ガッテン!「魅惑の食材わかめ!未知との遭遇」 実はそのパワーを最大限に生かせば… くわばたりえ、指原莉乃…


『ガッテン!「魅惑の食材わかめ!未知との遭遇」』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/27(水) 
ガッテン!「魅惑の食材わかめ!未知との遭遇」[解][字]
ヘルシーで便利な食材“わかめ”。実はそのパワーを最大限に生かせば卵焼きがふわふわに!お好み焼きはカロリーが33%オフ!魅惑の食材わかめの新たな世界を大公開!
詳細情報
番組内容
みそ汁の具や酢の物にもぴったり!ヘルシーで便利な食材“わかめ”。今回、ガッテンが取材したところ、わかめを“トロトロ”にして食べる驚きの激うま料理が、日本各地にあることが判明!おいしさのカギは大量に含まれる“アルギン酸”。そのパワーを最大限に生かすため、わかめをペースト状にして卵焼きに入れると、ふわふわの驚きの食感に!お好み焼きに入れればダイエットの強い味方にも!魅惑の食材わかめの新たな世界を大公開
出演者
【ゲスト】くわばたりえ,指原莉乃,【実況】岡田圭右,【司会】立川志の輔,小野文惠,【語り】山寺宏一
Capture20180627-212553.jpg 


『ガッテン!「魅惑の食材わかめ!未知との遭遇」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ガッテン!「魅惑の食材わかめ!未知との遭遇」
  1. 岡田
  2. 指原
  3. アルギン酸
  4. 笑い
  5. 皆さん

  6. 塩蔵
  7. 料理
  8. 冷凍
  9. ガッテン



『ガッテン!「魅惑の食材わかめ!未知との遭遇」』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


せ~の…。
(一同)ガッテン!

ガッテン!

今日のテーマは
皆さん おなじみの…

安くて便利
みそ汁の具に 酢の物。

毎日 食卓に上っている
ご家庭も

多いんじゃないですか?

そんなわかめの魅力といえば
こちら。

そう!

しかし 今回
「ガッテン!」は見つけました!

実は わかめには
歯ごたえ以外にも

知られざる すっご~い
魅力があったんです!

しかも 全国では
そんな驚きのわかめ料理が

ひそかに楽しまれていました。

(笑い声)

試しに東京で そんなわかめ料理を
食べてもらうと…。

みんな そのおいしさに
驚いちゃいました!

実は その秘密は

海の中での わかめの生き方に
隠されているというんです。

それって 一体どういう事!?

(拍手)

はい それではご紹介しましょう。

この布の下に
本日の主役がおります。

あそこだけ ちょっと
ポコッてなってるから

なんか ちょっと…

(笑い)

では 本日の主役です。

ほら どうだ!

(指原)うわ~!

すごいんですよ。
確かに すごい迫力ですね。

おっきい。

そうですよ。
えっ 初めて見た。

(岡田)確かに この状態はね。
この状態のわかめは初めて見るわ。

いや こんなおっきいんですか。

そう いたのを持ってきたんです
ここへ。

(笑い)

いやいや 分かりますけど。
ほんとですよ これ。

(指原)こんなに おっきいんだ。
だって ほら

これ こうやって ほんとに…。

(岡田)あっ ああ~! 本物!

ほんと これが本物なんですよ
ほんとに。

(岡田)ああ~ 食べちゃった!

食べちゃった もう!
食べられますけども。

(くわばたの笑い声)

(小野)この一枚一枚
葉っぱみたいに見える所。

そうそう 葉っぱみたい。
わかめは そこですよね。

その柔らかい所でございます。
で 軸は軸で

大変 美味なる…
呼び名がありますが。

茎わかめ そうそうそう。

これ 茎わかめなんですか!
真ん中。


この真ん中の所が…。

これこそが…。
茎わかめです。

(指原)ほんとに
茎わかめなんですね。 そうです。

茎わかめ 好きやねんけど。

さあ もう1か所 私たちが

まあ なんておいしいんだろう
って食べてる部分があります。

さあ 当てて頂きましょう。
(くわばた)真ん中 端っこ…。

どこにでも売っております。
私 大好きです。

俺 わかめいうたら もう…。

めかぶ的なやつですか?
(くわばた)そうちゃう?

「め」って事は…

でも あれ コリコリしてるもんね。

どろどろの。
そう。

実は この部分です。

(指原)そんなとこなんだ。

(くわばた)1個のわかめに…

それじゃないと思ってました。
そうなんですか。

そうなんです。
さあ こうやって

このわかめが3種類の部位に
分かれております。

(くわばた)そうなんだ~。

それでは このわかめは
すてきな海の中で

こうやっているんだというのを
見事にカメラを入れて

撮影に成功いたしました。
ご覧頂きましょう。

すてきな海の場所は ここです。
どうぞ!

知られざるおいしさの秘密を
探るため 訪ねたのは…。

天然わかめの産地です。

ここで 25年間
わかめの調査をしてきたのが…

日本藻類学会 会長も務めた
第一人者です。

先生 わかめって
どんな所に生えてるんですか?

ここは 瀬戸内海と太平洋から
流れ込む海流が交わる

栄養豊富な海。

ここに わかめの楽園が
あるというんです!

川井先生に同行し
撮影するのは こちら!

日々 厳しい訓練を積んでいる

NHKの海猿こと
潜水カメラマンです。

(くわばた)NHKの海猿。

先生は 海岸から
わかめの楽園を目指します。

カメラマンも水の中へ。

おっ 一面 海藻だらけ!

でも これは
わかめじゃありません。

浅瀬にある こちらは…

アオサ! いや おいしいよな~。

アオサ大好き!
(くわばた)おいしいよね。

これも みそ汁入ってるよな。
おいしいよな。

こちらの赤っぽい海藻は
いわゆる…

寒天の材料で
おなじみですよね。

実は 淡路島周辺は…

150種類もの海藻が
すんでいるんです。

川井先生を追って 沖に向かうと
かなり水が濁ってきました。

数メートル先も見えません。


(ぶつかる音)
ああ 危ない。

ちょっと怖いですね。
大丈夫なんですかね。

すると 先生が何か合図してます。

怖いわ…。

怖いわ。
(指原)何にも見えない。

何か ぼんやり
大きな塊のようなものが…。

近づいてみると…。

わかめです!

右を見ても 左を見ても わかめ!

ちょっと想像と違う!
(指原)ちょっと怖いな。

怖い!

その数 実に…

数百メートル四方にわたり…

ここに 天然わかめの楽園が
ありました!

早速 わかめを観察してみると…。

わかめが揺れています。

激しく揺れていま~す。

すご~く激しく揺れています。

実は わかめは
こうした荒れた海が大好き。

なぜなら…

それにしても激しいうねりですね。

この状況 気象予報士に
解説して頂きましょう。

「おはよう日本」気象予報士の
南 利幸です。

試しに 同行している
NHKの潜水カメラマンに

かつらをかぶせて

しっかり ひもで固定。

(指原)複雑な顔してますね
やっぱり。

そして 潜ってもらうと…。

うわ~!
(岡田)いやいや…。

髪の毛が 右に左に 前に後ろに。

いやぁ 確かに
地上の風ではありえない

四方八方からの流れです。
(岡田)何これ。

いや わかめで十分 分かるから。
そんな髪の毛で置き換えんでも。

やっとの事で船に戻ってくると…。

(岡田)ああ~ ほらほらほら。

でも ご安心を。

(指原)ああ よかった。

流れの激しい海に暮らしている
わかめ。

実は
この過酷な環境で生き抜く力に

知られざるおいしさの秘密が
あるんです。

はあ~。

(岡田)
知らなかったですね わかめが。
ちょうど 太平洋と瀬戸内海の

境目みたいなとこですね。
だから 潮の…。

ですから このわかめは…

(指原 くわばた)へえ~。

さて これから皆さんに どうして
わかめの… あそこまで行って

かつらまでの実験を
しなきゃいけなかったのかを

恐らく
初めて知られる事だと思います。

わかめは荒波の中で生きています。

それを可能にしているのは…

大きく成長して
いっぱい光を取り込んで

有利に光合成を行うためにも
この柔らかい体は必要です。

それを可能にしているのが
実はアルギン酸という物質です。


アルギン酸は とにかく
保水力がすごいんです。

細胞の周りに
存在していて

水をがっちりと
ここで蓄えていて

荒波に もまれても…

なるほど。

もしも アルギン酸がなかったら
荒波に もまれているうちに…。

うわ…。

折れやすくなってしまいます。

聞いた事ないです
初めて聞きました。

ほぉ~。
保水力。 それが入っている海藻。

海藻の中でも これだけの
アルギン酸が入っているのは

わかめなど
一部の大型の海藻だけなんです。

って事は このアルギン酸が いかに
保水力があるかというのは

あれだけの流れに耐えられる
動きを持ってられるのは

ほんとに
アルギン酸のおかげなんだと。

ちなみに こちらが…

1gの粉末に
100mlの水を加えてみます。

すると 水を全部つかまえて
どろどろに。

こんな不思議な塊まで
作れちゃうんです。

このアルギン酸の保水力

実は 乾燥わかめにも
生かされています。

小さく削って
顕微鏡にセットすると

断面は こんな感じ。

とっても薄く見えますが

緑色の表面の内側には
アルギン酸がたっぷり!

ここに水をたらしてみると…。

ほ~ら! どんどん広がっていく
透明な部分

これ 体内のアルギン酸です。

乾燥わかめが
水で驚くほど膨らむのは

アルギン酸の
おかげだったんですね。

さて ここまで
わかめの性質を知って頂きました。

では わかめは食べるもんです。

つながりを持たせたいっていう
気持ちはありますが。

えっ 何ですか?
言わない方がいいですかね。

ああ~ 言わない方がよかったな。

私のお父さん
めっちゃ頑張って食べてますけど。

そうなんですか?

(岡田)ないの!

誰が言いだしたんですかね わかめ
食べたら 髪の毛 増えるよって。

そっか~。

私 多分…

(岡田)え~!?

給食とか実家とかで
食べた記憶はあるけど

上京してから
食べてないと思います。

うちの冷蔵庫か食器棚には
わかめは…?

入ってないです。

(笑い)

あったら食べるけど。

ムシャムシャ食べる事
ないですよね。

あれ いきます?
(岡田)あれ いく!

何で!? ほんなら
やっぱり嫌いなんやん。

嫌いじゃない。
わざわざ食べない。  わざわざ…。

でも やっぱり みそ汁の具ランキング
ベタやけど 俺 わかめ1位やわ。

やっぱ おいしい わかめ。

それに いつでも
あってくれるから。
(岡田)そうです。

おみそ汁に
食べる時だけ ちょんとのせて

沸騰させないで食べる…。
歯ごたえがある方がええな。

シャキシャキが好きなんだ。
ああ~ なるほど。

さあ 今日は 恐らく…

…というのを ゲストの皆さんに
食べてもらうんですけど。

ありがとうございます。
これ ええやん ええやん!

わかめに対して。
あかんで ほんま。

今 一応…

(岡田)何が「わぉ」や。

でも料理として食べたら 絶対に
「私 わかめ 好きになった」と

言うと思います。
さあ そのお料理を教えて頂いた

京都のこのお店の方々は
こちらでございます。 ご覧下さい。

こちら 知る人ぞ知る
京都の料亭です。

(指原)ここは絶対 名店でしょうね
この感じは。

店主が この方…。

実は わかめの…

そんな宮澤さんが わかめの
アルギン酸の力を知ったのは

20年ほど前。

当時の師匠は 素材のおいしさを
極限まで引き出す名人。

その方に
奥義を教えてもらったんです。

もう…

それからは もう ほんと…

それが こちら!

酢の物や刺身 煮込み料理など
とってもおいしそうですが

一般的な料理にも見えますよね。

でも お客さんに
食べてもらうと…。

そう 皆さん わかめとは思えない
って言うんです。

では その正体を
お見せしましょう!

お待たせしました。

こちらの酢の物 わかめとお酢しか
使っていないそうなんですが…。

(指原 岡田)うわ~!
(くわばた)何これ!?

ごっついゼラチン状や
これ。 えっ!?

わかめが…

いいんだか悪いんだか
よく分からない。

宮澤さん 何なんですか これ!

わかめの本当の姿がこれ!?
一体どうなってるの!


さあ 京都に行ってまいりました。
教えて頂きました。

ちょっと おいしいか
まだ分からないから

ちょっと気持ち悪いっていうか
えっ びっくり! って衝撃が。

もし 家で 冷蔵庫で
わかめ使おうと思って

わかめ これだったら
やめといた方がいいなって。

食べたらあかんやつやなって
思いますけどね。

そう思う人もいます。
でも 実は これは…

まず左上から 天ぷらです。

(岡田)おいしそう!
これは おいしそうやな~。

わかめの天ぷらよ。
そして 真ん中が…。

そして これは 「とろとろ煮」と
呼んでいらっしゃいますが

いわゆる若竹煮ですね。
そして 隣が…。

こちらがお刺身です。
うわ わかめのお刺身!

食べてみたい! うわ~。

はい そして…。
これ 「わかめとうにのすり流し」。

そして こちらが
VTRにも出てきました酢の物です。

すごいな これは。

という事で 行きましたディレクターが
スタジオに持ってきて

ゲストの皆さんが
一番驚いてくれるのが

この5種類の中の
どれがいいのかなと

いろいろ考えました結果

1種類 皆様方に食べて頂くのは
今 ご用意しております。

≪(揚げる音)

(くわばた)
パチパチ 何か揚げてるな
揚げてるなと思ったんですよ。

(岡田)食べてみたい!
お願いします!

いや 揚げたて。
ありがとうございます!

そうです ほんと揚げたて。
うわ~ これはうれしい。

さあ揚がりました どうぞそれでは
召し上がって頂きましょう。

今日 ほんとにね 来てよかったと
思って頂ける瞬間でございます。

(笑い)

(くわばた)何 すご~い!
ありがとうございます。

アツアツのうちに どうぞ。
何はともあれ

もう お召し上がり下さい!

(岡田)そうやね。
さあ いただきます。

(岡田)結構 分厚いよ。
(くわばた)分厚いですね

ペラペラじゃない。
やけど気を付けて下さいよ。

いきま~す。
さあ…。

うわ… うわっ すっごい!

おいしい!
(くわばた)何これ ふわふわの…。

(岡田)とろとろなんですよ。

わかめの このなんか そう…

ジューシー! ジューシー!

それを閉じ込めた天ぷらだから
中 もう…。

これ わかめって言われなきゃ
分かんないですよね。

(岡田)ほんで この天ぷらの
この衣で包み込まれてるから

ある意味 なんか…

(指原)そうです! ほんとに
今 お箸で切ったらスープが…。

(岡田)ほんまや ほらほら。
(指原)スープが出てきちゃった。

実は アルギン酸は
出汁なども蓄えてくれるので

おいしい とろとろになるんです。
おいしい!

本物のわかめの姿をご存じの
あの板長さんだからこそ これが。

そうですね。 ペラペラやったら
全然こんなん できないもんね。

(くわばた)できないし…

全然違うもの。
(指原)ふわふわ ジューシー。

作り方 ちょっと。

どうやって作るか
それでは ご説明しましょう。

そうすると秘密が分かってきます。
はい。

お店の厨房にお邪魔しました。

これをしないと
プルプルにはならないんですね。

そうなんです。 アルギン酸は

わかめが荒波で生きるために
必要なものなので

外に漏れ出ないように
しっかりと守られています。

そこで粗塩で
表面に傷をつけるんです。

すると 水と体内のアルギン酸が
出はいりしやすくなります。

こうして とろとろが生み出される
というわけなんです。

(岡田)ああ~。
(指原)へえ~。

一枚一枚 隅から隅まで

丁寧に 塩でこすらないと
いけないんだそうです。

そのあと 湯がいて

流水にさらし

更に一晩 水に浸します。
わあ 大変だ!

このとろとろに
出汁などが絡みつく事で

驚きの味になるんです。

(岡田)うわ~!
なるほど!

手作業でないと
いい強さというか

いいあんばいには
ならないんでしょうね。

じゃあ これ ご説明下さい。
はい。

おいしく頂いた天ぷらのもとに
なってる わかめの作り方。

塩をまず わかめに すりこみます。

ほんとに隅から隅まで丁寧に。

あそこのお店では 生わかめを
使っていらっしゃいました。

生わかめに塩をすりこみ
そして 湯通しをしたあと

流水に3時間さらします。

そのあと 水に一晩おきます。

ここから 出汁や酢につけて
調理をするので

ほんとに 丸一日仕事だそうです。

(岡田)え~!
大変だ。

せめて おいしいものを
食べさせて頂いたお礼に…

(笑い)

という事で やってみました。

誰でも…

プロの塩もみ以外でも 上手に
わかめに傷をつけられるのか。

集めたのは こちらの道具。

目指すのは…

全国どこでも売っている

塩漬けされた
「塩蔵わかめ」を使い

お手軽に とろとろを目指します。

さあ まずは…

よ~い スタート!

塩がついたままの塩蔵わかめを

ちょっと強い力で
こすっていきます。

時間は2分。
さあ どうでしょう?

いい感じか!?

続いて 今度は大胆に…


2分間 塩蔵わかめに
フォークを刺していきます。

でも ちょっと穴だらけ。
大丈夫か~?

試した方法は 全部で8種類。

残念ながら ほとんどの道具は

とろとろが
イマイチだったんですが

なんと ある道具を使ったわかめに
驚きの結果が!

絞ってみると とろっとろ。

手もみほどではありませんが
超簡単にとろとろ感が出たんです。

さあ その道具とは こちら!

竹串は
ちょうどいい あんばいで

わかめに傷をつける事が
できるんです。

しかも 作り方も簡単。

数本まとめて
輪ゴムで縛った竹串で

袋から出して広げた
塩蔵わかめを

隅々まで
少し強めに刺していきます。

そして…

あとは…

とろとろになったら
お酢や出汁につけておけば

絶妙な味わいに!

是非一度 試してみて下さいね!

いや~ とろとろわかめ
すごいですね。

でも やっぱり シャキシャキの
わかめが好きだって方にも

朗報です!

こちら わかめの一大産地…

冬から春にかけてが旬の時期。

最も歯ごたえのあるわかめが
食べられるんです!

あっ じゃあ ちょっと。

漁師さんのオススメは
なんといっても…。

色が変わったら
ポン酢をつけて頂きます。

その歯ごたえたるや…

(笑い声)

そう! 旬の生わかめは
シャキシャキ感が超すごいんです。

(池田)何回 食べても
おいしいですか?

実は こうした
すごい歯ごたえのわかめが

最新技術によって

一年中 食べられる時代が
やって来たんです!

はい それでは ご覧頂きましょう。
こちらでございます どうぞ。

こうやって見たら
何だ 店に並んでるの

ただ並べただけかと
お思いかもしれませんが

ですけれど…。

わかめといえば 塩蔵か乾燥
大体この2タイプです。

そして このほど…

冷凍。
知らない。 初めて見ました。

冷凍できるんだ。
今までは
細胞が崩れてしまうので

わかめは冷凍できない食品と
考えられてきたんですが

技術が進歩しまして 一般向けに

冷凍わかめが
市販されるようになりました。

(指原 くわばた)へえ~。
じゃあ 食べて頂きましょう。

はい こちら。

塩蔵と乾燥のわかめも
ご用意しています。

冷凍わかめは
食感に特徴があります。

(くわばた)わかめって
私 大好きやねんけどな。

(岡田)ほんと うめえよな わかめ。

はい それでは 召し上がって
頂きましょう どうぞ。

(くわばた)コリコリしてる。

そうなんですよ。 この冷凍が
新しい歯ごたえの世界を

作ってくれるんでね…。  わざわざ
冷凍も出来上がったんですか。

塩蔵と乾燥で
非常に日もちもするしね

うれしいなと思っていたら
それだけじゃ

物足らないという方々が
いらっしゃったおかげで

冷凍が生まれたんです。
はあ~!

さて 今日…

最後にご紹介をいたします。

それでは どうぞ。

料亭の方々から
教えて頂いたからこそ

この世界も見つかったんでしょう。

わかめの世界を全部

これで網羅したんじゃないかと
思うぐらいに…

こちらでございます。
(岡田)えっ?

見た目だけだと ちょっと。
確かに さっしー それそう。

急に何ですか これ 師匠。
(くわばた)どろんどろん。

でもね 食べてから言って。
(岡田)え~。

さあ それでは これを皆さんに
召し上がって頂きましょう。

(指原)ちょっと これは
なんか よく分かんないけど。

(岡田)ごはんの友的な?
(くわばた)マジで?

うれしいじゃない。

何これ めっちゃ いろいろあるよ。
さあ 皆さん

目の前にありますのは
最高に歯ごたえのないわかめです。

これをごはん…
残りは薬味ですね?

そうです。 お好みで
お好きなものを食べてみて下さい。

(指原)うわっ! なんか もう…

(くわばた)分かる ほんまや!
(岡田)磯の香りとか言えんか。

何やねん
「海そのまま連れてきた」って。

海は来えへんわ。
面白いね。

(くわばた)家にあるもんで
やっとこうか とりあえず。

ごまと かつおぶし。
そうそうそう。

でも こうなったら…

納豆いいですね~。

やめなさい。
確かに。

(くわばた)
これ どんな感じになるんやろ。

食べてごらん!
(岡田)うわ~。

おいしいでしょ?

世界一 歯ごたえのない
わかめです。

どうぞ。

うまい。 うまい! おいしい!
いいでしょ? これ。

(岡田)ああ~ おいしい!

(指原)何これ!
いいでしょ?

(指原)もっと食べたい
もっと食べたい。
どうよ?

離乳食じゃないけど かまなくても
ふわって入ってくる感じの…。

飲めるんだもんね。
(くわばた)飲める感じ。

むっちゃくちゃ おいしいです。
おいしいわ~ うまいわ。

それで 普通のうちは
大体 乾燥か塩蔵かは

余ってるじゃないですか。

余ってて
みそ汁しか… あと 酢の物しか

使いようがないって
言われてたんですよ。

(笑い)
(岡田)もう?

(くわばた)早いな あんた。
(指原)ほんとにおいしいんです。

「ガッテン!」が生み出した…

実は さまざまな料理に
ちょっと足すだけで…

それでは ご覧頂きましょう!

(指原)うわ 盛りだくさん。
何だろう?

はい どうぞ。
わかめの大福か…。

(指原)卵焼き。
卵焼きは

比較のために 入れてないものも
用意しております。

食べ比べてみて下さい。

食感を求めないで
こうやって

ほんとに いろんなものに
混ざっていける。

もう 本当に
このペースト状態の世界

着地点は ここでございました。

卵焼き。
おいしいです。


(岡田)おいしい。

(指原)普通の卵焼きと比べたら…

(岡田)そうそう!
そうなんです。

(岡田)これは ほんとに柔らかさを
このわかめがちゃんと。

だから アルギン酸があって
アルギン酸は保水力があるので

細か~いわかめの中に
水分が入ってるのが

卵焼きにちらばってるという事は
柔らかくなるって話なんだよね。

えっ? これ さっきの
どれぐらい入れてんのか…

(岡田)主婦!
レシピ聞かなあかんわ。

(岡田)お好み焼き
そこまで とろみないけど

ちょっと山芋に近いというか…
あったんで

まあ お好み焼きは
いけそうな感じ。

山芋をおろした感覚 そうですね。

うまい!
何これ!?

おいしい。
お店の味です。

ふわふわ。

だから これで
ソフトクリームとかしたら…

ソフトクリームはええわ。

更に…

(指原)わあ それ うれしい!

(くわばた)小麦粉も減らせて。

ちょうどいい。
すごくいいですね。

うん!
う~ん!

大福も…。
(岡田)いきましょ。

電子レンジで まずパックの
切り餅を柔らかくして

そこに わかめのペーストを
混ぜ込んだんです。

(くわばた)持った瞬間が もう
「うそでしょ」のやつやな これ。

ふにゃふにゃに柔らかい。
(岡田)柔らかい。

ええ!?

(くわばた)
先輩 いって下さいよ もう。

いや 食べなくても 持てば…。
触るだけで結構です。

触って頂くだけで結構です。

(笑い)
ええ!?

ほんまに。 触ってみ。

(岡田)ほら! そやろ。

全然違う!

マジ!?

いやいや 何で さっしー。
これは ほんとにもう

大福に関しては 柔らかさを
このわかめがちゃんと…。

そうなんです。

う~ん おいしい。
柔らかっ!          すごい!

そうなんです。
邪魔してない おいしい。

そうなんです。
ああ~。

こんな感じで冷凍ができます。

密閉袋で こうやって
やっておけば 朝 キュッと。

必要なだけ ポキポキ折っても
使えますし。

(くわばた)いいですね。

ねえ 巻き戻して これを紹介する
前のコメント聞きたかったよね。

(岡田)ほんとにね!
ほんとに。

お二人だって
そうだったじゃないですか。

俺らは全然ね…。
いや もう。

何を言う 一緒やった 一緒やった。

(岡田)やめなさい!

「何でもかんでも ふわふわして」。
いや おかしいよ これ。

やめ ほんとに。

そうなんですよ。 もう 商品名まで
決まってるんですよ。

(指原)何て名前ですか?

(笑い)

「わかペ」じゃないですよ。
何 「わかペ」って。

それもね プロフェッショナルの
京都の皆さんが

いろいろ教えて下さった
おかげでございます。

是非 よろしかったら
お宅に今眠っているわかめを

ちょっと
起こしてやって頂けると

このペーストが出来上がる
っちゅう事でございます。

わかめ ガッテンして
頂けましたでしょうか?

ガッテン!
はい ありがとうございました。

いや~ シャキシャキから
とろとろまで

わかめって 本当は
いろいろな魅力があったんですね。

実は 全国では 他にも独特の
楽しみ方をしている人たちが…。

先ほどお邪魔した
わかめの産地 淡路島にも

ユニークなわかめ料理が
ありました。

こちら
井上さんが作っているのは…。

井上さんは
独自の製法を生み出しました。

ゼリーのような状態のわかめ。

これを
小麦粉と混ぜ込んでいくんです。

そうして出来たのが こちら。
わかめの麺!

見た目は
緑色のそばのようですが

わかめが小麦粉と相まって
絶妙の食感になるといいます。

(一同)いただきま~す!

もちろん 井上さんや
会社のスタッフも大好物!

一方 こちらは…。

な ま はげ~! で有名な…

男鹿半島は
日本海で育つ わかめの産地。

こちらのわかめ文化もユニーク。
それは…。

えっ? こちらも…

訪ねたのは その料理を
よく作るという仲良しのお二人

ダブル 加藤和子さん。

上がれ。 上がれ~。
どうぞ どうぞ。

さあ 男鹿のトロトロわかめとは
どんなものなのか。

冷蔵庫の隣に もう一つ 冷凍庫が。

開けてみる?

山のようにあるのが トロトロわかめ
粗く刻んだものなんですって。

全部 自分で作ったそうですが…。

みんなにあげたら
大体そうなっちゃうんだよ。

(スタッフ)自分は
食べないんですか?

早速 作り方を
見せてもらいました。

まず取り出したのは こちら。

生わかめに
塩をもみこんでいきます。

軽く湯がいたら
ここからがポイント!

包丁で粗く刻んでいきます。

すると わかめの…

これが 男鹿の…

透き通るような緑のわかめに
酢じょうゆが絡み合い

絶妙の味わいです。

更に おみそ汁。

とろみが抱えた
みそと出汁のうまみが

一瞬で口の中に広がります。

普通のわかめ料理も
トロトロにかえるだけで

全くの別物になるというんです。

じゃ 食うど。
(一同)は~い。

(スタッフ)ほんと待ってるんですけど。
そう 待ってるの。

この男鹿の…

驚くほど多様な日本のわかめ文化
皆さんも 旅行の際には

その土地のわかめを
楽しんでみて下さいね。

では 最後に…

わかめは
塩蔵 乾燥 どちらでもOK。

水に戻して よく絞っておきます。

わかめをお湯と一緒に
フードプロセッサーにかけ

粉々にしていきます。

ペースト状になるまで しっかり
細かくする事がポイントです。

これで ベースとなる
「わかペ」の完成です。

卵焼きの作り方は
卵3個に 「わかペ」100g

味付けは お好みでどうぞ。

これで ふわふわに!

しかも アルギン酸の保水力で
水分も出にくいので

お弁当にも向いてますよ。

続いては お好み焼き。

「わかペ」を入れれば
ふわふわ!

ダイエットの
強い味方になります。

パックの切り餅に使う場合は

レンジで温めて すぐに
「わかペ」を混ぜましょう。

これだけで…

「わかペ」は 他にも
いろいろなお料理で

力を発揮してくれるはず。

是非 皆さんも 新たな使いみちを
見つけて下さいね!

という事で 次回も…。

(一同)
ガッテン!


関連記事