ジョブチューン 夏の不調を乗り切る!本当に体に良い「薬味」SP 綾瀬はるか、三田寛子、薬丸裕英


『ジョブチューン★夏の不調を乗り切る!本当に体に良い「薬味」SP★』の番組情報(EPGから引用)


2018/06/30(土) 
ジョブチューン★夏の不調を乗り切る!本当に体に良い『薬味』SP★[字]
しょうが・みょうが・わさび・青じそ…夏の食卓に欠かせない「薬味」で病気を予防改善★生産農家オススメ!!専門家公認!!薬味の効能を最大限に引き出す健康レシピも大公開!
詳細情報
番組内容
▼日本人の食卓には欠かすことのできない「薬味」。薬味には食べ物の美味しさを際立たせるほかに、体にうれしい効能もたくさん!! ▼≪骨粗しょう症予防に効果的な薬味≫… 生産者の骨密度は平均を上回る高さ!さらに骨粗しょう症以外にも様々な効果が!? しみ・しわ改善などのアンチエイジングほか、8種類近くの効能が期待できるというスーパー食材とは!? ▼≪血糖値の急上昇を抑え、糖尿病予防に効果的な薬味≫…
番組内容2
ほぼ毎日食べているという生産者の方々の血糖値を測定!衝撃の測定結果が! 夏バテ予防にぴったり! 糖質カットでヘルシー!血糖値の急上昇を抑え、糖尿病予防にも効果的なレシピを大公開! ▼≪血液をサラサラにしてくれる薬味≫… 生産農家のご自宅を訪問!予想を超えた意外な薬味の食べ方が続々! 血液サラサラ効果が期待出来る超簡単レシピ! 生産農家オススメ!ご飯に混ぜるだけ@@丼とは!?
番組内容3
▼≪ひざ痛≫や≪冷え性≫、≪血管の老化≫や≪肥満≫を予防改善してくれる!今が旬の薬味が続々登場!
出演者
【MC】
ネプチューン(名倉潤・原田泰造・堀内健)
【パネラー】
バナナマン(設楽統・日村勇紀)・ 土田晃之
 / 綾瀬はるか / 三田寛子 ・ 薬丸裕英 ・ 田中卓志(アンガールズ)
出演者2
【進行】
田中みな実
【プロフェッショナル】
岩本智良 / 江渕成将 / 黒岩卓郎 /
出演者3
中西拓郎 / 西土邦雄 / 北條春樹 / 前川信男
おしらせ
☆番組HP
http://www.tbs.co.jp/jobtune/
☆twitterのアカウントはこちら!
http://twitter.com/jobtune_TBS
おしらせ2
☆facebookのアカウントはこちら!
https://www.facebook.com/jobtune.tbs
おしらせ3
綾瀬はるかさん出演の火曜ドラマ『義母と娘のブルース』は7月10日(火)スタート!
毎週火曜よる10時~放送します♪是非ご覧ください♪
Capture20180630-210107.jpg 


『ジョブチューン★夏の不調を乗り切る!本当に体に良い「薬味」SP★』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ジョブチューン 夏の不調を乗り切る!本当に体に良い「薬味」SP
  1. 薬味
  2. 効果的
  3. 食べ
  4. 血糖値
  5. オクラ
  6. 効果
  7. 設楽
  8. 予防

  9. 改善



『ジョブチューン★夏の不調を乗り切る!本当に体に良い「薬味」SP★』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


<料理の味を引き立たせ
日本人の食卓に欠かせない薬味>

<ところで皆さん
薬味は読んで字のごとく>

<薬としての効能もあることを
ご存じですか?>

<昔から伝わる薬味を使った
この食べ方には>

<実は健康効果があり>

<理にかなった食べ方なのだ>

<そこで今夜は>

<血糖値の急上昇 血管の老化>

<さらには ひざ痛や肥満など>

<病気の予防・改善に効果的な>

<薬味を大発表!>

<そんな薬味を生産し>

<日常的に食べている
農家の皆さんに協力してもらい>

<その>

<血管の老化を防ぐのに
効果的な薬味を>

<ほぼ毎日食べている農家の方の>

<実年齢は52歳だが…>

おっ やった

<血管年齢は20歳も若かった!>

え~

<夏の体の不調は これで乗り切れ>

<まずは>

<血糖値の急上昇を抑え
糖尿病予防に効果的な>

<今が旬の薬味>

<と ここで問題>

<血糖値の急上昇を抑え
糖尿病予防に効果的な薬味とは?>

<この4つの薬味のうち
どれでしょう>

<テレビの前の皆さんも
予想しながらご覧ください>

<国民病とも呼ばれる糖尿病は>

<空腹時や食後の血糖値が>

<基準値を超えて
高くなっている状態で>

<将来的に白内障による失明や
脚の壊死など>

<様々な合併症につながりうる>

<怖い病気>

<実は加齢とともに
血糖値を抑える>

<インスリンというホルモンの分泌が
減るため>

<50代以降
糖尿病患者が増加>

<しかも汗をよくかく夏は>

<血液中の水分が不足し>

<さらなる血糖値の上昇を
引き起こすため要注意>

<そんな血糖値の急上昇を抑え>

<糖尿病予防に効果的な
ある薬味の>

<日本一の生産地が>

<鹿児島県指宿市>

<砂むし風呂と>

<篤姫ゆかりの地で
有名な指宿市では>

<しかし
本当にその薬味を食べるだけで>

<血糖値の急上昇を抑え>

<糖尿病予防に効果があるのか?>

<実際 その薬味を
ほぼ毎日食べているという>

<こちら>

<通常
空腹時の血糖値が110以上で>

<糖尿病予備軍といわれているが>

<69と糖尿病予備軍の基準値>

<110より かなり低い数値>


<そして 今川さんには>

<ある薬味を使った料理を
食べていただき>

<食後は血糖値140以上が>

<糖尿病予備軍だが>

<104と こちらも>

<糖尿病予備軍の基準値140より
かなり低く>

<どちらも理想的な数値が出た>

(スタッフ)あっ いないですか
はい

<そして
生産農家歴15年の永吉さんは>

<通常時の血糖値は103と>

<基準値内で 食後血糖値は117と>

<基準の140を大きく下回った>

<さらに
指宿市の男女30名を対象とした>

<ある薬味の検証実験によると>

<白米を食べたあと>

<30分ごとに
血糖値を測定した結果>

<ある薬味を食べた人の方が>

<食べなかった人より
食後血糖値が>

<平均で10低いという結果が>

<では その薬味は どんなところで
作られているのか?>

<指宿で
17年にわたり>

<ある薬味を
栽培している>

<JAいぶすきの前川信男さんの
ハウスに伺うと>

(スタッフ)あっ へえ~
ここです

(前川)種をまいて約70日して

花が咲き始めますから

花が咲いて それから約1週間後に

あるものを収穫します

<血糖値の急上昇を抑え
糖尿病予防に効果的な薬味とは>

<この中のどれなのか?>

前川さん 生産されてる

(一同)へえ~

(田中)肌ツヤがいい
(設楽)肌ツヤがいい 健康そう

それでは皆さん
血糖値の急上昇を抑え

糖尿病予防に効果的な薬味
何でしょう 綾瀬さん

大葉 あ~

なるほど 大葉ね
違いますか?

これはね

あ~っ
(設楽)ちょっと名倉さん

はいはいはい

ヒント じゃあ前川さん
ヒントをお願いします

アフリカ? これは

(設楽)買えますか?

ちなみにですけど

(原田)安い

8本入りでね
日村さん いかがでしょうか

頑張って

インゲン
(堀内)インゲンって薬味?

(土田)
インゲンは薬味じゃないでしょ

<今が旬で血糖値の急上昇を抑える
薬味はオクラ>

<しかし>

<で栄養学を研究する>

<医学博士の
中野隆之先生によると>

これが
その効果だと思っております

オクラには
水に溶ける水溶性食物繊維と

水には溶けない食物繊維

という特徴が
あります


不溶性食物繊維も
水溶性食物繊維も

糖類を抱き込む働きがあります

<実はオクラの中に含まれる
食物繊維には>

<体内のブドウ糖に絡みつく
働きがあり>

<その食物繊維に
コーティングされた糖類は>

<体内に吸収されにくく>

<体の外に排出されやすいので>

<血糖値の急上昇が
抑えられるという>

<さらに食物繊維以外にも>

<オクラならではの
素晴らしい性質があるという>

(中野)
食事と一緒にとった時に糖が

外に出にくくなる 結果として

血糖値が上がりにくいという

<オクラには ダブルの食物繊維に加え
ネバネバ成分があるため>

<効果があるのだ>

<では地元の方々はオクラを
どうやって食べているのか?>

<専門家が農家さんの>

<定番なのが>

<つゆに刻んだオクラを
入れる そうめん>

<ちなみに
この食べ方>

<中野先生によると>

それを食べる中で

すると

かと思います

<そして>

<アッツアツの
味噌汁の中に>

<生のオクラを
刻んで入れた>

そういった効果が
あるかと思います

<オクラは熱に強く>

<様々な調理方法で
栄養素をとれるのだそう>

<さらに中野先生
イチオシの>

<血糖値の
急上昇を抑え>

<糖尿病予防に
効果的なレシピを>

<2つ ご紹介>

<まずは
糖質カットで>

<ヘルシーなメニュー
それは>

<材料はオクラ キャベツ>

<豚バラ肉に生卵 薄力粉>

<そして 和風だし>

<ちなみにオクラは
水に長時間さらすと>

<水溶性食物繊維が
水に流れ出てしまうので>

<サッと洗って拭くだけでOK>

<そして>

<の完成>

に なります

<さらに このあと
血糖値の急上昇を抑え>

<夏バテ予防にも効果的な>

<絶品農家飯を大公開>

<血糖値の
急上昇を抑え>

<糖尿病予防に
効果的なレシピ>

<続いては夏バテ
予防にもピッタリ>

<材料は新鮮なオクラと
薄切りの豚肉>

<タレとして醤油 酒 みりん 砂糖>

<そして 片栗粉と塩コショウ>

<栄養満点のオクラを
そのまま食べられる>

<オクラの豚肉巻きの完成>

<血糖値の
急上昇を抑え>

<糖尿病予防に
効果的>

<山芋の代わりに
オクラを>

<たっぷり入れた
お好み焼きと>

<アスパラではなく
オクラを丸々1本使った>

<オクラの豚肉巻き>

<果たして
その味は?>

それでは お好み焼きの方から
召し上がってください

(一同)いただきます
オクラ どうでしょう?

(堀内)すげえネバネバしてる

≪おいしい

(日村)超うまい

綾瀬さん どうでしょうか
何か でも ふ…

食レポ風に?

全然

(堀内)
さすがだよね

<続いては>

<果たして
その味は?>

(綾瀬)うん


(薬丸)これはホントに

融合 好きやな

(薬丸)融合 二度使い

はい これなんですよ

前川さん これ

へえ~
(土田)そんなに?

(前川)そうそうそう

<ここでオクラ農家直伝>

<傷むのが早いオクラを>

<シャキッと復活させる
裏技を大公開>

(前川)
濡れた新聞紙にくるんであげて

それをビニール袋に入れて
ひと晩 冷蔵庫で保存すると

(一同)へえ~
(三田)あっ そうなんですか

<ここで おさらい
血糖値の急上昇を抑えて>

<糖尿病予防に
効果的な薬味はオクラ>

<だという>

<また オクラは熱に強いため>

<火を使った料理でも
栄養素をとることができるそう>

<夏の体の不調は これで乗り切れ>

<続いては>

<と ここで問題>

<この4つの薬味のうち
どれでしょう>

<テレビの前の皆さんも
予想しながらご覧ください>

<暑くなる これからの時期
気をつけなければならないのが>

<夏の暑さで>

<すると>

<これにより血流がせき止められ>

<血管を突き破り
心筋梗塞などを起こすのだ>

<つまり
血液をサラサラにしておくことが>

<血管の病を防ぐ秘訣>

<では一体 どんな薬味が血液を
サラサラにしてくれるのか?>

<その薬味の
生産量日本一の>

<長野県を訪ねた>

<本当にその薬味を食べるだけで
血液はサラサラになるのか?>

<そこで
実際にその薬味を毎日食べている>

<生産者の方々の血液を
調べさせてもらった>

<血液を採取し
顕微鏡でその流れを観察>

<ちなみに こちらは血液が>

<ドロドロの状態>

<水分が少ないため>

<赤血球の流れが滞っている>

<まずは その薬味を育てて20年>

<77歳の女性は>

<パソコンのモニターを見て>

<ご自身の目で
その結果を確認してもらった>

<血液はスムーズに流れ サラサラ>

<続いて最年長79歳の男性は>

<全く滞りがない>

<検査を受けた9人全員が>

<血液サラサラであるという>

<驚くべき結果が>

<この優れものの薬味 一体>

<伺ったのは
生産量日本一の長野県で>

<その薬味を育てて40年>

<全国の品評会での受賞歴もある>

<黒岩卓郎さん>

<早速>

<こちらが黒岩さんのビニールハウス>

何ですか?

っていう
湧き水なんですよ

<名水百選にも選ばれた
この湧き水は>

<1年を通じて水量も一定で>

<濁ることもないという>

<早速 ハウスの中へ>

<この中のどれなのか?>

そうですね 私の

スーパーでは

ああ~
ああ~

<このあと>

<を大発表>

<さらに 超簡単に作れて>

<血液サラサラ効果のある>

<絶品農家飯もご紹介>

<夏場 ドロドロになりがちな血液を>

<サラサラにする薬味とは>

<血液をサラサラにする薬味とは
わさび>

<長年 わさびを研究している>

<東海学園大学 人間健康学部>

<西堀教授によると>

<血液にはもともと>

<出血を止める働きがあり>

<その作用が強すぎると>

<血栓というものができ>

<心筋梗塞などの原因となる
ことがある>

<ちなみに この成分は>

<他の野菜には存在しない
超希少なもの>

<しかも その効果を上げるために>

<必要な摂取量は>

<たったの5g 小さじ1杯分>

<スーパーなどで売っている
チューブ入りのわさびでも>

<「本わさび使用」と
表示されているものなら>

<程度の差はあれど
効果は期待できるという>

<では 農家の方々は>

<いつも どのようにして
わさびを食べているのか?>

<黒岩さんのご自宅にお邪魔して>

<いつも食べている わさび料理を>

<見せていただくことに>

<すると 予想を超えた>

<意外な食べ方が続々>

より一層
≪そうね

<砂糖を入れると
わさびの苦味が消え>

<より辛味が際立って
感じられるのだという>

<さらに こちらの女性は>

<唐揚げに わさびをつけている>

≪それ いつもそんなふうな感じで
食べるんですか?

食べる食べる

<油っぽいものと合わせると
辛さが中和され>

<わさびの香りが楽しめるという>

<さらに>

≪とれたてのきゅうりだから
おいしいよね

<実は きゅうりにつける味噌にも>

<わさびが練り込まれている>

<さらに わさび農家の食べ方を>

<チェックした専門家イチオシ>

<血液サラサラ効果に期待ができる>

<レシピをご紹介>

<それが わさび丼>

<作り方は簡単>


<ご飯の上に>

また 先ほどお話ししたように

ダブルパワーで血液サラサラに
なると思います

<血液をサラッサラにしてくれる
わさび丼>

<果たして どんな味なのか?>

(黒岩)そうです

う~ん

(日村)これ おいしい ヤバい

(設楽)うん
(日村)これはいい

結構きますね

そう すぐ消えます

おいしい

(黒岩)そうですね

ご飯の温かさで

分かりますよ

そして 他にも
ご用意してるんですけれども

こちらは 焼酎のわさび割り

ちょっと試してみたい

がいいですね
いや 麦焼酎じゃなくて

大丈夫ですよね?
ちょっとやってみてくださいよ

試しに

あっ
どう?

(黒岩)うまいでしょう
マジで?

(黒岩)おいしいでしょう
(設楽)辛くないの?

ヒムケンいってる

(設楽)早えわ

この焼酎のわさび割り

おいしいだけではなくて わさびが

二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを

解毒してくれるので 二日酔いを

軽減する効果もあるそうなんです

<ここで わさび農家直伝>

<なかなか1回では使い切れない
本わさびを>

<味や香りを損なわず>

<長期保存する方法を大公開>

面倒くさくて

(黒岩)ジッパーのついた

ビニールの袋へ入れて

空気を抜いて
ぺちゃんこにするんですよ

それを冷凍室へ入れて凍らして

もうそれで ひと月とか
もうちょっともちます

ええ!

(設楽)へえ そうなんだ

<ここで>

<是非 お試しを>

<夏の体の不調は
これで乗り切れ>

<続いては>

<ひざ痛の予防・改善に効果的な>

<今が旬の薬味>

<と ここで問題>

<この4つの薬味のうち
どれでしょう?>

<テレビの前の皆さんも
予想しながらご覧ください>

<年齢とともに
多くの人が直面する悩み>

<ひざ痛>

<ひどい場合は 痛みで>

<その症状は 40代から
50代の頃に始まり>

<60代を境に急激に増加>

<70代の女性では 何と>

<およそ7割の人が
悩んでいるともいわれている>

<さらに夏場は 冷房や>

<布団をかけずに
寝てしまうことで体を冷やし>

<ひざ痛が悪化する人も>

<そんな ひざ痛に効果的だという
ある薬味>

<2011年 医学誌に発表された
実験データによると>

<ひざ痛に悩む
一般人67人を対象に>

<この薬味に含まれる成分を>

<1日2回摂取してもらった結果>

<何と 1か月ほどで
ほとんどの人のひざの痛みが>

<軽減したという>

<その ひざ痛に効果的な
ある薬味の>

<日本一の生産地が高知県>

<実に 全国の
およそ4割のシェアを誇る>

<一大産地>

<実際に ある薬味を
ほぼ毎日食べている>

<生産者の方々に>

<ひざ痛について
聞いてみることに>

<こちらは>

<ほぼ毎日 ある薬味が>

<食卓に並ぶという渡辺さん>

<重い農作物を抱えながら>

<坂道や段差など>

<ひざに負担のかかる場所を
往復する作業でも>

<ひざ痛を感じることは
ないという>

<さらにこちら>

<出荷場で毎日8時間>

<1袋20kgのある薬味を>

<積み下ろしする作業が日課だが>

<その他の
ある薬味の生産者の皆さんも>

<ひざ痛を抱えることなく>

<お元気なご様子>

<では その薬味>

<高知県で40年間 ある薬味を>

<作り続ける江渕成将さんに>

<案内していただくと>

<こちらが ある薬味の畑>

<高さ20cmほどの作物が
生えているが>

<そう 実は
この薬味の収穫時期は>

<年に2回あり 6月と11月>

<今の時期 収穫されるものは>

<主にビニールハウス内で栽培>

<植えて間もない20cmほどの苗は>

<収穫の時期を迎えると>

<高さ2mほどにまで成長>

<ある部分が
薬味として収穫されるという>

<果たして>

<この中のどれなのか?>

そうですね

では ひざ痛の予防になるという
ある薬味

一応

正式には
(綾瀬)え~ 何だろう?

みょうが

一瞬パッてやってもらっていい?
一瞬?

こんな感じですね

(三田)そんなでっかいの?
(設楽)ええ!?

こう こう こう
こんな感じですかね

今もう… 今 バイクしか
思い浮かばない

<ひざ痛の予防・改善に
効果的な薬味とは>

<そう ひざ痛の予防・改善に
効果的な薬味とは しょうが>


<スーパーなどで売られている
しょうがは カットされており>

<もともとは30cmほどもある
大きなものなのだ>

<ちなみに ビニールハウスのものは>

<新しょうがと呼ばれるものだが>

<しょうが同様
ひざ痛に効果があるという>

<しかし なぜ しょうがが>

<ひざ痛に効果的なのか?>

<東海学院大学で
しょうがについて研究する>

<守川耕平先生によると>

ジンゲロールはですね

炎症を起こしているところに
効いて

炎症を抑えるという
直接的な働きがあります

ショウガオールはですね

炎症しているところは 血行が
非常に悪くなっていますので

ショウガオールは 血行を良くして
体を温め

ひざ痛に効果があるというふうに
言われてます

<ジンゲロールにショウガオール>

<この2つの成分をとることが>

<ひざの痛みに
効果的なのだという>

<では 生産者の方々は>

<しょうがを
どうやって食べているのか>

<専門家が食卓をチェック>

<まずは しょうが農家定番のメニュー>

あっ これは新しょうがの

今 旬の新しょうがの酢漬けです

もう これから暑い季節が…

<この食べ方に 守川先生は>

<実は ひざ痛に効く
2つのしょうがの成分は>

<そのため 熱を加えず>

<生のまま調理して食べる方が>

<2つの成分を満遍なく摂取でき>

<ひざ痛には効果的なのだそう>

<さらに 生産者の皆さんには
ある>

<お仲間達と訪れた地元の居酒屋>

<すると>

≪お好みでどうぞ
はいはい

<出てきたのは>

<それを>

ああ~ これ

<特殊なとり方とは>

<焼酎のしょうが割り>

<一見 変わった
しょうがの使い方だが>

<実は これも ひざ痛には効果的>

<ちなみに
チューブ入りのしょうがでも>

<程度の差はあれ
効果は期待できるという>

<ここでさらに 専門家イチオシの>

<ひざ痛に効果的な>

<しょうがのレシピを紹介>

<超簡単に作れて ひざ痛に効く>

<絶品農家飯とは>

<専門家イチオシの ひざ痛に効果的な>

<しょうがのレシピを紹介>

<それは 江渕さんの食卓にも
並んでいた>

<材料は ご覧のとおり>

<千切りにした新しょうがと>

<きゅうり ハム ツナ コーンを>

<ボウルに入れて>

<マヨネーズ 塩 こしょうを加えて
和えれば>

<新しょうがのサラダの完成>

<ジンゲロールとショウガオール 2つの成分を>

<バランスよく摂取できるという>

<果たして その味は?>

では どうぞ

いただきまーす

(設楽)うわっ しょうがだ
おいしい

(設楽)うんまー

たっぷり入ってますけど

ピッタリ

そうやねん

そして 焼酎のしょうが割り
こちらも

お試しになりたい方が
いらっしゃれば どうぞ

おいしい?
水割りに入れてますね

ああ

(設楽)ああ そう

ホンマや

(綾瀬)そうですね

でも マジでね マジで
ねっ

そうですね 私達

保存する方法は あんまり…

そうですね~ いい時にね

そこを何とかちょっと

そこをね 何とかね

あっ!

<ここで しょうが農家直伝>

<しょうがを
おいしく長持ちさせる保存方法を>

<ご紹介>

(江渕)すり下ろして

ラップとかに少量に小分けして

冷凍して 使う分だけ

そのまま
使ってもらったらいいです

ああ そうなんだ~

<ここで>

<ひざ痛の予防・改善には
なるべく加熱せず>

<生で食べるのがポイントなのだそう>

<夏の体の不調は
これで乗り切れ>

<続いては>

<と ここで問題>

<この4つの薬味のうち
どれでしょう?>

<テレビの前の皆さんも
予想しながらご覧ください>

<血管は 若く健康な状態であれば>

<ゴムのような弾力性があるのだが>

<コレステロールなどの脂肪成分が>

<加齢や生活習慣などの理由で>

<血管の内側に蓄積し>

<血管に弾力がなくなり>

<硬くなってしまうのが>

<血管の老化>

<いわゆる 動脈硬化>

<血管が老化すると>

<コレステロールなどの塊ができた時>

<血が流れにくくなり>

<時には血管が破れ>

<心筋梗塞や脳梗塞などの>

<重大な病気を引き起こす>

<暑くなるこれからの時期は>

<特に注意が必要>

<なぜなら>

<エアコンなどの使用で
屋外と屋内の温度差が>

<激しくなるため>

<血管は 暑い外から
急に寒い部屋に入ると>

<急激に縮み
血圧が上昇するので>

<心筋梗塞などを
引き起こしやすいのだ>

<特に血管の
老化に伴う>

<動脈硬化は>

<そんな>

<を誇っている>

<しかし
本当に その薬味を食べるだけで>

<血管に良い効果があるのか>

<その薬味を
ほぼ毎日 食べているという>

<測定に使用するのは>

<する機械>

<まずは その薬味を育てる
農家に生まれたという>

<52歳の男性 その血管年齢は>

え~っ!


<実年齢より
20歳も若い32歳>

<さらに 現在49歳の
この男性は>

<何と>

<という結果に>

<では その薬味は一体>

<30年 この薬味を育てている>

<西土さんの畑に伺った>

<皆さん 分かりましたか?>

え~っ 分かんない
何だろう

ある薬味の生産者 西土邦雄さんに
お越しいただいています

お願いします

三田さん あれ 何の薬味か
分かりました?

イメージはないね

にんにくね

1パック 1パック100円?

100円ぐらい
100円って

ちなみに その薬味は

(一同)え~っ

<青じその効果を研究する>

<名古屋大学 才田先生によると>

<実は
この青じそに豊富に含まれる>

<小腸で>

<血管の老化の原因である>

<悪玉コレステロールを生む>

<活性酸素と
戦ってくれるのだ>

<では 農家の方々は>

<いつも青じそを
どうやって食べているのか>

<生産者の方々に>

<を持ち寄っていただいた>

<まずは定番>

<この
食べ方を見た才田先生によると>

<血管の老化予防に
効果的な>

<さらに
こちらも定番>

<この青じそのおにぎり>

<実は 動脈硬化予防だけでなく>

<他にも驚くべき効果が>

この青じそおにぎりなんですが

効果があるというふうに
言われているので

効果が
期待できると思います

<おにぎりは大好きだが>

<そして 女性陣が>

<食べているのは>

<さらに
専門家イチオシの>

<血管の老化を
防いでくれる>

<青じそを使った
レシピをご紹介>

<それが>

<作り方は簡単>

<水で溶いたチヂミ粉に>

<千切りにした青じそ30枚を>

<大量投入>

<ごま油をひいて>

<両面 焼き色がつくまで>

<こんがりと焼くだけで>

<青じそのチヂミの完成>

<実は これ>

<レシピで>

<できるので
オススメなんだそう>

<を使った>

<果たして その味は?>

しそか
では まずは

青じその
チヂミの方から

召し上がって
みてください

ねっ
(設楽)いただきます

香りが ああ~

(堀内)風味が すごい

これは うまいわ

食べられる 食べられる 全然

こちらも召し上がってください
これは楽しみだ

(設楽)どうなんだろ 食べるまでは
ちょっと何かと思うけど

(三田)
え~っ おいしい!

はあ~

(設楽)うまい
これ うまいよ

<大好評>

<がこちら>

<まずは>

<次に>

<沸騰する前に火を止め>

<ゼラチンと 先ほどの>

<青じそソースを加え>

<よ~く まぜ>

<容器に流し入れて>

<冷蔵庫で
2時間ほど冷やし固める>

<さらに お湯にハチミツと>

<ゼラチンを
入れて まぜ合わせ>

<粗熱を取る>

<先ほど作った>

<青じそプリンの
上に流し入れ>

<さらに
冷蔵庫で冷やし固め>

<仕上げに 生クリームと>

<ハチミツを加えた
青じそソースをかけたら完成>

<皆さんも是非>

<がこちら>

<さっと 水で>

<この時のポイントは
袋を縛らず>

<折り曲げる程度にし>

<ただ野菜室に入れるだけだと>

<3~4日で傷み始めるというが>

そんな もつんですか?
(西土)はい もちます

<ここで>

<熱を加え 調理しても>

<必要な栄養素は壊れず>

<油と一緒にとることで>

<吸収率が上がるという>

<夏の
体の不調は これで乗り切れ>

<続いては>

<と ここで>

<この
4つの薬味のうち どれでしょう>

<テレビの前の皆さんも
予想しながら ご覧ください>

<骨粗しょう症とは>

<骨密度が低下し
骨がスカスカになり>

<骨折しやすく
なってしまう病気>

<現在>

<まで含めると 何と>

<特に女性は 50歳前後から>

<女性ホルモンの減少など>

<になりやすく>

<と
いわれている>

<さらに 近年>

<いるという>

<そんな>

<何と>

<ため 夏場は>

<特に注意が
必要なのだ>

<それでは そんな>

<その薬味>

<そんな和歌山で>

<その功績から>

<される
農家の3代目>

<岩本さんに
聞いてみると>

だと思いますけど

<では実際に その薬味は>

<効果があるのか>

<和歌山県で
その>

<まずは>

<ということだが
果たして?>

<61歳の平均を
上回った>

<さらに その>

<果たして平均値を
上回っているのか>

<こちらも
平均を上回った>

<ある薬味を>

<対して>

<と15%も>

<高い数字を叩き出したのだ>

<の出る
この薬味>

(土田)何してんの これ?

<どうやら>

<するようだ>

<果たして>

<この中のどれなのか>

(堀内)何よ あれ

この ある薬味の生産者
岩本智良さんです

よろしく
お願いします

綾瀬さん 分かりましたか?

あっ もう

これ 岩本さん ちょっと何か

加工してる?

どこでも
(堀内)売ってると?

もうちょっと何か こう

ヒムケン うん 開けた

うん 食べた それ何食うてんのや

あっ…
うん 分かった?

(設楽)
何でだよ

そうなんだ

えっ? あっ そうなんだ

<このあと>

<大発表>

へえ~

こちらです

<そう 梅>

<先生によると>

<実は>

<梅は カルシウムの>

<ちなみに 梅干しはもちろん>

<梅ジャムや 梅酒など>

<加工されたものでもクエン酸を含み>

<また
梅干しの中でも>

<かなり しょっぱく
作られたものなど>

<そんな梅には 実は>

<骨粗しょう症以外にも>

<様々な効果が期待でき>

<シミ シワ改善に効く
アンチエイジングなど>

<何と ざっと数えただけでも>

<8種類近くの
効能があるといわれている>

<そんな万能薬味 梅の>

<その梅干しを
様々な食べ方で>

<いつも
食べているという>

<岩本さんの食卓を
見せてもらうと>

<梅肉で味付けした唐揚げや>

<焼き鳥など 様々な梅干し料理が>

<そして>

<その中から
イチオシの>

<骨粗しょう症の
予防・改善に>

<効果的な
レシピを>

<2つ ご紹介
まずは>

<という乳製品を>

<組み合わせた梅料理>

<それが お子さんも ついつい>

<がっついちゃう この料理>

<そう>

<使うのは お好みの野菜に>

<チーズ 梅 ベーコンと>

<ホワイトソース>

<まずは ベーコンと
お好みの野菜を炒め>

<そして 塩分濃度高めの>

<しょっぱい梅干しを>

<一度 梅肉にし>

<あとは>

<だけ>

<実は>

<ホワイトソースのクリーミーさと>

<梅の酸味が何とも言えない
ハーモニーを奏でるのだ>

<続いての
レシピは>

<それが お子さんもすごい勢いで>

<食べるほどおいしいという これ>

<そう>

<このご飯と一緒に>

<カルシウムが豊富な魚や豆腐などを>

<食べれば 吸収率がアップし>

<骨粗しょう症の予防・改善に>

<つながるという>

<作り方は
シンプル>

<炊飯器に>

<まぶして>

<あとは
炊き上がるのを待ち>

<ご飯と絡むよう>

<梅の実をほぐして
混ぜるだけ>

<ほのかな梅の酸味と
ツナの旨みが癖になる一品>

が含まれています

が期待できる
組み合わせだと思います

<骨粗しょう症に効果的な>

<乳製品と梅を
組み合わせた>

<果たして
その味は?>

それでは皆さん どうぞ梅グラタン
召し上がってみてください

感じます?

(設楽)これ
おいしい

おいしい

ああ よかった

何か ホントに

「融合」を忘れちゃった

塩分濃度っていうのは
パッケージに今 何%って

表示されてると思うんですが

で 濃度が?
(岩本)大体…

そうですか

常温の方
しょっぱいのは常温がいいと

<ここで>

<効果てきめんです>

<夏の体の不調は これで乗り切れ>

<続いては>

<今が
旬の薬味>

<と ここで>

<この
4つの薬味のうち どれでしょう>

<テレビの前の皆さんも
予想しながら ご覧ください>

<一般的に>

<しかし 夏場も電車や職場など>

<冷房が効きすぎた場所が
増えるため 要注意>

<最近では男女問わず>

<そんな>

<全国シェアの何と>

<を占めているという
一大産地>

<しかし その薬味は>

<まずは ある薬味を
ほぼ毎日 食べている>

<さらに>

昔は結構 冷え性で
冬場は靴下をはいて寝ないと

足先が冷えるってことが
多かったんですけど

<という生産者の奥様方>

<そこで検証>

<果たして>

<まずは こちらの
一般女性の足先を計測>

<足の甲辺りは赤いものの>

<足先は真っ青>

<先端は だいぶ
冷え込んでいる様子>

肩が ちょっと寒くなってきたな
っていうのは感じるんです

<一方 生産者の奥様の>

<してみると>

<先端まで赤く>

<先ほどの一般女性と比べてみると
ご覧のとおり>

<上の3人が生産者の奥様方>

<下の3人が一般女性>

<ご覧のように
個人差はありながらも>

<全体的には生産者の奥様の方が>

<足先は冷えていないようだ>

<この結果について
ある薬味に詳しい>

<高知県立大学
渡邊浩幸先生は>

<そう この薬味には
すぐに効果が出る即効性も>

<冷え性に悩む15人の女性に>

<してもらった結果>

<わずか10分ほどで
15人中なんと13人の>

<血行が促進され
冷えが弱まったという>

<では 冷え性の改善が見込める
ある薬味とは>

<須崎市である薬味を作る生産者
中西拓郎さんを訪ねた>

<こちらが その>

<早速>

中ですか?

<何と まさかの撮影NG>

<実は
この栽培方法>

<しかし 何か>

<その成長しきった状態が こちら>

<わずか
15cmほどだった苗は>

<収穫時には
3mほどの大きさに>

<しかし>

<イメージしにくいので>

<中西さんに
イラストを描いていただくと>

こういう形になります

<中西さんの画力は ともかく
この薬味は>

<先ほどの3mの>

<ものを収穫するという>

<果たして>

<この中のどれなのか?>

そうですね

冷え性に効果的で
即効性がある ある薬味

何でしょう? 綾瀬さん

あの絵で分かると

茎の周り だから
見たことないやつじゃない?

早いよ 早い

それって

確かにね

<このあと
冷え性に効果的な薬味を大発表>

<さらに 超簡単 3分でできる>

<そう>

<部分が みょうがとして
収穫されるのだという>

<しかし>

<再び みょうがの持つ
成分について研究している>

<高知県立大学 渡邊先生に
聞いてみると>

それは あの

っていう物質が
理由となってるんですね

<また この>

<では 生産者の方々は みょうがを
どうやって食べているのか>

<専門家が その食べ方をチェック>

高知で有名な

<高知の海の名産といえば
やはり カツオ>

<その>

<この食べ方に
渡邊先生は>

<他にも 刻んだみょうがを
酢飯に混ぜ込み>

<仕上げに酢漬けを大量にのせた
みょうがのちらし寿司も>

<生産者達の定番>

おいしい おいしい

<ここで さらに専門家イチオシ>

<冷え性に効果的な
みょうがのレシピをご紹介>

<それが こちらの>

<その材料は こちら>

<みょうが 3個
ちりめんじゃこ 20g>

<塩 少々 ごま油 大さじ1杯>

<作り方は とっても簡単>

<あっという間に>

<が完成>

栄養成分なんですね

ですから

<果たして その味は>

それでは どうぞ
召し上がってください

いただきます
≪おいしい

<ここで>

<夏の体の不調は これで乗り切れ>

<続いては>

<と ここで>

<肥満を
予防・改善してくれる薬味とは?>

<この4つの薬味のうち
どれでしょう?>

<テレビの前の皆さんも
予想しながら ご覧ください>

<薄着になり>

<日本人の およそ4人に1人が
悩んでいるといわれている>

<肥満は
見た目の問題だけではなく>

<など 恐ろしい病気の原因にも>

<そんな肥満の予防・改善に
効果を発揮する薬味とは 一体?>

<やってきたのは
その薬味の>

<その薬味について>

<と…>

<の この薬味>

<本当にその薬味に肥満の
予防・改善効果があるのか>

<普段から
その薬味を食べているという>

<この日 農協にいた生産農家と
職員27人に集まっていただき>

<肥満かどうか
体脂肪率をチェックしてみることに>

<日本人の23% およそ
4人に1人が肥満とされるが>

<結果は>

<何と>

<そして 肥満とされた>

<徳島大学の研究では
この薬味を12週間>

<毎日食べ続けた
中性脂肪が高めの>

<このあと肥満の予防・改善に
効果的な薬味を大発表>

<一体>

<JAアグリあなんで
その薬味の部会長を務めている>

<北條春樹さんの
生産現場へ>

<この薬味
ビニールハウスでは3月から8月>

<露地では
8月から9月の間に収穫され>

<それ以外の時期には
冷蔵するなどし>

<1年中 出荷される>

<入ってみると>

<肥満の予防・改善に効果がある>

<この木 薬味ができる前には>

<このようなキレイな花を咲かせ>

<徳島県の県花にも
指定されているのだ>

<果たして>

<この中の どれなのか?>

(設楽)何だろうね

設楽さん 分かりましたか?

えー?

北條さん

北條さん ヒント お願いします
お願いします

<一体?>

(スタッフ)北條さんは

<そう>

<すだちの
肥満予防・改善効果について>

<先生に聞いてみると>

さらに特に
中性脂肪を減少させてくれる

ヘスペリジンとか それからエリオシトリン

という物質も入ってます
あと

<そんな肥満予防・改善効果のある
すだち>

<名産地>

<すだち農家の
北條さんの食卓にお邪魔し>

<専門家が
その食べ方をチェック>

<おいしそうな料理が
並べられている中>

<その隣には>

<すだち>

<そして 刺身の醤油にも
すだちをかけていく北條さん>

<そして 何と>

<すだち>

<そして
これから紹介する食べ方に>

<生産者や農協職員に
肥満の人が少ない理由が>

<ちなみに>

<徳島県では そうめんに
削った皮をかけるなど>

<実は この皮まで食べる>

<すだちの果汁には
中性脂肪を減少させてくれる>

<ヘスペリジンやエリオシトリンといった成分が
含まれているが>

さっき お話しした

<すだちは 3分の1個分程度の
皮を食べることで>

<より肥満の予防・改善効果を
得ることができるという>

<このあと すだちの果汁と皮を
丸ごと使った>

<肥満の予防・改善が期待できる
絶品農家飯を大公開>

<ここで ダイエット外来医が認めた>

<肥満の予防・改善に効果的な
農家飯をご紹介>

<すだち農家オススメの
すだち料理>

<作り方は簡単>

<混ぜ終わったら>

<高タンパク 低カロリーの鶏肉と>

<肥満の予防・改善に
十分な すだちの皮を>

<同時に食べられるので オススメ>

<肥満の予防・改善に
効果的な>

<そして つゆにすだちの果汁と
皮を入れた>

<果たして その味は?>

わあ

皮を入れていいんですね
はい 皮を入れていただいて

入れて搾ると

うーん!

そうだね

どう?

うん… あの…

おいしいの?

<続いて すだちの皮と果汁を
使った>

<その味は?>

≪おいしい
(設楽)あっ おいしい これうまい

<このあと>

<スーパーなどで よく見る
緑のすだちと黄色のすだち>

やはり

なるほど

<ここで>

<本日のゲスト 綾瀬はるかさん主演の
火曜ドラマ「義母と娘のブルース」は>

<7月10日 夜10時スタート>

バリバリのキャリアウーマンの役なんですけど

その女性が
8歳の子持ちの男性と結婚して

義母になるっていうお話で
ヒューマンコメディーですね

笑って ホロリと泣けたり

温かい気持ちになったり

すごく面白いです!


関連記事