ごごナマ おしゃべり日和「林与一」 “恋人”と噂された美空ひばりさんとの関係は?昭和の大スターの驚きの伝説…


『ごごナマ おしゃべり日和「林与一」』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/28(木) 
ごごナマ おしゃべり日和「林与一」[字]
ゲストは俳優の林与一さん。“恋人”と噂された美空ひばりさんとの関係は?昭和の大スターの驚きの伝説と意外な素顔に迫る▽本当は女子になりたい?その日常生活を大暴露!
詳細情報
番組内容
ゲストは俳優の林与一さん。デビューから61年。昭和の大スターの驚きの伝説と意外な素顔に迫る!▽大河ドラマ「赤穂浪士」(1964年)堀田隼人役で大ブレーク。現代のアイドルを上回る過激なモテぶりとは?▽師匠として日常を共にした長谷川一夫さん。度々相手役をつとめて実の“恋人”と噂された美空ひばりさん。今こそ語る彼らへの思い!▽稽古の前に舟木一夫の長襦袢を縫う。本当は女子になりたい?その日常生活を大暴露!
出演者
【MC】船越英一郎,美保純,阿部渉,【ゲスト】林与一,【出演】ヒデ
Capture20180628-184456.jpg 


『ごごナマ おしゃべり日和「林与一」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ごごナマ おしゃべり日和「林与一」 “恋人”と噂された美空ひばりさんと
  1. 船越
  2. 阿部
  3. 美保
  4. 林さん
  5. ヒデ
  6. 自分
  7. 今日
  8. 思って
  9. 言う
  10. 本当



『ごごナマ おしゃべり日和「林与一」』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


船越≫こんにちは。

ようこそ、我が家へ。
オトナの井戸端「ごごナマ」です。

今日ですね、ついに今夜。

美保≫ブロック、ブロック!

船越≫今夜は眠れない。

本日のゲストです。

林与一さんに
お越しいただきました。

よろしくお願いします。

林≫生っていうのは
ドキドキするよね。

船越≫なかなか生の対談番組って
いくら林さんでも少ないんじゃ?

林≫年とってくると
だんだん危ない発言するからね。

船越≫今日は危ない発言を
期待しております。

阿部≫林さんをお迎えして
お送りするトークテーマは

林与一さんの
豪快な過去と意外な今が

テーマなんですね。

ではニュースをお伝えします。

政府与党が最重要法案と

位置づける働き方改革関連法案の

参議院厚生労働委員会での審議を
巡り、

立憲民主党と共産党などは

きょうの採決を認めるわけには
いかないとして

島村委員長の解任決議案を
提出しました。

これに対し与党側は

委員長の解任決議案を
参議院本会議で諮らず

きょう中に委員会で法案の採決に
踏み切る方針です。

システムのトラブルで

おとといからインターネット上で

の株式の売買などが
できなくなっていたみずほ証券は

必要なデータの処理が終わった
ことから

きょう正午に取り引きを再開した
と発表しました。

みずほ証券はシステムのトラブル
によって、おとといの朝から

インターネット上で株式や
債券などの売買を行うサービスを

停止していました。
復旧作業を続けた結果

トラブルは解消し
必要なデータの処理も終わった

ことから
会社はきょう正午に取り引きを

再開したと発表しました。

またATM・現金自動預け払い機

で現金を引き出すためのカードが
使えなくなったトラブルや

外貨の取り引きを行う
みずほFXの一部のサービスが

利用できなくなっていた
トラブルも

これまでに解消したということ
です。

今回のトラブルについて会社は
設定のミスによってシステム内部

で通信障害が起きたことが原因だ
としています。

去年8月、福島県内の山中に

エンジン付きのグライダーが

墜落し機長が死亡した事故に
ついて


国の運輸安全委員会は
山に囲まれた谷間で逃げ場が

なくなったとする調査結果を
まとめました。

去年8月、福島市の山中に

エンジン付きのグライダーが墜落

し機長が死亡、同乗者1人が
重傷を負った事故について

運輸安全委員会はきょう
調査結果をまとめました。

それによりますと
GPSの記録などから事故機は

離陸から10分後に南西に
12キロ離れた谷に入り、

地表からの高度は30メートル
ほどだったということです。

その後も山に囲まれた谷間を

低空飛行し、逃げ場がなくなった
ということで

斜面を避けようと急旋回した結果

失速して、きりもみ状態となり
墜落したと結論づけています。

このとき事故機は飛行計画の

提出が必要な出発地から
半径9キロを超える範囲を

通報することなく
飛行していました。

また、墜落現場が携帯電話の
圏外だったことから

けがをした同乗者も救助を求め

られず
発見までに20時間近くかかった

ということで
運輸安全委員会は

飛行位置などの通報の重要性を
指摘しています。

ポップス界のスーパースター、
マイケル・ジャクソンさんの

父親で
マネージャーとして息子たちを

支えたジョセフ・ジャクソンさん
が27日、亡くなりました。

89歳でした。

ジョセフ・ジャクソンさんは

1960年代にマイケルさんを

含めた5人のきょうだいによる

ユニット、ジャクソン5を結成。

その大成功で一躍、ジャクソン家
の名前を世界中に響かせました。

2009年に亡くなった

マイケル・ジャクソンさんや妹で

歌手のジャネット・ジャクソン

さんの父親の
ジョセフ・ジャクソンさんは

マネージャーとして献身的に
息子たちの活動を支えましたが

一方で虐待も明るみに出て問題と

なりました。
アメリカのメディアによりますと

ジョセフ・ジャクソンさんはがん
のため闘病していたということで

27日、ネバダ州ラスベガスの
病院で亡くなりました。

89歳でした。
マイケル・ジャクソンさんの

遺産管理団体は、
ジョセフさんは自分の欠点を知る

強い男でした。
インディアナ州から息子や娘たち

を世界のスーパースターへと
送り出したとコメントして追悼

しています。

忠政≫誰に口つままれようと
後ろ指さされようと

前を向いて進みなさい。


阿部≫今日の「ごごナマ」
ゲストは俳優の林与一さん。

堀田≫俺は何度も念を押した。
今の仕事がいやになっているとな。

阿部≫今年でデビュー61年。

戦後から現在まで役者一筋。

林さんの周りには

歴史にその名を残す
昭和の大スターたちがいました。

美空ひばりさんとの恋の
真実とは?

林さんが見た、勝新太郎さんの
破天荒すぎる行動とは?

師匠・長谷川一夫さんが見せた
驚がくの役者魂とは?

ところで林さん、35歳まで
一度も告白したことがないほど

モテたって本当ですか?

林≫このテレビを
いつも見てるんだけど

猫がね、気になって、かわいくて。

上に行ったり…。

船越≫最近ね、上が
定位置になってまして。

林≫よく逃げないね。

船越≫この部屋からは
外には出ないです。

林≫この番組見てると
トーク聞かずに

あれを見てるだけなの。

阿部≫すっかり林さんのペースに

なってますけど。
船越≫モテモテ秘話というのを

まずお聞きしたいです。

35歳まで
告白したことがない。

ご自身から好きだよって
言ったことがない?

林≫そうじゃなくて
若いときって

よく巡業かなんかに行くと
女優さんが

どこに泊まってるんですかとか
例えば

ホテルのバーで知り合った人が
どこにお泊まりですか?

ここに泊まってるんですって。
部屋番号はどこですかって。

こうこうこうだけど。
行っていいですかって言うから

いいよって言って
来て…なんですよ。

だから誘ったことはないんだよ。

船越≫くどく必要がなかったと。

林≫うん。今は、例えば
この年になって

女優さんなりなんかが来て
どこお泊まりですか?って。

来ないだろ。
来ないのに聞くなよっていう。

船越≫35歳までというのは
何か意味があるんですか?

林≫ちょうど
ひばりさんと出ているときは

ひばりの彼氏だと思われてたから。
船越≫うわさがありましたよね。

林≫こっちから声をかけても
だめだから、知らん顔してたのね。

だから、それが出なくなってから
そういうことを言われて。

こっちから言ったことはない。

船越≫初めて言ったお相手は?

林≫初めて言った方と結婚して
失敗しちゃったの。

船越≫失礼しました。

林≫初めて告白したんだよ。

美保≫自分から好きになるほうが
よくないですか?


林≫自分から好きになるのは
いいけども

だめになっちゃしょうがない。

美保≫そうだけど
ほれられると

モテる男の人って
だめになっちゃうんですよね。

林≫追いかけられると
逃げなきゃいけないから。

自分で追いかけるほうは
逃げられるから。楽だけども

でも、やっぱり
言ったほうがいいよね。

美保≫言ったほうが価値がある。

阿部≫今日のお召し物なんですが
千利休のようですね。

林≫今日は俳句を1句

詠もうかなと思ってね。
うそだよ。

例えば、ふだんうちの近所で
短パンでTシャツで歩いてたら

すごい目で見られて。

あれ、林与一だよねとかって。

俺はこんな格好で
商店街を歩いちゃいけないんだと

思ったので

ふだん、ジーンズとか
例えば、こういう格好とか。

それで劇場に行くときは

大先輩の長谷川一夫とかに
言われたのは

ふだん着で劇場に行くなと。
仕事場じゃないかと。ちゃんと

スーツにしろって言われて
通うのはスーツなんです。

お稽古中とかは
こういう簡単な格好で

お稽古場に
行ったりしているんです。

船越≫これは私服で
いらっしゃるんですか?

林≫私服ですよ。自前です。
美保≫衣装みたいですよね。

船越≫このご出演のための
衣装かと思いましたが

そうじゃないと。

林≫浴衣とか、さむえとか
そういうのが楽ですね。

美保≫お帽子もいいなって。
林≫利休帽といいまして。

阿部≫そんな林さんをお迎えして
お送りする

今日のトークテーマ

「芸歴61年!林与一さんの
豪快な過去と意外な今」と題して

素顔に迫ってまいります。

林さん、ご紹介いたしますと
歌舞伎の世界を経験された後に

時代劇スター、長谷川一夫さんの
付き人として居候をされました。

その後、数多くのドラマや映画で
活躍されております。

船越さんは長谷川一夫さんと
林さんをよくご存じなんですよね。

船越≫よくご存じというか
親戚ということに。

家系図を書くと
端と端のほうかも知れませんが。

長谷川一夫が
僕たちの大叔父になるんです。

林≫僕から見ても大叔父なんです。

阿部≫林さんのことは
古くからご存じと。

船越≫林さんのお出になるドラマ
家族全員で見ていました。

林≫僕は英一郎さんより
お父様のほうが。

阿部≫まず
豪快な過去ということで

振り返ってまいりましょう。

先ほども出ました
超絶モテモテ男だったと。

林≫モテるうちに入るんですか?

阿部≫甘いマスクと
見事な殺陣さばき。

世の中の女性をメロメロにしたと。

きっかけが1964年放送の
大河ドラマ「赤穂浪士」だったと。

林≫ほとんど残ってないんです
映像が。

消して消して、撮ってたから。

阿部≫貴重な映像ございますので
今日はご覧いただきます。

林さんは四十七士の動きを探る
堀田隼人という

ドラマオリジナルの役を
演じたわけですね。

林≫これ、話に聞いたんだけども
NHKには残っていなくて

普通の方が、その当時
ビデオデッキってないのを

NHKと同じものを買って

録画をなさったのが
残っていたのが

刃傷と
今のところと、討ち入りとが

少しずつ残っていたと。
その方も消して撮ってたらしい。

貴重な、僕は初めて見ました。

船越≫「おのおの方」っていう
せりふで有名になったんですよね。

大河ドラマとしては
2作目になるんですね。

阿部≫この大河ドラマで
爆発的な人気を

得られることになるんですが
どんなモテっぷりだったのか

1つ1つ見てまいりましょう。
まずは、バレンタインデーの

チョコレートが
トラック1杯分もありました。

林≫トラック1杯というより
間に合わないので

僕、鎌倉だったんですけど

横浜の郵便局の車が
2台か3台、応援で持ってきたと。

うち16畳の応接間が
背丈ぐらい積んで

通路が作れないくらい
積み上げてあったんです。

それで、うちの母が
どこかの幼稚園とかに

もらっていただいて

住所の書いてあるものを

全部ありがとうございましたって
お礼状を書けって言われて

3か月かかりました。

船越≫1枚1枚お書きになった?

林≫住所のあるやつは。

中に、おもしろいのは

住所がなくて

鎌倉市、堀田隼人さまって
役名できてる。それで届く。

その量たるや
びっくりしちゃって。

船越≫そもそも堀田隼人って
原作では

途中で死んじゃうんですよね。

林≫死ぬんですけども
投票がきて

殺すな。
2人、心中するんだけど

殺すなっていうので
ずっと死ななくて

最後に霧の中に消えていく。
長谷川が、3本ぐらい前で

終わるんです。
内蔵助が討ち入りして。

それで、あと3本は

しょうろくさんが
おやりになった役と

僕たちの話があって


一番最後の回を長谷川と見てて

堀田隼人とおせんが
霧の中に入っていく

エンドタイトルが出たら
俺のことを振り返って

お前らのために
俺は出てたのか!って

怒ったの。
自分が最後だと思ってるから。

僕は知ってるから。
僕が終わってあと3本は

何を放送するんだって言うから
僕、本をもらって

知ってたんだけど
言えないじゃないですか。

だから、それは、おやじ
総集編を3本やるんですよって。

船越≫うそをついたんですか。
ばれるじゃないですか。

林≫それが、最後には
ばれてもいいと思って

言ったんだけども。

それで自分が終わったあと
3本、見てたんです。

そうか、この話なって。
そこまではよかったけど

一番最後を見て
お前らのために

俺は出てたのかって
怒らせちゃったの。

船越≫弟子が最後の
一番いいシーンを

主役で飾るわけですからね。

林≫1か月近く
口をきいてもらえなかった。

だから、お世話になってたでしょ。
廊下で会うじゃないですか。

廊下で会っても
すーっと知らん顔して行かれる。

機嫌悪くて。
美保≫それは嫉妬ですよね。

阿部≫それほど堀田隼人が
人気だったというエピソード。

アイドル並みの
人気を誇った林さん。

現在は味のある老人役を演じて
話題になっているんです。

3年前に放送された
連続テレビ小説「あさが来た」。

林さんは主人公あさの
おじいちゃん役を演じました。

忠政≫なんでやと思う人間がな
世の中を変えていくんや。

誰に口つままれようと
後ろ指さされようと

前を向いて進みなさい。
それが、じいちゃんの願いや。

分かったな?
あさ≫うん。

忠政≫よし。

阿部≫さらに最新作
「黄金の大地」という

全編白黒映画で

思いを寄せる女性に
薬を作り届ける

老人役を演じました。

中島≫わしは
薬草をとるのが仕事でね。

月見草のように
この時間にならんと咲かんのです。

我々人間は魂の力で

生きているみたいな
もんですからね。

阿部≫独特の撮影方法だったと
伺っていますが。

林≫独特ってね、普通撮影って
カメラがあって

スタッフさんが
何人かいるんですが

監督みずからカメラを持って。

それで、その横についてる
アシスタントみたいな人が2人で

ライトを当てたりして
3人で撮ってるの。

だから、ホームビデオみたいに
撮ってるんですよね。

だから、半分こっちは
なめてかかっているわけですよ。

でかいカメラじゃなくて
こんなので撮ってるのかと。

だから、なめてかかってるから
楽にやってるんですよ。

美保≫気張ってない感じですよね。

林≫僕そのままを
撮ってくださってるので

ああ、こういうのって
ありだなって思って。

これも、僕、1本目に出た
「京都、夏」っていうので

モナコの主演男優賞を
もらったんです。

船越君なんかもそうだけど

自分の顔を見てて
役をやってて

それなりに年を取ってて
いいなと思って。

自慢じゃないけども
自分の顔でそれなりに年をとって

いいなと思えるじゃないですか。
若いときなんて。

年取って、いやな年寄りになった
おじいさんになったなと

思うよりも

許せる範囲の年寄りだなと
思いたいんですね。

それが、映画なり
「あさが来た」なり

それはちゃんと出ているから

自分はいい年のとり方を
しているなと

思ってるのね。

美保≫ちょっとしか
見てないですけど

すごく味わい深い。
モテてきた片りんも見えますけど。

林≫今の外国映画でもそうだけど

昔みたいにライトを当てないで
ナチュラルに撮るのが

はやってるんだってね。

だから、そういう点で自分の
生を撮ってくださってるので

ありがたいなと思ってるんです。

「京都、夏」から
「黄金の大地」まで

6本くらい撮ってるんですけどね。

自分を生かしてくれる監督なので
長くつきあいたいなと思うし

僕が死ぬ前のカットも
ずっと追って

撮ってねって言ってるの。
人生の終わるときを。

ずっとドキュメンタリーみたいに
撮ってほしいなと思う

監督なんですよ。

船越≫そうやって
76になって、すてきな作品と

次々と
巡り合っていかれるというのが

僕らとしては理想ですよね。

美保≫モノクロ映画に
してるってことは

監督が昔の映画を
見てるってことですよね。

林≫モノクロのほうが
味わいがあるっていうんですよ

撮ってて。
美保≫あと難しいんですよね。

林≫色でごまかされちゃうから
わざとモノクロにしてるって。

阿部≫長い俳優歴をお持ちの
林さんですが

続いて、こちらのテーマ

「林さんが見た!
昭和の大スター伝説」。

いろいろあるんですが
まずは長谷川一夫さん。

「撮影は昼から夕方限定!」。

林≫NHKの大河ドラマのときに
美貌にこたえるからというので

お昼ごろから行って
8時ごろまでやって

帰っちゃうんですよ。

僕たちは、大石内蔵助と
会わないシーンだから

8時から、あの当時朝まで。
朝5時、6時まで撮るわけです。

うちに帰って、ちょっとすると
おやじを

起こさなきゃいけないから
おやじを起こして風呂に入れて


それで、したくして
NHKについていって。

撮影して、返して
それから僕を撮るわけです。

ほとんど寝る暇がない。

あの当時はね、リハーサルが確か
月曜から木曜くらいまであって

金曜から金、土、日と
本番だったの。

うるさいんですよ
長谷川っていうのは。

朝、風呂が熱いだの、ぬるいだの。

冬場になったら
歯磨きをするゆすぐのが

お湯じゃなきゃいけない。

ぬるいだの、熱いだの言うので
いいかと思って

僕、朝帰りするじゃないですか
撮影で。

自分が先に風呂入っちゃうの。

いい湯加減だと思って
おやじを起こして、入ると

お前、最近
風呂の湯加減いいねって。

当たり前だよ
自分が先に入ってるから。

それで、歯磨きのお湯も
熱いだの、ぬるいだのって

言うから
これならいいやと思って

指を突っ込んで。

最近、お湯の加減いいねって。
それはいいよね。

指を突っ込んでるから。
そういう、ずるを覚えました。

阿部≫続いての大スター伝説です。

美空ひばりさんですね。

恋仲だったというのは
果たして、どうですか?

林≫世間では
そう思われたんですけど

怖かったですね、僕は。

おふくろさんとお嬢には
いくら怒られたか。

確かなんですよ。

彼女の男って
すごくうまいんですよ。

やってくださるんですよ。

与一、なんで
こういうことできないの?って。

うまいなって。分かった。

すみません、見えなかったから
もう一度やってくださいって。

うまいんですよ。

それで、僕が5年間
一緒に出してもらったから

5年間いて
役をやらせてもらったら

好きになっちゃうでしょ。
やっぱり、うまいし。

それで、例えばふだん
手を握れないのね。

おふくろさんがいて。

だから、お稽古のときに
手を握ったり

抱き合うのが
うれしくてしょうがないんだ。

それをやってると
与一、お前、長いんじゃないの?

お嬢を抱いてるのがって。

お母様に
怒られるわけ。俺はなるべく長く

いたいんだけども
怒られたりね。

例えば、お稽古してても

おふくろさんは
私が客の代表だから

私がすてきだなと思うような
芝居してちょうだいって言うの。

僕なんか、ちょうど21~22で
生意気だから

何言ってるんだ
客のためにやってるんだよ。

おふくろのために
やってるんじゃないって

思うんだよ。

だけども言うことを聞いてたから
しょっちゅう胃けいれんになった。

その当時、胃けいれんの薬を
しょっちゅう持って歩いて

稽古の間に
カリカリかんだりして。

写真みたいに
舞台でほっぺたつけるなんて

うれしくてしょうがない。

本当は
ちょっとの音の間なんだけど

ちょっとでも長くくっつける。
そういうのが楽しかった。

だから、そういうのをお客さんが
ご覧になると、あの2人

おかしいんじゃないかなって
思われますよ、それは。

船越≫それで、うわさに
なっていったんですか。

林≫だから、楽しいんだもん。
くっついていることが。

船越≫その思いは
絶対に伝わってしまいますよね。

林≫舞台で暗転になりますよね。
暗転になると着替えで走るでしょ。

お客様にいわせると
林さん、暗転の間

2人どうなさってるんですかって。

そんなどころじゃない。

暗転になったら
幕が閉まって

着替えに走るんだよって言っても
普通の人は分からないの。

暗がりの中で何か
やってるんじゃないかって。

舞台で何もできるわけがない。
だけども、くっついている間が

楽しかった。
しょっちゅう

おふくろに怒られてたの。
2人とも長いって。

阿部≫美空ひばりさんと
長谷川一夫さんにまつわる

大切な宝物を
今日、お持ちくださっていると。

林≫持ってますよ。

僕、いけないんですけども

ひばりさんと長谷川と
水谷八重子さんの

戒名を書いて
これを自分のお守りにして

自分の身の回りに
必ず持って歩いてるの。

この3人を
忘れるようなことがあったら

自分はもう、人間としても
役者としても

通用しないぞと思っているわけ。

没年が書いてあるので
その日には必ず

どこかで手を合わせて
拝むようにしてるの。

真ん中は長谷川ですね。
左側が水谷八重子さん。

この3人のおかげで
今、僕があるわけです。

この方を絶対に忘れてはいけない。
でも、あるんじゃないですか。

例えば、船越さんだったら
この方を

忘れちゃいけないなという。
船越≫それは必ずありますね。

林≫僕、今年ちょっと
入院したんですけど

集中治療で寝ている間に

初舞台からの世話になった人を
全部思い出しました。

今まで忘れている人。

人間って、病気になって
寝ることが

こんなに貴重だなと
思ったことはない。

ふだん、考えないでしょ。

だけど、何もない
集中治療に入ってるときには

僕は、この人を忘れてたと。

いろんな
お世話になった人がいるけど

初舞台当時に僕より

30も40も上の
弟子がいたんだけど

そういう人に怒鳴り散らしたり
蹴飛ばしたり

びんたを食らわせたり

こんな悪いことを
あの世に行ったときに

全部謝りに
行かなきゃいけない人が

膨大にいる。
自分が今あるけれども

世話になった人が
こんなにたくさんいたか

っていうのを忘れてるんですよ。
初舞台のころのことは

忘れてる。
初舞台当時で

物を知らないときのほうが
余計に世話になってるわけですよ。

美保≫若いから
気が付かないのよね。

1を知らないのを
1から教えてくれたのは

その人たちだから。
いません?そういう人。

船越≫たくさんいます。

阿部≫続いて大スター伝説
勝新太郎さん

「驚がくの破天荒ドライブ」と。


どんなドライブだったのか
イラストでご紹介します。

あるとき、勝新太郎さんの車に
林与一さんが

乗っていたんですね。

どう見ても
車の幅より狭い道。

勝さんは行くぞと言って

突っ走りました。

林≫勝さんね
与一、この道、通れるか?って

リンカーンのでかいやつ。

与一、この道、通れるか。

兄さん、これは無理でしょう。

どう見たって

通れないから、通れませんって。
そうか、ギャーッて通って。

阿部≫その結果こうなりました。

ガリガリ、車を削りながら
通り抜けたという。

林≫ドア開かないぐらい
ベコベコですよ。

あくる日に撮影に行ったの。

与一、見ろ。ほかの車と違って
モデルチェンジしちゃったよって。

美保≫それを
言いたかったんじゃないですか。

林≫通れないって言ったら
通って、通れたじゃないかと。

船越≫通れませんよって
言われたのが悔しかったと。

林≫あくる日、撮影所行ったら
ベコベコですよ。

2~3日したら新しい新車が。

船越≫ちなみに勝さんと林さんは
親戚になります。

林≫ここのほうが近いです。

阿部≫いろいろ大河ドラマ等でも
共演されています。

続きまして、テーマは
林さんの意外な今に

お話を移してまいりましょう。

「本当は
女の子になりたかった!?」と

ちょっと衝撃的な話なんですが
一体どういうことなのか。

まずは
家事が大好きでいらっしゃる。

林≫大好きなの。
船越≫全般ですか?

林≫料理も買い物からして
今日は何を作ろうかな。

味はこういうふうに
しようかなというのを

味付けをすることからすきなの。

味付けも、こだわって
おしょうゆもみりんも

自然なものを買ってきて
やるんです。

うまいんだ、これが。

阿部≫実際に林さんが
家事をしていらっしゃる様子を

娘さんが撮影してくださいました。

林≫私が習った
アイロンのワイシャツのかけ方は

襟をまずかけて
袖口をかけて

背中をかけて
最後に前立てをかけると

習いました。

阿部≫こちらは
裁縫をしている林さんです。

林≫今日から舟木さんの
7月公演の稽古が始まったので

舟木一夫さんに差し上げる
じゅばんを縫い始めております。

お稽古が始まると
あるときに、舟木さんに

じゅばんを差し上げたら

お前のが着やすいから
縫ってくれって。

うまいこと言われたんだよね。
それで調子に乗っちゃって。

お稽古が始まると
縫い始めて、初日に新しいものを。

というのも
僕もそうだし、長谷川という人も

じゅばんとかふんどし
初日には新しいものを着よう。

お客様は
女性だから、女の人の

手の入ったものじゃなくて
男の手の入ったものを着て

出るのが親切だよというふうに
言うので

舟木さんに縫って差し上げたら
褒められたので

お稽古始から縫うと

ちょうどお稽古の終わりに
出来上がるんです。

初日に着てくださいねって
持っていくんです。

阿部≫完成したじゅばん。

林≫ところがあの人は
僕が出ないときでも

お前、初日に間に合うように
じゅばんって。

俺、出演してないのに
なんで縫わなきゃいけないって。

今回はね、仁きょうものなので
さらしを巻くから

合わせるじゅばんじゃなくて
開いてるんですよ。

そういうふうにやる。

普通は合わせもあるやつを
作るんですけれども

今回は、こういうやつを。

昨日やっとできあがったの。

本当はあしたかあさってに
出来上がれば

初日に間に合うんだけど

ここで見せてほしいっていうので
昨日、やっと出来上がった。

船越≫夜なべ仕事をされたと。

美保≫これを舟木さんが
着るんですね。

でも、本当に裁断までしてあって。

林≫それと、さらしの厚みがね

ちょうど、汗を吸っていいの。
安いものだと薄くて

汗を吸わないの。

えりつけが大変なのよ。

美保≫すごい丁寧な。
浴衣も縫えます?

林≫僕、浴衣も
昔縫ったことがある。

自分のじゅばんが間に合わないの
初日に。

阿部≫舞台には林与一さんも
ご出演されるんですよね。

林≫一緒に出してもらうんです。

船越≫林さんは次郎長親分を。

林≫鬼吉の親分の
次郎長をやります。

7月5日からです。

ちょうど稽古があしたあさってで
総ざらいになりまして

名古屋に乗り込んで。

阿部≫大切なものですから
お預かりいたしましょうね。

美保≫あれ1枚じゃないですよね。

林≫初日に1枚だから
今まで何十枚も。

阿部≫林さんが
女の子になりたいという

お話ですが
まだまだ続きがあります。

「パンケーキを
1人で食べに行く!」。

船越≫本当ですか?これ。

林≫ハワイのチェーン店が
福岡にあったんですよ。

やっと探して行って。

それで、こんな生クリームが
載ったパンケーキを

頼んだの。ふっと見回すと
男は僕だけなの。

阿部≫証拠写真ありますよ。
この生クリーム。

林≫全員、女で男は僕1人。
恥ずかしくなっちゃって。

困ったな…男らしくしてるのは
恥ずかしいからと思って

ちょっと、すみません
これ、紅茶ね

おかわりしてくださる?とかって。

ちょっと女性っぽい言葉で言って
そうしないといられないくらい。

30人くらいいるのに
男は1人なんだもん。

船越≫舞台では男なのに
実生活では女形をやると。

林≫だから、女になりたいの。

お料理、洗濯
それから掃除が好きだから。

船越≫さっきのアイロンも
見事でした。

林≫今度生まれるときは
女に生まれる。

美保≫今からでも
いいんじゃないの?

林≫女に生まれたら
養ってもらわなきゃ

いけないじゃない。
あと出かけるのいやだから。

うちの中にいて
掃除したいの。

でもね、女って大変だよ。

前の女房のときに、料理を作って

夜、待ってるでしょ。
食べてきちゃった。

食べてきちゃった?
俺、同じもの2食

食わなきゃいけないの。
だから、世の主婦の方は

大変だなと思う。
旦那が食べてきたりしたら

捨てるわけにはいかないから。

美保≫だから太っちゃったり
するんですよね。

専業主婦になると
いっぱい食べたり

温かいものを帰ってきたら
食べさせてあげたいんですよ。

それがね、ちょっと
イライラするんですよね。

林≫イライラしませんけどね。
美保≫しませんか?

林≫つきあいが
あって行ったんだから

しょうがないなと思ってあくる朝
それは食べますけどね。

船越≫めちゃくちゃいい
奥さんじゃないですか。

(チャイム)

ヒデ≫こんにちは

おじゃまします。
ペナルティ、ヒデです。

よろしくお願いします。

昭和のスターの方って

豪快ですよね。
僕なんて、車のバンパー

5cmこすっただけで
10日落ち込みますから。

林≫車ね、昔
ゴチンとぶつけたの。

ぶつけて、ぎゃーぎゃー言われて
傷があって、分かりましたって。

バックして、ドーンとぶつけて。

ぶつけるっていうのは
こういうことを言うんだよって。

僕がやったの。

勝さんとか、そういう血が
どこかにあるから、親戚の。

ヒデ≫エピソードの男女の話が
すごく振れ幅がすごいですね。

かわいいエピソードから
豪快なものまで。

豪快伝説まだまだおありなんです。

今回、林さんの豪快伝説を
クイズ形式にいたしました。

皆さんに答えていただきます。

第1問。
林さん、お若いころは

よくけんかをなさったそうですが

1対1は
絶対に負けないということで

豪語なさっていたそうなんですが

ある日、1対3で
けんかをしてしまったんですって。

そのときボコボコにされた林さん。
こうおっしゃいました。

ほにゃららなんてうそだと。

ここ、なんて
おっしゃったんでしょう?

船越≫立ち回りとかですかね。

映画だと
絶対に勝つじゃないですか。

ヒデ≫そういうことです。
これ、正解でしょう。

林≫負けて
映画はうそだと思った。

僕、1対1で負けたことがない。
どんなに強い人でも。

強い人って
いばるじゃないですか。

それで、こっちが下手にいって
すみませんって

それでも許さなくて頭、ガンガン。

そば行って
謝って、下からやると…。

格闘技をやってる人だって
吹っ飛ぶよ。

下から殴り上げると。
ボーンって、うそみたいに。

ヒデ≫本当に
女の子になりたいんですか。

林≫矛盾してるよね。

ヒデ≫いろいろあったから

今はということですね。

第2問、林さんが大スターの
仲間入りをなさったとき

師匠であられます
長谷川一夫さんから

あるひと言を言われて
非常に喜ばれたということですが

それは、お前は俺を
ほにゃららしたなということです。

普通だったら、ちょっとあんまり
喜ばしいことではないのかなと。

美保≫蹴落としたな?

ヒデ≫もう
ほぼほぼそういうことです。

船越≫さすがに僕は
知ってますので

純ちゃんに頑張ってもらって。
美保≫追い越したなでしょ。

ヒデ≫ということは今までは
同じような関係だったのが…。

美保≫旅立ったな?

卒業したな?

林≫さっき近かったの。

美保≫蹴落としたな?

林≫近いんだよ。
ヒデ≫味方だったのが…。

美保≫敵になったってこと?

ヒデ≫正解でございます。

敵に回したなと。

林≫これは僕の宝。

お前は、人気者になって
世間の俳優を全部、敵に回した。

分かるか?って。
はい、分かりますと。

俺もなって言われたの。

俺、長谷川一夫を
敵に回しちゃったと思って。

それはうれしかったですよ。

船越≫これ以上

認められたという言葉は
見つからないですもんね。

ヒデ≫同じ土俵に
立てたということでしょうね。

しびれますよね。

林≫僕は、これで出て
1年くらいたったときに

もう、うちに居候して
弟子じゃなくて

もう、独立しなさいって
出してもらった。

ヒデ≫クイズは
ここまでということで。

話変わるんですけど
ふだん、どのようなテレビ番組を

ご覧になっているんですか。

林≫僕、ぼけちゃいけないので
脳トレのためにクイズばかり。

ヒデ≫クイズ番組をよく
見られているということで

今回、このようなものを
ご用意しました。

脳トレクイズのような

ものなんですが
実は、タッチパネルに

なっていまして
光ります。

赤い光が順番に出てきますので
それを記憶して、同じ場所を

同じ順番で押すという
タッチゲームなんですけども。

これで記憶力とか。

林≫それで大したことねえなと
思われるんじゃないの?

ヒデ≫ふだん、どれだけ
クイズ番組とかを

見ていらっしゃるのか
やっていただきたいんです。

その成果を
発揮していただけたらと。

まず私やってみます。

阿部≫記憶力を問うゲームですね。

船越≫デジタル神経衰弱みたい。

阿部≫光った場所を
覚えておくわけですね。

ヒデ≫間違えてしまいますよ。
そうすると

ここで終了になります。

わざと間違えたんですけど
こんなに…。

僕は敵に回されてないですね。

早速、林さんやっていただいて。

林≫水をもらいます。
のどがカラカラ。

生番組って
こんなにのど渇くんだ。

船越≫今日はたくさん
話をしていただいておりますので。

ヒデ≫いきますよ。スタートです。

実は、私
いじわるしちゃいました。

今、緑色が光りましたよね。

赤いランプのみ
押していただきたいんです。

船越≫今言う?それ。

林≫ずるいよ、それ。

ヒデ≫違う意味で
敵になっちゃいました。

もう1回いきましょう。
赤いランプだけです。

すみません、レンズの向こう側が
非常に怖いです。

もう1回いきましょう。

林≫だまされた…。
ヒデ≫いきますよ。

緑押しちゃだめですからね。

赤だけ記憶して押してください。

緑がだめです。

緑、押しちゃいました。

林≫緑、押しちゃだめなの?
今まで赤だったのが緑になる…。

それ、汚いよ。

ヒデ≫打ち合わせで
どうしようと思ったんだけど

すみません。
船越≫でも、すごい。

美保≫全然、できないです。
分かんなかった。

船越≫僕も途中から
分からなくなった。

ヒデ≫どうですか?

林≫悔しい。だまされた。

ヒデ≫楽屋に置いておきますので
後ほどやってみてください。

林≫これ、徹夜になっちゃうよ。

♪~(コーナー音)

船越≫この音が鳴りましたので
船越のクエスチョン5。

船越≫振り返りたいと思います。
全部イエスです、きれいに。

苦手な場所はどちらですか。

林≫高いところ。

船越≫いわゆる高所恐怖症だと。

林≫高いところと
人がたくさんのところ。

船越≫でも、さっき
「あさが来た」のVTRで…。

林≫あれはね、大変だったの。

あれ、5mぐらい上の。

着物だからね
ずるずるするんです。

阿部≫そのシーン
ご用意いたしました。

改めてご覧いただきましょう。

木の上で演技している
林さんですが

実は
こんな高いところにいたんですね。

林≫それでね彼女につかまったの。

おじさん、私も怖いから
つかまらないでって

言われたんだけど

もう、こっちの枝を持ってね。

本番まで離すんだけども

着物だから、だんだん
ずっていくの。

下にマットを
置いてくれてるんだけど

5m下でしょ。

船越≫もっとあるように
見えますけどね。

林≫怖かったですよ。

これで、2時間ちょっと
あのままだったんだから。

京都の松竹で。
怖かったですよ。いまだに怖い。

足の裏むずむずするもん。
あれ見ても。

船越≫高所恐怖症じゃなくても
怖いです、あれは。

林≫昔はね、いろんな
「鼠小僧」とか

いろんなことを

やらせてもらったときは
分かっているから

上を走るのは吹き替えで
セットに低いのを組んでくれて

黒幕がそこに行って
アップだけをそこで撮ったりして。

だけど今はそういうことを
やってくださらないけど

昔は、そういうことを
やってくださってたの。

だから、高いところいやなの。

船越≫さすがですね。
そうとは思えない

堂々たるお芝居でございました。

林≫何回もとちりましたよ。
演出家に、すみません

せりふは覚えてるんですけど
怖いので

せりふをとちるんですって
言い訳してた。

船越≫そして占いは信じるほうだ
イエス。

林≫信じますし
大体、当たってますね。

先じゃなくて
あとで見るんですよ。

今日の運勢はどうだったって。

あ、合ってたよとか。

それで、例えば先に見て
今日はこういう色のものを

食べたほうがいいっていうと
それを探し歩くの。

ヒデ≫本当に女子ですね。

林≫女になりたいんだって。

美保≫恋愛運とかを
今日の格好は

見てくれるほうの
感じにも見えるんですよ。

林≫これをかぶって人の…。
ヒデ≫説得力がある。

美保≫すごい説得力ある。

林≫こういうので。
美保≫お願い!

行列できると思う。

ヒデ≫こんな
気さくな方だったんですね。

船越≫そして、ファストフードは
苦手だ。

あまり行かれないですか?

林≫なるべくなら自分のうちで
食べるほうが多いですね。

船越≫お作りになりますしね。
美保≫どういうものを

作るんですか?
林≫大体、なんでも。

子どもがリクエストしたものを
なんとか作ってやろうと思って

丼ものとかパスタとか。
褒められると、それを作るんだね。

この間と味が違うとか言って
怒られたりするの。

ヒデ≫今度は
和食の鉄人に見えてきました。

林≫おだしもちゃんととるの。

かつおをすったりして
そこからとるの。

船越≫今度3時台や
2時台に来ていただいて

お料理にも挑戦していただいて。

そして、お嬢さんには
頭が上がらない。

これはイエス。
林≫上がりませんね。

僕が1度目の結婚で
失敗してるし。

女に頭上がらないのと一緒で
子どもには

頭が上がりません。
子どもの言うとおりに

するようにしないと
しょうがないし

老いては子に従えじゃないけど
なるべく子どもの言うことを

聞いてやろう。
こういうのを見て

パパ、あのときの発言
よくないよとか。

しょっちゅう怒られてます。
生番組とかトーク番組に出るの

嫌がるの。
パパ、あんまり態度よくないとか

こういう言葉遣いはよくないとか。
怒られるんですよ。

船越≫今日は100点だと
思います。

林≫いや、だめだと思います。

阿部≫実はお嬢様にアンケートに
答えていただきました。

いろいろ
質問させていただきました。

第1問、お父様の生活を見ていて
気になることはないですかと。

この質問に対して
ひと言だけ書いてあります。

「寝すぎ」。

思い当たりますか。

林≫僕、おととし、28時間
寝ました。

1回も起きなくて。

子ども2人が見にきて
息してるねって

言いに来たことがある。

船越≫おトイレにも行かずに?
林≫全然、行かずに。

1週間くらい、長い仕事があって
疲れ果てて帰ったの。

ヒデ≫寝るのって
体力が必要ですよね。

美保≫お水、飲みたくなったり。

林≫1日、寝てます。

船越≫寝られるということは
それだけ

体がいいってことですよね。

林≫だから前世はコアラか
シャンシャンだった。

阿部≫アンケートの2つ目

お父様に、もし
だめ出しをするならどこですか?

答えは、芝居が現代に合ってない。

林≫しょっちゅう怒られるの。

「赤ひげ」ご一緒したでしょ。
あれもそう。

「あさが来た」もそう。
パパ、芝居しすぎ。

芝居しすぎって
芝居しなきゃいけないんじゃない。

ほかの人は
何もしなくたって伝わるのに

やりすぎだから。

やりすぎって
終わってから言っても

しょうがないよ。
今度から気をつけなさいって。

船越≫厳しいけどありがたい。
林≫身内だからね。

船越≫今、監督だって
林さんには言えません。

阿部≫お父様への
メッセージということで

最後、いただきました。

もう、お年ではありますが
新人育成のため

そして、己のためにも
まだまだ働いてください。

よろしくお願いします。

林≫初めていいこと言ったね。
またきついこと言われるのかと…。

船越≫これから後輩の方たち
後進の方たちを。

林≫そういうふうに言われて
よくお芝居のときに

君ね、あそこのところ
気をつけたほうがいいよって

言うとね

あくる日から
向こうのほうに行って

そばにいません。
聞きたくないの、今の若い人は。

教えてもらうことが、いやなのね。

美保≫自分で気付きたい人が
多いんですよね。

林≫僕たちはとにかく
お稽古が終わったら

先輩に、どうでしたか?

あそこのところ、こうこう。
そうですかって。

それで、こっちに行くと
全然違うことを言うんだよね。

聞いて、引き出しの中に
いろんなものを入れておいて

やるわけでしょ。
だから、聞くとか

教わるということが
今、ないのかな。

船越≫希薄になっているのかも
しれませんね。

美保≫私も口出さないんですよ。
若い人たちが、あそここうしたら

もっとよくなるのにと思っても
言っちゃいけないと思って

監督さんが注意するのはいいけど
ほかの役者が、ほかの人の

芝居をつけるっていうのは…。

林≫演出家がおっしゃるのは

細かいところって
呼んで言っちゃうの。どうしても。

刀の歩き方はこうだよとか。
扇はこうやって置くんだよとか。

そこまで監督さんは言わないから
こういうことに

気をつけなさいよって
言うんだけども

あくる日、遠くにいて
聞こえないところにいるね。

聞きに来ない。

阿部≫人生そして生き方について
最後のテーマです。

林さんの大事にしている
金言について

ご紹介します。
「きょうようときょういく」。

これを実は、違う漢字で
表しているんですね。

これはどういうことでしょうか。

林≫僕、あるテレビを見てて
九十いくつの方が

これをおっしゃっていたの。

この年になったらね
若い人と同じようにするのと

元気になるためには
「きょうようときょういく」って。

アナウンサーの方に聞いたら

朝、起きたときに
今日行こうという

計画を立てること。

今日の用
用を作っていくということが

若さにつながるから
今日は何もしないじゃなくて

今日の用を作って、行く
出かけるということをやるのが

若返りと元気の秘けつだと
おっしゃっていたので

これはいい言葉だなと思って。

これをなるべく休みのときに
実行しようと思うんですが

ほとんど寝てます。

美保≫縫わないと。

船越≫パンケーキも
食べに行かれてますし。

阿部≫いろんな用を
お持ちですからね。

ありがたいお言葉いただきました。
ここで今夜のおすすめ番組です。

≫おすしのネタで大人気
ビンチョウマグロが

じゃんじゃんとれる魔法の海図。
その正体とは?

≫義経の鵯越(ひよどりごえ)の
逆落としは本当にあったのか。

阿部≫日本の歴史上
時代を動かした

ターニングポイントとなる
出来事を

実験で検証していく番組です。
「風雲!大歴史実験」。

今回は、「平家物語」の名場面
一ノ谷の戦いで

義経が使った秘策
鵯越の逆落としです。

平家の陣を背後の山から
険しい崖を馬で駆け下りて奇襲。

不意を突かれた平家は
海に敗走したという戦いですね。

ここから降りていったと
いわれていますが。

船越≫やったけど怖かった。
阿部≫林さんも怖いでしょうね。

林≫僕、だめですね。
馬だけ行ってもらえますか。

阿部≫果たして本当に、人を乗せ
た馬が

急な坂を駆け下りることが
できるのか。

番組ではスキー場のゲレンデに
全長115m

最大斜度30度の
急な坂を再現しました。

高低差は、なんと20階建ての
ビルの高さに相当します。

実験の結果は
どうなったんでしょうか。

かなり急な坂だったそうです。

放送はBSプレミアムで
30日夜10時30分からです。

林≫何頭か骨折するだろうね。

阿部≫メッセージが届いています。
富山県の20代の男性から。

「あさが来た」のヒロイン
あさの祖父役が

印象に残っています。

柔軟な考えを持つ
寛大なおじいさんの姿

とてもすてきでした。

それから、千葉県の70代の女性。

楽しいトーク、昔の恋話
テレビの前で

身を乗り出して聞いています。

お芝居も楽しみにしています。

長丁場ですから
体調を崩さないように

なさってくださいと。

今日は林さんのいろいろな面を
伺いました。

林≫ひどいね。

男だったり、女だったりって
考えたら。

カメレオンみたいだね、俺。

船越≫いろんな男も女も

ご自身の中に
両方、共存しているという。

林≫でも、両方
持ってるじゃないですか。

男優さんって。女優さんでも
男と女とね。

だから、それと同じように
両面あるんじゃないかと思います。

船越≫楽しいお話を
ありがとうございました。


関連記事