子さんを演じるのが
比嘉さんということですね。

2番目の妻ということですが
演じてみて、いかがでしたか?

比嘉≫奥さん役というのも
今まであまり経験がなかったので

その中で、いきなり
2番目の妻っていうのが

すごいなと思って。

ですけど、元妻の京子さん演じる
登茂子さんとも

仲がいいという設定で
本当に不思議な家族の姿を

演じていましたね。

船越≫2番目の奥さんと
結婚したほうがいいよって

勧めたのは
最初の奥様というお話は

有名ですもんね。

比嘉≫実際に記者会見もしたって。

2人に挟まれて
赤塚さんがっていう。

本当に武勇伝を
持っていらっしゃる方。

それを、玉山さんが
おもしろく演じてくださって。

見てください。この表情。

美保≫別人になってる
きれいな顔が。

阿部≫見えてきますね。

比嘉≫憑依型で
本当に赤塚さんにしか

見えなかったです。
楽しかったですよ。

普通じゃあり得ない
環境なんですけど

この人だから許されて
愛されちゃうという。

阿部≫ここからはドラマを
より楽しんでいただくために

破天荒すぎる赤塚不二夫さんの
伝説をクイズでご紹介します。

よく考えてくださいね。
第1問、こちら。

漫画「おそ松くん」で
誕生したギャグ

おなじみのシェー。

そのおもしろさを確かめるために
赤塚さんのスタッフが取った

驚きの行動とは
一体なんでしょうか?

東≫どこかで試したんでしょうね。

1軒、1軒
近所に入ってシェーってやって

様子を見て。近所中を回った。

阿部≫比嘉さん
なんだと思います?

比嘉≫私もそう思いました。

私は1軒1軒じゃなくて
道行く人に

ドッキリシェー。
いきなりシェー!ってやる。

阿部≫正解見てみましょう。

ほぼ正解です。
街でシェーをやって

通行人が笑うか確認したと。

船越≫さすが2番目の妻。

阿部≫うちわでウケてはだめだと。

実際試してみようということで
正しくは、新宿御苑に出かけて

すれ違う人にやってみたと。

そうしたらウケたと。

美保≫みんな、この格好
してましたよね、写真を撮ると。

阿部≫比嘉さんは当然
子どものころは

あまり知らないでしょうね。

比嘉≫やっぱり知ってましたし

「バカボン」も
「ひみつのアッコちゃん」も

当たり前のように
見ていましたので。

阿部≫伝説の第2問

心優しい性格だった
赤塚不二夫さんですが

マージャンをするときに
あることを絶対にしませんでした。

そのあることとは、なんでしょう。
優しさが表れているんです。

美保≫あがらない?

マージャンってロンとか
あがらないと勝てないから

安い手でも。

阿部≫比嘉さん
なんだと思います?

比嘉≫マージャンのルールが
よく分かってなくて…。

でも、美保さんと一緒で。

東≫点棒を倍あげるとかね。

船越≫これは有名な話ですよね。
純ちゃん、大正解。

阿部≫ロンをしないんです。

相手の捨てた牌では
あがらないんです。

ただし、自分がツモ
自分が引いたときはあがる。

優しいですよね。

東≫人がいやな気持ち
するだろうからってね。

ロンだと人のやつで
あがっちゃうと…。

船越≫その人を
傷つけたくないから。

だから、マージャン
あまり勝ったことがないという

伝説が残っていますね。

阿部≫赤塚さんの
エピソード満載のドラマ

「バカボンのパパより
バカなパパ」は

今週土曜日、夜7時30分から
スタートです。

続いてのテーマは

「比嘉さんの中に潜む
小さなおじさん?」

ということですが
これはある方々から

証言が届いております。
まずはドラマで共演されている

玉山鉄二さん。
どんなおじさんが

いるのかということで
こういう証言がありました。

「お酒を飲むと泣き上戸
気が付いたら泣きながら爆睡」。

これはクランクアップしたあとの
飲み会での話だそうですが

最初は笑顔だったのが
そのうち泣き上戸。

最後は泣きながら爆睡。

玉山さんは

リアルな世界で
こんな絵に描いたような

酔っ払い方をする人がいるんだと
芝居の勉強になりましたと

コメントしております。

比嘉≫本当にごめんなさい…。
そのとおりです。

東≫覚えてる?
比嘉≫覚えてます。

寝てからは分からないですけど
ちゃんと起こされて

無事に帰ったんですけど
打ち上げとか

大好きな人たちといると
感情が

マックスになっちゃうんですよね。

でも、怒ったりはしないんです。
喜びと感動で泣いちゃう。

出会えてよかったって。

美保≫漫画みたいに?

比嘉≫勝手に笑ったくせに最後
出会えてよかった!

グーって寝る。

阿部≫長谷川京子さんとも

ご機嫌な感じですけど。

続いては
長谷川京子さんからの証言。

どんな小さなおじさんがいるのか。

「共同トイレに私物の歯ブラシを
置きっぱなしにしていた」。

ドラマの撮影中の

共同トイレに
置きっぱなしにしていたと。

覚えてます?

比嘉≫置いてましたね。

だって、またごはん食べたら
使うじゃないですか。

東≫自分のうちじゃないでしょ。

比嘉≫よくないことかな。

船越≫みんなが使うところだから。

比嘉≫なんですけど
どこか抜けてるというか。

そういうところは
大丈夫でしょって思って

置いちゃって。
そういう、がさつ…。

ちゃんとしなきゃ。

阿部≫ほかにも何かご自身で
おじさんっぽいなと思うところ

ありますか?

比嘉≫やっぱり、お酒が好きです。
仕事のあとの。

今日は頑張ったというあとの
ビールの1杯目が大好きです。

船越≫おっさんだね。

美保≫覚えちゃったのね。

比嘉≫のど越しを。

船越≫一緒だね。
終わったと、プハーって

言うみたいなね。

阿部≫このあと
みんなで行きたいですね!

美保≫泡がついてても
気が付かない。

比嘉≫親が見てるのにすみません。

阿部≫今夜のおすすめ番組です。

≫今夜の「ガッテン!」は
わかめ未知との遭遇。

わかめなのに、でろんでろん。

阿部≫今夜9時からお送りする
神奈川発地域ドラマは

湘南を走る
国道134号線を舞台とした

ロードムービー風のドラマです。

このドラマの
キーワードとなるのがこちらです。

大切な人との約束。

過去に交わした約束に対して
トラウマを持つ主人公が

偶然出会った
アメリカの老婦人との

交流を通して成長していくという
ハートフルなストーリーです。

主人公の洸太を演じるのは
この作品がドラマ初主演となる

宮沢氷魚さんです。

元THE BOOMのボーカル
宮沢和史さんの息子さんなんです。

そしてヒロインの
マリアを演じるのは

ニーナ・ムラーノさんです。
アメリカで女優、歌手

演技トレーナーとしても
活躍している方です。

この2人が
どんな湘南の旅を繰り広げるのか。

BSプレミアムで今夜9時です。
ご覧ください。

お便りが届いていますので
ご紹介いたします。

神奈川県の20代女性。

今日の比嘉ちゃんの髪形と衣装

とてもかわいすぎます。

比嘉≫ありがとうございます。

美保≫かわいいの。全身。
腰のところがかわいいの。

比嘉≫髪、切りたてで

そういうのも気付いてもらえて
よかったです。

阿部≫比嘉ちゃんが
今後、挑戦してみたい役は

なんですか?

比嘉≫悪女。

船越≫さっき元気よく
イエス上げてましたね。

阿部≫どんな悪をしましょう?

比嘉≫救いようがない
大悪女みたいな。

美保≫うそがうまくて
男の人の才能を

全部、奪っていく。

比嘉≫自分にない部分を

演じられたら、それは
お芝居だからいいじゃないですか。

美保≫手塚治虫さん原作の
女性が主役の。

船越≫「人間昆虫記」ね。

美保≫あれとか
ぴったりじゃないですか。

比嘉≫待ってます。

阿部≫福島県20代の女性。
いつもお肌ツルツルで

きれいな印象ですが
何か秘けつはあるんでしょうか。

比嘉≫よく寝ることと
紫外線ケアはしっかりしてます。

焼けないようにというのは。

あとは、いっぱい食べて

いっぱい笑う。

基本ですよね。
あとキックボクシングは

おすすめです。

船越≫運動してますからね。

比嘉≫ちゃんとメリハリをつける。

ちゃんと飲んだら、動く。
食べて、寝る。

船越≫ストレスはためない。

阿部≫輝きいっぱいの。

比嘉≫あっという間の
1時間でした。

船越≫楽しいお話を
たくさん聞かせてもらいましたが

ドラマも楽しみにしております。
また、ぜひ遊びに来てくださいね。

今日のお客様
比嘉愛未さんでした。


関連記事