踊る!さんま御殿!! 豪華2世が大集合!ゴクミの娘がTV初登場で(秘)告白! 阿部桃子、今川宇宙、エレナアレジ後藤…



『踊る!さんま御殿!! 豪華2世が大集合!ゴクミの娘がTV初登場で(秘)告白!』の番組情報(EPGから引用)


2018/07/31(火)
踊る!さんま御殿!![字]豪華2世が大集合!ゴクミの娘がTV初登場で(秘)告白!
豪華2世が大集合!ゴクミとアレジの美人娘がテレビ初出演で(秘)告白!田原俊彦の娘が父の素顔を暴露!野沢直子の格闘家娘は母の職業を偽る!?コロッケの娘が・
詳細情報
出演者
【司会】明石家さんま
【ゲスト】阿部桃子、生島勇輝、今川宇宙、エレナアレジ後藤、ケイナ、小園凌央、真珠・野沢オークライヤー、滝川光、田原可南子、NOAH、野村祐希、真瀬樹里(以上五十音順・敬称略)
番組内容
さんまも感激!ジャン・アレジと後藤久美子の娘がTV初登場でルールに厳しい母の素顔を暴露!還暦祝いに赤い○○はヤメて!田原俊彦の娘が父の(秘)行動に不満爆発!野沢直子を母に持つ話題の格闘家が母の職業を偽る!?コロッケのモノマネ遺伝子を受け継ぐ娘が父伝授の爆笑モノマネを披露!ドバイに帰る?倉沢淳美の娘・ケイナのセレブ生活に仰天!自由すぎる真木蔵人の息子・NOAHにさんまもお手上げ!?今夜型破り2世が続々登場!
Capture20180731-203036.jpg 



『踊る!さんま御殿!! 豪華2世が大集合!ゴクミの娘がTV初登場で(秘)告白!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

踊る!さんま御殿!! 豪華2世が大集合!ゴクミの娘がTV初登場で(秘)告白!
  1. 笑い
  2. お父さん
  3. お母さん
  4. お前
  5. エレナ
  6. 何か
  7. 滝川
  8. NOAH
  9. 小園
  10. ヤギ



『踊る!さんま御殿!! 豪華2世が大集合!ゴクミの娘がTV初登場で(秘)告白!』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)


お楽しみに! さようなら~!
(拍手)


<あの…>

(エレナ) …とか言われてて。

<そして…>

(さんま) ドバイに帰って?

<さんまも驚愕!>

<参戦>

♬~

お願いします。

<豪快過ぎる2世たちの告白を
全て笑いに変えるのは

当御殿の主人 明石家さんまです>

これはこれはやねぇ。

いやいやいや
今日は 何か 変な雰囲気やな~。

(小園) よくない雰囲気ですね。
お父さんとか お母さんと

俺は
共に 芸能界 なぁ やって来て。

その お子様。

≪お子様≫

そして 前室 テーブル囲んで
誰も しゃべれへんかったな。

(笑い)
知り合いが いないのか?

(生島) そうですね。
そうか。

(小園) ここ 仲いいですよ。
あっ ここは?

(田原) ここは 仲いいです。

しゃべってなかったやないか
でも。

今日 初めてって言って
相当 緊張してて。

緊張 解いたったら
ええやないかい。

いや 解けないでしょ。
解けない?

いや 解いたれ 先輩としては。

今日は 初出場が
6人も いらっしゃってね。

NOAHさん。
(NOAH) はい。

そうか そうか。
よろしくお願いします。

おじいちゃんが
マイク眞木さんなのか。

はい。
いくつ? 今。

今 25歳の代です。

お父さん いくつ?
えっと 46歳です 今年で。

若い時に産んでるから
25歳の子供がいるんだ。

はい。
何やってるの? 職業は。

(NOAH) 今は 俳優 目指して

えっと 横乗りと…。

よこなり?
(NOAH) 横乗りです。

サーフィンと スケボーと…。

えっ 「横乗り」言うの?
はい。

サーフィンって
横乗りっていうの?

(NOAH) そうですね 何か…。
カッコええな。

よく言われてる。
(エレナ) へぇ~。

あぁ そう 「俺 今 横乗り
やってんすけど」って言うたら

カッコええのか。

あぁ そう そんなの やりながら。
(NOAH) ええ。

ラップも ヒップホップが好きで。
あぁ ラップ。

ライバル現れたで。
(生島) イエ~! できんのか?

アハハ
すげぇ ふられるのかなって。

ほったらかしにしたるなよ お前。

(笑い)
おじさんなんだから。


「できんのか?」言うたから
「はい はい」。

あとで 対決な バトル行こう
あとで バトルや バトル。

そして 滝川 光ちゃん。

はい よろしくお願いします。
こちらこそ よろしく。

おいくつですか?
今 19歳です。

まだ 19歳。
はい。

デブタレントを目指してるの?
そうですね ぽっちゃり。

でも 母には
「あまり 太り過ぎないで」って

怒られますね。
せやわな 人生 考えるとな。

(滝川) そうですね 病気に
なっちゃうかもしれないので。

今は おいくつなんですか?
(滝川) 今 19歳です。

(笑い)

いや 今 体重 聞いてんけどな。
≪「今 おいくつ?」って≫

(笑い)

そして こっち 野沢さん
こんにちは。

(野沢) こんにちは。
格闘技 やってんねんもんな。

はい そうです。
へぇ~。

アメリカで やってたの? もともと。
はい 9歳ぐらいから

アメリカで 空手をやってます。
空手 やって。

で UFCとか そういうところの。
総合格闘技。

今 いくつ?
今 24歳です。

もう24歳か。
アハハ はい。

元気やな~。
(笑い)

ず~っと 楽屋で
イエ~イ 言うてましたから。

俺の楽屋へ来て。

お母さんは 俺の後輩で その娘が
イエ~イって おかしいからね。

アハハハ ごめんなさい。

よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。

そして 田原さん。
(田原) よろしくお願いします。

トシちゃんの子供
こんな 大きなったのか。

はい はじめまして。
はじめまして。

だから お父さんの若い時

僕と アイドル争いを
してたぐらいやからね。

そうですよね。
そうやろ?

お父さんに 詳しく聞いてみて
どう言うてた? お父さんは。

お父さんに… 今回 さんまさんと
お会いするの初めてなので

緊張しちゃうから
「会ったことある?」とか

「さんまさん どんな人?」とか
聞くために

ごはんに わざわざ 誘ったんです
いろいろ 教えてくれるかと…。

さんま対策を
教えてくれるかなと思って。

言われたのが

「よく しゃべる」。

(笑い)


トシちゃんなら
何回も共演してるから。

そうですよね?
そうや なのに

ポイント 教えてくれなかったの?
聞いても 何も教えてくれなくて。

「よく しゃべる」としか。
「あの人は よく しゃべる」。

ということだけ 情報で。

今日も 俺 よく しゃべるから
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

そして こちらが え~

エレナ アレジ 後藤という。

われわれ世代は驚くビッグネーム。

よろしくお願いします。
2人の子供やからなぁ。

今 どこに住んでるの?

今 日本です
もう4か月間 日本に住んでます。

お母さんは
今 日本にいらっしゃるのか?

お母さんはジュネーブです。

あっ お母さん ジュネーブ
お父さんは? フランスやろ?

ジュネーブです もう みんな
スイスに住んでます。

えっ さっき くれた
「私が造った ワイン」。

あれは どこで 造ったの?

アビニョンに えっと
バケーションハウスがあって。

アビニョンに
バケーションハウス?

(エレナ) そうです。

(笑い)

われわれは 想像できない
生活やな。

今 ジュネーブに住んでて

アビニョンに
要するに 別荘があって。

はい。
それで 日本は?

1人で住んでます。
どこに どう住んでるの?

えっと マンションで。

目黒区。
目黒区?

(笑い)

うん やっと近づいてくれた。

何か ほっとするな
目黒区に住んでるいうだけで

何か ほっとする。

あぁ そうなの
お母さんとは会わないんだ?

そんなに会わない。
そうか そうか。

お母さんに言うといて
お母さんが10歳の時に…。

(エレナ) 知ってます 知ってます。

(笑い)
(エレナ) ごめんなさい 早い。

しゃべる。
(エレナ) はい。

(笑い)

私が しゃべる。
(エレナ) はい。

あっ その話
お母さんも知ってはるの?

はい。
はぁ~ 10歳で

俺がドラマ プロデュース
ちょっと みたいなことして。

オーディションで
子役を見つける時に

お母さんが10歳で来たの
後藤久美子さんが。

そしたら 奇麗過ぎて。

こんな奇麗な人は
この役に合わないって

奇麗過ぎて やめたの。
(一同) へぇ~。

10歳で 色気があって
ちょっと

もう とんでもなかったの
お母さん。

それが こんな娘を持つ
お母さんになられたんだ。

んっ?
(笑い)

大阪弁 分かりにくい?

分かります ちゃんと分かります。
ちゃんと分かる?


かわいらしいなぁ
え~ そして こちら

ケイナさん。
はい よろしくお願いします。

ケイナちゃんは いくつになるの?
19歳です。

まだ19歳 そうか お母さんの
出てるテレビなんか知らんよな?

いや 見たことあるけど。

『めだかの兄妹』とかは?
(ケイナ) そうそう。

「そうそう」。
(笑い)

うんうん お前ら お父さんに
言われて来たよな?

あの~
ちゃんと 敬語で しゃべれって。

俺 さんまっていう人やねんで。
(笑い)

なぁ。
はい 僕は緊張してます。

何をやってらっしゃる?
お仕事は。

仕事してない 今 大学
トロントで勉強してます。

トロント 行ってんの?
はい。

今日 この出演 終わったら
また トロントに帰るの?

いや まぁ ドバイに帰って。
ドバイに帰って?

お前 どんな生活してんねん!

えっ ドバイに帰って?
ドバイに住んでるの? ホントは。

まぁ 今は 大学1年 終わって

えっと カナダに住んでるのね。

「住んでるのね」ちゃうねん!
(笑い)

さんまや言うとるやろ!
(笑い)

その前は ドバイに家族で住んで。

家族で住んでて。

芸能界で 頑張るっていうのは?
気はないのか 今は。

…は ないかな。

そうか 芸能界 興味なくて
この席に座れるってなぁ。

ありがとうございます。
すごいな。

すまんな お前
端っこに追いやって 申し訳ない。

さぁ 今日は どうなることか
予測つきませんね。

このテーマからです どうぞ。

うわ~。



あの~。

お父さん!

(メッセージの受信音)

えっ?

まずは 田原さん お願いします。

うちの父は
赤が とにかく 好きで。

トシちゃんは
あれやぞ カラーが赤やねん。

(田原) そうですよね
たぶん そういうことから

2人でランチする時とかも

赤のハットを
かぶって来たりするんですよ。

(田原)
でも 全然 それは序の口で

赤のベストとか。

赤を 絶対 どっかの
ファッションに入れるのか。

(田原) そう しかも
ちょっと シルクっぽい

つやめいた感じの赤とかを。
まぁまぁな。

ホント
やめてくれって思うんですよ。

思うんだ もう 赤 赤って
お父さんとしては 嫌なんだ。

恥ずかしくて。
田原俊彦としては許せるけど

親としては嫌やねんな。
(田原) 親としては

ちょっと恥ずかしいなって
思ってた矢先に 最近…。

今 57歳だと思うんですけど。
57歳か トシちゃんも。

ちょっと早い 還暦祝いだ
とか言って

赤のポルシェを
買っちゃったんですよ。

(一同) おぉ~。

大スターの生活やな。

たまに 迎えに来てくれたりとか
する時に。

カッコええやないかい!
(田原) いやいや… ホントに。

なぁ! 赤のポルシェって
カッコええと思うで なぁ 小園。

(小園) うち 単車だよ。

(笑い)

単車も ええ単車や お前ら!

ええ単車だけど
単車は 単車だよ。

あぁ 派手なのは
やっぱり 親として嫌なのか。

(田原)
嫌ですね ずっと憧れてたのか
分からないんですけど

買うって決めた時に言われて

赤は お願いだから やめて
って言ったけど もう

普通に パン!って
買ったぜ!みたいな感じで。

こんなこと したやろ
買ったぜ!って。

いや これは われわれ世代は

将来 これに乗りたいとか
あったんですよ。

そういうのは もう
少なくなってんのやろ 今 若いコ。

(生島) そうですね。
えっ 彼なんかも

将来 乗りたい車とか あるのか。

いや… き… 奇麗で…。

奇麗な車に乗りたいですね。

洗車せぇ アホ!

(笑い)

洗車でええねん。

車のことやったら
このお父さんに頼んだら もう

とんでもないのを。

まだ やってはんねんな
ドライブね。

お父さん? もう やってません。

あっ もう やってないの。

弟が 今 レースしてます。

えっ! あなたの弟が?
そうです 18歳の弟が

GP3のフェラーリのチームに
入ってます。

うわ プレッシャーやぞ でも
いやいや。

ジャン・アレジの子供いうだけで
プレッシャーやで。

そうですね かわいそう ちょっと。

せやな はぁ~。

何か 乗りたい車とか あるの?

ないけど
スポーツカーは好きなので

速かったら。
速かったら。

(笑い)

さすが DNA! すごいな。

何に乗りたいとか ないのか 君も。

ポルシェとか
カッコいいですよね。

ちょっと傾くかな。

ちょっと傾く?
うん。

(滝川) 傾いたまま 運転。

右っ側 空気 減ってるなっていう。
(笑い)

え~ もうちょっと
ダイエットしてみようか。

(滝川) そうですね はい。

100何kg 乗せると
傾くよ ちょっと。

100kg 超えるマネジャーが
いてて 太っとるから。

新宿アルタの
駐車場で バックで止めたら

「出られません」とか言うて。

すごい分かる。

「そのまま 一生 おれ!」言うて。

滝川さん お願いします。
(滝川) はい。

私が高校生の時の話なんですけど。
はいはいはい。

学園祭で 演劇部の発表を
父が見に来てくれたんですよ。

はいはい そりゃそうや
お父さんとしてはな。

その時に 私 お笑い担当の役
だったんですけど。


笑わしてたんだ やっぱり
DNAが そうさせたんだ。

そうですね 宿題を
お客さんに ばらまきながら

ふざけるっていうシーンが
あったんですけど。

その学園祭終わりに
帰りの車で

父が 突然 前を向いたまんま

「光 あの笑いの間は
おもしろくない」 ガチトーンで。

「お前 間が間違ってるぞ」
って言われた?

私 楽しく 文化祭
出てただけなのになって思って。

これは しゃあないな。

(滝川) でも 子供の私に
そんな お笑いの間を

まだ 押し付けないでって
ちょっと思いました。

あぁ~ 「お前は 間が違う」って
これ 分かるの?

もちろん言われたことありますよ
「笑いは 間だぞ」って。

(滝川) ありますよね。

職業病やねん お父さんも たぶん。
(滝川) そうですよね。

はぁ~ 「間が違う」って
真剣な顔して言われたん?

言われましたね
顔も見てくれなかったんですよ。

「あそこの間が違うかったよ」
じゃ ないのか。

前 向いたまま 「あれは間が違う」。
(滝川) そうです。

よほど
間が おかしかったんやろな。

(滝川) そうかもしれない。

おぉ よっぽど
よっぽど おかしかったんやて。

どうですか? 家では そういう
押し付けたり。

(阿部) ありますよ うちも
「事件です」っていう…。

(笑い)

「事件です」っていうワードの
言い方を注意されます。

何がや?

(阿部) 「1拍 置いてから
『事件です』だぞ 桃子」みたいな。

カメラが向いて
カメラが向いてから。

「事件です」。
(笑い)

「誕生日パーティーとかに
行っちゃダメ」とか言われてて。

何で?

厳しいから。

エレナさん お願いします。

お母さんの か… と…。

オウ。
オウ。

いいねぇ! 片言って かわいいな。
≪かわいいです≫

すごく仲がいいので。

お母さんと仲がいいのか。
(エレナ) そうです。

でも お母さんは
すごく真面目な人で

すごく ルール守る人で。

あっ 後藤久美子さんって
そうなの?

(エレナ)
そうです すごく真面目なので

私が ルールをブレークするのが
すっごく…。

「ルールをブレークするのが」。

(エレナ)
ごめんなさい ごめんなさい。

俺 分かるよ
ルールをブレークするのが。

破るのはね ルールを破るのは。

(エレナ) いつも もう 怒られて。

「シンジラレナイ!」とか叫んで。

お母さんも そんな 片言なの? 今
「シンジラレナ~イ!」。

(エレナ) そうです もう。

海外に住むと そうなるのか 皆。

野沢のとこは どうや?
(野沢) ちゃんと まだ 日本語。

普通に しゃべる?
普通に しゃべってます。

そやな。

どういうルールを破るの?

「誕生日パーティーとかに
行っちゃダメ」とか言われてて。

「誕生日パーティーに行っちゃ
ダメ」って それは何で?

もう 家に いなくちゃいけない
っていうことで。

えっ 何で?

厳しいから。

ハハハハハ!
(エレナ) 厳しいから お母さん。

そんなんアカンねん!

トーク番組で
そんなんアカンねん。

「厳しいから」。

えっ 何で? 一遍 帰ったら
出れない家だったの?

うん もう 学校から家で。

あっ 寄り道とか
しちゃダメだったのか。

ダメ。
ウソ。

それは どうして?

厳しいから。

(笑いと拍手)

あぁ まぁ その家のルールか
厳しかった? 門限とかは。

いや 全然 厳しくなかったですよ。

「お前 いつ バイクの免許
取るんだ?」って言って

ここ つかまれて バイクの免許
取らされそうになって

僕が じんましんが出過ぎて

父が ちょっと
それで ショックを受けてました。

「俺の息子なのに
バイク 嫌いなの?」みたいな。

お父さんは お前に バイクの免許
取ってほしかったのに

お前 じんましん出るほど
嫌いやったん?

すっげぇ嫌いでした。
うわ~。

押し付けられ過ぎても嫌なのか
お父さんに。

そやな 「アナウンサーになれ」って
押し付けられて嫌やってんもんな。

僕はラッパーになりたかったんで。
ラッパーになりたい。

現役ラッパー いるからな。

ちょっと バトルしてみようか
ちょっと バトル。

♪~ 俺の名前は勇輝
まるで読めない 周りの空気

♪~ ドン引きしている周囲
将来の夢は獣医

イエ~。

(拍手)
イエ~。

♪~ まずは『さんま御殿‼』に参加

♪~ こんな出会い リアルに感謝

♪~ こんな場で
ちょっと ダンスしてる

♪~ それは 誰にでも どうしてる

イエ~!
何や それ!

(笑い)

(NOAH) ありがとうございます。
何ちゅう出来栄えや 「イエ~」。

何 握手してんねん アホ!

え~ 続いて オークライヤー
あっ 野沢や。

私は アメリカに育てられたので

22歳ぐらいまで お母さんが
日本で芸人っていうのは

秘密だったんですよ
SNSでも 何にも。

言わなかったの?
(野沢) 全然。

「お母さん 何やってるの?」
って聞かれると

「テレビのプロデューサー」
って言ってて。

お母さんは?
(野沢) はい。

コメディアンヌって言うのが
嫌だったのかな。

恥ずかしい商売なのかな
そんなに なぁ?

恥ずかしくないと思うねん。

だって お母さんのギャグが
すっごい もう 変わってるので。


あっ 飛んだ笑いを
やってたからな。

もう 恥ずかしかったです。

あぁ そう 嫌なもんなのかな
コメディアンヌは。

お前 コメディアンっていうか
ねぇ お父さん。

お父さんより お母さんのほうが
どちらかというと恥ずかしかった。

(笑い)

どちらかというと。
まぁな そやわな。

お母さんは 最高やもんな。

出版した本を 記者会見でね

「どんな内容ですか?」
「私 読んだことない」って。

名言を吐いた お母さんやから。

誰が書いたんでしょうね。
誰が書いたんでしょう。

あぁ そういうもんなのか。

あんまり コメディアンヌって
言うのは 恥ずかしかった?

それに あとは
格闘技の世界の中で

いつも 野沢直子の娘って
言われるのが

格闘技と 別に 芸能の世界が
全然 違うのに。

自分の名前で頑張って行きたい。
あぁ そうか。

でも 日本のテレビは
仕方ないわな。

お母さんが野沢直子で
あなたが頑張ってる姿を

ワイプで抜くわな。

こればっかりは。

隠したいもの…
あっ 隠したいものなの?

隠したかったけど うちは もう
パパが先に出ちゃうから。

「俺の娘!」みたいな。
(笑い)

「俺の娘だよ!」みたいな。

間に合わないの? いちいち。

先 止める前に言っちゃうから。
はぁ~。

どう? 親の名前
おじいちゃんも すごい人やから。

ええ まぁ そうですね…。

今 何か抜けたよな 空気。

(笑い)

何ですかね。
だから

おじいちゃんと…。

(生島) ヤバい ヤバい。

お父さんと…。
(NOAH) はい。

それが嫌だな。

この家族に生まれたのは
嫌だなと思うた時… 時。

ん~ あんま ないですね。

早う 言え。
(笑い)

最初の 最初の質問で それを言え。

よく 海に お父さんと

波乗りしに行くんですけど。
おぉ。

波 デカくて 荒れてんですよ。
おぉ。

で もう 差し出されるんですよ。
おぉ。

(NOAH) 向かって行くんですけど
もう 見て デカいんですけど。

溺れてんですよね それで…。

お前 何の話 しだしてんねん!

今 お前 何の話 しだしてんの?

なぁ! 違うがな コメディアンヌ
っていうのが嫌だったんや。

それ 嫌だったの?
≪聞いてないんじゃない?≫

あいつ? お前 聞いてる?

何の話でしょうか?

(笑い)

お前 ど突くぞ! 戦場や ここは!
(NOAH) はい。

それを
「何の話でしょうか?」って お前。

散々 しゃべった後やないか
アカンぞ。

波 行けって言われるのが
嫌なのか。

結構 デカい波に
差し出されるんで。

おぉ デカい波が来て
喜ぶやないか サーファーは。

俺たち 横乗りは。

(笑い)
(生島) 俺たち。

俺たち 横乗りは お前。

(NOAH) 小さい時だったんで。

小っちゃい時に デカい波でも
行けって言われたのか。

(NOAH) そうです。

ほんで 今 うまくなってんねやろ。
おかげさまで はい。

感謝やな。
感謝してます。

違うねん!
(笑い)

何やねん。

普段 一緒に歩いてても

いきなり 足 上げたり

ヤバい時…。

生島 お願いします。
(生島) はい うちの母親が

シャンソンを習ってんですね。
はぁ~ 変な一家やな。

変な一家なんですよ。
お父さんがアナウンサーで

お母さん シャンソン 勉強してて
君がラッパーか。

すごい家やな。

で 母のシャンソンの会を
家族で みんなで見に行って

終わった後 打ち上げみたいなこと
やるんですよ。

で 結構 みんな
ドレッシーな格好で。

今日は みんな お疲れさまでした
みたいな感じになって。

そういうところになると
やっぱり 父は 職業病で

司会を始めちゃうんですよ
前に立って。

まぁな 誰も やらなかったら
やるわな。

それで 「今日は
うちの妻のシャンソンの会に

皆さん ありがとうございました」
みたいな感じで。

「勇輝 お前も 来ていただいた
皆さんに ひと言。

ラップで」って言って。

ラップで お礼 言えと
いや それは もう そやろ。

シャンソン見せて 息子の
自慢のラップを聴かせたいんやろ。

やったん?
はい。

≪すごい≫
どんな感じ?

♪~ シャンソン やり損
とか そんな?

(笑い)

そんな天才的なやつは
できないですね やっぱりね。

そんなん できひんのや
その時は 普通に?

♪~ 今日は 皆さん ありがとう

♪~ 来てくれて
お母さんのシャンソン

♪~ 息子ながらに感動

♪~ 母の生き方に 賛しょう

イエ~。

下手クソ!

えっ 結構 自分的には
まとまったなと思ったんですけど。

よく やったな。
はい。

お前のとこなんか
漫才 やらせたりしててんもんな。

そうですね
僕は 岩城滉一さんの家で

小学校3年生ぐらいの時に。

朝ですよ 「お前 今日 飯
岩城さんの所に行くから

漫才の準備しとけ」
っつって ネタだけ。

朝から。
(小園) 朝から。

弟と2人で 風呂場で練習して。

いざ やったら だだスベり。
ハハハハハ!

そら やらされたりするやろう
何か やれとか

歌 歌いなさい 歌手の人はな。

だから 歩け… モデル歩きして
とか言われるやろ?

そうですね それもあるし。

今 ちょっと ラップで
思い出したんですけど この間

ラジオに 父と出て
そしたら 何か

ラップをふられたんですよ 父が
やったこともないのに。


ラップふられて。
(阿部) 即興でやったんですけど。

♪~ Yo 娘は純粋 Yo Yo
クライ!

…とか言って
超 訳分かんないこと言いだして。

ねぇ それ どう思います?
♪~ クライ クライ クライ

…とか言ってるんですよ。

どうしたらいいですか?
そういう時って。

ラップを こいつに聞くな
挫折した男や。

(生島)
そうですね すぐ諦めたんで。

これは そやわな
皆 やらされるやろなぁ。

歌 歌えとか言われるでしょ?
やっぱり。

そうですね うちは 歌 歌えだし
自分の歌を歌ってほしい

覚えてほしいみたいな
お父さん自身の。

そうか そうか。
(今川) だから 友達とかと

カラオケ行っても 絶対 お父さんの曲
1曲 歌わなきゃいけないんです。

あっ まぁ しゃあないなぁ
これは…。

モノマネしろとか言われるやろ
コロッケのとこは。

そうですね 「やってみ」って
言われたりはするんですけど。

でも
 私が ふざけて やっていると
「違うよ」って また

アドバイスが。

コロッケさんは…。

一生懸命 ふられて 一生懸命
やってるのに 「それ 違う」。

誰のモノマネとか
して見せたの?

ヤギのモノマネを
最初 してたんですけど。

見えないからな ヤギに。

違う動物 選んだほうが
ええのちゃうかな? それ。

ヤギが やりやすいかなって。
どう? ヤギ ヤギ ヤギ。

めぇ~。
それ いいよ!

(笑い)

いいじゃない!

イケてるよ。

(滝川)しっかりと ヤギとヒツジの
違いを 父に教わったんですけど。

ヤギは? ヤギは?
(滝川) めぇ~。

ヒツジは?
メ~‼

(笑い)

えらいもん教わったな お前。

そやわ お父さんの曲
カラオケとか 入れられるとか

そら 覚えな しゃあない
歌うの? 一応。

全部 歌います。
はぁ~。

いつも心に西郷輝彦なんで。
いつも心に西郷…。

いいね いつも心に西郷輝彦。

歌は? お父さんの歌は
一応 覚えてるの?

ちょっとぐらいは覚えてますけど。

あっ 歌わされないの? 別に。

歌わされることはないんですけど
僕も たまに

カラオケ 友達と行って
ふざけて 入れるんですよ。

帰った後に 親父に 「歌ったよ」
って言うと ちょっと喜びます。

あっ そうか… お母さんの歌
入れられんのやろ?

『センチメンタル・ジャーニー』は
もう 何度も。

(笑い)

あぁ 何度も 歌ってんの お前。

もう 16歳の時は
地獄でしたよ。

お前は 自分の名前で歌うの?
その歌詞は。

一応 松本さんの名前で…。
「松本さん」。

(笑い)

そんなのないでしょ?
こちらはね。

車 見たら 「運転せぇ」とか
言われないでしょ? 別に。

言われない ヘヘヘヘ。

≪危ない≫
うん 危ない。

トシちゃんの歌 歌えとか
言われるの?

たまに言われますね 友達と
カラオケ行ったりした時とか

打ち上げとかで もう 勝手に
えっ?みたいに

いつの間にか入れられてる…。
うん そやろ。

一番 踊れるのが 『NINJIN娘』
っていう歌なんですけど。

『ハッとして!Good』ちゃうのか?
♪~ ハッとして

…っていうの あったやないか。

派手な踊りで有名やからな
お父さんは 足 上げて。

(田原) 足 上げたり そう もう
普段 一緒に歩いてても

いきなり 足 上げたり
ターンしたり

ヤバい時
ムーンウオークしだしたり。

まぁ 楽しいっちゃ
楽しいお父さんやな うん。

つらいっちゃつらいお父さんやな。
つらいです つらいですね。

つらいほうやな。
(田原) はい つらいです。

さぁ テーマ 変えます
こちらです。



は~い。
は~い。



さぁ 田原さん お願いします。
私が10歳代の頃は

すごく厳しくて
いろいろなことに。

君のとこも… 後藤さんとこも
そやしな 厳しい。

ちょっと 友達と遊んでて
夜が遅くなると

10時とか 11時とかでも
「何してたんだ?」。

そうや 心配や うん。

ケータイを取り上げられたり。

成績が悪かったりすると また
ケータイを取り上げられたり。

ケータイばっかりしてるからだよ
って言うて。

(田原) はい 隠されるんですけど
20歳になった瞬間に

何か 全部のルールが
取っ払われて。

決めてはったんやろな
トシちゃんは。

(田原) ここから
全部 自己責任ですって…。

もう あんたの責任です
これから 生きて行く上では

もう 二十歳 超えたから。

(田原) お金も 何もかも
やりませんけど

もう ここからは
何も言わないんで

全てのことを自分の責任で
生きて行ってくださいって

いきなり ぱって放たれて
えっ?みたいな。

あぁ~ これは
しゃあない しゃあない。

うちも 二十歳までやったからな。

うちは ごめんなさい
養育費という制度やったんで。

(笑い)

ちょっと制度が違うんやけど。

大学 行った場合は
大学 出るまでか。

≪そうですね≫
面倒 見てもらえるのは。

まだ
面倒 見てもらってるんでしょ?

コロッケさんとこは。
はい 見てもらってます。

小遣いもらってるの? まだ。
小遣い たまに もらいます。

「ちょっと ちょうだい」
って言うのか?

「ちょっと パパ~」って言ったら
「おう」って言ってくれます。

≪いいな≫
≪かわいい≫

モノマネしなくてもええの?
ヤギのモノマネは。

「パパ~」言うて その後。
(滝川) パパ~。

めぇ~。

(笑い)

ヒツジは どうや? ヒツジは。

メ~‼

変われへんやないか。

もう もちろん
小遣い もらってないでしょ?

(阿部) もらってますよ。
えっ まだ?

うち まだ だって 5歳児ぐらいの
扱いされてますもん。

まだ 門限あるし。
えっ? 今 いくつ?

今 24歳になります。
24歳で まだ 門限あるの?

(阿部)あります あります 11時。
(ケイナ)ホワット?

ホワット? カッコいい!

ホワット?
≪カッケェな 今の≫

ええな ホワット?
えっ 何で 何で 門限。

11時を過ぎると たぶん

事件が起きたって
思っちゃうんです ホントに。

ホントに思っちゃうんです
お母さん伝いで

「今 どこにいるの?」みたいな
「パパが 今

警察に
届け出ようと思ってるよ」って。

24歳で 11時 越えると。

ホワット?

(笑い)

(阿部) 小さい頃の話とかも
最近のように話すの。

話すんですよ だから…。

アハハハハ!

(阿部)
困っちゃうんですよ だから…。

お前… お前ら
俺を誰や思うてんの?

もう… もう一度 聞くわ ねぇ。

3歳の時ぐらいの話を
「この間さ」みたいな。

親としては ものすごく分かる。

(阿部) めっちゃ
恥ずかしい話とかですよ。

「あの頃 こうだったんだよ お前

同じTシャツばっかり
着てたんだ」とか言う。

ホントですか?
うん 昨日のように。

これ お父さんも そやろ たぶん。

いや でも うちは
全然 そんなことないですね。

でも 壁の色とか塗ってて。

俺 昔 紫色になりたいって
よく言ってたらしいんですよ。

あっ 「俺 将来 大きくなったら
紫色になるんだ」。

(小園) 言ってたらしいんですよ。
すっごいバカやってんな うん。

体中に紫色の風呂敷を巻いて
生活してたらしいんですよ。

ハァ~!
怖い。

「お前 小っちゃい頃
紫色になるって言った時は

どうしようかと思ったよ」。

…ってぐらい。

小っちゃい時は
訳 分からんこと言うてるからな。

小っちゃい頃は
どういうのに憧れたの?

僕は もう ずっと
サッカー選手に。

そうか そうか
現に やっててんもんな。

えぇ~ エレナは?

え~っと 『ハリー・ポッター』の
ハーマイオニー。

…っていますよね?

『ハリー・ポッター』の中の1人に
憧れたのか。

ハーマイオニーっていう
女の子がいて。

あの かわいらしい子な。

女の子になりたかった。

えっ 何になりたかった?
私は 歯医者さんになりたかった。

ほいで 途中で諦めたの?

今は 全然 違う勉強してる。
今 何の勉強してんの?

日本語だと分かんない。

英語で言うても分かるよな
俺たちは。

何 目指してんねん?

[ 英語 ]

勉強してる。
おうおう おうおう。

(笑い)

違う違う 違う違… 違う違う。

ホワット?

地球関係の勉強 どうやって
これからは過ごすみたいな。

地球環境 へぇ~ そうか。

何になりたかった?
小っちゃい時は。

生まれて初めての夢は
カエルでした。

カエルの どこが よかったの?

えぇ~? いや 何か
分かんないんですけど

初めて カエル見た時に
絶対 これになろうと思って。

(笑い)

(今川) 絶対 ちょっとずつ
カエルになれると思ってた。

徐々になれると思ってた
今日は 水かき ついてないかな?

ホントに見てました
こうやってやって見てました。

そうか 何になりたかったの?

仮面ライダー
何か もう 変身したくて もう

何か 中心になって
こう 戦いたかった。

あぁ~ 仮面ライダーか。

今 『アベンジャーズ』とか
アメリカやったら そうなのか。

『スパイダーマン』とか。
はい。

よかった 初めて
話 聞いてくれたな。

≪今日 一番うれしいですね≫
今日 何か 一番うれしい 何か。

司会者として達成感があるよな。

俺は やったっていう感じやな。

彼女は 何になりたかったの?

やっぱ アニメの
かわいい女の子のキャラクターに。

えっ 例えば?
(滝川) 『おジャ魔女どれみ』とか。

(観客) あぁ~。
あっ 客席 うなずいてるな。

へぇ~
『おジャ魔女どれみ』ってあるの。

あとは 『明日のナージャ』って
フランス人の…。

(観客) あぁ~!
うわ~。

その年代なのか 皆。

はぁ~ 客席をうなずかすなぁ
お前。

声優さんとか やりたいんだ。
あっ そうですね やりたいですね。

はぁ~ そうか そうか。

今日のオンエアでは
ヤギの役しか来ないけどね。

ヤギとヒツジ。
ヤギとヒツジ。

あれ 骨格で選ぶらしいぞ
声優さんも アニメの。

あれ やっぱ 声は 骨格やねんて。
(一同) へぇ~。

だから 骨格で 声優さん 何人か
こう分けて オーディションして

この人ってなるんやて。
(滝川) そうです。

そうやな?
はい。

だから 細身で 出っ歯な
主役のアニメがいたら 俺やねん。

(笑い)

俺も… 声優 来ないんや 俺って。

ハッ! そう…。
今 何 「ハッ!」て言うたよな。

なぁ… いや ホンマに。

だから やりたいねん そういう
何かな 『ハウルの動く城』とか。

(笑い)

「動けまっせ!」とか言いながら。

≪内容 変わっちゃう≫

え~ 滝川さん お願いします。

私のお家は 写真を
集合写真を家族で撮る時に

1枚目と2枚目は
普通に撮るんですけど

3枚目は 必ず
父が やらせていただいている

どなたかの顔マネをする
っていうような

決まりがあるんです。
楽しそうやな。

その時だけ 家族になりたいなぁ。

君は いつも 誰やんねん?
私は 森 進一さんを。

(笑い)

おぉ 行くど 森 進一!

(さんま:森 進一のモノマネ) アァ…。

(笑いと拍手)

すごいな!

モノマネとか できないでしょ?
誰の。

できない。

邪魔やもんね
モノマネとか いらない いらない。

ハハハハハ。
いらない。

できない?
(今川) 『ハム太郎』の

こうしくんのマネできます。
どんなや? どんなや?

(今川:こうしくんのモノマネ)
ハ ハ… ハム太郎さ~ん。

(笑いと拍手)

みんな…
みんな 一応 技 持ってんねんな。

小園 お前 できへんのか?
俺 ジブリのカエルできますよ。

ジブリのカエルができる?
どんなや?

(小園:アオガエルのモノマネ)
千! 千は どこだ? 千!

(田原) 似てる!
(拍手)

俺 あれやねん
『トトロ』の おばあちゃん。

(さんま:おばあちゃんのモノマネ)
メイちゃんや~い!

(笑い)

え~ 小園 お願いします。

うち 年功序列といいますか

わが家の中でも ちょっと
芸歴みたいな制度がありまして。

もう 要するに縦社会。
(小園) 縦社会なんですよ。

お父さんがトップにおりまして。
いてて きちっと。

その下っていうか…
下っていうか あそこは まぁ

ヤンキーの女みたいな感じで
いるんですよ。

お母さん?
お母さんがね。

両巨頭なんだ。
(小園) まぁ そうですね。

それは もちろん そうや
お父さんと お母さんやな。

(小園) その下に
犬がいるんですよね 4匹。

(笑い)
その下に 僕と弟がいるんです。

犬よりも お前ら 下なのか。
(小園) そうなんですよ。

たまに 僕のこと
犬の名前で呼びますからね。

ハハっ!
(小園)「おい タロウ タロウ」って。

忙しい時
「おい タロウ」とか言うの?

俺? 俺だよね?

へぇ~ 飼ってる? 何か。
(阿部) 犬2匹 飼ってて。

すごい さっきの話 分かる
私も お母さん 犬 私 お父さん。

お父さん…。
(笑い)

(阿部) お父さん 一番下。
かわいそう お父さん。

お父さんのベッドには
全部 いつも

おしっこシートが敷いてあって。

犬が お父さんのベッドだけ
おしっこするのか。

おしっこするの。
下やと思うとるから。

そう。
だから 僕も されるんですね。

せやろ。
はい。

布団の上に おしっこするのは
ほとんど ばかにしとんねん。

そこに寝てる人を。

(小園) タロウ!
タロウ。

飼ってるの?
何…? お前 犬 飼ってるの?

チワワ 2匹います。
1人暮らし? 今。

いや 僕 実家に家族と住んでます。

そうなの。
(NOAH) はい アメリカに2匹いて。

僕 お母さんと お父さん
別居で。

離婚してはんの 離婚してるから。
(NOAH) お父さんと住んでるんで。

お父さん 住んでるから
犬は いないよな?

はい お母さんのとこ 行くと
会えるんで。

お母さんのとこ 行くと 会える…
誰が そんな悲しい話 せぇ言うた。

何やねん。
2匹います。

2匹 いてないねん。

今 お父さんと2人で
住んでるの? 男で。

男2人で?
そうです。

暑苦しいな。

そうですね…。

(笑い)

立った うまいこと立ったわ これ。

(笑いと拍手)

さぁ 続いては
真瀬さん お願いします。

(真瀬) はい うちは 挨拶
スキンシップとか

ハグとか 挨拶のキスとかが
日常的だったんですよね。

照れるな
俺も それ できひんねん。

小さい時から ずっと そうで。

私は それ
普通だと思ってたんですけど

ある時 小学校4~5年だったと
思うんですけれども

友達を連れて
京都に 父の家があったので

遊びに行ったんですね 旅行に。

そしたら 父が うちに入るには

ウエルカムのキスをしなきゃ
いけないんだって言いだしまして。

お父さんが。
はい そしたら 学校の友達が

みんな めちゃくちゃ嫌がって。

全員 もう 「やめて!」ってなって。

わが家は
キスしなきゃ入れないよ。

(真瀬) でも 無理やり キスして
入れてました。

めちゃめちゃ拭いてましたね。

すっごい嫌がってました。
あれは 日本人はダメなとこやな。

(真瀬) そうですね。
うちも下手やわ。

スキンシップ 下手やから
アカンなぁ。

普通に ハグしたいな。

俺は 下心あるハグしか
したことないからな。

ホンマに そうなの。

やっぱり もう スキンシップは?
(野沢) 絶対 やっぱり。

2年ぐらい前まで 日本人の友達
ずっと ハグしてて

何か変だな 何か ハグの返し方が
変だなと思いながら

最近 分かりました。

せやねん 下手クソ
ちょっと 腰が引けるとこ。

(小園)
分かる 腰が引けるんだよね。

(野沢) もっと ちゃんと こんな…
こんなハグが欲しいんだよとか

ずっと会ってないから
ハグとか思いながら

何か 返してくれなくって
心が痛いです。

あっ 日本人 悪いことしてるな。

ハグの世界?
(エレナ) そうです。

そんなに チュ~は しないけど
いつも ハグする。

ヘ~イっていう感じ。

「ヘ~イ」って…
俺と知り合いになったから

これから やってもええの?
「ヘイ」って。

後で ヘイってします。
ウソや。

いいんですか?

(笑い)

上半身 裸やけど いい?

なぜか 上半身 裸。

もちろん やらないやろ?

(生島) 絶対 嫌ですね。
なぁ~。

お父さんと 2人きりやしな。

(NOAH) いや 俺は また 男の…
ハグとかは しないけど。

ちょっと 1個 教えていいですか。
何や 何や?

こうやって。
えっ?

タッチして こういう。

「いってらっしゃい」みたいな。
じゃあ いってくるよ。

何か こう あるんですよ 男で。
カッコええな それは あれか

サーファーの え~…
ほら 話 聞け 最後まで。

(笑い)

サーファーの合図か?
いや まぁ でも…。

こんなこと やるやんけ ハワイ。
(NOAH) そうです 知ってますか?

これ やれば さんまさん
絶対 海でも 絶対 伝わります。

らしいな。
はい 海 行って

さんまさん 会ったら
僕 これ出すんで。

両手なの? あれ。
はい 「さんまさん!」。

What's up!
(NOAH) お願いします。

今日も 横乗り やっちゃう?
(NOAH) 絶対 伝わるんで。

最後の最後 生島君 お願いします。

はい うちは 親父が
大学から 海外に行った人で。

そうか そうか そうか うん。
(生島) なんで その経験上

僕ら息子は 高校生ぐらいから
海外に行きなさいっていう

ルールが決まってたんですね。

でも 僕は 結構
日本の生活 楽しんでたんで。

日本って いい国やからな
住みやすいよな ホンマに。

当時 僕 16歳の時に…
17歳から 留学しなきゃ

いけなかったんですけど
もう ず~っと 中学生の頃から

好きだった女のコと
付き合うことができたんですよ。

それまで フラれてたの? ずっと。
(生島) 告白すら したことなくて。

してなかったけど
好きだ 好きだっていう気持ち。

(生島) そうですね。
そういうとこに戻りたいなぁ。

好きになったら
すぐ 「好き」って言っちゃう 俺。

(笑い)
ほいで ほいで?

(生島) 16歳の
クリスマスになって 付き合って。

翌年
バレンタインデーの日になって

向こうが 手作りの生チョコレートを
くれたんですよ 僕に。

もう あと2か月したら
行かなきゃいけない。

どこの国? アメリカ?
(生島) イギリスです はい。

それ 生チョコレート
一つ一つ 食べてたら

もう 俺 行きたくねえわ
って思いだして。

うわ!
お前 映画になるやないか それ。

彼女が作った生チョコを
食べながら

俺 やっぱ 行きたくねえ!
っていうた そしたら?

親父に言ったら
「お前 今さら 何 言ってんだ!

2か月後には お前 もう 向こうの
留学が決まってるんだから。

お前な はっきり言って
10歳代から

海外に行けるなんて
よっぽどの ぜいたくだぞ。

感謝すべきだ!」っつって
怒られて。

でも 僕は
「いや 俺 日本 好きだし

今 俺 日本にいてぇんだよ」
っつって。

また言うた おぉ おぉ。

彼女のことは言わなかったのか?
お父さんには。

もう知ってました もちろん。
彼女もいるし

日本が好きなんだよって
言ったら?

親父が 「はぁ…」っつって
落ち着いて

「お前 今 若いからな 目の前の
ことしか見えないだろうけど

よ~く考えてみろ
イギリスに行ったら

金髪のヨーロッパ人と
付き合えるんだぞ。

ワクワクするだろ」っつって
言われて。

僕も 「そうか」と アハハハハ。

アホ一家やねんな。

アホだったのかもしんないけど
でも はぁ~ す~って落ちてって。

…で まぁ 遠距離恋愛をしつつ。
したの? そのコと。

はい 向こうに行ったんですけど
まぁ やっぱり 10歳代だから

もう 3か月ぐらいで
お別れになっちゃって。

別れて ほんで お前は その夢の
金髪の美人と付き合ったのか?

フランス人と。

ウソや!
いや~ ハハハハ!

ウソ!
はい。

ジュテームって言われた? お前。
(生島) ジュテーム。

それも…。
うわ 夢やねん!

「ジュテーム」 おぉ おぉ おぉ。

(生島) 意外と そういう感じで

「ジュテーム」みたいな感じで
言ったら

「それは重過ぎる」っていって。

はぁ~。
(ケイナ) 重いよね。

2日後に フラれました。
(観客) えぇ~!

ジュテーム 言うてしもうて?
(生島) はい。

はぁ~
ええ勉強さしてもろうたわ。

(小園) 気を付けよう。

気を付けて。
俺ら 気を付けような。

(小園) 気を付けましょうね。

フランス語での
「好きだ」ぐらいは?

ジュタド。
えっ?

ジュタド ジュタド。

何か 大好きっていう。
ジュタドがええの。

ジュタド。
(エレナ) ジュタド。

でも そんなに言わない。
ジュタド ドボドボドボドボドボ。

(笑い)
ジュタド。

君は 何語で口説かれたら
一番弱いの? 英語?

私は 英語です。
英語… 彼女は?

私も 英語のほうが。
一番ええのか。

そう。
何が 一番ええの?

えっ 「大好き」とかですね。
違う 違う 日本語で?

日本語で。
違うやろ。

ヤギの鳴き声で 告白されるのが
うれしいのやろ。

うれしいです。
どんなやった?

めぇ~。

(笑い)

<今回は…>

ヤギとヒツジの違いを
父に教わったんですけど。

ヤギは? ヤギは?

ヒツジは?

<滝川さんには 何か 違いの
分かるものを送っておきます>

えらいもん教わったな お前。

(エレナ) もう会わないんですか?

日本にいるの?
ほんなら会うかも。

ジュタド。

ほいじゃ。

<皆様 本日は 楽しいトークを
誠に ありがとうございました>

<今回は 田原可南子様
ケイナ様からのリクエストで

たこ焼きをご用意いたしました>

<皆様 どうか ごゆっくりと
お楽しみください>

今日 みんなのお話を聞いて
すごく楽しかったです。

ありがとうございました。

♪~ 家族の恥さらし ママ ごめん

♪~ でも アホちゃいまんねん
パ~でんねん

♪~ いつの間にか出てた
『さんま御殿‼』

イエ~!
(拍手)

ヒツジ語で 心を込めて
「楽しかった」と言います。

メ~‼

<採用された方には

ひと夏の思い出づくりに!>


関連記事