チョイス@病気になったとき「あなどれない 鼻づまり」 鼻水や鼻づまりが長く続く「慢性副鼻くう炎」…



『チョイス@病気になったとき「あなどれない 鼻づまり」』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/30(土)
チョイス@病気になったとき「あなどれない 鼻づまり」[解][字]
「慢性副鼻くう炎」は、ウイルスや細菌、かびの菌、過剰に増えた好酸球などによって「副鼻くう」に炎症が起き、うみがたまる病気。治療や予防のチョイスを詳しく紹介する。
詳細情報
番組内容
鼻水や鼻づまりが長く続く「慢性副鼻くう炎」。原因の一つはウイルスや細菌、かびの菌などが「副鼻くう」の中で増殖して炎症が起き、うみがたまること。中には、治療した歯の根元が炎症を起こし、それが「副鼻くう」まで広がってしまうこともある。また、白血球の一種の好酸球が過剰に増加して炎症を起こすのが「好酸球性副鼻くう炎」。治療は、薬物療法や手術など。タイプごとの特徴、治療や予防のチョイスを詳しく紹介する。
出演者
【司会】八嶋智人,大和田美帆,【講師】東京新宿メディカルセンター診療部長…石井正則,【リポーター】吉田真人,【語り】佐藤真由美,江越彬紀
Capture20180630-202330.jpg 



『チョイス@病気になったとき「あなどれない 鼻づまり」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

チョイス@病気になったとき「あなどれない 鼻づまり」
  1. 手術
  2. 副鼻腔炎
  3. 副鼻腔
  4. 治療
  5. 鼻づまり
  6. 好酸球性副鼻腔炎
  7. 鼻水
  8. 炎症
  9. 症状
  10. チョイス



『チョイス@病気になったとき「あなどれない 鼻づまり」』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


<今日のテーマは…>

<かぜが長引いているだけと
たかをくくっていると…>

<しかも…>

もう コンコン コンコン…

<もしかすると
その原因は 鼻づまりかも!

でも 大丈夫!

鼻づまりに効くチョイスが
あるんです。

驚きの最新治療で

つまっていた鼻が
こんなに すっきり!>

<今日は 予防から治療まで

鼻づまりに悩んでいる方
必見です!>

健康への道のりは
チョイスの連続。

さあ 今日の「チョイス」はですね
こちら。

「鼻づまり」という事ですけれども。
どうですか?

私は もう年がら年中
ズビズバ 何か 鼻が…。

ズビズバ?
鼻がつまってるっていう

イメージです 自分が。

まあ 花粉症もありますし
アレルギーもあるんですけど。

僕は
花粉症もアレルギーもないから

全然 鼻づまりっていう感じは
全然分からないんですけど。

大和田さんのように 常に 鼻が
つまった感じがするっていう人

多いと思うんですが こちらね
ある調査なんですけれども。

かぜでも花粉症でもないのに

鼻づまりや くしゃみなど
鼻の症状を経験した事がある人

なんとですね 40.7%。

4割。 およそ4割の方が…。
驚きですね。

今や 多くの日本人にとって
悩みの種となっている

鼻づまりですけれども
まずは こちらのケースから

ご覧頂きましょう。

<出版社に勤務する
野田枝莉子さんです。

あるトラブルに見舞われたのは
去年11月。

飛行機に乗った時の事でした>

<1週間たっても
右耳の違和感は消えず…。

更に1週間すると 違和感は
強い痛みに変わっていきました>

すぐそこの病院に。

<耳鼻科では
鼓膜の動きを調べる検査

ティンパノメトリーを
行いました。

すると 飛行機に乗った時の
急激な気圧の変化のせいで

鼓膜が内側にへこんだ
航空性中耳炎だと分かりました>

<そして その原因は
鼻にあるというのです>

<実は 野田さん 子どもの頃から
アレルギー性鼻炎で

長年 ひどい鼻づまりに
悩まされていました>

慢性的なのは…。 くしゃみが…。


(くしゃみ)
出ちゃう。

もう考えただけで 今…。
頭の中で…

<鼻を詳しく検査したところ…>

<…だと分かりました。

鼻の奥には
副鼻腔という空間があります。

この副鼻腔に 鼻水がたまり

副鼻腔全体に炎症が起きるのが
副鼻腔炎です>

<顔の断面のCT画像です。

通常 副鼻腔は空洞なので
黒く見えます。

ところが 野田さんの場合

副鼻腔が
何かで満たされています。

この正体 実は 膿。

炎症を起こした事で
副鼻腔いっぱいに

膿がたまっていたのです>

<しかし この副鼻腔炎で なぜ
耳が痛くなったのでしょうか>

<実は
鼻の奥に炎症が広がった事で

喉と耳をつなぐ管が腫れて
塞がっていたのです。

そのため 耳の奥の空間の気圧が
調整できなくなり

鼓膜に痛みを感じていた
という訳です>

びっくりしました。 まさか…。

<そこで 野田さんのチョイスは…>

チョイス!

<マクロライド系抗菌薬を
1か月間 のみ

副鼻腔の炎症を抑える治療を
行いました。

すると…。

このとおり。 副鼻腔の膿が
きれいになくなり

耳の痛みも治まりました>

薬をチョイスして
本当に ただ 普通の生活の中で

毎回 のみ忘れないって事さえ
気を付ければ…

う~ん よかった!
よかった。

本当に 知らない間に
あんなにも 空洞が

なくなってるもんなんですね。
びっくり致しましたが。

ここからは 専門家の方に
伺ってまいりたいと思います。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

先生 あれですか。
鼻づまりっていうのは

いわゆる 鼻水がたまってる
っていう事なんですか?

そういう事もあるんですけどね。
実際は それ以外にですね

粘膜が腫れ上がって 鬱血とかで
腫れ上がるんですけども。

そのきっかけとしては
細菌の感染とか

あるいは かぜとか副鼻腔炎とか

あるいは 花粉症を含めた
アレルギー性鼻炎ですね。

粘膜が腫れ上がって
空洞が狭くなって

空気の通る空洞が狭くなって
鼻の通りが悪くなるというのが

鼻づまりですね。
VTRにもありましたけど

その副鼻腔って
ちょっと想像したより

大きい空間…。
広いですね。

ちょっと その副鼻腔 押さえて
おきたいと思いますけども

こちらの図 ご覧下さい。

この鼻の穴からつながる
この水色で示した部分

ここはね
鼻腔という部分なんですが

その鼻腔とつながっている
このピンク色の部分


ここが 副鼻腔。

横から見ますと 奥の部分などに
あるんですけれども。

ふだんは空いている…
空洞なんですよね。

もともとは
空気が入ってるんですね。

例えば この頬骨の後ろなんて
硬いですけど

この後ろ側には
大体 ピンポン球ぐらいの

空洞があるんですよ。

副鼻腔っていうものは
何のためにあるんですか?

いい質問ですね。

皆さんにとっては とても大切な
声を響かせる機能。

大事ですね。

それから あと 空気を暖めたり
あるいは 加湿ですね。

湿度を与えたりとか。 あと 衝撃を
吸収する意味もあるんですね。

じゃあ 「副」なんてついてるから

サブ的な感じだと
思っちゃったけど

結構大事な事を たくさん
やってくれてる部分なんですね。

非常に重要な部分ですね。
その副鼻腔炎という事ですけど

原因としては 何が考えられます?

原因は いろいろあるんですね。
やはり 細菌感染とか

あるいは ウイルスの感染で

炎症が
副鼻腔に はびこる訳ですね。

そうすると
いろんな症状が出てきますね。

その副鼻腔炎の症状を
こちらに まとめてみました。

色がついた
ネバネバの鼻水っていうのは…。

色がついたっていうのは
どういう事ですか?

鼻水の中に 細菌のかたまり
あるいは それを闘って…。

それに対して闘った残骸ですね。
あるいは 炎症を起こしたもの

それが
色のついた鼻水になります。

じゃあ 本当は
本来は 透明なんですか?

本来は 透明。

そこに いろいろなものが
混ざっちゃうから

色がつくっていう事ですね。
今まさに闘ってる最中です。

じゃあ その
頭が重いっていうのは

何となく 頭痛と勘違いしそうな
感じがしますけれど。

これは 先ほどの副鼻腔の場所を
考えて頂ければ

分かると思うんですけど
この おでこの所にも

空洞があるんですね。
そうですね。 さっきの図で。

ここに炎症が起こると
頭の重みが起きてきます。

私 実は 2か月ほど前に
副鼻腔炎になりまして。

あらま!
はい。 何で 副鼻腔…。

病院に行こうかと
思ったかというと

ここが
尋常じゃなく痛いんですよ。

触れただけでも…。
こうやって トンって…。

寝返り打って フッてなったら
もう痛くって。


こんなとこ痛いの
人生で初めてだったので。

たたけばたたくほど痛いんですよ。
言われてみたら

はなも ネバネバの鼻水で
色もついてたし

頭も重くて
もちろん においも嗅げなくて。

で 病院に行ったら
副鼻腔炎だったんですよ。

じゃあ もう まさに この症状が
当てはまってたんですね。

当てはまってましたね。
これ 知ってれば

もっと早く
病院に行ってたんですけど

結構 時間がたっちゃってたんで
やっぱり CTみたいの見たら

全部 埋まってました 膿で。

いわゆる 蓄膿症って
あるじゃないですか。

それとは どういうふうに…。
膿が蓄積されるという

蓄膿症という
言い方しましたけども

今は 正確には
慢性副鼻腔炎といいます。

蓄膿症っていうのは
俗称みたいな事ですね。

いわゆる 副鼻腔炎と
例えば かぜとか

見分け方っていうのは
あるんですか?

かぜっていうのは
少し熱が出るとかですね

関節が痛くなるとか

ちょっと 副鼻腔炎とは
異なる症状が出るんですけども。

副鼻腔炎は あくまでも
ここの部分の限局した炎症です。

そこに炎症が起こるので においが
もっと分からなくなるとか

あるいは 最終的には
ここの重みがとれないとか

汚いおはなが ずっと出るとか。
汚いおはなっていうのは

とても重要なサインです。
なるほど。 分かりました。

かぜから副鼻腔炎になる
っていう事もあるんですよね。

それは 非常に多いと思います。
そうですよね。

ウイルスが入ってきてる訳だから。
じゃあ かぜの段階で

早く病院に行けばいい
って事でもあるんですか?

そういう事になりますね。
だから 早期に

症状が出たら もう早めに行くと。

色のついた鼻水が
出てきた場合には

早めに耳鼻咽喉科に
行って頂ければと思いますけどね。

どうなんですか?
耳鼻咽喉科に行きますと。

そういう時 どういう検査を…。

これは 簡単に
まずは 診察ですよね。

どういう状況かというのを
一応 問診っていいますけども

お話を お伺いして。 で まあ
鼻鏡というんですけどね

鼻の穴を こうやって
広げる機械があるんですよ。

これを ライト入れて
のぞき込むと。

大体 それで
診断つく事が多いですね。

見れば分かるんですか?
そうですね。 鼻が腫れてるとか

あるいは 膿が
どっか出てるかというのは

大体分かるんですけども。
どうしても分かりきれない時は

場合によっては
内視鏡 入れたりとか

あるいは CTを撮ったりとか

あるいは ばい菌が
たくさん出てる場合は

その検査をするというような事で
ほぼ診断は確定になります。

それで 診断で
副鼻腔炎でしたってなって

先ほどのVTRにあった
野田さんがのまれていた

マクロライド系抗菌薬。

あれっていうのは
どういう薬なんですか?

ポイントは 少量 長期なんですよ。

5日とか1週間とかではなくて
最低でも 1か月以上です。

野田さんも
1か月だったんですね。

粘膜の表面の免疫機能が
上がってきて

重症化する事を
抑えてくれるんですね。

そうすると たまった膿が
吐き出されるんですよ。

だんだん だんだん…。
本来の働きを戻すんですね。

そうすると 少量 長期を
のむ事によって

重症化が防げますから
野田さんのように

きれいに治ってしまうと。

でも 薬さえのめば この副鼻腔炎
いいんじゃないかというふうに

お二人 思うかもしれませんが…。
いや もう 完全に…。

思ってますね。
でも
そうとも限らないんですよね。

そうなんですよ。
続いて ご紹介するのは

この薬が効かないタイプの
副鼻腔炎です。

こちらのケースを ご覧下さい。

<バリ舞踊のダンサー…>

<長年 鼻づまりに悩んでいました>

やっぱ 一番…
それが 一番大きかったかな。

<ひどい鼻づまりが
始まったのは 9年前。

鼻呼吸ができずに 眠れない日々に
苦しめられていました>

<食事の時にも…>

いいにおいだろうなっていうのは
分かりますけど…

<なんと においを 全く
感じなくなってしまったのです>

<やがて 目の奥にまで 痛みを
感じるようになりました。

すぐに 荒内さんは…>

<検査の結果は…>

<副鼻腔に
膿がたまった状態でした。

早速 抗菌薬での治療を
開始します。

ところが
効果は現れませんでした>

(取材者)お薬 のんでも?
はい。

<4件目に行った耳鼻科で
ある事実が判明します。

鼻の中を見る…>

<しかし 荒内さんの鼻の中は
奥まで内視鏡が入らないくらい

腫れ上がっていました。

鼻の中に
鼻茸といわれるポリープが

無数にできていたのです。

そして 血液検査の結果

好酸球の数値が高い事が
分かりました。

好酸球とは 白血球の一種。

アレルギーが起きた時に
増える細胞です。

この好酸球が 何らかの原因で

副鼻腔の粘膜に 炎症を
引き起こしていたのです。

病名は…>

<治りにくいタイプの
副鼻腔炎でした。


好酸球性副鼻腔炎の治療は 通常
ステロイド薬で行われます。

しかし 荒内さんは…>

<そんな荒内さんの
治療のチョイスは?>

<鼻の手術でした。

全身麻酔をした上で
鼻から内視鏡を入れて

中を見ながら
専用の器具を使って行います>

<使うのは こちらの…>

<これで
腫れた粘膜や鼻茸を切り取り

副鼻腔にたまった膿を
吸い出します。

器具が 鼻の中のどこにあるか

3次元で リアルタイムに
把握できるシステムを使う事で

より安全に
手術を行う事ができます。

その結果 荒内さんの副鼻腔は
こんなに すっきり!

さまざまな不快な症状も
一気に解消しました>

<これで 鼻呼吸も ばっちり!

踊りに集中できるようになったと
いいます>

それだけでも喜びっていうか
呼吸した時に…

いや~ すごい。

だから 踊ってらっしゃる間は
昔は

ほとんど無呼吸みたいな状態…。
いや~ つらかったでしょうね。

頭が ぼ~っとしてくるというのも
ありますでしょうけれども。

その慢性副鼻腔炎と
好酸球性副鼻腔炎。

この違いっていうのは…
これ 全く別物って事ですか?

全く別物と考えていいと
思いますね。

慢性副鼻腔炎は 細菌とかウイルスが
悪さして起こるんですね。

そういった炎症なんですけども。
好酸球性副鼻腔炎は

本来なら アレルギーで それを
抑える側の好酸球なんです。

ところが これが 何らかの原因で
暴走するんですよ。

そして 非常に強い炎症を
起こすんですね。

好酸球性副鼻腔炎
なんですけれども

先ほどの慢性副鼻腔炎とは
症状も異なるんですよね。

鼻づまりは
先ほどもありましたけれども。

色がついたネバネバの鼻水。

ではないんですね。 ではなく…。

黄色い のり状の鼻水って

何か よく分かんないかもしれない
ですけれどもね。

とろろをすったあとの
あのネバネバが

ブワ~ッと こう…。
実際 手術の時に

鼻から出てくるんですよ ネバ~。

鼻から吸う機械がつまるぐらい。

ですから はなかんでも
かみきれないんですよ

中にたまってて 粘っこくて。

この嗅覚障害
また異なるんですよね。

好酸球性副鼻腔炎っていうのは
主に この辺から

発症する事が多いんですね。
目の近くっていうのは

においの神経が
集まってるところなんです。

なので 早い段階で
においの神経がやられて

早期から
嗅覚障害 起こる方が多いです。

そして
最大の特徴があるんですね。

それが こちらですね。

正確に言うと これも
鼻のポリープっていうんですね。

太いつららのように 次から次へと
出てるってイメージでしたけど。

鼻茸が どこにできてるんですか?
粘膜です。

鼻の奥の粘膜から どんどん
どんどん出てくるんですね。

これが 好酸球性副鼻腔炎の
典型的なパターンですね。

ポリープ自体は 悪性とか良性とか
っていうのはあるんですか?

これは もう 良性の 炎症性の…。
炎症性のという事ですね。

奥の方にできるという事は 自分で
「あっ ちょっと 今日

鼻茸できてるな」っていうのは
分からない?
分からないです。

じゃあ
病院に行って 診てもらったら

分かるものなんですね。

分かればね
すぐ病院に行きますけど。

相当大きくなれば
出てくるかもしれないですけども。

その前に 多分 お鼻がつまって
息できないです。

そして この
好酸球性副鼻腔炎なんですが

あるアレルギー性の病気と
関係が深いんですね。

それが こちらです。
ぜんそくなんですね。

統計的な事が
大体 分かってきててですね

ぜんそくの方の
大体 約3割ぐらいは

好酸球性副鼻腔炎になる事が…。
3割。

しかも
ぜんそくの もっと重症の方は

5割ぐらい
好酸球性副鼻腔炎に移行する。

ぜんそくと
好酸球性副鼻腔炎ですけど

どういう相互関係が
あるんでしょうかね。

好酸球性副鼻腔炎は
ぜんそくになると

炎症性の物質が出て
好酸性の副鼻腔炎になり

好酸球性副鼻腔炎になると
同じように やはり

炎症性の物質が
ぜんそくの方に働きかけて

相互に悪くなる。 だから
悪循環を繰り返していく事で。

どっかで断ち切るっていうのが
治療になります。

でも 先生 逆に言うと
好酸球性副鼻腔炎が治ると

ぜんそくも よくなるって事は
あるんですか?

荒内さんなんか
その典型例ですね。

ぜんそくが 非常によくなって
今は もう

ぜんそくの治療が
必要でないぐらいなんですが

これは やはり 呼吸器内科との
コラボレーションですね。

連携が とても重要なんですよ。
これなくして

好酸球性副鼻腔炎の治療は
成り立たないと思っていいと

思います。
先ほど VTRに出てきた

副鼻腔炎の手術に
使われていた道具

お借りしてきたんですけれども…


マイクロデブリッター。
こちらなんですよね。

これ とても優れ物で
高速で回転するんですけど

その速度も
自由に調節できるんです。

最高3万回転ぐらいまで
優に回転できるんですね。

そして 同時に ここで
この穴から…。

吸ってるんですね。
出たものを吸うっていう。

そういったもので 非常に
手術が やりやすくなります。

これ 手術中は
麻酔をかけてるんですか?

全身麻酔でやってます。
全身麻酔で。 じゃあ 痛くはない?

痛くないです。 無痛状態です。

大体 手術にかける時間というのは
どれぐらいなんですか?

大体 片方で まあ
病気の程度によりますけども

小一時間ですね。 両方で 2時間で
麻酔の準備等で 3時間。

ただ 重症な例は
プラス1時間ぐらいかかると

思って頂ければと思いますけども。

その時間を考えると 入院は
どうですか? 必要なんですか?

入院 必要です。
どれぐらいですか?

大体…
施設によって違うんですけども

大体1週間前後。
最短でも 5日ぐらい。

このマイクロデブリッター
以外にも

場合によっては ほかの器具も
使用する事があるという…。

例えば こんなもんですね。

これ 名前が
ヤンゼンというんですね。

(八嶋 大和田)ヤンゼン。
鼻のとこに曲がりがあると

手術がしにくいという事が
あるんですね。

これが入らなくなるんですね。
曲がってる方は。

それから 鼻中隔の曲がってる人
つまり 鼻中隔わん曲症の方は

これを使って曲がってる部分を…。
治す。

削ってくんですね。

その鼻の曲がり 鼻中隔わん曲症
という症状があるんですけれども。

これは ご覧になるように
この赤線が

こっち 右側なんですね。
左側なんですけど

右側に こうやって曲がって
中央に戻る。

こういったところがあると
常に こちら側がつまった状態。

誰でも
少しは曲がってるんですね。

病的に曲がってくると
常に 片方の鼻がつまった状態。

これ じゃあ この方には
さっきのヤンゼンを

どう使うんですか?
この曲がってる所の

ポイントを選んで
ガッチャンってするんですね。

軟骨の一部と
飛び出してる骨の一部を削る。

全部は削らないです。
それで
挟んで戻すとかじゃなくて…。

本当に ポイントを削って

一応 曲がってる所を抜き出して

まっすぐであれば
差し戻す事も よくやります。

へえ~。
で 全体を まっすぐにする。

このようにね。  あっ まっすぐだ。
手術後は まっすぐ。

しかも 空洞が ちゃんと
できているのが分かりますかね。

こうすると もう鼻づまりなく
すっと 鼻が通る形になる?

鼻の通りが
非常にすっきりした感じになる。

これは 手術で
まっすぐになりました。

でも それ 含めると 手術の費用
っていうのは 大体 どれぐらい?

一応 副鼻腔炎の手術に
鼻中隔わん曲症の手術

それから 腫れ上がった粘膜を
きれいに そぎ落とす手術

全部 入れると
程度の差はありますけど

大体20万から30万ぐらい。
これ あくまでも 手術代だけで

あと プラス
手術前の検査とかですね

そういうのを入れると
また値段は上がりますけど。

入院費とかもね。

また その患者さんの年齢だったり
収入によっても

高額療養費制度が
適用される事もあるので

一度 相談するのも
オススメ致しますね。

でも VTRの中で 治りにくい
副鼻腔炎といってましたけど

荒内さんみたいに 手術すれば
やっぱり それは

すっきりと治るもんですか?

一概に そうは言えないんですね。

やはり
好酸球性副鼻腔炎っていうのは

実は つい最近
2015年の7月ですけども

国から指定難病になったんですよ。
え~!

難病なんですね。 これは
手術したあと 何にもしない

放置したままにすると
かなりの頻度で再発します。

大体6年間で
50%っていわれてます。

ですから この手術したあとのケア
っていうのが

とても重要になります。
なるほど。

だから やっぱり 結構 じゃあ
定期的にも 何か

手術したから もう すっきりした
っていうふうに

何となく思いがちですけど

ちゃんと チェックしなきゃ
いけないって事ですね。

もう その治療は
手術しかないんですか?

手術以外に
やはり 軽度であれば

ステロイド剤の内服が
ありますので。

そんな 難病に指定されてるなんて
聞くと どきりとしますから。

ちょっと 単純な鼻づまりって
思わない方が

いいのかもしれないですね。

早めにお医者さんにかかるのが
一番いいという事ですよね。

さあ ここまで 副鼻腔炎について
見てきましたけれども

続いて ご紹介するのは
鼻づまりをきっかけに

ある意外な症状に悩まされた方の
チョイスです。

こちらを ご覧下さい。
(2人)チョイス!


<4年前の夏
かぜをひいたのを きっかけに

ひどい鼻づまりとせきに
見舞われました>

(せきこみ)

もう コンコン コンコン…

どうしちゃったのかしら
って感じでしたね。

<激しくせきこむため
胸の痛みもありました。

そこで 本多さんは
肺の病気ではないかと思い

呼吸器内科を受診>

<肺の画像検査や
肺機能検査を受けました。

しかし 全く異常なし。

そこで 担当の医師は
ある事を疑います>

とにかく ご意見だけでもいいから
聞いてみませんかっていう事で…

<耳鼻科を受診した本多さん。

早速 内視鏡で
鼻を診てもらいました。

すると やはり 鼻の中に
問題がある事が分かりました>

<通常 鼻から
出なかった
鼻水は

喉の奥に流れていきます。

これを 後鼻漏といいます。

普通は ほとんどが
食道に流れていきますが

本多さんの場合は 鼻水の量が多く
粘りけもあったため

気道にも流れ込んでいました。

その鼻水を出そうとして
激しいせきが出ていたのです>

(せきこみ)

<これは 内視鏡で見た
喉の奥の映像です。

手前に見える泡が
鼻水。

奥に見えるのが
気道の入り口です。

鼻水が どんどん 気道の方に
流れていく様子が分かります>

<そんな本多さんの
治療のチョイスは?>

チョイス!

<腫れている粘膜を
切り取る手術でした>

延ばし延ばしで
ずっといました。

<手術によって ブヨブヨに
腫れていた鼻の粘膜が

元どおりに。
鼻の通りが よくなり

せきに悩まされる事も
なくなりました>

後鼻漏ですか。
もう 聞くのも初めてですけど

こういうのは
よくある事なんですか?

後鼻漏は 誰でもあるんですね。
これは 粘膜の表面に

薄く水分の粘液ですね
粘液の膜があって

それが その後ろ後ろへと
回るんですけども

大体 人間は 一日の間で 1Lから
1.5Lぐらい出てるんですよ。

(2人)えっ!?
そのうちの半分は

この鼻の中とか気道を
加湿するもの。

残りの半分が
下へ下へと落ちてくるんですね。

だから その粘膜も
要は 使うものなんですよね。

必要なものなんです。
加湿にね。

潤いがないと
僕ら 生きていけない…。

ただ それが
あまりにも量が多かったり

粘りけがあると もう引っ掛かって
せきが止まんなくなっちゃう。

でも VTRの本多さんなんか
せきの原因と鼻水っていうのは

なかなか分からないと
思うんですけれど

その辺は いかがでしょうか。
やっぱり これはですね

基本的には せきが主体ですから
いきなり 耳鼻科ではなくて

呼吸器内科の先生に
やっぱり 診て頂いて

ぜんそくとか 気管支炎とか

ほかに 何か病気がない
っていうのを確認した上で

初めて 耳鼻科だと思います。

治療としては やっぱり
先ほどの手術がいいんですか?

いえ もう いきなり
手術ではなくて

まずは 薬物療法ですね。
例えば 内服とか

あるいは 点鼻薬ですね。
主に 本多さんの場合は

アレルギー性鼻炎が
メインだったので

アレルギーを抑える
ステロイド用の点鼻薬があるんですね。

それを使って
症状を抑え込む事も可能です。

そうすると
鼻の腫れも引いてくるんですか?

引いてくるんですが
残念ながら 本多さんの場合

引き切らなかったんですね。

せきも
なかなか止まらなかったので。

いろいろと 緊急性はないけど
やりましょうかっていう事で

お話ししてって
ついに 2年後に

満を期して手術という事に
なったんですけどね。

もうちょっと早く
やってればよかったって

ご自身も言ってましたけどね。
本多さんは やっぱり

鼻中隔わん曲症があって
それも同時に 手術しました。

あ~ そうですか。
じゃあ 本当に すっきり…。

もう すっきり爽やか。

多分 ずっと長い間 そうしてたら
人生 変わるってぐらい

毎日が 気分がいい
って事になるでしょうね。

すっきり爽やか。

そういった鼻づまりだったり
鼻トラブルによる弊害を

見てきましたけれども 石井さん
オススメの対策法というのが

あるんですよね。 こちら 何に
使うものでしょう? 石井先生。

これはですね 一般的に
割と有名なものですけど

鼻うがいで使うんですね。
鼻うがい!

<鼻腔の中を洗浄して
きれいにするのが

鼻うがいです。 やり方は簡単。

洗浄液を ボトルに入れて…>

鼻につけて。 で

「あ~」とか「え~」とか言いながら
しぼってくると

こっから シャ~ッと
シャワーのように

洗い流したものが出てきます。

<鼻うがいに使う洗浄液は
家庭で作れます>

<これなら
鼻にしみる事はありません。

市販のセットもあります>

具体的には どういう効果が?

これは 鼻の中にたまってる
花粉とかウイルスを

洗い流せるんですね。
先ほど お話ししたような

手術した患者さんですね
あるいは

好酸球性副鼻腔炎の
患者さんなんかは

これを使うと さっきのネバネバが
取れやすくなるんです。

それから 手術後にも使えますし。

あるいは 花粉症とか かぜとか
そういう時も。

私も 鼻の具合悪い時は
病院の奥の方で

人知れず 夜中に
「あ~」ってやってます。

先生も 実証…。
本当 そうですよね。

外から帰ってきた時とかの方が
いいんですか?

オススメは やっぱり
汚れてますから お鼻がですね。

だから 帰ってきた時に
お風呂から出たあとにやるとか

そういう方 多いですけども。

容器も 清潔にしとかなきゃ
いけないって事ですね。

ずっと放置しとくと
中に カビが生えてきますから。

適度な時に
中 洗う事が重要ですね。

熱湯で洗ったり
塩素剤で消毒したりとか

そういう事は 絶対 必要ですね。

あと でも よく お店なんかだと
点鼻薬っていうんですか。

点眼じゃなくて 鼻に こう
やる薬って売ってますけど

あれは どうですか?
市販の点鼻薬は

期間限定で使うのは
いいんですけども

ずっと それを何か月も どんどん
どんどん使い続けると

だんだん
回数が増えてくるんですね。

いわゆる
薬がないと 点鼻薬がないと

いられなくなってくるんですね。
確かに。

ごはん食べながら たまに
シュッてやる方 いますもんね。

そうすると それは
点鼻薬性鼻炎とか

薬剤性鼻炎といって 鼻の中が
かえって腫れてくるんですよ。

使わないと すぐ
リバウンドで腫れてきて

ずっと使い続けるっていう事で

長期に使う事は
絶対 避けて頂きたいんですね。

ですから 用量 用法
守って頂ければ

短期限定 使う事は
全く問題ありません。

さあ 続いて ご紹介しますのは

鼻以外のある部分が原因で
起こる副鼻腔炎です。

こちら ご覧下さい。

<あるタイプの副鼻腔炎を
経験した…>

<夜中 眠っている時の事>

<右上の奥歯に
強い痛みを感じた仲佐さん。

翌朝 歯科に駆け込みますが
歯に 異常は見つからず。

それでも 処方された
痛み止めの薬をのむと

次第に 痛みは和らぎました。
ところが…>

<更に1か月後 突然…>

<しかも…>

<歯の痛みに続き 大量の鼻水に
悩まされた仲佐さんは

耳鼻科を受診します。

診断の結果は 副鼻腔炎。

意外な事に その原因は
なんと 歯だというのです。

実は 仲佐さん 10年ほど前に
虫歯の治療をしていました。

しかし 治療した歯の根元が
何らかの原因で炎症を起こし

その炎症が 歯に近い副鼻腔

上顎洞にまで
広がっていたのです。

これを
歯性上顎洞炎といいます。

CT画像を見ると…。

確かに 右の奥歯に近い場所に
膿がたまっています>

<そんな仲佐さんの
治療のチョイスは?>

私は 歯科と耳鼻科
両方で治療を受けました。

<この手術は
歯科医と耳鼻科医の共同作業で

一気に行われます。

まず 歯科医が
炎症を起こしている歯を抜き

膿を出します>

<続いて 耳鼻科医は

副鼻腔の腫れた粘膜や
残った膿を取ります。

合わせて 2時間ほどの手術です。
すると…>

う~ん ちょっと驚きですね。
これ 意外なんですけど

結構 誰でも起こりうる可能性が
あるって事ですか?

そうなんですよね。
その歯性上顎洞炎

ちょっと この図を使って
説明して頂けますか?

もともと
上顎洞っていうんですけどね

この下の部分ですね。
頸部っていいますけど

そこの部分と 歯の歯茎の付け根
歯根といいますけど

ここの部分が
僅か数ミリしかないんですね。

ですから 歯のケアが
うまくいかないと

だんだん だんだん 骨が溶けて

虫歯を起こす ばい菌が
この中に入ってきて

副鼻腔炎になっちゃう。

歯性上顎洞炎という
言い方しますけども

これは 割と
虫歯の治療のあとに起こる事が

ケアが うまくいってないと
起こります。

じゃあ 何となく副鼻腔炎があって
上の奥歯に痛みがあったら

歯性上顎洞炎を
疑った方がいいって事ですかね。

そうですね。 この場合もですね
やはり まず最初に

歯の痛みがありますから 通常
やっぱり 歯科に行って頂いて。

それで 歯の問題がないかどうか。
で 口腔ケアといって

歯の 虫歯の治療とか
そういうのやって頂いても

まだ おかしいといった場合には
耳鼻科を受診して

鼻の手術も 同時に行う。

だから 境界線が
本当に 数ミリだから

具合によって お互い 連絡を
取り合いながらやっていくと。

でも
そういうケースもあるんだな。

気を付けないとと思いますね。
分かりました。

では 最後に 今日
お伝えした内容を踏まえまして

鼻づまりの
ベストチョイスのための

アドバイスを お願い致します。
鼻づまりといってもですね

一つの症状ではないんですね。

いろんなところに
症状が影響し合ってですね…。

ですから
できれば 鼻づまりがあって

それが 症状が続く場合は
なるべく早く

耳鼻科を
受診して頂くという事と

耳鼻科単独だけでは済まない
病気も多々あります。

呼吸器内科とか
あるいは 歯科とか

そういうコラボレーションですね。

そういうのが とても大切な病気の
症状の一つだというふうに

思って頂ければと思います。
分かりました。

先生 今日は
ありがとうございました。

ありがとうございます。

さあ という事で 今日は
「鼻づまり」という事でしたけど

いかがでしたか?
私自身 もう幼少期から

アレルギー性鼻炎で
鼻がつまってたから

大した事ないと思って ずっと
つまっててもいたんですけど

自分が 副鼻腔炎になってるので

やっぱり あんまり軽く見ちゃ
いけないなと思いますね。

何か 今日ね VTRで
いろいろな方々のを見てると

何となく
そのまま過ごしてしまって

あとから ああいうふうになる
っていう事ですから。

でも 実際 そうなって
手術なり お薬なりで

改善されていくと
随分すっきりと

世の中が パ~ッと
明るくなるっていうようなね。

適切な…。
受診してね。

処置を 治療を受けられたら
いいかなというふうに思いますが。

やっぱり
単純な鼻づまりというふうに

侮っちゃいけないな
という事でございましょうか。

という事で 次回も
皆さんに お届けします。

健康への ベスト…。
(2人)チョイス!


関連記事